キョン「ハルヒ‥俺、朝比奈さんのこと」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:「惣流・アスカ・ラングレーの憂鬱」

ツイート

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 14:51:39.04 ID:LO2MY3nFO

キョン「大好きなんだ」

ハルヒ「え…?」

キョン「だからごめん。お前とは付き合えない」

ハルヒ「そんな…嘘でしょ?私こんなにキョンを好きなのよ?」

ハルヒ「頑張って告白したのに…そんな…そんな…」

キョン「…ごめん」

ハルヒ「嘘よ…これはドッキリでしょ?いままで全部私の思い通りになってきたのよ…」

ハルヒ「なのにこんなときに思い通りにならないなんて…嘘よッ!!!!!」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 14:54:35.43 ID:LO2MY3nFO

キョン「ハルヒ…ごめん」

ハルヒ「あは…嘘つかなくて良いのよ…照れ臭いんでしょ…わかってるわ…」

ハルヒ「あたしだって恥ずかしいわ…あんたに告白なんて…でも素直になって…」

ハルヒ「あたしを好きだといってよ…」

キョン「ハルヒ…落ち着け」

ハルヒ「ねえ…みくるちゃんなんかより…あたしの方がかわいいわよ…」

ハルヒ「みくるちゃんなんて乳だけの馬鹿女よ…みくるちゃんなんて…」

キョン「ハルヒ!!!」

ハルヒ「びくっ」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 14:57:06.88 ID:LO2MY3nFO

キョン「朝比奈さんの悪口は言うな…」

ハルヒ「なんであんな奴をかばうのよ…色目使ってるだけよ…」

ハルヒ「あんな奴…あんな奴…」

キョン「いい加減にしろッ!!!!」

ハルヒ「ビクゥッ」

ハルヒ「いやよ…こんなの嘘よ…こんなキョン嫌いよ…」

ハルヒ「こんなキョン、いなくなっちゃえ!!!!!」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 14:59:05.03 ID:LO2MY3nFO

キョン「しーん………」

ハルヒ「なんで消えないのよ…消えろ!消えろッ!!」

キョン「………」

ハルヒ「なんでよ…いままで私の願いはなんでもかなったのよ…」

ハルヒ「なんで…なんでよっ!」

ハルヒ「ダッ」

キョン「ハルヒ!」

ハルヒ「タッタッタッ…」

キョン「ハルヒ…ごめん」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 15:02:27.28 ID:LO2MY3nFO

古泉「見てましたよ」

キョン「古泉…」

古泉「少し前の僕ならあなたを催眠術にかけてでも彼女の告白をOKするようにしたのですが…」

古泉「彼女の力が消えた以上、あなたは自由です。ニコッ」

キョン「そのニヤケ面はやめろ」

古泉「これは失礼。さあ、あなたの想い人はそこにいますよ」

キョン「あ、朝比奈さん…俺、朝比奈さんのことがっ…!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 15:06:34.24 ID:LO2MY3nFO

キョン「ハルヒ、俺、朝比奈さんと付き合うことになった」

ハルヒ「………」

キョン「ごめんな…お前の告白、受けられなくて…」

ハルヒ「………」

キョン「でも俺は朝比奈さんを愛してるんだ。わかってくれ…」

ハルヒ「キョン…あんた…おかしいわよっ!!!」

ハルヒ「タッタッタッ」

キョン「ハルヒ…」

古泉「大丈夫ですよ、彼女の機嫌を取る必要はありません」

古泉「朝比奈さんはこの先のマンションで待っています。そこで一緒に暮らしましょう」

キョン「色々すまないな…古泉」

古泉「あなたには迷惑をかけましたから。せめてもの罪滅ぼしですよ」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 15:09:37.25 ID:LO2MY3nFO

長門「…これでいいの?」

古泉「これで僕には平穏が、あなたには任務の完了が訪れます」

古泉「利害は一致のはずですよ」

長門「………」

古泉「あなたがそんな人間的な同情をするなんて似合いませんよ」

古泉「あなたはただのロボットでしょう?」

長門「………」

長門「朝比奈みくる…涼宮ハルヒ…」

長門「キョン…」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 15:12:09.20 ID:LO2MY3nFO

古泉「がちゃ」

古泉「こんにちは。食料を持ってきたしたよ」

キョン「おお、すまないな」

古泉「彼女は?」

キョン「いま寝てるよ。かわいいだろ?ははは」

古泉「愛らしい寝顔ですね。幸せそうだ」

キョン「飯食ってくか?」

古泉「いえ、ここでは少し気が進みませんので」

キョン「そうか…じゃあな」

古泉「ええ」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 15:17:39.36 ID:LO2MY3nFO

古泉「涼宮さん」

ハルヒ「なによ…あんたも狂ってるんでしょう」

ハルヒ「みんな…みんな狂ってるのよ!」

古泉「安心してください。僕はまだ正常です。あなたと同じく」

ハルヒ「………」

古泉「あなたに声をかけたのは…彼のことでお話があるからです」

ハルヒ「!!!」

古泉「いま一番狂ってるのは…彼です」

古泉「彼を正気に戻せるのはあなただけです」

古泉「彼はこの先のマンションにいます。…彼女と共に」

ハルヒ「!!!」

古泉「すぐ行って、このビデオを彼と一緒に見てください。必ず正気に戻ります」

ハルヒ「わかったわ!」

ハルヒ「タッタッタッ………」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 15:20:06.07 ID:LO2MY3nFO

ハルヒ「ガチャ!」

ハルヒ「キョン!…っ!」

キョン「ハルヒ!いったい何をしに…」

ハルヒ「あんたを正気に戻しに来たのよ…」

キョン「正気に?狂ってるのはおまえだ!」

ハルヒ「もう、終わりにしましょうよ…」

ハルヒ「みくるちゃんもかわいそうよ…」

ハルヒ「もう休ませてあげましょ…」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 15:23:04.39 ID:LO2MY3nFO

キョン「なにをいって」

ハルヒ「これを見ましょ…」

ハルヒ「がちゃ…ピッ」


キョン「………」

キョン「なんだ…これ…」

ハルヒ「う…うぇ…」

ハルヒ「ゲロゲロ」

キョン「嘘だ…俺の朝比奈さんに何をする…嘘だ…嘘だっ…」

ハルヒ「これが真実なのよ…これが、真実…」

キョン「ハルヒ…うぅ…」

ハルヒ「これからは私が一緒にいてあげるわ…」

キョン「うぅ…ハルヒ…ハルヒ…」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 15:26:00.81 ID:LO2MY3nFO

古泉「がちゃ」

ハルヒ「あら、古泉くん」

古泉「はあ…はあ…涼宮さん、正気に戻ってください」

ハルヒ「え?なにいってんのよ」

古泉「…彼を楽にしてあげましょう…」

古泉「このビデオを一緒に見ましょう」

古泉「がちゃ…ピッ」

ハルヒ「そんな…キョン…キョン!」

古泉「これが、真実です」

ハルヒ「嘘よ…キョン…」

古泉「大丈夫です…これからは僕が、そばにいますよ」

ハルヒ「古泉くん…古泉くん…」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 15:28:31.43 ID:LO2MY3nFO

みくる「がちゃ」

古泉「おや、朝比奈さん」

みくる「古泉くん…お願い、正気に戻って」

古泉「正気に…?はて…?」

みくる「これを…みてください」

みくる「がちゃ…ピッ」

古泉「な…涼宮さん、涼宮さん!嘘だっ!そんなっ!」

みくる「これが…真実なの」

古泉「嘘だっ!涼宮さん…」

みくる「大丈夫です…これからは私がそばにいてあげるから…」

古泉「嘘だ…朝比奈さん…朝比奈さん…」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 15:30:40.54 ID:LO2MY3nFO

キョン「がちゃ」

みくる「あ、キョンくん」

キョン「朝比奈さん…正気に戻ってください」

みくる「え?正気?どういうことですか?」

キョン「これをみてください」

キョン「がちゃ…ピッ」

みくる「う…いやぁぁぁ!古泉くん…!」

キョン「残念ですが…これが真実なんです」

みくる「そんな…古泉くん…」

キョン「俺が、そばにいてあげます」

みくる「キョンくん…キョンくん…」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 15:32:51.55 ID:LO2MY3nFO

ハルヒ「がちゃ」

キョン「は、ハルヒ!」

ハルヒ「キョン…お願い、正気に戻って」

キョン「正気に…?」

ハルヒ「これを見ましょ」

ハルヒ「がちゃ…ピッ」

キョン「こ、これは!朝比奈さん…うぅ…」

ハルヒ「これが真実よ…」

キョン「朝比奈さん…うぅ…」

ハルヒ「私がそばにいてあげる…」

キョン「ハルヒ…うぅ…うぅ…」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 15:35:10.57 ID:LO2MY3nFO

古泉「がちゃ」

ハルヒ「あら、古泉くん」

古泉「はあ…はあ…涼宮さん、正気に戻ってください」

ハルヒ「え?なにいってんのよ」

古泉「…彼を楽にしてあげましょう…」

古泉「このビデオを一緒に見ましょう」

古泉「がちゃ…ピッ」

ハルヒ「そんな…キョン…キョン!」

古泉「これが、真実です」

ハルヒ「嘘よ…キョン…」

古泉「大丈夫です…これからは僕が、そばにいますよ」

ハルヒ「古泉くん…古泉くん…」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 15:36:16.08 ID:LO2MY3nFO

みくる「がちゃ」

古泉「おや、朝比奈さん」

みくる「古泉くん…お願い、正気に戻って」

古泉「正気に…?はて…?」

みくる「これを…みてください」

みくる「がちゃ…ピッ」

古泉「な…涼宮さん、涼宮さん!嘘だっ!そんなっ!」

みくる「これが…真実なの」

古泉「嘘だっ!涼宮さん…」

みくる「大丈夫です…これからは私がそばにいてあげるから…」

古泉「嘘だ…朝比奈さん…朝比奈さん…」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 15:37:29.85 ID:LO2MY3nFO

キョン「がちゃ」

みくる「あ、キョンくん」

キョン「朝比奈さん…正気に戻ってください」

みくる「え?正気?どういうことですか?」

キョン「これをみてください」

キョン「がちゃ…ピッ」

みくる「う…いやぁぁぁ!古泉くん…!」

キョン「残念ですが…これが真実なんです」

みくる「そんな…古泉くん…」

キョン「俺が、そばにいてあげます」

みくる「キョンくん…キョンくん…」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 15:39:54.75 ID:LO2MY3nFO

長門「人間とは面白い」

長門「常に信じ続けている」

長門「自分だけは狂っていない、と」

長門「本当は…狂っているのは自分だけかも知れないのに」

長門「大変興味深いデータが取れた」

長門「果たしてどれが真実なのか…誰にもわからない」


〜完〜

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/08(火) 16:08:27.88 ID:LO2MY3nFO

はじめはハルヒいじめ書くつもりだったが書いてるうちにダークな内容書きたくなった
書いてるうちにイミフになった。反省はしてない



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「ねえシンジ。もしも私達が付き合うことになったらさ」