キョン「ハルヒに問題だ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「長……」長門「ゆきりんです!よろしくねっ」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/01(金) 18:03:50.00 ID:GVY5+diIO

キョン「毛の生えた硬いものを口の中に出し入れして
最後に白い液を出す行為といえばなに?」
ハルヒ「な・・・なに考えてんのよエロキョン///」カァァァ
キョン「正解は歯磨きでしたwww」
ハルヒ「・・・っ///」
キョン「ハルヒはなんだと思ったんだ?w」
ハルヒ「フェ・・・なっなに言わせよとしてんのよ
バカキョン!エロキョン!」
キョン「(フェラってやっぱり言わないか)」
キョン「(次は長門にするか)」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/01(金) 18:16:03.15 ID:GVY5+diIO

キョン「長門に問題だ」
長門「・・・」コクッ
キョン「毛の生えた硬いものを口の中に出し入れして
最後に白い液を出す行為といえばなに?」
長門「フェ・・・歯磨き」
キョン「長門始めの方が聞き取れなかったんだが・・・」
長門「わ・・・私は歯磨きとしか言ってない」
キョン「・・・そうか」
キョン「(さすが長門。動揺しても表情が変わらない。
俺以外は表情の違いに気づかないだろうな)」
キョン「(誰もフェラと言わないな・・・朝日奈さんに期待するか)」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/01(金) 18:29:41.15 ID:GVY5+diIO

キョン「朝比奈さんちょっといいですか?」
みくる「なんですか?」ニコッ
キョン「(相変わらず可愛い笑顔だ・・・今夜のおかずにしよう)」
キョン「いきなりですけど問題です」
みくる「はい」
キョン「毛の生えた硬いものを口の中に出し入れして
最後に白い液を出す行為といえばなんですか?」
みくる「キョ・・・キョン君///そ・・・それは///
その・・・///フェ・・・ら///」カァァァ
キョン「あの・・・聞き取りにくいので
はっきりいって貰っていいですか?」
みくる「えっ・・・と・・その///」
キョン「(もう一押しだな)」
キョン「答えはなんですか?」
みくる「ふえぇぇん」
キョン「(!泣かせてしまった)」
キョン「あ、朝比奈さん正解は歯磨きです。
では、俺は用事があるのでさようなら」
みくる「・・・キョン君の意地悪」グスッ

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/01(金) 18:42:43.33 ID:GVY5+diIO

キョン「誰なら言ってくれるだろ?」
古泉「どうしたのですか?そんな顔して」
キョン「うわっ!こ・・・古泉か!びっくりさせやがって」
古泉「すいません。あまりにも深刻そうな顔で悩んでいらしたので」
キョン「そんなに深刻そうな顔してたか」
古泉「はい。悩み事なら相談に乗りますよ」
キョン「(古泉に試してみるか)」
キョン「古泉、いきなりだが問題だ」
古泉「はい?」
キョン「毛の生えた硬いものを口の中に出し入れして
最後に白い液を出す行為といえばなんだ」
古泉「普通に考えれば歯磨きですね。
それともあなたは僕にフェラと言わせたいのですか?」
キョン「い・・・いや。そんなわけないだろ」
キョン「(普通にフェラって言ったな・・・)」
古泉「なに動揺してるんですか?」
キョン「べ・・・別に動揺なんかしてないさ」
古泉「なんなら僕があなたにフェラしてさしあげましょうか?」
キョン「え・・・遠慮するよ」
古泉「友達に遠慮なんかしないでください」
キョン「顔ちけぇよ!
あとホモダチなんかいらん!
じゃ・・・じゃーな」
古泉「・・・チッ」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/01(金) 18:59:23.78 ID:GVY5+diIO

キョン「ふぅ・・・危なかった。初フェラが古泉はねーよ」
????「あらキョン君奇遇ね」
キョン「お・・・お前は・・・眉毛!!!」
眉毛「眉毛じゃないわよ。朝倉よ」
キョン「なんだ朝倉か」
朝倉「なんだ朝倉かとはなによ」
キョン「(朝倉にしてみるか)」
キョン「朝倉に問題だ」
朝倉「いきなりなによ」
キョン「毛の生えた硬いものを口の中に出し入れして
最後に白い液を出す行為といえばなんだ?」
朝倉「・・・」スッ
キョン「・・・無言でそんなもの出さないでくれるか?」
朝倉「うん。それ無理」
キョン「(やばい!目がマジだ!逃げないと)」
キョン「ち・・・ちなみに答えはなんだと思う?」
朝倉「・・・」スッ
キョン「(これはやばいな
朝倉に隙をつくらないと
殺される)」
キョン「・・・朝倉、答えは歯磨きだ」
朝倉「!!!!////」
キョン「(よし!隙ができた。逃げろ)」ダッ
朝倉「あっ!逃げた!ま・・・まちなさいよっ」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/01(金) 19:23:35.36 ID:GVY5+diIO

キョン「(ハァハァ。どうにか逃げ切れた)」
キョン「このまま学校に帰るのは危険だ。
・・・部活サボって帰るか」

佐々木「やあキョン。ひさしぶりだね」
キョン「さ・・・佐々木じゃないか!元気にしてたか?」
佐々木「キョンが僕のことを心配してくれるなんてうれしいな」
キョン「そりゃ心配するさ」
佐々木「ありがと。僕は元気だよ」
キョン「(佐々木は絶対あれにひっかからないだろうな)」
キョン「いきなりだけど問題だ」
佐々木「?」
キョン「毛の生えた硬いものを口の中に出し入れして
最後に白い液を出す行為といえばなんだ?」
佐々木「歯磨きに決まってるじゃないか」
キョン「・・・そうだ。正解だ」
キョン「(やっぱりひっかからないか・・・)」
佐々木「キョンはもしかして
僕が別の答えを言うことを期待したのかな?」
キョン「そ・・・そんなことないさ」
佐々木「それはどうかな」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/01(金) 19:37:42.43 ID:GVY5+diIO

キョン「・・・」ドキドキ
佐々木「キョン。今君はかなり動揺してるね
何故なら僕に核心を突かれたからだ
キョン・・・女の子にそのような言葉を言わせるのは
どうかと思うよ」
キョン「・・・ごめん。俺が悪かった」
佐々木「まったく・・・キョンときたら
久しぶりにあった女の子にそれはないよ」
キョン「・・・すまん」
佐々木「で・・・でもキョンがどうしてもというのなら・・・
その///」
キョン「?(なにが言いたいんだ)」
佐々木「キョ・・・キョンのためなら///
は・・・恥ずかしいけど///」
キョン「佐々木、大丈夫か?顔が赤いぞ」
佐々木「な・・・なんでもないよ///
そっ・・・それじゃあ///」
キョン「あっ・・・おい佐々木」
キョン「いったいなんなんだ」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/01(金) 20:01:46.00 ID:GVY5+diIO

鶴屋「やあキョン君!青春だねっ」
キョン「鶴屋さん!見てたんですか!?」
鶴屋「さっきの可愛い女の子は彼女かい?」
キョン「か・・・彼女じゃありませんよ!
中学の頃の友達です」
鶴屋「なんかあやしいにょろ」ジーッ
キョン「そ・・・そんなに見つめないでください///
恥ずかしいです」
鶴屋「赤くなっちゃって
キョン君は可愛いなぁ」
キョン「(わ・・・話題を変えない)」
キョン「鶴屋さんに問題です」
鶴屋「クイズなら得意にょろ」
キョン「毛の生えた硬いものを口の中に出し入れして
最後に白い液を出す行為といえばなんですか?」
鶴屋「う〜ん」
キョン「(あれ?普通に悩んでる)」
鶴屋「あっ!わかったにょろ!
歯磨きだね」
キョン「(あっ普通に答えた)」
キョン「正解です。さすが鶴屋さんですな」
鶴屋「当たり前にょろ
じゃあ私は用事があるから
バイバイキョン君」
キョン「さようなら」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/01(金) 20:19:13.17 ID:GVY5+diIO

妹「キョン君おかえりー」
キョン「ただいま。あといきなり抱き着くのやめなさい」
妹「はーい」
キョン「(妹にあの問題だしても無駄か・・・
妹がフェラなんか知ってる訳ないか)」
キョン「すこし寝るから夕食の時に起こしてくれ」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/01(金) 20:24:55.46 ID:GVY5+diIO

キョン「さて・・・寝るか
ん?携帯に着信が・・・」

新着メール 58件
不在着信 21件

キョン「全部ハルヒからだ・・・
そういえば部活サボったんだったな
とりあえず電話するか」

俺は近いうちにすっからかんになるであろう
自分の財布の中身の心配しながら
ハルヒに電話を掛けた。

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/01(金) 20:33:13.57 ID:GVY5+diIO

〜閉鎖空間〜
古泉「(彼が無断で部活をサボるから閉鎖空間ができてしまった
それにしてもなんて卑猥な形の神人なんだ・・・
これでは神人ではなくて
チン人じゃないですか・・・)」
森「古泉ッ!ボーッとするな」
古泉「はっはい!」
古泉「(彼は涼宮さんにもあの問題を出したのか・・・
しかし森さんはチン人を見ても無反応ですね・・・
もう少し女性らしい反応をして欲しいものです)」

終わり

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/05/01(金) 20:37:51.61 ID:GVY5+diIO

ごめん
オチが思い付かんかった

あと携帯で長文打ってたから親指がやばい



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「渚カヲルを女性専用車両に乗せてみた」