キョン「腹筋スレか…」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:かがみ「あ、つかさからラブレターだ…」

ツイート

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 01:23:12.20 ID:Tu0aVSROP

ハルヒ「面白いスレでも見つけた?どれどれ……なによ、また腹筋スレじゃない!」

キョン「まあな」

ハルヒ「こんなのに引っ掛かるなんて馬鹿じゃないの?ちなみに今日はどんなスレタイで開いたのよ?」

 フィンランドのスク水エロすぎワロタwww

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「……ねえ、キョン。昨日も同じスレタイに釣られてなかった?」

キョン「違う。昨日はドイツの競泳水着だった」

ハルヒ「ほとんど一緒じゃない!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 01:37:17.11 ID:Tu0aVSROP

キョン「しかし本当に画像を貼ってるスレだったらどうする?」

ハルヒ「どうもしないわよ」

キョン「いや、是が非でも見たいだろ」

ハルヒ「そんなに過激な水着が見たいの?」

キョン「健全な男子なら当然だと思うがな」

ハルヒ「これだからって男って生き物は……」

キョン「そんな目で俺を見るな」

ハルヒ「でも見たいならしょうがないわね。よし、ここは団長の私が文字通り一肌脱ぐわ!」

キョン「はぁ?」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 01:52:41.86 ID:Tu0aVSROP

ハルヒ「だから、そんなに見たいならあたしが水着姿を披露してあげるって言ってるのよ!」

キョン「ちょっと待ってくれ」

ハルヒ「水着、見たいんでしょ?ちょっと待ってなさいよ。今からキワどい水着を──」

キョン「だから待てって。ハルヒ、おまえ勘違いしてるぞ」

ハルヒ「何がよ!あんたはエロい水着が見たいんでしょ?だからあたしが──」

キョン「いいか、ハルヒ。俺が見たいのは、外国人女性のエロい水着姿だ」

ハルヒ「……え」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 02:03:47.17 ID:Tu0aVSROP

   ◇ ◇ ◇

古泉「昨日、涼宮さんと何かあったんですか?」

キョン「特に何もなかったぞ」

古泉「本当に何もなかったんですか?」

キョン「……また例の閉鎖空間か?」

古泉「ええ。それもかなり大規模のものです」

キョン「あのなあ古泉、発生する度に毎回俺の関与を疑うのもどうかと思うぞ。
    ハルヒだって俺以外との付き合いもあるだろう」

古泉「ですが傾向からいって、ほとんどの場合はあなた絡みですよ」

キョン「そう言われても心当たりがない」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 02:19:09.24 ID:Tu0aVSROP

古泉「昨日は僕らが部室を出てからも、あなたは夢中になってパソコンを見ていたでしょう。
   涼宮さんも残っていたはずです。よろしければ、そこで何があったか話していただけませんか?」

キョン「何があったかって……俺は2chのVIPを適当に見てただけだ。それと、別に夢中になんてなってないぞ」

古泉「おや、VIPですか。意外と俗っぽいんですね」

キョン「俺は普通の人間だからな」

古泉「それで、見ていただけですか?」

キョン「ああ、見てただけだ。と言っても、昨日は腹筋スレに釣られたから腹が立ってすぐに帰ったぞ」

古泉「そうですか……では今回はあなたは無関係なのかもしれませんね」

キョン「だから言っただろ。何でもかんでも俺に結びつけるな」

古泉「すいませんでした」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 02:29:35.78 ID:Tu0aVSROP

キョン「それにしても、今度こそ本当じゃないかと思って開いたんだがな。
     フィンランドのエロいスクール水着、見てたかった……」

古泉「またそういうスレタイですか。あなたも好きですね」

キョン「本当に残念だったよ。ハルヒの奴も何を勘違いしたか、自分の水着姿を見せるなんて言い出すし」

古泉「じゃあ良かったじゃないですか。結果的には見れたわけですし」

キョン「はあ?古泉、おまえまで何を言ってるんだ。
     俺が見たいのはハルヒじゃなくて、外国人の水着姿じゃないか」

古泉「……はい?」

キョン「ハルヒの水着姿なんて見て何が良いんだ。確かにあいつもスタイルはいいが、外人には及ばん」

古泉「……あの、ひょっとして昨日涼宮さんにも同じこと言ったんですか?」

キョン「おまえは何もわかってない!ってな」

古泉「…………何もわかってないのはあなたのほうですよ」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 02:42:33.12 ID:Tu0aVSROP


キョン「水着姿を見せられなかったから、閉鎖空間が発生しただと?さすがに馬鹿げてる」

古泉「大事なのはそこではありません。あなたが涼宮さんよりも外人女性に意識を向けていることですよ」

キョン「どっちにしろ馬鹿げてる。そんなことで世界を終わらせる気なのかあいつは」

古泉「やれやれ……鈍感にもほどがありますね」

キョン「俺は鈍感じゃないぞ。むしろ周囲に気を配れるほうだと自負するね」

古泉「まあ、その話はおいておきましょう。とにかくこのままでは閉鎖空間が増える一方ですので、どうにかしてだくさい」

キョン「どうにかしろと言われても、どうすりゃいいんだ?」

古泉「水着を見せて欲しいと頼んでみてはどうでしょう」

キョン「……本気で言ってるのか?」

古泉「ええ、わりと」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/21(火) 02:57:05.22 ID:Tu0aVSROP

   ◇ ◇ ◇

キョン「なあ、ハルヒ」

ハルヒ「……」

キョン「もうみんな帰っちまったぞ?だから、そろそろ──」

ハルヒ「ふん!あたしを帰してまたエロい画像でも探そうっての!?」

キョン「い、いや、そうじゃなくてな。あと、昨日はたまたまそういう気分だっただけだ」

ハルヒ「たまたま?あんた、あたしが知らないとでも思ってんの?毎日じゃない!毎日!このエロキョン!」

キョン「むっ!毎日じゃないだろ!それにあれぐらいは普通だ」

ハルヒ「へえ。スイス、ロシア、フランス、ドイツ、フィンランド、ぜんぶ水着関係……これでも普通?」

キョン「……なんでおまえがそこまで知ってる」

ハルヒ「あんたが最近開いたスレッドを有希に調べてもらったのよ」

キョン(くそ!長門のやつ、余計なことしやがって)

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 03:11:41.98 ID:Tu0aVSROP

ハルヒ「あたしに常識がどうとか言ってるけど、あんたも相当じゃないの!」

キョン「……そうだな、俺の性癖はちょっと変わってるかもしれない」

ハルヒ「ちょっとですって?白人の水着姿にしか興味のない男のどこが──」

キョン「いいから聞け、ハルヒ。確かに俺は外人が好きだ」

ハルヒ「ふん!何よ、白人のどこがいいのよ?」

キョン「どこがと言われると答えづらいが……でも昨日、俺はあれから家に帰って思い出したんだ」

ハルヒ「どうせまた外人のことでも考えてたんでしょ」

キョン「いや。違う、おまえのことだよ」

ハルヒ「……あたし?」

キョン「ああ。いつだったか見たおまえの水着姿も、思えば悪くなかったってな」

ハルヒ「い、今さらそんなこと言っても誤魔化されないんだからね!」

キョン「昨日は俺が馬鹿だった。ハルヒ、おまえの水着姿は外人に匹敵する……いや、外人よりも綺麗だ」

ハルヒ「……本当に?本当にそう思う?」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 03:19:56.90 ID:Tu0aVSROP

キョン「心の底から思うね。だから、今日こそは良かったら、その……見せてくれないか?」

ハルヒ「それって」

キョン「うん。ハルヒの、キワどい水着姿をさ」

ハルヒ「しょ、しょうがないわね!結局キョンはあたしがいないと駄目なのよね!」

キョン「そうかもしれないな」

ハルヒ「いいわ!すぐ着替えるからちょっと外に出てなさい!」

キョン「楽しみにしてるぞ」

ハルヒ「いい?あんたが頼むから仕方なく着るんだからね!感謝しなさいよ!」

キョン「わかってるさ」

ハルヒ「ふんふふーん♪」

キョン(そのわりには鼻歌まで歌っちゃって随分と楽しそうだけどな)

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/21(火) 03:31:27.63 ID:Tu0aVSROP

   ◇ ◇ ◇

ハルヒ「キョン!入っていいわよ!」

キョン「もう着替え終わったのか?早かっ……うおっ!こいつぁ……」

ハルヒ「どう?刺激的でしょ?」

キョン「ご、極細Vフロントじゃないか」

ハルヒ「そんな名前の水着なの?さすがエロキョン、詳しいわね」

キョン「こんなもの一体どこで……」

ハルヒ「みくるちゃんのために通販で買っておいたんだけど、
     これだけは勘弁してください〜って涙ながらに断られちゃったのよね」

キョン「さすがにこんな過激な衣装はな……衣装というより、紐だな」

ハルヒ「でもこういうのが好きなんでしょ?」

キョン「ああ、これはマジでたまらん……く、食い込みがもう……」

ハルヒ「ちょっと!そんなあそこばっかりじっくり見られると恥ずかしいじゃない!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 03:42:21.73 ID:Tu0aVSROP

キョン「これで見るなというほうが無理だろ?もうおまえに釘付けだよ俺は」

ハルヒ「ふ、ふぅん。あっそ。ま、まあ、悪い気はしないわね」

キョン「……やっぱり綺麗な肌してるなぁ……体のラインもすらっとしてるし……」

ハルヒ「か、解説までしなくたっていいわよ!」

キョン「なあ、ハルヒ……やっぱり、下の毛はハミ出ないように全部剃ったのか?」

ハルヒ「! そ、そんなこといちいち聞かないでよね!」

キョン「あれ?でもあんなに早く着替え終わったってことは、昨日の時点でもう……いや、元々……?」

ハルヒ「こ、細かいことはどうでもいいじゃない!」

キョン「おまえ!まさか高校生にもなってパイパ──」

ハルヒ「さーてーと!今日はもうおしまいにするわよ!」

キョン「え、まだじっくり見てないのに」

ハルヒ「もう十分見たでしょ!はい、解散!」

キョン「くそ……もっと見たかったんだけどな」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 03:53:33.99 ID:Tu0aVSROP

   ◇ ◇ ◇

古泉「ありがとうございます。どうやら、上手く事を運んでくれたようですね」

キョン「礼を言われるほど大変でもなかったさ」

古泉「おや?てっきり愚痴の一つや二つは覚悟していたんですけども」

キョン「むしろこっちが礼を言いたいね」

古泉「なるほど。……で、何を見ていらっしゃるんですか?」

キョン「決まってるだろ?今日こそは本物のスレをだな……」

古泉「やれやれ……あなたも懲りない人ですね」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 03:57:35.00 ID:Tu0aVSROP

キョン「おっ!これは……」

 イギリスでVフロント水着到来wwww

キョン(昨日のこともあるし、これはひょっとしたらいけるかも!それ、オープン!) カチッ!


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:200X/XX/XX(火) 16:23:40.32 ID:aaaaaa0


 べぇ〜だ!もう見せてやんないわよ!
 IDの数×1億倍腹筋しなさいエロキョン!


キョン「……」

古泉「ふふっ。どうやらお見通しのようですよ」

キョン「腹筋スレか…」


 完

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/21(火) 04:12:35.98 ID:Tu0aVSROP

支援してくれた皆さん、お疲れ様でした
こんな即興の短いSSにお付き合いくださって、本当にありがとうございます

夜も深いのでこのへんで失礼させていただきます
それでは



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:シンジ「>>3」