ハルヒ「キョンにバイアグラ飲ませてみたのよ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ひろし「仕事やめてきた」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/20(火) 05:47:07.65 ID:9st5D6jR0

ハルヒ「なのに何の変わりもなかったわ」

みくる「なんで飲ませたんですかー!?」

ハルヒ「面白いことになると思って」

長門「彼はいまどこに?」

ハルヒ「おなか壊したみたいでずっとトイレにいるわ」

古泉「・・・・・僕もおなかの調子が・・・ちょっとトイレにいってきますね」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/05/20(火) 05:52:34.37 ID:9st5D6jR0

みくる「どうしてですか?」

古泉「いや、僕もトイレに行きたくなったんですよ」

長門「・・・・・」

古泉「涼宮さん、キョンくんはどこのトイレに行きましたか?」

ハルヒ「私達のクラスの一番近くのトイレよ」

長門「どうしてそんな事を聞くの?」

古泉「ついでにキョン君の様子を見てこようと思って、おなか壊してたら薬とか必要でしょ?」

長門「私が見に行くからあなたは別のトイレに行って」

ハルヒ「有希は男子トイレに入る気なの?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/05/20(火) 05:53:47.90 ID:9st5D6jR0

古泉「大丈夫ですよ、僕が見てきますから」

長門「・・・・・・・・・」

みくる「私が見てきます」

ハルヒ「みくるちゃんまで何言ってるのよ!」

みくる「だって心配で・・・・・・」

古泉「いえここは僕が」

ハルヒ「しょうがないわね、みんなで行くわ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/05/20(火) 05:56:51.10 ID:9st5D6jR0

みくる「一年のトイレってけっこうつくりが違うんですね」

古泉「ここは僕もたまに使いますよ」

長門「・・・・・・」

ハルヒ「それじゃみなさん、ここがキョンの入ったと思われるトイレよ」

生徒A「おいSOS団だぜ」

生徒B「涼宮さんよ・・・・」

ハルヒ「それじゃ入りましょう」

生徒C「おいあそこは男子トイレじゃねーか」

生徒B「でも彼女のする事だから見なかったことにしましょう」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/05/20(火) 05:59:02.82 ID:9st5D6jR0

ガチャ

ハルヒ「キョンいるー?」

古泉「僕も来ましたから安心して返事をして下さい」

みくる「・・・・キョンくん・・・・お薬もってきました」

長門「くんくん、くんくん」

ハルヒ「有希・・・・」

古泉「うーん、アンモニアの臭いしかしませんね」

ハルヒ「そうね、うんこの臭いがしたらキョンがいるってことだもんね

古泉・長門「・・・・・・・・・・・・」

みくる「見てください、鍵がかかってるドアが一つだけあります」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/05/20(火) 06:00:42.75 ID:9st5D6jR0

ハルヒ「ちょっと、キョンあんたでしょ?」

シーン

ハルヒ「開けなさい、見舞いにきたわよ!」

ガンガンガン

みくる「それはちょっと・・・」

古泉「ですから僕一人の方が都合よかったんです」

長門「・・・・・・・」

みくる「何しているんですか?」

長門「上から覗く」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/20(火) 06:02:26.42 ID:9st5D6jR0

ハルヒ「その手があったわね、うぉりや」

バタン

ハルヒ「ちょっとキョン・・・・・・誰よあんた!」

谷口「・・・・・谷口です」

ハルヒ「なんでキョンじゃないのよ!!」

谷口「そういわれても」

ハルヒ「・・・・・・」

ガタン

ハルヒ「キョンはこのトイレにはいないわ」

みくる「それじゃどうしますか?」

長門「・・・・・・・・・・」

ハルヒ「次のトイレに行くわ」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/20(火) 06:06:14.45 ID:9st5D6jR0

古泉「ちょっと僕はトイレに用事があったので先に行ってて下さい」

ハルヒ「そう、じゃあ私達は上の階から下の方に虱潰しにしていくから後で来て」

古泉「わかりました」

ハルヒ「変なものみちゃったわ」

バタン

古泉「谷口さん」

谷口「え・・・・なんでしょう・・・・・・・・」

古泉「キョンくん見ませんでした?」

谷口「そういえ体調がわるいとか言ってたな、血色のよさそうな顔で」

古泉「そうですか他には?」

谷口「保健室に行くといってたな、さっき国木田が付き添っていったからたぶん保健室だと思うけど」

古泉「ありがとうございます、それでは良いうんこを」

谷口「お・・・おお」


古泉「キョンくんが危ない!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/20(火) 06:10:47.71 ID:9st5D6jR0

ハルヒ「もう・・・この階もだめじゃない」

みくる「もう帰ったんじゃないんですか?」

ハルヒ「そうかしら?」

長門「・・・・・・くんくん」

ハルヒ「さっきから有希は何をしてるのよ・・・」

長門「アレの臭い」

ハルヒ「アレの臭い?」

みくる「ほら・・なんていうか」

ハルヒ「何なの、知ってるのみくるちゃん?」

みくる「え〜っと、キョンくんの臭いってことじゃないですか?」

ハルヒ「そうなの有希?」

長門「違う」

ハルヒ「違うって言ってるわ、なんなのみくるちゃん?」

みくる「えーっと、春先の風物とか・・・・・」

ハルヒ「春先の?」

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/05/20(火) 06:13:53.06 ID:9st5D6jR0

古泉「そうですか、どうもありがとうございます」

バタン

古泉「あれキョンくん?」

キョン「古泉、保健室にいるって事は具合でもわるいのか?」

古泉「いえ、あなたを探してたんですよ。体調はどうですか?」

キョン「さっき国木田にぬいてもらったから大丈夫だ」

古泉「なぁんだ」

あはははは





ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「冷たい麦茶を入れた」キョン「ありがとう」