キョン「ハルヒ……ちょっとこのSSを見てくれ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン! ……頭撫でなさいよ……」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 19:32:57.60 ID:AyC9rW/Q0

ハルヒ「何?あんたさっきから熱心にパソコンいじってると思ったらSSスレ見てたの?
    そんなことしてる暇あったらSOS団の……」
キョン「まぁいいから見てみろって。ほら、ここの部分だ」
ハルヒ「まったく……何々?」

   長門「キョン、あなたに話がある」

ハルヒ「……これがどうかしたの?」
キョン「長門は俺のことはキョンと呼ばない」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 19:49:46.60 ID:AyC9rW/Q0

ハルヒ「え?そうなの有希?」
長門「そう」
古泉「確かに……長門さんがあなたをそのように呼んだというのは
   少なくとも僕の記憶にはありませんね」
キョン「それだけじゃないぞ、こいつを見ろ」

   古泉「キョン君……好きです」

みくる「た、確かに……これはちょっと刺激が……」
キョン「いいえ朝比奈さん。気色悪いのは確かですが……古泉もキョンとは呼びません」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 19:57:20.59 ID:AyC9rW/Q0

キョン「これだけじゃない。これなんかかなり酷いぞ」
古泉「今度は……おや、ひぐらしですか」
みくる「えぇと……」

   詩音「圭一さん、あなたお姉のことどう思ってるんです?」

ハルヒ「これは……この人、ひぐらし見たことあるのかしら?」
長門「口調によって先入観が植え付けられている可能性が高い」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 20:10:46.58 ID:AyC9rW/Q0

キョン「詩音のキャラの呼称はなぜかよく間違われるんだよ」
長門「アンソロジーなどでも頻繁に見る」
古泉「以前、『レナ』と呼び捨てにしているものを見かけました」
圭一「ったく……困ったもんだぜ」
みくる「!?」
ハルヒ「あ、あんたどっから!?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 20:15:56.63 ID:AyC9rW/Q0

キョン「ここはそういうSSなんだよ。気にするな」
圭一「さすがキョン、わかってんじゃねぇか!」
ハルヒ「そういうもんなの……?」
圭一「それよりこいつを見ろ。これも酷いぜ……」

   レナ「大丈夫!?圭ちゃん!」

古泉「これは……いくらなんでもわざとでしょう」
圭一「いいや、知ってる奴は知ってると思うがこの呼称はアンソロで実際にあった」
長門「呼称というよりむしろ故障」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 20:21:15.74 ID:AyC9rW/Q0

圭一「ところで、そろそろ交代の時間だ」
キョン「ん、もうそんな時間か。おいハルヒ、行くぞ」
ハルヒ「こ、交代!?何!?もう出番終了なの!?」
魅音「そういうこと。悪いね皆さん」
梨花「気まぐれで出ることくらいはあるかもしれないのです」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 20:26:00.66 ID:AyC9rW/Q0

圭一「早速で悪いんだが……こいつを見てくれ。少しレベルが高いぞ」
詩音「どれどれ……」

   梨花「僕は大人になったらすごいすごいなのです。にぱー☆」

レナ「……?どこが変なのかな?」
沙都子「これは……『僕』と『ボク』の違いですわね」
魅音「ビンゴ!その通り!」
羽入「あぅ……どっちでもいいと思いますのです……」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 20:33:31.10 ID:AyC9rW/Q0

圭一「ばっきゃろう!どっちでもいいことあるか!
   梨花ちゃんは『ボク』、羽入は『僕』!これは鉄の掟だ!」
梨花「圭一はきっと、『私』と『あたし』の違いまでこだわるに違いないのです」
魅音「そこまで行くともはや病気だね。それより……このスレ、これなんなの?」

   圭一「ウッディ!!」

沙都子「あぁ……これは……」
レナ「『ニコ厨かよ』……『ニコ厨死ね』……」
羽入「あぅあぅ……この人、このネタを出した途端叩かれ始めたのです……」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 20:42:05.95 ID:AyC9rW/Q0

圭一「沙都子、お前も呼称間違って使われてるぞ」
沙都子「えっ!?どこですの!?」
魅音「あ、ほんとだ。ほらここ……」

   沙都子「梨花、羽入、お夕飯のお買い物に行きますわよ」

羽入「僕は沙都子に呼び捨てにされたことはないのです……」
レナ「梨花ちゃんのことは呼び捨てだからごっちゃになっちゃったのかな……?」
詩音「だとしても違和感に気付きそうなものですけど……気付かないんでしょうねぇ」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 20:49:07.89 ID:AyC9rW/Q0

圭一「そう言えばひぐらしSSでは方言が出てくると厄介だな」
レナ「そうだね……レナもあの方言はよく分かんないや……はぅ……」
魅音「方言と言えば、関西弁のキャラって結構多いよね」
梨花「SSで妙な関西弁を使われると無性に腹が立つのです」
詩音「妙な関西弁とは少し違いますが……これを見てください」

   はやて「なのはちゃん、ここはウチに任しといて!」

羽入「……?どこかおかしいのですか?」
沙都子「『ウチ』ではなく『あたし』ですわね」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 20:56:38.57 ID:AyC9rW/Q0

詩音「なぜか関西弁だと『ウチ』のイメージがあるみたいですね……」
圭一「はやての関西弁は京都弁らしいから、喋り方が多少違うのは仕方ないとして、
   呼称はしっかりしてもらいたいもんだぜ」
はやて「一回も『ウチ』なんて言うてへんはずやのに何でそんなイメージが付くんやろね」
レナ「はぅっ!?はやてちゃんがここに居るってことは……」
はやて「そう、もう交代や」
梨花「短い出番だったのです」
なのは「ごめんねみんな」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 21:00:52.85 ID:AyC9rW/Q0

フェイト「じゃあ早速……ちょっと気になったんだけど……これ」
はやて「ん、どれどれ?」

   なのは「みんな!まだまだがんばるの!」

ヴィータ「これは……ギャグSSか?」
シャマル「ううん……見た感じはシリアス物みたい」
シグナム「語尾に『なの』や『の』を付けるのが口癖だと思われているな」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 21:08:00.36 ID:AyC9rW/Q0

なのは「確かにタイトルとかでは『なの』って言ってたけど……」
フェイト「ほんとはそんな口癖ないんだよね」
ザフィーラ「ギャグSSでは良いと思うがシリアスで使われるのはどうも気にかかる」
シグナム「ん?ザフィーラ、お前も間違われている部分があるぞ」
ザフィーラ「何?」

   ザフィーラ「俺はあちらへ向かう」

ヴィータ「何かおかしいか?」
シャマル「ザフィーラの一人称は『私』のはずよ」
はやて「ザフィーラあんま喋らへんから……出番も……」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 21:14:26.48 ID:AyC9rW/Q0

なのは「そうそう、実は私もちょっと気になることがあって……
     ヴィータちゃんの言葉遣いなんだけど……」
ヴィータ「あたしか?どうした?」
なのは「ヴィータちゃんって、『〜だぜ』って言ったことあるかな〜……って」
フェイト「……?あるんじゃないかな……」
シグナム「いや待て……確かに言っていてもあまり違和感はないが……」
シャマル「どうだったかしら……」
はやて「まぁ曖昧なことは今はほっとこか!次や次!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 21:20:50.63 ID:AyC9rW/Q0

フェイト「わ……これはちょっと……」
はやて「ん、なんか見つけた?」
フェイト「見て……これ……」

   シグナム「あぁ……最高だわ……」

ヴィータ「きもっ!!なんだこれ!!」
シャマル「どう考えてもこの人、なのはを見たことがないでしょうね……」
なのは「知らないなら書かないで欲しいなぁ……」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 21:26:00.58 ID:AyC9rW/Q0

シャマル「これなんかも酷いわ……」
はやて「どれどれ……うわ、またシグナムや」

   シグナム「フェイト……お前もか」

ザフィーラ「このような基本的な箇所を間違えるとは……」
フェイト「私はこんな風に呼んで欲しいんですけど……まだ呼ばれたことはありませんね」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 21:32:10.24 ID:AyC9rW/Q0

ザフィーラ「……これはどうなんだ」
ヴィータ「なんだ、また見つかったのか?」
なのは「今度は、えっと……」

   シグナム「どうした、なのは」

シャマル「これは……StSかしら」
はやて「ちゃう……A'sやよ」
シグナム「私はまだ呼び捨てにした覚えはないんだが……なぜ私ばかり……」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 21:37:01.15 ID:AyC9rW/Q0

ヴィータ「あ、もう一個みっけ」
シグナム「また私か……?」
ヴィータ「いや、今度はなのはからシグナムへのセリフだ。ほれ」

   なのは「シグナム、大丈夫なの!?」

はやて「こ、これは……」
フェイト「シグナムを呼び捨て、敬語も遣ってない……」
ザフィーラ「さらに語尾が『なの』だな」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 21:41:11.82 ID:AyC9rW/Q0

はやて「あ、それのインパクトには負けるかもやけど、これも……」
なのは「えっと……」

   フェイト「お母さん……」

シグナム「これは……なるほど」
ヴィータ「うーん……話が面白いだけにこのミスは痛いな……」
シャマル「正確には『母さん』ですね」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 21:48:40.27 ID:AyC9rW/Q0

ヴィータ「ん?これなんかどうだ?ちょっと難易度高ぇけど……」
なのは「ん?どれどれ……?」

   シグナム「行くぞ、レヴァンティン」
   レヴァンティン「Yawohl.」

フェイト「?何か変なの?」
はやて「『Yawohl.』やなくて『Jawohl.』やね」
シャマル「これはよっぽどの人じゃないと分からないんじゃ……」
ザフィーラ「しかし綴りは重要だ」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 21:55:29.81 ID:AyC9rW/Q0

なのは「あ、こんなのも見つけたよ。これもちょっと分かりづらいけど……」
ヴィータ「んーと……」

   リィン「よーし!はりきっちゃうのですよ!」

シグナム「確かに……これは違和感があるな」
はやて「リィンのですます口調ならここは『はりきっちゃうですよ!』やろうね」
シャマル「梨花ちゃんや羽入ちゃんとは少し違いますからね」
フェイト「く、口癖って難しいんですね……」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 22:01:27.31 ID:AyC9rW/Q0

はやて「おっと、みんな何か忘れてへん?」
なのは「何かって……」
フェイト「さっきのリィンちゃんの?」
ヴィータ「えっと……あっ!もしかして……」
ザフィーラ「正しくは『リィン』ではなく『リイン』だ」
シャマル「発音からは全く分からないわね……」
シグナム「だが固有名詞だからな……はっきりさせておかねばならないだろう」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 22:08:42.95 ID:AyC9rW/Q0

なのは「ところで、私やリインちゃんみたいな語尾や口癖で気になるのがあるんだけど……」
はやて「ん?どんなん?」
なのは「ほら、これ……」

   真紅「水銀燈!やめるのだわ!」

フェイト「……これは……シリアスだよね」
シグナム「ここだけではない。『なのだわ』が妙に多いな」
ザフィーラ「本来、そこまで頻繁には使っていないはずだが」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 22:14:33.53 ID:AyC9rW/Q0

シャマル「口癖であることにはあるんでしょうけど……」
真紅「そんなに言うほど使わないわ」
なのは「あれ、もう時間?」
真紅「えぇ、悪いわね」
ヴィータ「つーかみんななのはのSSってあんま見たことねぇんだな」
フェイト「書いてくれる人が少ないのかな……」
翠星石「たまにあっても変態フェイトとかですね」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 22:26:11.31 ID:AyC9rW/Q0

真紅「と、交代はしたものの……私の『なのだわ』以外に気になることなんてあるかしら?」
翠星石「うーん……翠星石の語尾がちょっとワンパターンすぎるかも知れないですぅ」
蒼星石「そうなの?」
翠星石「そうですぅ。原作の翠星石は『です』『ですぅ』『なんです』『なのです』と
     結構いろいろ使い分けているのです」
雛苺「でもあんまり違和感ないのよ」
水銀鐙「原作とアニメでキャラが随分と変わったせいもあると思うわよぉ」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 22:36:48.68 ID:AyC9rW/Q0

真紅「そう言えば雛苺、あなた初期より随分変わったわね」
雛苺「え!?本当!?大人になった?」
翠星石「逆です。喋り方やらが随分子供っぽくなったですぅ」
蒼星石「確かに……」
金糸雀「アニメもだいぶ子供っぽかったかしら」
水銀鐙「原作とアニメは本当にほとんど別物ね……」
真紅「今のローゼンSSのキャラはほとんどアニメ寄りと言ってもいいかも知れないわね」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 22:41:42.63 ID:AyC9rW/Q0

真紅「あぁ、口癖と言えばもうひとつ気になることがあったわ」
翠星石「?なんですぅ?」

   みさお「私じゃないってヴぁ!」

水銀鐙「あぁ……これねぇ……」
蒼星石「ローゼンSSと同じようにアニメで有名になったネタだね」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 22:44:55.25 ID:AyC9rW/Q0

みさお「別に口癖でもなんでもねぇのにやけに使われるんだよなー」
水銀鐙「あらぁ……もう交代?」
真紅「仕方ないわね。気になることがほとんどなかったのだから」
こなた「そういうこと〜。んじゃ、おつかれ皆の衆〜」
金糸雀「短い出番だったかしら〜……」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 22:49:53.49 ID:AyC9rW/Q0

かがみ「さっそくで悪いけど、ほら、こんなのあったわよ」
こなた「ん〜?どれどれ〜?」

   みゆき「こなたさん、大丈夫ですか?」

こなた「あ〜、これは鉄板だね」
みゆき「正しくは『泉さん』ですね」
つかさ「私とお姉ちゃんが下の名前で呼ばれるから間違っちゃうのかな?」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 22:55:27.18 ID:AyC9rW/Q0

こなた「むむっ!これは……!」
つかさ「こなちゃん見つけたの?見せて見せてー」
こなた「うーん……ちょっと刺激が強いかも知れないけど……ほい」

   こなた「お前も変態だな〜」

かがみ「まぁ内容は置いといて……なんか変な言葉遣いね」
こなた「『君も変態だね〜』だよね?常識的に考えて」
みゆき「も、もしかしたらそういう言葉遣いの方が好きな方もいらっしゃるのでは……」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 22:59:01.15 ID:AyC9rW/Q0

みゆき「あら、これも少しおかしいですね……」
かがみ「ん、なになに……」

   みなみ「そんなことはない……平気だ……」

つかさ「これは……確かにちょっと男の子っぽ過ぎるかな……」
こなた「あの萌えポイントはボーイッシュとはちょっと違うよね」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/13(月) 23:10:31.69 ID:AyC9rW/Q0

こなた「他には……何かあるかなぁ?どう?皆の衆」
キョン「いや、だいたいこんなもんだろう」
圭一「他は似たような間違いだし、まぁいいんじゃねぇか?」
なのは「たぶん思い出そうとすればもう少し出てくるんだろうけど……」
真紅「もともと暇潰しのために立てたスレですもの。それに全部あげてたらきりがないわ」


という訳でここまで見てくれた人はありがとう
ちょっとでもSSを書く手助けになったなら嬉しいよ
ほんじゃ、お疲れさま

ちなみにここであげたミスは一応全部、俺が実際にどこかで見たミスです



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ドラえもん「誰だ、義援金の一部をこっそりくすねた奴は!」