ハルヒ「大変よ!古泉君がうんこを漏らして死んでたわ!!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝倉「禁則事項なの」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 18:20:12.64 ID:3lF3kQ1PO

キョン「なんだって!?」

長門「ユニーク」

みくる「本当ですかぁ!?」

ハルヒ「本当よ!とにかく来て!」

キョン「ああ!!」

ダダッ

キョン「はぁ…はぁ……このトイレか」

ガチャリ

キョン「!!」

みくる「古泉君が…そんな…」

キョン「なんてこった…ッ!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 18:24:23.53 ID:3lF3kQ1PO

ハルヒ「死んでからまだそんなに時間はたってないわね…」

キョン「ああ、体がまだ温かい」

キョン「長門、これは……」

長門「本当に死んでいる。誰かが仕込んだ事ではない」

キョン「…そうか」

みくる「これは酷いです…」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 18:29:13.53 ID:3lF3kQ1PO

キョン「とにかく、警察を呼ぼう」

ハルヒ「まって、こんな姿を見られたら古泉君が天国で失禁しちゃうわ」

キョン「……わかった」

ハルヒ「私達で犯人を見つけましょう!」

みくる「古泉君の死体と、大量のうんこはどうするんですか?」

ハルヒ「ユキ、やっちゃって!」

長門「…了解」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 18:35:21.94 ID:3lF3kQ1PO

長門「はむっ、はふはふっ、はふっ!」

みくる「!?」

キョン「クレイジーだなぁ、オイ」

ハルヒ「言い忘れてたけど、ユキの主食はうんこなのよ」

みくる「Non…」

キョン「マジかよ……さすがの俺でもこれは引くわ…」

長門「ごちそうさま」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 18:40:26.77 ID:3lF3kQ1PO

?「NOOOOOOOOOO!!!!!!!!」

ガッターン

キョン「!?」

ハルヒ「隣の女子トイレからね、キョンはここで待ってて!」

キョン「あ、ああ!」

ダダッ

ガチャリ

ハルヒ「そ、そんな……」

みくる「鶴屋さんが…」

長門「うんこを漏らして死んでる、これは連続殺人」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 18:45:40.88 ID:3lF3kQ1PO

キョン「なんだって!?鶴屋さんまで?」

ハルヒ「どうやら連続殺人のようね…危ないから部室に帰りましょう」

キョン「ああ、そうしよう」

キョン「(くそっ、一体誰がこんな事を…)」

みくる「涼宮しゃぁん…うえぇぇん……」グスッ

キョン「犯人のヤツ…絶対に許さねぇ!」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 18:50:56.45 ID:3lF3kQ1PO

――部室

ハルヒ「まさか古泉君だけでなく、鶴屋さんまで…」

キョン「俺が思うに犯人は、長門だな」

ハルヒ「何言ってるのよキョン!ユキはあの時私達と一緒にいたのよ!?」

キョン「ああスマナイ、長門の主食はうんこだからつい…」

長門「……」

ハルヒ「とにかく、今日は解散よ!」

みくる「鶴屋さん……うう…」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 18:56:30.83 ID:3lF3kQ1PO

――翌日

ザワザワ

キョン「おっす」

ハルヒ「キョン!!」

キョン「? どうした、様子が変だぞ……?」

ハルヒ「うん、実はね……」

国木田「谷口……なんで…」

キョン「…?」

ドン!

谷口「」

キョン「! これは、谷口の死体!!!」

ハルヒ「谷口のアホも…うんこを漏らして死んでたわ……」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 19:02:55.72 ID:3lF3kQ1PO

この殺人の連鎖を断ち切る手だてはもうないのか……?

そして何より―――

ハルヒ「ふ…ふふふ……」

――ハルヒはもう限界だった

ハルヒ「もう終わりよ…私達もきっとうんこを漏らしながら死ぬのよ…」

ハルヒ「ふふっ、全員死ぬ運命なのよ…」

キョン「おい、落ち着けハルヒ!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 19:07:15.56 ID:3lF3kQ1PO

キョン「団長のお前がしっかりしなくてどうする!?」

ユサユサ

ハルヒ「ふ、ふふふ……」

キョン「ッ、この……ッッ!!!」

バチィンッ

ハルヒ「!?」

キョン「気をしっかり持て!古泉の、鶴屋さんのカタキをうたなくてどうする!?」

ハルヒ「!!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 19:10:50.35 ID:3lF3kQ1PO

ハルヒ「ありがとう、キョン……目が覚めたわ」

キョン「ああ、それでこそハルヒだ」

ハルヒ「……!!」

キョン「ん?どうした?」

ハルヒ「わかったのよ……犯人がね!」

キョン「なんだって!?」

ハルヒ「犯人は間違いなく…アイツよ!」

――後半へ続く

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 19:15:09.47 ID:3lF3kQ1PO

――前回までのあらすじ


古泉、鶴屋、そして谷口が何者かに殺害された



被害者は全員、うんこを漏らしていた


そしてハルヒは、犯人がわかったと言うが……?



物語は、戦慄のクライマックスへ!!

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 19:19:59.75 ID:3lF3kQ1PO

ザアァア……

ゴロゴロ……ピカッ…

ハルヒ「みんな、集まったわね?」

キョン「ああ」

みくる「涼宮さん、犯人がわかったって本当ですか?」

長門「……」

ハルヒ「本当よ、犯人は、この中にいるわ!!」

ΩΩΩ<ナ、ナンダッテー!!!

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 19:25:06.82 ID:3lF3kQ1PO

ハルヒ「私の推理はこう、犯人は、まず最も古泉君に近い人物よ」

キョン「……!!」

ハルヒ「犯人は、古泉君を殺害した後、部室に来たわ」

ハルヒ「私がその後、古泉君の死体を発見したってワケ」

みくる「…ゴクリ」

キョン「ちょっとまて、あの大量のうんこはどう説明するんだ?」

ハルヒ「まぁ聞いてなさい」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 19:31:20.94 ID:3lF3kQ1PO

ハルヒ「そして、次に殺害されたのは鶴屋さんね」

キョン「……」

ハルヒ「鶴屋さんが入っていた個室は、何故か水で濡れていたわ」

みくる「……あ!まさか!!」

ハルヒ「そう、犯人はあらかじめトイレの天井に氷をつるしていたのよ」

長門「――!」

ハルヒ「そして氷の中には、ナイフが入っていた……」

ハルヒ「氷がとけたら、ナイフが落ちるって仕掛けよ」

キョン「………」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 19:37:16.65 ID:3lF3kQ1PO

ハルヒ「犯人は鶴屋さんに下剤を飲ませていた…」

ハルヒ「そして氷がとける時間に、鶴屋さんがトイレに行くようにした」

長門「完璧な犯行」

ハルヒ「後は谷口だけど、どうでもいいわね」

キョン「おい、古泉のうんこはどうなる?」

ハルヒ「犯人は古泉くんにも下剤を飲ましていたわ」

ハルヒ「そしてトイレにつれてきて、おもいっきりカンチョーした…」

みくる「だからうんこを漏らしていたんですね」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 19:41:56.60 ID:3lF3kQ1PO

キョン「……」

ハルヒ「そして犯人は、とても古泉君と鶴屋さんを嫌ってる人物」

みくる「あ!そういえば一昨日キョン君と古泉君が喧嘩していました!」

ハルヒ「……もうわかったかしら?」

長門「…まさか」

ハルヒ「そう、犯人は―――」

ハルヒ「キョン、あんたよ!!」

キョン「ハァーッ、ハァーッ……」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 19:48:03.21 ID:3lF3kQ1PO

キョン「…ッ、ああ、そうだよ!あの三人を殺したのは俺だ!!」

ハルヒ「やっぱりね……」

キョン「古泉とか鶴屋とか谷口とか、何となくムカつくんだよ!」

ハルヒ「あんた、それだけの理由で……」

キョン「うんこを漏らさしたのも、長門のキゲンをとって、」

キョン「情報操作で何とかして貰おうと思ったのさ!!」

ハルヒ「? アンタが何言ってるのかわかんないけど…」

ハルヒ「とにかくアンタは逮捕よ、もうすぐ警察がくるわ!!」

キョン「な、なにぃ……?」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 19:51:21.77 ID:3lF3kQ1PO

キョン「きいいいいいいいいーーーーー!!!!!!」

ハルヒ「……」

キョン「くやしいくやしいくやしいくやしいくややややややややーーー!!」

長門「ユニーク」

キョン「こうなったら……」

チャキッ

キョン「ふはは、ブッ殺してやる!!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 19:55:01.19 ID:3lF3kQ1PO

長門「それは不可能」

キョン「なにぃ!?」

サラサラ…

キョン「なっ、俺の体がぁ!?」

長門「さようなら、貴方は永遠に閉じ込められる」

キョン「くそっ……ちくしょう…」

ハルヒ「キョン…」

キョン「嫌だ死にたくない死にたくない死にたくないーーー!!!!」

みくる「……」

キョン「何とかしろハルヒーーーー!!!!!お前は俺が好きなんだろーー!?」

ハルヒ「……」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 19:58:16.49 ID:3lF3kQ1PO

キョン「嫌だ死ぬ後数秒で死にたくない死にたくない死にたくない」

キョン「嫌だーーー!!死にたくないーーーー!!!逝きたくないーー!!」

サラァ……

ハルヒ「…キョン」

長門「………」

みくる「…………キョン君」





――そして一年後



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 20:01:33.88 ID:3lF3kQ1PO

ハルヒ「…キョンが死んでもう一年ね」

みくる「そうですね……」

ハルヒ「なんでキョンが消えたのかわからないけど、これでよかったのかな…」

ガシャン

子供「うわーん……」

ハルヒ「あ、どうしたの?大丈夫?」

子供「あのね、自転車の練習してるんだけど上手くいかなくて……」

ハルヒ「……」スッ

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 20:05:17.08 ID:3lF3kQ1PO

――我が子が泣きじゃくるのを見て、父親は悲しみで胸が一杯にならないだろうか

ハルヒ「頑張って、やってみましょう」

――我が子が苦しむのを見て、母親は何も思わないだろうか

子供「…うん」

いやいや、そんなことありえない

子供「がんばる……」

決して決してありえない

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 20:07:36.88 ID:3lF3kQ1PO

終わりです

みんな、サンデー読もうぜ!!

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/06/13(土) 20:15:18.33 ID:3lF3kQ1PO

何が言いたいのかと言うと、
トラウマイスタの最終回で泣いたって事

んじゃおやすみ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「・・・良い子にしてたのにプレゼントを貰えなかった」