式波=アスカ=ラングレーの憂鬱


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「キョン、ファイターズの開幕第三戦が始まるよ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/26(日) 21:18:22.27 ID:7WBIPPNu0

アスカ「今日からこの団の名前は
      SOS(新世紀を大いに盛り上げる式波アスカラングレーの)団よ!」

シンジ「・・・・ そこ、笑えばいいと思うよ・・・」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/26(日) 22:09:14.77 ID:7WBIPPNu0

シンジ「・・えっと、何するつもりなの・・・?」

アスカ「あんた馬鹿ぁ!?不思議探しよ!宇宙人でも未来人でも、なんなら使徒でもいいわ!
    とにかく不思議なものを見付けるのよ!」

シンジ「宇宙人だの使徒だのなんて都市伝説じゃないか・・・」

アスカ「いいから手伝いなさいバカシンジ!今週の土曜日、公園に集合よ!」

シンジ「まったく・・・  僕達二人だけでやるつもりかい?」

アスカ「流石に二人じゃ少ないから、エコヒイキの奴もつれてくわ。あんなのが役に立つかわからないけど」

シンジ「綾波も行くんだ・・ ホッ」

アスカ(何嬉しそうな顔してんのよ・・・)

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/26(日) 22:25:12.11 ID:7WBIPPNu0

アスカ「遅いわよバカシンジ!罰として今日の昼食奢りだから!」

シンジ「ちゃんと時間内に来たじゃないか・・・  あ 綾波、おはよう」

レイ「おはよう・・・碇君」

シンジ「ごめんね綾波・・・ こんなのに付き合わせちゃって・・・」

レイ「いいの・・ 調度、渡したいものがあったから・・・」

シンジ「?」

アスカ「はいそこちゃっちゃと探すわよ!三人で手分けするのよ」

シンジ「・・じゃあ僕はあっちを探すよ」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ガサガサ

シンジ「・・・こんなのどう考えても意味ないよ おかしいよ・・」

シンジ「・・・・・」


シンジ「そういえば あの建物って何なんだろう」

シンジ「ネルフ・・・って読むのかな・・・」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/26(日) 22:34:44.37 ID:7WBIPPNu0

アスカ「はぁ 今日は収穫0ね・・・  まぁいいわ、また来週やりましょう!」

シンジ「えぇ!?まだやる気なの!?」

アスカ「当然よ!使徒を見付けてみせるまで諦めないわよ!」

シンジ「はぁ・・・」



レイ「碇君・・」

シンジ「え?」

レイ「これ、読んで・・・」

シンジ「え う、うん。 ありがとう」

シンジ(「世界の中心で愛を叫んだけもの」・・・・・変なタイトルだな)

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/26(日) 23:11:30.40 ID:7WBIPPNu0

ペラ・・・

シンジ「・・・僕にはよくわかんないな、この本・・・」

シンジ「ん?しおりが・・」

   「ネルフ本社前で待つ・・・?」






シンジ「来てみたけど・・・  あ、綾波!」

レイ「・・・あなたに話しておくことがあるの・・」

シンジ「え? 何を 」

レイ「大切な事・・」

レイ「こっちへ・・・」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/26(日) 23:19:36.75 ID:7WBIPPNu0

シンジ「このビルって・・・」

レイ「国際連合直属非公開組織 特務機関NERV。本来の目的は使徒の監視。」

シンジ「使徒!?使徒ってただの噂話じゃ・・」

レイ「使徒は存在するの。けど、まだこの世界に現れてはいない・・」

シンジ「・・?」

レイ「使徒の出現は死海文書で予測されているの。今年、15年ぶりに出現する・・」

シンジ「な、何の話はしてるんだよ・・・? 綾波、そもそも君がなんで・・・」

レイ「詳しい事は中で説明してくれるわ・・」



――――――――――――――――――――――――――――――――――――


シンジ「凄い・・広い・・・」

レイ「・・あの人が説明してくれるわ」


リツコ「初めまして、碇シンジ君」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/26(日) 23:32:34.91 ID:7WBIPPNu0

シンジ「は、はい、初めまして・・・ えっと・・」

リツコ「緊張しなくてもいいわ。あなたにはただ少し伝えておきたいことがあるだけなの」

シンジ「はぁ」


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

リツコ「まず簡単に言うと、今年使徒が来るから気をつけてほしいってことよ」

シンジ「使徒・・本当に・・」

リツコ「15年間沈黙していた使徒が何故出現するか?それが問題なのよ」

シンジ「・・・えっと なんでですか・・?」

リツコ「あなたのお友達の式波アスカラングレー、彼女の影響とされているわ」

シンジ「え!?」

リツコ「彼女、特別なのよ。今のあなたにわかりやすく説明すると、彼女は願いを叶える力があるのよ」

シンジ「そんな・・なんでアスカが・・」

リツコ「本来なら神が持つべき力を、彼女は手に入れている・・。NERVは使徒に加えて
    彼女も観察対象としているわ」

リツコ「・・そしてあなたも、彼女の「鍵」として重要な役目を担ってるのよ・・・」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/26(日) 23:47:49.19 ID:7WBIPPNu0

シンジ(・・よくわからないけど、アスカがただの人間じゃないってことかな・・)

シンジ「・・あ、綾波は?なんでこの機関と?」

リツコ「レイもちょっと訳ありなのよ。今は知らなくてもいいわ」

シンジ「・・・」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

自宅


シンジ(なんだかいきなり非現実的な事ばっかり起きて、疲れちゃったな・・)

シンジ「今日はもう寝よう・・ どーにでもなれだ・・」



――――――――――――――――――――――――――――――――――――



ケンスケ「なぁ碇、今日9組に転校生が来るって知ってるかい?」

シンジ「へぇ そうなんだ」

トウジ「どーでもええやろそんなもん!えっらい優男っちゅう話やないか、なよなよして気持ち悪いわ!」

シンジ(こんな時期に転校生なんて、珍しいな・・)

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/26(日) 23:54:51.50 ID:7WBIPPNu0

シンジ「・・あれ?今日は綾波だけなんだ」

レイ「・・・」コクリ

シンジ「・・・・・」

レイ「・・・・」

シンジ(一体綾波は・・・何者なんだろう・・・)

シンジ(もしかして・・・宇宙人とか・・)


バタァン

シンジ「うわっ!?」

アスカ「新入部員を連れてきたわよ!」

シンジ「新入部員?」

アスカ「謎の転校生、その名も渚カヲル君よ!!」

カヲル「やぁ 初めまして」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 00:03:16.07 ID:gj2DMqlp0

シンジ「君が9組に来たっていう・・?」

カヲル「あぁ そうだよ」

アスカ「5月の転校生なんて、なにか不思議な秘密を持ってるに違いないわ!
    そうね、例えば  使徒が人間に変装してるとか!」

シンジ「アスカ、何失礼なこと言ってるんだよ・・」

シンジ「ご、ごめんね。 無理矢理来させちゃって・・」

カヲル「いいんだよ、僕も興味をもっていたからね・・・このSOS団にも・・君自身にもね・・」

シンジ(・・・顔が近い・・!)

カヲル「良かったら明日の昼休み、一緒に食事をしてくれないかな・・・」

シンジ「え〜 う、うん・・」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 00:16:06.39 ID:gj2DMqlp0

カヲル「やぁ 待たせたかい?」

シンジ「ううん、僕も今来たところだから・・」

カヲル「ふふ・・優しいな、君は・・」

シンジ(顔が近いなぁ・・・)

カヲル「いきなり本題に入らせてもらうよ」

カヲル「綾波さんから、NERVのことは聞いたかい?」

シンジ「!! な、なんでそのことを・・・!?」

カヲル「それなら話は早いね。僕もね、ちょっと訳アリの存在なんだ」

シンジ「・・・。もしかして 君もNERVの関係者なのかい?」

カヲル「ふふ・・ 近いけど、ハズレだよ」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 00:18:06.85 ID:gj2DMqlp0

カヲル「僕はNERVとはまた違う機関、SEELEに所属しているんだ」

シンジ「ゼーレ?」

カヲル「まぁしている事は似たようなものさ。式波さんについて調べを進めているんだ」


シンジ「じゃ、じゃあ君は なんでSEELEで活動しているの・・・?」


カヲル「それはね」


スッ


シンジ(顔が近いよ!)



カヲル「使徒だからさ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 00:30:43.07 ID:gj2DMqlp0

シンジ「!?」

カヲル「驚いたかい?」

シンジ「し、使徒って君・・ 人間と変わらないじゃないか!?」

カヲル「カタチは問題じゃないんだよ。それにしたって僕は、ちょっと特殊だけどね」

シンジ「君が本当に使徒なら、15年間どうしてたっていうのさ・・?」

カヲル「式波さんが使徒を望み、神の力の得た今年になるまで 僕はこの世界にいなかった」

カヲル「その記憶があるわけじゃないけど、僕は僕だから。君が細かく気にする必要はないさ」

シンジ(よくわからないなぁ・・)

カヲル「とりあえず僕の役目は式波さんの観察だから、これといったアクションは起こさないさ」

カヲル「けれど式波さんよりも君は・・・」

シンジ「?」

カヲル「好意に値するね・・・」

シンジ「・・!?」

カヲル「ふふふ・・・ それじゃあ また、放課後会おう」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 00:51:58.55 ID:gj2DMqlp0

アスカ「バカシンジ、今日も急いで部室へ行くわよ!」

シンジ「わっ ちょ、ちょっと・・・!」

トウジ「おーおー 夫婦揃って見せつけてくれるのう!」

ケンスケ「ハハハハっ!」

アスカ「ちょっ 何バカなこと・・!」

シンジ(カヲル君が使徒・・・綾波はもう知ってるのかな・・)


――――――――――――――――――――――――――――――――――――


シンジ(・・・とは言っても、アスカの前で聞いたら流石に不味いかな・・)

カヲル「シンジ君 退屈そうだね」

シンジ「うん 音楽聞くことくらいしか、やることないしね・・この部活」

カヲル「歌はいいね・・・ けど、気分転換に どうだい、一勝負」

シンジ「オセロ? いいよ どうせ僕が負けると思うけど・・」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 00:53:18.55 ID:gj2DMqlp0


カヲル「・・・ところで」

シンジ(うわっ近っ)

カヲル「・・・言い忘れてたけど、僕が使徒ってことは式波さんには絶対に言わないでくれたまえ・・」


シンジ(・・・)


カヲル「・・・他の使徒ならいいんだ・・・でもね、僕はダメなんだよ・・)


シンジ「う、うん(・・・?)」


シンジ「・・・・・」


カヲル「・・・・・」


シンジ(てかカヲル君・・・滅茶苦茶弱いな・・・・)

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 01:05:37.72 ID:gj2DMqlp0


レイ「・・・パタン」

アスカ「あらアンタ帰るの? まぁ調度いい時間よね」

アスカ「今日はこれにて解散!」


シンジ「あ、綾波!」

レイ「・・何?」

シンジ「綾波は知ってるの・・? カヲル君が・・使徒だってこと」

レイ「NERVは既に彼を使徒と断定してる・・。けれど、ダブリスは他の使徒とは違うから・・
   今は静観して様子をみているの・・」

シンジ「ほ、他の使徒ってどう違うの?」

レイ「使徒は知恵の実を食べなかった・・。知識を持たない使徒は、彼女の願う通りに行動する。そう考えられてるわ・・」

シンジ「へ、へぇ・・(やっぱりよくわからないなぁ・・・) とにかく、ありがとう、綾波」

レイ「・・・えぇ」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 01:14:55.66 ID:gj2DMqlp0

土曜日


シンジ(今日は集合40分前だ、遅刻なんて言わせないぞ・・)

シンジ「・・・・」


アスカ「遅刻よバカシンジ!今日も奢りなさいよ!」

シンジ(みんななんでこんな早いんだろう・・・)



アスカ「今日はクジを作ってきたから、二組に分かれて探索しましょう!」

カヲル「意外とマメなんだだねぇ 君は・・」


ガサガサ

シンジ(アスカと離れますようにアスカと離れますように・・・!)


アスカ「決まったわね あたしとカヲル君 バカシンジとエコヒイキね・・」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 01:20:26.03 ID:gj2DMqlp0

シンジ(助かった・・)「綾波、じゃあ行こうか」

レイ「えぇ・・」


アスカ「・・・・行くならさっさと行きなさい!」

シンジ「・・何怒ってるんだよ・・」


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

シンジ「でも使徒が駅前の公園で簡単に見つかるのかなぁ・・・」

レイ「彼女が望むなら、見つかると思うわ・・」

シンジ「そうなのかなぁ・・・」

シンジ「・・・・」


シンジ「ねぇ 綾波・・」

レイ「えぇ」


シンジ「あの仮面被ったちっこいの・・もしかして・・・」


レイ「間違いないわ 使徒よ」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 01:28:20.01 ID:gj2DMqlp0


シンジ「信じられないや・・・こんなのがいるなんて・・」

レイ「第3使徒、サキエルね」

シンジ「さ、サキエルっていうんだコレ・・・」

シンジ「でも 思ってたよりも大人しそうだけど・・・・」

ピカッ

レイ「伏せて!」

ガバッ

シンジ「へ?  うわ!?」


ドゴォォォ

シンジ「・・・今のは・・ビーム?」

レイ「基本的に使徒は凶暴よ。気をつけて」

シンジ「そんな・・早く逃げよう!綾波!」


アスカ「どーしたのよ今の音!?」

シンジ「アスカ・・・!」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 01:35:37.27 ID:gj2DMqlp0

アスカ「でかしたわバカシンジ! これよ!これが使徒ね!」

シンジ「うん・・そうかもね・・」

アスカ「想像してたのより小さいわね・・ わたしの腰にも届いてないじゃいの」

シンジ「!? 近付いちゃダメだよ! 攻撃される!

アスカ「あんたバカァ?こんなに可愛い子が噛みつくわけないでしょ!」

シンジ「・・か、かわいいって・・・」


ボソ
レイ「彼女がいる限り、使徒は攻撃しない・・」

シンジ「な、なるほど・・」


アスカ「名前は何にしようかしら〜」

シンジ「アスカ・・それ、どうすんの?」

アスカ「決まってるじゃない、部室で飼うのよ」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 01:46:11.33 ID:gj2DMqlp0

シンジ「なっ・・・」

カヲル(・・・恐ろしいね、リリンのすることは・・)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

シンジ「・・・本当に部室に持ちこんでる・・」

カヲル「害は無いけど・・外部者に知れると騒ぎになるんじゃないかな?」

アスカ「置物って言い張れば平気よ!」

シンジ「・・・・そうかなぁ・・」

アスカ「まだ他にもいるのかしら? こうなったら全種類コンプリートするわよ!」

ピクッ
レイ「・・・・・」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

アスカ「バカシンジ!SOS団のホームページを作りなさい!」

シンジ「なんで僕が・・」

アスカ「たまには役に立ちなさいよ!」

シンジ「使徒見つけたのは僕なのに・・」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 01:55:28.92 ID:gj2DMqlp0

カタカタカタ・・・

シンジ「よくわかんないけど、こんな感じでいいのかな・・」

カタカタカタ・・・

シンジ「あ、ダメだ・・またエラーだ・・・」

アスカ「あー カヲル君、ほら!この子顔が二つに増えたわ!」

シンジ「・・・・」

カヲル「君が振り回すから驚いたんじゃないかな・・」

カタカタカタ・・・

シンジ「呑気なもんだよ・・ ん  あれ、おかしいな・・・」

ピッピー

シンジ「アスカ、フリーズしちゃったよ・・。調子悪いみたいだ・・」

アスカ「あー なにしてんのよ!苦労して奪ったパソコンなのに!」

シンジ「さっきから思うように・・・ アレ、なんだこのアイコン・・」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 02:04:07.17 ID:gj2DMqlp0

もうちょいだけ書いちゃうね

アスカ「何?ついに我がSOS団にも謎のハッカー軍団が攻めてきたのかしら!?」

シンジ(・・・まさか・・・ネルフやゼーレが?)

チラッ
レイ「・・・フルフル」

カヲル「いや・・・」


シンジ(だとしたらコンピュータウィルスか何かかな・・)

アスカ「何よこのアイコン・・どんどん増えてくわ・・」

シンジ「な、なんかおかしいよ これ・・!」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
アスカ「うろたえないのバカシンジ!わたしに貸してみなさい!」

シンジ「無理だよこんなの・・」

カチカチ・・・

アスカ「・・ほら、ここ押せば止まるから・・・」

シンジ「・・え?」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 02:12:37.32 ID:gj2DMqlp0

カチカチ・・・

アスカ「こうやって・・右クリックで保存して・・・」

シンジ「・・右クリックて・・・」

ボソッ
レイ「第11使徒 イロウル・・」

シンジ(使徒を・・・保存してる・・?)

アスカ「それで・・・え〜と・・」

シンジ「あの・・・何してるの?アスカ?」

アスカ「この赤い模様、綺麗だからスクリーンセイバーにしようと思って」

シンジ「・・・・・・」

カヲル「・・・確かに綺麗だね・・模様は・・・」

アスカ「ほら、出来たわよ!パソコンも動くようになったわ!」

アスカ「・・今思えば使徒からのハッキングだったかもしれないわね。貴重な体験よ!」

シンジ「なんか凄いな・・このパソコン・・」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 08:30:34.14 ID:gj2DMqlp0

シンジ「・・・どうしたのアスカ・・?」

アスカ「バカシンジ、SOS団で祭りに行くわよ!」

シンジ「なんだよいきなり・・」

アスカ「今週末に大きいお祭りがあるから、花火見るのよ花火!」

シンジ「へぇ」

アスカ「あたし花火見たことないから 楽しみなのよねぇ!」

シンジ「へぇ」

アスカ「何よ、素気ないわね」

シンジ「毎週どこかへ連れて行かれちゃ疲れちゃうよ・・・」

アスカ「グチグチ言ってないで、来週の準備しときなさいよ!」

シンジ「はぁ・・・」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 08:44:47.14 ID:gj2DMqlp0


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

シンジ「うわぁ・・結構大規模だなぁ」

シンジ「考えてみれば・・祭りなんて久々だな・・・ 父さんと最後に行ったのはいつだっけ・・?」」

カヲル「祭りの時くらい、そのオーディオを外したらどうだい?」

シンジ「うわっ!?カ、カヲル君!?」

シンジ(近い・・!)

カヲル「ふふ・・ まだ女性陣は来てないみたいだから、しばらく出店でも回ってデートでもしようか・・」

シンジ「へ?で、デート?」

カヲル「ほら、あそこに射的屋がある 行ってみようか」

シンジ(なんか二人きりだと怖いんだよなぁ・・)

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 08:54:35.01 ID:gj2DMqlp0

シンジ「目標をセンターに入れてスイッチ・・・」

ポコンッ

シンジ「目標をセンターに入れてスイッチ・・・」

ポコンッ

カヲル「上手だねぇ」

シンジ「こ、こんなの大したことないよ・・ 丁寧にやれば誰にでも・・」

カヲル「・・君はもっと自分に自信を持っていいんじゃないかな・・・」

カヲル「君は多くのヒトに必要とされているんだよ・・君が思っている以上にね・・」

シンジ「・・そ、そうかな?」


アスカ「あ、いたわね二人とも!探したのよ!」

シンジ「アスカと綾波・・・」

アスカ「花火まで時間があるから 出店を回りましょう!」

シンジ(・・・・綺麗だな・・浴衣・・)

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 09:04:07.32 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シンジ(・・うっぷ・・・食べ過ぎた・・)

シンジ「・・ん?どうしたの、綾波」

レイ「あれ・・」

シンジ「お面屋かぁ 懐かしいなぁ」

シンジ「いいよ、一つ買ってあげるよ」

レイ「・・ありがとう。でも、いいわ・・自分で買うもの・・・」

アイヨ800エンネ

シンジ(・・・何のお面だろうコレ・・一つ目?ロボット?)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

アスカ「これが噂に聞く金魚すくいね!」

シンジ「うん、でもこれ 結構難しいんだよ」

アスカ「まぁ見てなさい、天才アスカ様のテクニックを見せてあげるわ!」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 09:12:38.71 ID:gj2DMqlp0

レイ「・・・」スッ

アスカ「何よアンタ・・あたしと勝負する気?」

レイ「・・・」

アスカ「いい度胸じゃない、受けて立つわよ!」


カヲル「シンジ君、僕等も一勝負どうだい?」

シンジ「(近っ) あ、遠慮しとくよ・・」


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

アスカ「13対13・・・なかなかやるわね、アンタ・・」

シンジ(す、凄いな・・・二人とも・・)

アスカ「でもあたしはこのデッカイ金魚捕まえたから、総合得点ではあたしの勝ちよ!」

シンジ「デッカイ金魚?」

シンジ「・・・・な、なんだよ・・・コレ・・?」

アスカ「ちょっち苦労したけど、なんてことなかったわね!ヘヘン!」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 09:22:51.88 ID:gj2DMqlp0

シンジ「アスカ、これは金魚じゃないよ・・」

アスカ「そういえば変なカタチね。見たことないわこんな魚」

アスカ「・・・これってひょっとして魚型使徒じゃないかしら!こんなところに潜んでたなんて!」

シンジ「まさか・・ お店の人が間違って他の魚を入れちゃったんだよ」

アスカ「いいえコレは使徒よ!  沢山金魚捕まえたけど、使徒以外は返してくるわ。こんなに飼えないもの」



シンジ「ほんとに使徒かなぁ・・?」

レイ「第6使徒・・」

カヲル「ガギエル・・・こんなトコロにいたとはね・・」

シンジ「・・!?ホントに使徒なんだ・・」

カヲル「出店にいるとは僕も驚いたよ」

シンジ「200円の使徒・・・」


アスカ「花火が始まる時間ね!見に行きましょう!」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 09:36:13.59 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
アスカ「日本の文化も捨てたもんじゃないわねぇ」

シンジ(その使徒が気になって花火に集中できないよ・・)

カヲル「人は面白い文化を沢山作るね・・」

シンジ「うん・・」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

シンジ「・・はい、持ってきたよ金魚蜂」

アスカ「ちょっと小さくない?ストレスで死んじゃわないかしら・・」

シンジ「大丈夫だよ、そのくらいが調度いいんだ」

シンジ(いつガラス割るかわからないけど・・)

アスカ「あ 泳いでる 泳いでる!元気があるわね!」

シンジ「餌は何食べるんだろう・・」

レイ「何も食べなくていいの 使徒は生命の実、S2機関を持ってるから・・」

シンジ「へぇ・・(生命?S2?)  まぁ世話は楽そうだけど・・・」

サキエル「・・・・」ジー

シンジ(なんか考えてそうで怖いんだよなぁ・・・)

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 09:51:02.18 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

アスカ「・・・・」

シンジ(今日は妙に不機嫌だな)

アスカ「バカシンジ!」

シンジ「え?」

アスカ「椅子!」

シンジ「へ?」

アスカ「新しい椅子持ってきなさい!もう嫌よこんなポンコツ!」

シンジ「・・・アスカがサキエルと遊んでて壊したんじゃないか・・」

アスカ「お尻が痛くてやってられないわ!どこからでもいいから持ってきなさい!」

シンジ「まったく・・・なんで僕が・・・」

レイ「・・・わたしも行くわ・・」

シンジ「綾波・・・!」

アスカ「・・・・・」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 10:01:01.87 ID:gj2DMqlp0

レイ「とりあえず、倉庫で使えそうな椅子を探しに行きましょう・・」

シンジ「うん 助かるよ、綾波」

アスカ「・・・・!  なら早く行ってきなさい!!」

シンジ(ますます機嫌が悪くなってる・・)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

シンジ「ここだね」

レイ「調度良いのがあるか・・わからないけど・・」

シンジ「テキトーなのを選ぶと、何言われるかわからないからね・・」

シンジ「とりあえずめぼしいのをいくつか持っていこう」


ギィ


シンジ(うわ・・・埃だらけでよく見えないぞ・・)

シンジ「・・・椅子はどこにあるかな・・ ケホッケホッ」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 10:08:46.34 ID:gj2DMqlp0

シンジ「・・・ん?  ダメだ・・これは壊れてる・・・」



シンジ「こっちは教室の椅子か・・・ こんなんじゃ文句言うよな・・アスカ・・・」


レイ「碇君」

シンジ「綾波は見つけたかい?」

レイ「えぇ」

シンジ「ちょっと見せてよ 良いのが余ってたら僕の分も持ってきたいんだ・・」

レイ「使徒よ」

シンジ「へ?」


ピカッ

ドゴォォッ

シンジ「・・・・・・!」

レイ「第5使徒 ラミエルよ・・」

シンジ(あと5センチずれてたら・・・・直撃してた・・・)

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 10:16:53.42 ID:gj2DMqlp0

シンジ「なんで倉庫に・・・!?」

ピカァ

ドゴォッ

シンジ「ひっ に、逃げよう、綾波!」

レイ「そうね・・・わたしたちだけじゃ危険だわ・・・」

ガチャッ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

アスカ「・・・・・・で、椅子は?」

シンジ「いや それがさ アスカ・・・」

レイ「・・使徒がいたわ・・・」

カヲル「・・・!?」

アスカ「え!使徒!?そこって、一階の倉庫よね?すぐとっ捕まえに行きましょう!」

シンジ「その使徒の攻撃で、倉庫の中身全部壊れちゃってさ・・ 椅子はダメになっちゃったよ・・・」

アスカ「もうどうでもいいわよ椅子なんて! 使徒さえ捕まえればそれでいいわ!」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 10:26:12.31 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

アスカ「壮絶な光景ね・・・」

シンジ「この使徒が全部壊しちゃったんだ・・ 危ないよ、こんなの・・・」

アスカ「どうせアンタ達が乱暴したんでしょ!ほら、静かなのが好きなのよこの子は」

シンジ「・・・それにしても、へんな使徒だね。生き物には見えないや・・・」

カヲル「カタチは重要じゃないのさ、シンジ君」

シンジ「う〜ん・・ 変わってるなぁ」

アスカ「まぁ椅子はしょうがないわね この子を連れて行きましょう」

ガチャ ガチャ ガチャ

シンジ「!?」

アスカ「すっごーい!この子変形するわ!器用ねえ〜」

シンジ「すごい・・パズルみたいだ・・・」

アスカ「ほらほら この形、上に座るのにピッタリじゃない!?きっとわたしの為に変形してくれたのよ!」

カヲル(・・・・・)

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 10:39:14.62 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
アスカ「見てみなさいバカシンジ!この子 回転 背もたれ 肘掛け なんでもござれよ!」

シンジ「・・・か、かわいそうだよ 上に座るなんて・・」

アスカ「平気よ! この子なんか浮いてるし、力持ちなのよ きっと」

シンジ「・・そういえば浮いてる・・・」


カヲル「文字通り、使徒を尻に敷いているわけだね・・・」

シンジ「カヲル君、君は飛べたりしないの?」

カヲル「やろうと思えばできるさ 必要は無いけどね」

シンジ「へぇ・・・ (使徒って なんなんだろう・・)」


アスカ「ちょっとバカシンジ、ガギちゃんの水変えておいて」

シンジ「え この前変えたばっかじゃないか・・」

アスカ「あの子水を散らかすからすぐ減っちゃうのよ」

アスカ「それと、二日に一回はラミちゃん磨いておくのよ」

シンジ「・・・案外手間だなぁ・・」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 10:40:25.22 ID:gj2DMqlp0

ごめんね夕方まで出かけるから
残ってる使徒書きたい人はかいていいからね

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 16:01:57.95 ID:gj2DMqlp0

土曜日

シンジ「・・・暑い・・帰ろうよアスカ・・」

アスカ「あんたバカァ?使徒を大っぴらに探せるのは週一回しかないのよ!この程度でへこたれてんじゃないわよ!」

シンジ「はぁ・・」


ヌッ
カヲル「今日は僕と探索だね。楽しみだな・・・」

シンジ「う、うん・・・いつも思うんだけど、顔が近いよカヲル君・・・」

カヲル「ふふ・・・」

シンジ「・・・・・」


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

カヲル「今日はいつもに増して疲れてるみたいだね」

シンジ「毎日アスカに振り回されて、もう体がボロボロだよ・・」

カヲル「ふふ・・・それだけ君に好意を抱いているのさ、彼女は」

シンジ「へ?」

カヲル「鈍いね君は・・」

142 名前:保守ありがとね[] 投稿日:2009/07/27(月) 16:10:57.72 ID:gj2DMqlp0

シンジ「そ、そんな、アスカと僕は何でも・・!」

カヲル「シンジ君・・」

シンジ「?」

カヲル「君の肩からぶら下がってる紐は・・」

シンジ「え、あれ・・なんだこれ・・」

プラーン

シンジ「・・・これって・・」

カヲル「第4使徒のシャムシエルだね」

シンジ「やっぱり使徒・・!?は、早くアスカを呼んでこなきゃ!」

カヲル「ちなみにシャムシエルは昼の天使なのさ」

シンジ「どうでもいいよそんなこと!」


スバッ

シンジ「うわっ 凄い斬れ味だ・・」

カヲル「じゃあ、急ごうか」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 16:20:07.32 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
アスカ「まーたバカシンジに先を越されちゃったわね・・」

カヲル(そもそも君がいなきゃ見つからないんだけどね)

シンジ「・・こいつも持って帰るの?」

アスカ「とーぜん」

シンジ「大して可愛くもないし・・危ないし・・・手間がかかるし・・・」

アスカ「文句ばっかでうるさいわねバカシンジ!愛情が足りないからよ、愛情が!」

シンジ「・・愛情?」

アスカ「そうよ!母親のような愛情を注いであげれば、使徒とだってわかり合えるのよ!」

レイ「・・・」

シンジ「・・・・・愛情」

シャムシエル「・・・・・・」

シンジ「うーん・・・難しいことを言うなぁ・・」

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 16:30:01.38 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

シンジ「あぁ 疲れた・・・」

アスカ「わたしも疲れちゃったわ・・はいそこ、肩揉みなさい!」

シンジ「なんで僕が・・ そもそも肩揉んでほしいのは僕の方だよ・・」

シンジ「・・・・?」

モミモミ

シンジ「・・うん、そうやって肩揉んでくれると有難いんだよ・・」

シンジ「ありがとう綾波・・ ってアレ?」

レイ「・・・どうかした?」

シンジ「・・・」

モミモミ

シャムシエル「・・・・」

シンジ( !? ・・・肩揉みしてくれてる・・・使徒が・・・)

アスカ「あ、アンタ何肩揉ませてんのよ!鬼畜外道!」

シンジ(椅子よりはマシだと思うけど・・・)

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 16:40:34.03 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

シンジ「あぁ・・・ダメだよまた・・君の水槽なんだから・・・」

バシャバシャバシャッ

シンジ「・・・先にラミエルを磨こう・・」

ガシャガシャガシャガシャーン

シンジ「・・・ねぇ、なんで磨いてる最中に変形するんだよ・・・」

カヲル「苦労してるみたいだね」

シンジ「アスカが部室にいなきゃ手に負えないよ・・」

シンジ「いつ攻撃してくるかわからないし・・・」

カヲル「基本的に使徒はヒトの敵さ。例え式波さんに触れた後でもね」

シンジ「いつまで命が持つかな・・」

カヲル(リリンは強いのか弱いのかわからないな・・・)

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 16:51:32.00 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

アスカ「さて今日は学期末だから・・」

シンジ「だから?」

アスカ「部室の大掃除をするわよ!」

シンジ「えぇ・・なんでわざわざ・・」

アスカ「そもそも日本の部屋は狭すぎるのよ。少しでも広くするために整理整頓しなきゃやってられないわ」

シンジ「色んなのがうろついてるせいじゃないかなぁ・・」




アスカ「さぁ部屋の隅から隅まで徹底的に掃除するわよ!まずはそのロッカー、どけてみましょう」

シンジ「よっと・・」

ガガガ・・

カヲル「随分埃が溜まっているね」

カサカサカサ・・・

アスカ「!? 何よ今の黒いの!?」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 16:58:17.66 ID:gj2DMqlp0

レイ「ゴキブリね・・」

アスカ「・・・気持ち悪い・・・」

カサカサカサ・・

グシャ

カヲル「こんなのに・・怖がるもんじゃないよ・・・」

シンジ(素手で・・・)



アスカ「まだあんなのがいると思うとやる気が失せてきたわ・・・」

シンジ「自分から言い出した癖に・・」

アスカ「・・次はあの棚ね  また出たらさっさと殺してね、カヲル君」

アスカ(・・というか、手を洗ってほしいわね)

シンジ「綾波、そっち持って」

レイ「えぇ・・」

ガガガ・・・

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 17:06:54.79 ID:gj2DMqlp0

カサカサカサ・・・

アスカ「今よ!」

ガシッ

カヲル「・・・」

アスカ「・・・どうしたのよ?早いとこやっちゃって欲しいんだけど・・」

カヲル「式波さん、これはゴキブリではなく」

カヲル「使徒のようです」

シンジ「!?」

アスカ「え?ちょっとみせてみなさいよ!」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

シンジ「・・ザトウムシってやつじゃないかな・・・」

アスカ「違うわよ、ほら このお腹の部分に一つ目があるわ!」

シンジ「・・ホントだ」

シンジ(気持ち悪っ・・)

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 17:15:29.66 ID:gj2DMqlp0

シンジ「・・・・・」

カサカサカサ・・・

アスカ「かわいいわねぇ」

シンジ「・・いや、かなり気持ち悪いよコレは・・・」

カサカサカサ・・・

シンジ「う、うわっ あっち行ってよっ!」

バシッ

マトリエル「・・・・」

シンジ「あ、あれ・・?」

アスカ「あ、何してんのよバカシンジ!気絶しちゃったじゃない!」

シンジ(よ、よかった・・デコピンで殺しちゃったかと思った・・)

レイ「・・弱いわね、この使徒」

アスカ「仕方ないじゃないの いじめちゃダメよ!」

シンジ(どの使徒もこのくらい大人しかったらなぁ)

159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 17:27:20.66 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

〜♪

カヲル「・・・・・」

〜♪

アスカ「・・・・・・」

シンジ「・・ふぅ」

カヲル「チェロとは器用だね、君は」

シンジ「昔、少しだけ習ってたんだ。久しぶりに弾いてみたくなって・・」

アスカ「ふんっ  ウィーンのオーケストラには敵わないわよ」

シンジ「そんなのと比べられても・・・」

カヲル「・・でも、かなり上手だよ。まるで引き寄せられるようだ・・・」

シンジ(近いよカヲル君・・・・)

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 17:42:33.24 ID:gj2DMqlp0

レイ「もう少し・・・」

シンジ「?」

レイ「もう少し聞かせて・・」

シンジ「う、うん・・・綾波が聞きたいなら、いいよ・・」

アスカ「・・バッカみたい!」

シンジ(そんなに聞きたくないのかな・・・)

〜♪

カヲル「ふふ・・・・」

シンジ(カヲル君・・・少しづつ近寄って来てる・・・)

〜♪

アスカ「あぁー!!」

シンジ「・・な、なんだよアスカ そんなに不満なら・・・」

アスカ「違うわよ!ほらドアの隙間に!」

シンジ「・・な、何 アレ・・・?」

カヲル(第7使徒 イスラフェル・・・音楽を司る天使・・)

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 17:50:10.51 ID:gj2DMqlp0

アスカ「きっとあんまりな演奏だったから 気になって寄ってきたのね!」

シンジ「えぇ・・そうなのかな・・・」


ジリジリ・・・

アスカ「さぁ観念しなさい!」

ピョコッ

アスカ「えっ!?」

シンジ「ふ、増えた!?」

アスカ「え? へ?」

タタタタタ・・・

シンジ「あ・・・逃げ

アスカ「ちょ・・・逃がさないわよぉ!!」

ダダダダダ・・・

シンジ「・・行っちゃった」

165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 18:01:40.99 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

シンジ「遅いなアスカ・・」

ガチャ

アスカ「・・・・・」

シンジ「あ、おかえり」

アスカ「・・無理よあんなの!すばしっこい!」

シンジ「そ、そうだね・・」

アスカ「それに二人もいるからラチがあかないわ。シンジとあんた、手伝いなさい」

シンジ「手伝うって・・?_」

レイ「・・・・」

アスカ「あの使徒はあんたの弾いた曲に釣られてやってくるのよ。だから、チェロの演奏を聴きに来たところを・・」

レイ「あなたとわたしで捕まえるのね」

アスカ「そうよ!ホントならあたし1人でやりたいんだけど、今回ばかりはやむを得ないわ・・・」

シンジ「う、うん・・」

168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 18:11:22.26 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

アスカ「しっかり演奏しなさいよ!あんたのチェロにかかってるんだから!」

シンジ「わかってる!」

アスカ「捕まえるのは二人同時よ。タイミングずらすんじゃないわよ!」

レイ「碇君の曲が終わる瞬間、そのタイミングでいくわ・・」

シンジ「楽譜通り済ませば、曲はぴったり62秒。そこでケリをつけよう・・」

カヲル(・・僕は特にやること無いんだね)

アスカ「いいわよ、作戦開始!」

〜♪

シンジ「・・・」

レイ(25秒・・・)

アスカ(まだ現れないわね・・)


〜♪

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 18:18:40.19 ID:gj2DMqlp0

シンジ(集中・・集中・・・)

アスカ(40秒経過・・!)

レイ(・・!・・現れた)

〜♪

シンジ(集中・・集中・・完璧に演奏するんだ・・!)

レイ(残り10秒・・・)

アスカ(期を逃さず・・落ち着け・・)


〜♪!

シンジ(・・・演奏終了!)

ダッ!
アスカ「今よ!」

レイ「・・!」

イスラフェル「・・・・!?」

ガシイッ!

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 18:30:53.41 ID:gj2DMqlp0

シンジ「・・!」

アスカ「やったわ!遂に2体同時GETよ!」

カヲル「大したものだね・・・ 特にシンジ君、見事な演奏だったよ・・」

シンジ「う、うんありがとう(そして近いよ)・・・」

アスカ「・・まぁあんたらにしては上出来ね 今回は・・」

レイ「そう・・」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
アスカ「・・・ねえバカシンジ」

シンジ「え、どうしたの?」

アスカ「どうしたらこの子達 また合体するのかしら・・」

シンジ「さぁ・・ 別にそのままでもいいんじゃないかな・・?」

アスカ「分かれたままだと、名前を二つ付けなくちゃいけないじゃない」

シンジ「・・・え〜と・・イスちゃんとラフェちゃんじゃダメなの・・?」

アスカ「それだと合体したときにイスラフェちゃんになるじゃない!ナンセンスよ!」

シンジ(もう好きにしてよ・・)

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 18:45:06.66 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
土曜日

シンジ「アスカ・・・今日もやるのかい?」

アスカ「・・・当然よ ゼェゼェ・・」

レイ「あなた、凄い熱よ・・。早く帰った方がいいわ・・」

アスカ「・・うるさいわね・・ゼエゼエ・・  団長が欠席するわけにはいかないのよ・・」

シンジ「やれやれ・・」




シンジ「・・僕とカヲル君だね。 綾波、アスカを頼むよ・・」

レイ「えぇ・・なるべく早めに帰らせるわ」

シンジ「はぁ 神様でも風邪をひくんだね・・」

カヲル「単純に生活習慣に問題があったのか、願いを叶えた副作用かはわからないけど、きっとすぐ治るだろうね」

シンジ「厚い・・・僕も風邪で休みたかったなぁ・・」

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 18:53:13.95 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シンジ「・・・なんだろうこれ・・」

カヲル「樹が切り倒されてるね。森林伐採はヒトの世界じゃ珍しい事じゃないだろう?」

シンジ「けど・・こんな公園でやるものなのかな・・・?」


prrr

シンジ「綾波だ・・」

カヲル「PHSかい?」

シンジ「うん、安全の為にって 綾波がくれたんだ・・」

シンジ「もしもし・・

レイ「碇君、彼女が倒れたわ。大分無理してたみたい・・」

シンジ「やっぱり・・」

レイ「わたしは彼女を家まで送るわ。今日はもう、解散ね」

シンジ「うん、そうだね・・」

180 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 19:04:30.19 ID:gj2DMqlp0

シンジ「じゃあ、帰ろうか」

カヲル「いや せっかく二人きりになれたんだ・・今から二人で・・」

シンジ「い、いや 遠慮しておくよ・・」

カヲル「ふふ・・連れないな 君は・・・」


カヲル「・・・・・・・」


シンジ「・・カヲル君?」

カヲル「・・・離れろっ!」

ドンッ
シンジ「!? うわっ !」

ズシャアッ!

シンジ「・・・・え?  な、何なの・・・?」

カヲル「あと一瞬遅れてたら・・君の首、繋がってなかったろうね・・」

シンジ「・・こ、これは・・・・使徒・・?」

カヲル「第14使徒 ゼルエル」

カヲル「力の天使・・・最強の使徒だよ・・」

182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 19:13:19.70 ID:gj2DMqlp0

シンジ「お、大きい・・」

カヲル「最悪のタイミングで最悪の使徒が来たね・・・」

シンジ「さ、最悪・・?」

カヲル「こいつは特に凶暴な使徒でね。僕のATフィールドでも防げるかわからない・・」

シンジ「ATフィールド?」

ゼルエル「・・・・」

ズシャアッ

カヲル「つまるところ」

キィンッ

カヲル「使徒専用のバリアさ」

シンジ「す、凄い・・」

カヲル「けど・・ゼルエル相手に勝機は0だよ。長くは持たない、急ごう・・」

シンジ「うん・・・」

ピカァ

186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 19:27:43.41 ID:gj2DMqlp0

シンジ「!?」

ドゴォォ・・・

シンジ「ビ、ビーム・・・ サキエルなんかとは比べ物にならない・・」

カヲル「・・・まいったね」

ゼルエル「・・・・」

ピカァ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

prrr

レイ「・・・碇君・・」

シンジ「あ、綾波!アスカを、アスカを連れて来てよ!」

レイ「・・! 使徒なの?」

カヲル「使徒だよ。ゼルエルが現れたんだ」

レイ「・・・あなたがいるなら、逃げ切れるわ」

カヲル「どうかな・・・死ぬかもしれないね。至極あっさりと」

188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 19:39:40.05 ID:gj2DMqlp0

レイ「今の彼女を連れて行っても、どうにもならにかもしれない・・」

カヲル「・・・・。少しは、違うかもね・・」

レイ「待ってて、すぐに

ツーツー


レイ「・・碇君・・・」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シンジ「うわあぁぁ!」

ドガァァン

キィンッ

カヲル「さて・・・式波さんの助けはあまり期待できないね」

シンジ「ど、どうしよう・・」

カヲル「ふふ・・・どうせ逃げられないしね。僕達だけで何とか努力してみようか・・」

シンジ「む、無茶だよ・・・こんな化け物・・」

カヲル「男は女にすがらず 戦わなくちゃね・・・」

シンジ「・・・・でも、どうやって・・」

190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 19:52:18.96 ID:gj2DMqlp0

カヲル「僕が全力でフィールドを中和するから、その隙に何でもいいからあの赤いコアを攻撃するんだ」

シンジ「・・・それで倒せるの?」

カヲル「何回も繰り返せば、気絶くらいはするかもしれないね」

シンジ「・・・うん、わかったよ。じゃあ、この石で思いっきり殴ってみる・・」

カヲル「それじゃあ、いくよ・・」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

タッタッタ・・

レイ「・・・・」

レイ(碇君を彼女と近づけるべきじゃなかった・・・)

レイ(「鍵」・・・彼女が好意を抱いている・・ただそれだけなのに・・)

ドゴォォン・・・

レイ(!?  急がないと・・・)

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 20:05:35.44 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

シンジ「・・・・ッ!」

ガァンッ

シンジ(・・ヒビ! あとちょっとだ!)

カヲル「いいね・・その調子で・・」

ゼルエル「・・・・!」

ドゴォォッ

カヲル「!?」

シンジ「カヲル君ッ!?」

ドザッ

カヲル「・・・・少しだけ、間に合わなかったみたいだね。ふふ・・・僕のフィールドを破るか、ゼルエル」

シンジ「カヲル君、君・・・」

カヲル「・・・・別に死んではいないさ。 それに、何とかなるかもしれないよ・・」

レイ「・・・碇君・・!」

シンジ「綾波、アスカ・・・」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 20:18:06.21 ID:gj2DMqlp0

ゼルエル「・・・!」

ドゴォ・・


カヲル(・・・・・やはりというか・・)

レイ「いまの彼女じゃ、使徒は止まらないのね・・」

シンジ「・・・そんな・・」

シンジ「アスカ・・・ うわっ!?」

ドゴォォッ

カヲル「シンジ君・・!?」

レイ(当たった・・!?)

シンジ「・・・え? は、外れたのか・・」

レイ(・・・違う、攻撃が逸れた・・ 不可思議な力で・・)

カヲル(まだ式波さんの力が 働いてる・・・)

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 20:27:00.95 ID:gj2DMqlp0

レイ(碇君は・・・「鍵」・・・)

レイ(彼の危機に対して・・わずかながら力が働いてる・・・)

ゼルエル「・・・!?」

カヲル「 ゼルエルのフィールドが中和されていく・・」

シンジ「えっ・・」

カヲル「碇君、今がチャンスってことさ・・・ 思いっきりやるんだ」

シンジ「そ、そうか・・」

シンジ「・・・・ッ!」

バキャァッ

ゼルエル「・・・・!!??」

ドォォン・・


レイ「・・・使徒、活動停止・・」

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 20:38:16.22 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シンジ「・・・・死ぬかと思ったし・・」

シンジ「・・滅茶苦茶怖い思いしたのに・・・・」

シンジ「なんでコイツと同じ部屋にいるんだろう・・・・」

フワフワ・・
ゼルエル「・・・・・」

アスカ「いたずらっ子だけど根は優しいのよ!」

シンジ「そうとは思えないけどなぁ・・・ それに 場所とり過ぎだよ、ゼルエル・・」

アスカ「体が大きいのは良い事よ。どうせアンタ 毎日椅子に座ってるだけなんだから、我慢しなさい!」



ゼルエル「・・・・」

ツンツン

マトリエル「・・・・!?」

シンジ「・・・・そんなイタズラしてるとマトリエル死んじゃうよ・・?」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 21:11:44.73 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シャムシエル「・・・・・」
モミモミ
シンジ「・・・・・」

レイ「・・・・・・ペラ」

カヲル「・・・・・」

アスカ「・・・・はぁ」



アスカ「この部屋、狭いわね・・・」

シンジ「・・・だから何度もそういってるじゃないか・・」

アスカ「大掃除しても大して変わらなかったし、新しい部室に引っ越そうかしら」

シンジ「こんなに沢山入る部屋はもう空いてないんじゃないかな」

カヲル「置物じゃごまかせないレベルになってるしね・・」

シンジ(てかほとんどゼルエルのせいなんだけど・・)

アスカ「しょーがないわね!使われてない部屋とこの部屋を兼用しましょう!」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 21:22:48.24 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シンジ「これが空いてる教室?」

アスカ「ここしかなかったのよ・・」

カヲル「随分長い間使われてないみたいだね・・」

レイ「カビ臭いわ・・」

アスカ「・・うっさいわね!」

シンジ「それに思ったよりも小さいね」

アスカ「そうなのよ!これじゃあ物置と変わらないわ!」

カヲル「・・とりあえず電気をつけようか 妙な暗さだよ・・」

カチッ カチッ

カヲル「・・蛍光灯が切れてるね」

アスカ「弱ったわねぇ」

スタスタスタ・・・

アスカ「こんだけ古いと、何か珍しい物でもありそうよね」

シンジ「あんまりさばくらないほうがいいんじゃないかな・・」

207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 21:31:38.85 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

レイ「碇君、肩にシャムシエルが付いたままよ・・」

シンジ「えっ!?」



カヲル「・・・・」

シンジ「どうしたの?」

カヲル「式波さんはどこへ行ったんだろうね・・」

シンジ「へ・・・ そういえばアスカ、どこ行っちゃったんだろう・・」

カヲル「・・・ふふ 間違いない・・」

レイ「えぇ 使徒ね」

シンジ「え?  でも、まだそうと決まったわけじゃ・・」

カヲル「あの部屋の奥、天井の辺りをよく見てみるといいさ」

シンジ「・・・・」

シンジ「・・・風船?」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 21:41:19.24 ID:gj2DMqlp0

カヲル「第12使徒 レリエル 夜の天使だね」

シンジ「ア、アスカはアレにやられたの?早く助けないと!」

レイ「・・彼女が使徒から攻撃を受けることは考えられないわ・・」

シンジ「・・じゃあ 一体どうして・・」


パカ
アスカ「見なさいこれを!使徒を見つけてやったわ!!」

シンジ「!? 風船からアスカの顔が・・・」

アスカ「この子の中、凄い広いわよ!部室の使徒もラクラク入れるわ!」

シンジ「・・・そんなとこに入って、危なくないのかな・・・・」

アスカ「シンジもこっち来てみなさい!この丸っこいのの下から入れるわ!」

シンジ「・・・う、うん」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ズズズ・・・

シンジ「ここは・・」

レイ「ディラックの海。虚数空間よ」

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 21:58:25.36 ID:gj2DMqlp0

シンジ「・・海? よくわかんないけど・・・害はなさそうだね」

アスカ「この子がいればスペースの問題は解決するわよ!」

シンジ「確かに・・いくらでも物が入りそうだ・・」

シンジ「えっと、出るときはどうするの?」

アスカ「このジッパーみたいのを下ろすと外よ」

シンジ(テ、テントみたいだ・・・)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

アスカ「とりあえず中に入るのは交代制にするわ。木曜日はサキちゃんって漢字で」

シンジ「できればゼルエルは中にいてほしいな・・・」

アスカ「公平に振り分けるわよ。あと、イリちゃんの中身も飾り付けしたいわね。いささか殺風景だし」

シンジ(まぁ とりあえず部屋は広くなるから良いかな・・)


カヲル「君の肩のは定位置でいいんじゃないかな・・」

シンジ「離れないんだよね・・」

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 22:15:10.07 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
prrrr

シンジ「はいもしもし・・・」

アスカ「シンジ、グーテンアーベン!」

シンジ「・・えっと、どうしたの? こんな時間に・・」

アスカ「今日夕食に使う卵を買いに行ったの。それでゆで卵を作るつもりだったのよ」

シンジ「・・・うん それで?」

アスカ「そしたら茹でてる最中に卵が孵化したのよ!」

シンジ「・・・・え?」

アスカ「カレイみたいな生物が生まれたわ!もちろんこれは使徒に違いなと思って、今熱湯で泳がせてるの!」

シンジ「・・良かったね、食べる前に生まれてくれて・・・」

アスカ「ホントよ!明日部室に持っていくわ」

シンジ「あぁ うん・・ それじゃあ おやすみ・・・」
ピッ

シンジ(随分簡単に見つけるなぁ・・・)

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 22:27:56.31 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シンジ「結局水で泳いでる・・・」

アスカ「熱帯魚かと思ったけど、平気そうだったからガギちゃんと一緒に入れたわ」

シンジ「まぁ元気そうだね」

バシャバシャッ!!

シンジ「前にも増して水を散らかすけど・・・」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

アスカ「使徒ってどこから来るのかしら・・」

シンジ「つい先日卵から生まれたじゃないか」

アスカ「サンちゃんは卵生だけど、イロちゃんレリちゃん辺りは絶対卵から生まれないわよ」

シンジ「・・確かに・・・・」

アスカ「あたしは宇宙から降ってくると睨んでるんだけど、どう確かめようかしら・・」

カヲル「天体観測でもしてみるかい?」

アスカ「いいわね、それ。やりましょう。今夜」

シンジ「・・・・・・え〜」

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 22:36:51.57 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シンジ「ホントに 決めたらすぐ行動するんだから・・・」

アスカ「善は急げよ!」

シンジ「で、今日は何をするの・・?」

アスカ「待つのよ」

シンジ「何を?」

アスカ「あんたバカァ?使徒が降りてくるのをに決まってるじゃない!」

シンジ「そんな無茶な・・・ 隕石待ってた方がまだラクだよ・・」

レイ「碇君・・・ コーヒー、飲む?」

シンジ「あ、うん。ありがとう 綾波」

アスカ「・・・あたしにはくれないのかしら?」

レイ「・・・今ので調度無くなったわ」

アスカ「・・・・・・」

レイ「・・・・・・・」

カヲル(怖いな・・・)

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 22:42:55.33 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

シンジ「ふぁ・・ もう帰ろうよ。アスカ・・・」

アスカ「まだよ、あと5分もすればきっと落ちてくるわ」

シンジ「何を根拠に・・・」

ポッ

シンジ「・・アスカ、雨が降ってきたよ・・」

アスカ「何言ってんのよ?」

ポッ

シンジ「え?だってほら さっきから雨粒が・・」

レイ「いえ、今日は降らないわ・・」

アスカ「アンタ帰りたいからって・・・」

シンジ「い、いや 本当に・・・」


カヲル「シンジ君、上を見てごらん・・・」

シンジ「・・?」

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 22:54:51.54 ID:gj2DMqlp0

シンジ「・・・・えーと、なんだろうアレ・・」

ヒラヒラヒラヒラ・・・

シンジ「葉っぱかなにかかな・・」

ポテッ

カヲル「よく見てごらん」

アスカ「・・なによこれ? 目玉模様が入ってるわ」

シンジ「・・・これが 使徒?」

アスカ「どうやらそのようね こんな物体地球には存在しそうにないわ!あたしの予想は的中ね!」

レイ(第10使徒 サハクィエル・・・)

アスカ「この子・・一応生きてるみたいね ヒラヒラ動くわ」

シンジ「普通気付かないよ こんなヒラヒラした使徒・・」

アスカ「とりあえず部室でヒラヒラさせとくわ」


シンジ「・・・あの雨は勘違いだったのかな・・」

カヲル(小さすぎて質量爆弾になっていないんだね・・)

237 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 23:03:52.73 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ヒラヒラヒラ・・・

ポトッ

レイ「・・・・」ポイッ

ヒラヒラヒラ・・・

ポトッ

レイ「・・・・」

シンジ(読書の邪魔されてる・・・)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

カタカタカタ
シンジ(久々にパソコンつかうけど・・・どこもおかしくなってないよね?)

ピーーー
シンジ(・・・・!? うわ ウィルスだ・・・踏んじゃったよ・・・)

シンジ(またアスカに怒られる・・・  あれ?)

キュイィィィン
シンジ(ウィルスファイルが消えてく・・・)

ゲップ
シンジ(・・・・・喰ったのか・・・・)

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 23:27:24.00 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
アスカ「シンジ、来週9月13日は何の日か知ってる?」

シンジ「9月13日・・・なんだろう?」

アスカ「鈍いわね、13日は・・・」

シンジ「待って、自分で調べるから・・・ あ、セカンドインパクト記念日か・・」

アスカ「正解だけどハズレよ 今日はカヲル君の誕生日なのよ!」

シンジ「・・へぇ(・・・今年現れたとか言ってた気がするけど・・)」

アスカ「記念日と重なるとプレゼントが減っちゃって可哀そうよねぇ」

シンジ「ま、まぁそうだね・・」

アスカ「今週の日曜日、カヲル君に送る秘密のプレゼントを買いに行くわよ!」

シンジ「うん、カヲル君には普段から助けてもらってるし、何か買ってみよう」

アスカ「・・・・あの優等生も呼んでおくのよ」

シンジ「うん・・3人で決めたいよね」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 23:28:17.38 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
アスカ「シンジ、来週9月13日は何の日か知ってる?」

シンジ「9月13日・・・なんだろう?」

アスカ「鈍いわね、13日は・・・」

シンジ「待って、自分で調べるから・・・ あ、セカンドインパクト記念日か・・」

アスカ「正解だけどハズレよ その日はカヲル君の誕生日なのよ!」

シンジ「・・へぇ(・・・今年現れたとか言ってた気がするけど・・)」

アスカ「記念日と重なるとプレゼントが減っちゃって可哀そうよねぇ」

シンジ「ま、まぁそうだね・・」

アスカ「今週の日曜日、カヲル君に送る秘密のプレゼントを買いに行くわよ!」

シンジ「うん、カヲル君には普段から助けてもらってるし、何か買ってみよう」

アスカ「・・・・あの優等生も呼んでおくのよ」

シンジ「うん・・3人で決めたいよね」

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/27(月) 23:52:18.09 ID:gj2DMqlp0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シンジ「デパートに来たけど・・何を買えばいいのかな」

アスカ「何か趣味に合ったものがいいわね・・」

レイ「彼、音楽が好きよね・・・」

シンジ「そうだね いつも『歌はいい』って言ってるし・・」

アスカ「じゃあポータブルオーディオでも送りましょう」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

シンジ「・・1万円・・・」

アスカ「・・・そもそもあんた、いくらもってきたのよ」

シンジ「1500円・・」

アスカ「・・あんたバカァ・・・?割り勘にもなんないわよ・・」

アスカ「いい?皆で1つの物を買うなら、3人で同じ金額出さなきゃダメなのよ!」

シンジ「・・じゃあ、みんなでそれぞれ違うもの買おうよ」

アスカ「まぁ それでもいいわね。よく考えて選ぶのよ!」

レイ「・・・」

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/28(火) 00:08:36.83 ID:6snK8BKV0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シンジ(安くて気に入りそうなものってなにがあるかなぁ・・)

シンジ(漫画とか読まないと思うし・・・)

シンジ(ネックレスとかは高くて手が出せないなぁ・・)

シンジ(・・・・・・)

シンジ「この飾り物 結構綺麗だな・・」

シンジ「・・これでいいかな」

1480エンデース

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

アスカ「あたしは無難にオーディオよ」

シンジ「流石お金持ち・・・」

アスカ「あんたは何買ってきたの?」

シンジ「僕はこれ・・・」

アスカ「・・なんだかパッとしないけど シンプルなのは気に入るかもね・・」

シンジ「綾波は・・?」

レイ「コレ・・」

260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/28(火) 00:22:01.98 ID:6snK8BKV0

シンジ「ロ、ロボットフィギュア・・・」

アスカ「あらあら 彼ってば気に入るかしら・・?」

シンジ「・・・いや、案外こういうの好きだったりするかもしれないし・・」

レイ「大丈夫・・・」

アスカ(何よその自信は・・)「・・今思えば、カヲル君はシンジの顔写真が一番気に入りそうな気がするわ・・」

シンジ「え?」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
9月13日

アスカ「ハッピーバースデー!」

シンジ「おめでとう!」

カヲル「ふふ・・嬉しいね 他人に祝福されるのは・・」

アスカ「プレゼント、3人分用意してきたのよ。開けて御覧なさい!」

カヲル「感謝に値するよ・・・  ふふ・・どれも僕の好みの物ばかりだ・・」

シンジ「・・よかった・・」

シンジ「・・カヲル君、そのロボット好きなの?」

カヲル「エヴァはロボットじゃないよ。汎用人型決戦兵器人造人間エヴァンゲリオンさ」

263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/28(火) 00:30:56.47 ID:6snK8BKV0

シンジ「・・・へ、へぇ・・」

シンジ(案外アレだなこの人・・・)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

アスカ「シンジ、パーティーの片付け手伝いなさ・・・・」

シンジ「え、うん・・ どうしたの?」

アスカ「優等生・・あんたアレ、いくらしたの?」

レイ「2000円・・」

アスカ「・・2000円の人形って、あんなに動くものかしら?」

シンジ「・・うわ!?歩いてる!?」

シンジ「・・・これは」

アスカ「・・使徒ね!きっと着ぐるみみたいに使徒が中に入ってるのよ!大当たりよカヲル君!」

カヲル「おや 珍しいね それは・・」

シンジ(使徒の誕生日プレゼントに使徒って・・)

ガツガツ

シンジ「あ、ケーキ喰ってる・・」

268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/28(火) 00:50:59.69 ID:6snK8BKV0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
アスカ「・・・・あっついわね日本は・・」

シンジ「仕方ないよ・・・日本は常夏だから・・」

アスカ「ゼルちゃん、クーラーつけて頂戴」

ドガァッ

シンジ「・・・壊れたよ」

アスカ「・・・根は良い子なのよ」

ミーン ミーン ミーン

シンジ「セミだ・・・窓開けてたから入ってきたんだ・・」

アスカ「・・うっさい虫ねぇ・・この声聞くだけで暑くなるわ・・・」

グシャア

カヲル「片づけておいたよ」

シンジ(何も握りつぶさなくても・・・)

チチチチチ・・・

シンジ「今度はスズメだ・・・」

270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/28(火) 01:00:50.24 ID:6snK8BKV0

アスカ「うるさい鳥ね・・・」

カヲル「・・・・」

シンジ(凄いイヤな予感がする・・)

シンジ「そ、外に逃がそう!ね、カヲル君!」

カヲル「ふふ・・・大丈夫、流石に握りつぶしやしないよ・・・」

シンジ(首絞めるくらいはしそうだけどな・・)

ブーン

シンジ「今度はカナブンか・・・」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
パタパタパタ
シンジ「・・・今度は何だろう・・チョウかな・・」

アスカ「・・・・・・うっさいわね!さっきから虫やら鳥やら!」

スパァンッ

アスカ「・・・ふん」

シンジ「スリッパで・・・」

274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/28(火) 01:09:41.06 ID:6snK8BKV0

シンジ「・・・ピクピクしてる・・・・かわいそうに・・」

シンジ「・・なんていうチョウかな? 光ってて綺麗だ・・・」

カヲル「そもそもそれはチョウなのかな?」

シンジ(カヲル君の両手・・凄いことになってる・・)

シンジ「・・・鳥?にしては薄いというか・・」

レイ「使徒かどうか、ということじゃないかしら」

シンジ「・・使徒?使徒なのコレ?  ねぇアスカ、使徒だって・・・」

アスカ「・・・・・・・・」

アスカ「・・・そう、綺麗だから飛ばしておきましょう・・・」

シンジ「・・・うん、そうだね・・」

カヲル(二人とも暑さでもうどうでもよくなってるね・・・)

279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/28(火) 01:21:28.88 ID:6snK8BKV0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
アスカ「クーラー直ったわよ!」

シンジ「良かった・・・」

シンジ「あ、この使徒 飛んでると綺麗だな・・」

アスカ「美しさなら使徒随一ね!さぁもっと飛び回りなさい!」


カヲル「・・・凄いね クーラーの力は・・」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

カヲル「・・・シンジ君、君に一つ頼みがあるんだ」

シンジ「・・・?」

カヲル「この箱をね、式波さんへ渡してほしいんだ」

シンジ「渡すだけでいいの・・?」

カヲル「あぁ ホントは僕が直接済ませたいんだけど、今色々忙しくてね・・」

281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/28(火) 01:31:13.32 ID:6snK8BKV0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シンジ「・・・なんだろう、これ・・」

シンジ「・・・頼まれたものだし、中身は見ない方がいいよね・・」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

レイ「碇君、話があるわ・・」

シンジ「なんだい・・・綾波も・・」

レイ「SEELEとNERV、そして使徒に関する大切な話よ。よく聞いて・・」

シンジ「・・・!」


レイ「まず最初に忠告しておくわ・・」


レイ「あと一体、第16使徒 アルミサエルが彼女と接触すると」

シンジ「・・・・・・」






レイ「サードインパクトが発生する・・・」

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/28(火) 01:44:10.59 ID:6snK8BKV0

シンジ「・・・サ、サードインパクト!?なんで・・・」

レイ「SEELEの所持してる死海文書には、神と全使徒の接触によるサードインパクトの発生が仄めかされているの」

レイ「NERV所持の死海文書にはその記述は一切ないから、今まで何の疑問も抱かずに彼女と使徒を接触させ、観察していた・・」

レイ「偽の死海文書を渡され、利用されていた。 気付くのが遅すぎたわ」

シンジ「・・・ゼ、ゼーレはなんでサードインパクトなんか起こしたがってるんだよ・・?」

レイ「ジンルイホカンケイカク・・・」

シンジ「ほ、補完?」

レイ「多分・・人類を一度滅ぼして・・・補完された完全な生命体を作り出すの」

シンジ「そんな・・  でも もう僕、さっき・・」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

アスカ「何よ届け物って・・」

シンジ「よくわかんないけど・・コレ、カヲル君から・・」

アスカ「・・・?」

ガサガサ
アスカ「あらこれって・・・指輪?」

284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/28(火) 01:53:10.41 ID:6snK8BKV0

シンジ「・・変わった指輪だね・・・」

アスカ「・・・!? クルクル広がって・・・ なんなのかしらこれ?」

シンジ「使徒かな?」

アスカ「きっとカヲル君が見つけたから あたしにプレゼントしてくれたのね・・」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

シンジ「みたいな感じで接触しちゃったんだけど・・・」

レイ「・・・・・ダブリスとリリス」

シンジ「え?」

レイ「まだ第2使徒 リリスと 第17使徒 ダブリスが残ってる・・・」

レイ「これは予想外だけど、 彼はまだ自分を使徒と明かしていないのね」

シンジ「・・えっと アスカがカヲル君を使徒と知ったらサードインパクトが始まるの・・?」

レイ「それと、わたしの正体も」

シンジ「・・? 綾波の正体?」

286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/28(火) 01:59:31.80 ID:6snK8BKV0

レイ「私には 第2使徒、リリスの魂が宿ってる・・ 半分使徒みたいなものね」

シンジ「・・・今更、そのことに 特に驚きはしないけど・・・」

シンジ「カヲル君がそれも教えたら、世界が終る・・・」

レイ「止めないと・・・」

レイ「・・・彼女をNERVで保護するわ」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
バタァン
シンジ「アスカ!」

レイ「・・・いない・・」

シンジ(・・・なんだよ!カヲル君、信じてたのに!)

シンジ「とにかく探そう!アスカが行きそうな場所を!」

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/28(火) 02:04:28.84 ID:6snK8BKV0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――



シンジ「はぁ・・・はぁ・・・」

シンジ「あと探してないのは、この公園だけだ・・・」

レイ「・・・・・」

シンジ「・・・アスカ・・」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

レイ「碇君、あれ・・!」

シンジ「!?」

シンジ「・・・・アスカ・・と」

シンジ「カヲル君・・・」

カヲル「少しだけ、僕の方が早かったみたいだね・・・」


シンジ「・・・・なんで・・・ 君も 人類を補完したいのかい?」

289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/28(火) 02:12:34.17 ID:6snK8BKV0

カヲル「・・君達に死んでほしいわけじゃないさ・・・」

カヲル「でもね、見てみたいんだよ。補完された生命をね・・」

カヲル「ダブリスは自由意志の天使 何にも縛られない・・・」

バッ


シンジ「!?」

シュバババ・・・

レイ「部室の使徒をここに転送したのね・・」



ダブリス「さあ 式波さん  神よ 伝えるよ・・・ 僕と綾波さんの正体を・・・」


ダブリス「

シンジ「やめろぉ!!」


カッ

シンジ「・・・・・・!!!!」

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/28(火) 02:15:01.91 ID:6snK8BKV0

シンジ(   真っ白だ・・・)


シンジ(   凄い眩しい・・・)


シンジ(   これが・・・補完・・・?   )





シンジ(止められなかった・・・・・・・・・・)






シンジ(          )

293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/28(火) 02:23:17.47 ID:6snK8BKV0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
シンジ(・・・・あれ?)

シンジ(・・生きて・・・あれ?)


シンジ(なんだろう・・これは・・・・)

シンジ(紙吹雪・・・?)


シンジ(視界が晴れる・・・・)


シンジ「・・・・・・・レリエルが・・・くす玉・・?」



         ∫
         ∫
         ∫、
        / Λヾ パカッ
        ゝ/祝V
         | オ.|
         | メ,|
         | デ|
         |.ト |
         |.ウ |         

295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/28(火) 02:29:20.37 ID:6snK8BKV0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

シンジ「・・・・・・えっと・・」

レイ「・・・・・・」

カヲル「・・・・・あれ?」

シンジ「・・・・・え?」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

リツコ「・・・・これが サードインパクト?」

ゲンドウ「・・・・つまり・・・これは・・・人類ポカン計画・・・・」

リツコ「・・・濁音と藩濁音を読み違えるだなんて・・・」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

キール「・・・全ての使徒をコンプリートした神に対する・・」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

カヲル「『コンプリートおめでとう』ってとこかな・・・」



アスカ「あの さっきから何してんのアンタ達・・」

296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/28(火) 02:30:37.12 ID:6snK8BKV0

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

シンジ「・・・・・・えっと・・」

レイ「・・・・・・」

カヲル「・・・・・あれ?」

シンジ「・・・・・え?」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

リツコ「・・・・これが サードインパクト?」

ゲンドウ「・・・・つまり・・・これは・・・人類ポカン計画・・・・」

リツコ「・・・半濁音を読み違えるだなんて・・・」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

キール「・・・全ての使徒をコンプリートした神に対する・・」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

カヲル「『コンプリートおめでとう』ってとこかな・・・」



アスカ「あの さっきから何してんのアンタ達・・」

301 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/28(火) 02:35:52.42 ID:6snK8BKV0

シンジ「・・・えっと、アスカ!」

アスカ「? 何よ カヲル君とレイが使徒って聞いたのは驚いたけど・・」

シンジ「おめでとう!」

アスカ「へ?」

レイ「おめでとう」

カヲル「おめでとう・・」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
リツコ「おめでとう」

ゲンドウ「・・おめでとう」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
キール「おめでとう・・・・」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――




アスカ「・・・ま、まぁ  当然よ!あたしに不可能はないの!使徒と人間の未来は安泰よ!」

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/28(火) 02:37:46.58 ID:6snK8BKV0

『父に、ありがとう』
          『母に、さようなら』
                      『そして、全ての子供達に』






               『おめでとう』

305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/28(火) 02:38:56.83 ID:6snK8BKV0

終わりました

ありがとう皆さん

そしておめでとう



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:みくる「キョン君、今度はいったい、何が起きてるんですか?」