ハルヒ「ライ麦畑で掴まえて」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カミーユ「涼宮ハルヒの憂鬱?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 00:47:10.43 ID:jrKueG2kO

プルルルルル…
キョン「ハルヒか…」
ピッ
キョン「もしもし」
ハルヒ「ねぇ、キョン。ライ麦畑で掴まえて」

キョン「え?」

ハルヒ「女なら一度は掴まえられてみたいものよね」

キョン「何言ってんだよ急に」

ハルヒ「明日さ、行くわよ」

キョン「どこにだよ」

ハルヒ「ライ麦畑?いや、やっぱ海に!」

キョン「おい、なんで海にしたんだ。てか、明日は休日じゃないぞ」

ハルヒ「だってライ麦畑ってどこにあるか分かんないんだもの」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 00:52:29.74 ID:jrKueG2kO

キョン「いいか、明日は平日だ。我々高校生は学校へ行かなければならん」

ハルヒ「いーじゃないの別にぃ」

キョン「そんな甘ったれた精神じゃいかんぞ!」

ハルヒ「勉強できないあんたに言われたかないわよ」

キョン「ぐ…」

ハルヒ「いいじゃないの海!春の海ってなかなか素敵だと思わない?」

キョン「思わんな、寒いし」

ハルヒ「つっまんない男ねぇ」

キョン「…切るぞ馬鹿」

ハルヒ「ちょっ、ちょっと待ちなさいよ!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 01:01:48.92 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「このあたしが誘ってんのよ!団長命令!来なさい!」

キョン「…」

ハルヒ「あ…(また変な態度とっちゃったわ…)」

キョン「…」

ハルヒ「と、とにかく、来るんだったら明日、駅前に10時だから…じゃあ」
プツッ

ハルヒ「何でこう素直になれないのかしらあたし……はぁ…」
ハルヒ「って、キョンに素直にならなくても別にいいじゃないの!」

ハルヒ「…はぁ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 01:14:17.60 ID:jrKueG2kO

次の日
駅前、10時
ハルヒ「(あ…五分過ぎた…)」

ハルヒ「(キョン、来るのかな…やっぱ来ないのかな…)」

ハルヒ「(きょ、キョンが来なかったら一人で行くまでだわ!)」

ハルヒ「(三十分になっても来なかったら一人で行くんだから!)」

二十分後
ハルヒ「(やっぱ来ないのかしら…期待しちゃって、馬鹿みたい)」

ハルヒ「(べ、別に期待なんてしてないわよ!何考えてるのよあたしは!)」

ハルヒ「…はぁ」

キョン「そんなところで何してんだよ」

ハルヒ「え?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 01:22:21.56 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「!あ、あんた何してんのよ!」

キョン「こっちの台詞だろ」

ハルヒ「学校さぼって良いと思ってんの!」

キョン「お前もだろうが」

ハルヒ「何で来たのよ!」

キョン「お前が来いと言ったからだ」

ハルヒ「…来たいなら勝手について来なさいよ!馬鹿!」

キョン「…くくくっ…」

ハルヒ「な、何がおかしいのよ」

キョン「いや、何でもないさ。行くか」

ハルヒ「ふん…」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 01:33:52.75 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「…で、どの切符買うのよ」

キョン「それも知らずに来たんかい」

ハルヒ「あんた今いくらもってる?」

キョン「四千弱ってところだな」

ハルヒ「そう…まあまあね」

キョン「(何が?)お前はいくらだよ」

ハルヒ「一万円」

キョン「そんな大金持ってどこに行くつもりだよ」

ハルヒ「とりあえず有り金は全部使いたいところだわ」

キョン「何言ってんだよ。もったいないじゃないか」

ハルヒ「いいじゃないの、今日は使いたい気分なのよ」

キョン「おいおい…」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 01:42:51.69 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「えーと、一番高いので三千弱ね…キョン、二千円だしなさい!」

キョン「有り金の半分も出したかねぇよ!」

ハルヒ「後はあたしが払ってやるって言ってんのよ?まあ後で返して貰うけど」

キョン「せめてこれにしてくれ!1560円の奴に!」

ハルヒ「えー…まあいいわ!そうしといてあげる」

キョン「はぁ…」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 01:45:56.73 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「何番ホーム?」

キョン「三番だな」

ハルヒ「三番は…あっちね!」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 01:55:00.40 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「結構並んでるわね…」

キョン「次の電車がくるまで、後十分だな」

ハルヒ「十分もかかるのー」

キョン「…なあハルヒ、何でいきなり海に行こうって言い出したんだ?」

ハルヒ「へ?気分よ、気分それにしても制服来てんのあたしたちだけね」

キョン「そりゃそうだろ」

ハルヒ「あんたも制服、ってことはやっぱり嘘ついて来たの?」

キョン「お前もか」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 02:00:52.45 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「なんかワクワクするわよね」

キョン「そうか?」

ハルヒ「だってあたしたち以外はクラスで勉強してるのよ。なんか特別な気、しない?」

キョン「サボりが特別か」

ハルヒ「あたしこうゆうの初めてなのよね!」

キョン「意外だぜ」

ハルヒ「どうゆう意味よ?」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 02:05:54.94 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「あんたはサボったことあんの?」

キョン「んー1、2回、ぐらいな」

ハルヒ「意外だわ」

キョン「そうか?」

ハルヒ「それにしても電車遅いわねぇ…」

「まもなく三番ホームに、電車が参ります。黄色い線の内側に下がってお待ちください」

ハルヒ「あ、来る」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 02:18:43.13 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「結構混んでるわ。痴漢されるかも」

キョン「馬鹿。早く乗るぞ」


「ドアが閉まります。ご注意ください」

ハルヒ「席あいてないじゃないの」

キョン「そのうち空くさ」

ガタンゴトンと言う音と共に、電車は揺れだした

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 02:27:39.80 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「ねぇキョン、朝ご飯食べてきた?」

キョン「いんや」

ハルヒ「お腹すかない?」

キョン「あんまり」

ハルヒ「…あんたって少食なの?」

キョン「そうでもないが」

ハルヒ「それにしても10時だってのに人多いわね」

キョン「この時間帯は結構こんなもんじゃないか?」

ハルヒ「そう?」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 02:35:21.45 ID:jrKueG2kO

「◯◯駅ー◯◯駅ー御降りの方は…」

ハルヒ「あ、結構降りた。キョン、席あいたわよ!」

キョン「わぁってるよ」

ハルヒ「ふふ」

キョン「?」

ハルヒ「あー疲れた」ボフッ

キョン「一駅だぞ」

ハルヒ「疲れるもんなのよ」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 02:44:43.64 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「…ねぇキョン」

キョン「何だ?」

ハルヒ「何であたしの誘いに乗ったの?」

キョン「お前が来いと言ったからな」

ハルヒ「…ありがと」

キョン「なんだ気色悪い」

ハルヒ「ひ、人が感謝してんのに気色悪いは無いでしょうが!」

キョン「なんで感謝するんだよ」

ハルヒ「やっぱ何も無いわ。…馬鹿キョン」

キョン「?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 02:49:38.63 ID:jrKueG2kO

―――
――
「次は◯◯駅ー◯◯駅ー」

ハルヒ「あ、次だわ」

キョン「ん、そうだな(うっかり眠りそうになっちまった)」

ハルヒ「海はあるのかしら?」

キョン「無かったら探せばいいさ」

ハルヒ「乗り気になってきたじゃない」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 02:55:40.96 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「…何っにも無いわ」

キョン「そうだなぁ」

ハルヒ「てかお腹すいた!コンビニ探しましょ、コンビニ!」

キョン「コンビニなんてあるのか?」

ハルヒ「あるわよ多分」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 03:00:09.62 ID:jrKueG2kO

十分後
ハルヒ「あったわ!凄い!」

キョン「確かに凄いなぁ」

ハルヒ「入りましょ!お腹すいた」

ウィーン

店員「うぃらっさいまっせー」

ハルヒ「おにぎりおにぎりー」

キョン「俺も腹減ったなあ」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[ ] 投稿日:2009/04/18(土) 03:06:37.12 ID:jrKueG2kO

店員「ありゃっしたー」

ウィーン

ハルヒ「いっぱい買ったわ」

キョン「買いすぎじゃないか?」

ハルヒ「いいのよ」

ハルヒ「さぁ、早速海を探すわよ!」

キョン「…どうやってだ」

ハルヒ「うんと…そこら辺の人にきくの!」

キョン「この町に海があるのか?」

ハルヒ「探してみなきゃ分かんないわ」

キョン「てか、人がまずいないぞ」

ハルヒ「まあ適当にブラブラしてたら見つかるわよ」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 03:11:21.54 ID:jrKueG2kO

二十分後
ハルヒ「…」

キョン「人がいねぇ…」

ハルヒ「うう…」

キョン「…」

ハルヒ「ま、まあ歩いてればそのうち見つかるわよ!」

キョン「それは無い」

ハルヒ「じゃあどーすんの?」

キョン「バスでも乗ればいいんじゃないか?そこにバス停あるし」

ハルヒ「そうね」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 03:20:39.23 ID:jrKueG2kO

ブロロロ…
ハルヒ「あ、きたきた」


ハルヒ「ねぇ運転手さん、このバス海行き?」

運転手「そうですよ」

ハルヒ「やった!」

キョン「誰も乗ってないな」

ハルヒ「そっちの方が静かでいいわ!雰囲気がでるじゃない」

キョン「ふいんきな」
ハルヒ「あらそうなの?でも変換できないわよ」
キョン「ふいんきだよ。知らなかったのか」
ハルヒ「いいえ、雰囲気よ!」
キョン「ふいんきだ!」

運転手「お客さーん、早く座ってください。後、ふいんきですよ」

ハルヒ「あ…」

キョン「すみません…ほらな」
ハルヒ「…一番後ろ座るわよ!」
キョン「へいへい」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 03:34:00.52 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「大体キョンは細かいこと気にしすぎなの!」

キョン「漢字の読み書きはこれからの社会にとって大事なことだ」

ハルヒ「頭の良くないあんたに言われたくないわ」

キョン「…まあなんだ、飯でもくうか」

ハルヒ「そうね!あーお腹すいた!」ガサゴソ

ハルヒ「やっぱおむすびはエビマヨよね」

キョン「エビマヨ…邪道だ。明太子に限る」

ハルヒ「何言ってんのよ!この絶妙なマッチ感が堪んないわ!」

キョン「エビとマヨならわかる。だがなぜそれをおにぎりに入れる!」

ハルヒ「分かってないわね!ご飯と一緒だからいいんじゃない」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 03:44:29.95 ID:jrKueG2kO

キョン「もういい、お前とは分かり合えそうにない」

ハルヒ「奇遇ね。同意見だわ」

ハルヒ「ところで他には何買ったの?」

キョン「カツサンド」

ハルヒ「あら、いいじゃない。一口ちょうだい」

キョン「明太子のよさもわからん奴にはやらん」

ハルヒ「けちな男は嫌われるわよ」

キョン「構わん」

ハルヒ「ちょっとぐらいくれたっていーのに…馬鹿キョン」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 03:50:44.11 ID:jrKueG2kO

キョン「…ほれ」

ハルヒ「え!いいの?」

キョン「いいから食えよ」

ハルヒ「なかなか良いとこあるじゃない。有り難く貰うわ」パクッ

ハルヒ「うん、おいしい。はい」

キョン「え?」

ハルヒ「あんたも食べなさいよ」

キョン「(間接キス…!間接キスフラグ!)」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 04:00:49.56 ID:jrKueG2kO

キョン「い、いいのか?食うぞ?」

ハルヒ「?いいわよ」

キョン「(ゴクリ…)」

ハルヒ「…あ!や、やっぱ駄目!駄目!」

キョン「え?」

ハルヒ「やっぱあたしが全部食べるわ!」

キョン「そ、そうか(チッ…)」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 04:10:51.75 ID:jrKueG2kO

運転手「お客さん、あと少しで海ですよ」

ハルヒ「え!本当!」

キョン「案外ちかいんだな」

ハルヒ「あ!見てキョン!窓よ窓」

キョン「ん…?あ、海だ」

ハルヒ「運転手さーん!窓開けていいー?」

運転手「良いですよ」

ハルヒ「よし!」ガチャ

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 04:15:28.11 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「風が入ってきて気持ちいいわねー」

キョン「…なあハルヒ、お前前髪上げたほうがいいぞ」

ハルヒ「は?何よいきなり」

キョン「いや、なんでもねぇ」

ハルヒ「あっそ。運転手さーんあと何分でつくー?」

運転手「十分ぐらいですね」

ハルヒ「あと少しだわ!楽しみ」

キョン「でも海行って何すんだ?」

ハルヒ「…行ってから決めるわ!」

キョン「アバウトだな」

ハルヒ「最初からそうじゃないの」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 04:45:05.02 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「着いたわ!」

キョン「また誰も居ないなあ」

ハルヒ「よっしゃあああ」ダダダッ

キョン「ちょ、気合い入りすぎだろ」

ハルヒ「誰も居ないわねー!」

キョン「春だからなぁ」



やっぱり寝れないから漢尻させたいと思います
オナニーの続きが見たい人 は見てってね

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 04:49:39.94 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「よし!」

キョン「なんで靴をぬぐ」

ハルヒ「海に入るのよ!波と戯れるの!」

キョン「へー」

ハルヒ「あんたは?」

キョン「いい」

ハルヒ「せっかくだから入りなさいよ!」

キョン「水虫でもいいなら入るが?」

ハルヒ「げっ。やっぱ入んないで」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 04:53:33.96 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「ひょえー冷たいわ」

キョン「(ハルヒって案外子供だよな…)」

ハルヒ「泳ごっかなー」

キョン「水着持って来てんのか?」

ハルヒ「冗談よ。何?期待した?」

キョン「誰がするか」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 04:57:49.06 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「それにしても何もないわねー」

キョン「予想以上にな」

ハルヒ「今何時かしら」

キョン「…2時だな」

ハルヒ「海に来るまで結構したわねー」

キョン「来てもやること無いけどな」

ハルヒ「砂のお城でも作る?」

キョン「子供じゃあるまいし」

ハルヒ「何言ってんのよ。あんたはまだまだ子供じゃない」

キョン「お前には言われたく無いな」

ハルヒ「あたしもよ」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 05:02:05.53 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「ねー喉渇かない?アイス食べたい」

キョン「アイスなんて売ってなさそうだぜ?」

ハルヒ「都合よくアイスキャンディー屋でも来ないかしら」

カランカラン

キョン「ん?」

ハルヒ「アイスキャンディー屋だわ!」

キョン「都合よすぎだろ」

ハルヒ「あたし買ってくるわー!」

キョン「おう」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 05:19:34.46 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「買って来たわよ」
ポキッ
ハルヒ「はい」

キョン「おおサンキュー」
チューチュー
ハルヒ「んーんまい!」

キョン「たまにはいいもんだな」

ハルヒ「そうね」


ハルヒ「今頃みくるちゃんたち何してんのかしら」

キョン「さあな」

ハルヒ「団活してるかな」

キョン「してないと思うぜ。お前が居ないから」

ハルヒ「そうかもね」

キョン「…なあハルヒ、何で俺を誘ったんだ?」

ハルヒ「へ?」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 05:30:40.90 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「…ねぇキョン」

キョン「何だ」

ハルヒ「例えばあたしが崖に落ちそうになるとするじゃない?」

キョン「ああ(話変わったなあ…)」

ハルヒ「その時、あたしを助けてくれる?」

キョン「え?」

ハルヒ「…なんであんたを誘ったかと言うとね、あんたが暇そうだと思ったからよ」

キョン「…なんだよそれ」

ハルヒ「ふん」


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/18(土) 05:34:35.99 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「なんかあんたは誘いやすいのよねー」

キョン「そうか」

ハルヒ「そうよ」

キョン「…帰る?」

ハルヒ「もう少し居るわ」

キョン「そうか」

ハルヒ「…あんたって彼女いんの?」

キョン「居たらお前とこんなとこ来ないよ」

ハルヒ「まあ、その外見じゃね」

キョン「失礼な奴だな」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 05:37:46.42 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「今まで付き合ったこととかは?」

キョン「無いな」

ハルヒ「寂しい奴」

キョン「悪かったな」

ハルヒ「なんかあれねー青春よねー」

キョン「なんだよいきなり」

ハルヒ「あたしあんたと別れてもこの日のことは忘れないわ」

キョン「クサい台詞だな」

ハルヒ「悪かったわね」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/04/18(土) 05:46:35.31 ID:jrKueG2kO

ハルヒ「…帰りましょうか」

キョン「なあハルヒ、さっきの奴さ」

ハルヒ「さっきの?」

キョン「崖から落ちたらなんたら」

ハルヒ「あーあれね。忘れなさいよ」

キョン「その…なんだ。多分俺はお前を助けるぜ」

ハルヒ「…あっそ」

キョン「…随分な反応だな」
ハルヒ「ほら、バス停行くわよ」

キョン「ああ」

ハルヒ「ん」
キョン「?」

ハルヒ「手よ。手!」


おわり
臭くて駄文なオナニーに付き合ってくれた人がいるならありがとうございました



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「もしもボックス使って僕専用のハーレムを作ろう」