古泉「やぁ、どうも(あー今日も疲れた…)」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「古泉一樹は可愛い」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 19:03:59.21 ID:yYf09/040

キョン「ん?え?」

古泉「どうかしましたか?(なんだよその反応は)」

キョン「あ…いや、別に」

古泉「そうですか(相変わらず変な奴だな)」

キョン「お前に言われたくない!」

古泉「え?」

キョン「あれ?」

古泉「…大丈夫ですか?(変な物でも食ったのか?)」

キョン「食っ…だ、大丈夫だ!」

古泉「なら、いいのですが」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 19:05:24.53 ID:yYf09/040

キョン「長門、あれは一体…」 ぼそり

長門「古泉一樹の心の声」

キョン「お前にも聞こえてるんだよな?」 ぼそり

長門「聞こえている」

キョン「ハルヒや朝比奈さんにも聞こえるのか?」 ぼそり

長門「分からない。が、おそらく聞こえるはず」

キョン「俺達以外の奴には…?」 ぼそり

長門「聞こえない、と思う」

キョン「原因は…言わずもがな、か?」 ぼそり

長門「………」 こくっ

キョン「ったく、混乱しちまうぞこれ」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 19:07:50.24 ID:yYf09/040

古泉「何かあったんですか?(喉渇いた…朝比奈さんまだかな)」

キョン「いや、何もないぞ」

古泉「そうですか(まぁ何かあったとしても教えてはくれないんだろうけど)」

キョン「………」

古泉「(僕のことを友達だなんて思ってなさそうだし)」

キョン「………」

古泉「(別に思ってなくてもいいけど)」

キョン「………」

古泉「(でも、今の僕にはこの人しか友達と呼べる人がいないんだよな)」

キョン「………」

古泉「(仮に友達が出来たとしても休みの日に遊びに行ったり出来ないし…)」

キョン「………」

古泉「(閉鎖空間が発生しなきゃそれでいいや)」

キョン「耐えられん」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 19:09:48.97 ID:yYf09/040

古泉「具合でも悪いんですか?(うつすんじゃねーぞ)」

キョン「悪くないぞ、元気だぞ」

古泉「今日はトランプのババ抜きでもしましょう」

キョン「ああ」

古泉「(ちっ、ババはこっちか)」

キョン「………」

古泉「(それだ、それを引け!)」

キョン「ぐっ…!」

古泉「(引け!)」

キョン「どうすりゃいいんだ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 19:11:47.23 ID:yYf09/040

古泉「今日も僕の負けですね(なんでババの位置をあんな的確に…)」

キョン「あ、ああ…そうだな」

古泉「涼宮さんと朝比奈さん、遅いですね(静かでいいけど)」

キョン「ハルヒは掃除当番だ。朝比奈さんは知らん」

みくる「こんにちはぁ」

キョン「こんちは」

古泉「どうも(やっときたぁ)」

みくる「えっ?」

長門「朝比奈みくる、昨日借りたハンカチを返す」 すっ

みくる「は、ハンカチなんて貸しましたっけ…」

長門「ごにょごにょごにょ」

みくる「ふえぇっ?心のこっ……むぐぐ」

長門「古泉一樹に聞こえる」

古泉「(意外と仲良いんだ、この二人)」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 19:14:15.82 ID:yYf09/040

みくる「あ、あの、着替えるので…」

キョン「分かりました。廊下に出ていますね」

古泉「(めんどくせーな、いちいち)」

みくる「ごめんなさいっ!」

古泉「はい?」

みくる「え?あ、いや、そのぉ」

キョン「古泉、早く行くぞ」

古泉「分かりました(意味が分からん)」

みくる「む、難しいです…どっちかどっちか分かんなくなっちゃって」

長門「………」

みくる「涼宮さんが来る前に何とかしたほうが良いんじゃ…」

長門「今、考えている」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 19:17:15.93 ID:yYf09/040

キョン「………」

古泉「今日はなんだか、ギクシャクしていませんか?」

キョン「そ、そんなことはない」

古泉「(やりづれーなぁ…)」

キョン「こっちの台詞だ、それは」

古泉「? 何か言いましたか?」

キョン「何もねーよ」

古泉「本当ですか?」 ずいっ

キョン「顔が近いぞ、気持ち悪い」

古泉「ふふ(また気持ち悪いって言われた)」

キョン「………」

古泉「(そんなに気持ち悪いのかな、僕って)」

キョン「きっ…う、くそ…」

古泉「(喉渇いた…)」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 19:19:27.56 ID:yYf09/040

ガチャ

みくる「ど、どうぞぉ…あ、お茶淹れますね」

古泉「(よっしゃー、やっと飲める)」

みくる「そっ…あ、うぅん」

古泉「(たまには冷たいのも淹れてくれないかな)」

みくる「……ど、どうぞ」

古泉「ありがとうございます、朝比奈さん」

キョン「ありがとうございます」

古泉「(美味しい…やっぱり温かいのもいいな)」

みくる「ありがとう、古泉くん」 ぼそぼそ

古泉「(ねみーなオイ)」

バァンッ

ハルヒ「へいっ!おっまちー!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 19:23:02.58 ID:yYf09/040

古泉「こんにちは、涼宮さん(ビビった…)」

ハルヒ「…ん?」

古泉「どうしました?(もっと静かに開けられないのか、この人は)」

ハルヒ「ごめんね、びっくりさせちゃったかしら?」

古泉「いえ、別に…(なんでバレたんだ、ビビったこと)」

ハルヒ「???」

みくる「すっ、涼宮さん!お茶淹れますね!」

ハルヒ「うん…お願いね、みくるちゃん」

キョン「長門、いいのかこの状況」 ぼそぼそ

長門「これは涼宮ハルヒが望んだこと。涼宮ハルヒが望むことをやめる以外解決策はない」

キョン「古泉が何を考えているのか、知りたくなったのかハルヒは」

長門「………」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 19:28:44.67 ID:yYf09/040

ハルヒ「んんー…?」

古泉「(今日は静かだな、涼宮さん)」

みくる「あうぅ…」 ハラハラ

キョン「心臓に悪いな…」

古泉「(今度の休みの日はまた市内探索なんだろうな)」

ハルヒ「………」

古泉「(涼宮さんが彼と二人で周れる日は来るんだろうか)」

ハルヒ「!??!?!?」

キョン「あえ?」

古泉「(さっさと告白すればいいのに…めんどくさい人たちだな)」

ハルヒ「………」

みくる「わっ、わっ…」

キョン「な…、え???」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 19:36:32.03 ID:yYf09/040

古泉「(彼も鈍いんだよなー、世界で一番鈍いんじゃないか?)」

キョン「………」

古泉「(涼宮さんが嫉妬してるのにも気づかないし。馬鹿だよほんと)」

キョン「は、ハルヒが俺を…?」

古泉「(デートか…SOS団がなかったら今頃僕にも彼女が居て、デートしてたのかな)」

ハルヒ「…古泉くん」

古泉「はい、なんでしょうか?(また何か思いついたのか?)」

ハルヒ「あなた、さっきから何を言ってるの」

古泉「え?(何も言ってねーよ)」

ハルヒ「言ってるじゃない、さっきから!」

ハルヒ「あ、あ、あたしがキョンに告白すればいいのにとか!」

古泉「!?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 19:42:15.25 ID:yYf09/040

ハルヒ「全部聞こえてるんだから!」

古泉「(な、なんで…声には出してないはず…)」

キョン「ハルヒ、落ち着け」

ハルヒ「キョンは黙ってて!あんたにも聞こえてたんでしょ!?」

キョン「ま、まぁ聞こえてたが」

ハルヒ「うぅ…!最低だわ、人が知られたくないことを平気で…!」」

ハルヒ「それに、SOS団がなかったらとかも言ってわね」

古泉「そ、それは…(思ってたけど)」

ハルヒ「そんなにSOS団が嫌ならもう来なくていいわよ!」

古泉「………」

ハルヒ「出てけっ!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 19:46:28.19 ID:yYf09/040

古泉「(追い出されてしまった)」

ピリリリリ

古泉「(げっ…、閉鎖空間か…)」

キョン「古泉!」

古泉「(なんで来たんだよ)」

キョン「すまん、その…」

古泉「(ずっと聞こえてたんだろ、教えろよ)」

キョン「タイミングを逃してしまってな」

キョン「お前の本音が聞けるなんて滅多にないだろ、だから」

古泉「(心の声と会話してるんじゃねー)」

キョン「すまん!!」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 19:52:20.20 ID:yYf09/040

古泉「《神人》が出現しました…僕のせいです」

キョン「お、お前のせいじゃないだろ」

古泉「僕のせいですよ。涼宮さんを怒らせてしまうなんて、大失態です」

キョン「俺なんてしょっちゅう怒らせてるし」

古泉「(自覚してんなら気をつけろよ)」

キョン「あ…いや、えっと」

古泉「いえ、すみません」

キョン「………」

古泉「………あの」

古泉「友達と呼べる人はあなたしかいないと思っていたことも、聞こえていたんですか?」

キョン「ああ」

古泉「そうですか」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 19:55:51.70 ID:yYf09/040

キョン「今は何も聞こえん」

古泉「心を無にしてますから。大変ですよ、これ」

キョン「そ、そうか」

古泉「僕はあなたのことを友達だと思っていますよ」

キョン「…なんだよ、気持ち悪い」

古泉「ふふ。それでは、閉鎖空間へ向かわなければならないので」

キョン「あ、ああ」

古泉「(さようなら)」

キョン「え?」

キョン「…古泉?」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 20:02:46.52 ID:yYf09/040

森「もう一度言ってくれる?」

古泉「ですから…涼宮さんが僕の心の声を聞いてしまって」

森「…どんなことを聞かれたの?」

古泉「さっさと彼に告白しちゃえ、などです」

森「その場に彼も?」

古泉「はい。居ました」

森「だからこんなに大規模なのね…」

古泉「すみません」

森「なんで心の声が聞こえてたのかは分からないけど」

森「どんなときでも気を抜くなといつも言っているでしょう」

古泉「(うるせーババア)」

森「特に涼宮さんが側に居るときは…」 ガミガミ

古泉「(森さんには聞こえないのか)」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 20:08:03.69 ID:yYf09/040

次の日

キョン「よぉ」

ハルヒ「…何よ」

キョン「相変わらずご機嫌ナナメだな」

ハルヒ「うるさいわね」

キョン「何かあったのか?」

ハルヒ「別に、なんでもないわよ!」

キョン「そうかい」

ハルヒ「結局、来なかったわね」

キョン「何が?」

ハルヒ「……転校生」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 20:19:04.51 ID:yYf09/040


古泉「こんばんは、長門さん」

長門「………」

古泉「実は、あなたにお願いがあって来ました」

長門「なに?」

古泉「僕に関わった全ての人の記憶から、僕を消去してもらいたいんです」

長門「…なぜ?」

古泉「もう涼宮さんのお側には居られなくなってしまいましたので」

長門「………」

古泉「すみません、僕の責任なので本当は僕一人でなんとかしたかったのですが」

古泉「あいにく僕にはそういう能力を持ち合わせていません」

古泉「なので、長門さんの手を借りるという形に…」

長門「あなたは、それでいいの?」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 20:27:06.75 ID:yYf09/040

すまん、またミス


古泉「よくなかったとしても、『機関』が…」

長門「あなたの気持ちを聞いている」

古泉「僕の気持ち、ですか」

長門「………」

古泉「(……僕は、


長門「分かった」

古泉「ありがとうございます」

古泉「長門さん、あなた自身の記憶からも消去してくださいね」

長門「………」

古泉「それでは…、さようなら長門さん」

長門「………」


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 20:34:38.87 ID:yYf09/040

ハルヒ「あ〜〜〜!もう!」

キョン「なんだよ」

ハルヒ「何かが引っかかってるのよ!スッキリしないわ!」

キョン「どんな事なんだ?」

ハルヒ「…誰かにひどいことを言ってしまった気がする」

ハルヒ「だから、謝らなきゃいけないような、そんな…」

ハルヒ「でも…誰になのかしら?分からないわ」

ハルヒ「ん〜〜〜〜〜!!!」

キョン「ジタバタすんな」

キョン「そういや、俺も誰かに何かを伝えたかった気がするんだが…」

ハルヒ「誰よ?」

キョン「………分からん。誰だろう」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 20:45:12.18 ID:yYf09/040

ハルヒ「心にもないことを言ってしまった気がするわ」

ハルヒ「自分でもよく分かんないけど…戻ってきてほしい、そんな気分よ」

キョン「ふうん」

キョン「お前が変なこと言うから俺までスッキリしなくなっちまった」

ハルヒ「知らないわよ、そんなこと」

キョン「…SOS団って4人だったよな?」

ハルヒ「そうよ。そんなことも忘れたの?」

キョン「忘れてないが…、んん…」

ハルヒ「………」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 20:52:10.48 ID:yYf09/040

放課後

キョン「こんにちは」

みくる「あ、こんにちはぁ」

長門「………」

みくる「お茶、淹れますねっ」

キョン「いつもすみません。…あれ?俺いつも何してたんだっけ?」

長門「………」

キョン「そうだ、ボードゲームとかチェスとか将棋とか…」

キョン「ん?これ、俺が持ってきたんだっけか?」

長門「…あなたが持ってきたのはオセロだけ」

キョン「じゃあ、これは…」

みくる「…ひっく…」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 20:57:04.87 ID:yYf09/040

キョン「朝比奈さん?どうしたんですか?」

みくる「…うぅ…、あたし……この、湯のみ…」

キョン「………」

みくる「美味しいって、言ってくれた…なのに、あたし…忘れっ…」

キョン「…馬鹿野郎、朝比奈さんを泣かすんじゃねえよ。こいz」


バァンッ!


ハルヒ「………」

キョン「…ハルヒ?」

ハルヒ「団長に何の連絡もなしに部活を休むなんて、許しがたいことだわ」

ハルヒ「さ、行くわよ。準備しなさい」

キョン「行くって、どこに?」

ハルヒ「古泉くんの家に決まってるじゃない!」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 21:11:17.98 ID:yYf09/040

古泉「……あれ?」

キョン「寝てたのか、お前」

ハルヒ「寝癖、ついてるわよ」

古泉「な、なんでここへ?というか、え?」

長門「………」

古泉「長門さん…どうして?」

長門「あなたの言う通りにした」

古泉「でも…」

長門「ただし、わたしは朝比奈みくる、涼宮ハルヒ、そして彼に鍵を用意した」

古泉「鍵?」

長門「あなたの記憶を開放する、鍵」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 21:17:48.37 ID:yYf09/040

古泉「ど、どういうことですか?」

長門「ボードゲーム類、湯のみ、部室。それが、それぞれの鍵」

古泉「………」

長門「消去するという約束は守った。他のことは何も言われていない」

長門「わたしが勝手にやったこと」

古泉「あなたの記憶は…?」

長門「わたしの中の古泉一樹の記憶を消せと言われたとき、わたしは頷いていない」

古泉「僕は…忘れてほしいと言ったはずです」

長門「それは、あなたの本心ではない」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 21:20:43.16 ID:yYf09/040


長門「あなたの気持ちを聞いている」

古泉「僕の気持ち、ですか」

長門「………」

古泉「(……僕は、忘れて欲しくない。でも…)」

古泉「かまいません」

長門「分かった」

古泉「ありがとうございます」

古泉「長門さん、あなた自身の記憶からも消去してくださいね」

長門「………」

古泉「それでは…、さようなら長門さん」

長門「………」


132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 21:27:29.95 ID:yYf09/040

古泉「(そうか、あのとき…無意識にそんなことを思ってしまったんだ)」

長門「無意識だったということのは、心からそう思っていたということ」

古泉「あ、またっ…」

ハルヒ「古泉くん」

古泉「す…涼宮さん」

長門「大丈夫。昨日の記憶はロックしてある」

古泉「…ありがとうございます」

ハルヒ「あたし、あなたにひどい事、言ったわよね」

ハルヒ「SOS団に来なくていい、って」

ハルヒ「なんでそんなこと言っちゃったかは思い出せないんだけど…」

古泉「………」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 22:45:49.65 ID:yYf09/040

ハルヒ「ごめんね!」

ハルヒ「古泉くんはSOS団の大事な副団長だから…その、」

古泉「僕のほうこそ、すみませんでした」

ハルヒ「い、いいのよ!許してあげるわ!」

ハルヒ「その代わり、これからもずっとSOS団の副団長でいなさいよね!」

古泉「僕なんかでいいですか?」

ハルヒ「古泉くんじゃなきゃダメなの!」

古泉「ありがとうございます…嬉しい、です」

古泉「(僕は、SOS団のことを心から大切に思っています)」

ハルヒ「…ありがと、古泉くん」 ぼそり

古泉「涼宮さん?」

ハルヒ「ううん、なんでもないわ♪」

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 23:01:32.68 ID:yYf09/040

みくる「ふえぇ…古泉くぅん」 ぎゅむっ

古泉「あ、朝比奈さん!?」

みくる「良かったよぅ…古泉くんのこと思い出せてっ…ふえぇん」

みくる「お茶、美味しいって、言ってくれて…ありがとおぉ」

古泉「朝比奈さんは、昨日の事を覚えているんですか?」

長門「涼宮ハルヒが来てからのことは覚えていない」

みくる「あんなに、あたしのお茶を待っていてくれてるなんて…嬉しいですぅ」

古泉「あはは…恥ずかしいですねこれは」

みくる「ひっく、ひっく」

キョン「おい。古泉」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 23:05:30.83 ID:yYf09/040

古泉「はい」

キョン「あー…なんだ、その…」

古泉「なんでしょうか?」

キョン「俺もお前のこと、友達だと思ってるから」

古泉「え…」

キョン「それだけだっ!」

古泉「……ありがとうございます」

キョン「別に、思ってることを言っただけだ。礼を言われるような事じゃない」

古泉「それでも、ですよ」

キョン「明日また、ババ抜きするぞ」

古泉「今度は負けませんよ」

キョン「どうだか」

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 23:11:59.67 ID:yYf09/040

長門「もう今後、あのような頼み事はしないでほしい」

古泉「本当にすみませんでした。ご迷惑を…」

長門「そういうことじゃない」

長門「あなたに関する記憶を消すということを、わたしはもうしたくない」

古泉「………」

長門「なに?」

古泉「い、いえ…少し、意外だったもので」

長門「そう」

古泉「ありがとうございます」

長門「…いい」

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 23:21:40.95 ID:yYf09/040

キョン「そういえば、もう心の声は聞こえなくなったな」

古泉「本当ですか?」

キョン「試しに、何か思ってみろ」

古泉「む……」

キョン「うん、聞こえんな」

みくる「良かったですね、古泉くん」

古泉「はい…安心しました」

キョン「お前の本音が聞けて、ハルヒも満足したんじゃねーの」

長門「『僕は、SOS団のことを心から大切に思っています』」

古泉「涼宮さんも、不安になることがあるんですね」

みくる「うふふ」

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/27(木) 23:27:09.91 ID:yYf09/040

キョン「さっき試しに何を思ったんだ?」

古泉「秘密です」

キョン「教えろよ」

古泉「心の声を聞かれるなんて、もうこりごりですよ」

ハルヒ「みんな、そろそろ帰るわよ!古泉くん、また明日ね!」

古泉「はい。また明日」

みくる「またね、古泉くん。明日とっておきのお茶を淹れるから、飲んでね」

古泉「それは楽しみですね。喜んで飲まさせて頂きます」

長門「…また」

古泉「また」

キョン「じゃーな、古泉(あー腹減ったな…)」

古泉「!?」



完!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「俺がバキでオナニーしたことについて語らせてくれ」