長門 「……おかわり」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ちょwwwwww立って食べてるwwwww」

ツイート

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/09(水) 18:20:25.68 ID:0YXyTVaSO

あちゃくら「朝からよく食べますね、長門さん」

長門 「はやく」

あちゃくら「わかりました……はい、どうぞ」

長門 「……」パクパク

長門 「おかわり」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/09(水) 18:22:21.61 ID:0YXyTVaSO

あちゃくら「もうないですよ」

長門 「……そう」

長門 「ごちそうさまでした」

あちゃくら「お粗末様でした」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/09(水) 18:26:46.10 ID:0YXyTVaSO

あちゃくら「あー、喉がかわきました」

長門 「私も」

あちゃくら「あ、何かいれましすね」スッ

長門 「いい。私がやる。あなたは座っていて」

あちゃくら「そ、そうですか……?じゃあお言葉に甘えて」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/09(水) 18:31:04.06 ID:0YXyTVaSO

長門 「どうぞ」

あちゃくら「ありがとうございま……って、長門さん?」

長門 「なに?」

あちゃくら「……これはなんですか?」プルプル

長門 「哺乳瓶」キラン

あちゃくら「そんなのはみたらわかります!!ちゃんとしたコップは無いんですか!?」

長門 「それしかない」

あちゃくら「……」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/09(水) 18:37:31.70 ID:0YXyTVaSO

長門 「……飲まないの?」ゴクゴク

あちゃくら「はい」ツーン

長門 「……」ゴクゴク

あちゃくら「こんなので飲むくらいなら我慢しm」

長門 「……」ヒョイ

あちゃくら「ちょっ、何するんですか長門さん!!」バタバタ

長門 「よしよし」ナデナデ



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/09(水) 18:44:53.65 ID:0YXyTVaSO

あちゃくら「抱っこされてあやされたからってそんなの飲みませんからね!!」

長門 「よしよし」ナデナデ

あちゃくら「そりゃ……ちょっとは気持ちいいかもーって思わなくもないですよ?長門さん暖かいし」

あちゃくら「でも哺乳瓶だけは」

長門 「そりゃ」バッ

あちゃくら「……」チュッチュッ

長門 「どう」

あちゃくら「そんなに……悪くはないです……けど」

長門 「そう」キラン

あちゃくら「もうっ、今回だけですよっ」

長門 「よしよし」ナデナデ

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/09(水) 18:55:47.92 ID:0YXyTVaSO

あちゃくら「しかしあれですねー、こうしてると赤ちゃんの頃に戻ったみたいですね」ユラユラ

あちゃくら「……まあ実際生まれて数年しか経ってないんですが」ユラユラ

長門 「そう」

あちゃくら「こうしてると、ああ、人間ってのもいいかな…なんて思いますね」

長門 「……」スッ

あちゃくら「そうそう、こんな風におしゃぶりを咥えて」

長門 「……」パッ

あちゃくら「うお、このガラガラなんかもいいですねー」

あちゃくら「あとはこれにオムツでもあれば完璧赤ちゃんですねー」

長門 「生憎持ち合わせていない。買ってくる」

あちゃくら「あ、マミーポ○パンツでお願いしますね…」

長門 「了解した」

あちゃくら「……って調子に乗るなー!!!!買ってこなくていいです!!!!!!!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/09(水) 19:10:26.71 ID:0YXyTVaSO

あちゃくら「……」セッセ

あちゃくら「んしょ、んしょ」フキフキ

あちゃくら「ふぃー、窓拭き完了!!」

あちゃくら「そろそろ上の方も拭かないとな……でも届かないし」

あちゃくら「そうだ……長門さん、暇なら窓拭きするんで私を抱えてください」

長門 「甘えんな」

あちゃくら「えっ…」ギシ

長門 「これを使うといい」コロコロ

あちゃくら「(ベビー歩行器…!!)」

長門 「……」

あちゃくら「あ、ありがとうございます……」

長門 「別にいい」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/09(水) 19:14:34.87 ID:0YXyTVaSO

千秋「おかわりは無かった事に出来ないだろうか」

あちゃくら「えっ……あの……?」

千秋「だから、おかわりは無かった事に出来ないだろうか」

長門 「一度受けた注文は取り消せない。従って、責任を持って食べるべき」

千秋「ちっ、わかったよ」ムシャムシャ

あちゃくら「ああ、定食屋を始めたんですか……って何してんですか長門さん!!!!」

長門 「割りと楽しい」

あちゃくら「そうですか……好きにしたらいいです」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/09(水) 19:26:39.79 ID:0YXyTVaSO

千秋 「フユキがおかわりをおかしくした」

長門 「……!!」

千秋 「……わかってくれたのか」

長門 「事情が変わった。状況を説明して」

あちゃくら「えっ……ちょっ……何が起きてるんですか?」

千秋 「フユキ……あいつの揚げる唐揚げは絶品だった」

長門 「……そう」

あちゃくら「よくわからないですが……唐揚げ、作りましょうか」

千秋 「……頼む」

長門 「急ぐべき」

千秋 「間に合ってくれよ……!!」

あちゃくら「(なんなんだろう)」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/09(水) 19:35:28.01 ID:0YXyTVaSO

―――下校時間

あちゃくら「ハルヒのパンツはくまさんパンツ」ボソッ

キョン「……?空耳か?」

あちゃくら「(よしよし……もういっちょ!!)」

あちゃくら「ハルヒのパンツはくまさんパンツ」ボソボソッ

キョン「くま……さん……?あのハルヒが……?それはそれで……」

長門 「くまさんなら私も持っている」

キョン「うおっ、長門!?」

長門 「もっている」

キョン「そ、そうか(長門も……くまさん)」

長門 「……」

キョン「(いかん、よからぬ事を考えてしまう)」

キョン「じゃ、じゃあな長門!また明日」タッ

あちゃくら「……上手くいきましたかね?」

長門 「GJ」キラン

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/09(水) 19:41:06.34 ID:0YXyTVaSO

千秋 「おかえり……も…無かった事には出来ないのか……」

長門 「できない」

千秋 「そうか……残念だ」

長門 「気にする必要は無い。ここはあなたの家でもある……もっと胸を張るべき」

千秋 「……わかったよ」

あちゃくら「今帰りましたー。ふぅ、外は暑かったです……」

長門 「おかえり」

千秋 「よぉ、おかえり」

あちゃくら「ただいま……って誰ですか!!!!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/09(水) 19:47:23.36 ID:0YXyTVaSO

長門 「古泉一樹×保坂」

あちゃくら「うわー」

長門 「興味深い」

あちゃくら「……そうですか」

長門 「……」

あちゃくら「……あの二人声にてますよねー」

長門 「確かに」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/09(水) 20:04:21.10 ID:0YXyTVaSO

あちゃくら「ふぅ……やっぱお風呂は良いですねぇ」ザバー

あちゃくら「疲れなんか一発で吹き飛んじゃいますね……あー、気持ちえー」ポー

長門 「……それは洗面器」

あちゃくら「わっ、わざわざそんなこと言わなくても良いじゃないですか!!人がせっかくいい気分になってたのに!!」

長門 「でもその姿は滑稽」

あちゃくら「仕方が無いんです!!私が湯船に浸かったら溺れちゃうんです!!」

長門 「……そう」プッ

あちゃくら「わっ、笑うなぁー!!!!!!」カァァ

39 名前:【義母中出し凌辱レイプ】[] 投稿日:2009/09/09(水) 20:18:20.06 ID:0YXyTVaSO

サエコ 『た、たかし……な、中にだけは……あぁん!!』

たかし『はぁっ…はぁっ…お、お、お義母さん…!!』パンパン

たかし『駄目だ……出るっ!!』

サエコ 『ああああん』


―――――――――
>‎ 構わず中に出す
顔射
パイ射
―――――――――

あちゃくら「うひゃあ……これすげぇー」ドキドキ

長門 「……」

あちゃくら「な、なかだししちゃうんですか……?」

長門 「義母ものはそそる」

あちゃくら「背徳感……ですか」ドキドキ

長門 「そう」

40 名前:【お味噌汁】[] 投稿日:2009/09/09(水) 20:26:23.10 ID:0YXyTVaSO

あちゃくら「〜♪」

長門 「……それは?」

あちゃくら「長門さんはいつもカレーばっか食べてますからね…。お味噌汁ですよ」

長門 「お味噌……汁」

あちゃくら「そうですよ〜長門さんのバックアップ次代、よく作ってたんですよ」

あちゃくら「できました、どうぞ」

長門 「いただきます」ズズ

あちゃくら「どうです?」

長門 「美味」

あちゃくら「ふふっ、嬉しいです」

―――翌日、昼食時

キョン「よお長門、なに食ってんだ?」ヒョイ

長門 「……」ズズ…

キョン「味噌汁……だと」

長門 「美味」キラン

42 名前:【ちゅるやさん】[] 投稿日:2009/09/09(水) 20:32:58.39 ID:0YXyTVaSO

ちゅるやさん「長門っち長門っち」

長門 「……」クル

ちゅるやさん「スモークチーズはあるかい?」

長門 「……さぁて、ね」

ちゅるやさん「にょろーん……」

―――――――――

ちゅるやさん「ねぇ、そこのキミ!!」

あちゃくら「はい?」クル

ちゅるやさん「スモチは、好きかい?」

あちゃくら「……なんですか?それ……?」

ちゅるやさん「にょろーん……」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/09(水) 20:43:50.75 ID:0YXyTVaSO

あちゃくら「長門さ〜ん、Jリーグカレーですよ」

長門 「いただきます」

あちゃくら「……」ドキドキ

長門 「……」パクパク

長門 「……」ムシャムシャ

長門 「……おかわり」

あちゃくら「……あれ?なんとも無いんですか?」

長門 「??」

あちゃくら「あれ……CMでやってたの、嘘なのかな?ラモスに会えるかと思ったのに」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/09(水) 20:50:58.68 ID:0YXyTVaSO

あちゃくら「暇ですねー」

長門 「そう」

あちゃくら「でもまぁ、こうやってのんびりするのも悪くないです」

長門 「そう」

あちゃくら「あっ、お菓子食べます?エリーゼがあったはずです」

長門 「紅茶もつけるべき」

あちゃくら「あぁーティーパック切らしてますね……お茶でいいです?」

長門 「仕方が無い」

あちゃくら「すみません、また買っときますね」

48 名前:【ラノベ】[] 投稿日:2009/09/09(水) 20:58:00.25 ID:0YXyTVaSO

長門 「……」ペラ

あちゃくら「長門さん、何読んでるんですか?」

長門 「涼宮ハルヒの憂鬱」

あちゃくら「え……涼宮さん?」

長門 「非常に興味深い。私達の世界と設定が酷似している」

あちゃくら「へぇー、面白そうですね……あっこの人、無口で読書好きの宇宙人だなんてまるで長門さんみたいですね」

長門 「そう」

あちゃくら「著者は……古いs……おや、誰か来たみたいですね」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/09(水) 21:00:22.53 ID:0YXyTVaSO

さて、つまんないのしか書けないしそろそろおわろうかなー

どうもありがとうございましたーー

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/09(水) 22:19:37.98 ID:0YXyTVaSO

まだ落ちて無かったのか

暇だから書いていい?

59 名前:【みなみけ】[] 投稿日:2009/09/09(水) 22:28:35.82 ID:0YXyTVaSO

長門 「みなみけ」

あちゃくら「……?」

長門 「面白いらしい」

あちゃくら「そ、そうなんですか……」

長門 「そう」

あちゃくら「長門さんは、見た事無いんですか?」

長門 「ない。しかし興味はある」

あちゃくら「じゃあ今度一緒に見ましょうか」

長門 「そうする」

63 名前:【おっぱい】[] 投稿日:2009/09/09(水) 22:47:50.48 ID:0YXyTVaSO

あちゃくら「長門さん、背中流しましょうか」

長門 「お願いする」

あちゃくら「任せてください!!」

あちゃくら「〜♪」ゴシゴシ

あちゃくら「どうですか?長門さん」

長門 「……」

あちゃくら「長門さん……?」

長門 「そっちは背中では無い。胸」

あちゃくら「あれれ…?あんまり平らだったから気付きませんでした」

長門 「……朝倉涼子を敵性と判断。情報連結の……」

あちゃくら「ちょ、タイム!!すみませんでした冗談です」

長門 「言っていい事と悪い事がある」

あちゃくら「……ごめんなさい」

長門 「わかればいい」

65 名前:【とらドラ!】[] 投稿日:2009/09/09(水) 22:56:17.87 ID:0YXyTVaSO

長門 「みのりん可愛い」

あちゃくら「まぁ、そうですね」

長門 「私のことは今度からゆきりんと呼んで」

あちゃくら「長門さん……?なにを」

長門 「違う。ゆきりん」

あちゃくら「ゆ、ゆきりん」

長門 「なに?」

あちゃくら「い、いえ……なんでも」

長門 「出かけてくる」

あちゃくら「何しに行くんですか?」

長門 「ソフトボール」キラン

66 名前:【ばば抜き】[] 投稿日:2009/09/09(水) 23:07:20.68 ID:0YXyTVaSO

あちゃくら「……」ジリ

長門 「……」

あちゃくら「これだぁぁ!!!!!!」ズバァン

長門 「……詰めが甘い。だから私にばばを引かされる。チャンスを作る」

あちゃくら「くっ……まだ負けたわけではありません」

長門 「……」スッ

長門 「上がり」パッ

長門 「約束通り、このベビー服を来て乳母車に乗ってもらう」

あちゃくら「……負けは負けです。もう好きにしてください」グスン

長門 「元よりそのつもり」キラン

あちゃくら「うう……」

長門 「……」パシャ

長門 「……」パシャ

あちゃくら「写真を撮るなぁぁ!!!!!!!!!!!!!!」ビリィ

67 名前:【エブリシング・オア・ナッシング】[] 投稿日:2009/09/09(水) 23:14:40.48 ID:0YXyTVaSO

あちゃくら「あの……長門さん」

長門 「なに」

あちゃくら「私、いつまでこの格好でいたらいいんでしょう」

長門 「このままずっと」

あちゃくら「嫌ですよそんなの!!」

長門 「着替るのは私に勝ってから」

あちゃくら「……望むところです!!」

長門 「ただし、次に私が勝った場合はこのオムツを着用して貰う」

あちゃくら「あー少し考える時間をください」

70 名前:【気色悪いSSはVIPにいりません。とっととやめろやハゲ】[] 投稿日:2009/09/09(水) 23:26:57.90 ID:0YXyTVaSO

長門 「気色悪いSSはVIPにいりません。とっととやめろやハゲ」キリッ

あちゃくら「SS……?VIP……??なんですかそれ」

長門 「オタクどもの妄想を稚拙で中途半端な文章で表現したもの。それがSS」

あちゃくら「へぇ…じゃあVIPってのは?」

長門 「クソ達のすくつ」

あちゃくら「すくつ?」

長門 「そう。人の妄想にいちいちケチをつけるようではやって行けない世界」

あちゃくら「へぇ、厳しい所なんですね」

長門 「そう」

71 名前:【キョン】[] 投稿日:2009/09/09(水) 23:36:00.66 ID:0YXyTVaSO

あちゃくら「ふぅ、お掃除完了です」

あちゃくら「ここの暮らしにもだいぶ慣れてきましたねー」

あちゃくら「長門さん帰るまで暇だな……」

あちゃくら「……」

あちゃくら「……そういや何で私ここにいるんだろ」

あちゃくら「うーん……」

あちゃくら「……?」

あちゃくら「……なんで?」

あちゃくら「……ま、いっか」

長門 「ただいま」ガチャ

あちゃくら「あ…長門さんおかえりなさい、お菓子食べます?」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/09(水) 23:45:19.71 ID:0YXyTVaSO

単発のつもりなんだけどな


続きか…書き溜めないから遅いぞ

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/09(水) 23:59:56.97 ID:0YXyTVaSO

YUKI.N >もう一度、図書館に_

95 名前:【パラダイスロスト】[] 投稿日:2009/09/10(木) 07:58:14.13 ID:VfNchZDTO

長門 「……」

あちゃくら「暇ですねぇ」

長門 「そうでもない」

あちゃくら「何かしましょうか」

長門 「何をする?」

あちゃくら「そうですね〜」

長門 「……聖なる瞳が〜♪」

あちゃくら「え?長門さん?急に歌っちゃいます?」

長門 「痛みを写し出したら〜♪」

あちゃくら「……上手ですね」

長門 「振りむいてごらん♪」

長門 「情熱放つトリック〜♪」

あちゃくら「プロで行けるんじゃね?これ」

97 名前:【長門の頭からあちゃくらさん】[] 投稿日:2009/09/10(木) 08:12:15.29 ID:VfNchZDTO

長門 「……Zz」スヤー

長門 「……」ムク

あちゃくら「あ……長門さん、お早うございます」

長門 「……あたまがおもい。はやくおりて」

あちゃくら「……無理です」

長門 「なぜ」

あちゃくら「はい、なんか……私、長門さんの頭から生えてるみたいなんです」

長門 「じょうきょうはだいたいりかいした」ガッ

あちゃくら「え?な、長門さん?なにをすr」

長門 「えい」ブチ

あちゃくら「ぎゃぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!」

長門 「これでだいじょうぶ」キラン

あちゃくら「なに寝ぼけてんですか!!『だいじょうぶ』キラン、じゃ無いですよ!!」
長門 「そう」

あちゃくら「全く……私じゃ無かったら死んでましたよ?」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 10:02:08.56 ID:VfNchZDTO

仕事中なのでかなりスロー投下になります

まぁ落ちるまでまったりいくよー

あと、気軽にお題を書いてってね!!

101 名前:【ライアーゲーム】[] 投稿日:2009/09/10(木) 10:09:28.40 ID:VfNchZDTO

あちゃくら「またまた暇ですねー」

長門 「ライアーゲーム」

あちゃくら「む……ムック」

長門 「クロスゲーム」

あちゃくら「婿」

長門 「コールドゲーム」

あちゃくら「むむむ……」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 10:18:09.40 ID:VfNchZDTO

―――朝、長門宅

あちゃくら「なーがーとーさーん、朝ですよ」

長門 「……Zz」

あちゃくら「もう、学校遅刻しちゃいますよ?」

長門 「……Zz」

あちゃくら「さてはまた遅くまでゲームしてましたね?」

あちゃくら「……起きないとセーブデータ消しちゃいますよ?」ボソ

長門 「お早う」ムク

あちゃくら「おはようございます、朝ご飯できてますよ」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 10:21:36.65 ID:VfNchZDTO

長門 「ごちそうさま」

あちゃくら「毎朝一升もよく食べられますね」

長門 「健康の基本は早寝早起き朝ご飯」キラン

あちゃくら「一つしか当てはまってませんね」

長門 「気持ちが大切」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 10:26:24.20 ID:VfNchZDTO

長門 「行って来ます」

あちゃくら「いってらっしゃい」


あちゃくら「ふう……食器片付けますか」

キミドリ「おはようございますー」フワ

あちゃくら「あっキミドリさん、おはようございます」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 10:30:14.16 ID:VfNchZDTO

あちゃくら「食器洗い完了!」

キミドリ「お疲れ様です」

あちゃくら「キミドリさんのお陰で早く終わりました」

キミドリ「いえいえ」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 10:33:39.43 ID:VfNchZDTO

キミドリ「今日はどうしましょうか?長門さんが帰って来るまで」

あちゃくら「そうですね、部屋も綺麗ですし……キミドリさん、何かしたい事あります?」

キミドリ「そうですね……」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 10:37:44.44 ID:VfNchZDTO

キミドリ「そうだ」

あちゃくら「ん、何か思い付いたんですか?」

キミドリ「ええ、私ガッコウに行ってみたいです」

あちゃくら「学校ですか……まぁ、いいですけど」

キミドリ「決まりですね」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 10:43:11.66 ID:VfNchZDTO

あちゃくら「じゃあさっそく行きましょうか」

キミドリ「楽しみです」

あちゃくら「装備は……傘でいいですよね」

キミドリ「傘ですか?」

あちゃくら「はい、以外と万能なんですよ、コレ」

キミドリ「じゃあ私はこれで」スッ

あちゃくら「靴!?靴なんて持って行ってどうするんですか!?」

キミドリ「きっと……役に立ちますよ」

あちゃくら「そうですか……まあいいです」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 14:43:16.94 ID:VfNchZDTO

あちゃくら「鍵を閉めて、と。これでよし」

キミドリ「へぇー傘すごいですね傘」

あちゃくら「でしょう?……それでは新ためまして」

あちゃくら「しゅっぱつ!」

キミドリ「しんこう!」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 14:54:45.41 ID:VfNchZDTO

あちゃくら「ふう、外に出るなんて久しぶりです」

キミドリ「いやあ、いい天気ですね」

あちゃくら「ほんと、風も気持ちいいですし」

キミドリ「私なんか今にも吹き飛ばされそうですよ」フワ…

あちゃくら「ちょ……キミドリさん!!言ってるそばから飛んでっちゃいそう!!危ないですよ!!」

キミドリ「ははは、困りましたね」フワ…フワ…

あちゃくら「何が『ははは』ですか!!さっ、早く私につかまってください!!」

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 15:02:23.62 ID:VfNchZDTO

キミドリ「え?いいんですか?」フワフワ

あちゃくら「当たり前じゃないですか!!」

キミドリ「でも……」

あちゃくら「何してるんですか!!ほら、はやく!!」

キミドリ「……わかりました」ガシ

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 15:08:00.39 ID:VfNchZDTO

あちゃくら「これでもう大丈夫……ってあれ!?」プカー

あちゃくら「これ大丈夫じゃない!!私も浮いてる!!」プカプカ

キミドリ「ほらー、だから言ったじゃないですか」

あちゃくら「いつ言ったんですか!!」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 17:36:21.56 ID:VfNchZDTO

キミドリ「まあ、落ち着いてください……そうだ、このまま風に身を任すのもいいかもしれませんよ」

あちゃくら「どこに流されるかわからないじゃないですか!!」

キミドリ「でしたら、その傘を帆に見立ててみてはいかがでしょう」

あちゃくら「……なるほど、いけるかもしれません」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 17:50:41.44 ID:VfNchZDTO

キミドリ「……そろそろ手が疲れてきました。背中に移動して貰っていいですか?」

あちゃくら「ああ、すみません……んしょ、っと」ズイズイ

キミドリ「いかがです?乗り心地は」

あちゃくら「悪くは……ないですね。キミドリさん柔らかいですし」

キミドリ「それはよかった」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 18:03:54.67 ID:VfNchZDTO

あちゃくら「うひゃー……たけぇー」ドキドキ

キミドリ「案外思い通りに移動できますね。少し遅いのが難点ですが……あ、そこもうちょい右寄りで」プカー

あちゃくら「右ですね、あらよっ」グイ

キミドリ「楽しそうですね」

あちゃくら「正直、結構楽しんでます」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 18:18:23.65 ID:VfNchZDTO

キミドリ「なんかもう風止んじゃいましたね」プカプカ

あちゃくら「そうですねー」

キミドリ「実際私自分で浮ける訳ですし関係ありませんが」

あちゃくら「あ、そういえばそうでしたね」

キミドリ「便利な世の中になったものです」

あちゃくら「ほんとですねー」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 18:25:38.94 ID:VfNchZDTO

あちゃくら「もう随分来たはずなのに、なかなか付きませんね」

キミドリ「本当にこっちなんですか?」

あちゃくら「そのはずですけど」

キミドリ「でもここ、長門さん家ですよね」

あちゃくら「あれ?」

キミドリ「ふりだしに戻る、ですか」

あちゃくら「あれ!?」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 18:37:06.42 ID:VfNchZDTO

あちゃくら「おっかしーな……どこで間違えちゃったんだろ」

キミドリ「知らないうちに風に流されてたんですかね?」

あちゃくら「うーん……」

キミドリ「まぁ、時間はたっぷりある事ですし、気にせずのんびり行きましょう」

あちゃくら「それもそうですね」

キミドリ「はい」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 18:44:32.38 ID:VfNchZDTO

あちゃくら「キミドリさーん」

キミドリ「どうしました?」

あちゃくら「ほらあそこ、あれ見えます?」

キミドリ「なんです……鳥?」

あちゃくら「ええ、なんか可愛いですよねー」

キミドリ「自由に空を飛べるなんて羨ましいですよね」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 18:46:33.28 ID:VfNchZDTO

キミドリ「あれ、あの鳥……なんかこちらへ近付いてませんか?」

あちゃくら「ほんとですね」

キミドリ「随分と早いですね、もうすぐそこにいますよ」

あちゃくら「顔が見えます……ん?」

鳥  「……」ニヤッ

あちゃくら「えっ?何?何今の顔!!もしかして狙われてるの!?」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 18:53:24.59 ID:VfNchZDTO

あちゃくら「キミドリさん!!急いで逃げましょう!!あの鳥私たちをヤル気ですよ!!」

鳥  「……」ニタァ…

キミドリ「そう言われましても……風が吹かないと速くは動けませんよ?」

あちゃくら「そんな悠長に構えててどうするんですか!!ほら!!あの顔見てください!!やばいですって!!!!」

鳥  「……」ニヤリ

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 19:07:43.63 ID:VfNchZDTO

キミドリ「仕方ありません……『あれ』を使いましょう」

あちゃくら「『あれ』……?何かあるんですか?」

キミドリ「ええ、できれば使いたく無いのですが……状況が状況です。やむを得ません」

あちゃくら「……」ゴクリ

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 19:15:10.84 ID:VfNchZDTO

キミドリ「私の持ってきた靴はありますか?」

あちゃくら「あ、はい」

キミドリ「その中に画鋲が仕込まれているはずです!!それで私のお尻に穴を開けてください!!」プリン

あちゃくら「……え?」

鳥  「……」ニヤニヤ

キミドリ「はやく!!画鋲をお尻に刺してください!!」プリリン

あちゃくら「……」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 19:19:19.37 ID:VfNchZDTO

あちゃくら「わ、割れちゃうんじゃあ……?」

キミドリ「何を言ってるんですか!?早くしないと間に合いませんよ!!」

あちゃくら「わ、わかりました……!!」

あちゃくら「いきますよ……えいやっ!!」プス

キミドリ「来た来た!!来ましたよ!!!!!」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 19:28:28.87 ID:VfNchZDTO

キミドリ「リミッター解除、ブーストモードに変換!!!!」ブォォォォ…………!!!!

鳥  「……!!!!!!」

あちゃくら「これは……?」

キミドリ「私の体内の空気を推進力に変える、ブーストモードです」ブブブブ……

あちゃくら「おお、確かに速いですけど……見た目がちょっと……」

キミドリ「……それは言わないでください。悲しくなりますから」ブブブ……

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 19:53:26.89 ID:VfNchZDTO

あちゃくら「ふぅ……なんとか逃げ切れましたね」

キミドリ「ええ、しかしもうそろそろ限界です」ショボショボ

あちゃくら「そりゃあれだけ空気が無くなったらねぇ」

キミドリ「いったん降りましょう、このままでは落ちてしまいます」シワシワ

あちゃくら「そうですね……あっ、あそこの建物の上にしましょう」

キミドリ「わ、わかりました」ショボショボ

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 20:10:54.78 ID:VfNchZDTO

あちゃくら「ふーっ!!」プー

キミドリ「おっ……おお……」ムクムク

あちゃくら「あとはこのテープでお尻の穴を塞いで……と」ペタ

キミドリ「どうも、生き返りました」ツヤツヤ

あちゃくら「よかったですね、キミドリさん」



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 20:56:31.58 ID:VfNchZDTO

キミドリ「さて、そろそろ行きますか」

あちゃくら「その事についてなんですが……もう到着してたようです」

キミドリ「え?」

あちゃくら「ここ、学校の屋上だったみたいで」

キミドリ「そうだったんですか」

あちゃくら「逃げるのに夢中過ぎて全然周りが見えてませんでした」

キミドリ「まぁ……これは素直にラッキーとして受け入れていいんじゃないですか」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 20:57:47.43 ID:VfNchZDTO

あちゃくら「キミドリさん、これからどうしましょう?」

キミドリ「そうですね、色々見てみたいですが」

キミドリ「長門さんの学校生活の様子が気になりますね」

あちゃくら「じゃあ長門さんを探しましょうか」

キミドリ「そうしましょう。案内、よろしくお願いしますね」

あちゃくら「任せてください、一応ここの生徒でしたから」

164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/10(木) 21:47:38.85 ID:VfNchZDTO

あちゃくら「じゃあ行きましょっか」

キミドリ「はい」

あちゃくら「んしょ……」ガチャッ

あちゃくら「やっぱ傘すげー、傘最高」

キミドリ「こんな重そうなドアも開けられるんですね、……逆に出来ない事ってあるんですか?」

あちゃくら「空は……飛べません。あと、猫にも敵いません」

キミドリ「……ごもっともです」



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ミサト「暇ねぇ〜」