ハルヒと長門


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:まる子「バトルロワイヤル?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/15(金) 13:40:28.59 ID:4K9dXctU0

〜部室にて〜

キョン「Zzzz…」

ハルヒ「……」

長門「……」ペラ

ハルヒ「ねぇ有希」

長門「なに?」

ハルヒ「あたしたち友達よね?」

長門「そう認識している」

ハルヒ「それじゃあさ、なんか悩み事とかない?」

長門「何故?」

ハルヒ「何故って、特に理由は無いけど」

長門「そう」



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/15(金) 13:42:30.81 ID:4K9dXctU0

ハルヒ「ほら、あたしたちってあんまりプライベートな話しないじゃない?」

長門「?」

ハルヒ「あたしこんな性格だからあんまり同性の友達いないの」

長門「朝比奈みくるがいる」

ハルヒ「みくるちゃんってなんだかんだで年上だし、有希が一番一緒にいる同い年の友達なのよ」

長門「そう」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/15(金) 13:43:59.18 ID:4K9dXctU0

ハルヒ「だから、その、もっと仲良くなりたいなぁ、って」

長門「つまり『普通』の交友関係を望むと?」

ハルヒ「うっ、団長としてあんまり『普通』を強調されると耳が痛いわね」

長門「他意はない」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/15(金) 13:46:26.66 ID:4K9dXctU0

ハルヒ「わかってるわよ。そうね、普通に友達と付き合いたいと思ってる」

長門「……」グゥ〜

ハルヒ「一緒に買い物に行ったり、恋愛の話したり」

長門(お腹がへった)

ハルヒ「そうだ!有希って好きな人いたりするの?」

長門「好きな人?」

ハルヒ「そう!好きな人!」

長門「それは異性という意味?」

ハルヒ「当たり前じゃない」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/15(金) 13:48:07.42 ID:4K9dXctU0

長門「自分から答えないとフェアではない」

ハルヒ「え?」

長門「こういった質問の場合、自分から答えずに相手にのみ回答を求めるのはフェアではない、と本に書いてあった」

ハルヒ「え?」

長門「先に言うべき」

ハルヒ「あたしが?」カァァ

長門「……」コク

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/15(金) 13:50:00.90 ID:4K9dXctU0

ハルヒ「あ、あ、あ、あたしは、その」チラ

キョン「Zzzz…」

長門「?」

ハルヒ「あたしは、今はいないわ!……多分」

長門「そう、わたしは彼が気になる」

ハルヒ「彼?」

長門「そう」チラ

キョン「Zzzz…」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/15(金) 13:52:12.32 ID:4K9dXctU0

ハルヒ「え?あれ?」

長門「そう」

ハルヒ「ほんとに?」

長門「友達に嘘はつかない」

ハルヒ「うっ」

長門「なにか問題が?」

ハルヒ「あ、あれはダメよ!止めときなさい」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/15(金) 13:55:36.35 ID:4K9dXctU0

長門「何故?」

ハルヒ「だって、その、見た目だってよくないし、冴えないし、馬鹿だし、有希には釣り合わないわ」

長門「それを決めるのはわたし」

ハルヒ「そうだけど……」

長門「……」

ハルヒ「でも、あいつは……その」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/15(金) 13:57:40.09 ID:4K9dXctU0

長門「嘘」

ハルヒ「え?」

長門「さっきまでの発言は嘘だと言った」

ハルヒ「だってさっき友達に嘘言わないって」

長門「それも含めて嘘」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/15(金) 13:59:25.72 ID:4K9dXctU0

ハルヒ「ほんとに?」

長門「今度は本当」

ハルヒ「ほんとにほんと?」

長門「くどい。友達の思い人を取ったりしない」

ハルヒ「だ、誰があいつのことなんか」カァァ

長門「なら貰う」

ハルヒ「それはダメ!」

長門「……」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/15(金) 14:01:34.15 ID:4K9dXctU0

ハルヒ「……」

長門「……」

ハルヒ「な、なによぉ」

長門「別に。……ただ」

ハルヒ「ただ?」

長門「人をからかうのはなかなか楽しい」

ハルヒ「なっ!」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/15(金) 14:03:46.07 ID:4K9dXctU0

長門「友達なら冗談の一つや二つは言うもの」

ハルヒ「そうだけど」

長門「あなたは私に普通の友達を求めた」

ハルヒ「うん」

長門「だからそれに答えられようにしてみた。何か違った?」

ハルヒ「……あたしも普通の友達ってよく分からないけど、多分あってると思う」

長門「そう」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/15(金) 14:07:20.56 ID:4K9dXctU0

ハルヒ「ここじゃ言えないけど、今度有希にはあたしの好きな人教えるはね」

長門「わかった」

ハルヒ「それじゃあこの話はこれでお終いね」

長門「……」コク

ハルヒ「有希はあたしに何かないの?」

長門「なにかとは?」

ハルヒ「質問よ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/15(金) 14:09:56.04 ID:4K9dXctU0

長門「質問……。趣味は?」

ハルヒ「不思議なこt」

長門「それはもういい」

ハルヒ「えぇ〜。他には、料理とかかな?こう見えて結構お母さんと一緒に作ったりしてるから上手なのよ」

長門(案外普通。しかし)

ハルヒ「似合わないかな?」

長門「興味がある」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/15(金) 14:11:54.99 ID:4K9dXctU0

ハルヒ「そ、そう。有希は一人暮らしなのよね。自分で作ったりしてるんでしょ?」

長門「……」フルフル

ハルヒ「もしかしてコンビニ中心?」

長門「……」コク

ハルヒ「有希らしいと言えばそれまでだけど、それじゃ全然ダメじゃない」

長門「?」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/15(金) 14:14:43.21 ID:4K9dXctU0

ハルヒ「いい。女の子は料理くらい出来ないと後々大変よ?」

長門「今日のあなたは少し変」

ハルヒ「そ、そうかしら」

長門「いつもなら『女の子らしい』などということを一々強調しない。それは朝比奈みくるの役割」

ハルヒ「そうかもね。でもなんだか有希とはなんていうの?腹を割って話したいというか、そんな感じなのよ」

長門「それは私が友達だから?」

ハルヒ「そう。それに有希って口堅そうだし」

長門「望むなら他言はしない」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/15(金) 14:16:48.82 ID:4K9dXctU0

ハルヒ「頼むわよ。SOS団の団長がこんなだったら他のみんなに示しがつかないわ」

長門「……」コク

ハルヒ「でも、有希さっき嘘ついたしなぁ〜」

長門「しつこい。それよりもさっきの話」

ハルヒ「さっき?あぁ料理の話ね」

長門「なにが得意?」

ハルヒ「ありきたりだけどカレーね」

長門「!!!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/15(金) 14:19:10.10 ID:4K9dXctU0

ハルヒ「市販のルーを何種類か混ぜると美味しいのよ。あたしの場合、味の決め手はコンビーフね」

長門「……」ゴク

ハルヒ「後は、大量の玉葱と人参にカボチャ。お肉は豚バラと手羽先」

長門「……」グゥ〜

ハルヒ「後は香り付けに月桂樹の葉も必要ね。それとた〜か〜の〜つ〜め〜、って知ってる?」

長門「知らない。興味がない」ググゥ〜


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/15(金) 14:21:32.24 ID:4K9dXctU0

ハルヒ「な、なんか今日の有希はアグレッシブね」

長門「あなたが望んだ結果こうなった」

ハルヒ「まぁ、悪い気はしないわ」

長門「そう」グググゥ〜

ハルヒ「お腹空いてるの?」

長門「あなたの話を聞いたら俄然空いてきた。カレーはとても好き」

ハルヒ「そっか……。ねぇ、今日あたしん家両親が出かけてて夜一人なのよ」

長門「それで?」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/15(金) 14:24:32.10 ID:4K9dXctU0

ハルヒ「せっかくの機会だし有希の家に泊まりに行っていい?」

長門「さっきのレシピ通りにカレーを作るなら許可する」

ハルヒ「じゃあ決まりね♪あたし家に着替えとか取りに行ってくるわね。で、ついでに買い物して行くわ」ガタ

長門「私もついて行く」ガタ

ハルヒ「今日は夜通し遊ぶわよ!」

長門「構わない」

バタンッ







キョン「ふぁぁ〜……、あれ、誰もいない」

Fin

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/15(金) 14:29:41.34 ID:4K9dXctU0

>>1です

なんとなくの思い付きで作りました

今度作るときはせめてこの倍は作るように頑張ります

どうもでしたm(__)m

あとなんか直した方がいいところあったら教えてください
今後の参考にします



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:元太「うな重うめー!」ビュルビュル