ハルヒ「AV撮るわよ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:やる夫がバトル・ロワイアルに参加させられるようです

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 12:55:54.48 ID:E3Jz0Zv40

また涼宮ハルヒがわけのわからないことを言い出した。

AVだと?何を言っているんだ…

「は?」

「いいから撮るの!この前映画撮ったときのカメラがあったでしょう!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 12:58:32.71 ID:E3Jz0Zv40

確かにあるはあるが…そんなことのためにくれたんじゃないと思うぞ…

「ちょっと待て!まずAVを撮る理由を聞かせろ!」

「活動費集めよ!調べたところAVはどんなはずれのものでも一定数は売れるらしいのよ」

確かに…パッケージだけ見て買ったが大外れだったなんてことは男だったら何回も経験したことがあるだろう

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:00:02.88 ID:E3Jz0Zv40

「待て!お前まだ高校生だし15だろ?いいか?AVは18にならないと出れないんだよ」

「私が出演するなんて誰が言ったのよ!私は監督!」

「高校生が監督やったAVなんて売り出せるわけないだろうが!」

「黙っとけばバレないわよ」

そういう問題じゃないんだが…

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:01:03.96 ID:E3Jz0Zv40

「じゃあ女優は誰がやるんだ?当てでもあるのか?」

「みくるちゃんよ!」

……言葉が出ない…

「もし買ったAVがみくるちゃんだったら大当たりよ!」

まぁ確かにそうだが…たぶん俺は買うだろう


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:02:46.85 ID:E3Jz0Zv40

「ダメだ!AVに出演することがどんなことかわかってるのか?

 それだけで一生を棒に振ることだってあるんだぞ?

 それに朝比奈さんだって高校生じゃねえか」

「うるさいわねぇ…童顔のロリ系っていっとけばバレないわよ」

「ダメだ!バレたら間違いなく朝比奈さんは退学だし監督のお前だって逮捕されて実刑確定だぞ?

 それに男優はどうするんだ」

誰なんだ、朝比奈さんとセックスできる奴は!!

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:05:00.41 ID:E3Jz0Zv40

「何いってんのよ、あんたと古泉くんに決まってるじゃない」

…まさかの展開だ…まぁ多少期待してはいたが

「あたしたちは高校生なんだからプロをなんて雇えるわけないわよ、

 あんたたちとみくるちゃんだったらギャラはゼロで済むじゃない」

確かにそうだが…俺が朝比奈さんと…

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:08:04.85 ID:E3Jz0Zv40

確かにそうだが…俺が朝比奈さんと…

「それにあんただってみくるちゃんと堂々とエッチできてうれしいんじゃないの?え?」

う…図星を突かれて言い返せない…

「じゃあ決まりね!だいたいの構成は考えてあるから、

 あんたはビデオカメラと照明一式持ってきなさい!

 じゃああたしは今日は部室に行かずに帰るから!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:10:34.30 ID:E3Jz0Zv40

その夜…

「キョンくんお風呂〜」

「わかった今入る」



どうすりゃいいんだ…俺がAV男優?ふざけんな

朝比奈さんとエッチできるのはうれしいが…

とりあえず今日の自慰はやめておこう、明日何発使うかわからんしな…

というかなぜもうすでにやる前提なんだ俺!

朝比奈さんが断れば撮影は中止になるんだ・・・

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:11:46.77 ID:E3Jz0Zv40

翌日、放課後

「今からAVを撮ります!」

こいつ…ついに言いやがった

「AV…ですか…」

「AV、ってなんですかぁ?」

う…朝比奈さん、こちらに視線を向けないでください…

「キョンくん、AVってなんですか?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:12:52.33 ID:E3Jz0Zv40

「あのぉ、ですねぇ…AVというのは…」

「男と女がズッコンバッコンセックスしてるのがおさめられたビデオのことよ!

 それをみくるちゃんとキョンと古泉くんで撮影するの!」

はっきり言いやがった!でも、その方がよかったかも知れない…

騙して撮影するよりは全然ましだ…

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:14:43.04 ID:E3Jz0Zv40

「ええええ?エッチなのはダメです!」

「なんでよ!この!豊満なバストを!世の男に披露して!おかずにされなさい!」

「揉まないでくださいぃ…」

「お言葉ですが涼宮さん」

「何よ古泉くん」

「18歳未満のAV出演は犯罪なのですが…」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:18:38.70 ID:E3Jz0Zv40

「バレないわよ!キョンだって古泉くんだって18歳以上って言いきれば大丈夫だし

 みくるちゃんだってこんなにおっぱい大きければ少し童顔でも問題ないわ

 ほら、最初はみくるちゃんのインタビューシーンよ

 シャワーは運動部のを内緒で使うから問題ないわ」

昨日ははぐらかされたらが聞けば聞くほどおかしな理論だ…

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:19:58.12 ID:E3Jz0Zv40

「ハルヒ!やっぱり中止だ!長門もそう思うだろ?」

「私は賛成」

「お前自分が参加しないからってそれはないだろう!

 絶対だめだ!俺はAV業界のしがらみに耐えられずに

 自殺したAV女優をたくさん知ってる。だから撮影は絶対中止だ!」

「なによ!それでお金が入れば団活の幅だって広がるのよ?」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:22:45.06 ID:E3Jz0Zv40

「そんなことのために朝比奈さんと俺たちは犠牲になるのか!?

 俺たちはそこまで顔出ししなくても朝比奈さんは全編通して顔出しせざるを得ない。

 それにパッケージだって全面朝比奈さんだ、そんなのダメに決まってる!

 朝比奈さんだって嫌がってるじゃねえか!

 朝比奈さんはお前の(性の)おもちゃじゃない!」

「みくるちゃんは私の(性の)おもちゃよ、さっさとカメラの用意始めなさい」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:23:57.46 ID:E3Jz0Zv40

てめぇ!!

ガシッ

「古泉…」

「…」



「何よ…何がいけないっていうのよ!団長はあたしよ?団員をどう使おうが勝手じゃない!」

「…」

「離せ…離せ古泉!ここで殴っておかないとこいつは誰からも避けられる阿呆になっちまう!」

「何よ!もういいわ!」

「待てハルヒ!!」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:26:45.09 ID:E3Jz0Zv40

「あなたはもう少し頭が言い方だと思っていました」

「そりゃ…何も知らない女の子を無理やりAVに出させようとしたら誰でも怒るだろ」

「これは涼宮さんが考えたビデオの構成です」

「あぁ、それがどうしたんだ」

「僕についてきてくれますか」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:29:16.33 ID:E3Jz0Zv40


「ここです、ここが涼宮さんが撮影に使おうとしていた教室です」

「ここはもう使われてない教室じゃないか」

「涼宮さんはここでどんなビデオを撮ろうと考えていたと思いますか?」

「そりゃ学校の教室なんだから…学園ものとかだろ?」

「それでは教室に入って見てください」

ガラガラ

「こ、これは!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:30:11.13 ID:E3Jz0Zv40

中は安いビジネスホテルよりもきちんと整備された、ラブホテルの一室のような光景だ

「何だこれ…どうなってるんだ?ただの教室じゃないのか?」

「涼宮さんの力ですよ」

「は?」

「涼宮さんの構成の中に学園物はありません。

 むしろラブホテルで撮るような内容ばかりです。

 涼宮さんの力がただの教室をラブホテルに変えたんです」

「これが…ハルヒの力か…」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:36:04.74 ID:E3Jz0Zv40


ベットだけでなく部屋の全面が鏡で覆われており、ローション、SMグッズなどまさにラブホテルだ。

「もし涼宮さんの計画がおじゃんになったらどうなると思いますか?」

「どうって?どういうことだ」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:37:39.00 ID:E3Jz0Zv40

「前にも言いましたが涼宮さんはこの世界の神です

 もしこの世界に不満を持ったらこちらの世界を壊して

 児童ポルノ大推進の世界を

 作り上げてしまうかもしれません」

「だからって朝比奈さんをAV女優にしたてあげようっていうのか」

「それは機関で処理いたします、決して世間には出回りません」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:38:50.60 ID:E3Jz0Zv40

「ハルヒが第二弾を作りたいって言ったらどうするんだ」

「それは…涼宮さんの人生ですから。AVの会社にでも就職してもらいましょう」

「だからって…」

「いいじゃないですか、ただで朝比奈さんと…ができるんですよ?僕は楽しみで仕方ありません」

「殴るぞ…」

「これは失敬、しかしあなたにも断る理由はないはずです」

…クソッ!わかったよ!やってやればいいんだろ!

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:41:11.20 ID:E3Jz0Zv40

翌日、部室

「おい、ハルヒ」

「なによ」

「このAV…絶対成功させような」

「…あたりまえじゃない!私が監督をやるのよ!」

そして新設レーベルSOS団の第一弾アダルトビデオ「朝川みさとの淫行」の制作が開始された



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:45:57.70 ID:E3Jz0Zv40

「それじゃあさっそく撮影に取り掛かるわよ!撮影場所はもう決まってあるの」

あの教室に行くんだろ?

「まぁラブホテルに入る経費削減のために学校の教室でだけど問題ないわよね?」

「えぇ…教室でやるんですか…?」

「我慢しなさい!車内でやっちゃうAVもあるのよ?そんなんじゃ立派なAV女優になれないわよ?」

朝比奈さんはもともとAV女優になる気はねえっつーの

「着いたわ!ここよ!」

ガラガラ

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:51:07.52 ID:E3Jz0Zv40

「…すごい設備です…」

「すごい…ちょっとしたホテルじゃない…」

「なんだハルヒ、こんないいとこ用意してくれたのか!」

「すごいです。部屋にシャワーがあるのでいちいち運動部のを使わなくて大丈夫になりますね」

「え…そ、そうよ!大変だったんだから!」

お前が用意したんじゃねえだろ!まぁお前の力だからお前が用意したようなもんか…

「じゃあさっそく冒頭のインタビューだけ撮っちゃいましょうか!シャワーはそのあとでいいでしょ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:52:23.06 ID:E3Jz0Zv40

「朝川みさとの淫行」の概要はこうだ
チャプター1…インタビュー
チャプター2…カメラの前で禁則事項ニー
チャプター3…男優の禁則事項を禁則事項チオ
チャプター4…本番
チャプター5…男優二人と禁則事項p

この全5工程を3日で撮るのだ

これじゃベタベタな素人ものと全く一緒じゃないか

大げさなタイトルの割にやってることは普通だ

まぁこれでハルヒが満足してくれれば構わんのだが…

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:54:38.21 ID:E3Jz0Zv40

撮影とインタビュアーは古泉

ハルヒは監督といいながら後ろで座っているだけだ

男優は俺、チャプター5だけ古泉も参加、その時は監督がカメラを使うことになる

長門は見張り役

いくら誰もいない校舎とはいえ喘ぎ声を聞かれたらまずいからな…

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:55:28.06 ID:E3Jz0Zv40

「じゃあ始めるわよ!古泉君は台本見ながらでいいから!みくるちゃんは覚えてきたわね」

「わかりました」

「了解ですぅ…」

「キョンは先にシャワー浴びときなさい。じゃあスタート!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:57:21.73 ID:E3Jz0Zv40

「はじめまして、よろしくお願いします」

「よろしくお願いします…」

「じゃあ自己紹介をお願いします。名前と年齢と3サイズを」

「えっと…朝川みさと、19歳です…3サイズは上から88・61・85のDカップです…」

「こういう撮影は初めてですか?」

「はい…とっても緊張しています…」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 13:59:38.49 ID:E3Jz0Zv40

古泉「大丈夫です。落ち着いてください。それでは2,3質問させていただきます」

みくる「はい…」

古泉「みさとさんの初体験はいつですか?」

みくる「えっと…あの16歳の時…高校の先輩と…」

もちろんハルヒが考えた嘘である

俺もはっきりとは聞いていないがもしかして朝比奈さんは処女なんじゃないか…?

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:01:38.08 ID:E3Jz0Zv40

古泉「高校の先輩とですか、それはそれは。場所はどこだったんですか?」

みくる「部活の部室です…部活の先輩だったので…」

古泉「そうですか、初体験は痛かったですか?」

みくる「とっても痛かったです…血がたくさん出て大変でした」


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:04:17.15 ID:E3Jz0Zv40

古泉「そうですか…みさとさんはオナニーは週にどのくらいなされるのですか?」

みくる「そうですねぇ…週に5,6回です…」

古泉「道具などはお使いになるんですか?」

みくる「いえ!そんな…普通のやり方です…」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:05:13.13 ID:E3Jz0Zv40

くそう!ハルヒが考えた嘘とはいえ興奮するぜ!

一通りインタビューが終わりついに本格的に撮影がスタートである

まずはみさとのオナニーシーンからだ


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:06:12.66 ID:E3Jz0Zv40

古泉「道具を用意したのでこちらから選んでお使いください」

そこにはバイブ、ローターなど様々な種類のグッズが並んでいた

みくる「じゃあとりあえずこれで…」

バイブを選ぶ朝比奈さん

そして服を脱ぎ、ブラを取る。

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:07:18.96 ID:E3Jz0Zv40

オナニーのやり方は本当に十人十色である

事前に、自分がいつもやってるオナニーを見せろ

とハルヒに言われていたのでこれは朝比奈さんがいつも家でやっている方法なのだろう

乳首をいじりだす朝比奈さん

最初は吐息程度だった喘ぎ声の音量もだんだんあがっていく

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:08:11.66 ID:E3Jz0Zv40

そして次は下

スカートを脱ぎ、パンツも脱ぐ

用意されたバイブのスイッチを入れる

ウィンウィンウィンウィンウィン…

大きな音が教室中に響きわたる

みくる「はわわわわ…」

使い慣れていないのか困惑する朝比奈さん

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:09:27.39 ID:E3Jz0Zv40

「このような道具はあまり使われないのですか?」

「そうです…ね…初めて使います…」

「そうですか、初経験ですね。落ち着いてください」ニコ

古泉は終始笑顔を崩さない

俺なんて顔のほころびを取り繕うのに必死だってのに…

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:12:27.79 ID:E3Jz0Zv40

そして朝比奈さんはためらいながらもそのバイブを自分の局部に入れる

「はぅ…うぅ……あっ…ううう…」

バイブの音を掻き消すような喘ぎ声だ

「ひゃううう…」

「うっ…あっ…あぁぁ…」

余程気持ちがいいのか朝比奈さんの足は段々開いていき、まるで診察台にあがる妊婦のような格好になっていた

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:15:38.50 ID:E3Jz0Zv40

みくる「あぁ…イキそうです…イきますぅぅ!」

ハルヒ「(みくるちゃんカメラカメラ!)」

ハルヒが小声でカメラ目線を促す

そして古泉カメラが朝比奈さんの顔のアップを映す

「あっ…うっ…イッちゃいました…」

朝比奈さんのイキ顔をカメラに抑え、数秒経ったあとハルヒの声がかかる

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:17:46.33 ID:E3Jz0Zv40

「カーット!!みくるちゃん最高よ!」

「はぁ…はぁ…okですか…?」

「okok、大ok!ちょっと休んだらすぐ次のシーン行くわよ!キョン、準備!」

やっと俺の出番だ

シャワーを浴びた後ずっとパンツ一丁だったので風邪ひきそうだぜ

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:21:30.48 ID:E3Jz0Zv40

キョン「朝比奈さんお疲れ様です」

みくる「キョンくん!どうでしたか?」

キョン「すごい…いい演技でしたよ」

みくる「ありがとうございますぅ!次はわたしたち二人のシーンですよね?」

キョン「はい、よろしくお願いします」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:22:37.73 ID:E3Jz0Zv40

朝比奈さん…もしかして吹っ切れて開き直ってるのか?

それともAV女優としても自覚が出てきたのか?

でもこのDVDは市場には出回らないんだ

この後の経験は一生の思い出になりそうだ…

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:26:03.60 ID:E3Jz0Zv40

ハルヒ「はい!じゃあ次のシーン行くわよ〜みくるちゃん定位置について」

みくる「はい!」

ハルヒ「古泉くんカメラは大丈夫?」

古泉「OKです」

ハルヒ「キョン準備はいい?」

キョン「あぁ、OKだ」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:27:24.53 ID:E3Jz0Zv40

録画が始まったらタイミングを見計らってすっと入りパンツを脱ぐ…

よし…自然な演技を心がけよう

ハルヒ「よーい、アクション!」

♪〜

そしてパンツ一丁の俺が画面上に入る

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:29:07.72 ID:E3Jz0Zv40

キョン「よろしくお願いします…」

いかにもAV男優という白ブリーフを履いて登場だ

そして俺のパンツを脱がそうとする朝比奈さん

しかしすでにフル勃起しており、引っかかってなかなか脱がせられない

みくる「あれ、あれ…もう、焦っちゃだめですよ♪」

キョン「ハハハ…」

朝比奈さんノリノリだ…

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:30:23.45 ID:E3Jz0Zv40

そしてパンツを脱がされて全裸になる俺

そして朝比奈さんが俺の息子をなめ始める

古泉とハルヒが俺を見ている

朝比奈さんのアップがメインなので俺の顔はカメラには写さなくていいのだ

ハルヒが顔を赤らめて目をそらしている

こんなんで恥ずかしがるのにAV撮るなんて言うなよ…

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:32:53.15 ID:E3Jz0Zv40

「おっきいれす…んっ…」

「んっ…んっ…はぁ…」

丁寧に真剣に俺の息子をしゃぶる朝比奈さん

しかし経験がないのか…さほど気持ちよくはなかった

10分ほど経ったが俺がイく気配がないので監督の巻きが入る

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:34:29.68 ID:E3Jz0Zv40

ハルヒ「(自分でしごいて出しなさい!)」

…その方がよさそうだ

キョン「あっ…もうイきます…」

みくる「はい…」


94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:35:11.26 ID:E3Jz0Zv40

朝比奈さんの口から自分の息子を離して、10こすり程したあと朝比奈さんの顔に精子をかけた

「はぁ…はぁ…あっつい…どろどろですぅ…」

古泉カメラに朝比奈さんの恍惚の表情を撮らせるため俺はそっと画面上から消える

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:45:54.26 ID:E3Jz0Zv40

ハルヒ「(みくるちゃん飲み込みなさい!)」
ゴクン…
みくる「苦いですぅ…」



ハルヒ「はい、カーット!!」

ハルヒ「今日の撮影は終わりよ、みくるちゃん、シャワー浴びてきなさい」

みくる「わかりました〜お疲れ様です〜」

朝比奈さん…すっかりAV女優だな

俺は恥ずかしくて目合わせられないってのに

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:48:20.87 ID:E3Jz0Zv40

古泉「お疲れ様です」

キョン「おぉ、お疲れ」

古泉「とりあえず一日目は無事に終わりましたね」

キョン「みたいだな、明日はついに本番だ…やばいな」

古泉「何がですか?」

キョン「いや、なんでもない」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:54:00.72 ID:E3Jz0Zv40

言えねえ…俺が童貞だなんて…どうすりゃいいんだ…
朝比奈さんだってあのフェラからしてもたぶんほとんど男性経験はなさそうだ
俺が引っ張ってくしかねぇ

今日は徹夜でAVを見直すしかないな…

しかし童貞卒業がAV撮影って…なんなんだよ俺の人生…

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 15:08:53.02 ID:E3Jz0Zv40

そして翌日、放課後

ハルヒ「今日はついに本番の撮影だから!

      流れを確認するわよ」

みくる「わかりました!」

朝比奈さんは相変わらずやる気満々だし…長門は空気だし…どうしたらいいんだ

ハルヒ「ちょっとあんた聞いてるの?」

キョン「あっ、悪い。最初から話してくれ」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 15:09:48.25 ID:E3Jz0Zv40

ハルヒ「だから!最初は軽いキス、激しいキス、首、胸、へそ、局部、足、で一通り終わったら挿入っていう順番!」

キョン「あぁ」

ハルヒ「体位は…最初はもちろん正常位よねぇ。そのあとはバック…いや座位…どうしようかしら?」

キョン「なんでもいいんじゃないか」

こっちは正常位だって満足にできる自信はねえのに…

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 15:11:25.17 ID:E3Jz0Zv40

古泉「涼宮さん、彼、何か様子が変じゃないですか?」

ハルヒ「みくるちゃんとエッチできるからって舞い上がってるのよ」

古泉「そうでしょうか…」

ハルヒ「それよりカメラチェックは大丈夫なの?」

古泉「もちろん、ばっちりです」

ハルヒ「よっし!じゃあ始めるわよ!」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 15:15:20.12 ID:E3Jz0Zv40

実は相当前に書き溜めが終わってるのでこれからはかなり遅くなります

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 15:24:25.42 ID:E3Jz0Zv40

ハルヒ「じゃあみくるちゃんは定位置、古泉くんはカメラ、キョンは…最初からみくるちゃんの隣にいて」

みくる「了解です」

古泉「カメラOKです」

キョン「始めてくれ」

ハルヒ「よーい!アクション!!」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 15:30:28.83 ID:E3Jz0Zv40

朝比奈さんの髪をかき上げる

じーっと見つめると目がトロンとしている

これはかなりスイッチ入ってるな?

さすが女はみんな女優といったところか

俺はゆっくりとキスをする、かなり長めのキス

目を開けて口を離すと今度は向こうから舌を絡ませてきた

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 15:34:31.16 ID:E3Jz0Zv40

ペチャペチャと音が立つ

順序通りに進んでいく行為

そして口を離して首筋を丁寧に嘗めていく

「あっ……うっ…」

朝比奈さんの喘ぎ声が漏れる、俄然興奮してきた

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 15:38:12.68 ID:E3Jz0Zv40

服を脱がせて胸を揉み始める、相変わらず軟らかくて大きい胸だ

みくる「恥ずかしいです…」

さすがだ…羞恥心も忘れていないところがいかにも素人っぽいぜ!

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 15:40:20.67 ID:E3Jz0Zv40

そこで乳首を吸ってみる

朝比奈さんは声を殺しながら気持ちよさそうな顔をしている

そこで乳首をアマガミしてみる

少し痛そうな顔をしているがまんざら嫌そうでもない

ってかもしかして朝比奈さんは結構男性経験豊富なのか?

な〜んてことを考えながら俺はさらに朝比奈さんの体の下へと向かっていった

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 15:42:54.55 ID:E3Jz0Zv40

次はどこだったっけ…えーっと…そうだへそだ!


へそ!?

どうやってへそを攻めろっていうんだ?

へそをなめろってか?

む・・・とりあえずへそはスルーだ

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 15:49:26.23 ID:E3Jz0Zv40

ついに局部だ

とりあえずスカートを脱がせてパンツ越しにアソコを触ってみる

すごく濡れてる…

よし!ここは言葉攻めだ

「ここすごく濡れてますよ、みさとさん」

「ひゃわぁぁぁぁ…恥ずかしいですぅ…」

顔に手をあてて恥ずかしがる朝比奈さん

か、可愛い…

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 15:56:21.36 ID:E3Jz0Zv40

すまんこのままだとだらだら続くだけだ

いったん考えまとめます

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 16:45:26.29 ID:E3Jz0Zv40

キョン「ここどうなってますか?朝川さん」

みくる「恥ずかしくて…言えないです…」

キョン「ほらほら」


みくる「き、禁則事項がビチョビチョになってます…」

ハルヒ「(ちょっと!あとでピー入れるからきちんと言いなさい!)」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 16:47:39.09 ID:E3Jz0Zv40

みくる「お、オマンコがびちょびちょになってます…」

キョン「よく言えました、じゃあそろそろ入れますね…」

よし、ここが勝負だ

あ、あれ?は、入らない…

みくる「…」

ど、どうなってんだ

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 16:49:46.37 ID:E3Jz0Zv40

ハルヒ「(キョン!もう入れちゃっていいわよ!)」

わかってる、わかってるけど

焦りで…しぼんでいく…

ハルヒ「カット!ちょっとアンタ何やってんのよ!」

キョン「…」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 16:51:16.14 ID:E3Jz0Zv40

ハルヒ「ここにチンコ入れるだけでしょ!?きちんとやりなさいよ!ほらほら!こんなに濡れてんのよ!?」

みくる「ふぇぇぇ…かきまわさないでください…でも…どうしたんですか?キョンくん」

キョン「わかってるけど…できないんです」

ハルヒ「何言ってんの!童貞じゃあるまいし!え…もしかして…」

キョン「そうだ…俺は童貞だ」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 17:04:25.46 ID:E3Jz0Zv40

ハルヒ「ア、アンタ童貞だったの?何よ…それなら先に言ってよ…」

古泉「どうしますか?監督。男優がこれでは…さすがに撮影は続けられませんね」

ハルヒ「そ、そうね…どうしようかしら…なんならあたしが――」

みくる「す、涼宮さん!」

ハルヒ「なに?みくるちゃん」

みくる「あ、あたしがキョンくんにいろいろ教えてあげるので…そのあと…撮影を続けましょう…」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 17:06:16.85 ID:E3Jz0Zv40

ハルヒ「それはいい考えね。キョン!あんた撮影の前にみくるちゃんに筆おろしてもらいなさい」

キョン「いいんですか?朝比奈さん」

みくる「撮影のためですから…」

ハルヒ「じゃあ決定ね!早く始めなさい!」

みくる「あの涼宮さん…二人っきりにしてもらっていいですか?」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 17:08:05.77 ID:E3Jz0Zv40

ハルヒ「はぁ?何言ってんの?あんな姿見せておいてもう恥ずかしくないでしょ?ちょっと興味があるのよ。見せなさい」

みくる「こ、これは!プライベートのエッチですから…二人っきりでしたいんです…」

ハルヒ「見せなさい!」

キョン「ハルヒ!」

ハルヒ「童貞は黙ってて」

キョン「う…」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 17:09:41.69 ID:E3Jz0Zv40

古泉「涼宮さん、AV女優の方にもプライベートがありますので…」

ハルヒ「む…わかったわよ…じゃあ1時間経ったら来るから!それまでに済ませておきなさい」

みくる「ありがとうございます!」

ハルヒ「1時間経ってもまだ終わってなかったら見せてもらうわよ」

キョン「は、はい…」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 17:13:34.42 ID:E3Jz0Zv40

ハルヒ「じゃあ有希、1時間経ったら呼びに来なさい」

長門「わかった」

古泉「僕たちは部室に戻ってますね」

キョン「すまん、古泉、ハルヒ…」

ハルヒ「いいから早く男になりなさい、この童貞」

キョン「…」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 17:22:56.49 ID:E3Jz0Zv40

ハルヒと古泉が部屋から出て行って俺は朝比奈さんと二人っきりになった

キョン「すみませんでした…俺のせいで撮影延びちゃって…」

みくる「いいんです…それより始めましょう、時間がないですから」

キョン「わかりました」

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 17:24:36.65 ID:E3Jz0Zv40

SOS団部室
ハルヒ「…」イライラ

古泉「落ち着きませんか」

ハルヒ「落ち着かないわ…古泉くん、何分経った?」

古泉「15分といったところでしょうか」

ハルヒ「15分かぁ…じゃあ一回くらいは終わってるわね。いや、みくるちゃんことだからもう2回くらいイッてるかな?」

古泉「どうでしょうか」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 17:27:54.45 ID:E3Jz0Zv40

ハルヒ「…」イライライライラ

古泉「落ち着いてください涼宮さん」

ハルヒ「もう見に行ってもいいわよね?」

古泉「あと10分です」

ハルヒ「うぅ…」

160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 17:30:39.69 ID:E3Jz0Zv40

スレ立てるタイミング間違ったかな〜


168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 17:39:36.06 ID:E3Jz0Zv40

古泉「ちょうど一時間です」

ハルヒ「よっしゃー!大急ぎで行くわよ!」

古泉「行きましょうか」

ハルヒ「キョンとみくるちゃんってどんなエッチしてたのかしら…気になるわ〜」

古泉「涼宮さん…もしかして…」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 17:45:45.86 ID:E3Jz0Zv40

教室前

ハルヒ「有希!もう1時間経ったわね!中に入るわよ!」

長門「どうぞ」

ハルヒ「喘ぎ声が聞こえてこないってことは…もう終わってるか…」

古泉「長門さん、少しお話があるのですが」

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 17:47:11.51 ID:E3Jz0Zv40

ガラッ
ハルヒ「頼もう〜!!」

キョンみくる「!?」

ハルヒ「なになに〜?まだやってんじゃない、これから何回戦目〜?」

キョン「ハルヒ!1時間待ってろって言っただろ!」

ハルヒ「言われた通りに1時間待ったじゃない」

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 17:50:01.67 ID:E3Jz0Zv40

キョン「は?まだ2分くらいしか……お前らが部屋を出たのは何時だった?」

ハルヒ「4時半よ」

キョン「今5時半!?」

ハルヒ「そうよ、1時間待ったんだもの。で、どうだったの!?みくるちゃんとのエッチは〜?」

みくる「涼宮さん…わたしたちまだ…」

ハルヒ「はぁ?キョン!あんたインポなの!?」

175 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 17:53:12.66 ID:E3Jz0Zv40

キョン「古泉!どうなってるんだ!俺たちはまだ5分くらいしか…」

古泉「今長門さんとそのお話をしていました。

   以前にもこのようなことがあったことを覚えていませんか?」

キョン「…雪山の時か…」

古泉「そうです、あなた方が30分と感じた時間は実は3時間も経っていた…

   そのようなことが涼宮さんの力で再現されたのです、あなた方の行為を見るためにね」

179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 18:00:49.62 ID:E3Jz0Zv40

キョン「そこまでして…そこまでして見たがったいたのか?ハルヒは」

古泉「えぇ、とても。そして涼宮さんはあなたに言われた通りに一時間待っていました。

   よってあなた方は涼宮さんに行為を見せる義務があります。」

キョン「それはしょうがないか…」

古泉「そこで僕は一つの仮説を立てました。その仮説が正しいかあなた方に確かめていただきたい」

古泉「その仮説とは――」



キョン「はぁ!?」


ハルヒ「ちょっとキョン!いつまでしゃべってんのよ!早く始めなさい!」

キョン「おぉ・・・わかった」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 18:08:12.83 ID:E3Jz0Zv40

みくる「キョンくん…私のいやらしいとこ…もっと見てください…」

キョン「見てます…すごく…濡れてます…」

ハルヒ「キョン、早く嘗めてあげなさい!」

キョン「失礼します…」

みくる「キョンくん…そんなとこ…嘗めちゃ…汚いれすぅ…」

ハルヒ「どう?みくるちゃん?気持ちいい?気持ちいい?」

みくる「すっごく…気持ちいいですぅ…」

ハルヒ「キョン!もう入れなさい!早くゴムつけて!」

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 18:15:32.86 ID:E3Jz0Zv40

キョン「朝比奈さん…入れますよ…」

みくる「来てください…」

ハルヒ「みくるちゃん!キョンは童貞なんだから場所がわからないわよ!広げて見せてあげなさい!」

みくる「あっ、すみません…ここです…」

キョン「ここですか…?」

ハルヒ「馬鹿!そこはお尻よこのマニアック男!」

みくる「じゃあ来てください…」

キョン「入れます…」

みくる「あっ…うっ…はぁっ…キョンくんの…おっきい…」

キョン「すごい…あったかいです朝比奈さん…」

ハルヒ「どうなのよどうなのよ?二人とも!!」

うるせえええええええええ!!集中できねえだろうがああああ!!!

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 18:19:18.13 ID:E3Jz0Zv40

古泉が立てた仮説とはハルヒが人のセックスを見て興奮するという異常な性癖をもっているということだった

そしてその仮説は当たっていた

AVの監督になると言い出したのは人がセックスしているのを観察するためだったらしい

第二弾は朝比奈さんと古泉、第三弾には俺と長門、

第四弾にはなんと俺と古泉という組み合わせも考えていたことが明らかになった

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 18:21:54.27 ID:E3Jz0Zv40

その後、ハルヒは事あるごとに人のセックスにいちいち口出ししてきた

結局そのあと週3回、俺と朝比奈さんのセックスを見せるということでAVの話はなかったことになった

しかしその後、朝比奈さんと俺の組み合わせだけでは物足りなくなったのか

いろいろな組み合わせでやらされることになった

結局これじゃビデオ撮ってるか撮ってないかの違いだけじゃねえか…

そしていつしかSOS団はただの乱交集団になったのである



205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 18:28:33.42 ID:E3Jz0Zv40

もう終わりです

疲れました

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 19:13:03.77 ID:E3Jz0Zv40

落ちたら悲しいので意味なく保守です

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 19:42:04.48 ID:E3Jz0Zv40

続きはないです

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 21:40:05.25 ID:E3Jz0Zv40

長門編考えた

ハルヒ「キョンも有希も早く脱ぎなさいよ!」

キョン「わかったって…ほら長門早く脱げよ」

長門「あなたに脱がせてほしい」

ハルヒ「キョン!ご指名よ!」

キョン「ご指名って…俺しかいないんだから当たり前だろうが」

長門「脱がせて」

キョン「わかったわかった」

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 21:42:06.09 ID:E3Jz0Zv40

ハルヒ「ワクワク…」

キョン「ほら、バンザーイしろ」

長門「バンザイ」

スルンッ

ハルヒ「きゃっ…って有希なんでブラしてないのよ」

長門「必要ないから」


239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 21:45:58.37 ID:E3Jz0Zv40

ハルヒ「キョンも脱ぎなさい!女の子にだけ恥ずかしい思いさせる気?」

キョン「わかってるっつーの…ほらこれでいいか?」

長門「下も」

キョン「下も?ほら脱いだぞ」

長門「全部」

240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 21:47:42.42 ID:E3Jz0Zv40

キョン「え、全部か?」

長門「早く」

キョン「え…長門にはいいけど…ハルヒは向こう向いててくれ」

ハルヒ「何言ってんのよ!あんたのなんて見飽きてんのよ、さっさと脱ぎなさい!」

キョン「はいはい…」

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 21:48:40.37 ID:E3Jz0Zv40

ハルヒ「ほらぁ…早くちゅっちゅしなさいよぉ…」

キョン「言われなくてもする。ほら長門、こっち向け」

 …
 …

ハルヒ「きゃあああぁぁぁぁ…ペロペロペロペロいやらしいわね…」

キョン「お前がやらせてんだろうが」

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 21:49:25.42 ID:E3Jz0Zv40

ツンツン
キョン「ん?何だ長門」

長門「早くして」

キョン「わかったわかった、お前もせっかちだな。ほら股開け」

長門「はい」

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 21:50:07.88 ID:E3Jz0Zv40

ペロペロペロペロ

ハルヒ「またそうやってペロペロしてぇ…やらしいわねぇ…まるでバターキョンね」

キョン「バター犬みたいに言うな、長門、そろそろ…いいか?」

長門「どうぞ」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 21:52:00.02 ID:E3Jz0Zv40

ガサゴソ
キョン「あーゴムねえや、ハルヒ買ってきてくれ」

ハルヒ「嫌よ、なんであなたたちの避妊に手を貸さなきゃいけないのよ」

キョン「毎回見せてやってんだろ、それくらいしてくれよ」

長門「大丈夫、今日は人間でいう安全日」

キョン「宇宙人にも安全日とかあるのか」

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 21:53:35.28 ID:E3Jz0Zv40

長門「わたしは人間の体に入った宇宙人、基本的な構造は人間と一緒」

キョン「へぇ〜ドラゴンボールの人造人間みたいだな。自爆用の爆弾とか内蔵されてんのか?」

長門「爆弾はクリリンの善意によって取り除かれた」

キョン「完璧ドラゴンボールじゃねえか」

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 22:07:12.59 ID:E3Jz0Zv40

キョン「結局18号は妊娠したよな、大丈夫なのか?」

ハルヒ「有希が安全日って言ってるの!バンバン中に出しなさい!」

キョン「わかったよ…じゃあ入れるぞ?長門」

長門「早く」


249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 22:09:56.12 ID:E3Jz0Zv40

キョン「あっ…うあっ…はぁ…長門…いいよ…」

長門「気持ちいい」

キョン「くぁ…すげえよ長門…めちゃめちゃ気持ちいい…」

長門「私も気持ちいい」

ハルヒ「有希!いつもいってるけど気持ちいいならもっと反応しなさいよ!キョンがバカみたいじゃない!」

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 22:12:35.11 ID:E3Jz0Zv40

長門「これが私の最大限の表現」

ハルヒ「あんたもしかしてマグロ?」

長門「違う」

ハルヒ「ほらほら〜、あんっ…とか喘ぎ声出しなさいよ〜」

長門「すごく気持ちいい」

ハルヒ「もういいわ…ほらキョン!もっと腰振って!」

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 22:18:05.42 ID:E3Jz0Zv40

キョン「これが…限界だ!」

ハルヒ「ほら!もっと!!」

キョン「腰は…速く振ればいいって…もんじゃ…ないんだよ!」

キョン「ほら…こうやって…ゆ〜っくり…深〜〜くまで入れるって手もあるんだよ…」

長門「…っ…」

ハルヒ「キョン!有希が反応してるわ!それもっとやりなさい!」

258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 22:19:45.38 ID:E3Jz0Zv40

キョン「深く…深く…」

長門「あっ…はぁ…」

キョン「どうだ、長門…?」

長門「あっ…と、とっても…気持ちっ…いい…」

ハルヒ「キョンやったわ!有希が表現の限界を超えたわよ!」

キョン「よかった、俺もちょっと進歩したみたいだな…っ!イク…」

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 22:21:11.85 ID:E3Jz0Zv40

ハルヒ「すごい量出てるわ…」

長門「今日は危険日だから受精確実」

キョン「は!?安全日って嘘だったのか?」

長門「冗談」

笑えねえよ…




264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 22:32:17.18 ID:E3Jz0Zv40

さすがにもう考えつきません…

と言いながら何かしら考えてみます



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「古泉好きだああああ!!」古泉「ぎゃあああ!!!」