長門「今日はおでん日和」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カイジ「一条のクチマンコに射精したい」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 03:56:49.56 ID:QKj0zlmUO

猫「にゃー」

長門「………」クルッ

猫「………」

長門「猫………」

長門「………」スッ

長門「ちっちっちっ」

猫「………」

長門「ちっちっちっちっ」

猫「………」

長門「こっちだよー」

猫「………」

長門「……何故来ない」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 03:59:45.38 ID:QKj0zlmUO

猫「……にゃー」

長門「……もう行く」スッ

長門「………」テクテク

猫「………」ペタペタ

長門「………」テクテク

猫「………」ペタペタ

長門「………」ピタッ

猫「!」ピタッ

長門「………」クルッ

猫「……にゃー」

長門「……何故ついてくるの?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 04:03:07.43 ID:QKj0zlmUO

猫「にゃー」

長門「……私には貴方の言語を理解することは不可能」

猫「にゃ」

長門「……困った」

長門「………」スッ

猫「………」

長門「………」

長門「……にゃーご」

猫「………」

長門「にゃーご」

猫「………」

長門「にゃ

キョン「長門?」

長門「!」ビク

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 04:11:05.88 ID:QKj0zlmUO

長門「……何」

キョン「いや…猫とにらめっこしてる友人を
見かけたら、そりゃ声のひとつもかけるさ(今絶対
猫と会話を試みてたよなこいつ)

長門「…帰宅の途中。特に何も。」

キョン「そうか。しかし可愛い猫だな」ス…

猫「ふーっ!」

キョン「…前言撤回だ」

長門「……貴方こそ何を?」

キョン「ああ俺か?世間ではおでんが美味しい季節に
なりつつあるからな。コンビニで調達してきた。ほら」ホカホカ

長門「おでん……」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 04:17:09.27 ID:QKj0zlmUO

キョン「おでん知らないのか?」

長門「私が生み出された際にその存在は情報として
登録はされている」

キョン「……するってーと」

キョン「実際に食べたことはないと」

長門「そう」

キョン「それはいささか勿体ないな。よし、
あそこの公園で一緒に食べよう」

長門「……分かった」

キョン「……それでさ」

長門「…?」

キョン「さっき『にゃーご』って

長門「言っていない」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 04:22:53.19 ID:QKj0zlmUO

長門「…私の家はもうすぐ」

長門「なのに何故わざわざ外で?」

キョン「いいか?コンビニのおでんというのはだな」

キョン「この寒さのせいでかじかんだ手を暖め」

キョン「そして芯まで冷え切った体を内から
暖めるために先人が考え出した、至高の
食べ物なんだよ」

長門「……そう」

キョン「そうだ。……それに」

猫「にゃー」

キョン「どうやらそいつもおでん様の慈愛を
賜りたいようだしな」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 04:34:10.53 ID:QKj0zlmUO

キョン「よっこらせっと」ドサッ

キョン「ツイてるな長門。今日は絶好のおでん日和だ」

長門「そうなの?」

キョン「そうだ」

猫「にゃー」

キョン「お、お前も分かるか」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 04:52:12.27 ID:QKj0zlmUO

キョン「さて、何がいい?」

長門「………?」

キョン「具だよ具。俺としたことがテンションに任せて
かなり買っちまったからな…」

長門「………これ」

キョン「しらたきか」

長門「………」フーフー

長門「いただきます」チュルリ

キョン「どうだ?」

長門「…美味しい」

キョン「そいつはよかった」

猫「にゃー」

キョン「お、すまんすまん。ほら、食え」

猫「」クチャラクチャラ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 04:56:55.09 ID:QKj0zlmUO

長門「これは…?」

キョン「それはちくわぶだ」

長門「………」モッチャモッチャ

長門「………味がしない」

キョン「そういうもんなんだ」

キョン「ちくわぶはおでんの中では主食的な役割を
果たしているんだぞ」

長門「……理解した」

猫「」ハムッ

猫「………」プイ

キョン「こいつはお気に召さなかったようだな」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 05:15:01.92 ID:QKj0zlmUO

長門「これが…大根…」

キョン「そうだ。これだけトロットロのものは
そうお目にかかれないぞ」

長門「……」パク

長門「美味しい……」

キョン「そうだろうそうだろう」

猫「にゃあー」

キョン「お。お前も気に入ったようだな」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 05:20:22.28 ID:QKj0zlmUO

キョン「さあ長門。これを食べてみろ」

長門「…分かった」パク

長門「………」ハムハム

長門「………」ハムハム

長門「………」ハムハム

長門「………」ゴクリ

長門「……噛めば噛むほど味が出る」

キョン「そう」

キョン「それが牛スジだ…」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 05:32:05.05 ID:QKj0zlmUO

キョン「ただこれはおでんの具として認められない
場合もある」

長門「……何故?」

キョン「カレーに醤油しかり」

キョン「お好み焼きにチーズしかり」

キョン「いくら『合う』組み合わせだったとしても
それらを『邪道』として認めない人々が少なからず
いるのさ」

長門「邪道……」

キョン「そうだ」

キョン「それは決して悪いことじゃあない」

キョン「先人が生み出した料理を、生まれたままの姿で
継承していく…それもまた食の道」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 05:41:44.66 ID:QKj0zlmUO

キョン「だが……だが俺は」

キョン「無限に広がる食の可能性を、切り開いて
いくべきだと思うんだ」

キョン「その結果のひとつが……この牛スジなんだ」

キョン「これは食の更なる可能性へのあくなき挑戦が
生み出した、いわば奇跡の一品…!」

キョン「分かるか長門?」

長門(早く次が食べたい)

猫「」クチャクチャ



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 05:53:37.65 ID:QKj0zlmUO

キョン「ふぅ…結構あったな」

長門「私はまだまだいける」

キョン「残念だが、もうほぼ完しょ……」

長門「…どうしたの?」

キョン「…忘れていたよ」

長門「?」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 06:02:33.65 ID:QKj0zlmUO

キョン「ほら…飲め」

長門「それは…捨てるものではないの?」

キョン「いいから飲んでみろ」

長門「………」ゴク

長門「美味しい…」

キョン「ゆで卵から溶け出した黄身」

キョン「最後に加えたからし」

キョン「そしてチャレンジャー海峡よりも深い
昆布だしの味わい」

長門「………」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 06:07:30.13 ID:QKj0zlmUO

キョン「このだし汁スープを編み出したお方は
こうおっしゃったそうだ」

キョン「『おでんはだし汁の最後の一滴までもが
おでんなのだ』と」

長門「……自分の浅はかさに言葉も出ない」

キョン「いいのさ。これから学んでいけば」

猫「にゃ……」ゴシゴシ

キョン「お……おねむか?」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 06:13:02.87 ID:QKj0zlmUO

キョン「……よりによって」

猫「………」スースー

長門「………」ナデナデ

キョン「長門の膝の上で寝るとはな……」

長門「………かわいい」ナデナデ

キョン「…最初はあんだけ距離をとってたコイツも」

キョン「おでんがありゃ膝の上で寝られるほど
打ち解けられるんだな」

長門「……おでんのお陰」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 06:17:11.45 ID:QKj0zlmUO

キョン「……今度SOS団でおでんパーティーしような」

キョン「谷口と国木田も呼ぶか」

キョン「森さんと新川さん」

キョン「佐々木に橘、周防に藤原…」

キョン「とにかく…皆呼んでさ」

長門「……とても楽しみ」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 06:21:17.14 ID:QKj0zlmUO

一一一1カ月後

長門「………」パタン

ハルヒ「はい!じゃ今日は解散!!」

ガラッ

みくる「!! ふえぇ…廊下は寒いです〜」

古泉「もう吐息が白くなる時期ですから…それに
我々男性はまだしも、女性はスカートですしね…」

ハルヒ「みくるちゃん!だらしないこと言わないの!
SOS団の団員たるもの、永遠に風の子でなくちゃ
ならないのよ!!」

みくる「ふえぇ〜」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 06:31:01.66 ID:QKj0zlmUO

キョン「こらハルヒ。朝比奈さんをどこぞの
体力バカと一緒にするんじゃない」

ハルヒ「ちょ…キョン!?それ一体誰のことよ!!?」

キョン「さあな」

ハルヒ「生意気よ!キョンのくせに!」

キョン「お前は今世界中のキョンと呼ばれる人々を
侮辱したぞ」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 06:36:56.00 ID:QKj0zlmUO

ハルヒ「私が言ってるのは目の前にいる
うすらとんかちのキョンのことよ!!!」

キョン「うす…っ!?」

ハルヒ「団長に盾突いた罰よ、全員になにか
おごりなさい!!!」

みくる「はわわ……」

古泉「おやおや」

長門「………」

キョン「ちっ……わあったよ」

長門「………」グイ

キョン「…すそを引っ張るなすそを」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 06:40:36.56 ID:QKj0zlmUO

キョン「なんだ?食いたいもんでもあるのか?」

ハルヒ「由希がその手の自己主張するのは珍しいわね…
いいわよ、じゃ今日は由希が食べたいものにしましょ!」

キョン「まあ……俺が払うんだけどな」

長門「あなたが支払いをする必要はない」

長門「私の家に皆を招待する」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 06:43:33.46 ID:QKj0zlmUO

古泉「これは光栄ですね」

ハルヒ「なになに?ひょっとして由希の手料理!?」

長門「そう」

みくる「何をつくったんですかぁ?」

長門「おでん」

キョン「!」

古泉「おでんですか…いいですね」

みくる「この時期には一度は食べなきゃですよね〜」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 06:48:14.61 ID:QKj0zlmUO

ハルヒ「へ〜楽しみ!ねぇ餅巾着は入ってるかしら!
私あれ大好きなの!!」

由希「入れた。おでんの具としてある程度の知名度が
あるものは殆ど入れたつもり」

古泉「ではウインナーは?」

長門「入れた」

みくる「こ、高野豆腐は…」

長門「入れた。厚揚げじゃがいもがんもどき……
両手両足使っても数え切れない。」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 06:53:34.39 ID:QKj0zlmUO

由希→有希で。ズビバゼン…


ハルヒ「これは楽しみになってきたわね…!!」

キョン「ちょっと落ち着けハルヒ。(とはいえ
俺も長門のつくったおでんとあっちゃあ興奮せずには
いられないんだがな)」

ハルヒ「そうだ!有希の手料理なんて貴重な物、
さすがの私も独占するわけにはいかないわ!!
もっとたくさん人を呼びましょう!!!」

キョン「ハルヒ。まず長門に許可をだな……」

長門「構わない。食事は大勢で摂った方がいい」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 06:59:29.09 ID:QKj0zlmUO

古泉「では、お言葉に甘えて森さん達を……」

みくる「私今から鶴屋さんに電話してみます!」

キョン「しゃーねーな……谷口と国木田……あ、佐々木も
呼んでみるか」

ハルヒ「皆その調子で宇宙人未来人超能力者異世界人も
呼び寄せちゃいなさーい!!!」

キョン(まあ……その類の人達が大勢混じってるわけだが)

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 07:14:16.86 ID:QKj0zlmUO

ハルヒ「…でも、なんでおでんなの?他にも色々
あるじゃない。シチューとか、すき焼きとか。」

長門「特に理由はない」

長門「強いて言えば…」



一一一一一

朝倉「……長門さん、ちゃんと言えたかしら……心配だわ」

朝倉「あの長門さんが台所に立つなんて……よっぽど
美味しかったのね」

朝倉「いや……嬉しかった、のかしら」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 07:20:42.61 ID:QKj0zlmUO

朝倉「……なんかすっごいお腹空いて来ちゃった」

朝倉「長門さん達が帰って来るまで、2人していい子で
待ってようね〜」ナデナデ

猫「にゃー」

一一一一一一


みくる「強いて言えば……?」

長門「………」









長門「今日はおでん日和」




fin

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/29(火) 07:32:13.80 ID:QKj0zlmUO

読んでいただいてありがとうございます

兼ねてからまとめサイトでSS読んでて「自分も
書きたいなー」なんて思ってたわけで

そしてこの度バイト終わりでなかなか寝付けなかったので、
試しに『おでんを食べたい』という衝動に任せて
びびりながらも書いてみました

いかがだったでしょうか 感想をお聞かせ頂けると嬉しいです



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:みさお「甘いものいっぱい食べさせてくれると嬉しいんだってヴぁ」