ハルヒ「最近みくるちゃん、来ないわね」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:まる子「安価で誰かを巴川に沈めるよ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 18:37:34.36 ID:fYnGDYUv0

ハルヒ「もう三日よ、三日! みくるちゃんがいないとつまんない!」

キョン「仕方ないだろ、風邪なんだから」

ハルヒ「お見舞いに行こうとしても、絶対に来ないで、なんて言うし…」

キョン「朝比奈さんのことだ。風邪をうつしてしまったら悪いと思ってるんだろう」

ハルヒ「んー…まぁ、あたしはキョンと違って馬鹿じゃないから、風邪をひく可能性もあるけどさ」

キョン「お前なぁ」

ハルヒ「SOS団の中で風邪をひく心配がないのは、あんただけよね」

キョン「へーへー、そうかい」

ハルヒ「それにしても心配だわ。古泉くんも、心配よね?」

古泉「ええ、とても心配です」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 18:38:58.29 ID:fYnGDYUv0

古泉「なんて話を今日、部室でしていたのですよ」

みくる「……っ…」

古泉「みなさん、朝比奈さんのことを心配しているようです」

みくる「な、なら…」

古泉「僕も、心配していると言ったんです」

みくる「………」

古泉「だって、あなたは人気者だから…いつか僕から離れていくかもしれない」

みくる「…ぅぅ…」

古泉「そんなの、僕は耐えられません」

みくる「…で、でも…あたし、いつかは未来に…」

古泉「大丈夫です。そんなこと、僕がさせませんから!」 にこっ

みくる「……無理、ですよ…」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 18:41:20.69 ID:fYnGDYUv0

古泉「あなたが未来に帰るなんて絶対に嫌です」

古泉「ずっと僕と一緒にいましょう」

みくる「………」

古泉「あなたは僕が守ります!」

みくる「…お家に…、お家に、帰して…」

古泉「どうしてですか? ずっと僕の傍に居れば、安心なんですよ」

みくる「…や…」

古泉「僕は…あなたのことが好きなんです」 ぎゅっ

みくる「古泉く…」

古泉「もう、僕にはあなたしか…」

みくる「………」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 18:43:33.07 ID:fYnGDYUv0

古泉「晩御飯作りますね! 待っててください」

みくる「あ…あの…せめて、この手錠を…」

古泉「だめです。その手錠を取ってしまったら、あなたはどこかへ行ってしまうのでしょう?」

みくる「行かないよ、行かないっ…」

古泉「嘘だ」

みくる「ひっ…!」

古泉「どこへ行く気なんですか? 逃げるんですか? 僕から?」

みくる「や、やめてっ! 包丁を向けないでぇ!」

古泉「………」

みくる「どこにも行かないからぁ…ひっく…」

古泉「泣かないでください」 カランッ

みくる「ひぃっ!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 18:44:32.69 ID:fYnGDYUv0

古泉「あなたを傷つけたりはしません」

みくる「…ぅっ……」

古泉「無理に取ろうとしたんですか? 手首に傷がついているじゃないですか」

みくる「………」

古泉「…だめですよ。傷をつけたりしては」 なでなで

みくる「ご…ごめんな、さい…」

古泉「消毒をしなければね。手錠を外します」

みくる「はい…」

古泉「本当に、どこにも、行かないですか?」

みくる「……! 行きません。行かない、から…」

みくる「(そんな寂しそうな目で…あたしを見ないで)」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 18:46:22.51 ID:fYnGDYUv0

古泉「包帯を巻いて…、出来ました」

みくる「………」

古泉「早く治るといいですね」 にこっ

みくる「…う…うん…」

古泉「あなたは美しい人なんですから。傷は似合いませんよ」

みくる「………」

古泉「もう、無理に取ろうとしないでくださいね」 ガシャ

みくる「……はい…」

古泉「ふふ。では、今度こそ晩御飯作りますね」

みくる「………」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 18:49:52.35 ID:fYnGDYUv0

古泉「あーん、してください」

みくる「じ…自分で食べたい、です」

古泉「あーん」

みくる「……あ…あーん…」

古泉「美味しいですか?」

みくる「…お、美味しい、です…」

古泉「昨日のと、どっちが美味しいですか?」

みくる「わ、分かんな…いえ、ど、どちらも美味しい…です」

古泉「本当ですかっ!?」

みくる「………」

古泉「嬉しいです。朝比奈さんに褒めていただけるなんて」

古泉「明日はもっと美味しくなるよう、頑張りますねっ」

みくる「…頑張って、ください」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 18:51:44.09 ID:fYnGDYUv0

古泉「あ、そうだ。明日は一緒に学校に行きましょう」

みくる「学校…! 行けるんですか!?」

古泉「あまり長いこと休むと、涼宮さんがうるさいですから」

古泉「本当は、行かせたくないんですけど…しょうがないです」

みくる「…はぁ……」

古泉「一緒に登校して、一緒に下校しましょうね!」

みくる「う…あ、その…」

古泉「? どうしました?」

みくる「い、いえ…なんでも…」

古泉「三日振りの学校ですから、お風呂に入って綺麗にしていかないといけませんね」

古泉「あなたはお風呂になんて入らなくても、十分綺麗なんですが」 くすくす

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 18:56:43.76 ID:fYnGDYUv0

みくる「え…? 今、なんて…」

古泉「ですから、脱いでください。一緒に入りましょう」

みくる「す、すみません…意味が、よく…」

古泉「あなたの体は僕が洗いますから」

みくる「…そんなの絶対に嫌ですよっ、何を言って…」

古泉「早く。脱いでください。無理やり脱がせてもらいたいんですか?」

みくる「ひっ…!」

古泉「大丈夫ですよ。きちんと隅々まで洗いますからっ」 にこっ

みくる「………」

古泉「………」 にこにこ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 19:03:40.14 ID:fYnGDYUv0

ごしごし

みくる「………」 びくびく

古泉「もっとリラックスしてはいかがですか? 折角のお風呂なんですから」

みくる「で、できません…」

古泉「…背中まで美しいんですね、あなたは」 すっ

みくる「……ひぃ…」

古泉「本当に、美しいです」 ぎゅっ

みくる「ひゃあぁっ! や、やめて…!」

古泉「大丈夫です。変な気は起こしませんから」

古泉「こうしてあなたを抱きしめるだけで…僕は幸せなんです」

みくる「古泉くん…」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 19:09:38.18 ID:fYnGDYUv0

古泉「本当に風邪をひいてしまわないように、髪を乾かさなければいけませんね」

みくる「………」

古泉「僕がやりますから、座ってください」

みくる「……あ、ありがとう…」

古泉「熱かったら、言ってくださいね」 ぶお〜ん

みくる「本当に、なにもしませんでしたね…」

古泉「なにがですか?」

みくる「お…お風呂、で…」

古泉「ふふ。なにか期待をされていたのですか?」

みくる「し、してないですっ!」

古泉「本当ですか? 怪しいですねぇ」

みくる「してない…です…」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 19:17:03.74 ID:fYnGDYUv0

古泉「あなたを汚したくありませんので」

みくる「………」

古泉「あなたには、ずっと美しい姿で居て欲しい」

古泉「ずっと。ずっと、僕の朝比奈さんで…」

みくる「(こ…怖い…)」

古泉「ふふ。汚したくはないですが、抱きしめるくらいは、いいですよね」

みくる「え…っと」

古泉「愛しています、朝比奈さん」

古泉「朝比奈さんも、僕のこと、愛してくれていますよね?」

みくる「…ぅ…あ…」

古泉「………」 にこっ

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 19:26:35.68 ID:fYnGDYUv0

古泉「寝るときは、僕の右手と朝比奈さんの左手を繋げましょうね」 ガシャ

みくる「今日は…ね、寝るんですか…?」

古泉「さすがに三日も寝ないというのは、キツいですから」

みくる「…寝るときぐらいは、と、取りませんか?これ」

古泉「嫌です」

みくる「ひっ…」

古泉「いつもこうやって、繋がっていられたらいいのにな」

古泉「本当に、ずっと傍にいられるのに」

みくる「………」

古泉「なんて…さすがに寝るときくらいしか無理ですよね、これは」

古泉「朝比奈さん、小さい手ですね。ふふ、可愛らしいです」 ぎゅう

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 19:30:31.78 ID:fYnGDYUv0

みくる「………」

古泉「おやすみなさい、朝比奈さん」

みくる「お…おやすみ…なさい…」

古泉「………」 ぎゅっ

みくる「く、苦しいですよ…古泉くん」

古泉「………」

みくる「寝ちゃった、の…?」

古泉「………」

みくる「(逃げられない…かな…今のうちに)」

古泉「朝比奈…さん…」

みくる「………」

みくる「古泉くん…どうして、こんなことをするの…?」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 19:35:25.88 ID:fYnGDYUv0

・・・

みくる「……ん…」

古泉「起きましたか? おはようございます」

みくる「あたし…いつの間に、寝て…」

古泉「気持ち良さそうに寝ていましたよ」

みくる「………」

古泉「朝食を作りますね」

みくる「か、顔…洗っていいです、か」

古泉「新しい歯ブラシがそこの引き出しにありますので。良ければお使いください」

みくる「…ありがとう、ございます」

古泉「ふふ。かまいませんよ。それはあなたの歯ブラシにしますから」

みくる「……あたし…の…」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 19:42:12.22 ID:fYnGDYUv0

ハルヒ「みくるちゃんっ! 体はもう平気なの?」

みくる「は…はい、大丈夫です…心配をかけてしまって、すみません…」

ハルヒ「いいのよ別に! まだ元気ないみたいだけど、大丈夫なの?」

みくる「ぜ、全然…」

キョン「顔色も悪いですよ」

みくる「ほんと、大丈夫ですから」

キョン「ちょっと失礼します。熱は…」 ぴとっ

みくる「…っ! ひえっ!」

ハルヒ「こら、キョン! みくるちゃんのおでこを触らないのっ! 嫌がってるじゃない」

キョン「手で少し触れただけなのに…ショックだ…」

みくる「ち、違っ…! い、嫌とかじゃなくて…、そのぉ」

古泉「………」 にこにこ

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 19:48:55.31 ID:fYnGDYUv0

みくる「ごめんなさい、ちょっとびっくりしちゃって…」

キョン「すみません」

みくる「ううん。いいの…ありがとう、キョンくん。えへへ」

ハルヒ「さ、みくるちゃん! 久々にお茶を淹れてちょうだい」

みくる「はぁい」

古泉「………」

キョン「どうした? 今日はやけに静かだな」

古泉「そうですか? 普通ですよ」

キョン「お前も朝比奈さんが来てくれたことにもっと喜べ」

古泉「ふふふ」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 19:57:50.75 ID:fYnGDYUv0

・・・

バァンッ

みくる「ひっ…!」

古泉「どうして彼に触れられて、嬉しそうにしているんですか」

みくる「う…嬉しそうになんて…してな、」

古泉「彼に微笑んでいたじゃないですか」

みくる「そ、それは…だって…」

古泉「朝比奈さんは僕の朝比奈さんなのにっ…」

みくる「うぐっ!…く、くるし…」 ぎりぎり

古泉「他人に触れられたくない…朝比奈さんは、僕の…」

みくる「…こ、いず……ぅあ…」 ぎりぎり

古泉「……あ…」 ぱっ

みくる「げほっ!…げほ、げほっ…」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 20:04:04.77 ID:fYnGDYUv0

古泉「朝比奈さんっ! だ、大丈夫ですか!」

みくる「ぜえ、ぜえ…げほっ…」

古泉「ご…ごめんなさい…ごめんなさい…」 ぎゅっ

みくる「はぁ……はぁ……」

古泉「朝比奈さん…ごめんなさいっ…」 ぎゅうぅ

みくる「…大丈夫、だから…古泉…くん」

古泉「傷、傷…ついてませんか、跡…」

みくる「………けほ…」

古泉「好きです、好きです…朝比奈さん…」

みくる「………」

古泉「ずっと…僕の傍に…」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 20:08:59.76 ID:fYnGDYUv0

・・・

ハルヒ「今日の班分けは、みくるちゃんとキョン」

ハルヒ「あたしと有希と古泉くんね!」

みくる「………」

キョン「よっしゃ」

ハルヒ「キョン、デートじゃないんだからね」

キョン「分かってる。というか聞き飽きた言葉だ、それ」

ハルヒ「じゃ、また後でね! ちゃんと探すのよ!」

古泉「また、後で」 にこっ

みくる「…っ…」 びく

キョン「?」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 20:14:08.05 ID:fYnGDYUv0

みくる「………」

キョン「…まだ具合、悪いんですか?」

みくる「えっ?」

キョン「いや、なんだか元気なさそうだったんで」

みくる「そ…そうかな。大丈夫ですよ?」

キョン「何かあったんですか? 何もないなら、それでいいんですけど」

みくる「…キョン…くん」

キョン「はい」

みくる「あ、たし…あたし、ね…古泉くん…古泉くんに…」

キョン「古泉が…どうかしました?」

みくる「…古泉…くんに」

みくる「(あれ…なんでだろう、言えない…)」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 20:17:51.59 ID:fYnGDYUv0

キョン「朝比奈さん?」

みくる「…ううん、なんでも…ないの」

キョン「なんでもなかったら、泣かないでしょう」

みくる「え…? あ、あれ。どうしてかな」 ぽろぽろ

キョン「とりあえずハンカチを」

みくる「…ありがと…、うぅっ…」

みくる「(あたしは、古泉くんのことを、どう思っているんだろう)」

みくる「(分かんない…どうして、分かんないのかな)」

キョン「………」

みくる「ひっく…ぅぅぅ…」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 20:23:44.68 ID:fYnGDYUv0

・・・

古泉「…どうして泣いた後のような目をしているんですか?」

みくる「ちょ…ちょっと、目にゴミが入っちゃって…」

古泉「彼、ですか?」

みくる「…違います…」

古泉「彼になにか嫌なことをされたのなら、すぐに言ってくださいね」

みくる「キョンくんは、関係ないです」

古泉「では、もしも彼になにか嫌なことをされたときは、すぐに言ってくださいね」

古泉「すぐに彼を殺します」 にこっ

みくる「……!」 ぞっ

古泉「なんて、彼を殺せるわけがないんですけどね」

古泉「彼は涼宮さんの鍵なんですから」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 20:27:10.02 ID:fYnGDYUv0

>>63
マジで?ネタ被りごめん

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 20:35:51.77 ID:fYnGDYUv0

みくる「そ…そうです…それに、そんなことしちゃ…」

古泉「でも、あなたがひどいことをされてしまったときは、そんなこと関係ありません」

古泉「彼をこの世から消してみせますよ、僕は。あなたの為に」

みくる「…そんな…」

古泉「…そんなに怯えないでください。冗談ですよ」 ぎゅっ

みくる「…あっ…」

古泉「あなたのことを傷つける人は許さない、というのは本当ですが」

みくる「古泉くん……」

古泉「手、繋いで帰りませんか?」

みくる「………」

古泉「…ダメ、でしょうか」

みくる「…ううん。ダメじゃないよ」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 20:40:17.61 ID:fYnGDYUv0

古泉「今日は、あなたの好きなメニューなんです」

みくる「…わぁ…」

古泉「嬉しいですか?」

みくる「う…うん。嬉しい、よ」

古泉「良かった…」 にこっ

みくる「(そんなに幸せそうに笑わないで…)」

古泉「どうぞ、あーんしてくださいっ」

みくる「あ、あーん」

古泉「美味しいですか?」

みくる「……美味しい」

古泉「へへ」 にこにこ

みくる「………」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 20:49:21.46 ID:fYnGDYUv0

みくる「古泉、くん」

古泉「はい、なんでしょう?」

みくる「古泉くんは…どうして、あたしが好きなの?」

古泉「どうして、ですか…どうしてと言われましても、好きなものは好きなんです」

みくる「じゃ、じゃあ…どうして、好きなのに、こんなことをするんですか?」

古泉「……? 好きだからですよ」

みくる「おかしい、です」

古泉「…おかしいん、ですか?」

みくる「おかしいですよっ…! こんな、こんな…」

古泉「………」

みくる「こ、古泉くん…?」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 20:54:03.51 ID:fYnGDYUv0

古泉「だって…朝比奈さんは可愛くて、美しくて」

古泉「放っておいたら、危ないじゃないですか」

古泉「だから、僕が守るんです。あなたを」

みくる「た…頼んでません、そんな、こと…」

古泉「僕、あなたと一緒にいたいんです」

みくる「迷惑なんですっ!」

古泉「………」

みくる「はあ…はあ…」

古泉「……朝比奈さんは、僕のこと、嫌いなんですか?」

みくる「き…きら……」

古泉「嫌い、なんですか?」

みくる「…あたしは、古泉くんの…こと…」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 20:59:47.02 ID:fYnGDYUv0

みくる「……好き」 ぽろぽろ

古泉「朝比奈さん…?」

みくる「あたし…古泉くんのこと、好きです…」

みくる「なんでだろう。怖かったのに…お家に帰りたかったのに…」

みくる「あなたが優しく…あたしを抱きしめるから…」

みくる「…ひっく…うえぇーーーんっ」

古泉「泣かないでください」 ぎゅっ

みくる「やめてよぉ…そうやって、するからっ…」

みくる「あたし、あたしぃ…」

古泉「好きです。朝比奈さん。世界で一番、あなたが好きです」

みくる「古泉…くん…」

古泉「ずっと、一緒に…」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 21:03:52.78 ID:fYnGDYUv0

ピンポーン

古泉「…誰でしょうか、見てきます」

みくる「………」 ぎゅう

古泉「朝比奈さん、すごく、すごく嬉しいんですが」

みくる「あ…ご、ごめんなさい」

古泉「………」 にこっ

みくる「(好きだって気づいたら、なんだか急に…あたしったら)」

ガチャ

古泉「おや。あなたですか。どうしました、こんな時間に」

キョン「入るぞ」

古泉「ちょ、ちょっと…」

キョン「朝比奈さん。やっぱり」

みくる「キョンくん…?」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 21:09:23.59 ID:fYnGDYUv0

キョン「長門に聞いた。お前、朝比奈さんを監禁してるんだってな」

古泉「…か、監禁なんかじゃ」

キョン「嘘をつくなっ!」

古泉「………」

キョン「朝比奈さん、大丈夫ですか。怖かったでしょう」

みくる「え? え…?」

古泉「僕は、朝比奈さんが好きで…、一緒に暮らしてるだけです」

キョン「…いかれてんのか、お前は」

古泉「朝比奈さんに触らないでください」

キョン「朝比奈さんは俺が守る」

みくる「キョ…キョンくん、違う、違うの…」

古泉「朝比奈さんっ…!」

キョン「!」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 22:06:45.93 ID:fYnGDYUv0

みくる「古泉くんっ…!!」

キョン「………」

みくる「やっ…やだ、古泉くん、古泉くんっ!」

古泉「…う…、あ、朝比奈さ…」

みくる「ち、血が…嘘、やだ、ど、どうし…」

古泉「……怖い思いをさせて…ごめんなさい…」

古泉「…嘘…げほ、嘘、でも好きだって言ってくれて、嬉しかった、です」

みくる「嘘なんかじゃ、嘘なんかじゃないよっ…古泉くん、好きだよぅ…!」

古泉「美しいあなたに…僕の血が、ついてしまいます…離れ、て…」

みくる「古泉、くん…いや…いやぁ…」

古泉「あ、りがとう、朝比奈さん…愛して、います…」

みくる「……ずっと一緒だって…言ったのに…! 古泉くんっ…!」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 22:10:14.24 ID:fYnGDYUv0

キョン「朝比奈さん」

みくる「…触らないで」

キョン「朝比奈さん、あなたは古泉を好きだと思い込んでいるだけなんです」

みくる「違います…あたしは、古泉くんのことが…本当に…」

キョン「あなたは俺が元に戻してあげますから」

みくる「やっ…古泉くん、あたしずっと、古泉くんの傍に」

みくる「古泉くん言ってたもん。ずっと、ずっと傍にって。ずっと一緒だって」

キョン「朝比奈さんっ!」

みくる「起きて、古泉くん。またあたしに美味しいご飯を作ってください」

みくる「古泉くん、いつまで寝てるの? 古泉くん、古泉くん」

キョン「………」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 22:18:07.74 ID:fYnGDYUv0

・・・

ハルヒ「古泉くん、どこに行っちゃったのかしらね」

みくる「なに言ってるんですか? 涼宮さん」

ハルヒ「………」

みくる「古泉くんなら、あたしの傍にずっといますよ?」

ハルヒ「うん、そうだったわね。ごめんね、みくるちゃん」

長門「朝比奈みくるは古泉一樹に好意を寄せていた」

キョン「どうして言ってくれなかったんだ」

長門「あなたが人の話を最後まで聞かずに電話を切ったから、言えなかった」

キョン「…朝比奈さんも壊れちまって、何も残らなかったな」

キョン「俺の手には、残ってるけどな」

キョン「古泉を殺した感触が。今でもずっと」




112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/09/02(水) 22:19:24.56 ID:fYnGDYUv0

読んでくれてありがとう!矛盾点があったら、それはスルーしといてくれ!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「tanasinn...」