キョン「それ……俺と同じだな」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉とみくる

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 19:20:24.04 ID:kMBXagfFO

ハルヒ「…ホントね」

キョン「いつからだ?」

ハルヒ「あたしは昨日からよ」

キョン「パクりやがったな」

ハルヒ「知らないわよ。安かったから買っただけ」

キョン「まあ、シャーペンがかぶるのなんてありきたりではあるが」

ハルヒ「あたしの大っ嫌いな言葉の一つね」

キョン「シャーペン?」

ハルヒ「ありきたり」

キョン「そっちか」

ハルヒ「あんたバカ?」

キョン「そうじゃないと思いたい」

ハルヒ「ふーん」

キョン「…何に納得したんだ」

ハルヒ「キョンはバカだって事」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 19:21:28.16 ID:kMBXagfFO

キョン「いろいろツッコミどころ満載なんだが」

ハルヒ「どうぞ?」

キョン「消しゴムも同じじゃねぇか!」

ハルヒ「ほ、ホントだわ」

ハルヒ「……っていうか、そこにツッコむのね」

キョン「まあな」

ハルヒ「いつから?」

キョン「結構前だ」

ハルヒ「あたしは…一週間ぐらい?」

キョン「またパクり疑惑が」

ハルヒ「あんたのなんか好きでパクる奴なんていないわよ」

キョン「まあ消しゴムもありきたりだな」

ハルヒ「ありきたりね」

キョン「そうだハルヒ」

ハルヒ「ん?」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 19:25:13.76 ID:kMBXagfFO

キョン「交換しないか?消しゴム」

ハルヒ「…!」

キョン「同じなんだし。いいだろ?」

ハルヒ「…乙女心を揺さぶるいい攻撃じゃない」

キョン「乙女心?」

ハルヒ「そうはいかないんだから。嫌よ。あんた、ただ単に新しいの使いたいだけでしょ」

キョン「ばれたか」

ハルヒ「消しゴムくらい、買いなさいよ」

キョン「お前に奢らされて、消しゴムも買う金がねぇんだよ」

ハルヒ「嘘よ」

キョン「嘘だ」

ハルヒ「な、なーんだ、嘘なの?」

キョン「どんだけ金欠なんだよ、俺」

ハルヒ「じゃああたしにジュース…」

キョン「自分で買え」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 19:30:42.66 ID:kMBXagfFO

ハルヒ「けち。消しゴムもジュースもだいたい同じ値段じゃない」

キョン「自分に買うか人に買うかの違いだ」

ハルヒ「人は助け合って生きていくものなの!」

キョン「これを助け合いとは言いません」

ハルヒ「けちー。キョンのけち」

キョン「けちで結構」

ハルヒ「けち」

キョン「何回言ってんだよ」

ハルヒ「あたしは四回よ?」

キョン「数えてたのか!」

ハルヒ「ちなみに、キョンは今まで『!』を二億回ぐらい使ったわ」

キョン「嘘だろ」

ハルヒ「嘘よ」

キョン「だ、だよな」

ハルヒ「何うろたえてんのよ」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 19:34:51.93 ID:kMBXagfFO

キョン「ハルヒ。奢るのは嫌だが」

ハルヒ「?」

キョン「俺も喉渇いててな、授業終わったら買いに行くつもりでいる訳だ」

キョン「んで、俺の飲みかけのやつならくれてやってもいいぞ」

ハルヒ「またまた乙女心をくすぐってきたわね」

キョン「乙女心?」

ハルヒ「あたしは騙されないからね。要らない。あんたの口付けたやつなんて飲みたくないもん」

キョン「…この前のコーラ」

ハルヒ「!!」

キョン「俺のコーラ勝手に飲んだだろーが!」

ハルヒ「……」

キョン「だんまりかよ」

ハルヒ「あ、あたしの」

キョン「…?」

ハルヒ「あたしの飲みかけのジュース、今度あげるから許してよ…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 19:38:42.59 ID:kMBXagfFO

キョン「出来れば、飲みかけじゃなくて新品のやつをくれ」

ハルヒ「何よそれ」

キョン「つまりは」

キョン「お前、そろそろ俺に何か奢れ!ってこと」

ハルヒ「嫌よ」

キョン「だろうな」

ハルヒ「あんたの誠意を見せなさい。そしたら考えてやんなくもないわ」

キョン「誠意?」

ハルヒ「そ。あたしに対する誠意よ」

キョン「むむ」

ハルヒ「……」

キョン「…ハルヒ。俺、ハルヒの事、すっげえ常識無い奴だと思ってる」

キョン「人の話聞かないし、我が儘だし、自分勝手だし、全然普通じゃない」

ハルヒ「……」

ハルヒ「…ねぇ、あんたそれもしかして褒めてるつもりなの?」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 19:44:49.45 ID:kMBXagfFO

キョン「当たり前だろ」

ハルヒ「一回死んでみたらそのバカも直るかもね」

キョン「お前、普通が大ッキライだったんじゃないっけ」

ハルヒ「そうよ。そうだけど、だからって我が儘ってのが褒め言葉になる訳ないじゃない」

キョン「あれ?昔、そう言われてお前喜んでなかったか?」

ハルヒ「あの時は……あの時よ」

キョン「全く訳がわからんね」

ハルヒ「訳わかんなくて結構。今はちょっと繊細なの」

キョン「繊細?お前が?」

ハルヒ「…いちいちむかつく野郎ね」

キョン「繊細な女の子にしちゃあ、言葉使いが悪いな」

ハルヒ「…毎度毎度、私の事を苛立たせるお方ですね、あなたは」

キョン「すまん。悪かった」

ハルヒ「……」

キョン「あー、マジですまん。機嫌直してくれよハルヒ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 19:53:10.02 ID:kMBXagfFO

ハルヒ「……」

キョン「ハルヒー」

ハルヒ「……」

キョン「よし。今日はなんでも言う事聞いてやるぞ」

ハルヒ「ほ、ホント!?」

キョン「ああホントだとも」

ハルヒ「じゃ…じゃあ…」

ハルヒ「とりあえずジュース奢りなさい!」

キョン「……」

キョン「…仕方ないな」

ハルヒ「うし」

キョン「結局奢るはめになるのか…」

ハルヒ「運命ってやつ?」

キョン「全然嬉しくない運命だなぁおい」

ハルヒ「運命は時に残酷なのよ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 19:59:28.24 ID:kMBXagfFO

キョン「俺とお前の座席関係が変わらないのは?」

ハルヒ「…残酷な運命ね。欝陶しいったらないわ」

キョン「探索で同じ組にならないのは?」

ハルヒ「それはいいんじゃない?」

キョン「なんだ、お前はただ俺の事が嫌いなんじゃないか」

ハルヒ「ち、違うわよ。興味が無いだけよ」

キョン「うわもっと酷くなった」

ハルヒ「じゃあ嫌い」

キョン「俺のイメージは随分コロコロ変わるのな」

ハルヒ「嫌いって言ったじゃない」

キョン「奇遇だな。俺と同じだ」

ハルヒ「許さないわよ」

キョン「おー、こえーこえー」

ハルヒ「あたしの事は慕いなさい。尊敬しなさい。敬いなさい!」

キョン「どんな独裁政治だ。それに、言ってる事ほとんど同じだぞ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 20:06:26.07 ID:kMBXagfFO

ハルヒ「そういえば、今は政治経済の時間ね」

キョン「今授業中だったのか」

ハルヒ「バカな事言ってんじゃないわよ」

キョン「お前のおかげで、俺はすっかり問題児だよ」

ハルヒ「教師に無視されてるわよね」

キョン「成績下がったら、ハルヒのせいだからな」

ハルヒ「あんたこれ以上成績下がったっけ?」

キョン「そんなに酷くねぇわ!」

ハルヒ「つまんないわね」

キョン「…つまんなくて悪かったな」

ハルヒ「まあ、だらだら授業聞くより面白いからいいわ」

キョン「それは同感だ。近くにハルヒがいて良かったよ」

ハルヒ「ま、またあんたは…そうやって…」

キョン「ん?」

ハルヒ「騙されちゃだめ。騙されちゃだめよ涼宮ハルヒ!耐えなさい!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 20:16:47.60 ID:kMBXagfFO

キョン「何をぶつぶつ言ってんだ?」

ハルヒ「そうね。話相手にはあんたぐらいが調度いいかも」

キョン「…ありがとよ」

ハルヒ「…別に」

キョン「ひょっとして、ハルヒ公認の話相手って俺だけじゃないか?」

ハルヒ「そうかも」

キョン「これが朝比奈さんだったらなぁ」

ハルヒ「あ、あたしとみくるちゃんのドコに差があるっていうのよ!」

キョン「ドコって…そりゃ…」

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「…あたし、小さいかなぁ」

キョン「い、いや。お前も十分ある。多分」

ハルヒ「なんか悔しいわ…」

キョン「……」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 20:19:16.59 ID:kMBXagfFO

ハルヒ「ドコ見てんのよエロキョン!」

キョン「仕方ないだろ今の話の流れだと」

ハルヒ「激しく不快だわ」

キョン「ぅぐ…」

ハルヒ「あーあ、キョンに舐め回すように見られちゃったぁ」

キョン「こら。慎みなさい」

ハルヒ「これは紛れもない事実よ」

キョン「舐め回すようには見てねぇよ」

ハルヒ「じゃあどう見たのよ」

キョン「ぐ…」

ハルヒ「変態エロスケベ」

キョン「もうなんとでも言え」

ハルヒ「いいの?」

キョン「…やっぱダメだ」

ハルヒ「どっちなのよ」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 20:23:43.97 ID:kMBXagfFO

キョン「授業終了まで……あと10分か」

ハルヒ「もうそんな時間?」

キョン「暇だな」

ハルヒ「授業聞きなさいよ」

キョン「断る。俺は今を楽しみたいんだ」

ハルヒ「何よ、あんたあたしとおしゃべりして楽しいの?」

キョン「まあな。それに…」

キョン「目の保養にもなるしさ」

ゴスッ

キョン「ぅ…ってぇ…!」

ハルヒ「次、変な事言ったらこれじゃ済まないから」

キョン「…殴るまでのことかよ」

ハルヒ「変態」

キョン「違う。俺はお前を誉めたんだ。一応」

ハルヒ「どうせならもっとストレートに誉めなさいよ…」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 20:32:14.95 ID:kMBXagfFO

キョン「ハルヒって、かわいいしさ」

ハルヒ「なっ」

キョン「ストレートって、つまりこういう事か?」

ハルヒ「…あ、あんた狙ってる?」

キョン「何を?」

ハルヒ「危ない。やばいわ。今キョンと顔を合わせられない」

キョン「…ハルヒ?」

ハルヒ「……絶対、騙されちゃだめよ」

キョン「おーい」

ハルヒ「何かしら?」

キョン「い、いや別に」

ハルヒ「あんたも言うようになったわね」

キョン「へ?」

ハルヒ「でもね」

ハルヒ「そんな事言われても、嬉しくなんかないんだからね」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 20:36:39.84 ID:kMBXagfFO

キョン「じゃあ聞くが。お前が他人に言われて嬉しい言葉ってなんなんだよ」

ハルヒ「それは…」

ハルヒ「個性の塊?」

キョン「……」

キョン「ハルヒって、個性の塊ねような存在だよなぁ」

ハルヒ「あー駄目ね。苛々してきた」

キョン「失敗か」

ハルヒ「うーん…」

ハルヒ「…世界の中心?」

キョン「……」

キョン「ハルヒ。お前こそ世界の中心に相応しいよ」

ハルヒ「あ。これ嬉しいかも」

キョン「ほう」

ハルヒ「なんか照れるわね」

キョン「成る程」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 20:42:31.20 ID:kMBXagfFO

ハルヒ「も、もっかい言ってよ」

キョン「この世界はハルヒを中心に回ってるんだぞ?」

ハルヒ「あぅ」

キョン「効いてるな」

ハルヒ「効いてるわ」

キョン「何がそんなにいいんだよ」

ハルヒ「え?何って、だってあたしが世界の中心なら、あんたもあたしの周りを回ってるのよ?」

キョン「まあそうだろうな」

ハルヒ「…あっ…!」

キョン「俺が出て来る意味が分からんが」

ハルヒ「わっ忘れなさい!いい!?」

キョン「き、急にどうした?」

ハルヒ「やっちゃったわ…」

キョン「…?」

ハルヒ「ああもぅ…」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 20:48:57.07 ID:kMBXagfFO

ハルヒ「これは失態ね。大失態だわ」

キョン「おーいハルヒさーん」

ハルヒ「何かしら?」

キョン「あ、いや別に」

ハルヒ「ふぅ。おしゃべりも疲れるわね」

キョン「そうだな」

ハルヒ「歳かしら」

キョン「そうだなハルヒ婆さんや」

ハルヒ「いやいやキョン爺さんこそ」

キョン「……」

ハルヒ「な、何笑ってんのよ」

キョン「お前も、随分人当たりがよくなったと思ってな」

ハルヒ「……」

ハルヒ「…あんたのせいよ」

キョン「…そりゃどうも」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 20:59:11.80 ID:kMBXagfFO

放課後 部室



ハルヒ「ほいっ」

キョン「あーあ、可哀相なドア」

古泉「二人仲良く登場しましたね」

ハルヒ「な、仲良く!?」

キョン「ないからな」

みくる「わー、すごい、息がぴったり!」

長門「シンクロ率120%」

ハルヒ「みくるちゃーん。覚悟は出来てるのよね?」

みくる「ひぇっ」

キョン「ハルヒ。朝比奈で遊ぶな。そんなだから胸が大きくならんのだ」



ハルヒ「んな゙っ」
古泉「おやおや」
みくる「む、胸って!」
長門「……」ピキッ

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 21:05:33.80 ID:kMBXagfFO

キョン「しまった。つい口が滑った」

ハルヒ「さて、どう料理してやろうかしら」

長門「裸で逆立ち校内3周がいい」

キョン「なっ長門!?」

ハルヒ「いいわねそれ!それで決定!」

みくる「逆立ちで校内3周…」

古泉「健闘を祈ります」

キョン「おい古泉祈るな。助けろよ!」

ハルヒ「だめよ。キョン、あんたは今禁忌に触れたの」

長門「タブー」

キョン「すまん、いい事教えてやるから許してくれ!」

ハルヒ「何々?」

キョン「意外に食いついたな」

ハルヒ「ほらほら、早く言いなさいよ」

キョン「……これは、谷口に聞いたんだが…」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 21:12:55.83 ID:kMBXagfFO

キョン「その、む、胸って揉むと大きくなるらしい」

ハルヒ「!!」
長門「!!」
みくる「!!」

古泉「あちゃー」

キョン「た、他意は無いからな!」

ハルヒ「……このエロキョン!!」

長門「揉む程も無い場合はどうしたらいいの?」

みくる「長門さん…」

古泉「バイトです」

キョン「あ、あー俺も帰るな!」

ハルヒ「こらっ!待ちなさい!」

長門「……」

みくる「長門さん、大丈夫ですよ?きっと、今に大きくなります!」

ハルヒ「……」

長門「……」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 21:19:10.09 ID:kMBXagfFO

キョン「ふー、危なかった…」

古泉「おや、生きてましたか」

キョン「古泉?お前バイトは?」

古泉「あの場から離れる為の口実ですよ」

キョン「閉鎖空間は無しか」

古泉「はい。怒ってるように見えて、内心そうでもないようです」

キョン「よく分からん奴だな」

古泉「そうですかね?涼宮さん程分かりやすい方も稀ですよ」

キョン「そうは言うが、どこらへんがだよ」

古泉「そこらへんです」

キョン「あー成る程ね…」

キョン「って分かるか!」

古泉「これは楽しいですね」

キョン「俺で遊ぶな。ったく、お前もハルヒに影響され始めたな」

古泉「そうかもしれません。いや、僕は昔からこんな感じでしたよ」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 21:26:48.16 ID:kMBXagfFO

キョン「嘘だな。お前は昔はもっと真面目なキャラだった」

古泉「昔の事です」

キョン「それを言ったらおしまいだろ」

古泉「そろそろ涼宮さんから電話が来るころじゃないですか?」

キョン「…何故そう思う」

古泉「ふふ、涼宮さんの事ですから」

キョン「さすがにハルヒも電話してまで…なぁ?」

古泉「あ…それ、電話が来るフラグですね」

キョン「…確かに」

古泉「……」

キョン「……」

古泉「……」

キョン「……」

古泉「……」

キョン「…こねーのかよ!!」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 21:39:49.16 ID:kMBXagfFO

ヴヴヴヴヴヴヴ

キョン「ぅおっ」

古泉「誰からですか?」

キョン「……」

キョン「…ハルヒだ」

古泉「あちゃー」

ヴヴヴヴヴヴヴ

キョン「あー出たくねー…」

古泉「覚悟を決めて下さいよ。バイトは嫌です」

キョン「わーったよ。出るよ、今出る」

ピ

『キョン!今どこに居るのよ!早く戻って来ないと死刑だからね!』

キョン「ほい古泉パス!」

古泉「え!?ぅ、うわ」

『こらバカキョン聞いてんの!?返事しなさいよ!』

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 21:47:28.95 ID:kMBXagfFO

古泉「あー、涼宮さん?僕です、古泉です」

『あれっ?古泉君?あのバカは?』

キョン「俺なら自宅で療養中」ボソッ

古泉「か、彼なら今はもう自宅にいますが」

『はぁ!?どんだけ逃げ足早いのよあいつ!』

キョン「少し無理があったか?」

古泉「はは、ははは…」

『古泉君も居るの?』

キョン「しまった」

古泉「ど、どうしましょう」

キョン「…とりあえず肯定しとけ」

古泉「はい。ちょっと用事があったもので、彼の家にお邪魔してます」

『……』

キョン「……」

古泉「……」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 21:53:49.56 ID:kMBXagfFO

『……』

キョン「……」

古泉「……」

『…あたしも行くっ!』

キョン「ぅげぇ!」

古泉「まずいことになりましたよ」

『待ってなさい!逃げちゃ駄目だからね!』

ブツリ

キョン「やれやれ…」

古泉「とにかく、あなたの家に急ぎましょう。涼宮さんより先に着かなくては」

キョン「なんでまた俺の家なんだ…」

古泉「あなたが悪いんですよ…。ほら、早く行かないと」

キョン「へいへい」

古泉「機関に頼んで最短ルートを確保してもらいましょう」

キョン「そんぐらいしなきゃ、ハルヒに勝てる気がしないからな」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 22:01:26.14 ID:kMBXagfFO

キョン宅



キョン「ただいま…っと」

古泉「誰も居ませんね」

キョン「まだみんな帰って来てないのか」

古泉「部屋はどちらです?」

キョン「そっちだ」

古泉「では、お邪魔します」

キョン「お邪魔されます」

ガラッ

古泉「…随分普通な部屋ですね」

キョン「悪かったな趣味が無くて」

古泉「いえいえ。逆にフィギュアとかがずらっと並んでたら、どうしようかと」

キョン「殴っていいか」

古泉「暴力反対です」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 22:06:40.46 ID:kMBXagfFO

キョン「さて。ハルヒが来たらどうするか」

古泉「今考えても無駄じゃないですか?」

キョン「…そうかもしれん」

古泉「僕としては、あなたの今に来るなんて久しぶりなので」

キョン「自由にしたい、と」

古泉「そういう事です」

キョン「…しょうがねえな。今ゲーム持って来るから待ってろ」

古泉「では僕はベッドの下を…」

ピンポーン

キョン「なにっ」

古泉「来ましたか」

『キョン君のクラスメートですが誰かいませんかー?っていうか早くキョン出て来なさい!!』

キョン「うわあやだなぁ」

古泉「クラスメートって言うところがまた」

キョン「古泉。出てくれ」
古泉「嫌です。お断りします」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 22:11:55.33 ID:kMBXagfFO

ハルヒ「とうっ」

キョン「来やがった」

古泉「お久しぶりです」

ハルヒ「ふふ。キョーン?」

キョン「すまん!この通り!だから暴力だけは…」

古泉「バイトです。失礼します」

キョン「あっこら古泉!」

ハルヒ「大丈夫よ。なーんにもしないから」

キョン「嘘つけ!」

ハルヒ「嘘よ」

キョン「嘘かよ!」

ハルヒ「ほいっ!」

キョン「うわっ」

ハルヒ「あんた、弱点どこだっけ?」

キョン「は、ハルヒ、やめ、やめろ!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 22:18:47.93 ID:kMBXagfFO

ハルヒ「こちょこちょ」

キョン「ぅひっ」

ハルヒ「脇かしら」

キョン「ぁうはっ」

ハルヒ「こちょこちょ」

キョン「ははは!はは、はるひ、止め、はは!」

古泉「……」

古泉「僕はもう出て行った方がいいですよね」

ハルヒ「ほれほれ」

キョン「いひひひひ!ひはっ、はははは!」

ハルヒ「ふう、こんなもんかしら」

キョン「ぅえ」

古泉「それではまた」

キョン「に、逃げやがった」

ハルヒ「あれ?古泉君帰っちゃったの?」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 22:21:50.28 ID:kMBXagfFO

キョン「……」

ハルヒ「キョン!ゲームしましょうよ!」

キョン「帰らないのかよ」

ハルヒ「いいじゃない折角来たんだし」

キョン「朝比奈さんと長門は連れて来なかったのか」

ハルヒ「みくるちゃんは用事があるって」

ハルヒ「有希はなんかぶつぶつ言いながら帰っちゃったわ」

キョン「運命は時に残酷だな…」

ハルヒ「早く持って来なさいよ」

キョン「じゃあお前はそこを動くなよ」

ハルヒ「はーい」

キョン「うわぁ信憑性皆無だなぁ」

ハルヒ「とっとと行く!」

キョン「はいはい」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 22:26:05.24 ID:kMBXagfFO

キョン「持って来たぞー」

ハルヒ「キョン!この枕あたしのと同じよ!」

キョン「さっそく命令無視したな。人のベッドで勝手にくつろぐな」

ハルヒ「キョンの匂い…」

キョン「何か言ったか?」

ハルヒ「い、いや?それより、早くやりましょうよ」

キョン「は?」

ハルヒ「ゲームよゲーム!」

キョン「お、おう」

ハルヒ「あれ?この時計もあたしのと同じだ…」

キョン「…ハルヒ。お前もしかして」

ハルヒ「パクってないわよ!第一、あたしキョンの家に来たのこれが初めて…」

キョン「じゃないだろ。お前は結構来てるよな」

ハルヒ「そ…そうだったかしら?」

キョン「そこでとぼけんなよおい」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 22:30:32.13 ID:kMBXagfFO

キョン「よし、俺の勝ちだな」

ハルヒ「あ、あたしが負けた…」

キョン「流石にテレビゲームだったら俺が勝つだろ」

ハルヒ「今の無しよ!酷いじゃないの!」

キョン「ふん。お前なんかに手加減してやるか。こういうのはループコンボが出来てなんぼだ」

ハルヒ「キョンのくせにぃ…。あたしにも教えなさい!」

キョン「嫌だ」

ハルヒ「こら!」

キョン「わーったよ。ちょっとこっち来い」

ハルヒ「嫌よ!」

キョン「なんだそりゃ」

ハルヒ「いいから早く!」

キョン「説明しにくいだろが」

ハルヒ「むぅ…」

キョン「まあ、嫌なら俺は別にいいんだが」

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 22:39:33.67 ID:kMBXagfFO

ハルヒ「教えなさいよ!」

キョン「だからちょっとこっち寄れよ」

ハルヒ「むぅ」

キョン「ったく。俺が寄るからな」

ハルヒ「えっ!?」

キョン「いいか、最初はこうやって…」

ハルヒ「ちょっとキョン、ち、近くないかしら」

キョン「何が」

ハルヒ「距離よ」

キョン「何の」

ハルヒ「あんたとあたしの!」

キョン「……」

キョン「…そうか?」

ハルヒ「そうよ!」

キョン「そんなに近くない気がするんだが」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 22:47:38.14 ID:kMBXagfFO

キョン「お前が嫌だったら教えてやらんぞ」

ハルヒ「別に嫌じゃないわよ!」

キョン「一体何なんだ…」

ハルヒ「だーかーらぁ!もうちょっとこっち寄っていいって言ってんの!」

キョン「はぁ?」

ハルヒ「…ぁ…」

キョン「近いって言ったと思ったら、今度はもっと寄れだと?脈絡なさすぎだぞ」

ハルヒ「……」

キョン「わかったわかった。だからそう怒るなよ、寄ってやるから」

ハルヒ「あ、あんたもその方が教えやすいでしょ」

キョン「まあな」

ハルヒ「…!」

キョン「こんくらいか?」

ハルヒ「そ、そそそうねそんくらいね」

キョン「…?」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 22:55:22.42 ID:kMBXagfFO

キョン「最初はこう」

ハルヒ「……」

キョン「次はこう」

ハルヒ「……」

キョン「その次」

ハルヒ「……」

キョン「最後はこれ」

ハルヒ「……」

キョン「ほら、とりあえずやってみろ」

ハルヒ「……」

キョン「ハルヒ?」

ハルヒ「…あっ、な、何?」

キョン「…お前もしかして、今までの全部聞いてなかったとか言わないよな」

ハルヒ「……」

キョン「やれやれ…」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 23:04:16.29 ID:kMBXagfFO

ハルヒ「う…ゲームなんて不純よ!不純!」

キョン「いきなり何を言い出すかと思えばこれか」

ハルヒ「どうせならもっと高校生らしい事しましょうよ」

キョン「これも充分、今時の高校生らしいと思うんだが」

ハルヒ「つまんないわね」

キョン「なら帰れ。勝手に来たくせに、文句言うんじゃねぇよ」

ハルヒ「文句は言ってないわよ。感想を言っただけ」

キョン「お前はなんでも知ってるな」

ハルヒ「なんでもは知らないわよ。知ってる事だけ」



ハルヒ「…って、こら!」

キョン「すまん。つい、やりたくなった」

ハルヒ「あたしは別に猫に取り憑かれてない!」

キョン「いや、お前が知らなかったらどうしようかと思ったとこだった」

ハルヒ「あんたが知っててあたしが知らない事なんて無いわよ」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 23:11:14.91 ID:kMBXagfFO

キョン「言い切ったな…」

ハルヒ「何よ」

キョン「じゃあ問題」

ハルヒ「どうぞ?」

キョン「長門は何人だ」

ハルヒ「日本人」

キョン「ブー。残念、ハズレだ」

ハルヒ「正解を聞こうじゃない」

キョン「長門はな、人間の自立進化を見守る為に造られた、宇宙人なんだよ」

ハルヒ「…あんたまだそんな事言ってんの?」

キョン「本当だからな」

ハルヒ「ひゅぅぅん」

キョン「な、何?」

ハルヒ「あたしの中のキョン信頼度が下がった音よ」

キョン「びびった…」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 23:17:03.23 ID:kMBXagfFO

キョン「第二問」

ハルヒ「きなさい」

キョン「朝比奈さんは何人だ」

ハルヒ「萌える日本人よ」

キョン「これもハズレだ」

ハルヒ「未来人だっけ?」

キョン「お、よく分かったな」

ハルヒ「バカ。真性のバカねあんた。いや、新星のバカね」

キョン「今の違いが分からなかった」

ハルヒ「新しいタイプのバカよ」

キョン「じゃあお前は真性のアホだ」

ハルヒ「ならキョンは真性のマヌケね」

キョン「しからばハルヒは真性のクズってとこか」

ハルヒ「だったらキョンは真性のゴミよ」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 23:31:47.31 ID:kMBXagfFO

キョン「ゴミって。ゴミってお前」

ハルヒ「クズも結構酷いわよ」

キョン「どうも。キョンです」

ハルヒ「ハルヒです」

キョン「二人合わせて」

ハルヒ「ゴミクズでーす」

キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン「…いけるな」

ハルヒ「いけるの!?」

キョン「いや、やっぱり無理だな」

ハルヒ「どっちなのよ」

キョン「お前と組むと、次第にリアルファイトになっちまう気がする」

ハルヒ「ツッコミの延長で?」

キョン「そうそう」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 23:37:07.06 ID:kMBXagfFO

ハルヒ「リアルファイトなら負けないわよ」

キョン「俺は負ける気しかしねぇよ」

ハルヒ「ほらっ!ジャブ!」

キョン「危ねえ!お前、それジャブじゃないから!」

ハルヒ「今はみくるちゃんが居ないからキョンで遊んでやるわ!」

キョン「危ない発言はやめなさい」

ハルヒ「みくるちゃん…なんと偉大な存在…」

キョン「一体どうしてその考えに至ったかは分からんが、朝比奈さんが偉大なのは確かだな」

ハルヒ「あんた、みくるちゃんホントに好きよね」

キョン「俺に限らず、男子全員な」

ハルヒ「主にどういうトコが?」

キョン「俺に聞いてんのか」

ハルヒ「そうよ」

キョン「……全部?」

ハルヒ「…言うと思った」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 23:39:54.32 ID:kMBXagfFO

キョン「じゃあ聞くなよ」

ハルヒ「これだから男ってやつは…」

キョン「長門も、お前も、同じくらい好きだぞ」

ハルヒ「!?」

キョン「友達だからな。ついでに古泉も」

ハルヒ「ま、またあんたはそうやってどきっとする発言を…」

キョン「何?」

ハルヒ「古泉君が可哀相って言ったのよ!」

キョン「だって俺が古泉の事を好きって言っちまったら、意味合いが違くても気持ち悪いだろ」

ハルヒ「それもそうね」

キョン「別に古泉をハブってる訳じゃないからな」

ハルヒ「分かってるわよ」

キョン「ならいいんだ」

ハルヒ「それにしても、なんで古泉君帰っちゃったんだろ…」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 23:44:31.63 ID:kMBXagfFO

キョン「……」

キョン「ではでは。第三問」

ハルヒ「まだ続いてたのね…」

キョン「俺の生年月日は…」

ハルヒ「古泉君は!?」

キョン「え?」

ハルヒ「古泉君はどうしたのよ!?」

キョン「へ?」

ハルヒ「有希、みくるちゃんって来たら次は普通古泉君じゃない!」

キョン「お前普通が大っ嫌いなんじゃないっけ?」

ハルヒ「それとこれでは話が別でしょ!」

キョン「しかもなんだ、さっきから古泉古泉って。あ、もしかしてお前…」

ハルヒ「ち、ちが!違うわよ!?」

キョン「動揺しているな」

ハルヒ「あんたが変な事言うからでしょ!」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 23:47:05.65 ID:kMBXagfFO

キョン「そういう事にしといてやろう」

ハルヒ「なんかむかつくわね」

キョン「よし。これで俺もハルヒの弱みを握ったぞ」

ハルヒ「何勘違いしてんのよ!」

キョン「古泉、中身はともかく、外見はいいからな。お前が惚れるのも分かる」

ハルヒ「ぶっ飛ばすわよ…」

キョン「頑張れよ。俺は応援してるからな」

ハルヒ「バカ!」

キョン「冗談だ」

ハルヒ「…じゃなかったら死刑にしてるとこよ」

キョン「死刑ってお前」

ハルヒ「公開処刑よ」

キョン「公開処刑!?」

ハルヒ「鞭打ち拷問よ」

キョン「鞭打ち拷問!?」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/06(日) 23:55:13.06 ID:kMBXagfFO

キョン「そういやハルヒ」

ハルヒ「何?」

キョン「最近、俺とお前の私物が被る事多くないか?」

ハルヒ「た、確かに」

キョン「なんなんだろうな。運命ってやつか?」

ハルヒ「運命…」

キョン「ハルヒと私物が被る運命…ってか?」

ハルヒ「意味不明よ」

キョン「私物が同じって、なんか兄弟みたいだな」

ハルヒ「なら、あたしがお姉ちゃんね」

キョン「俺が兄ちゃんだろ」

キョン「あっ」

ハルヒ「…?」

キョン「やっぱお前が姉ちゃんでいいや」

ハルヒ「何、いきなりどうしたのよ」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 00:00:10.69 ID:csxgcBdKO

キョン「妹は一人で十分って事」

ハルヒ「成る程」

キョン「二人も居たら大惨事だよ。俺が」

ハルヒ「じゃあ妹でいいわ!」

キョン「お前はとことん俺をいじめるのが好きらしい」

ハルヒ「お兄ちゃんあそぼ?」

キョン「うわっキモい」

ハルヒ「殴るわよ?」

キョン「な…殴った後に言うな…」

ハルヒ「おいクソ兄貴!」

キョン「クソ+兄貴で、卑下してんのか敬ってんのか分かんない日本語の完成です」

ハルヒ「おいバカキョン!」

キョン「ハルヒ、原型留めてねーぞ」

ハルヒ「おいバカ野郎」

キョン「どうせなら、長門に言わせような」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 00:08:51.02 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「さっきからうっさいわねこの糖尿病!」

キョン「それは俺じゃねぇよ。俺だけど」

ハルヒ「さっさと問題出しなさいよ」

キョン「まだ続いてたのか」

ハルヒ「もういい、あたしが出す!」

キョン「どうぞご勝手に」

ハルヒ「第一問!」

ハルヒ「ててん!」

キョン「涼宮ハルヒさんの問題は効果音付きです」

ハルヒ「あたしの得意技はなーんだ?」

キョン「自分の事を棚に上げる事」

ハルヒ「ぶー」

キョン「人の言う事を全く聞かない事」

ハルヒ「ぶぶー」

キョン「傍若無人に振る舞う事」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 00:15:04.39 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「ぶっぶー」

キョン「分かった!」

ハルヒ「はいどうぞ」

キョン「俺をいじめる事!」

ハルヒ「ぶー」

キョン「なっ」

ハルヒ「正解は、『みくるちゃんのブラを服の上から外す事』でした!」

キョン「ああ可哀相な朝比奈さん!」

ハルヒ「残念賞は何がいい?」

キョン「俺が決めていいのか」

ハルヒ「うん」

キョン「じゃあ早く帰ってくれ」

ハルヒ「えっ」

キョン「これ以上疲れるのは勘弁願いたいね」

ハルヒ「…何よ」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 00:20:59.41 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「本気?」

キョン「な…なんだよ」

ハルヒ「じゃあ帰る」

キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン「…嘘だ」

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「…嘘つき」

キョン「すまん」

ハルヒ「罰が必要かしらね」

キョン「やっぱり帰れよお前」

ハルヒ「嫌よ」

キョン「……」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 00:29:58.17 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「罰として、あ…あたしを泊めなさい!」

キョン「はぁ!?」

ハルヒ「だ、だめ?」

キョン「ぅぐ…」

ハルヒ「……」

キョン「お前はいきなり過ぎるんだよ…なんでもかんでも…」

ハルヒ「いいじゃない別に」

キョン「そんなの、だ…」

ハルヒ「ぅ…」

キョン「…めじゃない」

ハルヒ「…えっ!?」

キョン「いや、やっぱり、だ…」

ハルヒ「ぁぅ…」

キョン「…めじゃない!」

ハルヒ「ほ、ホント!?」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 00:40:01.23 ID:csxgcBdKO

キョン「あ、ああ」

ハルヒ「や、やった!」

ハルヒ「…ぁっ」

ハルヒ「じゃなくて、罰として今日一日あんたをみっちり監視するんだからね!」

キョン「罰として監視される意味が分からん」

ハルヒ「いいの!じゃあ、あたしは着替えとかいろいろ持って来るわ!」

キョン「帰って来なくていいぞー」

ハルヒ「逃げたら殺すわよ」

キョン「どこに逃げろっつーんだよ」

バタン

キョン「……」

キョン「…やれやれ…最悪な事になった…」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 00:49:47.65 ID:csxgcBdKO

ピッ

キョン「もしもし、古泉か?」

『そうですが…、一体どうされました?』

キョン「緊急事態だ」

『詳しく話していただけないでしょうか』

キョン「ハルヒが」

『涼宮さんが?』

キョン「俺の家に泊まる事になった」

『……』

『おめでとうございます』

キョン「真面目に頼む」

『今の、僕の真面目な感想ですが』

キョン「……」

『すみません。ですが、これはチャンスです』

キョン「チャンス…?」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 00:53:57.83 ID:csxgcBdKO

『ええ。チャンスもチャンス、大チャンスです』

キョン「詳しく頼む」

『早い話、涼宮さんを襲っちゃえと』

キョン「なっ!?」

『っていうか、嫌ならなんで断らなかったんですか?』

キョン「いや、断ろうとした時のあのハルヒの顔見てたら…なんか…」

『成る程。では、僕はこれで』

キョン「おいおい待てこのやろう」

『まだ何か?僕も、あなたのノロケ話を聞いてやれる程暇じゃないんです』

キョン「ノロケ話を話したつもりは無い」

『これは失礼。いや、僕はあなたが幸せの絶頂にいて、興奮しすぎて僕に電話をしてきたのかと』

キョン「切るぞ」

『どうぞ』

キョン「嘘だ。すまん。頼む、どうにかしてくれ…」

『どうにかしろ、と言われましても…』

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 00:57:52.78 ID:csxgcBdKO

『古泉君、まだですかぁ?』

キョン「!?」

『次はわたしの番が控えている。早くするべき』

キョン「…?」

『すみません、今行きます』

キョン「……」

『用事がありますので、僕はこれで』

キョン「おい待て何故朝比奈さんがそこに居る!」

『ああ…。実は長門さんのマンションで「非凡者集会」をしてる途中なんです』

キョン「待て俺も行く!」

『涼宮さんは?』

キョン「ぅぐ」

『スゴロク、次は僕の番らしいので。失礼します』

プツリ

キョン「……」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 01:02:17.62 ID:csxgcBdKO

キョン「……」

ハルヒ「キョン?」

キョン「ぅおっ!?」

ハルヒ「どーしたの?ぼーっとして」

キョン「は、早くないかお前」

ハルヒ「そう?」

キョン「ま、お前は存在自体が非常識だからな」

ハルヒ「何よそれ。…急いで来たから、汗かいちゃった」

キョン「風呂か?シャワーでいいか?」

ハルヒ「シャワーでいいわ」

キョン「あいよ」

ハルヒ「ちゃんと親御さんに了承取りなさいよ?」

キョン「それはこっちのセリフだ」

ハルヒ「あたしはちゃんと言ってきたわ」

キョン「なんと」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 01:04:42.10 ID:csxgcBdKO

キョン「お前の親は、良いって言ったのかよ」

ハルヒ「うん。だって、みくるちゃんの家に泊まる事になってるから」

キョン「やれやれ…」

ハルヒ「そういう事だから。よろしくね」

キョン「…ハルヒ」

ハルヒ「ん?」

キョン「バスタオル、あるか?」

ハルヒ「あ、借りていい?」

キョン「おう。服、洗濯機に突っ込んどいていいからな」

ハルヒ「いいわよ。持って帰って洗うから」

キョン「そうか。シャンプーとかは…」

ハルヒ「自分の持って来た」

キョン「あとは…」

ハルヒ「もう大丈夫よ。それじゃね」

キョン「お、おう」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 01:08:45.48 ID:csxgcBdKO

―――
――


ハルヒ「ふー、さっぱりしたわ」

キョン「……」

ハルヒ「ちゃんと了承取った?」

キョン「…ああ。なんか恐ろしいぐらいにすんなり許可が出た」

ハルヒ「まだ誰も帰って来てないの?」

キョン「……妹なら」

ハルヒ「妹ちゃん?ちょっと遊んで来る!」

キョン「あ!おい!…汗かくなよー」

キョン「……」



ヴヴヴヴヴヴ

キョン「だ、誰……古泉か…」

ピッ

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 01:12:18.76 ID:csxgcBdKO

『どうも。涼宮さんとは元気にしてるでしょうか』

キョン「切るぞ」

『どうぞ』

キョン「嘘だすまん」

『長門さんと朝比奈さんから、あなたに言いたい事があるそうです』

キョン「何!?」

『朝比奈さんからでいいですか?』

『ふぇ!?な、長門さんからでいいですよぅ』

キョン「……」

『あなたからでいい』

『い、いいんですか?』

『……』

キョン「……」

『あ、あの…キョン君?』

キョン「は、はい。朝比奈さん、俺に伝えたい事って…」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 01:16:14.45 ID:csxgcBdKO

『涼宮さんの気持ちに、気付いてあげて』

キョン「気持ち?」

『はい…。それだけです』

キョン「それだけ…ですか?」

『何』

キョン「ぅわっ!…なんだ長門か」

『そう』

キョン「…それで、話ってのは」

『あなたは涼宮ハルヒをもう少し注意深く観察するべき』

キョン「はい?」

『また』

キョン「ちょっ…おい長門!?」

『どうでした?』

キョン「……お前は急に出て来るな」

『はは、すいません。僕からも一言。涼宮さんをよろしくお願いします』

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 01:21:43.23 ID:csxgcBdKO

キョン「なんなんだよ……」

ハルヒ「何が?」

キョン「いたんですか」

ハルヒ「ええ。ずっと」

キョン「……」

ハルヒ「何よ顔逸らしちゃって」

キョン「寒くないか?」

ハルヒ「ん?別に?」

キョン「俺のジャージでよければ貸すぞ」

ハルヒ「いいって」

キョン「……」

ハルヒ「…どうしたの?」

キョン「……」

キョン「…しょ、正直、目のやり場に困るんだが」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 01:23:53.82 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「え?」

キョン「無防備過ぎると言ったんだ」

ハルヒ「いいじゃないこれくらい。暑いのよ」

キョン「……」

ハルヒ「あら?キョンって意外にうぶなのね」

キョン「…うるせえ」

ハルヒ「隠す所はしっかり隠してるわ」

キョン「それはそうだがな」

ハルヒ「じゃあバニーさんの方がよかったかしら…」

キョン「やめとけ。じゃなくてやめてくれ。じゃなくてやめろ」

ハルヒ「こっち見なさいよ」

キョン「嫌だ」

ハルヒ「顔赤いわよ?」

キョン「……」

ハルヒ「…ふふ」

130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 01:28:32.30 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「だーれだっ」

キョン「!?」

キョン「お、おい!な、何やって」

ハルヒ「あたしは誰でしょうか?」

キョン「こ、こら!アホ!やめなさい!」

ハルヒ「キョンが正解するまでやめなーい」

キョン「ハルヒ!ハルヒだお前は!」

ハルヒ「…つまんないわね」

キョン「心臓に悪い…」

ハルヒ「今度、キョンが自転車漕いでる時にやろうかしら」

キョン「冗談にならないぞ、それ。ってか、またお前は俺の後ろに乗るつもりなのか」

ハルヒ「隙あらば乗るつもりよ」

キョン「古泉の方が速いぞ?あいつの方に乗れよ」

ハルヒ「……」

ハルヒ「…あんたが、いいの」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 01:33:53.33 ID:csxgcBdKO

キョン「…?」

ハルヒ「ほりゃーっ!」

キョン「ぅわっ!?」

ハルヒ「ふふふ…捕まえたわ…」

キョン「ななな何をお前は」

ハルヒ「キョン!このまま外に出るわよ!」

キョン「む、無茶苦茶言うな!なんだこの状況は!」

ハルヒ「キョンがあたしをおぶってんのよ」

キョン「冷静に説明されても…」

ハルヒ「隙あらば乗るって言ったばっかりでしょ」

キョン「俺に乗ってどうする!バカかお前は!」

ハルヒ「ほーらー!早く進みなさいよ!」

キョン「いで!痛いって!」

キョン「……」

キョン「正直、たまりません…」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 01:38:56.98 ID:csxgcBdKO

キョン「下ろすぞ」

ハルヒ「えっ」

キョン「この狭い部屋で暴れたくない。それに、俺がもう限界だ」

ハルヒ「体力なさすぎじゃない?」

キョン「…そういう意味じゃねぇよ」

ハルヒ「どういう意味よ」

キョン「単刀直入に言わせてもらう。お前は柔らかい」

ハルヒ「…へっ?」

キョン「その柔らかい、いろんなとこが触れてるんだよ」

ハルヒ「ば、バカ!早く下ろせ!」

キョン「ほい」

ハルヒ「へ…変態!」

キョン「ハルヒから抱き着いてきたんだろ」

ハルヒ「だっ抱き着…」

キョン「お前はもっと自分の行動に責任をもってだな…」

145 名前:言わずもがな猿くらってた[] 投稿日:2009/09/07(月) 01:56:37.71 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「何よエラソーに」

キョン「注意してやったんだ」

ハルヒ「はいはいどうもどうも」

キョン「…!」

ハルヒ「…?」

キョン「は、ハルヒが…」

キョン「俺に礼を言った…!」

ハルヒ「……」

キョン「ハルヒ!もう一回言ってみてくれ!」

ハルヒ「…ありがと、キョン」

キョン「!!」

キョン「ぅおぅ…!」

ハルヒ「……」

キョン「サンキュー。これで俺も心置きなく死ねる」

ハルヒ「じゃあ今葬ってやるわ」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 01:59:11.51 ID:csxgcBdKO

キョン「冗談だと信じたい」

ハルヒ「冗談に決まってんじゃない」

キョン「だよな」

ハルヒ「嘘よ」

キョン「嘘かよ!」

ハルヒ「何?あんた、同じツッコミしか出来ないの?」

キョン「ぐ…」

ハルヒ「はぁ…。キョンの存在意味って、なんだったかしら」

キョン「……」

キョン「…ハルヒ」

ハルヒ「何?」

キョン「もう一回頼む」

ハルヒ「……」

ハルヒ「…仕方ないわね」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 02:06:21.23 ID:csxgcBdKO

キョン「冗談だと信じたい」

ハルヒ「冗談に決まってんじゃない」

キョン「だよな」

ハルヒ「嘘よ」

キョン「…ちなみに聞くが、俺の処刑方法は何だ」

ハルヒ「絞首」

キョン「絞首!?」

ハルヒ「縄持って来るわね」

キョン「冗談だと信じたい」

ハルヒ「冗談に決まってんじゃない」

キョン「だよな」

ハルヒ「嘘よ」

キョン「嘘かよ!」

ハルヒ「……」

ハルヒ「…あれ?」
キョン「…あっ」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 02:13:58.45 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「な、何でまた同じツッコミなのよ!せっかくやり直したのに!」

キョン「お前が悪い!」

ハルヒ「あたしは悪くない!」

キョン「なんだこの不毛な争い」

ハルヒ「そういえば、晩ご飯はまだかしら」

キョン「あ、ああ…それなんだが」

キョン「ハルヒ、作ってくれないか?」

ハルヒ「はぁ!?」

キョン「その、なんだ」

キョン「お前の宿泊許可がすんなり出たってのは…」

キョン「今日、親帰って来ないんだよ」

ハルヒ「…!」

ハルヒ「何これちょっとドキッとした…」

キョン「よろしくな。俺も、出来るだけ手伝うからさ」

ハルヒ「ぅ、うん」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 02:24:07.62 ID:csxgcBdKO

―――
――


ハルヒ「はいっ!ハルヒ特製ハンバーグです!」

キョン「相変わらずすげぇな…」

妹「いただきまーす」

キョン「手洗ったか?」

妹「洗ったよー」

ハルヒ「おかわりあるから、たくさん食べちゃいなさい!」

キョン「いただきます」

ハルヒ「……」

キョン「……ん」

ハルヒ「ど、どう?」

キョン「…うまい」

キョン「店開けるレベルだぞこれ…」

ハルヒ「あ、あったりまえよ!愛情がたっぷりつまってんだから!」

158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 02:27:31.34 ID:csxgcBdKO

キョン「…愛情?」

妹「愛情だってー!よかったねキョン君!」

ハルヒ「ぁ、わ、わ、」

キョン「…ん?」

ハルヒ「ち、違うわよ!?愛情ってのは、その、あ、あいじょう…そ、そう!哀情よ!!」

キョン「は?」

ハルヒ「キョンを哀れむ心よ!だから、えと、いつもごめんねありがとうみたいな……じゃなくて!!」

キョン「と、とりあえず落ち着けって」

妹「ハルにゃん顔真っ赤ー」

ハルヒ「と、トイレ行って来る!」

キョン「おいハルヒ!」

キョン「……」

妹「キョン君追い掛けないの?」

キョン「トイレまで追い掛けるバカがどこにいるんだ」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 02:33:28.41 ID:csxgcBdKO

キョン「…!」

キョン「そういえば、長門と朝比奈さんが言ってた…」

妹「キョン君どしたの?」

キョン「俺、やっぱり追い掛けてくる」

妹「はーい」

キョン「……」

ガラッ

ハルヒ「…何しに来たのよ」

キョン「トイレに居たんじゃなかったのか?」

ハルヒ「……」

キョン「…ハルヒ」

キョン「今まで気付いてやれなくてすまん」

ハルヒ「!!」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 02:38:02.52 ID:csxgcBdKO

キョン「普通に考えたら分かる事だった」

キョン「…すまん」

ハルヒ「……」

ハルヒ「…何であんたが謝ってんのよ」

ハルヒ「気付くのが遅いのよ…バカキョン」

キョン「それで、大丈夫なのか?」

ハルヒ「え?」

キョン「腹。腹痛かったんだよな」

ハルヒ「は、はら?」

キョン「ま、あんなへそ出した格好してたから当然っちゃ当然だろ」

ハルヒ「……」

キョン「もう腹冷やさないようにしとけよ」

ハルヒ「……はぁ」

ハルヒ「本当に、どうしようもないバカねあんた」

キョン「心配してやってんのに…お前なぁ」

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 02:46:11.68 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「で…さ、どうするの?」

キョン「何が」

ハルヒ「何がじゃないわよ。ほら、ね?」

キョン「…?」

ハルヒ「あ、あんた気付いたとか言ったじゃない!」

キョン「いやだからお前、腹痛かったんだろ?」

ハルヒ「へ?」

キョン「ん?違うのか?」

ハルヒ「え…え?」

キョン「いやよくよく考えたら、お前いつもよりそわそわしてたもんな」

ハルヒ「……」

キョン「もっと早く気付いてやるべきだった」

ハルヒ「……」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 02:49:49.16 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「……」

ハルヒ「…アホ!バカ!マヌケ!」

キョン「!?」

ハルヒ「あたしの心を返せ!」

キョン「ハルヒ…?」

ハルヒ「なんであんたなの!?あんたなんか!」

キョン「どうしたんだよ?」

ハルヒ「…このバカァ!」

キョン「お、おい!」

キョン「……」

キョン「一体なにがなんだか…」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 02:59:05.92 ID:csxgcBdKO

キョン「すまん古泉!」

『何したんですか』

キョン「ハルヒが…なんか怒っちまった…」

『閉鎖空間は今のところありませんが…』

キョン「何?」

『冗談はやめてくださいよ』

キョン「じょ、冗談な訳あるか!」

『はは、実はあなたいる場所が、まるまる閉鎖空間だったりします』

キョン「!!」

『冗談です』

キョン「……」

『怒らないで下さい。あなたの鬱憤処理は僕の仕事の範疇を越えてますから』

キョン「…俺のストレスは誰が解消してくれるんだ」

『さあ、誰でしょうね?…では、切ります。いい夜をお過ごし下さい』

キョン「……」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 03:02:56.65 ID:csxgcBdKO

―――
――


キョン「ハルヒ、何処で寝るんだ?」

ハルヒ「どこでもいいわ」

キョン「好きなとこで寝ていいからな。妹の部屋か?」

ハルヒ「あんたの部屋は寝にくそうよね。キョンの部屋!」

キョン「見事に訳が分からない」

ハルヒ「…だがそれがいい!」

ハルヒ「みたいな?」

キョン「つまり、」

キョン「俺この席結構気に入ってんだけど。席替えしたい!」

キョン「こういう事か」

ハルヒ「うん」

キョン「ま、お前がいいならベットでもなんでも貸してやるよ」

ハルヒ「そ。ありがと」

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 03:07:13.73 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「お風呂にする?それともシャワー?」

キョン「今は、風呂遠慮したい気分だな。風呂入る!」

ハルヒ「そうそう!その感じよ!」

キョン「ステーキかハンバーグ、どっち食いたい?」

ハルヒ「今あんまりお金無いのよね。ステーキにする!」

キョン「いい感じだな」

ハルヒ「あ、あとさ」

キョン「何だ?」

ハルヒ「キョンのバカ!アホ!だ、大好き!」

キョン「!!」

ハルヒ「れ…例だからね!?例えよ例え!」

キョン「だ、だよな、例えだよな」

ハルヒ「……」

キョン「……」

181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 03:10:16.94 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「ねぇキョン?」

キョン「ん」

ハルヒ「あんたいつ寝るの?」

キョン「誰かさんのせいで眠いから…もう寝るかな」

ハルヒ「まだ10時だけど」

キョン「自由にさせてくれ」

ハルヒ「…分かったわ。あたしも寝る」

キョン「そうか?」

ハルヒ「悪いわね。ベット貸してもらって」

キョン「団長には逆らえないのさ」

ハルヒ「何よそれ」

キョン「じゃあな。俺は寝る」

ハルヒ「…おやすみ」

キョン「……」

ハルヒ「……」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 03:13:16.76 ID:csxgcBdKO

キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「……あのさ」

キョン「……」

ハルヒ「あんた、寝にくくないの?」

キョン「……」

ハルヒ「床、固くない?」

キョン「…大丈夫だ」

ハルヒ「そう…ならいいのよ」

キョン「……」

ハルヒ「…あのね」

ハルヒ「あんたが、やっぱり寝にくいんなら…」

キョン「……」

ハルヒ「…ベット使っていいのよ?」

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 03:17:43.23 ID:csxgcBdKO

キョン「……ハルヒ」

ハルヒ「な、何?」

キョン「俺、男だぞ」

ハルヒ「…知ってるわよ」

キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン「…あーやっぱり床固いなぁ」

ハルヒ「…!」

キョン「ふかふかのベットで寝てーなぁ」

ハルヒ「そ、そう。じゃあ、仕方ないわね」

キョン「…いいんだな?」

ハルヒ「あ、あんたが体痛くしても困るし。しょーがないのよ」

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「…半分、だけだからね」

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 03:20:28.66 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「あ、あんたそっち向きなさいよ」

キョン「お…おう」

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「…ぁ、あんまり動くな!」

キョン「んな事言われても」

ハルヒ「寝返りは絶対禁止だから」

キョン「俺にどう制御しろと」

ハルヒ「あたしに触ったら死刑よ」

キョン「…わかったよ」

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「……」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 03:23:48.15 ID:csxgcBdKO

キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン「…駄目だ全然寝れねぇ」

ハルヒ「…あたしも」

キョン「どうしてだろうな」

ハルヒ「知らないわよ…。あんた、疲れてんじゃないっけ」

キョン「いやそうだけどさ」

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「…さかな」

キョン「…なす」

ハルヒ「すいか」

キョン「からす」

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 03:27:43.89 ID:csxgcBdKO

キョン「何故しりとりなんだ」

ハルヒ「だんちょう」

キョン「もういいよ」

ハルヒ「困った時のしりとりよ」

キョン「しりとりはそんなに万能じゃねぇ」

ハルヒ「じゃあ何すんの?」

キョン「む…」

ハルヒ「キョンが無能だから寝るわ」

キョン「勝手にしろ」

ハルヒ「おやすみ。せいぜい、寝付けなくて一人で苦しみなさい」

キョン「そういうお前はどうなんだ」

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン「はぁ…」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 03:34:13.11 ID:csxgcBdKO

キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン「…ハルヒ?」

ハルヒ「……」

キョン「寝たのか?」

ハルヒ「……」

キョン「おーい」

ハルヒ「……」

キョン「そっち向いていいか?」

ハルヒ「……」

キョン「よし。寝たなら勝手にやらせてもらう」

ハルヒ「……」

キョン「ハルヒ、起きてんだろ」

ハルヒ「……」

キョン「…正直に言わないと、襲っちまうぞ?」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 03:38:47.78 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「……」

キョン「…なーんてな。ハルヒ、起きてるのバレバレだ」

ハルヒ「……」

キョン「いい加減に、寝たふりやめろって」

ハルヒ「……」

キョン「ホントに襲うぞ」

ハルヒ「……」

キョン「…おーい…ハルヒー」

ハルヒ「……」

キョン「マジで寝たのか」

ハルヒ「……」

キョン「やれやれ…俺は一人で何やってんだか」

ハルヒ「……」

キョン「おやすみ、ハルヒ」

ハルヒ「……」

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 03:44:54.29 ID:csxgcBdKO

キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「……キョン?」

キョン「……」

ハルヒ「寝てる…わよね…」

キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「よ、よし」

キョン「……」

ハルヒ「起きたら…ぶっ殺すからね」

キョン「……」

ハルヒ「……」

ちゅっ

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 03:49:03.80 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「お、おやすみキョン!」

キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン「…ハルヒ」

ハルヒ「!!!」

キョン「今の柔らかい感触は何だ」

ハルヒ「あ、あああんた起きてたの!?」

キョン「まあな」

ハルヒ「ぅぐぁ…」

キョン「俺の推測が正しければ…」

ハルヒ「ば、バカ!!」

キョン「まだ何も言って無いぞ」

ハルヒ「言わなくていい!」

キョン「……」

キョン「そうだな。言わなくていいか。間違ってたら…恥ずかしいし」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 03:56:09.88 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「…!」

ハルヒ「な、何よ言いなさい!」

キョン「どっちなんだよ」

ハルヒ「早く!」

キョン「言わねーよ」

ハルヒ「むむ…」

キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「…キョン」

キョン「…何だ」

ハルヒ「何であたし達、同じベットで寝てるんだろうね」

キョン「……」

キョン「…さあな」

ハルヒ「何であたし達、寝れないんだろ」

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 04:02:15.94 ID:csxgcBdKO

キョン「…さあな」

ハルヒ「でも」

キョン「でも?」

ハルヒ「一つだけ、はっきりしてる事があるわ」

キョン「言ってみろ」

ハルヒ「あたしね」

ハルヒ「キョンとこうして一緒に居られて、嬉しい」

キョン「…!」

ハルヒ「何故か、すごく嬉しいの」

キョン「……」

キョン「…それ」

キョン「俺と同じだな」

ハルヒ「……」

キョン「俺も、嬉しいっつーか…」

キョン「ま、まあ、悪くはないな」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 04:06:46.13 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「…キョン」

キョン「どうした」

ハルヒ「今日ぐらい、いいよね」

キョン「な、何がだよ」

ハルヒ「バカ。甘えさせろって言ったのよ」

キョン「…俺はどうすれば?」

ハルヒ「こっち向きなさい」

キョン「ん」

ハルヒ「い、今から抱きしめるから」

キョン「どうぞ」

ハルヒ「……」

ぎゅ

キョン「……」

ハルヒ「…あっつい」

キョン「こんだけ密着してんだから、まあそうなるわな」

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 04:10:42.29 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「今、あたしの顔見たら死刑だから」

キョン「見ねえよ。ていうか見れないだろ」

ハルヒ「ん」

キョン「…ハルヒ」

ハルヒ「…何よ」

キョン「気付いてやれなくて、すまん」

ハルヒ「腹痛に?」

キョン「……」

ハルヒ「ばーか」

キョン「すまん。あの時は…どうかしてたんだ」

ハルヒ「信じていいの?」

キョン「ああ。今度は…信じていいぞ」

ハルヒ「じゃあ、行動で示してよね」

キョン「……」

キョン「…一回、顔上げてくれ」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 04:15:57.71 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「ば、バカ!窒息するとこだった!」

キョン「悪くはなかったろ」

ハルヒ「ま、まぁ…ね」

キョン「そうだ」

ハルヒ「…?」

キョン「ハルヒ特製、愛情たっぷりハンバーグ、美味かったぞ」

ハルヒ「!!」

キョン「出来れば、また作ってくれ」

ハルヒ「…ば、バカ」

キョン「照れるとそればっかりかよ」

ハルヒ「仕方ないでしょ!恥ずかしいの!」

キョン「ハルヒ、あったかい」

ハルヒ「なっ…」

キョン「柔らかくて。いい匂いだし」

ハルヒ「あっ…ちょっとキョン…?」

221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 04:19:09.81 ID:csxgcBdKO

キョン「ハルヒ…」

ハルヒ「ぅあ…きょ、キョンやめ…」

キョン「なーんてな」

ハルヒ「…え?」

キョン「なんだ、して欲しかったのか?」

ハルヒ「死ねっ!」

キョン「いだっ!」

ハルヒ「エロキョン!」

キョン「お、俺の息子が…」

ハルヒ「このまま再起不能にしてやるわ」

キョン「すまん!なんでも言う事聞くから!」

ハルヒ「ほう」

キョン「やべ…」

ハルヒ「言ったわね」

キョン「言っちまった…」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 04:23:46.41 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「じゃあ!」

ハルヒ「あたしと付き合いなさい!」

キョン「どこに?」

ハルヒ「あたし、勇気出したのになぁ」

キョン「すまん」

ハルヒ「で?どうなの?」

キョン「キスまでしといて、今更って感じだな」

ハルヒ「そうかも」

キョン「俺なんかでいいのか?」

ハルヒ「誰に聞いてんの?」

キョン「…すまん」

ハルヒ「…大好き」

キョン「い、いきなりだな」

ハルヒ「あれ?思ったより緊張せずに言えたわ」

キョン「照れずにの間違いだろ」

226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 04:29:42.76 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「強く抱きしめていい?」

キョン「どうぞ」

ハルヒ「ふふ、キョンの匂い」

キョン「……」

ハルヒ「足絡ませるわよ」

キョン「お、おい」

ハルヒ「何?」

キョン「理性が限界だ」

ハルヒ「頑張れ!キョンの理性頑張れ!」

キョン「マジでやばいって!」

ヴヴヴヴヴヴ

キョン「!!」
ハルヒ「!!」

キョン「で、電話?」

ハルヒ「誰から?」

キョン「…古泉だ」

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 04:36:52.41 ID:csxgcBdKO

キョン「出るぞ」

ハルヒ「うん」

ピ

『夜遅くにすいません』

キョン「切るぞ」

『困ります』

キョン「冗談だ」

『どうです?涼宮さんとはうまくいってますか?』

ハルヒ「!!」

キョン「べ、別に、いつも通りだ」

『嘘っぽいですね。もしかしてもう押し倒してたり』

キョン「切るぞ」

『すいません。本題に入ります。あなたに伝えたい事があるんです』

キョン「何だ?」

『長門さんと、朝比奈さんが酔っ払いました』

229 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 04:40:25.35 ID:csxgcBdKO

キョン「…は?」
ハルヒ「…え?」

『蝿?蝿ってなんですか蝿って』

ハルヒ「や、やば」

キョン「なんでもない!それより、酔っ払ったって?」

『ええ。でろでろのベロンベロンですよ。そこで、あなたに助けを乞こうかと』

キョン「具体的に?」

『今から、長門さんのマンションに来ていただけませんか?涼宮さんは別室ですよね?』

キョン「無理だ」

『ありがとうござ……って、ええ!?』

キョン「無理だと言ったんだ」

『頼みますよ。僕一人じゃ収集つかなくなってしまって…』

キョン「んな事言われてもな」

『そんな…』

キョン「運命は時に残酷なのだよ」

『……』

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 04:43:07.70 ID:csxgcBdKO

キョン「すまん。そういう事だ」

『ちょっと待って下さいよ…』

『古泉君!何やってんですかぁ!』

キョン「!!」
ハルヒ「!!」

『あ、朝比奈さん落ち着いて!今行きますから!』

『古泉君!涼宮さんとキョン君も呼んで来て下さい!』

『分かりました!だから落ち着いて……あっ』

キョン「……」
ハルヒ「……」

『長門さん!それは食べ物じゃないですよ!』

『古泉一樹も食べるべき』

『机をですか!?ちょ…朝比奈さんやめ…』

ブツリ

キョン「……」
ハルヒ「……」

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 04:48:06.21 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「有希が酔っ払うって…」

キョン「信じがたいな…」

ハルヒ「なーんか、見事にムード壊されたわね」

キョン「そうか?」

ハルヒ「そうよ」

キョン「抱いていいか?」

ハルヒ「えっ…」

キョン「普通の意味で」

ハルヒ「あ、ああ、そっちね」

キョン「当たり前だろ」

ハルヒ「いいわよ。でも、あんまり強くしちゃダメよ」

キョン「俺の理性が残ってる内は、な」

ハルヒ「変態」

キョン「ハルヒが悪い」

ハルヒ「あたしは悪くないわ」

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 04:51:20.31 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「ん…」

キョン「苦しいか?」

ハルヒ「大丈夫よ」

キョン「可愛い」

ハルヒ「!?」

キョン「あのお前が、こんなに甘えてくるとは思わなかった」

ハルヒ「…あんただけよ」

キョン「ありがとよ」

ハルヒ「バカ…」

キョン「ちくしょう可愛い」

ハルヒ「なっ…何言ってんのよ!」

キョン「俺の素直な気持ち」

ハルヒ「ぅ…」

キョン「お前、ホントに照れ屋さんだな」

ハルヒ「ぅ、うるさい…」

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 04:56:38.30 ID:csxgcBdKO

キョン「頭撫でられるのが好きとみた」

ハルヒ「…否定はしないわ」

キョン「お前さ」

ハルヒ「何?」

キョン「今もまだ遠慮してんじゃないか?」

ハルヒ「……」

キョン「今は、甘えていいって言ったろ」

ハルヒ「…だって」

キョン「だってもくそもあるか。ハルヒ、お前の好きにしていいんだ」

ハルヒ「…なんかあんたキャラ違うわよ」

キョン「そういうお前もな」

ハルヒ「……」

ハルヒ「…分かった」

キョン「お?」

ハルヒ「その…、茶化したりしないでよ?」

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 05:01:36.90 ID:csxgcBdKO

キョン「大丈夫だ」

ハルヒ「……」

ハルヒ「…キョン」

キョン「何だハルヒ」

ハルヒ「あんたの私物とか、真似したのあたしなの」

キョン「……」

ハルヒ「なんだか、同じ物をキョンが使ってると思うと…」

ハルヒ「なんだろ、うまく言い表せないや」

キョン「…やっぱりお前か」

ハルヒ「…お揃いよ?」

キョン「まあ、悪くはない」

ハルヒ「あんたさっきからそればっかり」

キョン「……すまん」

ハルヒ「謝らなくていいのに」

キョン「…!」

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 05:06:41.22 ID:csxgcBdKO

ハルヒ「どしたの?」

キョン「いや、なんでもない」

ハルヒ「キョンっ」

キョン「ぐ…、ちょっと苦しい…」

ハルヒ「離してあげないんだから!」

キョン「…好きにしろよ」

ハルヒ「へへ…」

キョン「ハルヒ、こっち見ろ」

ハルヒ「っ!?」

キョン「……」

ハルヒ「きょ……ん……」

キョン「……どうだ?」

ハルヒ「ずるいわ…こんなの…」

キョン「こうでもしないと、お前は素直にならないだろ」

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 05:10:31.44 ID:csxgcBdKO

―――
――


キョン「ハルヒ、眠いのか?」

ハルヒ「うん…ちょっとね」

キョン「寒くないか?」

ハルヒ「キョンが抱きしめてくれてるから大丈夫よ?」

キョン「…そういう事じゃなくてだな」

ハルヒ「ずーっと、離しちゃだめ」

キョン「はいよ」

ハルヒ「寝てる時も…ずっと…」

キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン「…おやすみ」

ハルヒ「……」

キョン「……」

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 05:14:44.29 ID:csxgcBdKO

翌日 部室



キョン「王手」

古泉「しまった」

キョン「お前弱すぎないか…」

古泉「こればっかりはどうにも出来ません」

みくる「ぅ…ふらふらします…」

ハルヒ「みくるちゃん…飲み過ぎよ…」

長門「二日酔い」

キョン「お前はぴんぴんしてんのな」

長門「あれぐらいなんて事はない」

古泉「……」

みくる「ふぇ…」

ハルヒ「だ、大丈夫?」

長門「……」パタン

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 05:16:32.47 ID:csxgcBdKO

キョン「今日は終わりか。じゃあ、俺は帰る」

ハルヒ「ま、待てっ!」

キョン「…?」

ハルヒ「あんたには…えっと、説教があるから残ってなさい!」

キョン「はぁ?何だよそれ」

古泉「では、お先に失礼します」

みくる「あ、あたしも…」

長門「……」

バタン



古泉「それにしても、部室でメイド服を着ていない朝比奈さんというのも、なかなか珍しいものでしたね」

みくる「今日は…ちょっと具合が…」

長門「……」

古泉「学校、無理して来る必要は無いんですよ?涼宮さんには、僕から言っておきますから」

みくる「ありがとう古泉君…」

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/07(月) 05:19:30.10 ID:csxgcBdKO

キョン「で?何の説教だ」

ハルヒ「みんな帰った?」

キョン「…ああ」

ハルヒ「ホントに?どっかに隠れてない?」

キョン「出ていくの、お前も見ただろ」

ハルヒ「ふー…」

キョン「……」

ハルヒ「…キョン!一緒に帰りましょっ!」

キョン「…!」

ぎゅっ



ハルヒ「大好き!」




終わり

254 名前: ◆D/WPxQ1tnA [] 投稿日:2009/09/07(月) 05:21:34.08 ID:csxgcBdKO

やあ、また俺なんだ
嫁氏じゃなくて悪かったんだぜ



それにしても……

朝になっちまったよ…



ありがとう
そしておやすみ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「なんだか尻穴が痒いわね」