ハルヒ「キョン!!…今週末、空いてる?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「じゃーんけーん・・・」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 00:39:37.79 ID:rwf9TJ3EO

―――放課後


キョン「どうした、また不思議探索でもしに行くのか?」

ハルヒ「いいからハッキリしなさいよ!!空いてるの?空いて無いの?」

キョン「今日は金曜日…という事は明日か。まあ空いてるぞ、一応な」

ハルヒ「そう…よかった!じゃあ明日の朝10時、いつもの駅前集合よ!!わかった?」

キョン「…?ああ、わかった」

ハルヒ「そういう事だから!!じゃねっ!」タッ

キョン「なんだあいつ…?団活の予定なら皆が来てからに説明した方が楽だろうに…そして何故出て行く」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 00:41:05.86 ID:rwf9TJ3EO

ハルヒ「(や、やったわ、ついにキョンを誘えたわ!!)」ドキドキ

古泉 「おや、涼宮さん…こんな所でどうされたんですか?」ニコ

ハルヒ「こ、こ古泉君!?ううん、なんでもないのよ!!今から部室に行くとこなの!!」

古泉 「そうですか」

古泉 「(あなたは今、部室とは逆方向に移動してるんですがね)」

ハルヒ「そうなの!!だからまた後でね、古泉君」タッ

古泉 「えらく動揺してました…なにかありそうですね」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 00:43:13.02 ID:rwf9TJ3EO

ガラァァ

古泉 「こんにちは…おや、あなた一人でしたか」

キョン「長門と朝比奈さんはま来てないな、ハルヒは…どっかに行っちまった」

古泉 「涼宮さんならさっき外で擦れ違いましたよ…部室に行く途中、とおっしゃってましたが」

キョン「訳のわからん奴だ」

キョン「所で古泉、週末の団活の話はもう聞いたか?」

古泉 「はい。涼宮さんが用事で来られない為お休み、この様に聞きましたが」

キョン「…なんだって?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 00:44:53.96 ID:rwf9TJ3EO

古泉 「ですから今週末はお休み、直接涼宮さんから聞いた事ですよ?」

キョン「……?」

古泉 「何かあったんですか?」

キョン「さっきハルヒから明日の10時に駅前集合、と聞かされたんだが」

古泉 「……ふむ」

キョン「俺は今さっきこの耳でちゃんと聞いたんだ…古泉、お前何か聞きまちがいをしたんじゃないのか?」

古泉 「それは有り得ません。しかし…確認が必要みたいですね」

ガラァァ

長門 「……」スタスタ

キョン「おう長門、遅かったな」

長門 「掃除当番」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 00:47:33.54 ID:rwf9TJ3EO

古泉 「これは長門さん、ちょうどいい所に。少し伺いたい事があるのですが」

長門 「構わない」

古泉 「ありがとうございます。長門さん、涼宮さんから今週末の団活について…何かお聞きになりましたか?」

長門 「今週は休みと聞いている。どうしても外せない用事があるとの事」

キョン「それは本当か!?長門!?」

長門 「本当」

古泉 「長門さんがおっしゃるのです。確かな情報でしょう」

長門 「ソースは私」

キョン「…どういうこった」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 00:49:15.16 ID:rwf9TJ3EO

古泉 「そしてこれらの事を鑑みるに、ある一つの仮説が浮上してきました」

キョン「…なんだよ」

古泉 「涼宮さんはあなたとデートがしたいのでは無いでしょうか」ニコ

長門 「……!!」ピク

キョン「さっきのがデートの誘いだと!?ハルヒが、俺を誘ったというのか!?」

古泉 「んっふ。そう考えるのが妥当でしょう」ニコ

キョン「そんな風には聞こえなかったがな……長門、お前はどう思う?」

長門 「古泉一樹の説には根拠が不十分。鵜呑みにするにはまだ早い…しかし可能性としては十分に考えられると言わざるを得ない」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 00:51:29.08 ID:rwf9TJ3EO

キョン「にわかには信じられんな…あのハルヒがだぞ?」

古泉 「まあ、いずれわかる事じゃないですか。それよりどうです?一緒にチェスでも」スッ

キョン「…いや、今は遠慮しておく」

古泉 「そうですか、残念です」

ガラァァ

みくる「遅れてすみませぇん」

古泉 「こんにちは、朝比奈さん」

長門 「……」ペラ

キョン「……」

みくる「…どうしたんですかキョン君、なんだか元気が無いみたいですけど…」

キョン「…何でもないですよ、朝比奈さん」

みくる「そ、そうですか?ならいいですけど…」

みくる「(さっき、中から聞こえて来た話が本当なら…ほっとく訳にはいきません!)」

長門 「……」ペラ


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 00:55:59.09 ID:rwf9TJ3EO

―――数時間

長門 「……」ペラ

みくる「♪〜」

キョン「………」

長門 「……」ペラ

古泉 「ふむ…この場合はポーンをここに…しかしこれではクイーンが…」カチャ

長門 「……」パタン

キョン「ん…帰るか」スッ

みくる「涼宮さん、今日は結局来ませんでしたね」

古泉 「何かあったんですかねぇ?」チラ

キョン「…俺を見るな」

古泉 「んっふ、仕方ありません。さっ、帰りましょうか」

20 名前:>>17知らんよそんなもん[] 投稿日:2009/08/19(水) 00:57:20.87 ID:rwf9TJ3EO

みくる「あっ、私は着替えて帰るので皆さんはお先にどうぞ」

キョン「わかりました、朝比奈さん」

古泉 「それでは、失礼します」

長門 「……」スタ

ピシャ

みくる「…みんな行きましたね」

みくる「涼宮さん……抜け駆けなんて、許しませんよ?」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 00:58:30.79 ID:rwf9TJ3EO

キョン「おっと、長門はこっちだったな」

古泉 「さようなら、長門さん」

長門 「……」コク


長門 「……」スタスタ

長門 「……」スタ…

長門 「涼宮…ハルヒ…」

長門 「…思い通りに行くと思ったら大間違い」グッ

長門 「……」スタスタ

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 01:01:06.32 ID:rwf9TJ3EO

古泉 「では、僕はこちらですので」

キョン「ああ、じゃあな」スッ

古泉 「――ああ…僕とした事が、一つ言い忘れてしまう所でした」

キョン「その言い方、白々しいから止めろ。…それで?言いたい事をさっさと言え」

古泉 「女の子に恥をかかせてはいけませんよ?」ニコ

キョン「…言いたい事はそれだけか?」

古泉 「ええ」

キョン「くだらん。帰るぞ」
古泉 「失言でしたかね?それでは、失礼します」ニコ


古泉 「……」スタスタ

古泉 「……」タッ

古泉 「…まだ、彼を涼宮さんに渡す訳には行きません」ニコリ

古泉 「さて…明日の10時、でしたか」

古泉 「んっふ」スタ…

古泉 「楽しくなりそうです」スタスタ

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 01:03:58.99 ID:rwf9TJ3EO

>>22
あー女の子より「女性」のが古泉らしかったかな



キョン「……」スタスタ

キョン「デート…か、それも相手はあの涼宮ハルヒ」スタスタ

キョン「あいつ、もうちっとマシな誘い方はできんのかね…あれじゃあ全然わからんぞ」スタスタ

キョン「しかしまあ、そこがハルヒらしい、な」スタスタ

キョン「……」スタッ

キョン「どうした事だろう」

キョン「悪くない、そう思っている自分が少し嘆かわしいよ」

キョン「…やれやれ」スタスタ

31 名前:>>28腐女子乙[] 投稿日:2009/08/19(水) 01:07:54.27 ID:rwf9TJ3EO

―――ハルヒ宅

ハルヒ「……」ズズ

ハルヒ「ふぅ…やっぱココアは美味しいわ」コト

ハルヒ「…明日、かあ」ゴロン

ハルヒ「誘ったのはいいけど、ちゃんと伝わってんのかしら…キョン来なかったらどうしよう…」

ハルヒ「…ううん、そんなネガティブな考えじゃダメね!!もっと前向きに行かなきゃ!!あたしらしくないわ!!」ゴロゴロ

ハルヒ「明日の計画もバッチリ考えたし、抜かりは無いわ」バッ

ハルヒ「明日は、キョンと思い切り楽しんで…それからは……」

ハルヒ「それからは……」ポッ

ハルヒ「ああもう!!…なんて事考えてんのかしらあたしは!!」カァァ

ハルヒ「…ふわぁぁっ」

ハルヒ「…もう寝よう」パチ

ハルヒ「……楽しみ、だな」

ハルヒ「おやすみ、キョン…」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 01:09:18.74 ID:rwf9TJ3EO

―――翌日


キョン「…ん、もう朝か。…なんだかよく眠れんかった」

キョン「ふわぁ…あー、眠い…っとまだ8時過ぎか」

キョン「……メシでも食ってくるか」

TV『マンモスうれピー!!』

キョン「……へえ、のりPが覚せい剤をねぇ…何があるかわからん世の中だな、全く」ズズ…

キョン「もう9時か」

キョン「…そろそろ準備して早めに行っとかないと…遅れたらこんな時でも平然として罰金を取りそうだ」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 01:15:02.27 ID:rwf9TJ3EO

―――駅前

キョン「ただいま9時50分、まだハルヒは来て無いようだな」

キョン「…俺が誰かを待つなんて珍しい事もあるもんだ」

キョン「お茶でも飲みながら待ってるか」

キョン「…この会社、新しい商品出したんだな。どれ、試してみるか」ガトン

キョン「よっこらしょーいち…と」

キョン「……」グイ

キョン「…おお、これはなかなかイケるぞ」

キョン「……」グイ

キョン「ふぅ」

キョン「…遅いな、ハルヒ」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 01:17:49.56 ID:rwf9TJ3EO

―――物影にて

みくる「……」ヒョコッ

みくる「(まだキョン君しかいないみたいですね…)」ジー

みくる「(行くなら今…今しかないわ…でも)」ジー

みくる「(行けない……!!何故……!?)」

みくる「(あぁ、わたしの根性無し!!ヘタレ!!)」バタバタ

古泉 「おや…朝比奈さん。朝からこんな所で覗きとは、結構なご趣味ですね」ニコ

みくる「ふぇぇ!?古泉君!?」

古泉 「僕だけではありませんよ」サッ

長門 「……」スッ

みくる「な、長門まで!!いつから見てたんですかぁ!?」

長門 「………彼を暫く覗き見した後、頭を抱えて何やら一人で葛藤をし始めた所は確認した」

みくる「ひどいですぅ!!」ワナワナ

長門 「そう」

みくる「……」プルプル

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 01:19:30.92 ID:rwf9TJ3EO

古泉 「まあまあ、そう気を落とさないでください。所で、何か彼に動きはありましたか?それを見る為にここにいるのでしょう?」

みくる「今の所は特に……って、まさか古泉君達も…」

古泉 「お察しの通りです。僕も長門さんもおそらく貴女と同じ理由でここにいるのでしょう」ニコ

長門 「……」コク

みくる「そうなんですかぁ…」

古泉 「今の時点で僕達の利害は一致していると思うのですが…お二人とも、ご協力願えますか?」スッ

長門 「構わない」スッ

みくる「は、はい…」スッ

古泉 「ありがとうございます」ガシ

古泉 「それでは、三人で協力して彼らのデートをぶち壊してやりましょう!!」

長門 「……」コク

長門 「好きにはさせない」

みくる「わ、わたし…頑張ります!!」グッ

古泉 「お二人とも、実に頼もしいです。…期待してますよ」ニコ

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 01:22:35.12 ID:rwf9TJ3EO

みくる「…それにしても涼宮さん、遅いですね」

古泉 「確かに…そろそろ10時になります。いつもの涼宮さんならとっくに来ている筈ですが…」

長門 「涼宮ハルヒが昨晩口にしたホットココア…その中に睡眠薬を入れておいた」

長門 「遅刻どころか今日涼宮ハルヒは来ない可能性もある」キリッ

古泉 「……!!…なんという……!」

みくる「ひぃぃ…」ビク

長門 「何もしないよりはまし」

古泉 「…おっしゃる通りです、すみませんでした」

長門 「いい」

みくる「(長門さんって…なんかやばいかもしれません)」

44 名前:>>42あれだ、何をするだーッ!!と一緒だ[] 投稿日:2009/08/19(水) 01:26:06.25 ID:rwf9TJ3EO

長門 「このまま涼宮ハルヒは起きて来る事無く、そして彼は待ちくたびれて帰宅。これが一番理想的な形」

古泉 「なるほど…デートの発生自体を抑えようという訳ですか」

長門 「そう。しかし彼の性格を考慮するとそうなる確率は極めて低い」

古泉 「では何故この様な事を?」

長門 「後でわかる」

古泉 「そうですか、楽しみにしておきましょう」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 01:29:42.04 ID:rwf9TJ3EO

―――ハルヒ宅【8:30】

ハルヒ「……Zz」

ピピピッ ピピピッ ピピピッ

ハルヒ「んっ、もう…きょんってばぁ…あは…」カチャッ

ピ…………

ハルヒ「…Zz…Zz…」スピー

ハルヒ「あはぁ…きょん…Zz…Zz…」クカ-

―――――z_____

ハルヒ「…Zz…Zz…」スピー

ハルヒ「…Zz…Zz…」スヤー

ハルヒ「……ん、もう朝ね。ふぁ…よく寝たわ」

ハルヒ「ところで…今何時かしら」ムク

ハルヒ「」

ハルヒ「え!?ちょっともう10時過ぎてるじゃない!!訳わかんない…最悪だわ、どうしよう…」

ハルヒ「……急いで準備しなきゃ」ガタ

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 01:32:41.40 ID:rwf9TJ3EO

長門 「……っ!?」

古泉 「些か退屈ですね」

みくる「あっ!キョン君、電話を取り出しましたよ!」

古泉 「涼宮さんと連絡を取るつもりなのでしょうか」

長門 「(何故…?)」

古泉 「どうしました、長門さん?」

長門 「何でもない。続けて」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 01:34:30.66 ID:rwf9TJ3EO

キョン「ハルヒの奴、遅いな」

キョン「…電話でもしてみるか」

キョン「……」ピッ

Prrrr、、、、

キョン「……」

Prr

ハルヒ『あっ、キョン!?ちょ、ちょっと待ってて!!もうすぐ着くから!!じゃあね!』

キョン「あっ!!おいハルヒ!?……切れちまった」

キョン「…やれやれ、もうしばらく待つとしますか」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 01:35:53.90 ID:rwf9TJ3EO

古泉 「ふむ、やはり電話の内容までは聞こえませんね」

みくる「気になりますぅ」

長門 「涼宮ハルヒはこちらへ向かって来ている様子。…全くの想定外」

古泉 「という事は」

長門 「理想とするパターンに持って行くことは出来なかった」

みくる「失敗…ですか…」

長門 「申し訳ない」

古泉 「気にする事はありませんよ、デートはまだ始まっても無いんですよ?」ニコ

みくる「そ、そうですよ!」

長門 「…感謝する」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 01:39:10.70 ID:rwf9TJ3EO

ハルヒ「はぁっ、はぁっ、はっ、ま、待たせたわねキョン…」

キョン「お前が遅刻とはな…そんな事より汗、すごいぞ?ほら、タオル貸してやるから早く拭け」スッ

ハルヒ「えっ…あ、ありがとう」

ハルヒ「(キョ、キョンのタオル…)」ドキドキフキフキ

ハルヒ「(…あ……いいにおいがする…)」ポー

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 01:42:48.58 ID:rwf9TJ3EO

キョン「ハルヒ…?お前大丈夫か……?」

ハルヒ「え!?も、もちろんよ!!はい、タオルありがと!!」

キョン「ああ、気にするな……お前あんだけ走って来たんだ、喉渇いてるだろ?これ飲めよ…飲みかけ、だけどな」

ハルヒ「あ、ありがと…」

ハルヒ「(の、飲みかけっ!?…って事はキョンと…か、関節……)」カァァ

キョン「どうした……その、いらんお世話だったか?」

ハルヒ「そんな事無いわ!!ありがたくいただいてあげるわよ!!」ゴク

ハルヒ「……」ポワー

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 01:45:29.84 ID:rwf9TJ3EO

ハルヒ「こ、これ…あ、ありがと!!」スッ

キョン「なに、いつもの奢りに比べれば大した事無いさ」

ハルヒ「ちょっとキョン!!それどういう意味よ!!」

キョン「そのまんまだ」

ハルヒ「……っもう!!」クスッ

キョン「……!!」ドキ

キョン「くそっ、こいつ…可愛いぞ」ボソッ

ハルヒ「…ん、何か言った?キョン」

キョン「い、いや別に何も…」

キョン「(いかん、相手はハルヒだぞ!!気をしっかり保たなければ)」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 01:47:57.49 ID:rwf9TJ3EO

ハルヒ「ふぅん、まぁいいわ…行きましょう」スッ

キョン「待てハルヒ、一つ確かめておきたい事がある」

ハルヒ「どうしのよ」

キョン「その、なんだ、今日は…俺達二人だけなのか?」

ハルヒ「そうだけど……嫌、だった?」

キョン「そ、そういう訳じゃない…」

63 名前:>>62俺もだよ[] 投稿日:2009/08/19(水) 01:51:48.93 ID:rwf9TJ3EO

ハルヒ「じゃあどういう訳なのよ!!」

キョン「……これではまるで」

ハルヒ「まるで?まるでなんだってのよ?はっきりしなさい!」

キョン「デ、デートみたいじゃないか」

ハルヒ「……!!」

ハルヒ「…ち、違うわよ!!これもSOS団の活動の一環なの!!」カァァ

ハルヒ「みんなは用事があって来れないって言ってたわ!!だからあたしとあんたの二人しかいないって訳!!わかった!?」ビシィッ

キョン「…そうかい」

キョン「(こいつはもっと素直だったら相当可愛いのに……やれやれ)」

ハルヒ「(はぁ…またやっちゃったわ…本当はもっと素直になりたいのに……)」


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 01:55:11.14 ID:rwf9TJ3EO

古泉 「……」

長門 「……」

みくる「………」

古泉 「これは……何と言いますか…見せつけられてしまいました」

古泉 「…邪魔をするどころか…むしろ」

みくる「か、関節キスとかしてましたよぉ…」

古泉 「最後のはまだいつもの感じでしたが前半は……」

長門 「激甘」

古泉 「……」

みくる「……」

長門 「すまない」

67 名前:>>64甘えるな、妄想力が足らんのだ[] 投稿日:2009/08/19(水) 01:58:33.42 ID:rwf9TJ3EO

古泉 「……」

みくる「……」

長門 「…私の責任」シュン

古泉 「いえ、長門さんのせいではないですよ…」

みくる「長門さん…元気出してください!」

古泉 「諦めたらそこで試合終了ですよ」

長門 「感謝する」

長門 「…次こそは必ず」

古泉 「そうですね、頑張りましょう」ピシ

みくる「はい!!」ガシ

長門 「頑張る」グッグッ

69 名前:>>66反応はするが影響はされないぜ(キリッ[] 投稿日:2009/08/19(水) 02:00:49.85 ID:rwf9TJ3EO

キョン「さて、こんな所でグズグズしてても仕方が無いぞ」

ハルヒ「そうね、行きましょうか」

キョン「…そういえば今日はどこに行く予定なんだ?」

ハルヒ「VIP水族館よ!!」

キョン「VIP水族館…?ああ、あの最近できたって話題になってる所か…いいな、俺も一度行ってみたかったんだ」

ハルヒ「(やったわ!!好感触よ!!)」

ハルヒ「そうなの…あんたも以外と子供っぽい所あるのね」

キョン「お前が言える立場じゃないだろう」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 02:02:09.21 ID:rwf9TJ3EO

ハルヒ「あたしは不思議な出来事を求めてここを選んだの!!きっと何かある筈よ!!」

キョン「そうかい…見つかるといいな」

ハルヒ「何言ってるの?見つけるのよ!!待ってるだけじゃ何も得られないのよ!!」

ハルヒ「あっ、そろそろ電車が来るわ!行きましょ、キョン!!」タタッ

キョン「…おい待てハルヒ!時間ならまだ余裕があるぞ」

ハルヒ「キョン!!はーやーくー!!」

キョン「…やれやれ」スタスタ

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 02:08:58.03 ID:rwf9TJ3EO

みくる「どうやら電車に乗るみたいですね」

古泉 「僕たちも行きましょう」

みくる「わかりましたぁ」

長門 「……」グゥー

古泉 「どうしました、長門さん」

長門 「お腹がすいた」グゥー

古泉 「…我慢してください、今二人を見失う訳にはいきません」

みくる「後で何が食べられますよ」

長門 「本当?」

古泉 「ええ、あちらに合わせてこちらも食事を取りましょう」

長門 「…了解した」

古泉 「では、行きましょう」スタスタ

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 02:11:03.47 ID:rwf9TJ3EO

古泉 「切符を買いますか」
みくる「いっぱいありますけど…どの区間分買えばいいんでしょうか?」

古泉 「そうですね、とりあえず一番高いものを買っておきましょう。そうすれば涼宮さん達がどこで降りても対応できます」

みくる「わかりましたぁ…長門さんは買わないんですかぁ?」

長門 「必要無い」ピッ

古泉 「それは…定期券…!!」

みくる「そんなの持ってたんですかぁ!?」

長門 「これも生活の知恵」キラン

古泉 「やりますね長門さん、流石といったところでしょうか」

長門 「……」キラン

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 02:22:44.60 ID:rwf9TJ3EO

ハルヒ「ふぅ…思ってたよりも人は少ないわね」

キョン「そうだな、休日だってのに…こんなので儲るもんなのか」

ハルヒ「時間帯がよかったのよきっと!!」

キョン「そんなもんなのか」

ハルヒ「そんなもんよ」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 02:29:34.82 ID:rwf9TJ3EO

古泉 「さて、お二人はどこにいるんでしょう」

長門 「目標を発見した」

みくる「ほんとだ…あそこにいますね」

古泉 「同じ車両に乗る訳にも行きません、僕たちは別の車両に乗りましょう」

ピリリリリリリリリ

古泉 「おや、そろそろ来るようですね」

長門 「……」プル

古泉 「…今度はなんです?長門さん」

長門 「トイレを済ますのを忘れていた」

みくる「もう電車来ちゃいますよ!?」

長門 「不覚」フル

古泉 「…電車が来るまで我慢して、電車でしてください」

長門 「…了解した」プル

83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 02:34:11.20 ID:rwf9TJ3EO

―――電車内

みくる「ふぇっ、全然人がいませんね、ほぼかしきりですよぉ」

長門 「VIP待遇」

古泉 「長門さん…失礼ですがお手洗いの方には行かれないんですか」

長門 「もう済ませた、大丈夫。痕跡は残していない」

古泉 「…それはよかったです」

みくる「古泉君、今からはどうするんですかぁ?」

古泉 「とりあえずお二人が観察出来る位置まで移動しましょう…どこで降りるのかも定かではありませんから」

みくる「たしか隣りの隣りの隣りの車両に乗ってましたよね」

古泉 「では隣りの隣りの車両まで行ってみましょう」

長門 「これが今のVIP」キリッ

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 02:38:19.74 ID:rwf9TJ3EO

―――隣りの隣りの車両

古泉 「おっと…そこにお二人が見えますよ」

長門 「これ以上近寄るのは危険。目標に気付かれる可能性が高い」

古泉 「そうですね、ここから様子を伺いましょう」

アナウンス 「ゲシャノ サイニハ ワスレモノニ チュウイシテ クダサイ」

ハルヒ『さっ、おりるわよ』

キョン『以外と近くに出来てたんだな』

長門 「…目標が移動を開始した」

みくる「ふぇぇ!?まだ一つ目の駅ですよ!?」

古泉 「これは誤算でした…仕方ありません、急いで降りましょう」

みくる「ふぇぇぇ…」

85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 02:40:23.21 ID:rwf9TJ3EO

古泉 「さ、駅をでますよ…このままでは二人を見失ってしまいます」スタスタ

駅員 「ありがとうござ…ん?いいのかい、これ…?」

古泉 「……お構い無く」

みくる「(クソが…余計な出費させやがって)」

長門 「……」スタスタ

長門 「これで」スッ

駅員 「はいはい定期券ね、どうぞ〜」

長門 「……」キラン

古泉 「……」


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 03:03:28.42 ID:rwf9TJ3EO

ハルヒ「キョンあんたお昼まだでしょ?どこかで食べて行きましょう」

キョン「そうするか」

ハルヒ「…って……ても……わよ」ボソ

キョン「ん、ハルヒ何か言ったか?」

ハルヒ「今日はあたしが遅刻したんだし、奢ってあげてもいいわよ!!」ビシィ

キョン「いや、いいよ」

ハルヒ「な…何よっ!!このあたしがせっかく奢ったげるって言ってんのに!!」

キョン「しかしだな…そこは男として譲れん」

ハルヒ「…ほんとにバカキョンなんだから」

キョン「ハルヒ…」

ハルヒ「……」ムスッ

キョン「(…まいったな)」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 03:09:45.92 ID:rwf9TJ3EO

キョン「…ハルヒよ」

ハルヒ「なによ!!」ムスー

キョン「昼飯はご馳走になる事にする。ただし…水族館の入場料は俺が払う。…これじゃダメか?」

ハルヒ「……しょうがないわね…ア、アンタがどうしてもって言うなら、そういう事にしてあげてもいいわよ」

キョン「じゃ、決定だな」

ハルヒ「(…今日のキョン、なんか優しいなぁ)」

キョン「(ふぅ…なんとか機嫌を直せたみたいだ)」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 03:18:28.23 ID:rwf9TJ3EO

長門 「目標は昼食をとるよう」

古泉 「少し速めですね」

みくる「でもわたしもお腹空いてきましたぁ」

長門 「カレーが食べたい」

古泉 「この辺にカレー屋なんてありましたっけ?」

みくる「聞いた事無いですね」

長門 「問題ない。作る」

古泉 「作る…?ここでですか?」

長門 「違う。作るのは店舗の方」

古泉 「なんと…」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 03:27:20.71 ID:rwf9TJ3EO

キョン「どこで食べたいんだ?」スタスタ

ハルヒ「んー、そうねぇ…」スタスタ

ハルヒ「あっ!!ここなんてどうかしら!!」

キョン「…‘ゆきりんのカレー☆専門店’?聞いた事無いぞこんなとこ」

ハルヒ「きっと最近出来たばかりなのよ!!ものは試しよ!!はやく入りましょ!!」ダッ

キョン「おい待てハルヒ…ん?『ゆきりん特製不思議なミラクル☆カレー』……まさかこれに惹かれたのかあいつは」

キョン「いかにもうさん臭い」

ハルヒ「ちょっと何してんの!!はやく来なさいよ!!」

キョン「…やれやれ」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 09:42:27.92 ID:rwf9TJ3EO

おはようございますーー

残っていて嬉しいな!!

ゆっくりになるかと思いますが続きでも書きます


保守ありがとうございました〜!

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 09:45:44.21 ID:rwf9TJ3EO

―――厨房

長門 「目標の誘導に成功した」パク

古泉 「さすがです」

みくる「わ、私たちが調理するんですかぁ!?」

長門 「そう」モグモク

古泉 「…長門さん、口にカレーが付いてますよ」

長門 「そう」フキフキ

長門 「……」パクパク

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 09:58:30.93 ID:rwf9TJ3EO

古泉 「さて、涼宮さんには悪いですけど…ここでお腹を壊して帰って貰いましょう」

長門 「そこに材料が取り揃えてある。使うといい」モクモク

みくる「うわぁ、すごくたくさんあります…だけどこれは…」

古泉 「…これを使うのですか」

長門 「そう」ヒョイパクヒョイパク

長門 「全て腐っている」キリッ

古泉 「見てるだけで吐き気がします」

みくる「ふぇぇぇ…頭が…」キュー

古泉 「…こんなものの目の前でよく食事ができますね。うっぷ…」

長門 「私は平気」モクモク

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 10:05:53.80 ID:rwf9TJ3EO

ハルヒ「キョン、注文は決めたの?」

キョン「まだだ。お前は何にするんだ?」

ハルヒ「あたしは勿論、この『ゆきりん特製不思議なミラクル☆カレー』よ!!」

キョン「予想はしていたが、本当にそれにするのか?…美味しそうには聞こえんな」

ハルヒ「人の注文にケチを付けないの!!さぁ、あんたもさっさと決めなさい!!」

キョン「俺は無難に普通のカレーにしとくよ」

ハルヒ「つまんないわね…まあいいわ」

キョン「俺は普通に腹が満たせれば満足だ」

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 10:13:37.23 ID:rwf9TJ3EO

森  「ご注文はお決まりですか?」

キョン「も、森さん!?」

森  「そうですけど、何か問題がありますか?」

キョン「い、いえ…」

ハルヒ「あたしは‘ゆきりん特製不思議なミラクル☆カレー’で!!」

森  「はい」

キョン「…俺は普通のカレーでお願いします」

森  「ご注文を繰り返します。ゆきりん特製不思議なミラクル☆カレーがお一つ、普通のカレーがお一つ。以上でよろしいですか?」

キョン「ええ」

森  「かしこまりました。しばらくお待ちくださいませ」

キョン「まさか森さんが働いているとは思わなかったな」

ハルヒ「そうね…ウェイトレスも似合ってたわ」

119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 10:20:57.58 ID:rwf9TJ3EO

森  「古泉、注文取って来たわよ」

古泉 「ありがとうございます、森さん」

長門 「予想通りの品を涼宮ハルヒは注文した」モグモグ

古泉 「これ……ですか」

みくる「見た目は普通のと変わらないんですけどね…材料の事を考えると…」

古泉 「止めましょう、朝比奈さん…」

みくる「す、すみません」

長門 「これを食せばお腹を下す事は決定的。デート所では無くなる」パクパク

古泉 「涼宮さん、悪く思わないでください。…森さん、お願いします」

森  「ええ、これを運び終わったら帰らせてもらうわ」

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 10:28:38.25 ID:rwf9TJ3EO

森  「…お待たせしました、こちらが‘ゆきりん特製不思議なミラクル☆カレー’、こちらが普通のカレーでございます。ご注文は以上でよろしかったでしょうか」コト

キョン「ええ、ありがとうございます」

ハルヒ「……なんかあんまり普通のと比べても代わり映えしないわね、これ」

キョン「だから言ったろう…止めとけって」

ハルヒ「…キョン、交換しなさい」

キョン「はぁ?なんでだ」

ハルヒ「これは普通すぎてつまらないわ、だからよ」

キョン「俺のこそ普通のカレーだぞ」

ハルヒ「いいから!!速くしなさい!!」

キョン「…やれやれ、ほらよ」

ハルヒ「やっぱりこっちも普通ね…まあいいわ、いただきましょう」

キョン「ああ」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 10:33:57.99 ID:rwf9TJ3EO

古泉 「……!!」

みくる「どうしたんですか!?」

古泉 「お二人が…皿を交換しました…」

みくる「ふぇぇぇ!?じゃあキョン君が…!!」

古泉 「…ええ、例のカレーを口にする事になります」

古泉 「どうにかなりませんか、長門さん」

長門 「どうしようも無い。今は様子を見るべき」モリモリ

古泉 「……そうですか」

古泉 「(単に面倒臭がってるだくでは…?)」

長門 「……」パクパク

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 10:48:37.21 ID:rwf9TJ3EO

キョン「いただきます」

ハルヒ「…あら、結構美味しいわね」モクモク

キョン「……」パクパク

キョン「……!!」

ハルヒ「?…どうしたのよキョン」モグモグ

キョン「い…いやなんでも無いぞ」

キョン「(う…美味すぎるっ!!)」パクパク

キョン「ハルヒ」モリモリ

ハルヒ「何よ」パクパク

キョン「見掛けで実力を判断するなという絶好の例だ」パクパク

ハルヒ「はぁ?…何言ってんのあんた」

キョン「…気にするな」パクパク

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 10:54:38.60 ID:rwf9TJ3EO

みくる「キョン君…モリモリ食べてます」

古泉 「…大丈夫でしょうか」

みくる「キョン君……」

長門 「心配ない」モクモク

古泉 「どういう事でしょうか」

長門 「情報操作しておいた。今の時点であのカレーは無毒」パクパク

古泉 「さっきは何も出来ないと……」

長門 「あれは嘘」モリモリ

古泉 「…そうですか」

長門 「そう」ハフハフ

みくる「な…長門さんなりの冗談だったんですよ、きっと」

長門 「ユニーク」

古泉 「……」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/08/19(水) 15:26:55.88 ID:rwf9TJ3EO

急に仕事が忙しくなったお…

いつ再会出来るかわからんので落としても構いませんでござる

ここまで見てくださった皆さんありがとうございました


またそのうち同じスレタイで立てるっさ!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「長門さん。無理なお願いをしてみてもいいですか」