古泉「大変です。涼宮さんの首が切断されました」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:[艦これ] 北斗の艦 世紀末艦娘伝説 [安価]

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 16:00:43.96 ID:T2h/HTf6O



キョン「……スマン、もう一度言ってくれ」

古泉「ですから、涼宮さんの首が切断されたんですよ。やれやれ……困った物です」

キョン「……誰が切断したんだ!?」

古泉「それはまだわかりません……とりあえず部室に行きましょうか」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 16:03:18.90 ID:T2h/HTf6O

俺は古泉と一緒に部室に急いだ。

ハルヒの首が切断された……ちくしょう、なんでこんな事に……。

キョン「ハルヒ!大丈夫かっ!?」

部室のドアを開けた俺の目に飛び込んできたのは、机の上に置かれたハルヒの生首だった。

キョン「ハルヒ……」



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 16:09:56.79 ID:T2h/HTf6O



綺麗に切断されたハルヒの頭部。

部室は血で真っ赤に染まっていたようだったが、ある程度朝比奈さん拭いてくれたようだ。

キョン「あれ?ハルヒの身体は……?」

みくる「ごめんなさい。わかりません……私が来た時は既に涼宮さんはこうなっていましたので……」

少し困った顔をする朝比奈さん。

キョン「そうですか……」

俺はハルヒの生首を持ち上げ、呟いた。

キョン「大丈夫かーハルヒー」

ハルヒ「遅いわよバカキョン!」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 16:11:15.38 ID:T2h/HTf6O

キョン「すまないハルヒ。ちょっと野暮用でな……」

ハルヒ「団長の首が切断されたのよっ!?先ずはこっちを優先しなさいっ!」

キョン「だから謝っているじゃないか」

ハルヒは生首になっても相変わらずだった。

みくる「涼宮さん、お茶飲みますか?」

ハルヒ「お願いみくるちゃん」

朝比奈さんが慣れた手つきでストローをハルヒの口に運んだ。

ハルヒ「んくっ んくっ」

ハルヒー。切断面からお茶がただ漏れだぞー。これは飲むと言うより口を潤しているだけじゃないかー?

ハルヒ「ぷはーっ!ありがとうみくるちゃん!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 16:16:16.41 ID:T2h/HTf6O

みくる「いえいえ、他に困った事があったらなんでも言って下さいね♪」

流石は朝比奈さん。優しいなぁ。

古泉「一つ宜しいですか」

キョン「うおっ!?急に耳元で囁くな気持ち悪いっ!?」

古泉「んっふ、失礼……そろそろ現実から目を背けるのを止めませんか?」

古泉は小声で呟いた。

キョン「……もう少し、こうしていたいんだが。お前や朝比奈さんもそう思っていたんじゃないのか」

古泉「確かにそうでしたが……それでは解決しませんよ」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 16:23:55.62 ID:T2h/HTf6O

キョン「確かにな……わかったよ古泉。現実に戻ろう。じゃあ突っ込むぞ」

古泉「どうぞ」

キョン「首だけになってるのに、なんで普通に生きているんだハルヒは」

古泉「考えられる原因としては二つですね。
一つは、涼宮さんが『まだ死にたくない』と望んだ結果。
もう一つは、先程から姿が見えない長門さんがぐぶふしゅっ」

キョン「……古泉?」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 16:31:12.88 ID:T2h/HTf6O



みくる「きゃああああああああっ!?」

一瞬の事だった。

古泉の首が。

ボトリと地面に落ちた。

キョン「古泉いいいいいっ!?」

古泉「いやぁ、やられてしまいました」

良かった。無事だ。

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 16:40:10.28 ID:T2h/HTf6O



俺は血溜まりの中から、古泉の首をゆっくり持ち上げた。

キョン「痛むか?」

古泉「それが不思議な事に、何も感じないんですよ」

キョン「それにしても突然だったな」

みくる「ふわわ、古泉君、血が、血がいっぱい、やだ、雑巾が足りないっ!?」

キョン「落ち着いて下さい朝比奈さんっ!」

みくる「ひゃっひゃあいっ!?」

キョン「……古泉の首が切断された瞬間を見ましたか?」

みくる「えっと、み、みえませんでしたぁ?」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 16:45:05.70 ID:T2h/HTf6O



キョン「そうですか……朝比奈さん?」

みくる「え?なんですかぁ?」

キョン「赤いメイド服なんて……ありましたっ……け……?」

みくる「キョンくん何を言って……うそ……ひ……ひあああああああああああっ!?」

部室中に。

朝比奈さんの絶叫が響く。

くそっ……なんて事だ……朝比奈さんの……あの夢と希望が詰まった……朝比奈さんの胸が……。



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 16:52:17.41 ID:T2h/HTf6O

みくる「おっぱい……私のおっぱいが無くなりましたぁ!?」

キョン「いい加減にしろ……姿を見せろ長門っ!?」

長門「……私は悪くない」

キョン「!?」

長門の姿は見えない。が、声だけが頭に響いた。

キョン「……なんでこんな事をするんだ」

長門「……私は、悪く、ない」

いや、それさっき聞いたから。



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 16:55:41.91 ID:T2h/HTf6O



キョン「今すぐに皆を元に戻すんだ長門」

長門「それは出来ない」

キョン「何故だ」

長門「……私は悪くない」

だから意味わかんねーって!

長門「……暫く我慢……今日……に……解……決す……」

キョン「お、おい長門!?長門!?」



117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 17:04:13.16 ID:T2h/HTf6O

ノイズが混ざったような声を最後に、幾ら叫んでも長門からの返事は無かった。

いったい、何がどうなっているんだよ……誰か説明してくれ……


『うふふ』

……朝比奈さん?

みくる「うふあははぁ!できたっ!できましゅたぁ!?キョンくんみてくだしゃあぃ!?」

キョン「……なにやっているんですか朝比奈さん」

みくる「らってぇ、おっぱいなくなったからぁ、あはっ!しゅじゅみやしゃんとこいじゅみくんをかわりにひぃ!?しゅごいでしょぉ!?」

キョン「…………」

もう駄目だこの人。

朝比奈さんはハルヒの首を右胸に、古泉の首を左胸に付けていた。

どうやってこんな短時間で付けたんだよ。

みくる「きんしょくじこーっ!あふあははぁ!!」

さいですか。



125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 17:10:31.63 ID:T2h/HTf6O

古泉「いや、これはこれで便利だと思いますよ」

お前は何を言っているんだ古泉。

ハルヒ「みくるちゃん!お茶!」

みくる「はぁい」

古泉「朝比奈さん、僕にもお願いします」

みくる「わかりましゅたぁ!」

朝比奈さんはストローの付いたコップを両手に持ち、自らの胸に取り付けた二人にお茶を器用に飲ませた。

ハルヒ「ぷはーっ!」

古泉「ありがとうございます」

みくる「いえいえ、どういたしまして♪」

なんだこれ。



133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 17:15:21.86 ID:T2h/HTf6O



みくる「キョンくんも飲みますかぁ?」

キョン「お願いします朝比奈さん」

……ふむ。

ちょっと頭がおかしくなっても。

おっぱいがあった場所にハルヒと古泉の生首を付けても。

お茶の味は変わらないな。

流石は未来人と言う事にしておくか。



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 17:20:05.76 ID:T2h/HTf6O

キョン「首は正面を向いているに決まっているだろうっ!?胸の切断面と後頭部がくっついているんだよっ!」

ハルヒ「いきなり何を叫んでるのよバカキョン!」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 17:28:11.97 ID:T2h/HTf6O

古泉「朝比奈さん、僕の胴体から携帯を取って貰えませんか?」

みくる「りょうかいでしゅっ!」

古泉「いえ、そこは股間です。そんなトコに有るわけないじゃないですか。内ポケットですよ。そう、それです。
左のボタンが着信履歴ですので、二番目に森園生って表示されてますから、そのまま発信ボタンを」

キョン「古泉」

古泉「なんでしょうか?」

キョン「俺に頼んだ方が早くないか?」

ハルヒ「…………」

みくる「…………」

古泉「……朝比奈さん、僕の耳元に携帯を」

みくる「はぁい♪」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 17:34:55.78 ID:T2h/HTf6O



古泉「……そう言う訳で、これから森さんが来てくれるそうです」

キョン「森さん……か。嫌な予感しかしないんだが」

古泉「しかし、このままでは手詰まりです。
森さんなら、敵の正体を暴いてくれるんではないかと」

キョン「大丈夫かな……」

ハルヒ「みくるちゃんっ!?お腹空いたわっ!」

みくる「えっと、プリンならありますけど」

ハルヒ「今すぐちょうだ」

キョン「ちょっと待てぇ!?」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 17:46:42.26 ID:T2h/HTf6O



ハルヒ「なによっ!?」

キョン「しれっと嘘を付くな。今のお前に空腹感なんて」

ハルヒ「本当に空いているんだから、しょうがないじゃないっ!」

キョン「……古泉、お前もか?」

古泉「まぁ、空いていると言えば空いていますね」

どういう事だ?

みくる「わたしもおなかしゅきましたぁ!
おっなかとせっなかが、くっつくぞぉ!?」

キョン「古泉、お前はどう考える?」

古泉「この状態で生命活動を行なっていますから……」

みくる「ひぐっ……無視しないでくらしゃぁいっ!?」

ハルヒ「やだ、ちょっとみくるちゃん!?垂れてるわよっ!?」

古泉「朝比奈さん落ち着いて」

みくる「びええええええええっ!?」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 17:52:49.50 ID:T2h/HTf6O

キョン「あーあ……」

もう帰ろうかな……。

と、その時


ガシャァッ!!

ハルヒ「きゃあっ!?」

キョン「なんだなんだーっ!?」

突然、部室の窓ガラスを粉々にしながら何者かが入って来た!

古泉「この登場の仕方は……」

『お待たせ致しました。貴方の森園生で御座います』



157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 17:59:51.45 ID:T2h/HTf6O

古泉「待っていました森さん。ええっと、何処から説明したものか」

森「古泉」

古泉「あ……は、はい」

森「何をしていたんだお前は」

あれ?森さんの口調って……

古泉「ひっ……その、突然の事で僕には対処不可能むぐ」

森「ふぅん。で、結果がこれか。なるほど、なるほどなぁ?」


163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 18:06:00.75 ID:T2h/HTf6O

口を塞がれ、涙目の古泉に森さんは笑顔で

「離脱してろ」

それだけ呟き、思いっきり拳を古泉に――

グシャッ

みくる「痛いひぃっ!?」

朝比奈さんも痛いのかよっ!?



169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 18:13:14.37 ID:T2h/HTf6O

古泉はそのまま黙ってしまった。多分。永久に。

みくる「いたいですぅ!?ひどいですぅ!?」

森「黙れ」

みくる「ひっ……?」

森さんの一言で、朝比奈さんは黙ってうつむいた。

右胸にいるハルヒも、目を合わせないように顔を背けている。

森「さて……静かになりましたね。
それでは事の起こりを、一から十まで確実に正確に焦らずに冷静に、貴方の森園生にお聞かせ下さいませ」

……俺はその笑顔に少し漏らしてしまった。

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 18:26:48.52 ID:T2h/HTf6O

言われた通りに、事の顛末を森さんに伝えた。

森「なるほど、そう言う事ですか……そうすると……っ!?」

キョン「森さんっ!?」

その瞬間は、俺にも微かに視覚する事が出来た。

森さんの左首筋の空間が歪み、突然ナイフを握った手が現れそのまま――

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 18:44:01.47 ID:T2h/HTf6O



森「くっ!」

間一髪。

森さんは頭を下げてナイフを避け、そのまま前方に転がり距離を取った。

森「なるほどなるほど。古泉では、これは対処不可能」

キョン「森さん!」

森「ご安心下さいませ。貴方の森園生は、簡単に首を取られはしませんから」

森さんは空中に浮遊しているナイフを握った腕を睨み付け、

森「さて……姿を現したらどうですか?」



181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 18:53:40.42 ID:T2h/HTf6O



森「朝倉涼子さん」

……なんだって?

朝倉「あーあ、もう少しだったのに」

目の前の空間がぐにゃりと歪み、朝倉涼子は出現した。

朝倉「なんでわかったのかしら?」

森「答える必要はないな」

朝倉「ま、別にいいんだけど。とりあえず……切断されなさい♪」

森「TFEI端末ごときが……やってみろ」

みくる「けんかはやめてくだしゃあいっ!?」

……ここで登場するか朝比奈みくるっ!?

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 19:01:15.53 ID:T2h/HTf6O

朝倉「…………」

森「…………」

朝倉と森さんは、朝比奈さんを無視して姿を消した。いや、俺が見えてないだけ。

ガキンッとかドガガとか聞こえるんだが、何をやっているのか俺にはさっぱりだー。

みくる「無視しないでくだしゃあいっ!?」

キョン「朝比奈さん、とりあえず離れましょう。ここは危険で」

みくる「むぅーこうなったらハイメガみくるびーむでしゅ!」

本当に頭がおかしくなったんだなー朝比奈さん。

みくる「ハイメガ……みくる……」

キョン「はいはい。早く生きますよ朝比奈……え?」

キイィィン!

朝比奈さんの両目が発光し始め……

ハルヒ「痛いっ!?何よこれっ!?」

古泉「目がっ!?目がぁっ!?」

ハルヒと古泉の両目も発光……ってちょっと待てえっ!?

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 19:07:19.66 ID:T2h/HTf6O



みくる「びいぃぃぃぃむぅぅぅっ!!」

古泉「はいぃぃっ!?」

ハルヒ「目がああぁ!?」

三人の両目から同時に閃光が放たれた!

朝倉「うそ」

森「待てこれはな」







―――ズガァッ!!







古泉「まっがーれ」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 19:11:57.02 ID:T2h/HTf6O

キョン「ははは……」

笑うしかねぇ。一瞬で全てが消し飛んだ。

みくる「けんかはいけましぇん!」

そうですね。朝比奈さん。

キョン「はぁ……長門ー。出てこれるかー?」

長門「……はい」

キョン「……これ、元に戻るのか?」

長門は少し考え込み、

長門「そのままでも特に問題は無いと思われる」

キョン「俺もそう思ってたよ」

よし、帰るか。

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 19:18:03.69 ID:T2h/HTf6O

ハルヒ「待ちなさいよ!」

古泉「いや、戻して下さいよ」

うるせー。めんどくせー。聞こえねー。あーあーあー。

みくる「私は別にそのままでも……」

ハルヒ「みくるちゃんは黙ってなさいよっ!何とかしなさいよこのバカキョンぐぶっ!?」

みくる「なんでしゅと?」

右胸のハルヒを朝比奈は思いっきり殴りつけた。

ハルヒ「ちょっとなにすんのよみくるちゃ……ひぎっ!?」

みくる「なんでおっぱいが喋るんでしゅか?」

ハルヒ「冗談はやめ……ひぐっ……いっ……やっ……ごめっ……ごめんなさっ……いぎっ!?」

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 19:24:59.89 ID:T2h/HTf6O

ハルヒ「…………」

ボコボコにされたハルヒは、そのまま黙ってしまった。

みくる「おっぱいが喋るなんておかしいでしゅ。左は大丈夫かなぁ?」

左胸の古泉を睨み付ける朝比奈さん。

みくる「……どうやら大丈夫みたいでしゅね。あ、キョンくん」

キョン「……なんですか朝比奈さん」

みくる「私ね、ずっとキョンくんの事が好きでしゅた」

俺も「昔」は好きでしたよ。

みくる「でも、せっくすは禁則事項なんでしゅ……」

誰もそんな事聞いてないですよ。

みくる「しかしっ!お口とおっぱいならご自由にっ!?」

キョン「朝比奈さん!」

みくる「はいっ!」

キョン「帰らせて下さいっ!!」

みくる「あぁっ!?キョンくんっ!?」

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 19:28:11.65 ID:T2h/HTf6O

長門「そこは帰っては駄目」

みくる「長門しゃんっ!?」

キョン「……邪魔をするな長門」

長門「皆が貴方と朝比奈みくるに期待している」

キョン「なにをっ!?」

長門「……ふぇらとパイずり御奉仕」

キョン「あれは生首だっ!?」

みくる「首じゅり?」

ちょっと黙れ朝比奈みくる。

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 19:36:15.71 ID:T2h/HTf6O

キョン「冷静に考えてみろ長門。ハルヒと古泉の頬に挟まれる俺のチンポを。お前はそれでいいのか?」

長門「素晴らしい。そして三人の舌で」

駄目だこの宇宙人形。

古泉「んっふ、僕は一向に構いませ」

みくる「おっぱいが喋るな」

古泉「…………」

キョン「て言うか最初の勢いだけで森さんに電話かけた辺りからつまんねーんだよっ!?これの何が」

長門「黙って」

キョン「うっ……?」

突然視界が真っ暗になった……意識が遠退く……何をした長門……。

長門「起きてからのお楽しみ」

キョン「アホか……」


213 名前: ◆HLR2b16n72 [] 投稿日:2009/09/10(木) 21:19:25.43 ID:T2h/HTf6O

終りだ!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「俺新一やねん」蘭「ほんまかいな」