涼宮ハルヒの空白


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【ショッキングハルヒ】

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 21:10:06.20 ID:rOoVxjKyO

このSSは読者参加型SSです
ハルヒ達は同じ一週間をループしてしまいます
そこで、どうしたらループから抜け出せるのかキョンと一緒に考えてください

では始めます

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 21:21:10.49 ID:rOoVxjKyO




『チュン…チュンチュン…』
小鳥の囀る声で目が覚めた
なぜ俺は文芸部室…いや、SOS団部室で寝ていたのだ
ああそうか、昨日文化祭やって、疲れたから一眠りしてたんだ
まさか朝まで寝ちまうとはな、しかし誰も起こしてくれんかったのか
今日は何曜日だ、昨日文化祭をしたのは土曜日だから…日曜日か

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 21:27:41.84 ID:rOoVxjKyO




重たい瞼をこすりながら、トイレに向かう
とりあえず用をたして顔を洗ってから帰るか…
しかしなんかこんな光景は前にも見たような気がするが デジャヴュというヤツだろう
男子トイレに入ると、思いもしていなかったヤツがいた

「奇遇ですね」

なぜ日曜日の男子トイレに小泉がいる

「『奇遇ですね』じゃねぇよ、なんでお前かいる、なんで起こしてくれなかった」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 21:40:05.97 ID:rOoVxjKyO




古泉はいつものように白い歯を見せながら喋る
おい、その笑顔やめろ、なんか腹立つ

「忘れ物ですよ。昨日起こさなかったのは涼宮さんが」

またハルヒか

「涼宮さんが『キョンなんかほっときなさい』と言うものですから」

俺を気遣って寝かしといてくれたのか
ありがた迷惑というヤツだ

「ところで、アナタは何か事件が起こったら僕を信用してくれますか」

何だ急に。まぁいいや、一応答えておくか


1.『信用する』
2.『信用しない』
3.『またハルヒが何かやらかしたのか』

>>20

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 22:01:36.98 ID:l6g4GlpeO

4 まんこなめる

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 22:11:00.85 ID:rOoVxjKyO




「まんこ舐める」

ん?俺は急に何を言ってるんだ?
この古泉の質問にもデジャヴュを感じたから、
何か違う答えを言わないと、と考えていたら口が勝手に…

「……寝起きでボケているんですか?それとも疲れているんですか?」

古泉が哀れみの目で俺を見る
俺だって、何であんなことを言ったのかわからん

「疲れてるのかもしれん、ちょっと部室で休むよ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 22:19:23.06 ID:rOoVxjKyO




俺は部室に戻ると、
昨日鶴屋さんから貰ったヤキソバを食べることにした
鶴屋さんのクラスはヤキソバ喫茶をやったが、あまり繁盛しなかったらしい
ん?この部室で前にもヤキソバを食べたような気もするが……まぁデジャヴュだろ

「いただきます」

そう言って割り箸を割り、ヤキソバをズルズルと音をたてながら食べた
美味い、いや、マズイはずはないのだ
なんたって女子が作った物だからな、生ゴミでも美味いさ

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 22:29:36.05 ID:rOoVxjKyO




「ごちそうさま」

俺はヤキソバを食べ終えると、誰に言うでもなく感謝の言葉をヤキソバに捧げた
ちょっと日本語がおかしい気もするが、口にだしてないからいいのだ

「さて、家に帰るか」

ヤキソバのはいっていた容器と割り箸をゴミ箱に捨て、カバンをからい、帰ろうとしたその時である
靴のヒモがきれた
不吉だな、と思ったが気にとめない事した

俺はこの時すでに『カンヅイテ』いた

この先起こる事件の数々に――…



涼宮ハルヒの空白T 〜完〜

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 22:36:23.07 ID:rOoVxjKyO

涼宮ハルヒの空白 U

始めます

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 22:43:30.37 ID:rOoVxjKyO




今日は金曜日か…
明日はハルヒが待ちに待った文化祭当日だ
映画の編集を終えた俺はハルヒからしばしの休みを与えられていた
「明日はフルで働いてもらうからね!」とハルヒが言っていたが、毎日フルで働いていたんだがな…
そんなこと言ったところで、どうにもならんがな………
そんな事を考えながら校内を散歩していると、
古泉のヤロウと出会ってしまった。部室以外では正直会いたくない

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 22:52:37.64 ID:rOoVxjKyO




「なんでイヤな顔するんですか」

お前と会うのが嫌だからだよ
とは言わないことにした

「ちょっとお話があるのですが、よろしいですか?」

なんだ話って…
まぁいい、どうせまたハルヒの事かなんかだろ

「最近、何か違和感を感じませんか?」

言われてみれば…
さて、どう返そうか


1.『まぁ確かに』
2.『別に何も感じんぞ』

>>43

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 22:57:52.00 ID:M5DZ/hV4O



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 23:05:04.54 ID:rOoVxjKyO




「まぁ確かに」

確かにここ最近、何回もデジャヴュを感じることはあった
まさかまたハルヒが何かしてるのか アイツ以外考えられん

「やはり、アナタもですか」

やはりって何だ やはりって
コイツは四六時中俺のことを考えているのか

「一応、機関が調べていますが…何が起きているのか、具体的な事はまだわかりません」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 23:12:47.85 ID:rOoVxjKyO




機関の人達も大変だな
いつもハルヒのせいで働かされて

「そうか…まっ、何とかしてくれ」

「了解しました」

そう言うと古泉は風のように去っていった
ん…?さっきの風のようにうんぬんって表現もデジャヴュが…
まっ、とにかくその『機関』ってのが何とかしてくれるだろ
そろそろ教室に帰るか

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 23:23:53.90 ID:rOoVxjKyO




部室に入ると、朝比奈さんと長門がいた
長門はいつものように本を読んでいた
朝比奈さんも『おいしいお茶のいれかた』という本を読んでいた
朝比奈さんは俺が部室に入ってきたことに気付いていないらしい

「あの、朝比奈さん」

朝比奈に優しく声をかける

「ふぇ?!キョ、キョン君!?」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 23:34:38.81 ID:rOoVxjKyO



朝比奈さんはかわいらしーい声で驚いてくれた
正直たまりません

「驚かせてしまってスイマセン、お茶の勉強してるんですか?」

俺は朝比奈さんが読んでいた本に指を指した

「はい!この本のとおりにいれたら、美味しくなったんですよ!」

お茶の味の違いなんて、
俺にはわかりませんよ

「あ、そうだ。今お茶いれますね」

朝比奈さんのいれたお茶は例え毒が入っていても美味いさ

「はい、どうぞ」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 23:42:56.72 ID:rOoVxjKyO




「ありがとうございます」

俺は朝比奈さんからお茶を受け取り、一口飲んだ、美味い

「どうですか?」

どうもこうも、お茶の味の違いなんて俺にはわかりません
だがそうとは言えない、
なんかいつもより美味い気がするから美味いと答えよう

「ええ、いつもより、なんか味に深みがあります」

お茶に深みとかあるのかワカランが、とりあえずはそう答えた

「本当に?よかったぁー!」

朝比奈さんの笑顔をみると、今までハルヒにこき使われた事も忘れてしまう

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/08(金) 23:51:21.52 ID:rOoVxjKyO




バン!という豪快な音と共に、ドアが開いた
ドアの所に立っていたのは、我等が団長・涼宮ハルヒである

「ヤッホー、みんな!明日はいよいよ文化祭当日ね、気合いいれていきましょう!!」

そういう言葉は文化祭当日に言うモンだ
まぁコイツは単に文化祭が待ちきれないんだろう

「ちょっとキョン、明日よ明日!わかってるの!?」

何がだ

「明日という日は、我がSOS団、いや、全世界の歴史に残る日なのよ!」

どうやらハルヒは、
俺達の作った映画が世界的に大ヒットすると思っているらしい
するワケねーのにな

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 00:00:35.62 ID:buIZIXxZO




ま、コイツが望んだら世界的大ヒットになるんだろーよ…
そんな事を考えていると、今度は古泉がやってきた

「おや、皆さんおそろいで」

古泉は何故かビニール袋をもっていた

「あら、古泉くん、その袋の中は何?」

「ヤキソバですよ、鶴屋さんが味見してほしいと…」

ん……?ヤキソバ?
確か文化祭翌日の日曜日にも食べた気が……
文化祭翌日?文化祭はまだやってないだろ…?
やっぱり何かがおかしいな………

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 00:07:52.17 ID:buIZIXxZO

10


「鶴屋さん、気が利くわね!みんなで食べましょう!」

やはり何かがおかしいのだ
その何かがわからない
もしかして、俺達はまたループでもしているのか?
今回は同じ一日をではなく、同じ一週間を……か?

謎は深まるばかりだが、とりあえずはヤキソバを食べることにした


涼宮ハルヒの空白U 完

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 00:09:53.86 ID:buIZIXxZO

ここまでで何か質問ありますか?

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 00:14:02.44 ID:buIZIXxZO

ないですね
最終章始めます

涼宮ハルヒの空白V スタート

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 00:22:34.02 ID:buIZIXxZO




「……きて、起きてください」

いつの間にか眠っちまってたようだ
古泉の声で目が覚めてしまった
しかしなぜ俺の家に古泉が…
辺りを見渡すと、俺の家ではなく部室だった

「あぁ、そういや昨日文化祭が終わってから眠っちまってたな…」

あれ?昨日?昨日は文化祭やったような気はするんだが…はて?

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 00:26:27.93 ID:buIZIXxZO




「どうやら我々は、同じ一週間をループしていたようです」

『ループ』の言葉で一気に目が覚めた
マジかよ また俺達はループしてたのかよ

「本当か古泉!?」

勢いよく立ち上がり、古泉に近づく

「ええ、ただやっかいなのが、今回のループは特殊なループなんですよ」

特殊なループだって?なんじゃそりゃ

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 00:31:59.37 ID:buIZIXxZO




「文化祭当日、つまり、土曜日のみ、きていないんです」

どういう事だ
ワケがわからない
昨日文化祭をやったじゃないか

「涼宮さんが世界を改変しているんです、僕達の記憶も」

記憶も!?
消える事は前にあったが、記憶が作られているってのか?

「おそらく、涼宮さんは文化祭当日を来てほしいとは思ってないんですよ」

あんな楽しみにしていたのにか?
ハルヒのする事はやはりわからん…

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 00:42:54.98 ID:buIZIXxZO




「つまり、土曜日がとばされ、今日…日曜日になったワケです」

よくわからないが、
同じ一週間をループしていて、その一週間の内土曜日がスルーされちまってるってワケか

「これから何が起こるかわかりませんが、僕を信用してください」

信用…か
さてどうしたモンかね?


1.『信用するしかないだろ』
2.『何をどう信用しろと言うんだ』
3.『機関は余計な事せず、長門に任せたらどうだ?』

>>75

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 00:51:26.91 ID:L/JkLcTF0

今、3日間を記憶持ったままループするのを書いてる俺はそっとファイルを消去した

kskst

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 01:03:54.80 ID:buIZIXxZO




「機関は余計な事せず、長門に任せたらどうだ?」

機関、というのがどんな組織なのかもまだよくわかってないしな
ここは余計な事せず、長門に任せるのがベストだ

「…そうですね、僕もそれがベストだとは思います」

ならいいじゃねぇか

「ただ、僕一人に機関を止める事はできません。長門さんにも一応頑張ってもらいますが…」

確かにそうだな
てか、まだ夜中じゃねーか

「とりあえず詳しい話は後だ、今は寝かせろ」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 01:14:00.60 ID:buIZIXxZO




『チュン…チュンチュン…』
小鳥の囀る声で目が覚めた
って、これ何回もやったな
ふと思ったのだが、学校の外にでたらどうなるのだろうか?
あ、古泉が世界になんらかの障害が起こるかもしれないから出るなとか言ってたな…
しかしどうやったらハルヒに文化祭当日を来てほしいと思わせられる…?

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 01:23:16.74 ID:buIZIXxZO




考えていても仕方ない
多分、明日には記憶が消えるのだろう
誰かどうにかしてくれ………
そんな事を考えていると、
さっき起きたばっかなのに急に睡魔が襲ってきやがった
ハルヒよ………お前は何がしたいんだ?

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 01:30:54.57 ID:buIZIXxZO



月曜日、俺は部室で目を覚ました
…あれ?覚えてる、覚えてるぞ!
そうか、さすがに何回もループしてりゃ、頭に残るか!!
しかしまだ夜中だ……

ガチャ

不意に部室のドアが開く
幽霊かと思ったが、違った
ハルヒだ、我等が団長涼宮ハルヒである

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 01:35:42.39 ID:buIZIXxZO




「ねぇキョン、ちょっといい?」

俺がここにいるのはおかまいなしかい
何か言えよ てかなんでいるんだよ
まぁいいや、どうする?

1.『いいぜ』
2.『少しまて』

>>90

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 01:37:38.15 ID:GJBIfrWp0



91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 01:39:40.12 ID:buIZIXxZO

10


「いいぜ」

一体何の用なんだ
ま、別にやることないしな

「屋上にいきましょう」

屋上?
なんで屋上なんだ?

「あぁ、そうだな」

俺とハルヒは屋上に向かうことにした

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 01:43:36.43 ID:buIZIXxZO

11


屋上についた
ウチの学校は簡単に屋上にいける いいのかこんなセキュリティで

「…ねぇ、前言ったでしょ?私、ちっぽけな存在なんだって」

なんだよ急に

「今度の文化祭、本当に私達の映画、ヒットするのかな…」

「するんじゃないか」

今までのループではこんなことなかったぞ
まさか俺がループに気付いたことで何か変わりつつあるのか?

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 01:50:37.66 ID:buIZIXxZO

12


「うん、わかってる……私達が作った映画だから…」

「でもね、不安なの!もし、一人も見にきてくれなかったらって!!すごく、凄く不安なの!」

ハルヒはいきなり泣き出した
何があったんだ、おい

「もし誰も……もし誰も来てくれなかったらって、不安で!」

そうか、文化祭当日がこないのはこれが原因だったのか…

多分、俺がループに気付いた事で、世界に少しの変化ができたのだろう

「もし、もし誰に来てくれなかったら…不安で……」

「来るさ、いくらなんでも一人は来る」

「アンタに何が…………」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 01:54:24.26 ID:buIZIXxZO

13


俺はハルヒにキスをした

この世界を救うためとかそんなんじゃなく、泣いてるハルヒが可愛かったからだ

「え……」

「来るさ、俺が言うんだ。確かにお前はちっぽけな存在だ」

「だけど、俺の中ではものすごいデカイ存在なんだよ」

「きっと、文化祭当日は、忙しくなる、信じろ」








96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 01:59:49.73 ID:buIZIXxZO

14


こうして、やっと文化祭当日がやってきた
予想通り、俺達の映画は大ヒットした

なぁハルヒ、お前は神とかそんな風に扱われてるけどよ、
それを抜いたらちっぽけな人間だ
ハルヒが神じゃなかったら、例え俺が死んだとしても、
世界は何事もなく回り続けるだろうよ
でも、お前の世界は回らないんだろうな――…



答えはいつも私の胸に……





涼宮ハルヒの空白 完

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 02:04:17.88 ID:buIZIXxZO

うわ、つまんね

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/09(土) 02:07:12.15 ID:buIZIXxZO

読み直してみると、矛盾だらけだな…

次回作はもうちょいがんばります
保守や支援してくださった方、ありがとうございました!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「古泉! もうオナニーを止めるんだ!」