キョン「最近のハルヒは調子乗りすぎだろ…


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「泣いてもいいですか」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 01:48:02.21 ID:F1aNMuRr0


ハルヒ「ねえキョン、あんたってホント馬鹿ね」

キョン「……」

ハルヒ「脳みそからっぽなんじゃない?何やらせても
中途半端なんだから。あんたそんなんだとどうせ将来はフリーターでしょうね」

キョン「…ああ、俺は馬鹿だ。お先真っ暗だろうな」

ハルヒ「あら、素直じゃない。そういう心がけが大事なのよ」

キョン「お前も馬鹿な団員なんて要らんだろう。
と、いうわけで俺は今日限り抜けさせていただく。じゃあな」

ハルヒ「は?」

ギイッ バタン

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 01:49:07.09 ID:F1aNMuRr0

ハルヒ「ちょ、ちょっとキョン!何言ってんの!
ぶん殴ってあげるから戻って…待ちなさいよ!」

ハルヒ「ストップ!止まりなさい!」

キョン「……」

ハルヒ「怒るわよ!そういう冗談嫌いなの!」

キョン「……」

ハルヒ「ねえ!キョン!」

キョン「触るな」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 01:49:57.79 ID:F1aNMuRr0

バシッ!

ハルヒ「いたっ…!あ、あんた……キョンの分際で暴力!?
ふざけんじゃないわよーーーー!!!」」

キョン「…あのさ、お前ずっとそんなんだと少ない友達全員無くすぞ…じゃあな。もうメンドイ。
関わらんでくれ」

ハルヒ「なっ……!なによ!馬鹿!馬鹿キョン!死ねばいいのよ!!」

ハルヒ「馬鹿!アホたれ!童貞!」

ハルヒ「……」

ハルヒ「キョン……」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 01:50:56.02 ID:F1aNMuRr0

ハルヒ「ったく!何なのよあいつ!もう謝ったって
絶対許してあげないんだから!」

古泉「……」

みくる「……」

長門「……」

ハルヒ「古泉くん!」

古泉「…なんでしょう」

ハルヒ「今日のキョンはおかしいわ!
何かあったか知らない?」

古泉「さあ…知りませんね。どうでもいいですし」

ハルヒ「あっ…そう」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 01:51:57.76 ID:F1aNMuRr0

ハルヒ「……」

ハルヒ「……あーーー!!イライラするわね!!」

ガン!!

古泉「涼宮さん、机を蹴り飛ばすのはいいんですが、
僕の足に当たりました」

ハルヒ「そ、直しておいて」

古泉「はい」

ハルヒ「もうちょっと手前よ、古泉くんもみくるちゃんのどんくさい病が移ったの?
あーもう!イライライライライラ!」

ガアン!

ハルヒ「な…なにすんのよ!!!椅子放りなげて…気でも狂ったの!?
ちょ、大事なパソコンにあたったらどうすんのよ!馬鹿じゃないの!」

古泉「…もう我慢の限界です」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 01:53:28.14 ID:F1aNMuRr0

ハルヒ「は、はぁ…?」

古泉「あなたは団員よりパソコンの方が大事ですか?」

ハルヒ「当たり前でしょ!」

ガアン!!ガラガラ…

ハルヒ「な、何暴れてんの!いい加減にしないとコロスわよ!」

古泉「どうぞ」

ハルヒ「は?」

古泉「殺したければ殺せばいいでしょう。
僕ではどうせ涼宮さんの腕力にはかなわないので
無抵抗で殺されてあげますよ、さあどうぞ」

ハルヒ「は…なによ……冗談よ…
なにマジになっちゃって一人でキレてんのよ…馬鹿じゃないの…」

古泉「…もう、あなたの冗談に付き合うのは疲れました。
僕も辞めさせていただきます。では」

ハルヒ「な…なによ古泉くんまで!
あんたたちどうかしちゃったんじゃないの!」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 01:54:56.87 ID:F1aNMuRr0

古泉「……」

ハルヒ「まっ、待ちなさいよ!」

バタン

ハルヒ「………」

ハルヒ「……なんなのよ…あいつら…」

ハルヒ「…みくるちゃん」

みくる「…はい?」

ハルヒ「あなた、何か知ってるでしょ」

みくる「な…なにも…」

ハルヒ「嘘よ!キョンと古泉くんがあきらかにおかしいじゃない!
どうせ…みんなで何か企んでるんでしょ!!」

みくる「あたし…なにも知りません…
涼宮さんこそ、どうしてそんなに不機嫌なんですか…?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 01:56:07.16 ID:F1aNMuRr0

ハルヒ「はあ?なによあんた!他人事みたいに!
ちょっと立ちなさいよ!ほら!」

みくる「痛っ…涼宮さん…痛い…ですぅ…」

ハルヒ「ねえみくるちゃん、あんたそうやってすぐに
か弱い女の子演じるわね?そうやって男に媚びて楽しい?ねえ?」

みくる「べ、別に演じてなんか…痛い…ごめんなさい…やめて…」

ハルヒ「謝るってことは認めるのね。ほら、助け呼びなさいよ!
キョンが白馬に乗って助けにきてくれるわよ!可愛い朝比奈さん〜って!」

みくる「なんでこんな…やめて…痛いです…ぐすん…」

ハルヒ「また嘘無き!?あたしあんたみたいなぶりっこ大嫌いなのよ!」

みくる「ぐすっ…涼宮さん…いつまでこんなこと続けるんですか?」

ハルヒ「…は?」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 01:57:20.57 ID:F1aNMuRr0

みくる「あたしをオモチャにして、いじめて、今までどれだけ
傷ついたと思いますか……あたしがキョン君と仲良くするから…
嫉妬するからいじめるんですか…?」

ハルヒ「は、は、はあああ!?キョンがなんだって!?
キョンに惚れてるのはあんたでしょ!!媚びばっかり売ってるのが見え見えなのよ!!」

バシッ

みくる「ぐっ…!」

バシッ!バシッ!バシッ!

ハルヒ「この女狐!!マジで殺すわよ!!」

みくる「うっ…ぐすん…ぐっ…う…」

長門「…やめて」

ハルヒ「有希、邪魔しないで!」

長門「いい加減にしてほしい。不愉快」

ハルヒ「は…?有希までそんなこと言うわけ…?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 01:58:24.62 ID:F1aNMuRr0

長門「朝比奈みくるを離さないと、実力を行使する」

ハルヒ「な、なによ…ひっ…痛い痛い痛い痛い!!」

長門「離して」

ハルヒ「痛い痛い痛いっ!! わかった、わかったわよ!」

みくる「ぐすっ…長門さんありがとうございます…」

長門「もう、ここには用は無い。私も退部する」

みくる「あ、あたしも…もう嫌です…ぐすっ…」

ハルヒ「かっ、勝手に消えればいいのよ!あんたたちみたいな
ぶりっこの淫売はこっちから願い下げよ!失せなさい!!」

長門「……」

みくる「……」

長門「あなたは、最低」

ギイ バタン

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 01:59:14.69 ID:F1aNMuRr0

ハルヒ「……」

ハルヒ「なによ…なんなのよ…なんだってのよ……」

ハルヒ「くそおおおおおおおおおおおおおお!!!」

ガン!バタン!ドカ!ドン!

ハルヒ「はぁ…はぁ…ふざけてる…ふざけてる…」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:00:08.52 ID:F1aNMuRr0

翌日


ハルヒ「…キョン」

キョン「……」

ハルヒ「昨日のあれはなんだったのよ」

キョン「……」

ハルヒ「あたし怒ってるからね…」

キョン「……」

ハルヒ「あんたが謝るまで許してやんないんだから」

キョン「……」

ハルヒ「シカトとか、子供みたいね」

キョン「……」

ハルヒ「なんか言いなさいよ」

キョン「……」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:01:16.09 ID:F1aNMuRr0

谷口「うぃーーーっす!」

国木田「おはよう、キョン」

キョン「おう、おはよう」

谷口「キョン、昨日のめちゃイケ見たか?」

キョン「おー見た見た」

国木田「面白かったよねー」

ハルヒ「ちょっと…」

キョン「録画しとけばよかったぜ」

ハルヒ「ちょっとーーーーーーーーーーー!!!!!」

谷口「は…?」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:02:41.56 ID:F1aNMuRr0

ハルヒ「キョン、あたしだけシカトなの!
ねえ谷口、この馬鹿キョンがシカトすんの!何か言ってやってよ!」

谷口「……」

ハルヒ「ねえ!」

谷口「なにお前?どなたさん?国木田こいつ知ってるか?」

ハルヒ「…は?」

国木田「僕も知らないなあ」

ハルヒ「な、なにわけのわかんないこと言ってんのよ!
馬鹿にしてんの!?ぶん殴るわよ!」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:03:27.64 ID:F1aNMuRr0

谷口「あのさ、わかったから邪魔しないでくれるか?
俺たちはキョンと喋ってんんだ。うるせーよ」

ハルヒ「な、なによ谷口のくせに!!!」

谷口「気安く名前呼ばないでくれよ」

国木田「なんかこの人気持ち悪いね…向こう言って喋ろうよ」

谷口「そうだな、おいキョンいこうぜ」

キョン「だな」

ハルヒ「……」

ハルヒ「なんなの……これ…」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:04:13.96 ID:F1aNMuRr0

昼休み

ハルヒ「はぁ……。キョンも、みんなも…なんなのよ…。
……お弁当…食べるかな…」

パカッ

ハルヒ「え……」

ハルヒ「な、なによ…これ!!
なんなのよーーーー!!!!」

ガシャッ カラカラ…

ハルヒ「だ、誰よ!!あたしのお弁当をゴミまみれにした奴は!
この中にいるんでしょ!!誰なのよ!!殺してやるから!!!」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:05:08.25 ID:F1aNMuRr0

ボソボソ 知るかよ…

ボソボソ なんだよ…うっせえ…

ボソボソ 涼宮ってほんと頭おかしいよな…

ボソボソ 転校してくれないかな…

ハルヒ「……何で…みんな…」

ダッ

「出て行ったwwww」

「ゴミ入れたの誰々?wwww」

「お前じゃねーの?w」

「あいつ嫌われすぎwwwwwwwwww」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:06:14.04 ID:F1aNMuRr0

ハルヒ「…学食で食べることにしましょう…」

ハルヒ「あ…あれは」

ハルヒ「鶴屋さん、お昼?」

鶴屋「やあやあ、そうだよっ!……って、ハルにゃんかい」

ハルヒ「ねえ鶴屋さん、お昼一緒にどうかしら?」

鶴屋「……」

ハルヒ「鶴屋さん…?」

鶴屋「ねえハルにゃん、昨日みくるに酷い事したよね?」

ハルヒ「え…あたしは別に…みくるちゃんが…」


61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:07:07.03 ID:F1aNMuRr0

鶴屋「みくるから全部聞いたよ。あたしの可愛いみくるを
いじめるなんて、あたしに喧嘩売ってるようなもんなのさ」

ハルヒ「は……なによっ!鶴屋さんちょっとおかしいんじゃないの!」

鶴屋「おかしいのはハルにゃんにょろ?
…もういいやっ。疲れるから相手してらんないよ」

ハルヒ「な…待ちなさい!ムカつくわね!」

鶴屋「もうみくるに近づかないでくれるかいっ それじゃ」

ハルヒ「ちょっ……」

ハルヒ「鶴屋さんまで……あたしが何したっていうのよ…」



74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:12:39.56 ID:F1aNMuRr0

書き溜めは以上。
続きはぼちぼち書きます。


ハルヒ「もう…早退しようかしら…昨日あれから…何かおかしいわ…」

阪中「涼宮さん」

ハルヒ「ブツブツ…ブツブツ……えっ」

阪中「涼宮さん元気ないね…?どうかしたの?」

ハルヒ「あっ、ううんそんなことないわよ!」



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:15:30.95 ID:F1aNMuRr0

阪中「そう?ならよかった…。次体育の授業、ドッヂボールなの知ってる?男女混合で」

ハルヒ「ふうん、そうなんだ」

阪中「ほら、男の子の投げるボールって早くて怖いじゃない?
涼宮さん運動神経抜群だし、守ってくれると嬉しいな」

ハルヒ「まっ、任せなさい!あたしが鉄壁の守備を見せてあげるわ!」

阪中「頼もしいな…じゃあ涼宮さん、またあとでね♪ニコッ」

ハルヒ「うん、あとでね!」



ハルヒ「阪中……」

ハルヒ「クラスのみんなはいじめてくるのに…
阪中は味方なんだわ…嬉しいじゃない…」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:18:27.02 ID:F1aNMuRr0


ハルヒ「さー!ドっからでもかかってらっしゃい!」

阪中「涼宮さん期待してる〜〜」

ハルヒ「うりゃーーーーー!!!」

ハルヒ「へっへーん」

ハルヒ「てやーーーーーー!!!」

阪中「きゃー!涼宮さん素敵!」

ハルヒ「あっ、あぶない阪中!」

阪中「きゃっ…!…あいた〜…やられちゃった〜…」


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:21:57.16 ID:F1aNMuRr0

ハルヒ「大丈夫っ?」

阪中「だいじょぶだいじょぶ!涼宮さんあとは頑張ってね〜」

ハルヒ「よくも阪中に当ててくれたわね…てやーー…」



バシッ!


ハルヒ「へ…?ボールどこからとんできたの…?
あたしがボール持ってるのに…」

バシッ

ハルヒ「いたっ!ちょっ!なんなの!」

バシーーーーン!!

ハルヒ「ふぎゃっ!」

阪中「涼宮さーん…守ってっていったのに…う・そ・つ・き♪」




104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:26:12.94 ID:F1aNMuRr0

ハルヒ「な……なにすんのよ!味方に当てて…ひっ!」

バシッ バシッ バシッ

ハルヒ「あ、あんたら、やめ、やめなさいよおおお!!!」

ゴツッ!

ハルヒ「う…あ…」

国木田「あーあ、谷口〜。硬球はさすがにやばいって」

谷口「涼宮は頑丈だからでーじょーぶだよ、うりゃっ!」

ゴツッ!

ハルヒ「いだっ!!な、なんなのよこれ!!イジメじゃない!!何考えてんの!!!」

阪中「うん、イジメだよ。それが?」

バシッ

ハルヒ「ひ………!!」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:30:48.58 ID:F1aNMuRr0

ハルヒ「痛いってば……やめて…お願い…」

阪中「え〜。やめたらつまんないよ〜」

バシッ バシッ バシッ バシッ

「ギャハハハハハ!」

「涼宮鼻血でてるww」

「ざまあwwww」

ハルヒ「なんで…こんな目に…あう…の…」

キーンコーンカーンコーン

阪中「残念、終わっちゃったあ」

ハルヒ「………」

阪中「というわけでいっぱい散らばってるボール、片付けておいてね♪」

ハルヒ「……」

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:35:14.51 ID:F1aNMuRr0

ハルヒ「……もう…やだ…意味わかんない……
あたし…夢でも見てるの……」

「クスクス、あれがウワサの涼宮ハルヒ?」

「めっちゃおつむヤバいらしいよねw」

「ちょっと可愛いからって調子乗りすぎw」

ハルヒ「……」

「うわー!涼宮がにらんでるwww」

「こわーいww」

「おちっこちびりそう〜〜ww」

「ギャハハハハ!!」

ハルヒ「……」



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:38:25.88 ID:F1aNMuRr0

ハルヒ「帰ろう…帰って……お父さんとお母さんに…
転校したいって言おう…もうこんなところヤダ…」


古泉「…それはお目出度いことです」

キョン「古泉、お先にすまんな!」

みくる「なんだか恥ずかしいです〜」


ハルヒ「…あの声は……」



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:41:16.88 ID:F1aNMuRr0

ハルヒ「SOS団のみんなが……・…
……もう、SOS団じゃないんだったわね…」


古泉「お二人は、いつからそのような関係に?」

キョン「おいおい野暮な事聞くなよ」

みくる「うふふ」


ハルヒ「なに……?この嫌な予感は…」

古泉「気になるじゃあないですか、お二人がいつから交際していたのか」


ハルヒ「は?は???」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:44:55.25 ID:F1aNMuRr0

キョン「ほんとお前はむっつり助平だな」

古泉「お褒めに預かり光栄です」

みくる「うふふ♪実は…出会ってすぐなんですよ」

古泉「そうだったのですか」

キョン「ハルヒの手前、大っぴらに付きあえんから苦労したぜ。
まあ、これで気にする必要はなくなったし安心だぜ」

みくる「涼宮さんの嫉妬は怖いですぅ〜…」



ハルヒ「な……・な……嘘でしょ……やめてよ……」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:48:35.93 ID:F1aNMuRr0

古泉「では、男女の関係であるのですか?」

キョン「ほんとお前変態だな」

みくる「…禁則事項です♪」

長門「彼と朝比奈みくるが性交を行った回数は128回。
一日における最大回数は7回」

キョン「おいっ長門っ や、やめんかい!」

みくる「ひゃ、ひゃあああ!」

古泉「なるほどなるほど…」



ハルヒ「……………」

176 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:49:43.25 ID:F1aNMuRr0

ハルヒ「…………」


ハルヒ「……………………」




ハルヒ「…………………………………………」





ハルヒ「ああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!」

187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:51:39.67 ID:F1aNMuRr0

ザザーン…  ザザーン…

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::               ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::                 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::                 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::               :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : : : : : : : : : : : : : : : :             : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
. . . . . . . . . . . . . . . . . .            . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''
~;;;._,,,..._,,,..,, ;;;._,~"''''~"'"~"''' ;;;._,,,..._,,;._,,,~"''''~"'"~"''';;;._,,,..._,,,..;;;._,,,...~"''''~"
~~"'"~"''''"~"''''~"'"~~"'"~"''''"~"''''~"'"~"'''~"'"~"''''"~"''''~"'"~
~;;;._,,,..._,,,.'~"'"~"''''"~;;._,,,..._,,,..;;;._'~"'"~"''''"~..~;;;._,,,..._,,,'~"'"~"''''"~;;._,,,..._,,,..;;;.
;;;._,,,..._,,,..,, ;;;._,,,..._,,,..,, ~"''''"~"''''~"'"~~"''''"~"''''~"'"~~"''''"~"''''~"'"~


ハルヒ「………」

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:54:55.67 ID:F1aNMuRr0

ハルヒ「ここから落ちたら………死ね…るかしら……」


ハルヒ「……・……」


ハルヒ「楽しかった……SOS団…」


ハルヒ「みくるちゃんがいて…有希がいて…古泉くんが…いて…
……キョンがいて…」

ハルヒ「みんなで…色んなことしたわ…」


ハルヒ「………」

ハルヒ「夏休みは……盆踊り…プール…花火大会……」

ハルヒ「………」

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 02:56:57.27 ID:F1aNMuRr0

ハルヒ「生まれ変わったら……」

ハルヒ「キョンと………」

ハルヒ「………」

ハルヒ「…」




ザバーーーーン

ゴボゴボゴボゴボ……

ゴボゴボゴボゴボゴボ……

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 03:00:56.68 ID:F1aNMuRr0

〜二日前〜

キョン「最近のハルヒは調子乗りすぎだろ」

古泉「確かに…涼宮さんの横暴さが増している気がします」

みくる「近頃の涼宮さん……なんだか怖いです〜…」

キョン「なんかあったのか?あいつに」

古泉「さあ…これといって、情報は掴んでいません」


長門「…あった」

キョン「へ?」

長門「涼宮ハルヒには現在、脳内寄生型原始情報生命体が寄生している思われる」



236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 03:07:31.67 ID:F1aNMuRr0

キョン「脳内…なんだそれは?」

長門「情報統合思念体と起源を同一とする情報生命体。
有機生物の脳内に侵入し、宿主を操る」

古泉「それに寄生された宿主は、どんな風に操られるのですか?」

長門「宿主の人格を引き継ぎ、凶悪化する。
今まで大人しかった人間の振る舞いをコピーしつつ、
周囲に悟られないように凶悪さを増していき、最終的には
自我を崩壊させ、また別の宿主に移る」

キョン「崩壊って…なんでまたそんなもんが?」

長門「原因は不明。だが、駆除する方法はある」

キョン「そ、それはどうするんだ?」

長門「いじめること」

キョン「は?」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 03:12:27.44 ID:F1aNMuRr0

長門「精神に極度のストレスを与えると、
情報生命体は耐え切れず消失する」

キョン「でもいじめるって…ハルヒをいじめるなんて考えただけで恐ろしいぞ」

みくる「涼宮さんを怒らせたら…ひゃああ…」

長門「方法はそれしかない…」

キョン「それは、いじめた記憶とか残るんじゃないのか?」

長門「それは問題ない。記憶するのも体験するのも
情報生命体。寄生されてる間の人格は宿主のものではない」

キョン「そうか…なら…」

古泉「あまりやりたくはないですが…やるしかありませんね」

265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 03:16:49.75 ID:F1aNMuRr0

〜現在〜

森「救命活動急ぎなさい!」

多丸弟「AEDを作動させます!」



キョン「まさか…自殺しようとするなんてな…!ハルヒ!しっかりしろ!!」

みくる「ふぇぇえ…あたしがいいすぎちゃったから…涼宮さんが心配です…ぐすっ」

長門「情報生命体が宿主を道連れにしようとしたと思われる」

古泉「もう寄生中の方は?」

長門「完全に消失した。今の涼宮ハルヒの人格は間違いなく本人のもの」

古泉「あとは涼宮さんが蘇生してくれるのを祈るばかりです…」

276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 03:20:00.53 ID:F1aNMuRr0

多丸兄「心臓が動き出しました!」

森「人工呼吸器急いで!」


キョン「ハルヒ!!ハルヒ!!」

みくる「涼宮さん……」


ハルヒ「………」

キョン「ハルヒ!目を覚ませ!!!」

ハルヒ「…んもう…うっさいわねえ…」

キョン「……!」

ハルヒ「なんで濡れてんのよ!キョン!着替えとってきて!」

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 03:24:02.50 ID:F1aNMuRr0


ハルヒ「ねえキョン、あんたってホント馬鹿ね」

キョン「はいはい俺は馬鹿ですよ」

みくる「涼宮さ〜ん、もうお体の方は大丈夫なんですか?」

ハルヒ「あんなんちょっと水泳したぐらいのもんよ!
でもほんと、なんであたし海に飛び込んでたのかしら…記憶がまったくないわ」

キョン「おおかた宇宙人の寄生虫にでも脳をのっとられてたんだろ」

ハルヒ「それ面白そうね!でもその間の記憶がないなんて残念だわ!もう一回乗っ取られないかしら!」

キョン「本気にするな。笑顔で妄想するな(マジだけど)」

295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 03:30:11.91 ID:F1aNMuRr0

古泉「それにしても、涼宮さんが無事でなによりでした」

キョン「ほんとだぜ。森さんたちにお礼しないとだな」

古泉「ところで…ちょっと耳に入れたい事があるのですが…小声でお願いします」

キョン「なんだ?」

古泉「我々機関が、長門さんのような情報統合思念体のインターフェイスと
接触していることは、前にお話しましたね?」

キョン「ああ、長門の親玉の知り合いみたいな奴らだろ?」

古泉「ええ、彼らの情報によるとですね……脳内寄生型原始情報生命体というのは…
ある一部を除いて、8000万年前に絶滅したそうなのです。その一部だけがサンプルとして、生命体を所有しているようなのです」

キョン「ほう。ある一部とは?」

古泉「…長門さんを送り込んできた、情報統合思念体です」

キョン「な……」

300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/26(水) 03:35:02.54 ID:F1aNMuRr0

古泉「さらにもう一つ……その情報生命体は…
寄生していると宿主を凶暴化させるのは事実ですが、
人格自体は紛れも無く宿主本人のものであるということなのです」

キョン「え……つまり、いじめを受けたのはハルヒ自身…?」

古泉「そうなります…。それに、いじめを行うのは我々だけのはずでしたよね?」

キョン「ああ…」

古泉「なぜ、クラスメイトや他の人までいじめに参加していたのでしょう?」

キョン「……!!」

古泉「それが、できるのは…・」


俺は長門を横目で見た。
いつものように無表情でハードカバーを読みふける長門が、
一瞬 ニヤ、と笑った気がした。




おわり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:まる子「藤木……あんた>>5をするなんて……」