キョン「…ふぅ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「安価でトゥルーエンド目指す。」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/11(土) 23:25:54.57 ID:p2WRwvfa0

キョン 「今日も素晴らしい時を過ごした。この達成感が病み付きになるな」
フキフキ
キョン 「しかし、まさかこんなモンで抜けるようになるとは。俺も成長したんだな、うん」
フキフキ…ドピュ
キョン 「おや、my sonを拭いていたらまた出てしまった。やはり妹のパンツで拭くべきじゃあなかったか」
カチャカチャ
スクッ
キョン 「さて、団活に行くか」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/11(土) 23:27:08.75 ID:p2WRwvfa0

キョン 「じゃ、行ってくる」
キョ妹 「いってらっしゃーい。
ところで、私のネコさんパンツ知らなーい?見当たらないのー」
キョン 「ああ、今履いてる」
カチャカチャ ズル
キョ妹 「なーんだ、またキョン君が履いてたんだー」
キョン 「そういうことだ。それじゃあ行ってくる」
キョ妹 「いってらっしゃーい。
でもキョン君、ズボン履かなきゃダメだよー?」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/11(土) 23:28:20.95 ID:p2WRwvfa0

駅前

キョン 「待たせたな」
ハルヒ 「おっそいわよ!罰金よ、罰金!」
キョン 「悪いな。喫茶店で奢るから許してくれ」
ハルヒ 「ふーん、なかなか殊勝な心掛けじゃない。
さ、喫茶店で今日の予定を話し合うわよ!」
キョン 「やれやれ…」
古泉 「ふふ、あなたも大変ですね」
キョン 「古泉、いきなり耳元で話しかけるな」
古泉 「これは失礼いたしました。…ん?あなたから、なにか嗅いだ覚えがあるような匂いがしますね」
キョン 「ああ、俺のmy sonから搾り出されたカルピスの匂いだ。そういえば二度目は拭いてなかったな。今朝一番の搾りたてだぞ」
古泉 「…oh…」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/11(土) 23:29:25.64 ID:p2WRwvfa0

くじ引き後

キョン 「今日の探索の相手は朝比奈さんですか。まぁのんびり散歩しましょう」
みくる 「そうですね。もう4月ですし、桜も綺麗だと思います」
キョン 「桜…桜色の花びら…朝比奈さんの………うっ!…ふぅ」
みくる 「キョン…君?どうしたの?具合が悪いんですか?」
キョン 「大した事じゃありませんよ。大丈夫です」シャキーン
みくる 「なら良いんですけど…(なんだか変な匂いがします…)」
キョン (妹のパンツがパリパリになっちまうな……ま、いいか)

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/11(土) 23:30:52.38 ID:p2WRwvfa0

みくる 「こうして桜を見ていると、SOS団の皆でお花見とかしたくなりますね」
キョン 「いいですね、花見。
長門のはいかにも綺麗そうですし、ハルヒも意外と可愛らしそうだ。
あ、もちろん朝比奈さんには敵わなさそうですけど」
みくる 「えーと、キョン君…?なんの話をしてるんですか?」
キョン 「いえ、別に」
みくる (なんだか、今日のキョン君、変…)
キョン (いかんいかん、つい心の声が出ちまった…)

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/11(土) 23:32:21.42 ID:p2WRwvfa0

キョン 「午前の不思議探索は、特に何もありませんでしたね。まあ、いつも通りですが」
みくる 「そうですねぇ。午後に期待です」
ピュウー ふわっ
みくる 「きゃっ!す、スカートがめくれちゃいます〜っ」
キョン 「不思議…発見!」ボタボタ
みくる 「ひぇぇ、キョン君鼻血がでてますっ!?あ、赤いですぅ〜!」
キョン 「いえ…純白でした!」ボタボタ
みくる 「ふぇえ…?」
キョン (素晴らしきかな…食い込み!)

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/11(土) 23:33:55.13 ID:p2WRwvfa0

再集合後

キョン 「午後は長門か。長門、どこか行きたいところがあるなら行くぞ」
長門 「…あそこ」
キョン 「あそこ…で遊びたいのか?いやしかし、俺のあそこはお前の知的好奇心を満足させられるかどうか…」
長門 「ちがう…あそこ」すっ
キョン 「ああ、なんだ図書館か。俺個人的な意見としては、my sonを弄ぶお前も見てみたかったがな」
長門 「…情報の伝達に齟齬が発生するかもしれない。上手く言語化出来ない。……あなたの脳には、決定的な障害がある恐れがある」
キョン 「ああ、Sな長門…」ビクンビクン

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/11(土) 23:35:19.64 ID:p2WRwvfa0

図書館

キョン 「長門、何を読んでいるんだ?」
長門 「…これ」すっ
キョン 「相変わらず何語なんだか分からん本を読んでいるな」
長門 「…使用言語は古代バビロニア語」
キョン 「なんで田舎の県立図書館にそんなもんがあるんだ」
長門 「…取り寄せた」
キョン 「流石は長門だな。…だが、たまにはこんな本はどうだ?」すっ
『赤ちゃんはどこからくるの?〜男の子と女の子の体の秘密〜』
長門 「…知識としては既に知っている。男性生殖器であるペニスと、女性生殖器であるヴァギナを使って交接することで受胎する」
キョン 「…oh…!ペニスだなんて!ヴァギナだなんて!」ゾクゾク
長門 「…やっぱり、病院に行って検査を受けることを勧める」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/11(土) 23:37:15.59 ID:p2WRwvfa0

長門 「…痛」
キョン 「どうした?長門」
長門 「…右の靴の中に異物が入りこんだ」
キョン 「そうか。取ってやるからそこに座ってくれ」
長門 「…ありがとう」すとっ
キョン 「靴を脱がせて…(目の前に長門の足が…うむ、宇宙パワーか知らんが、蒸れてはいなさそうだな。残念だ…)」
長門 「…どうかした?」
キョン 「いや、なんでも(いかんいかん…いやだが、長門の足が…長門の足が…)」ハァハァ
長門 「心拍数の急激な上昇が見られる。早急な診断を勧める」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/11(土) 23:39:08.72 ID:p2WRwvfa0

キョン 「ほら、取れたぞ(危ない危ない…むしゃぶりつく寸前だった)」
長門 「…ありがとう」スクッ
フワッ
キョン 「おお…しゃがみっ放しで正解だったか…」ハァハァ
長門 「…私の股間に何か問題がある?」
キョン 「い、いやいや!けしから…じゃなくて全く問題ないぞ!」
長門 「…あなたの言語能力に問題がある。…今すぐの診断を勧める」
キョン 「…oh…」ビクンビクン
長門 「…診断を勧める」
キョン 「ああっ!うっ!…ふぅ」テカテカ
長門 「…異臭を探知した。発生源は…あなた」
キョン 「安心しろ。特に害はない」シャキーン
長門 「…そう」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/11(土) 23:40:26.23 ID:p2WRwvfa0

駅前

ハルヒ 「今日は見つからなかったけど、また明日も探すわよ!」
キョン 「明日もやるのか?」
ハルヒ 「当たり前じゃない!不思議は私たちを待ってはくれないのよ!!」
キョン 「やれやれ…ご苦労なこった」
ハルヒ 「何よ?あんたも参加するのよ?遅れたり休んだら死刑なんだからね、死刑!」
キョン 「罰金よりキツイな……。仕方ない、参加してやるよ」
ハルヒ 「それで良いのよ!」
古泉 「やれやれ……貴方も素直じゃありませんね。本当は楽しんでいるくせに」ヒソヒソ
キョン 「俺はな、朝比奈さんを一日に一度はお目に入れなけりゃ死んじまうのさ。
それに、長門の表情は俺じゃなきゃ読めん。
しかも、我侭な団長様は団員が全員いなけりゃご立腹、つまり俺が休むとお前の怪我も増える。
結果として、周りのために嫌が応にも俺は出席するハメになるのさ」ヒソヒソ
古泉 「おやおや、僕の事まで考えていただけるとは、有難いですね。いつもの貴方なら、『お前は余計だが』とでも言いそうなのに」ヒソヒソ
キョン 「いや、最近はお前まで含めてSOS団だと思えるようになったんだ。なによりな…」ヒソヒソ
古泉 「……?」
キョン 「実はな、最近は
お前で抜けるようになったんだ。今朝もお前を使った」
古泉 「なんと」

オワリ

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/11(土) 23:42:16.37 ID:p2WRwvfa0

こっから先を考えてないので、ここで終っときます。
SSとかってレベルじゃない短さですが、こんなオナニーSSを読んでくださってありがとうございました。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「上履きがない・・・」