ハルヒ「…」ペラキョン「…」ペラみくる「…」ペラ古泉「…」ペラ長門「…」ペラ


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【解読無用】 ブレーメンの音楽隊 【エヴァ世界昔話・第壱話】

ツイート

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 16:15:15.04 ID:dof3/NZeO

みくる「お茶……」

ハルヒ「……」

キョン「王手……」

古泉「………僕の負け」

ハルヒ「来て……」

キョン「パソコン……?」
ハルヒ「そう……」

長門「まねしないで……」
みくる「ユニーク……」

長門「やめて……」

キョン「ユニーク……」

長門「………」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 16:20:43.99 ID:dof3/NZeO

長門「………」

ハルヒ「………」ペラ

キョン「………」ペラ

みくる「………」ペラ

古泉「………」ペラ

長門(とりあえず今日の団活を終了したい)

長門「そろそろ下校するべき」

ハルヒ「有希が本を閉じるまで……」

キョン「読むのを……」

みくる「やめない……」

長門「………」パタン

ハルヒキョンみくる古泉「……」ガタッ!

長門「」ビクッ

ハルヒ「下校……」

長門「」コクッ

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 16:24:54.35 ID:dof3/NZeO

自宅

長門(皆の様子がおかしい)

長門(統合思念体とも連絡がとれない)

ピンポーン

長門「入って」

朝倉「……」コクッ

長門「!」

長門「どうかしたの」

朝倉「別に……」

長門「いつもと様子が違う」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 17:03:44.05 ID:dof3/NZeO

長門(もしかしてこれは演技?なら……)

ガシッ

朝倉「眉毛をむしるのはやめて……」

長門「!」

ブチィ!

朝倉「眉毛の情報連結を再生する……」

長門(怒らない?)

朝倉「私はもう帰る……」
長門「あ」

バタン

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 17:08:40.07 ID:dof3/NZeO

翌日

ハルヒ「遅刻……」

キョン「申し訳ない、俺の責任……」

ハルヒ「罰金……」

キョン「……」コクッ

長門(これは……)

ハルヒ「くじ引き……引いて……」

長門(古泉一樹と一緒になればなにかわかるはず)

ハルヒ「決定、私と朝比奈みくる、長門有希とピー(キョンの名前)と古泉一樹」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 17:13:32.39 ID:dof3/NZeO

長門「古泉一樹、今回の件について機関ではどのような対策を?」

古泉「今回の件とは……」
長門「明らかに皆の様子がおかしい」

キョン「とくに目立った変化は見られない……」

長門「そんな……」

古泉「閉鎖空間の発生も確認できない……いたって正常……むしろおかしいのは長門有希、あなた……」

長門「どういうこと?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 18:28:26.68 ID:dof3/NZeO

キョン「普段のあなたはもっと活発だった……」

長門「どんな風に?」

キョン「キョン!!図書館に行くわよ!!」

長門「」ビクッ

古泉「ふえええええ!!」
長門「」ビクビクッ

キョン「という感じ……」
長門「本当?」

古泉「嘘ではない……」

キョン「実はあなたが元気がないと皆心配している」
古泉「元気出して……」

長門(元気………)

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 18:35:21.95 ID:dof3/NZeO

長門「キョン!!!」

キョン「なに……」

長門「こんな感じ?」

古泉「もとに戻っている……」

長門「あ、ちょっとキョン!!こんな感じ!?」

キョン「そんな感じ……」
古泉「ユニーク……」

長門「ユニークじゃないわよ古泉!」

キョン「違う……」

長門「え?」

古泉「いっきたんて呼んで……」

長門「私は今までそう読んでいた?」

キョン「そう、あと口調が戻っている」

長門「わかった。ユニークじゃないわよいっきたん!それにキョンたんも!」

キョン「違う……」

長門「え?」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 18:38:19.08 ID:dof3/NZeO

キョン「キョンたんではない……」

長門「わ、私なんて呼んでたかしら!」

キョン「キョンキョン……」

長門(疲れる……)

プルルルル

キョン「もしもし……」

ハルヒ『時間過ぎてる、罰金……』

キョン「そう……」

ピッ

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 19:24:21.05 ID:dof3/NZeO

ハルヒ「この組み合わせはとても珍しい……」

長門「うん!まだ3回だけだからね!」

みくる「今日はふえええって言わないの……?」

長門「ふえええ」

ハルヒ「そう……」

みくる「服を見たい……」
ハルヒ「私は構わない……」

長門「私も……」

ハルヒ「……」

長門「あ、私も!」

長門(助けて)

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 19:31:06.87 ID:dof3/NZeO

服屋

長門「ハルハル!」

ハルハル「なに……」

長門「最近悩みとかある?」

ハルハル「とくにはない……でも」

長門「なに?」

ハルハル「あなたが元気なくてとても心配だった」

長門「ごめんね、心配かけて」

ハルハル「構わない、でもあなたも悩みがあったら相談してほしい……」

長門「うん」

みくる「試着した、どう……?」

長門「似合ってるよ!すっごく!」

ハルハル「」コクッ

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 19:34:50.35 ID:dof3/NZeO

夕方

ハルヒ「本日はこれで解散……」

キョン「乙……」

古泉「乙……」

長門「あ、あのさ!」

ハルヒキョンみくる古泉「なに……」

長門「ビクッ、皆も元気ないよね?」

ハルヒ「……?」

長門「いや、なんでもない、またね!」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 19:39:09.62 ID:dof3/NZeO

翌日
下駄箱

長門(あれはピー(キョンの本名)と古泉一樹……)
長門「おっはよー!キョンキョン!いっきたん!」

キョン古泉「!!」

タタタタタ

長門(慣れないと恥ずかしい……)

キョン「今の長門だよな」
古泉「ええ」

キョン「まさかまたハルヒが?」

古泉「今のところ、機関からそのような連絡は入っていませんが」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 19:41:43.55 ID:dof3/NZeO

教室

キョン「ようハ」

ハルヒ「あんた今日有希に会った?」

キョン「なにがあった?」
ハルヒ「ゆゆゆゆゆゆ有希が私の肩たたたたいておっはよーって!」

キョン「………わかった、それは後で話そう」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 20:13:04.96 ID:dof3/NZeO

昼休み

キョン「部室に集まってもらったのは言うまでもない、長門のことだ」

古泉「涼宮さんは?」

キョン「あいつは岡部に呼び出しくらってるよ」

キョン「あいつがああなった原因だが」

みくる「はい」

キョン「朝比奈さん!」

みくる「長門さんは私たちに長門さんみたいになってほしいんじゃないでしょうか?」

古泉「自分を客観的に見たい、ということですか?」
キョン「そんなわk」

みくる「やりましょう!普段長門さんにお世話になってるんですから!」

古泉「涼宮さんにはあなたからお願いします」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 20:38:16.62 ID:dof3/NZeO

放課後

ハルヒ「いい、皆しっかりやるのよ!」

ガチャ

長門「遅れてごめーん!」
キョン(これは…)

長門「ごめんねハルハル!」

ハルハル「構わない……」
長門「みくるちゃんお茶お願いね!」

みくる「わかった……」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 20:45:40.49 ID:dof3/NZeO

長門「キョンキョン!」

キョン「なに……」

古泉「ぶはっ」

ハルハル「古泉一樹……」
古泉「申し訳ない……」

長門「たまには私とゲームしない!」

キョン「私は構わないが……」

古泉「私のことはきにしなくていい」

キョン「なんのゲームを……?」

長門「将棋はどう?」

キョン「ハンデをつけてくれるならいい……」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 20:56:19.02 ID:dof3/NZeO

長門「かったわ!」

キョン「……」

キョン(長門、お前は本当にこんなことを望んでいるのか?)

長門「昨日の続きなんだけど」

キョン(昨日?)

ハルハル「なに……」

長門「皆は昔から大人しかったのかな?」

キョン「どういう意味……?」

長門「『……』とか使って話してたのかなーって」

ハルハルキョンみくる古泉(あれ?)

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 21:02:19.91 ID:dof3/NZeO

長門「あれ?皆どうしたの?」

キョン「少し待ってて、涼宮ハルヒ、古泉一樹、朝比奈みくる、廊下に」

ガチャ

キョン「おかしい……」

ハルハル「話が合っていない……」

古泉「長門有希は最初から……」

みくる「違う……」

ハルハルキョン古泉「!!!!」

みくる「私達は試されていると思われる、本当に長門有希になりきれているかを……」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 21:08:40.22 ID:dof3/NZeO

キョン「そのまえに確認するべき……」

ガチャ

キョン「長門有希、あなたの話し方は昔からのもの……?」

長門「え?」

キョン「え?」

キョン「私達の話し方は昔からのものではない」

長門「え?」

キョン「え?」

キョン「長門、お前もしかして」

長門「うかつ」カアア

タタタタタ

キョン「誰だ長門が俺達を試してるとか言ったの」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 21:13:46.27 ID:dof3/NZeO

後日

古泉「なるほど、統合思念体の影響で長門さんの視覚と聴覚にエラーが生じ、あのようなことになったと」
キョン「探索の日だけだがな、ハルヒの影響じゃなくてよかったぜ」

古泉「まったくです」

キョン(まあ活発な長門も悪くはなかったがな)



おわり

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/20(月) 21:14:42.95 ID:dof3/NZeO

なかなか話が思い浮かばなくて書くのが遅くなってしまいました
支援ありがとうございました



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「はぁ?もう一度言ってくれ」