ハルヒ「七夕アンサンブル」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「年中絵にしたいんだ、ここを」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 01:55:35.52 ID:JdMXKOpN0

暇な人や眠れない人は良かったら見ていってください。

では、投下開始!

2 名前:1[以下、携帯から] 投稿日:2009/04/28(火) 01:56:51.04 ID:y1IhsG3mO

キョン「じゃあな」

友達「帰り道分かる?」

キョン「当たり前じゃん」

友達「また、来いよ」

キョン「ああ」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 02:00:41.16 ID:y1IhsG3mO

キョン「ヤバい、迷ったかなぁ」

ミーンミーミーミーン

キョン「暑いし、此処どこだぁ」

?「ねぇ!」

キョン「あ、お前誰?」

?「あたしは涼宮ハルヒ、三年生。あんたは」

キョン「俺も三年生だけど」

ハルヒ「あ! この前テレビで見た動物に似てる!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 02:04:06.32 ID:y1IhsG3mO

キョン「え?」

ハルヒ「キョンだキョン」

キョン「なんかカッコ悪い呼び方だな」

ハルヒ「良いじゃん、別に」

キョン「はぁ」

ハルヒ「で、キョンは迷子なの?」

キョン「ち、違うよ! そういうお前は此処でなにしてんだよ!」

ハルヒ「あ、あたしは…」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 02:08:05.11 ID:y1IhsG3mO

キョン「もしかして、お前が迷子なんじゃねぇの」

ハルヒ「違う。 あたしは、迷子じゃないよ」

キョン「迷子! 迷子!」

ハルヒ「違うってば…うぅ…ぐすん」

キョン「ご、ごめん! 泣くなよ!」

ハルヒ「うぅ…ひっく……」

キョン「俺も迷子だから」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 02:13:37.47 ID:y1IhsG3mO

ハルヒ「本当?」

キョン「本当だよ」

ハルヒ「あんたも、迷子なんだ…ぅう」

キョン「そうだよ、悪いかよ!」

ハルヒ「うぅん…ぐす」

キョン「……お前、家何処だよ」

ハルヒ「遠く…うぅ」

キョン「泣くなよ、一緒に帰ろうぜ! なっ!」

なでなで

ハルヒ「うん…でも、遠いよ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 02:18:02.61 ID:y1IhsG3mO

キョン「何処ら辺なの?」

ハルヒ「電車で来たから」

キョン「じゃあ、駅探そうぜ」

ハルヒ「うん」



ハルヒ「ねぇ、キョンはなんで迷子なの?」

キョン「友達の家からの帰り。 初めて来たから迷っちまった」

ハルヒ「ふーん」

キョン「お前は?」

ハルヒ「あたしはプールに来たんだけど、帰る時に適当な道に行ったら迷っちゃった」

キョン「そうか」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/28(火) 02:20:09.00 ID:y1IhsG3mO

ハルヒ「ねぇ、道は合ってるの?」

キョン「多分」

ハルヒ「多分って、もう日が暮れちゃうわよ」

キョン「そんな事言われても」

ハルヒ「こっち行きましょ」

ガシッ

キョン「引っ張るなよ」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 02:23:23.47 ID:y1IhsG3mO

ハルヒ「ねぇ、キョンは宇宙人とか居ると思う?」

キョン「どこかに居るんじゃない。でも、未来人とかもいたら良いよね」

ハルヒ「あと、超能力者もいたら楽しそうじゃない?」

車「ビッー!」

ハルヒ「うわ!」

ガシッ

キョン「気をつけろよ」

ハルヒ「うん、ありがと///」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 02:28:19.27 ID:y1IhsG3mO

キョン「なぁ、ところでいつまで手を繋いでるの///」

ハルヒ「良いじゃん、別に///」

キョン「良いけどさ」

ハルヒ「ねぇ、あそこのコンビニで道聞こう」


コンビニ

店員「そこの道を―――」

キョン「喉乾いたな、お金お金。150円しかないや……」

ハルヒ「キョン、道聞いてきたよ」

キョン「じゃあ、行こっか」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 02:31:21.41 ID:y1IhsG3mO

キョン「道間違いないの?」

ハルヒ「多分…」

キョン「多分って…」

ハルヒ「暑いし、喉乾いたしお腹空いたし疲れたし最悪」

キョン「はぁ」

ハルヒ「もう直ぐ夜だし」

キョン「持つよ」

ハルヒ「え?」

キョン「バッグ」

ハルヒ「良いの?」

キョン「男だからな」

ハルヒ「ありがと」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 02:33:14.00 ID:y1IhsG3mO

ハルヒ「駅無いね」

キョン「うん」

ハルヒ「暑いなぁ」

キョン「あ、駄菓子屋だ」

ハルヒ「本当だぁ、行こ♪」

キョン「え? 行くの」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 02:36:38.05 ID:y1IhsG3mO

駄菓子屋

ハルヒ「お腹減ったし、何か買おうよ」

キョン「(お金無いよ…)」

ハルヒ「あ、帰りの電車賃しか無い……」

キョン「……奢る」

ハルヒ「いいよ、別に」

キョン「おばちゃん、チェリオ頂戴」

ハルヒ「……」

おばちゃん「はい、100円ね」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 02:38:13.35 ID:y1IhsG3mO

キョン「はいよ、あげる」

ハルヒ「でも…」

キョン「良いから、飲めよ」

ハルヒ「ありがと…」ゴクゴク

キョン「(はぁ…仕方ないよな)」

ハルヒ「ん///」

キョン「え?」

ハルヒ「半分飲んだから///」

キョン「いいよ、全部飲んで」

ハルヒ「いいから!///」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 02:41:28.27 ID:y1IhsG3mO

キョン「じゃ、じゃあ///(間接キス…だよな)」

ハルヒ「///」

ゴクゴク

ハルヒ「間接キスだ」

キョン「ぶふぉっ!」

ハルヒ「アハハ、汚い」

キョン「急にそういう事言うなよ///」

ハルヒ「キョン、顔が真っ赤だよ」

キョン「お、お前だって」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 02:43:53.48 ID:y1IhsG3mO

ハルヒ「う、嘘! あたし顔真っ赤?」

キョン「嘘だ」

ハルヒ「うぅ///」

キョン「(か、可愛い…)」

おばちゃん「(若い頃を思いだすねぇ)」

ハルヒ「ねぇ、幾ら残ってる?」

キョン「50円」

ハルヒ「あたし、ちょっとだけ使えるから併せてアイス買おうよ」

キョン「良いけど」
ハルヒ「じゃあ、コレ」

おばちゃん「80円」

ハルヒ「スプーン二個下さい」

おばちゃん「はいよ」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 02:46:35.14 ID:y1IhsG3mO

ハルヒ「ありがとうございます。 はい、キョン」

キョン「う、うん」

ハルヒ「いただきま〜す♪」パクリ

ハルヒ「冷たぁい♪」

キョン「ウマいなぁ」

ハルヒ「はい」

キョン「ん?」

ハルヒ「あーんして」

キョン「は、恥ずかしいだろ///」

ハルヒ「早くしなさい!」

キョン「う、……あーん」

ハルヒ「あーむっ」パク

キョン「ああ! 騙したな」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 02:50:35.40 ID:y1IhsG3mO

ハルヒ「じゃあ、もう一回あーんして」

キョン「あーん」

ハルヒ「ほれ」

キョン「あむ…」パク

ハルヒ「美味しい?」

キョン「美味しい///」

ハルヒ「じゃあ、あたしにも頂戴」あーん

キョン「あーむっ」パク

ハルヒ「ああ!」

キョン「おあいこだ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 02:52:25.44 ID:y1IhsG3mO

ハルヒ「ちゃんと頂戴よ」あーん

キョン「ほれ」

ハルヒ「美味しい///」



ハルヒ「もう真っ暗だね」

キョン「うん」

ハルヒ「あそこの公園行こ」

ガシッ

キョン「お、おい」

公園

キョン「見晴らしが良いな」

ハルヒ「あ! あそこに見えるの駅じゃない?」

キョン「ん、本当だ!」

ハルヒ「あっちに向かえば帰れるよ」

キョン「そうだな」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 02:55:30.48 ID:y1IhsG3mO

ハルヒ「わあ!ねぇキョン。 星が綺麗じゃない?」

キョン「すげぇ!本当に綺麗だな」

ハルヒ「あ、そういえば明日七夕だね」

キョン「そうだっけ?」

ハルヒ「そうだよ、願い事書くの忘れてた。何にしよっかな♪」

キョン「願い事色々あって悩むよな」

ハルヒ「そうそう」

キョン「俺、何にも考えてなかったよ」
ハルヒ「……あたし決めた!」

キョン「何にするの?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 02:57:57.77 ID:y1IhsG3mO

ハルヒ「秘密だよ♪」

キョン「教えてよ」

ハルヒ「やだよぉだ」

キョン「ケチだなぁ、ハルヒは」

ハルヒ「あ!」

キョン「ん?」

ハルヒ「今日初めて、名前で呼んでくれた」

キョン「///」

ハルヒ「ねぇ、もう一回呼んで」

キョン「……ハ、ハルヒ///」

ハルヒ「えへへ、ありがとキョン」


チャリンチャリン

キョン「!?」

警察「君達何してるの、もう遅いから早く帰りなさい」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 03:04:30.36 ID:y1IhsG3mO

駅前交番

ハルヒ「ねぇ、手握って良い」

キョン「うん」

ガシッ

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ母「すいません、娘が―――」

キョン「お母さん?」

ハルヒ「うん」

ハルヒ母「ハルヒ、何やってるのよ心配かけて!」

キョン「ごめんなさい、俺の所為です! ハルヒは悪くありません! だから、ハルヒに怒らないで下さい」

ハルヒ「キョン……」

ハルヒ母「ハルヒ帰るわよ」

ハルヒ「うん…」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 03:05:57.78 ID:y1IhsG3mO

ハルヒ「うん…」

キョン「……」

ハルヒ「ねぇ、また会えるかな?」

キョン「会えるよ!俺、ハルヒの事は絶対に忘れないから!」

ハルヒ「あたしも、キョンの事忘れないよ」

ハルヒ母「ハルヒ、早くしなさい」

ハルヒ「……じゃあね」

キョン「じゃあな」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 03:09:16.04 ID:y1IhsG3mO

翌日

女子「ねぇ、ハルヒなんて書いたの?」

ハルヒ「秘密♪」

『キョンに、また会えます様に』

キョン「これで、よし」

友「なぁキョン、ハルヒって誰だよ?」

キョン「教えねぇよ」

『ハルヒに、また会えます様に』

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 03:13:55.50 ID:y1IhsG3mO

中学3年 七夕

佐々木「そういえば、今日は七夕だね」

キョン「そうだったか?」

佐々木「ああ、今では只のイベントと化してはいるけどね」

キョン「七夕と言えば、小学生の頃に七夕の前日に迷子になったっけ」

佐々木「くっくっ、キョンが迷子ね」

キョン「笑うなよ。同い年の迷子になった女の子と一緒に、駅を探したんだが見つからなくてな」

佐々木「それで、どうしたの?」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 03:21:09.53 ID:y1IhsG3mO

キョン「確か夜になってから公園で、警官に声掛けられて帰れたんだと思う」

佐々木「へぇ、何かその女の子が羨ましいね」

キョン「どうして?」

佐々木「どうしてかな」



北高部室


ハルヒ「はぁ、何をやってるのかしらキョンの奴」

古泉「そろそろ、来ると思いますよ」

ハルヒ「ねぇ、古泉君。 夢って何かを暗示してたりするかしら?」

古泉「はっきりした根拠はないので断言出来ませんが、夢の中にはそういったものも有ると言われてますね。 何か夢を見られたのですか?」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 03:24:20.07 ID:y1IhsG3mO

ハルヒ「夢というか実際にあった事が、夢に出てきたのよ」

古泉「ほぅ、どんな夢ですか?」

ハルヒ「小学三年生位の時に迷子になったのよ。 その時、同い年の迷子の男の子に出会ったの」

古泉「ロマンティックです」

朝比奈「羨ましいですねぇ」

長門「ロマンチック」

ハルヒ「それで、駅を探してたんだけど見つからなくて、最後は警察の人と一緒に駅に行って帰ったわ。 夢の中の男の子は、顔がよく見えなかったけどね」

古泉「ふむ」

朝比奈「夢って不思議ですよねぇ」

長門「……」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 03:26:26.04 ID:y1IhsG3mO

ハルヒ「だから、あの男の子は今何してるのかしらって。何かあるのかしら?」

古泉「好意があったんですね」

ハルヒ「まあ、ちょっとはね」

古泉「近い内に、会えたりするかもしれませんね」

ハルヒ「本当に?」

古泉「その可能性もあるかと」

朝比奈「会えると良いですねぇ」

ハルヒ「明日、七夕だし…」ブツブツ

キョン「遅れてスマン」

ハルヒ「遅い! バカキョン!」

End

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/28(火) 03:28:12.22 ID:y1IhsG3mO

読んで下さった方いるかな?ありがとうございました。
淡々とした話で、すいません。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョンと体の相性が良すぎて逆らえない」