長門「暑い・・・」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「今日も暇だし安価で古泉に何かしてみるか。」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 01:50:07.83 ID:wL4GrhoE0

キョン「よう」

古泉「やあ、どうも。久しぶりですね」

キョン「おう」

キョン「長門、久しぶり」

長門「コクン」

キョン「やあ、待たせてしまいすみませんね、朝比奈さん」

みくる「いいえ、私たちも今来たとこなんです」

キョン「はは」

キョン「て、あれ?ハルヒはまだなのか」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 01:52:43.33 ID:wL4GrhoE0

キョン「ふふふ。今日こそアイツに奢ってもらおうじゃないか」

古泉「んっふ、楽しみですね」

・・・・・・

みくる「遅いですねぇ」

キョン「二時集合だよなぁ。集合場所も駅前って言ってたし」

古泉「ふむ・・・。何かあったんでしょうか」

長門「・・・」

・・・・・・

長門「・・・!」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 01:56:00.39 ID:wL4GrhoE0

キョン「ん?どうした長門」

ピピピ

古泉「おっと、電話です。失礼。もしもし?」

長門「急いだほうがいい」

みくる「ふぇ?」

キョン「何が?」

長門「病院」

キョン「あ?」



キョン「おう古泉。電話、ハルヒからか?」

古泉「大変な事になりました。涼宮さんが事故に遭ったそうです」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 01:59:35.63 ID:wL4GrhoE0

古泉「○○病院です!急いで下さい!」

ブロロ

キョン「くっ・・・運転手さん!もっとスピード上げてください!!」

こ、困りますよぉお客さん・・・

古泉「気持ちはわかりますが落ち着いてください!」

みくる「ふぇぇぇぇ涼宮さぁぁぁぁぁん」

長門「・・・」ナデナデ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 02:03:37.48 ID:wL4GrhoE0

キョン「そ、そうだな。すみません、運転手さん」

いや、いいんだよ。目一杯急ぐからもう少し待ってて下さいね

古泉「ありがとうございます」

みくる「ヒック・・・ヒック・・・」

長門「大丈夫だから・・・」ナデナデ

・・・・・・

キョン「しかしあれだな古泉。機関の情報網は凄いな。助かるよ」

古泉「24時間体制で涼宮さんの近くにいますからね・・・」

古泉「しかし・・・それだけに事故は防げたはずたった・・・。申し訳ありません」

キョン「お前が謝る事じゃないさ」

さ、着くよ!代金はいらないから急いで行ってあげてくれ



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 02:10:02.15 ID:wL4GrhoE0

古泉「病室はここですね・・・」

ガチャ

ハルヒ「あら、キョン。それにみんなまで」

みくる「ふぇぇぇぇぇぇんすずみやさああああん」ガバッ

ハルヒ「み、みくるちゃん、ちょっとちょっと」

キョン「お、お前、無事なのか?」

ハルヒ「結構ハデに飛ばされたんだけどね。意外と平気だったみたい」

キョン「平気ってお前・・・」

みくる「あのお、どうして事故に?」

ハルヒ「目の前で子供が飛び出して、それを助けたの。私は車を避け切れなかったんだけどね」

キョン「マンガかよ!!」

古泉「ふふ。運動神経の賜物、と言ったところでしょうか。無事で何よりです」

ハルヒ「まあでも、頭を強く打っちゃったのよね」

ハルヒ「検査の為に、2週間は入院が必要なんだって」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 02:15:23.93 ID:wL4GrhoE0

キョン「強く打ったって、全然平気じゃないじゃないか!」

ハルヒ「大丈夫よ、検査するだけだって。外傷も全然ないし」

みくる「ふぇぇぇ心配ですうう」ギュゥゥ

ハルヒ「ふふ、ありがと」ナデナデ

古泉「2週間、ですか」

キョン「あ・・・」

ハルヒ「そ、2週間。ぴったり夏休み最終日までね」クス

長門「・・・・・・」

ハルヒ「みんな、ごめんね。今日呼び出した私がこんな事になっちゃって」

ハルヒ「ほんと、ごめん」

キョン「いや・・・」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 02:20:01.47 ID:wL4GrhoE0

ハルヒ「SOS団として残りの夏休みを過ごせないのはちょっと残念だけど」

ハルヒ「でもまあ合宿もできたしね!悔いは無いわ!」ニコ

・・・・・・

キョン(強がりやがって・・・かける言葉も無いな・・・すまんハルヒ)

ハルヒ「ちょっと、何よ皆、静まっちゃって」

ハルヒ「あ、そうだ」ゴソゴソ

ハルヒ「これあげるわ!」

キョン「ん?なんだ?」

ハルヒ「残りの夏休みの予定表よ!昨日寝ないで考えたんだから」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 02:25:51.67 ID:wL4GrhoE0

キョン(プール盆踊り花火虫取りカラオケボウリング・・・くそ、ハルヒ)

キョン(俺たちもお前と一緒に遊びたかったよ・・・)

キョン「・・・で、これをどうしろって?」

ハルヒ「そうね、是非活用して欲しいわね」

ハルヒ「だってほら、現に今そうやってアンタ達お葬式みたいなテンションじゃない」

ハルヒ「私に気を使ってアンタ達の残りの夏休みをつまらなくさせるのもなんだしね」

ハルヒ「その予定表を参考に、目一杯楽しみなさい!これは団長命令よ!」ニコ


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 02:30:35.04 ID:wL4GrhoE0

・・・・・・

キョン「古泉」

古泉「はい」

キョン「その、閉鎖空間は発生していないのか?」

古泉「と、いいますと?」

キョン「ハルヒの奴、凄まじいストレスだろうよ。これからの2週間、楽しみにしてた事を全て奪われて」

キョン「・・・入院してなきゃならないんだろ?」

キョン「それこそ世界の改変させる規模のものができそうじゃないか」

古泉「いえ、全くもって閉鎖空間の発生は無さそうです」

キョン「マジなのか?」

古泉「マジです」

長門「・・・・・・」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 02:34:43.78 ID:wL4GrhoE0

古泉「恐らく彼女は、本当に我々に残りの夏休みを楽しんで欲しいと思ったんでしょうね」

古泉「私だって遊びたいのに、ではなく、逆に我々を気遣ってくれてまで、そう思ってくれたんです」

キョン「・・・」

みくる「涼宮さん・・・」ポロポロ

長門「・・・」ナデナデ

古泉「殊勝ですね」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 02:38:54.13 ID:wL4GrhoE0

古泉「どうでしょう、今日はとりあえず解散という事で」

キョン「そ、そうだな。ハルヒも一応無事だった事だし」

キョン「これからの事はまた後日考えよう。予定表だってあるしな」

キョン「よし、残りの夏休み、ハルヒの分まで楽しもうじゃないか!」

みくる「グス・・・おー!」ニコ 古泉「はい!」 長門「コクン」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 02:44:38.53 ID:wL4GrhoE0

翌日

キョン「メール・・・古泉からだ」

キョン「なになに、今回の件についての処分と再研修?」

キョン「2,3日は顔を出せません、か、古泉、ドンマイ」

ピピピ

キョン「お、今度は電話。もしもし」

みくる「あ、キョンくん。みくるです」

キョン「やあどうも。どうかしました?」

みくる「それが、昨日泣き過ぎちゃって、目がすごい腫れちゃってて・・・」

キョン「へ?」

みくる「ちょっとお外にでられない顔になっちゃってて、すみません、2、3日はちょっと・・・」

キョン「あー・・・あ、はは、そうですか」

みくる「ごめんなさぁい・・・」

キョン「いえ、はは、なんというか、お大事に」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 02:50:10.68 ID:wL4GrhoE0

キョン「なんだい二人して」

キョン「・・・暇だなー」

キョン(ハルヒ、暇だろうなあ)

妹「キョンくん!キョンくん!」

キョン「へいへい。なんでござーしょ」

妹「キョンくんも、今日のお祭り行くー?」

キョン「お祭り?」

妹「そうだよ、今日、お祭りだよ?知らなかったの?」

妹「わたしはね、お母さんといくよー。キョンくんはみくるちゃん達といくのー?」

キョン「へー、俺は行かないけどな。皆忙しいんだって」

妹「へー、そうなんだー」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 02:52:43.13 ID:wL4GrhoE0

キョン「お祭りね・・・」

キョン「・・・おー、甲子園も準決勝かー」

キョン「・・・いや、今の振ってるだろ」

キョン「・・・」

キョン「あ」

キョン「えーっと」ピピピ

キョン「もしもし?」

長門「もしもし」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 02:54:49.59 ID:wL4GrhoE0

キョン「今日の夜、暇か?」

長門「ひま」

キョン「おー。そうかそうか」

長門「何?」

キョン「うちの近くで祭りがあるらしい。どうだ?一緒に」

長門「祭り」

キョン「そうさ。焼きそばやたこやき。かき氷だって食える」

長門「行く」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 02:59:10.23 ID:wL4GrhoE0

キョン「じゃあ、6時にいつもの公園まで迎えに行くよ」

長門「そう?」

キョン「おう。長門自転車持ってないだろ?こっちまで歩くとそれだけで疲れるからな」

長門「いいのに」

キョン「いいって。じゃ後でな」

長門「あ」

キョン「ん?」

長門「服装はどうするべき?」

キョン「ん?あー、なんでもいいよ。動きやすければ」

キョン「浴衣があればいいんだがな。さすがに持ってないだろう」

長門「ユカタ。把握した」ピ

キョン「?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 03:04:26.20 ID:wL4GrhoE0

妹「じゃ、キョンくん、行ってきまーす」

キョン「はーい。ん、俺もそろそろ行くか」

・・・・・・

キョン「しかし、この公園に来るのは何回目になるのかね」

キョン「・・・今日は涼しいな。祭り日和だ」

長門「おまたせ」

キョン「おー。って、あれ!」

長門「何」

キョン「浴衣持ってたのか・・・」

長門「・・・持っていた」

キョン「へ、へー・・・」

長門「へん?」

キョン「い、いや」

キョン「・・・似合ってるぞ」

長門「・・・そう」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 03:08:18.28 ID:wL4GrhoE0

キョン(やっぱ長門って・・・よく見たら可愛いんだよな)キコキコ

長門「ユカタというものは実に自転車に座り辛い。不向き。」

・・・・・・
ドーン ドーン

ワイワイ ガヤガヤ

キョン「おー。やってるやってる」

長門「これがお祭り」

キョン「そうだぞ。日本の文化だ。大和魂だ」

キョン「俺も久しぶりに来たなー。あの出店、あの盆踊り」

キョン「夏だなあ」

長門「コクン」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 03:12:17.95 ID:wL4GrhoE0

キョン「どれ、出店周ろうか。腹も減ったろ」

長門「焼きそば」

キョン「よし・・・えっと、お、あそこだ」

キョン「結構込んでるな。まあこれも風情だな。はぐれるなよ、長門」

長門「大丈夫」

ギュ

長門「裾をつかんでいる」

キョン「・・・そ、そうか」

キョン(やめてくれ長門よ。Tシャツが伸びるだろ)

キョン(てのは嘘ぴょんで!なんというか、は、恥ずかしいだろうよ)



39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 03:16:06.49 ID:wL4GrhoE0

キョン「これが出店の焼きそばだ。どうだ、うまそうだろう」

長門「これが」

キョン「そうだ。見た目で味を判断するなといういい見本だ。ほれ」

長門「いただきます」

長門「・・・・・」

キョン「どうだ、これが夏の味なのだ」

長門「美味・・・」フルフル

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 03:19:02.44 ID:wL4GrhoE0

キョン「そしてこれが出店のたこ焼きだ」

長門「6個」

キョン「そうだ。一人当たり3個という計算になるところだが」

キョン「浴衣に免じて1個長門に譲ろうと思っている」

長門「・・・」フルフル

キョン「どうだ、いなせだろう」

長門「いなせ」

キョン「ほれ、食べてみ」

長門「これも美味・・・」フルフル

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 03:22:41.57 ID:wL4GrhoE0

キョン「そしてこれが出店のかき氷だ」

長門「青い」

キョン「これはだな、ブルーハワイといって」

キョン「日本にいながらにしてハワイの青空を感じる事ができるのだ」

キョン「美味にして珍味。これを食わずにして夏は語れないのだ」

長門「・・・」フルフル

キョン「ささ、一口」

長門「夏・・・」フルフル

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 03:24:39.65 ID:wL4GrhoE0

キョン「食ったなー」

長門「満腹」

キョン「はは。でも、食うだけが祭りじゃないんだ」

キョン「射的に金魚すくい。あ、お化け屋敷なんてのもあるんだなー」

キョン「何かして遊ぶか」

長門「コクン」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 03:29:13.08 ID:wL4GrhoE0

キョン「いやー、遊んだ遊んだ。そろそろ終わりの時間なのかな?ちらほら出店が閉まってる」

キョン「どれ、そろそろ帰ろうか、長門」

長門「コクン」

キョン「いやー、祭りの後の静けさってのがまた風情があってだな・・・」

長門「・・・あ」

キョン「わかるか?長門よ。・・・ん?どした?」

長門「これ・・・」

キョン「ん?お面か。」

長門「・・・」

キョン「欲しいのか?」

長門「・・・」

長門「思い出に」

キョン「え?あ、ああ・・・」

キョン(今微かに・・・笑った?)


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 03:33:33.44 ID:wL4GrhoE0

キョン「あれだな、やっぱり宇宙人だから惹かれたのか?」キコキコ

長門「なに?」

キョン「お面。ウルトラマン」キコキコ

長門「ウルトラマンにこだわった訳ではない」

長門「ただ、形に残るものが欲しかったから」

キョン「あ、ははっ・・・思い出なっ」キコキコ

長門「そう」

キョン(調子狂うわ・・・)

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 03:36:03.54 ID:wL4GrhoE0

キョン「到着、と」

長門「帰りまで送ってもらい申し訳ない」

キョン「何言ってんだ。浴衣姿の子を祭り帰りに一人で帰らすなんて俺の武士道精神がだな・・・」

長門「・・・」じっ

キョン「な、なんだ?」

長門「今日は、ありがとう」

キョン「お、おう・・・はは」

長門「・・・」じっ

キョン「・・・・・・」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 03:39:51.14 ID:wL4GrhoE0

キョン「・・・あ!」

長門「なに?」

キョン「ハルヒ、ハルヒだよ、はは」キョロキョロ

長門「・・・?」

キョン「何してンのかなーあいつ。明日見舞いにでもいくかなーはは」アセアセ

長門「・・・」

キョン「じゃ、じゃあ俺帰るわ!また近いうちに今度は古泉と朝比奈さんも呼んでどっか行こう」

キョン「じゃ、じゃあな!」

キョン(見詰め合うと素直にお喋り出来ない・・・)キコキコ

キョン(しゃれになってないぞ・・・今日の長門はなんだったんだ?)キコキコ

長門「・・・」

長門「・・・そう」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 03:45:09.10 ID:wL4GrhoE0

翌日

キョン「そんな感じだった訳だ」

ハルヒ「ふーん、なる程ね」

キョン「喋りすぎて暑くなった。冷房強めていいか?」

ハルヒ「アホか!ここは病室だ!もっと我々患者を敬いなさい!」

ハルヒ「てかね、いくつか突っ込みたいんだけど、いいかしら?」

キョン「あ?何が」

ハルヒ「まずね、お見舞いのみやげがヨーヨーって何かしら」ニコ

キョン「お!それな!昨日釣ったんだ!大物だろう!どうだ、嬉しいか!」パァァ

ハルヒ「ほ、本気なのね・・・」

キョン「え、何が?」

ハルヒ「い、いや、だったらいいのよ」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 03:49:41.82 ID:wL4GrhoE0

ハルヒ「もひとついいかしら?」

キョン「あ?どうぞ?」

ハルヒ「あんたの話が、まあ、話半分だったとしても」

ハルヒ「アンタ相当にぶいわねー。重症も重症。致命傷よ。アンタも入院する?」

キョン「にぶいって何が。第一な、入院するなら昨日の長門だ。ありゃ重症だったぞ」

ハルヒ「・・・」

キョン「なんだ口開けて。はしたない」

ハルヒ「あきれた・・・」

キョン「ああ?」

ハルヒ「わかった。もう帰りなさい」ニコ

キョン「笑顔こわっ!なんだよなんだよ」

キョン「じゃあな。安静にしてろよ?近いうちに他の奴も見舞いにくると思うから、風呂入っとけよ」

ハルヒ「うるさいアホキョン!!とっとと帰れ!!」

ガチャ バタン

ハルヒ「・・・ばーか」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 03:55:38.55 ID:wL4GrhoE0

3日後/残り10日

キョン「お、メール」

キョン「古泉か。再研修とやらは終わったのか。どれどれ」

キョン「今日は長門さんと朝比奈さんと一緒に涼宮さんのお見舞いに行きます」

キョン「あなたもどうですか?ふん、俺はもう行ったからパス」

キョン「朝比奈さんも復活したのかー」

キョン「おー、甲子園も決勝かー」

キョン「・・・・・・」

キョン「zzz」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 03:58:17.89 ID:wL4GrhoE0

ピピピ

キョン「んあ」

キョン「電話か・・・」

キョン「もしもし?」

古泉「どうも」

キョン「おう、見舞いは行ったのか?」

古泉「ええ。今解散したところです」

キョン「ご苦労」

古泉「それで、明日、喫茶店に集まりませんか?と朝比奈さんが」

キョン「行く。今すぐにでも行く」

古泉「んっふ」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 04:01:53.87 ID:wL4GrhoE0

古泉「ところで・・・」

キョン「なんだ?」

古泉「長門さんとお祭りに行ったそうですね?」

キョン「ああ。行った。お前と朝比奈さんが俺を振ったからな」

古泉「ふふ、すみません」

キョン「それがどうかしたか?」

古泉「いえ・・・ただ」

古泉「長門さんが、そうですね。少々嬉しそうに話して下さったので」

キョン「嬉しそうに?長門が?」

古泉「ええ。少なくとも僕にはそう見えました」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 04:05:54.14 ID:wL4GrhoE0

キョン「・・・そうかい。で?」

古泉「いえ、僕からは何も言う事はありません」

キョン「あ?じゃあ切るぞ」

古泉「機関は今回の事故の件で神経質になっています。あまり涼宮さんを刺激しないでいただきたい」

古泉「これは機関としてのメッセージです」

キョン「あ?よくわからんな。」

古泉「ふふ。相変わらずですね」

古泉「それでは、また明日」ピ

キョン「なんだってんだ全く」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 04:09:02.09 ID:wL4GrhoE0

翌日/残り9日

妹「おかえりー」

キョン「ただいま。母さん、水着どこだっけ」

妹「水着ー?海いくの?」

キョン「プールだけどな。明日行くことになった」

妹「みくるちゃんたちとー?いいなーつれてって!!」

キョン「だーめ。お前まだ宿題終わってないだろう」

妹「キョンくんだってそうじゃん!ずるーい」

キョン「大人はいいの!かあさーん、水着どこだっけー」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 04:14:14.17 ID:wL4GrhoE0

翌日/残り8日

みくる「ひゃあ!長門さーん、水がぬるくて気持ちいいですよう」ニコニコ

長門「今はいる。待って」

キョン「ふむ」

キョン「古泉」

古泉「なんでしょう」

キョン「水着って、いいよな?」パァァ

古泉「ふふふ」

古泉「どうでしょう、僕の肉体美は」ニコ

キョン「気持ち悪っ!!」

古泉「んっふ」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 04:17:13.32 ID:wL4GrhoE0

キョン「いやー、疲れた。日焼けもした」

古泉「僕もです。8月ももう終わりといえど、日差しはまだまだ強いんですね」

キョン「それに比べて、二人は真っ白だなあ」

みくる「へへへ、でもクタクタですう」

長門「指がふやけている」

キョン「ははは」

古泉「それでは今日は解散しますか。そうですね、あと一回位、夏休み中に集まりましょうか」

キョン「そうだなー」


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 04:21:45.51 ID:wL4GrhoE0

古泉「では」ニコ

みくる「じゃあね、キョンくん、長門さん」ニコ

キョン(いいスマイルっ!そっかー二人は帰る方向が一緒なんだよなー古泉殺す)

長門「・・・」じっ

キョン「って、おわ!」

長門「何?」

キョン「あー、えーっと」

長門「・・・」じっ

キョン(コイツまた・・・)

キョン「えーっと、あのー」

キョン「あ、送ってこうか?はは?」

長門「そう」

長門「お言葉に甘えて」

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 04:23:54.93 ID:wL4GrhoE0

キョン「ふう。着いたぞ」

長門「ありがとう」ニコ

キョン「お前!」

長門「何?」

キョン「い、いや・・・」

キョン(絶対笑った!今こいつ笑ったって!)

長門「・・・・・・」

キョン「・・・・・」

キョン「・・・じゃあ、帰るわ。はは」

長門「まって」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 04:26:49.40 ID:wL4GrhoE0

キョン「な、なんだよ」

長門「・・・」

長門「私は夏休みを満喫している」

長門「あなたのおかげ」

長門「ありがとう」ニコ

キョン「な・・・・」

長門「じゃあ」

キョン「・・・ま、待て」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 04:30:04.81 ID:wL4GrhoE0

キョン「・・・お前長門か?」

長門「わたしはわたし」

キョン「だったらなんで・・・」

長門「・・・わからない」

長門「自然と微笑む事ができた」

長門「お祭り、楽しかったから」

長門「だから、あなたのおかげ」

キョン「な、何が!」

長門「にぶい」

長門「おやすみなさい」ニコ

キョン「・・・・・・・・・」

キョン「なんだってんだ」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 04:30:47.82 ID:wL4GrhoE0

ちょっと眠いから端折るわ。
どうしても終わらせてから寝たいから

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 04:33:02.94 ID:wL4GrhoE0

翌日/残り7日

キョン「って感じだ」

ハルヒ「ふーん・・・」

キョン「あっついなーこの病室」

ハルヒ「てか焼けたわねーアンタ」

キョン「だろ?痛くて風呂入れなくてな。お前はちゃんと入ってるのか?」

ハルヒ「死にたいの?アホキョン」ニコ

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 04:36:07.40 ID:wL4GrhoE0

ハルヒ「しかし、有希がねー・・・」

キョン「ああ。ちょっと心配だよな」

ハルヒ「・・・?心配って」

キョン「暑さで壊れちゃったんかなーっておい!」

バキッ

ハルヒ「でてけ」

キョン「ああ!?てめ何しやがる!!」

ハルヒ「でてけっつってんのよ。殺すわよ?」

キョン「訳わかんねー・・・もう二度とこねーよ!!!」

バタンッッ

ハルヒ「・・・・・・」

ハルヒ「・・・・・・もう嫌」ポロポロ

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 04:39:42.14 ID:wL4GrhoE0

3日後/残り4日

キョン「ようやく顔の腫れ引いたよ」

キョン「しかしあのくそハルヒ・・・なんだって殴りやがったんだ?」

キョン「忌々しい・・・ああ忌々しい・・・いまいまs」ピピピ

キョン「もしもし?」

古泉「古泉です。ちょっとでてきてもらえますか?」

102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 04:43:56.28 ID:wL4GrhoE0

キョン「いきなり人んちに押しかけやがって・・・て、あれ、朝比奈さんも一緒ですか」

みくる「あ・・・どうもぉ」オロオロ

キョン「ん?どうした古泉。顔が怖いぞ。便秘か」ニヤニヤ

古泉「・・・貴方って人は!!!」

グィッ

キョン「なっ・・・!!」

みくる「や、やめてええええ古泉君、冷静に話そうって言ったじゃない」

古泉「・・・」ギリギリ

キョン「ちょ、ま、まじで苦しい・・・コラ古泉」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 04:47:14.00 ID:wL4GrhoE0

キョン「離せコラ!!!」

古泉「・・・・・・」

キョン「はぁ!はぁ!なんだってんだどいつもこいつも!!」

古泉「どいつもってのは、誰の事です?」

キョン「ハルヒとお前だ!!ああ、そうだな。長門も入れたっていい!」

古泉「なっ・・・」

キョン「お前ら暑さのせいでぶっ壊れやがってこの・・・訳わかr」

バシッ・・・!!

みくる「いい加減にして・・・」ポロ

キョン「・・・っ!・・・っ!」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 04:52:17.39 ID:wL4GrhoE0

古泉「いいですか?あなたに言う事は2つだけです」

古泉「1つ。プールに行った翌日の晩。非常に大きな閉鎖空間が発生しました」

古泉「言ったはずです。涼宮さんを刺激するなと。今回の神人討伐で被った機関への損害は尋常ではありません」

キョン「・・・っ!」

古泉「2つ。そうですね。それは朝比奈さんに言ってもらいましょうか」

古泉「ああ、もうひとつだけ。無礼を働いてしまい申し訳ありませんでした・・・」

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 04:54:29.23 ID:wL4GrhoE0

古泉「あとは頼みました、朝比奈さん」

みくり「・・・」

みくる「キョンくん・・・」

キョン「・・・なんだよ」

キョン「なんなんだよアンタら・・・」

みくる「こっちのセリフです」キッ

キョン「・・・」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 04:57:19.94 ID:wL4GrhoE0

みくる「もう少しだけ、素直に考えてみて?」

みくる「にぶい、じゃ済まない事態になるかもしれないの」

みくる「それほど今回の閉鎖空間は大きかった、いや、特殊だったみたいなの」

キョン「なんで俺が・・・」

みくる「それよ。それがいけないの」

みくる「長門さんの事だってそう」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 05:00:11.68 ID:wL4GrhoE0

みくる「嬉しかったから笑ったんじゃない」

みくる「何か問題あるの?」

キョン「・・・」

みくる「涼宮さんがなんでキョンくんを殴ったかわかる?」

みくる「キョンくんの事s」キョン「朝比奈さん」

みくる「はい?」

キョン「暑さでおかしくなってたのは俺かもしれないっすね」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 05:01:46.89 ID:wL4GrhoE0

最終日

ハルヒ「んー」

ハルヒ「シャバの空気はうまいわねー」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 05:04:24.98 ID:wL4GrhoE0

ハルヒ「しっかしアイツ、結局マジでこなかったわね」

ハルヒ「・・・・・・」

ハルヒ「大体アイツは思いやりがなさすぎるのよ」

ハルヒ「イライラしてきたわ」

ハルヒ「電話だ」ピピピ

ハルヒ「もしもし?」

谷口「ういーっす」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 05:05:57.15 ID:wL4GrhoE0

ハルヒ「不快な声ね。切るわよ」

谷口「待てって!」

ハルヒ「・・・何?」

谷口「さっきキョンとお前んとこの長門有希が一緒に歩いてたんだよ!」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 05:07:36.51 ID:wL4GrhoE0

ハルヒ「有希・・・」

谷口「手繋いでだぜ!いくら親友でも浮気は許せないからよー。一応報告したぜ!じゃな」

ハルヒ「・・・・・・」

ハルヒ「・・・・・・」

・・・・・・・・・

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 05:12:27.75 ID:wL4GrhoE0

/残り14日

驚かない。

私はわかっていた。

あの日涼宮ハルヒが起こした大きな閉鎖空間。

そこにはある特殊な情報が含まれていた。

彼女には時間をループさせる事さえ可能、と、思念体はその情報から判断した

それを古泉一樹に伝えると、彼は血相を変えた


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 05:15:56.45 ID:wL4GrhoE0

古泉一樹は私の話を聞いてこう言った

涼宮ハルヒに夏休みを「やり直したい」と思わせては駄目だ、と。

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 05:17:37.17 ID:wL4GrhoE0

果たしてそうであろうか。

涼宮ハルヒは言った。皆で楽しんでと。心からそう思ったに違いない。

私は本当に本当に楽しい夏休みを過ごせた。

しかし、涼宮ハルヒにとってはそうではない。

ループさせてあげたい。

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 05:20:48.54 ID:wL4GrhoE0

昨日(という表現が正しいのかはわからないが)両ほほを晴らした彼が家に来た

涼宮ハルヒ、ごめんね。もう少しだけ我侭を。

彼の級友が通る予定である場所を、通る予定である時間に私たちは腕を組んで歩いた。

ごめんね。

127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 05:23:16.54 ID:wL4GrhoE0

8月17日。まだ夏休みは2週間もある。

彼女にとって、最高の夏休みになりますように・・・

もう笑ってはいけない

私の役目は観測だから。

待ち合わせは2時。そろそろ行こう。

玄関の戸を開ける。

8月17日。

長門「暑い・・・」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 05:24:05.34 ID:wL4GrhoE0

眠いと頭が回らないくて何かいてるかわからなくなった。構想ちゃんとねってたのに

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 05:29:55.99 ID:wL4GrhoE0

ごめんねもっとちゃんと書きたかったごめんね

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/07/16(木) 05:58:25.49 ID:wL4GrhoE0

なんで長門はエンドレスエイトで何回もお面買うのかとか

なんでエラーがたまりつつも600年とか待っていられるのかとか
(ハルヒに悔いのない夏休みを過ごしてほしくて。初志貫徹)

原作の伏線をかるくひろってるとこは自分で自分をほめたいです



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:アスカ「キスしよっか」