ハルヒ「予想検索当てゲームするわよ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝倉「ふふっ…ここがキョン君の前立腺ね」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 01:16:59.16 ID:9gHeWuGl0

キョン 「なんだ唐突に」

ハルヒ 「暇だしいいじゃない」

みくる 「どんなルールなんですかぁ?」

ハルヒ 「ひらがな一文字入力して予想検索の一番上にくるものを当てるゲームよ!」

キョン 「まぁ、退屈しのぎにはなるか」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 01:21:17.87 ID:9gHeWuGl0

ハルヒ 「今回はYouTubeでやりましょ」

古泉 「細かいルールをお聞きしたいですね」

ハルヒ 「答えを発言して入力してみて確認、当たってたら1ポイント。簡単にはこれだけよ!」

みくる 「わぁー、面白そうです」

ハルヒ 「とりあえず始めましょ」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 01:25:16.80 ID:9gHeWuGl0

ハルヒ 「順番は今座ってる場所から右回りね、あたしからいくわ」

キョン 「そこは公平にいこうぜ」

ハルヒ 「つべこべ言わないの!まずは「あ」。答えはそうね…今人気の嵐かしら?」

古泉 「さて、答えは?」

ハルヒ 「えーと、あらびき団って出たわ、はずれね。次は有希よ!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 01:28:18.84 ID:9gHeWuGl0

長門 「「か」、かんなぎ」

ハルヒ 「んーと、さっすが有希!正解〜」

キョン 「長門の口からかんなぎとな!」

ハルヒ 「有希1ポイント!次は古泉くん!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 01:32:19.73 ID:9gHeWuGl0

古泉 「そうですね〜、では「ら」、答えはらきすたで」

ハルヒ 「どうかしらね〜、正解!古泉くんも当たりよ!」

古泉 「運が良かったです」

キョン 「おまえはプライドとかないんだな…」

ハルヒ 「古泉くん1ポイント、次みくるちゃん!」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 01:39:02.33 ID:9gHeWuGl0

みくる 「ええーと、どうしましょう…」

キョン 「深く悩むことなんてないですよ、気楽にやりましょう」

みくる 「そうですね、じゃあ「と」答えはとらぶるで!」

ハルヒ 「残念!とらドラでした〜、みくるちゃんポイントなし!」

キョン 「アニメをよくご存じなもんだな、みんな」

ハルヒ 「最後はキョン!あんたよ!」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 01:41:51.91 ID:9gHeWuGl0

キョン 「さて、どうするかな。この流れならアニメでいくか」

ハルヒ 「何ぶつぶつ言ってんのよ!早くしなさい!」

キョン 「わかったよ、「え」でエヴァンゲリオンだ」

ハルヒ 「さてと、答えはどうかしら?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 01:43:03.14 ID:9gHeWuGl0

ここまで伸びないの初めてw
見てる人いるか?

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 01:47:56.26 ID:9gHeWuGl0

おk、ありがとう

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 01:52:18.25 ID:9gHeWuGl0

キョン 「さて、答えはっと。ん!?」

ハルヒ 「どうしたのキョン?答えは?」

キョン 「いや何でもない(えろシーンだと!?なんなんだいったい)」

ハルヒ 「どうしたのよ!見せなさい。…え?(えろシーン?)」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 01:58:03.67 ID:9gHeWuGl0

ハルヒ 「キョ、キョンのばかぁー///」

キョン 「お、おい。どこ行くんだよ!」

ハルヒ 「今日はもう解散よ、あっあたしは帰るわ」

キョン 「勝手すぎるぞ、それは(なんだ?そんなあいつが顔赤らめるようなことじゃないだろ)」

みくる 「追ってあげて」

キョン 「え?どうしたんですか、朝比奈さん」

古泉 「僕も同意見です、おそらく長門さんも」

長門 「…そう」

キョン 「なんなんだよ、いったい…」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 02:01:46.03 ID:9gHeWuGl0

キョン 「おい、ハルヒ。待ってくれ」

ハルヒ 「まっ待たないわよ、バカ!」

キョン 「いや、そっちは(屋上だ)」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 02:05:29.71 ID:9gHeWuGl0

キョン 「なんか勘違いしてるんじゃないのか?あれはホントにそのままの結果だ。俺が打った文字じゃない」

ハルヒ 「そ、そんなことわかってるわよ」

キョン 「じゃあ、どうしたんだ急に」

ハルヒ 「あっあたしだって女なのよ、あんなのみたら恥ずかしくもなるわよ…」

キョン 「ハ、ハルヒ…」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 02:09:56.61 ID:9gHeWuGl0

ハルヒ 「あんたは何も思わないわけ、あーゆうの見て」

キョン 「俺だって同様してただろ、おまえが強引に見なけりゃこんなことには」

ハルヒ 「え、えろシーンって何なの?」

キョン 「口では言いにくいもんだ」

ハルヒ 「お、教えなさい…よ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 02:16:24.77 ID:9gHeWuGl0

キョン 「な、何だって?(あんな女の子らしい顔をするのかハルヒが)」

ハルヒ 「…///」

キョン 「いやここは屋上だ、おまえは知らんが俺は初めてなわけで、そういうのちゃんとしたいし(て何言ってんだ俺は)」

ハルヒ 「あ、あたしだって初めてよ…知らないって言ったじゃない」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 02:23:47.70 ID:9gHeWuGl0

キョン 「ハルヒ…(く、足がすくんで動けない)」

ハルヒ 「んもう!こんなときまであたしにリードさせるわけ?」

キョン 「お、俺は、俺は…おまえのことが…」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 02:38:36.76 ID:9gHeWuGl0

キョン 「ハルヒの事が好きだあああああああ!」

(キーンコーンカーンコーン♪)

キョン 「えっ?」

国木田 「キョン…」

谷口 「おいおい!どんな夢見てたんだ?」

キョン 「う、嘘だろ…」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 02:46:24.36 ID:9gHeWuGl0

キョン 「ハ、ハルヒ!」

朝倉 「いないわよ、休憩になったとたん走って出て行ったわ」

谷口 「無理もねーよな、さすがの涼宮でもあんなこと教室で言われたら照れるだろう」

キョン 「俺はどうしたら…」

国木田 「でもやっぱそうだったんだ」

キョン 「いやあれは夢のなかでいろいろあってだな、その」

朝倉 「言い訳なんて言ってる場合じゃないわ、あんなこと女の子に言っといてほっとく気?」

キョン 「はぁ…」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 02:52:50.46 ID:9gHeWuGl0

キョン 「朝倉、俺は保健室に行ったと先生に伝えてくれ」

朝倉 「リョーカイ♪」

キョン 「すまんな、行ってくる」

朝倉 「上手く誤魔化しとくね」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 02:59:30.89 ID:9gHeWuGl0

キョン 「さて、どこにいるだろうか?部室か」

みくる 「キョンくん!」

キョン 「朝比奈さん、ハルヒを見ませんでしたか?」

みくる 「顔を真っ赤にしながら部室のほうに向ってました」

キョン 「そうですか、ありがとうございました」

みくる 「何かあったの?」

キョン 「ええ、ちょっとしたことが。すいません、急ぎます」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 03:04:26.44 ID:9gHeWuGl0

キョン 「ハルヒ!って長門がなぜここに?」

長門 「…」

キョン 「おまえ授業はいいのか?」

長門 「…眼鏡を…してないほうが…かわいいって……」

キョン 「どうした長門?」

長門 「私は…あなたが好き」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 03:33:18.80 ID:9gHeWuGl0

キョン 「…(長門の口元は動いていなかった。声も誰かが真似ているような感じ。それが誰だか俺にはすぐわかった。)」

長門 「…そこ」

キョン 「ん?(長門がテーブルの下を指さす)」

ハルヒ 「ちょっと有希!何ばらしてんのよ」

キョン 「ハルヒ…」

ハルヒ 「へ、返事を聞かせなさいよ…」

キョン 「え?」

ハルヒ 「あっあたしの告白に対しての返事を聞かせなさいっていってんの!」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 03:39:51.16 ID:9gHeWuGl0

キョン 「俺はさっき教室で言った通りだ」

ハルヒ 「そ、それは返事じゃないわ///」

キョン 「す、好きだ」

ハルヒ 「き、聞こえないわ///」

キョン 「ハルヒのことが好きだ」

ハルヒ 「口だけじゃない、どーせほんとは、ってちょっ」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/03(日) 03:51:07.94 ID:9gHeWuGl0

いつのまにか長門はいなくなっていた。
俺とハルヒは何度もキスをしあんなことからこんなことまで…
丸々1時間の授業をそこでさぼることとなった。
俺とハルヒはいつもの場所で永遠の愛を誓ったのであった。-Fin-

過疎すぎワロタ
>>36おまえのためだけに書いたような感じになったから
心から感謝するように!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:マリ「姫にアレが生えた!?」