佐々木「キョン、もうすぐ日本シリーズ第五戦が始まるよ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「キョン、2011年度日本シリーズ第一戦が始まるよ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/11/05(木) 17:56:43.61 ID:2bQgNuol0

「勝った方が王手か、今日の試合は今まで以上に重要だな」

「そうだね、まさに天王山というやつだ」

「昨日の負け方は良くなかったからな、なんとか流れを戻して欲しいぜ……」

「ふふ、僕としては昨日の流れそのままに展開して欲しいところさ」

「ま、せいぜい応援がんばるさ」

「うん、僕もしっかり応援しなければ」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 17:57:56.40 ID:2bQgNuol0

※このスッドレは『涼宮ハルヒの分裂』に登場した僕っ娘『佐々木さん』がファイターズを応援するスレです。
※原作『涼宮ハルヒの分裂』までのネタバレがあるかもしれません。アニメだけしか観ていない人はご注意ください。
※話の流れは実際の試合展開に順じます。
  → 日本テレビ系列の地上波などで視聴できるようです。

【主な登場人物】
 ・佐々木さん:北海道日本ハムファイターズファン
 ・キョン:読売ジャイアンツファン

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 18:00:39.83 ID:2bQgNuol0

「そういやワールドシリーズってどうなったんだろうな」

「ふむ、仄聞したのだが、今日ヤンキースが優勝を決めたのだそうだ」

「あの松井が三安打六打点の活躍をしたのだそうだよ」

「すげえな、大活躍じゃねえか」

「一試合六打点は大リーグ記録タイとも聞いたね」

「松井がこの場にいてくれたらな……」

「僕としては考えたくない状況だね……」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 18:03:42.08 ID:2bQgNuol0

一回表 巨0−0公 一死一塁 P:ゴンザレス
賢介 一ゴ
糸井 よんたま

「ふむ、そちらの先発は中四日のゴンザレスか」

「ま、第一戦で仕事してくれたからな。原も期待してるんだろ」

「あの試合はあと一本が出ていなかった。今日は違ってくれるといいのだがね」

「稲葉の前にランナーが出ちまったか。あんまりいい流れじゃねえな」

「ふふ、稲葉さんに期待しなくてはね」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 18:06:20.44 ID:2bQgNuol0

一回表 巨0−0公 一死三塁 P:ゴンザレス
稲葉 (糸井盗塁成功 → WP糸井三進) ※原監督抗議

「さっそくピンチじゃねえか!」

「さっそくの先制機だねっ!」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 18:09:08.54 ID:2bQgNuol0

一回表 巨0−0公 二死三塁 P:ゴンザレス
稲葉 からさん

「ああっ!」

「よくやった!」

「こちらには、まだ好調の信二が控えているよ」

「あと一つ、頼むぞゴンザレス!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 18:12:44.31 ID:2bQgNuol0

一回表 巨0−0公 チェンジ三塁残塁 P:ゴンザレス
信二 遊ゴ

「ああ……」

「初回から冷や汗かいたぜ……」

「ふむ、冷や汗ということはキョンは寒いのだね。ならば僕が温めてあげよう」

 佐々木、冷や汗の意味くらいわかってるだろ。なんで外国人みたいな勘違いしてんだよ……。

 ま、口答えしてもあとがうるさいだろうから、抵抗はしないけどな。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 18:14:50.77 ID:2bQgNuol0

一回裏 巨0−0公 二死 P:藤井
坂本 遊ゴ
松本 遊ゴ

「そっちは藤井か」

「うん、予定通りの登板だろうね」

「キャッチャーは鶴岡じゃないのか……」

「藤井の登板試合は大野がマスクを被るのだよ。……しかし、キョン、なぜ残念そうなのだい?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 18:17:22.66 ID:2bQgNuol0

一回裏 巨0−0公 チェンジ P:藤井
小笠原 からさん

「うん、藤井の立ち上がりは上々のようだね」

「CSの時みたいな出来だな」

「キョン、それは藤井が勝ち投手となる意味で捉えておくよ」

 俺としては突然崩れてくれることを期待してるんだがな……。

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 18:19:59.29 ID:2bQgNuol0

二回表 巨0−0公 無死一塁 P:ゴンザレス
スレッジ ニエラー出塁

「おいおい、なにやってんだよ古城」

「ふふ、運はまだこちらにあるようだね」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 18:21:43.85 ID:2bQgNuol0

二回表 巨0−0公 無死一ニ塁 P:ゴンザレス
小谷野 左安

「やったやった! さっすが小谷野だね!」

「またピンチじゃねえか……」

「下位打線ではあるが、是非とも先制して欲しいね!」

 佐々木、「あと一本が出れば」って台詞は禁止な。

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 18:24:41.16 ID:2bQgNuol0

二回表 巨0−0公 一死一三塁 P:ゴンザレス
ニ岡 遊ゴ(併殺崩れ)

「ふむ、ニ岡はよく走ったね」

「こいつ怪我してたんだろ?」

「うん、怪我を抱えての力走なのだ。褒められこそすれ、責めることはできないよ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 18:28:12.77 ID:2bQgNuol0

二回表 巨0−0公 ニ死一三塁 P:ゴンザレス
大野 からさん(ハーフスイング)

「ああ……」

「よし、これで無失点も見えてきたな」

「大野も鶴岡も打撃がよくないのだ」

「まぁ今のスイングじゃあな」

「鶴岡はいいときに打ってくれるイメージもあるのだが、大野はまだまだなのだよ」

「坂田師匠にはボテボテのタイムリーもあるしな」

「キョン、賛辞として受け取るよ……」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 18:31:55.60 ID:2bQgNuol0

二回表 巨0−1公 チェンジ一ニ塁 P:ゴンザレス
藤井 三タイムリーエラー!
賢介 中飛

「よし、サード正面だ――って、なにやってんだよ……」

「ふふふ、一回に二つのエラーとは、まさに流れはこちらにあるね!」

 まずいな、佐々木の悲観視が俺に乗り移ってしまいそうだ……。

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 18:38:08.66 ID:2bQgNuol0

二回裏 巨0−1公 ニ死 P:藤井
ラミレス 中飛
亀井 一ゴ

「くそっ、あと一伸び足りなかったな」

「ふぅ……、外野フライだというのにこの緊張感はなんだろうね」

 ソファーでベタベタしてる奴が、緊張感を引き合いに出すんじゃない。

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 18:41:39.52 ID:2bQgNuol0

二回裏 巨0−1公 チェンジ P:藤井
谷 遊ゴ

「うんうん! 今日の藤井くんは安定してるね!」

「CSの時も三回までパーフェクトだったな」

「ふふ、キョン、CSはもう終わってしまったのだよ」

 そんなことは百も承知だっての。

 ただな、ファンとしては逆転の予兆を期待するのが普通なんだよ。

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 18:45:00.70 ID:2bQgNuol0

三回表 巨0−1公 無死一塁 P:ゴンザレス
糸井 中安

「うんっ! 糸井も好調を維持しているね!」

「稲葉の前にランナーが出ちまったか」

「ここニ試合ほど調子を落としているけれど、ここは続いてくれるはずだよっ!」

 佐々木、その自信はどこから来るんだ。

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 18:46:57.61 ID:2bQgNuol0

三回表 巨0−1公 チェンジ P:ゴンザレス
稲葉 中飛(糸井盗塁失敗)
信二 一邪飛

「ううむ、惜しいね……」

「阿部の投げたコースが良かったな」

「リスクは承知の上だからね。これは仕方ないさ」

「稲葉も凡退か」

「それも……、仕方ないさ……」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 18:53:07.52 ID:2bQgNuol0

三回裏 巨0−1公 ニ死ニ塁 P:藤井
阿部 二ゴ
古城 中安
ゴンザレス 犠打

「しかし、左の先発に対して左の古城とはね。巨人の選手層であれば右くらいいるのでは?」

「セカンド守れる右は、キムタクだからな」

「なるほど、ならば合点がいくよ……」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 18:58:08.07 ID:2bQgNuol0

三回裏 巨0−1公 チェンジ二者残塁 P:藤井
坂本 よんたま
松本 左邪飛

「フォアボールか、まずまずだな」

「坂本には長打があるけれど、しぶといバッティングをする松本も怖い存在だね」

「ここでなんとか追いついて――あー、打ち上げちまったか」

「ここは助かったね。藤井もよく踏ん張ったよ」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 19:03:08.89 ID:2bQgNuol0

四回表 巨0−1公 一死 P:ゴンザレス
スレッジ からさん

「スレッジには選球眼の良さがあるのだが、落ちる球に手を出してしまうのだ」

「なるほどな、おかげで助かったぜ」

「ふふ、しかしながら勘のよさも併せ持っている。侮っていると危険だよ」

 佐々木、怖い顔はやめろ。

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 19:07:24.11 ID:2bQgNuol0

四回表 巨0−1公 チェンジ三塁残塁 P:ゴンザレス
小谷野 中二
ニ岡 二ゴ(進塁打)
大野 右飛

「小谷野ってすげえな……」

「四月は四番を打っていたほどだからね。力はあるのだよ」

「そんな奴が七番ってどんだけだよ」

「キョン……、僕にとっては阿部の七番の方が驚きなのだがね……」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 19:12:59.09 ID:2bQgNuol0

四回裏 巨0−1公 一死一塁 P:藤井
小笠原 左飛
ラミレス 左安

「よし、ナイスヒットだラミレス!」

「しかし、キョン……」

「どうした? 佐々木」

「ヒットを打ちながらも、解説にダメを出されるラミレスとはすごい存在なのだね……」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 19:18:22.39 ID:2bQgNuol0

四回裏 巨0−1公 チェンジ一塁残塁 P:藤井
亀井 中飛
谷 からさん

「やったぁ! ナイスピッチングだよっ!」

「亀井の当たりも悪くなかったんだがな……」

「ふふ、ファイターズの野球が活きているね。昨日梨田監督が言っていた守りの野球という奴さ」

 お前のテンションは守りじゃなくて、ガンガンいこうぜって感じだけどな。

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 19:26:40.13 ID:2bQgNuol0

五回表 巨0−1公 チェンジ P:ゴンザレス
藤井 遊ゴ
賢介 左飛
糸井 からさん

「ゴンザレスの調子も戻ってきたみたいだな」

「そうだね、多少球は荒れているようだが、立ち直ってしまったようだ」

「中四日だってのに、がんばtってくれてるぜ」

「そんなにがんばらなくてもいいじゃないか……」

「なに言ってんだ、昔は日本シリーズ四連投とか当たり前だったんだぞ?」

「キョン……、時折キミが何歳なのか判らなくなってしまうよ……」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 19:30:39.94 ID:2bQgNuol0

五回裏 巨0−1公 一死一塁 P:藤井
阿部 からさん
古城 中安
ゴンザレス

「ボールが先行しがちではあるが、藤井は粘り強く投げているね」

「このままだとマズいな……」

「ふむ、古城にヒットが出てしまったか。ここは代打が――」

「ゴンザレス続投か」

「なるほど、犠打狙いなのだね。できれば代わって欲しかったのだが……」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 19:35:54.95 ID:2bQgNuol0

五回裏 巨0−1公 チェンジニ塁残塁 P:藤井
ゴンザレス 犠打
坂本 中飛

「これはゴンザレスを褒めるべきだね……」

「ツーストライクからいいバントしたな。よくやったぞ!」

「次は坂本――ひぃっ!」

「くそっ! あと一伸びが……」

「はは……、なんとも緊張感のある試合展開ではないか……」

 相変わらずソファーでベタベタしてるお前だが、そこまで引きつった顔をされると緊張の色を感じずにはいられないな。

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 19:42:10.52 ID:2bQgNuol0

六回表 巨0−1公 ニ死 P:ゴンザレス
稲葉 遊ゴ
信二 一ゴ

「ううむ……、稲葉さんの調子が心配だね……」

「昨日今日と当たりが出てないな」

「チームの精神的な支柱でもあるのだ。なんとしても奮起して欲しいね」

 お前の精神的支柱でもあるっぽいがな。

 ……あれ? そいうやここ最近、稲葉が凡退しても佐々木が落ち込んでないな。心境の変化でもあったのか?

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 19:45:05.90 ID:2bQgNuol0

六回表 巨0−1公 チェンジ P:ゴンザレス
スレッジ 一ゴ

「ふむ、またしても三者凡退とはね」

「流れが拮抗してきたな」

「そのようだね。次の一点が勝負の分かれ目になるのだろう……」

「円陣組んだんだ。巨人がやってくれるはずだ」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 19:47:38.52 ID:2bQgNuol0

六回裏 巨0−1公 一死 P:藤井
松本 遊ゴ(ニ岡好守!)

「くそっ! 惜しい!」

「ファイト溢れるプレイだったね。ニ岡も良く守ったが、松本の走塁も賞賛に値するよ」

「これで奮起してくれるといいんだがな」

「僕としてはこのままの展開が続いて欲しいよ……」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 19:54:02.44 ID:2bQgNuol0

六回裏 巨0−1公 チェンジ一塁残塁 P:藤井
小笠原 二ゴ
ラミレス 中安
亀井 一邪飛

「へくちっ!」

「佐々木、風邪でも引いたか?」

「いや、風邪ではないのだが……」

 風邪を否定した佐々木ではあったが、何かを思いついたのか、ニンマリとした笑みを浮かべている。

「今朝から寒気が取れないのだ。これは風邪の兆候であるかもしれない」

「なんだよ、大変じゃねえか。毛布でも取ってくるか?」

「いや、それには及ばないよ。キョンが――」

 あろうことか佐々木は、俺の脚の間に腰を下ろしてきた。なにやってんだよ……。

「キョンがこうして僕をあたためてくれればね」

 不適な笑みを浮かべる佐々木は、自身の背中を抱くように指示している……。なんの罰ゲームだよ、これは……。

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 19:57:38.23 ID:2bQgNuol0

七回表 巨0−1公 チェンジ P:ゴンザレス
小谷野 中飛
ニ岡 一直
大野 右飛

「佐々木、寒くないか……?」

「ふふ、キョンのおかげであったかいよ」

 佐々木が喋るたびに甘い香りのする髪が、俺の顔をくすぐってくる。

 まったく、俺は恥ずかしくて死にそうだよ……。

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 20:04:55.97 ID:2bQgNuol0

七回裏 巨0−1公 チェンジ P:藤井
谷 三ゴ
阿部 死球
古城 二併殺

「くそっ! 阿部になんて球――」

「キョン、あまり大きな声を出さないでくれたまえ。キョンの声は僕の耳に直接響いてしまうのだ」

「ああ、すまん佐々木……」

「うん、その優しい声でいてくれると僕もありがたいよ」

 こ、これは体調の悪い佐々木を気遣っているだけであって、決して佐々木の尻に敷かれているわけじゃないんだからな!

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 20:10:56.01 ID:2bQgNuol0

八回表 巨0−1公 ニ死 P:ゴンザレス → 山口
藤井 → 鶴岡 みのさん
賢介 中飛(松本好守!)

「ここで鶴岡とはね……」

「坂田師匠って打撃良くないんだろ? キャッチャー代えるなら森本でも良かったんじゃないか?」

「稀哲を出してしまうと、スレッジか稀哲のどちらかを下げなければならないのだ」

「今の場面ではどちらの選択肢も欲しい。梨田監督もその辺り、迷っていたのではないかな」

「なるほどな……」

 しかし、佐々木。こんな恥ずかしい体勢で、よく冷静な判断ができるもんだな。感心するぜ……。

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 20:13:24.97 ID:2bQgNuol0

八回表 巨0−1公 チェンジ P:山口
糸井 中飛

「しかし、センター方向へのフライは安打になる気がしないね」

「松本はよく守ってるぜ。糸井や稲葉にも負けてねえと思うぞ」

「まぁレフトがアレだからな……」

「キョンがネガティブな発言をするとは、相当追い詰められているのだね……」

 佐々木、お前も俺を追い詰めてるんだからな……。

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 20:17:48.19 ID:2bQgNuol0

八回裏 巨0−1公 無死一塁 P:建山
ゴンザレス → 寺内 → スンヨプ 死球(代走:鈴木尚)

大野 → 建山(投)
ニ岡 → 飯山(遊)

「ふむ……、ここでノーアウトのランナーとはね……」

「ここで追いついてくれよ! 頼む!」

「キョン、大きな声を出さないでくれたまえ。病人への気遣いが感じられないぞ」

 お前には俺への気遣いが感じられないんだよ……。

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 20:21:58.64 ID:2bQgNuol0

八回裏 巨0−1公 一死ニ塁 P:建山
坂本 からさん(鈴木尚盗塁成功!)

「くそ……、三振かよ……」

「盗塁を決められてしまったのは厳しいが、ここはよく抑えたね」

「ワンナウト三塁だったらまだわからなかったんだがな……」

「ふふ、キョンの優しい声が間近に聞けるとは、病気にもなってみるものだね」

 佐々木、お前の上機嫌もこれまでだからな……。

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 20:25:31.10 ID:2bQgNuol0

八回裏 巨0−1公 一死三塁 P:建山 → 林
松本 → 大道 (牽制悪送球)

「よし、流れが転がり込んできたな」

「ふむ……、よくない流れだね……」

142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 20:32:50.92 ID:2bQgNuol0

八回裏 巨1−1公 一死一塁 P:林
大道 右タイムリー!(代走:脇谷)

「よしっ、ナイスだ大道」

「牽制からの流れが悪すぎだね。一点は仕方ないよ、この次だ」

「三塁じゃなければセカンドライナーだっただろうしな、ラッキーとしかいいようがないぜ」

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 20:37:29.06 ID:2bQgNuol0

八回裏 巨1−1公 ニ死一塁 P:林
小笠原 中飛

「惜しいな、角度はよかったんだが……」

「僕もヒヤリとしてしまったよ」

「あと一点、なんとかもぎ取ってくれ……っ!」

 しかし、佐々木を抱えているからとはいえ、大声を出せないのは辛いな……。

 勝負を決める場面だってのに、もどかしいぜ……。

167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 20:42:31.36 ID:2bQgNuol0

八回裏 巨1−1公 チェンジ一塁残塁 P:林
ラミレス 中飛

「くそっ、結局一点止まりか……」

「追いつかれてしまったとはいえ、あの流れで一点なのだ。及第点だよ」

「延長に入るかもな」

「日本シリーズは十五回まで続くのだそうだよ。楽しみでもあるね」

 この体勢で十五回なんて、ある意味で拷問だぞ。恥ずかしくて死んでしまう……。

189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 20:45:55.33 ID:2bQgNuol0

九回表 巨1−2公 一死 P:山口
稲葉 からさん
信二 右ホームラン!

鈴木尚 (中)
脇谷 (ニ)

「稲葉さんが空振り三進とはね」

「稲葉には助けられてるな。次の高橋には注意だぜ……」

「信二は調子がいいからね、ここは期待できる――おおー! すごい! 入っちゃったよ!」

「おいおい、マジかよ……」

「ふふ、さすが四番だねっ! いい仕事をするよ!」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 20:50:32.10 ID:2bQgNuol0

九回表 巨1−2公 ニ死一塁 P:山口
スレッジ 一ゴ
小谷野 よんたま

 くそっ、最悪な点の取られ方じゃねえか……。せっかく追いついたのに……っ!

「んあっ!」

「すまん、佐々木。大丈夫か?」

「……キョン、そんなに力強く抱きしめないでくれ……。さすがの僕も少し恥ずかしい」

 佐々木、お前まで俺を追い詰めないでくれ……。

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 20:54:11.87 ID:2bQgNuol0

九回表 巨1−2公 チェンジ一塁残塁 P:山口
飯山 投ゴ

「ここで勝ち越せたのは大きいね! 久が抑えれば王手だよ!」

「点差は一点だろ? 武田久が出てくるとはいえ、、試合はまだわからないからな」

「うむ、緊張の投手戦をゆっくりと堪能しようじゃないか」

 お気楽なお前が言っても、説得力皆無だからな……。

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 20:55:52.75 ID:2bQgNuol0

九回裏 巨2−2公 一死 P:武田久
亀井 右ホームラン!
谷 右飛

「え?」

「おいおいおい、マジかよ……っ!」

「そ、そんな……、久が打たれるなんて……」

 佐々木にもやっと緊張感が戻ってきたな。

274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 20:59:01.24 ID:2bQgNuol0

九回裏 巨3x−2公 試合終了 P:武田久
阿部 右サヨナラホームラン!

「…………」

 さすがの佐々木も放心状態だ。喜びたいところだが、何か声を掛けてやるべきなんだろうか。

「………………ぇぇー」

 佐々木、お前も女の子なんだから、もう少しかわいいことを言ってもバチは当たらないと思うぞ……。

307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 21:07:44.07 ID:2bQgNuol0

「ま、今日の試合はめちゃくちゃだったな」

「昨日の敗戦を引きずりながらも、八回裏で流れを引き寄せられてしまったね……」

「九回表のホームランで決まったかと思ったけどな」

「僕も決まったと思ったさ……、しかし、敗戦は敗戦だ。次から切り替えなくてはね」

「そうだな。それじゃ今日も家まで送ってくぞ」

「やだ……」

「どうした? 佐々木」

「もう少し……こうしてたい……」

 劇的な勝利だっただけに、敗戦側のショックは計り知れないものがあるんだろうな。

 わかったよ、佐々木。死ぬほど恥ずかしいが、もうしばらくこのままでいてやるよ。――お前の気が済むまでな。

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/05(木) 21:16:28.56 ID:2bQgNuol0

お疲れ様でした!

あまりにも劇的な展開に、実況を忘れ放心してしまったほどです。
勝ちを計算できる展開だっただけに、日ハムにとっては痛い敗戦でしたね。

語彙の少なさから、同じような言葉の繰り返しとなることが心苦しいのですが、
毎試合本当にすさまじい展開の連続で、明後日の試合にも期待してしまいます!

最後になりましたが、ご支援ありがとうございました。
佐々木ちゃんとキョンの甘甘野球観戦も架橋です。二人に幸せが訪れることを祈って、また次回もよろしくお願いいたします!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【艦これ】 島風「ちょっと提督!」