ハルヒ「キョン、パチンコ屋を潰すわよ!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「趣味はニコニコ動画です」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 15:20:21.17 ID:0bJev99IO

キ「は?…あぁ頑張れ。陰ながら応援してる。」
ハ「何言ってんの?アンタも手伝うのよ!」

キ「…手伝う手伝わないは置いといてだな、何で潰すなんて物騒な事を考えたかをまず聞こうか。」
ハ「決まってんじゃない、景気対策よ。」
キ「景気対策?」

ハ「給付金だの消費税率の引き下げだのまどろっこしい事する前にね、世の中のパチンコ屋根こそぎブッ潰すのが一番の景気対策なの。間違いないわ。」

キ「まぁわからないでもないが…でもお前、」
ハ「パチンコ屋の店員の雇用先はどうなる、液晶メーカーの受注の大半はパチンコ台だ、言いたい事はこの辺りかしら?」
キ「……その辺りだ。」
ハ「でしょうね。そんなもんはね、些末な問題なの。韓国はパチンコ全面禁止してから景気は上向いたわ。別原因でヤバいみたいだけど。
グチグチ考えてる間にパチンコが原因の債務者は増えてく。まず潰す、他は後でいいのよ。」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 15:24:24.21 ID:0bJev99IO


こいつが景気なんてもんに目を向けてるとはね。
やろうとしてる事は無謀もいいところだが、一理あるってのは確かだろう。

キ「…一応聞いてやる。方法は?」
ハ「至極簡単。潰れるまで出すのよ。」
キ「出す?何をだ。」
ハ「銀玉。」



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 15:28:30.28 ID:0bJev99IO

キ「…じゃあ何か?軍資金持ってパチ屋行ってまともに勝負して売上が飛ぶほど大当りを連発する、そう言いたいのか?」
ハ「そうよ。」

真正のアホだコイツ。

キ「バカかお前は!ちょっとまともに聞いて損したわ!パチ屋の前に俺らが破産するに決まってんだろ!!」
ハ「大丈夫よ。」
キ「なんでだよ!?」

ハ「なぜなら、アタシは必ず勝つから。」
キ「……!!」



6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 15:33:07.15 ID:0bJev99IO

…いい笑顔だなオイ。だが、

ハ「やるわよね?」

こいつが勝つと言った以上、

キ「…やらないって言っても無駄なんだろ、どうせよ。」

ハ「そ。偲びないわね。」
キ「……構わんよ。」

――勝ちは決まったのかもしれない。

―――



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 15:37:26.44 ID:0bJev99IO

土曜、駅前広場。

古「みなさん、これを。」
ハ「なにこれ、免許証じゃない!?」

古「偽造です。我々は高校生ですからね。店員に怪しまれればそこで追い出されてしまいます。
今日の我々は19歳、いいですね?」

み「は、はいっ!」
ハ「スゴいわね古泉君!年齢の事なんて考えもしなかったわ。」



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 15:41:22.38 ID:0bJev99IO

キ「あー長門、今日も制服似合ってるなぁ……。」
長「そう。」
ハ「…有希、制服はマズいわ。それ以外持ってないの?」
長「?」

古「そんなこともあろうかと、」

何故かジャストサイズの長門の衣装。
古泉に若干の恐怖を覚えつつ俺たちはパチンコ屋に向かった。


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 15:45:45.73 ID:0bJev99IO

最初のターゲットは全国規模のチェーン店、○ハン。

キ「ところでお前らいくら持ってきたんだ?俺は1万しかないんだが…。」
ハ「1万2千円。」
古「僕は2万円です。」
み「み、みなさんお金持ちですね…わたしは5千円しか…。」
長「千円。」

まともに勝負するのにあたって、それらの金額が多いのか少ないのかパチンコ未経験の俺には分からない。
…が、

千円は多分少ない。

―――



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 15:50:18.33 ID:0bJev99IO

ハ「さーて、潰すわよ!!」
キ「声がでけぇよ!!」

み「いろんな台があるんですねぇ。」
古「僕は打つ台を決めていますので。ではみなさん、御武運をお祈りしています。」

ハ「有希はどれ打つの?」
長「エヴァ。」
ハ「あーあれね。アニメ好きをギャンブル狂いに引き込む悪台だわ。徹底的に出し尽くしなさい!」
長「了解した。」

…長門(千円)の目が、光った気がした。

――



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 15:54:40.39 ID:0bJev99IO

キ「さて、俺はどーすっかなぁ。」
ハ「私とアンタはコレ。」

キ「ん?あお……のファフナー?」
ハ「そうきゅうの。これもアニメが元なんだって。」

キ「なんでこれなんだ?」
ハ「ネットで調べたの。現行機種で一番波が荒いらしいわ。」
キ「波?」
ハ「ギャンブル性が高いって事。緒戦の相手には持ってこいね。やるわよ。」
キ「あ、あぁ。」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 15:59:30.41 ID:0bJev99IO

20分後

キ「…お前、化け物か。」
ハ「誰が化け物よ!アンタ何やってんのよ、さっぱりじゃない!」

2回転目であっさり当て、すでに3箱目に突入したハルヒに対して、俺はすでに5千円を消化していた。

ってもう手持ちの半分じゃねーか!?
怖ぇ…パチンコ怖ぇ……。

キ「俺ちょっとみんなの様子見てくる……。」

――



35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 16:07:08.90 ID:0bJev99IO

古「おや、休憩ですか?調子はどうです?」

…古泉、早くも2箱目。

キ「…お前もかよ。」
古「と言うことは涼宮さんも出ているみたいですね。まあ当然と言えば当然でしょう、なにせ涼宮さんですからね。
僕のコレは多少不正な手段ですが。」

キ「…あ?」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 16:12:50.18 ID:0bJev99IO

古「実はこの話を上層部に上げた所、賛成派が大多数でしてね。
早い話がパチンコ屋など潰してしまえ、手段など選ばずに、というわけです。
まぁ大っぴらに機関が何かするわけではなく、あくまで涼宮さんの行動の元に、です。今の所はですが。」

キ「…具体的に何してやがんだ?」
古「中身を入れ替えてあります。この機種は通常1/312の確率で大当りを引き当てますが、この台に限り1/31の確率で大当りを引く、」
キ「…ってことは、」

古「常に確率変動状態ということですね。」



40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 16:16:32.72 ID:0bJev99IO


キ「汚ねぇぞお前!!」
古「まぁそう言わずに。機関が一晩でやってくれました。
涼宮さんの、ひいては世界の為ですよ。僕もギャンブルは否定派ですしね。」

キ「…齢17にして人を信じられなくなりそうだぜ。」
古「1/1に設定することも出来たんですがね。まあ涼宮さん以上に出すのも問題があるかと思いまして。」

キ「安心しろよ…今日のハルヒもばっちり神様やってやがるからよ…。」

――



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 16:20:21.64 ID:0bJev99IO

み「あ、キョン君!すごいです、なんか止まんないです!」

朝比奈さん、もすでに2箱目。
ビギナーズラックってやつか?俺には来ないのに…。

……いや、まさか…、

キ「すごいですね朝比奈さん。ギャンブルの才能があるんじゃないですか?」
み「え…う、うん。そそそうかもしれないですね。」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 16:24:55.77 ID:0bJev99IO

この反応。
朝比奈さんは未来人、…ってことは、

キ「朝比奈さん、ひょっとして未来から出る台教えてもらったりしてるんじゃないですか?」
み(――ギクッッ!!)

キ「…してるんですね?」
み「ご、ごめんなさいぃ…悪いことだとは思ってるんですけどそういう指令で……。」


キ「別に責めてるわけじゃないですよ。古泉も多少、いやかなりあくどい事してますし。」

み「あ、あくどいとか言わないでくださいよぅ…。……あ、そういえば、」
キ「どうしたんですか?」

み「いえ、未来にパチンコ屋さんってないなぁって思って。」

――



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 16:29:27.52 ID:0bJev99IO

パチ神と化したハルヒ、組織ゴトの古泉、そして完全予知の朝比奈さん。
どれも対パチンコ屋において最強の能力に思える。

――が、

この休憩時間中、一番俺の度肝を抜いたのは、

SOS団が誇る物知り万能宇宙人、長門有希だった。

――


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 16:33:07.96 ID:0bJev99IO


長門は、と。
やっぱり出してるな。

キ「よう長門、調子良さそう……ん?」

長門が積んでいる箱は3箱。だが何かおかしい。

台上部に設置された液晶が表示している大当りの回数、

――0。



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 16:37:46.73 ID:0bJev99IO

当りがゼロ回なのに3箱?別の台で大当りした後この台に移動してきたのだろうか。

……いや、違う。
長門の打っている台の明らかな異常。それは、

まるで見えない釘が打ち込まれているかの様に、1玉の漏れもなくスタート穴に吸い込まれていく銀玉。

キ「長門、それ……。」
長「特別な情報操作をしているわけではない。」
キ「そうなのか?…だが、」

長「ハンドルから伝わる振動を元に毎回の玉を打ち出す力の誤差を計測、風車の向きを考慮しハンドルの角度を微調整している。」



63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 16:42:24.43 ID:0bJev99IO

言われて初めて気づいた。
長門の右手は一瞬も止まる事無く、ハンドルを微妙に動かし続けている。

長「打ち出し速度は1分間に100発。スタート穴1玉入賞での返しは3発。
つまり100発全てを入賞させた場合1分間当たり200発のプラス。」

キ「つまり打ち始めてから約25分、その結果が、」
……5000発、3箱ちょいってことか。



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 16:47:01.23 ID:0bJev99IO

長「…デメリットが3つある。」
キ「なんだ?」

長「…手首が疲れる。」
キ「…だろうな。2つ目は?」

長「すでに店員に目を付けられている。」
『技術介入です』で済むかは微妙な線だ。それほどに常軌を逸している。

キ「…3つ目は?」
長「…楽しくない。」



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 16:51:19.55 ID:0bJev99IO

キ「…い、いずれ当たるさ、気長にいこうぜ…。」
――こくり
キ「じゃあ俺席戻るわ、適度に休憩入れろよ。手首の為に。」
――こくり

長「………。」
長(…キ長。)

――



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 16:55:58.66 ID:0bJev99IO

ハ「みんなはどうだった?」
キ「…出てるさ、超出てるさ。俺だけがのけものさ…野獣と書いてのけものさ…。」
ハ「仕方ないわねぇ、ちょっと代わりなさい。」

ハルヒが俺の台に座った途端、――当たりやがった。

キ「…この連邦の白い奴め……。」
ハ「誰が化け物よ!!」

そこから先、特筆すべきことは何もない。なぜなら、

団員もれなく、終日出っぱなしだったのだから。

――


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 16:59:41.94 ID:0bJev99IO

涼宮ハルヒ  :  137,847発、+550,700円
朝比奈みくる :  83,891発、 +334,900円
長門有希   :  125,646発 +502,700円 (ただし大当り回数0回)
古泉一樹   :  91,424発  +365,100円
キョン     :  112,387発 +443,900円
―――――――――――――――――――――――――
計                   +2,197,300円

――



90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 17:02:54.21 ID:0bJev99IO

ここから先、パチ業界について想像で書いてます。
多分事実とは食い違うと思いますがフィクションと言うことでどうか一つ。

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 17:03:59.49 ID:0bJev99IO


ハ「……ダメね。この程度じゃ。」

キ「この程度って、…200万だぞ?どうすんだよこの金。」
ハ「金なんてどうでもいいから次の資金残して寄付でもするつもりだった。でもダメだわ、分かってはいたんだけどね。」
キ「だから何がダメなんだよ。」

古「パチンコは30兆円産業と言われています。
例え我々が1年フル稼働で毎日200万利益を出したとしても7億円弱。焼け石に水とはこの事です。」

ハ「そう。それにそんな荒稼ぎしてれば顔も知れ渡るし、下手しなくても出入禁止になるでしょうね。この方法ではダメなのよ。」



101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 17:07:16.70 ID:0bJev99IO


み「悪い噂を流すとかはどうですか?
パチンコはよくないですよー、絶対儲かりませんよー、ってインターネットとかで触れ回るとか…。」

ハ「パチンコ依存の人達も『ホントは勝てない』って事は分かって打ってるのよ。
でも1度体験した勝ちのイメージが頭から抜けない。10の負けより1の勝ちの方が頭に残ってしまうのよ。」

み「なんか、怖いですね…。」
ハ「有希は?なんかいい手思いつかない?」

長「…攻略法。」



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 17:11:20.75 ID:0bJev99IO

ハ「攻略法ってパチンコの?違うわ有希、もうパチンコで勝ってもしょうがないのよ。」


長「攻略法対策の為、パチンコ台はなんらかのネットワークに接続されていると思われる。」
ハ「…どういうこと?」

古「パチンコもプログラムですから、バグを完全に取り除くということは出来ません。

そのバグが出玉数に対して致命的な影響を生む物で、それが攻略法として世に出回ってしまった場合、製作元と店は対策を施さなければならない。
まさか1台1台開いて新しいプログラムの筺体に入れ替えるということはないでしょうから、ネットワーク経由で修正を施すと考えるのが一般的でしょう。
そしてそれは、」

長「こちらが付け入る隙となり得る。」



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 17:15:17.66 ID:0bJev99IO

ハ「!!」

キ「つまりだ、その致命的なバグを意図的に流し込み、全国のみなさんに荒稼ぎして頂こうって事か?」
長「そう。」

ハ「…でもそんなこと出来るの?それだって結局対策されちゃうんでしょ?」

長「修正されたら、また修正し返せばいい。」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 17:20:12.18 ID:0bJev99IO


ハ「…そ、そうね。プログラムの事はさっぱりわかんないけど、有希ならなんとなく成功させそうだわ。」
み「な、長門さんなんか…」
古「これはこれは…」

長「…………。」

VSコンピ研の時よりはるかにやる気を見せている長門。
その怒りの理由を恐らく俺は知っている。

頻出する背景予告。
当たる事のない3図柄。



――綾波レイが、長門有希を怒らせた。

―――



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 17:25:15.13 ID:0bJev99IO

長門が仕込んだバグは、出玉数に直結するものだけではなかった。

『鉄板』、『灼熱』、『激熱』と呼ばれる、「この演出が出たら必ず当たりますよ」、「かなりの高確率で当たりますよ」、という予告演出。
これがあっさりと外れる様に変更した。

結果どうなったか。
まずパチンコ雑誌が一掃された。
熱いと紹介されている演出がことごとく外れるため、雑誌の信頼度はガタ落ち、全く売れなくなったのだ。

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 17:30:35.23 ID:0bJev99IO

偶然にも同時期、ゴールデンタイムでのパチンコ屋のCMを取りやめろという批判が続出。
ハルヒ・古泉の含み笑いを見る限り、恐らく偶然ではないだろう。

雑誌、CMと影響力の強い紹介メディアがなくなることによりパチンコの売上は緩やかに下降線を辿っていく。

客が減る → 少ない客から多く回収しようとする、が、
長門のバグによりそれも叶わず。

朝比奈さんは液晶メーカーに対して次世代液晶の基礎情報を秘密裏に提供。
パチンコ産業に頼ることなく生き残る道を与えた。

SOS団の行動開始から約1年。
日本から、パチンコ屋が消えた。

――



129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 17:34:30.84 ID:0bJev99IO

ハ「何建つのかしらね、ここ。」
キ「でかい本屋とか聞いたな。」
ハ「へぇ、やっぱり駅前には本屋よね。電車降りて目の前がパチンコ屋なんて許しがたい話だもの。あ、そうだ。」
キ「ん?」

ハ「じゃんっ!!」

キ「おまっ、何だその札束!?…ってそれまさか……」
ハ「そ、1年前のお金。まとめて私が預かったでしょあの時。さて、何に使おうかしらねぇ。」



136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 17:37:51.71 ID:0bJev99IO

キ「ギャンブル以外なら何でもいいさ。社会に還元されるんならな。」

ハ「おっさんくさい意見だわ。ま、みんな集まった時に決めましょう、みんなの勝ち分だしね。次の議題もあることだし。」
キ「議題?」

ハ「そうよ!パチンコという悪は潰した。だから次は――」


パチンコ屋潰しをはるかに超える無謀な提案。
だがハルヒがやると決めたのなら、

――勝ちは決まったのかもしれない。


おわり

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/25(土) 17:47:05.02 ID:0bJev99IO

真夜中にクソ明るい液晶看板つけっぱなしの○ハンに腹が立って書いた。
エコ信者ではないけど、お前それどんだけ電気代食うんだと。

パチ業界の人は気分悪かったかもしれません。ごめんよ。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「あんた達付き合ってるわけ?」