長門「…要約すると、あなたは私を愛しているということ?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「やべえ、釘宮病にかかっちまった」(AAストーリー)

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 19:18:04.31 ID:cF7OgYFm0

キョン「え?」

長門「?」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 19:19:43.18 ID:cF7OgYFm0

キョン「…いや、それは違うな。」

長門「私のことが嫌いということ?」

キョン「嫌いじゃない、むしろ好きだけど…こう、LIKEとLOVEの違いというか?」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 19:20:30.72 ID:cF7OgYFm0

長門「?何を言ってるかさっぱりわからない。つまり、私とデートがしたいということ?」

キョン(一言も言ってねぇ…)

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 19:22:19.06 ID:cF7OgYFm0

キョン「それも違うな…いや、別にしてもいいんだけど。したいとかしたくないとかじゃなくて…」

長門「?つまりあなたと私は恋人同士ということ?」

キョン(重大なエラーが発生している…)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 19:23:57.08 ID:cF7OgYFm0

ガラッ
古泉「ふんもっふ」

キョン「おぉ、古泉いいところにきた。」

古泉「ふんもっふ」

キョン「ちょっとこっちこい」

古泉「ふんもっふ」

ボソボソ
キョン「長門の様子がおかしいんだよ…」

古泉「ふんもっふ」

キョン「こい…ずみ?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 19:25:21.60 ID:cF7OgYFm0

長門「古泉一樹の様子がおかしい。」

キョン「…大丈夫なのか?」

長門「わからない。私の計算によればあなたと私がこの場でカップルになれば正常に戻る。」

キョン「…」

古泉「ふんもっふ」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 19:26:31.18 ID:cF7OgYFm0

キョン「!そうだ。朝比奈さんは…」

長門「朝比奈みくるは校庭にいる。」

ガラガラッ
キョン「ここから見えるかなっと」
…なん…だと…」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 19:34:38.46 ID:cF7OgYFm0

ダダダダダダダダッ
朝比奈「ふははははははは!遅い遅いわ!」

陸上部「…!そんな」

キョン「朝比奈さんが…すごい勢いで陸上部を追い抜いていく…」

長門「朝比奈みくるは今正常の状態ではない。」

キョン「見ればわかる」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 19:37:02.18 ID:cF7OgYFm0

ブオンッ
古泉「ふんもっふ!」

キョン「うおっあぶねっ古泉お前なにいきなり殴って…!」

古泉「ふん…もっふ!」

キョン(!やられるっ!)

がっ

キョン「……?」

眉毛「そうは…させないわ!」

キョン「!!!!!!!!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 19:39:26.09 ID:cF7OgYFm0

キョン「…大きな眉毛が…古泉にまとわりついて…」

眉毛「ここ私に任せて!」

キョン「お前はまさか…朝倉?」

朝倉「キョン君キョン君」

キョン「!?朝倉が二人!?」

朝倉「いいえ、私は一人よ。あれは私の眉毛が分離した、いわばもう一人の私」

キョン「朝倉の…眉毛が…太くない…だと?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 19:41:26.79 ID:cF7OgYFm0

長門「…今朝倉涼子は正常ではない。いわば、ピッコロと神様的な感じ。」

キョン「神様が朝倉でピッコロ大魔王が眉毛か」

長門「眉毛と合体したとき、朝倉涼子の本当の力が発揮される。」

朝倉「そういうことよ。長門さん、悪いけど、死んでもらうわ!」

朝倉・眉毛「合体!」

てってれー

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 19:44:37.15 ID:cF7OgYFm0

キョン「朝倉が…本当の朝倉に!」

朝倉(眉毛モード)「さぁ…おしおきの時間だ!」

長門「!なんてぷれっしゃー…」

ボソボソ
古泉(い…今のうちに逃げてください)

キョン(!こ…古泉お前!)

古泉(眉毛の攻撃によって私も自我を取り戻しました。今回の騒動は…)

キョン(またハルヒかよ…)

古泉(わかりません。しかし現在出てきていないのは涼宮さんだけです。急いで探してください!)

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 19:46:54.74 ID:cF7OgYFm0

古泉「…う…」

キョン「古泉!どうし…な、長門…」

朝倉(眉毛モード)「所詮は眼鏡っ子、本来の力を取り戻した眉毛にかなうべくもなかったか」

長門「…くっこのままでは」

古泉「長門さん!フュージョンです!私とあなたの力があわされば…!」

長門「それは嫌。」

キョン「…長門」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 19:49:00.89 ID:cF7OgYFm0

長門「あなたは逃げて。ここは私だけで充分。」

古泉「え?僕は?」

朝倉(眉毛モード)「なめられたものだな。」

キョン「…!わかった!必ずハルヒを見つけ出してみせる!」

長門「…いって!」

朝倉(眉毛)「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああ!」


ドカーン

キョン「長門ー!!!!!!!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 19:50:23.96 ID:cF7OgYFm0

バンッ
キョン(ええい!ドアを蹴破って廊下に出たものの…何処にいるんだハルヒよ!)

谷口「私の名前は谷口。」

国木田「そして私が国木田だ。」

キョン「!?」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 19:51:41.31 ID:cF7OgYFm0

キョン「お前らっ!そこをどけぇ!」

谷口「所詮はただの人間…ここまでか…」

国木田「仕方のないことだ。むしろよくやったと…!?なんだこの気は!?」

佐々木「キョン!助けにきたよ!」

キョン「佐々木!」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 19:53:40.62 ID:cF7OgYFm0

パリーン!

朝比奈「とぉっ!」

キョン「朝比奈さん!?ここ4階ですよ!?」

朝比奈「走り高跳びが…得意でね。」

佐々木「ここは私たちに任せたまえ。キョン、君は…行くんだ!」


谷口「なめられたものだな。二人になったからといって私たちをとめられるとでもいうつもりか?なぁ国木田」

国木田「?お前誰?」

谷口「え?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 19:56:00.21 ID:cF7OgYFm0

国木田「見た目的に…僕、あっち側なんで」

谷口「え?お前…え?」

朝比奈「佐々木!国木田!みくるビームは惑星一つふっとばす力を持つ反面タメに時間がかかる!時間をかせでくれ!」

国木田・佐々木「任せろ!」

ばきっどごっ
谷口「ぐえっ」

キョン(別にためなくていいんじゃ?みくるビーム…)

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 19:57:56.18 ID:cF7OgYFm0

朝比奈「たまった!みんなふせろ!」

キョン「はやっ!たまるのはやっ!三秒くらいだろ!」

朝比奈「みくるびーーーーーーむ!」

どがーーーん

キョン「谷口が…跡形もなく…!」

朝倉眉毛「…少しは楽しめそうだな」

キョン・朝比奈・佐々木・国木田「!!!!」



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 19:59:41.49 ID:cF7OgYFm0

佐々木「…ここは、一人でやらせてくれないか?」

朝倉眉毛「…ほう」

キョン「佐々木…」

佐々木「キョン、君は涼宮さんを探しに行くんだ。他の人たちも、サポートを頼んだよ…」

朝倉眉毛「おろかな…眉毛と合体した私相手では全員でかかってもかなうまい…」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 20:00:46.66 ID:cF7OgYFm0

みくる「ミクルビーむ!!!!!」

ちゅどーん!

朝倉眉毛「…無念」

佐々木「さぁ!皆で涼宮さんを探すんだ!」

皆「おぉ!」



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 20:41:40.55 ID:cF7OgYFm0

ごめんちょっと所要で抜けなくちゃ…
ラストを書きます

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 20:42:21.62 ID:cF7OgYFm0

こうしてなんらかの理由で暴走していたハルヒをとめた俺は無事長門と結ばれた。

めでたしめでたし

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/23(日) 20:43:07.37 ID:cF7OgYFm0

いやぁ、壮大なストーリーが一瞬にして駄作になってしまった…
明日仕事がなければっ!残念無念です。
それではまた会いましょう!ノシ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:新ジャンル朝倉にいじめられるハルヒ