みくる「涼宮さんって友達いるんですか?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:レナ「梨花ちゃん、一緒にお風呂入ろ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 18:08:46.02 ID:vWYsVcFF0


ハルヒ「……今なんて?」

みくる「だから、涼宮さんって友達いるんですかぁ?」

ハルヒ「なに、みくるちゃん。何が言いたいの?」

みくる「そのまんまですよ。友達いるのかなあって」

ハルヒ「い、いるわよ……友達ぐらい。キョンでしょ、有希でしょ、古泉くんでしょ。
    鶴屋さんに阪中に谷口に国木田に森さんに新川さんに……えっと」

みくる「後半の方は本当に友達なんですか? というかオジサン混じってますよぉ」

ハルヒ「う、うるさいわね! オジサンだろうが友達は友達なの!」

みくるちゃんはいったいどうしたの?
いつものみくるちゃんらしくない、おかしい。

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 18:11:35.25 ID:vWYsVcFF0


みくる「SOS団関係以外で友達いないんですね」

ハルヒ「だってそれは……SOS団が一番大事だし……他はどうでもいいもの」

みくる「高校卒業したらどうするんですか? いつまでも部活ごっこできませんよ」

ハルヒ「え、SOS団は永久に不滅なのよ! 大学にいこうが社会人になろうが……」

みくる「それ、本気でいってるんですか? 現実を見れないんですか?」

ハルヒ「う……みくるちゃん、いいかげんに……」

ああ、もう腹が立ってきた!
今日のみくるちゃんは変よ!
きっと悪魔がとりついてるんだわ……

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 18:14:38.49 ID:vWYsVcFF0

あーもう切れた。

ハルヒ「あんたねえ! いい加減にしないとぶん殴るわよ!」

みくる「ひ、ひぃやあああぁああ!」



ZAPPING ハルヒ⇒キョン



何やらハルヒが怒ってる。
ハルヒに当たられてるのは……朝比奈さんじゃないか。

キョン「おい、ハルヒやめろ! 何怒ってんだお前」

みくる「涼宮さんが急に……ふぇ……ふぇええええぇん」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 18:16:21.26 ID:vWYsVcFF0


ハルヒ「みくるちゃんがウザいのよ! あー! ムカつく!」

みくる「あたし……あたし何も……ぐすっ……ふぇええぇん」

キョン「朝比奈さんを泣かすなよ! ハルヒ、何を怒ってるんだ?」


まったく、ハルヒが怒って朝比奈さんが泣いているならば、
これはもう100%ハルヒが悪いんだろう。
恐らく朝比奈さんに無理難題を突きつけて、言う事聞かなかったから
怒ったんだろうな、そういう奴だからさ、ハルヒは。


ハルヒ「みくるちゃんがウザい事言うのよ! ね、言ったわよね」

みくる「言ってません……何も……でも涼宮さんの気に障ったなら、
    きっとあたしが悪いんです。ごめんなさいごめんなさいごめんなさい……」


朝比奈さんが可哀想すぎる。あなたは悪くないですよ、泣かないでください。

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 18:19:12.93 ID:vWYsVcFF0


ZAPPING キョン⇒ハルヒ


キョン「で、何を言ったと思い込んでるんだ? お前は」

ハルヒ「そ、それは……ええと……ああ! もういいわよ!」

友達が居ないだなんて知られたくないし、
哀れみを感じて欲しくないもの。特にキョンには……。
それにしてもみくるちゃん……どういうつもりなのよ……。

キョン「じゃ、もう暴れるなよ。ハルヒ」

ハルヒ「わ、わかったわよ……」

あたしは悪くないのに! キョンのアホ!

みくる「涼宮さん、本当にごめんなさい……
    あたしが変な事言っちゃったみたいで」

ハルヒ「まあ……気をつけてくれたらいいのよ」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 18:21:48.00 ID:vWYsVcFF0


みくる「ほんとあたしって……空気とかよめなくて。
    馬鹿ですね……ごめんなさい。ううぅ……」

ハルヒ「もういいわよ。あたしも怒鳴っちゃってごめんね」


みくるちゃんの事だから、相手が不快になるって
気づかなかったのかもしれないわ。ううんきっとそうよ。
よく考えたらみくるちゃんはあんな事言う子じゃないもの。


みくる「あのう、涼宮さん」

ハルヒ「ん、なあに」

みくる「涼宮さんって、中学時代に何十人もの男の人と
    お付き合いしてたんですよね」

ハルヒ「まあ……ね。単に告られて全部OKしただけだけど。
    それがどうかした?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 18:24:06.31 ID:vWYsVcFF0


みくる「まるで、ヤリマンですね。くすっ」

ハルヒ「は……はぁ?」

みくる「中学で何十人としたなんて、引いちゃいます〜」


なに……なにを言ってるの……
みくるちゃん、やっぱあんたわざと……

ハルヒ「し、してないわよ! するわけないじゃない!!」

みくる「本当ですかぁ〜? だって涼宮さんって見た目は
    美人だけど……ね? だから告白してきた男の子の目的なんて、
    一つしかないじゃないですかぁ」

ハルヒ「た、たしかに大半はヤリたい盛りの飢えた男共だったわよ!
    でも……してないわよ! させるわけないじゃない!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 18:28:48.57 ID:vWYsVcFF0


みくる「怪しいなあ……こーんなに仲よさそうなのに。
    ただのヤリマンにしか見えません〜。ほらこの写真」


ちょ……これって

みくる「涼宮さんが大勢の彼氏さんと学校で仲良くしたり、
    デートしてる写真とかプリクラとか……
    ほら、いっぱいありますよぉ?」

な、なんでみくるちゃんがそれを持ってんのよ……!

ハルヒ「そ、そんなの別に……普通じゃない!
    男と遊ぶぐらい……別に」

みくる「じゃあこれはどうですか〜?
    ラブホテルですよね〜これ。男の子と一緒に映ってますよ〜?」

ハルヒ「え…………」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 18:31:20.62 ID:vWYsVcFF0


ハルヒ「え…………」

なに? なによこの写真? あたしこんなこと……

みくる「まさか覚えが無いとでもおっしゃるんですかぁ?」

ハルヒ「お……覚えてるわよ! ただホテルに入っただけで……
    何もしてないわよ! ただの興味よ……」

みくる「どうみてもこれからエッチなことするって感じですよぉ。
    してないって誰が信じます?」

ハルヒ「あ……あんたね……あああ!」

もうわかった、みくるちゃんは……こいつは、
あたしにケンカ売ってるのよ!

みくる「ひゃ、ひゃあああ!!」

ハルヒ「寄越しなさい! その写真……ほらっ! 寄越せっ!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 18:33:55.82 ID:vWYsVcFF0


ZAPPING ハルヒ⇒キョン

……まぁた暴れてやがる。
って、朝比奈さんに掴みかかってるぞ、おい!

キョン「おいてめえ、ハルヒ! よせっ、やめんか!」

ハルヒ「放して! みくるちゃんが……!」

みくる「ふぁあえええん! 怖いですぅ……」

キョン「一体なんなんだ、暴力はやめろ!」

ハルヒ「暴力じゃないわよ! みくるちゃんが写真を……」

キョン「写真? 写真がどうした?」

みくる「ううぅ……うぐっ……あたしのお友達の写真なんですけど……
    いきなり涼宮さんが怒り出して……ううぅ……」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 18:38:52.83 ID:vWYsVcFF0


キョン「なんだそりゃ……どんな写真なんですか?」

みくる「ええと……お見せしてもいいですよね? 涼宮さん」

ハルヒ「え……だ、ダメよ! 絶対ダメ!」

キョン「なんだよ、見てもいいだろう?」

ハルヒ「ほんとにダメなのよ!! もう、大人しくするから!!」


なんなんだ、今日のハルヒは……
騒ぐだけならまだしも、朝比奈さんをこれ以上泣かせたり
ましてや手を上げたりしたら、ローリングソバット食らわすからな。おい。


キョン「本当だな? 朝比奈さんに謝っておけよ」

みくる「ふぇ〜ん。ううぅ……」

ハルヒ「わかったわよ……みくるちゃんごめん」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 18:46:28.63 ID:vWYsVcFF0


ZAPPING キョン⇒ハルヒ

なんであたしが謝らなくちゃいけないのよ……
ああっ! ムカつくったらありゃしない!!

みくる「涼宮さん、すみません。もう『お友達の写真』は
    仕舞っておきますね」

ハルヒ「……そうしてちょうだい。 次は無いからね」

みくる「ところで涼宮さん……」

ハルヒ「なによ」

みくる「こんなの見つけたんですけど。どう思います?」

ハルヒ「は……?」

9月23日(晴)

今日は近くの山に不思議探しに行きたいわ!
あたしお弁当作っていくから、楽しみにしてなさい!
アホの谷口へ。


ハルヒ「…………」

みくる「中学の時の交換日記です。涼宮さんの。
    交換日記だなんて……くすくすくす」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 18:50:36.42 ID:vWYsVcFF0


なんなのこれ!? あたしが……谷口と?
でも……あったよね、やっぱり。
あああっ! もう!

ハルヒ「こんなもの……こんなもの……!」

みくる「破いてもそれコピーですから。
    ほら、本物はこっちですよぅ?」

ハルヒ「寄越しなさい……」

みくる「寄越さなかったらどうすんですかぁ?」

ハルヒ「こうするのよ!!」

みくる「きゃあ(あぁあああぁあああぁあああ!!」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 18:55:25.58 ID:vWYsVcFF0

ZAPPING ハルヒ⇒キョン

……。
いい加減俺も堪忍袋の緒が切れた。
てゆーか、朝比奈さんにさんに平手打ちしてる
奴に対して、殺意が沸かない男なんているだろうか。

キョン「おい、ハルヒ」

バチッ!

ハルヒ「な……なにするのよ!! 痛いじゃない!!」

キョン「朝比奈さんの方が痛い」

みくる「あうううぅうっ……ううっ……ふええあああ……」

ハルヒ「みくるちゃんが……みくるちゃんが!」

キョン「朝比奈さんが、なんだ?」

ハルヒ「それ……は……」

もう今日のハルヒは完全におかしい。
発作か何か起こしたのか? とにかくこれ以上ここにいさせたら危険だ。

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 18:59:22.87 ID:vWYsVcFF0


キョン「もう、今日は帰れ」

ハルヒ「へ……」

キョン「帰れと言ってるんだ。今日のお前はおかしい。
    ビョーキを治してからこい。ほら、帰れ!」

ハルヒ「うっ……うっ……ううっ……
     キョンのバカーーーー!!」

走り去って出ていきやがった。
他の生徒を襲うなよな、ハルヒ。


ZAPPING ハルヒ⇒キョン

キョンに……キョンに殴られた……
キョンに殴られたよぉ……ぐすっ……
あたし……どうしたらいいの……




52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 19:05:30.90 ID:vWYsVcFF0

↑のはミス ZAPPING キョン⇒ハルヒ の間違い。

みくるちゃんにハメられた……
写真とか、日記とか、どこで手に入れたのよ!?
そもそも覚えがないし……ううん、でも証拠があるってことは
あたしがやったことなんだ……
中学の時のことなんて……あたしは……


ZAPPING ハルヒ⇒キョン

ああ、可哀想な朝比奈さん。
こんなに泣いていらっしゃる……
おおよしよし、俺が慰めてあげますよ。

キョン「朝比奈さん、もうハルヒは帰りましたよ。
    ほら、泣かないでください」

みくる「ふえええええん。ふええええええん……
    怖かったぁ……涼宮さん怖いです……」






56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 19:10:48.88 ID:vWYsVcFF0


キョン「いったい何でハルヒはあんなことを?」

みくる「ぐすっ……わかりません……とにかく
    いきなり怒り出して……ううぅ……」

キョン「まったく、あいつはわけのわからんことで
    いきなり怒り出しますからね……
    大丈夫です、俺がお守りしますよ」

みくる「うう……ありがとうございます。
    キョンくんって、優しいんですね……」

キョン「いやあ、ははは。朝比奈さんのためなら」

潤んだ目で俺を見上げる朝比奈さん。
おお、なんと可愛らしいことか。
このまま抱きしめて差し上げたいぜ。

みくる「……キョンくんに、ご相談したいことがあります」

キョン「ほう……どんなです?」


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 19:14:48.98 ID:vWYsVcFF0


みくる「実は……以前から涼宮さんには……
    こんな感じの、いじめを……うぅ……」

キョン「な、なんですって?」

みくる「キョンくんの居ないところで、怒鳴られたり、
    ぶたれたり……あたし、我慢してきたけど……
    もう……ふぇえええええん!」

おいハルヒ……お前そんなことしてやがったのか!
表向きは意地悪でも、腹ん中までは腐ってないと思ってたのに。
お前には失望したぜ!

キョン「そうだったんですが……気づいてあげられなくて、すいません」

みくる「ううん、いいの。あたしがキョンくんと仲良くしてるから……
    だから涼宮さんは……」

キョン「ええ? どういうことです?」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 19:21:40.86 ID:vWYsVcFF0


みくる「以前からキョンくんと仲良くしてたら、凄く不機嫌になるなーって、
    思ってたんです……それが最近になって……キョンのいない時や、
    涼宮さんに呼び出されたりしたときに、キョンくんに近寄りすぎだ、って……」


キョン「なんであいつはそんなことを……」


みくる「多分……涼宮さんはキョンくんのこと……だから……
    あたしがキョンくんと仲良くしなかったら、近寄らなかったら
    それで済む話なんです! ……ぐすっ……」

キョン「そ、そんな……俺は納得できません! 朝比奈さんとは仲良くしたいですよ……」

みくる「あたしも……キョンくんと……もっと一緒に……」

おわっ! 朝比奈さんが抱きついて……
なんだこの天国は! 乳がっ! 乳がっ!

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 19:27:42.47 ID:vWYsVcFF0


みくる「キョンくんと一緒にいられないなら……
    もう、SOS団を抜けようかなって……」

キョン「な、何を馬鹿な! 絶対に抜けさせません!」

朝比奈さんをここまで追い詰めて……ハルヒの野郎!!

みくる「だって、だって、涼宮さんがあ……うううぅ……
    キョンくんは、涼宮さんのこと好きなんですよね?」

キョン「え、いや……」

好きか嫌いか、と聞かれたらまあ好きである。
だが朝比奈さんの方が良いに決まってる。
それに今の話を聞いてハルヒには愛想がつきそうだぜ。

みくる「やっぱり……好きなんですか?」

キョン「いえ別に。全く。 俺は朝比奈さんが好きです」

みくる「本当に? あたしもキョンくんが好き……」

おい、おい、これって告白か? いいのか? こんな事があって! 

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 19:34:39.20 ID:vWYsVcFF0


キョン「朝比奈さんは、優しいし、可愛いし、俺の天使ですよ」

なんて恥ずかしいセリフを口にしてやがんだ俺は。

みくる「ありがとう、キョンくん……でも涼宮さんって、
     経験豊富だし、男の子を口説くのも慣れてるから……
     あたしじゃあつまんないかなって……」

キョン「そ、そんなこと無いですよ! それにハルヒに男の扱いなんて」

みくる「涼宮さんて、凄くモテるんですよ……これ、見てください」

……ハルヒが色んな男と一緒に映ってる写真じゃないか。
これは一体……?

みくる「涼宮さんの中学時代の彼氏です……何百人の男の子と……
    その……あれを……なさったとか……ほら」

なんだ……ホテル? 回転ベッド?
ハルヒと男が映ってるが……おいこれって。

みくる「ラブホテル……だそうです。涼宮さんが自慢しておられました」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 19:40:25.10 ID:vWYsVcFF0


キョン「あいつ……告白されまくったとは言ってたけど……」

みくる「涼宮さんは……何千人もの男の子と、経験していらっしゃるから……
    あたしなんて、付き合ったこともなくて。つまらない、女なんです……」

ああ、ハルヒってヤリマンだったのか。
道理で男の目の前で平気で着替えられるわけだぜ……
ま、手当たり次第に付き合ってたら、不思議じゃないよな。

キョン「俺はそういうふしだらな女性は嫌いです。
    朝比奈さんみたいに清楚な方がタイプですよ」

朝比奈「本当? ありがとう、キョンくん」

キョン「もう、ハルヒには幻滅しました。
     俺は堂々と朝比奈さんと仲良くしますよ
     ハルヒが何か言ってきたら叩き出します」




81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 19:45:53.24 ID:vWYsVcFF0

ZAPPING キョン⇒ハルヒ

ああ……昨日は最悪だったわ……
みくるちゃんはケンカ売ってくるし、
キョンは味方してくれないし……
ああもう! またイライラしてきた!

ハルヒ「…………」

キョン「…………」

ハルヒ「……キョン、あんただけ?」

キョン「ああ」

ハルヒ「昨日は……」

キョン「ちょっと話がある、そこに座れ」



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 19:50:34.68 ID:vWYsVcFF0


ハルヒ「……なによ」

キョン「お前さ、朝比奈さんをいじめてたらしいな」

ハルヒ「へ……?」

キョン「俺と朝比奈さんが仲良くするからとかどうとか……
     仲良くしちゃいかんのか?」

ハルヒ「あたし……してない! そんなことしてない!
     そりゃあ……イラっとして、態度に出たことは
     何度もあるだろうけど、でも!」

キョン「お前さ、悪い事してるって自覚がないだろう?
     お前の態度に出たっていうのは、相手にとったら
     イジメになるんだよ」

なに、なにを言いだすの? キョン、みくるちゃんに騙されてるの?

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 19:56:00.82 ID:vWYsVcFF0


ハルヒ「あたし、ほんとに……違うわよ! 全部みくるちゃんが!
     みくるちゃんは……あの女は……なんで……キョン……

キョン「そうやってすぐ人のせいにするな、あほう。
     もう、これからは朝比奈さんと仲良くさせてもらうぞ」

ハルヒ「え……嫌よ! 嫌! あたしと仲良くしてよ!
     あたし、あたし! キョンが好きなの! 好きなのに!」


キョン「気持ちは光栄だがな、もう俺朝比奈さんと付き合ってんだ。
    昨日な、付き合った」

は? 意味わかんない。 誰と誰が付き合ったって!?
ねえ、冗談でしょ? ねえ?

キョン「それに……お前みたいに、男遊びの激しい女はお断りだ。
    どうして隠してたんだ?」

男遊び? なにが? なにがよ!?
    

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 20:02:10.89 ID:vWYsVcFF0


ZAPPING ハルヒ⇒キョン

キョン「そういうことだ。まあ、二度と朝比奈さんに危害を加えないでくれ
     そんときは俺も黙ってないからな」

ハルヒ「そんな……キョン! あんた騙されてる! みくるちゃんに!」

朝比奈さんに騙されてる? あの人がそんな人に思えるか?
実際に俺を騙していたお前がそれを言うのか?

ハルヒ「そう……そうよ! みくるちゃんは……あの女は……
     朝比奈みくるじゃないわ! 別人よ!」

キョン「はぁ? なにを言い出すんだ? お前」

苦し紛れにわけのわからん事を言い出すハルヒ。
もう疲れてきた。相手するのにな。

ハルヒ「朝比奈みくるは…あいつは……」

キョン「もういい、ちょっと頭冷やせ。じゃあな」

ハルヒ「き、キョン! 待って!」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 20:06:34.84 ID:vWYsVcFF0


ZAPPING キョン⇒ハルヒ


みくる「涼宮さん、何かご用ですかぁ?」

ハルヒ「あんた……あんたの正体がわかったわ……」

みくる「正体? なんのことですか?」

ハルヒ「そう……あたしが……こうなったんだから、
     あなたもそうなんだって、気がつくべきだった」

みくる「涼宮さん、何が言いたいのかわかりませんよぅ」

ハルヒ「もう、お芝居はお互いやめましょう……
     涼宮さん……」

みくる「…………」


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 20:13:10.60 ID:vWYsVcFF0


ZAPPING ハルヒ⇒キョン

キョン「ハルヒが朝比奈さんを屋上に連れ出しただって?」

古泉「ええ、見た生徒がいるらしいです。
    尋常な様子ではなかったとか」

くそっ……はやまるなよ……ハルヒ……!


ZAPPING キョン⇒ハルヒ

ハルヒ「あたしは、朝目覚めたら……涼宮さんになっていました。
     びっくりして……何がなんだかわからなかったけど……
     これはチャンスだって……。
     だって、涼宮さんに成りきれたら、彼と……」


みくる「…………」

ハルヒ「あなたも、あたしになった、そうなんでしょう?」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 20:16:40.75 ID:vWYsVcFF0


みくる「涼宮さん……あなたが何を言ってるのか、あたし……」

ハルヒ「涼宮さん! あなたは涼宮さんでしょう!?」

みくる「…………涼宮さん……」

ハルヒ「本当のことを言ってください! あたし、もうキョンくんたちに全部言いますから!」

みくる「…………」

ハルヒ「涼宮さん! もうやめにしましょう!」


みくる「ねえ……」

ハルヒ「お願い……」

みくる「涼宮ハルヒは、ここで死になさい」

ハルヒ「――!」


111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 20:21:20.91 ID:vWYsVcFF0


みくる「もう、いいじゃない。 そんなことどうだって……」

ハルヒ「す、涼宮さん……やめて……!」

みくる「あたしは朝比奈みくる、あなたは涼宮ハルヒ、それでいいでしょう?
    もうずっと、そのままでいいのよ」

ハルヒ「あ、危ないです……いやっ……助けて……」

罰があたったんだ……きっと罰が……
あたしは、キョンくんと結ばれる事が決まっている
涼宮さんがずっと羨ましかった……
だから、涼宮さんを演じて……あたし……

みくる「この高さなら、即死できるわよ。
     苦しまなくて済むんだからいいじゃない」


ハルヒ「ああ……ああ……いや……いやです……」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 20:26:53.44 ID:vWYsVcFF0

ZAPPING ハルヒ⇒キョン

屋上に辿りつくと、ハルヒと朝比奈さんが
防護フェンスの向こうで、もみ合っていた。
ハルヒ……お前なんてことしてやがる!!

キョン「ハルヒ! やめろ!!」

みくる「た、助けて! 助けてぇーーー!!」

クソっ! 間に合ってくれ!

ハルヒ「ち、違う! 違うの!」

みくる「助けてえええええっ!!」


ハルヒ「ち、ちが……あ―――」


ハルヒが……足を滑らせて落ちた……



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/30(水) 20:34:00.04 ID:vWYsVcFF0


ZAPPING キョン⇒みくる

キョン「ハルヒーっ! おいっ! あああああああっ!」

みくる「うっ……涼宮さん……あたしを突き落とそうとして……」

これでよし、と。
あんたの『涼宮ハルヒ』っぷりも結構サマになってたわよ。

あたしがみくるちゃんになってたときは驚いた。
でも、これは神様がくれたチャンスなんだって思ったわ。
だってキョンったらみくるちゃんみくるちゃんって、どう見ても
あんたの事が好きなんだもん。
あんたになりたいって、何度も思った事か。

でもやっぱりみくるちゃんね、合成写真やら作り物の日記に騙されて。
あんたみたいな子はキョンにふさわしくないのよ。


みくる「キョンくん……あたし……」

キョン「いいんです、無事でよかった……朝比奈さん」

これからよろしくね、キョン。



糸冬



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿笠「できたぞ新一、光彦君の心の声を読む機械じゃ」