ハルヒ「キョンの体臭を嗅ぐわよ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「ジャイアンさ掘らっだっけにゃ」ドラえもん「しゃね」

ツイート

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 13:23:53.06 ID:COg1jghlO

ハルヒ「そう言うわけだから嗅がせなさい」

キョン「断る」

ハルヒ「何でよ?」

キョン「嫌だからだ」

ハルヒ「…じゃあ私の体臭を嗅ぎなさい!」

キョン「…」

ハルヒ「これは団長命令よ!」

キョン「分かったよ…」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 13:25:21.21 ID:COg1jghlO

キョン「…クンクン」

ハルヒ「どう?」

キョン「制汗剤の臭いだな」

ハルヒ「髪からはどんな臭いがする?」

キョン「…メリットの香りだ」

ハルヒ「へぇ…なかなかわかってるじゃない」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 13:27:16.56 ID:COg1jghlO

ハルヒ「じゃあ最後にパンツの臭いを嗅ぎなさい!」

キョン「…は?」

ハルヒ「パンツの臭いを嗅げって言ってるのよ!」

キョン「いや…何故だ?」

ハルヒ「客観的に私のパンツはどんな臭いがするか聞きたいのよ!」

キョン「…」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 13:29:50.56 ID:COg1jghlO

キョン「それは…」

ハルヒ「何よ!意気地なしね!」

古泉「…」

古泉「ではこうしたらどうでしょう?」

キョン「居たのか…」

古泉「えぇ。んっふ」

古泉「みんなで体臭を嗅ぎあうのはどうですか?」

ハルヒ「…いい考えね」

長門「…」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 13:32:06.55 ID:COg1jghlO

みくる「ふぇぇ…」

ハルヒ「じゃあ私はキョンの臭いを嗅ぐわ」

長門「…駄目」

ハルヒ「は?」

長門「彼の臭いは私が嗅ぐ」

みくる「ふぇぇ」

みくる「私もキョン君の臭いを嗅ぎたいですぅ」

古泉「おやおや…全員彼の臭いを嗅ぎたいのですか」

ハルヒ「…キョンは誰の臭いを嗅ぎたいの?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 13:33:51.29 ID:COg1jghlO

キョン「…自分の臭いを嗅ぐ」

ハルヒ「は?何を言ってるのよ?ふざけないで!」

キョン「…」

キョン「じゃあ朝比奈さ」

ハルヒ「駄目」

キョン「…長」

ハルヒ「駄目」

キョン「…」

古泉「まさか…僕ですか…?」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 13:35:33.81 ID:COg1jghlO

ハルヒ「そうね…古泉君ならいいわ」

キョン「へ?」

ハルヒ「じゃあ私達4人はキョンの臭いを嗅ぐわよ」

みくる「はい〜」

長門「…」

古泉「んっふ」

キョン「…」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 13:37:59.31 ID:COg1jghlO

ハルヒ「じゃあ古泉君はキョンの正面に立って」

古泉「別の物が立ちそうですが分かりました」

ハルヒ「そして私は後ろから臭いを嗅ぐわ」

みくる「じゃあ私は右から嗅ぎます」

長門「…分かった」

キョン「…」

ハルヒ「じゃあ始め!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 13:40:43.68 ID:COg1jghlO

古泉「クンクン…いい香りですね…シャンプーは何を?」

キョン「…TSUBAKI」

古泉「んっふ。美しいです」

みくる「キョン君の右手…石鹸の香りがします…」

キョン「さっきトイレに行きましたから…」

みくる「そうですか〜」

キョン「…」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 13:42:38.87 ID:COg1jghlO

長門「左腕を上げて」

キョン「いや…それは…」

長門「上げて」

キョン「…はい」

長門「汗の臭い…」

キョン「じゃあ嗅ぐなよ…」

長門「でも悪くない」

長門「むしろいい」

みくる「あ、私も脇の臭いを嗅ぎたいから右腕を上げて下さい〜」

キョン「…はい」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 13:44:36.66 ID:COg1jghlO

みくる「男の人の臭いって感じです〜」

みくる「って言ってもよく分からないんですけど…」

キョン「はは…」

ハルヒ「ちょっと!くっさ!」

キョン「おい!どこを嗅いでるんだ!?」

ハルヒ「お尻よ」

キョン「…」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 13:46:42.22 ID:COg1jghlO

ハルヒ「脹ら脛の臭いを嗅ぎたいからズボンの裾をあげるわね」

キョン「…もう好きにしてくれ」

古泉「あの…」

キョン「何だ?」

古泉「僕の臭いも嗅いで下さい…」

キョン「…いやだ」

ハルヒ「ちょっと!私達も嗅いでるんだからあんたも嗅ぎなさい!団長命令よ!」

キョン「…」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 13:49:08.21 ID:COg1jghlO

キョン「クンクン」

古泉「どうですか…」

キョン「髪から甘ったるい臭いがするな…」

古泉「んっふ。GATSBYの黄緑の奴なんです」

キョン「そうか」

古泉「もっと嗅いで下さい」

キョン「…」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 13:51:05.78 ID:COg1jghlO

キョン「…脇から香水の香りがするな」

古泉「スカルプチャーですよ?高校生らしいでしょ?」

キョン「…」

キョン「そうだな」

ハルヒ「よし!みんな時計回りに移動よ!」

ハルヒ「キョン!今度はみくるちゃんの臭いを嗅ぎなさい!」

キョン「…」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 13:53:36.51 ID:COg1jghlO

みくる「キョン君…嗅いで下さいね…?」

キョン「クンクン…髪からいい香りが…」

みくる「シャンプーはTSUBAKIの白なんです…」

キョン「そうですか俺は赤ですよ」

みくる「お揃いですね!」

キョン「はい!」

ハルヒ「…」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 13:55:44.97 ID:COg1jghlO

キョン「…(あぁ…愛しのマイエンジェル朝比奈さんが懸命に俺の臭いを嗅いでる…)」

キョン「…(勃起した俺を誰が責められよう)」

キョン「あの…朝比奈さん…」

みくる「ふぁい?なんですか?」

キョン「胸の香りを嗅がせて下さい…」

みくる「ふぇ?」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 13:57:16.30 ID:COg1jghlO

キョン「駄目ですか?」

みくる「キョン君なら…いいですよ…」

キョン「じゃあ…失礼します…」

みくる「はい…」

ハルヒ「…」

ハルヒ「はい交代!みくるちゃんどきなさい!」

みくる「ふぇ…」

ハルヒ「邪魔よ!邪魔!」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 13:59:27.37 ID:COg1jghlO

長門「…待って」

ハルヒ「何よ?」

長門「…彼のお尻の臭いをまだ嗅いでない」

ハルヒ「そんなの後で嗅ぎなさい!」

長門「…分かった」

ハルヒ「さぁキョン!次は私の番よ!」

キョン「…」

古泉「お尻の臭いが嗅げますね…あはぁ…」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 14:01:15.04 ID:COg1jghlO

みくる「ふぇ…」

ハルヒ「はい!嗅ぐわよ!」

キョン「…あぁ」

ハルヒ「じゃああんたの下着の臭いを嗅ぐわよ?」

キョン「おい…それは…」

ハルヒ「駄目!団長命令なんだから!」

キョン「…」

古泉「お尻から…雄の香りがしますね…」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 14:03:33.43 ID:COg1jghlO

ハルヒ「…あんた…勃起してるじゃない…」

キョン「くっ…」

ハルヒ「何よ?嗅がれて興奮してるの?」

キョン「…」

ハルヒ「図星なのね?変態!」

キョン「…」

ハルヒ「まぁ臭いを嗅いであげるわ」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 14:07:05.83 ID:COg1jghlO

ハルヒ「…クンクン」

ハルヒ「精子の香りがするわ」

キョン「知ってるのか?」

ハルヒ「まぁね」

ハルヒ「中学生時代に何人と付き合ったと思ってるの?」

ハルヒ「…(本当は知らないわよ!バカキョン///)」

キョン「…(萎えたわ)」

ハルヒ「クンクン…」

ハルヒ「小さくなったわね…何で?」

キョン「知るか」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 14:09:13.66 ID:COg1jghlO

長門「…そろそろポジションチェンジの時間」

ハルヒ「…そうね」

長門「…」

キョン「…」

長門「嗅いで」

キョン「…あぁ」

長門「まず頭」

キョン「分かった」

古泉「…彼は立派な雄でしたね。んっふ」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 14:11:20.84 ID:COg1jghlO

キョン「いい香りだな。シャンプーは何だ?」

長門「プリキュア」

キョン「へ?」

長門「プリキュアのシャンプー」

キョン「そうか…」

長門「私はプリキュア5だと黄色が好き」

長門「あなたは?」

キョン「…」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 14:12:55.47 ID:COg1jghlO

キョン「…」

長門「知らない?」

キョン「いや、妹と見ていたぞ」

長門「じゃあ誰が好き?」

キョン「キュアババァだな」

長門「誰?」

キョン「あ…青色が好きだぞ」

長門「そう」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 14:15:54.99 ID:COg1jghlO

長門「じゃあ次は脇を嗅いで」

キョン「あぁ…じゃあ屈まないとな」

長門「臭いはどう?」

キョン「石鹸の香りだ」

長門「そう」

キョン「いい香りだぞ」

長門「そう」

ハルヒ「…」

ハルヒ「はい!終了!」

長門「もう?」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 14:22:37.65 ID:COg1jghlO

ハルヒ「そうよ!もう終了!」

長門「…そう」

ハルヒ「じゃあ今日の活動はこれまで!以上!」

みくる「はぁい」

古泉「僕は少しトイレに行ってきます」

キョン「あぁ…俺も用を足したいな」

古泉「すいませんがあなたは来ないで下さい」

キョン「何でだ?」

古泉「禁則事項です」

キョン「…」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 14:24:04.56 ID:COg1jghlO

ハルヒ「じゃあ私は帰るから」

みくる「お気をつけて〜」

キョン「…」

キョン「古泉はなんで拒んだ?」

長門「…」

長門「彼は自慰をしにいった」

みくる「ふぇ?」

キョン「うわ…」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 14:31:09.53 ID:COg1jghlO

長門「…今日私の家に来て」

キョン「何でだ?」

長門「涼宮ハルヒはあなたのお尻の臭いを後で嗅げと言った。だから私の家で嗅ぐ」

キョン「おいおい…」

長門「駄目?」

キョン「だってなぁ…」

長門「私の臭いも好きなだけ嗅いでいい」

キョン「…」

長門「朝比奈みくるもあなたの臭いを嗅ぎ足りないはず」

みくる「ふぇ…そうです…」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 14:33:17.10 ID:COg1jghlO

長門「だから2人の欲求を叶えるべき」

キョン「…分かったよ」

長門「では2人共私の家に」

長門「古泉一樹が来る前に早く行くべき」

キョン「分かった」

みくる「はい!」

長門「…」

――――
―――


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 14:37:28.79 ID:COg1jghlO

―長門宅―

長門「では始める前にやることがある」

キョン「なんだ?」

長門「この熱々鍋をみんなで食べる」

みくる「ふぇ?何でですか?」

長門「汗ばむため」

みくる「…なるほどぉ」

長門「じゃあいただきます」

みくる「いただきます」

キョン「意味が分からん」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 14:40:53.21 ID:COg1jghlO

長門「ごちそうさま」

みくる「ごちそうさま」

キョン「ごちそうさん」

長門「では始める」

みくる「ふぁい」

キョン「いや…すまんが風呂を貸してくれ」

キョン「今の俺は臭い」

長門「それがいい」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 14:44:10.36 ID:COg1jghlO

キョン「だろ?だからシャワーを貸してくれ」

長門「違う」

キョン「は?」

長門「汗臭いのがいい」

キョン「…いやいや、あのな長門…」

長門「駄目?」

キョン「でもな…」

みくる「キョン君…」

キョン「朝比奈さんまで…」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 14:45:16.25 ID:COg1jghlO

長門「…」

キョン「分かったよ…」

みくる「えへへ」

長門「じゃあ続きを始める」

長門「私は後ろを」

みくる「じゃあ私は前ですね!」

キョン「…」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 14:47:22.56 ID:COg1jghlO

ピンポーン

長門「出てくる」

長門「誰?」

古泉「僕です。開けて下さい」

長門「嫌」

古泉「おやおや…」

古泉「涼宮さんを呼びますよ?」

長門「…」

長門「今開ける」

古泉「んっふ」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 14:49:22.71 ID:COg1jghlO

長門「開けた」

古泉「おやおや…マンションの入り口だけじゃないですか…」

長門「家の玄関を開けろとは言ってない」

古泉「おやおや」

長門「何の用?」

古泉「彼は居ますか?」

長門「いない」

古泉「嘘おっしゃい!」

長門「いない」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 14:51:18.71 ID:COg1jghlO

古泉「機関の者が見ているんですよ?」

長門「…」

古泉「涼宮さんを呼ぶしかありませんね…」

長門「…」

古泉「いいんですかね〜?」

長門「…」

古泉「はぁ〜あ。どうしますかね?」

長門「上がって」

古泉「よろしい」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 14:54:50.25 ID:COg1jghlO

古泉「お邪魔します」

長門「…」

みくる「ふぇぇ…」

キョン「よぉ」

古泉「おやおや…お楽しみの所申し訳ありませんでした」

キョン「いや…どうしたんだ?」

古泉「ちょっと長門さんと話したくて…」

キョン「そうか」

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 14:57:46.26 ID:COg1jghlO

キョン「そうか、じゃあ帰るな」

長門「え…」

長門「問題ない。居て」

キョン「いや…古泉がわざわざ出向いたんだから重要な話だろ?俺がいちゃ邪魔だしな」

長門「…」

長門「そう」

みくる「じゃ、じゃあ私も帰ります…」

古泉「いえ、居て貰って構いませんよ」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 14:59:52.44 ID:COg1jghlO

キョン「いや、俺たちが居ると邪魔だからいいって」

キョン「朝比奈さん。帰りましょう」

みくる「はぁい」

キョン「じゃあな長門」

みくる「失礼します」






古泉「これは予想外ですね」

長門「…」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 15:02:38.85 ID:COg1jghlO

長門「で、話とは?」

古泉「いえ…ただ彼の臭いをかぎたかっただけです…」

長門「…」

古泉「んっふ。すいません」

長門「…」

古泉「…」

長門「酷い」

古泉「…」

―――――
―――


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 15:32:15.87 ID:COg1jghlO

みくる「…」

キョン「…」

キョン「朝比奈さん…」

みくる「はぁい?」

キョン「胸の臭いをかぎたいです…」

みくる「…」

みくる「はい!」


―――――
―――


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 15:36:57.42 ID:COg1jghlO

―翌日 SOS団部室―

コンコン

みくる「はぁい」

キョン「失礼します」

みくる「あ…キョン君…」

キョン「今は朝比奈さんだけですか?」

ハルヒ「…私も居るわよ」

長門「…」

キョン「2人共居たのか…」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 17:14:10.53 ID:COg1jghlO

ハルヒ「じゃあ活動をするわよ」

キョン「活動って何をするんだ?」

ハルヒ「今日はみんなの下着について語るわよ」

キョン「は?」

ハルヒ「下着よ!下着!」

キョン「…はぁ」

古泉「んっふ」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 17:15:33.08 ID:COg1jghlO

キョン「具体的には何をするんだ?」

ハルヒ「まずはみんな下着を脱いで貰うわ」

キョン「は?」

ハルヒ「あ、ノーパンになるだけでいいわよ」

キョン「…」

ハルヒ「下着だけ私に提出しなさい!以上!」

キョン「…」

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 17:17:14.61 ID:COg1jghlO

キョン「お前なぁ…」

古泉「するべきですよ。閉鎖空間が産まれたらどうするのですか?」

キョン「…」

古泉「僕たちに迷惑がかかるでしょう?ん?」

キョン「すまん…」

古泉「分かればいいんですよ。んっふ」

キョン「…」

ハルヒ「さぁ脱ぎなさい!」

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 17:18:44.69 ID:COg1jghlO

ハルヒ「よし!みんな脱いだわね!」

キョン「…」

みくる「…」

長門「…」

古泉「…///」

ハルヒ「みんな個性が出ているわ」

古泉「…///」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 17:21:10.63 ID:COg1jghlO

ハルヒ「みくるちゃんは白にピンクのレースね…」

ハルヒ「ブラとパンツがセットになってなかなかだわ」

みくる「…」

ハルヒ「由希はプリキュアのパンツ…」

ハルヒ「ブラは?」

長門「ない」

ハルヒ「そう…」

ハルヒ「でもブラを着けないと乳首がこすれて痛いわよ?」

長門「平気」

ハルヒ「…そう」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 17:22:38.63 ID:COg1jghlO

ハルヒ「キョンは赤色のボクサーね。いっちょまえに」

ハルヒ「…」

ハルヒ「しょっぱいわね!おしっこはちゃんと出し切りなさい!」

キョン「…(舐めるなよ)」

ハルヒ「罰として没収!」

長門「!」

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 17:25:57.17 ID:COg1jghlO

長門「それでは彼が可哀想」

みくる「そうですよぅ!」

古泉「…」

ハルヒ「何よ!私にケチをつけるつもりなの?」

古泉「これでは彼が帰り道にノーパンで帰ることになりますよ?」

ハルヒ「いいのよ!」

140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 17:29:02.73 ID:COg1jghlO

ハルヒ「いいのよ。雑用なんだから」

キョン「…ふざけるな!」

ハルヒ「何よ…」

キョン「ブラが水色でパンツが黄色のお前だって相当だろ!」

ハルヒ「わ、私はいいのよ…」

キョン「ちょっとパンツを嗅がせて貰うぞ」

キョン「うわ!お前!これ生理用パンツだな!」

ハルヒ「ち、ちが…」

141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 17:30:55.87 ID:COg1jghlO

キョン「生理用パンツをはいてるお前に俺を責める権利はない!」

ハルヒ「…」

キョン「パンツを返してもらう!」

ハルヒ「…ごめんなさい」

キョン「あ?」

ハルヒ「ただ…あんたのパンツが欲しかっただけなの…」

キョン「…」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 17:33:07.16 ID:COg1jghlO

ハルヒ「あなたのパンツ…頂戴?」

キョン「…」

長門「それは駄目」

ハルヒ「…」

長門「私も欲しい」

みくる「…私も」

古泉「僕もです」

ハルヒ「…」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 17:38:10.64 ID:COg1jghlO

古泉「じゃあこうしましょう」

古泉「みんなの下着に1〜5までの番号を振ります」

古泉「そしてみんなでクジを引いてその番号に応じた下着が貰えると言うのはどうですか?」

長門「…いい」

みくる「それで構いません」

ハルヒ「…分かったわ」

キョン「…ことわ」

古泉「決まりですね」

キョン「…」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 17:40:22.91 ID:COg1jghlO

古泉「じゃあクジを引きましょう…」





ハルヒ「…みくるちゃんのを貰ったわ」

みくる「長門さんのです…」

長門「古泉一樹の」

キョン「ハルヒのだ」

古泉「んっふ。決まりですね」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 17:44:14.90 ID:COg1jghlO

古泉「じゃあ貰った下着をはいて帰りましょうか?」

ハルヒ「…分かったわ」

みくる「…ふぇ…ブラジャーがない…」

長門「ビキニパンツの黒」

キョン「生理用パンツとか汚いだろ…」

古泉「さ…はきましょうかね…」

ハルヒ「ちょっと!男子はトイレで着替えて頂戴よ!」

キョン「分かったよ…」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 17:46:19.88 ID:COg1jghlO

―男子トイレ―

古泉「では個室で着替えますので…」

キョン「あぁ…」

キョン「しかしハルヒのパンツは汚いな…」

キョン「クンクン…」

キョン「やはり臭い」

キョン「…」

キョン「文句を言っても仕方ないな。はくか」

キョン「ばっちぃ…」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 17:51:02.07 ID:COg1jghlO

古泉「彼のパンツ…クンクン」

古泉「ハァ…ハァ…ンッ!」

古泉「ちょっとなら…してもいいですよね?」

古泉「ハァハァ!ンンッ!ンッ!アッ!」

古泉「凄い…もうぬちょぬちょしてる…」

ビュル!

古泉「アァン!」

古泉「…さ、パンツをはきましょうかね」キリッ

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 17:52:45.11 ID:COg1jghlO

古泉「…///」ドキドキ

古泉「入りました…ピッタリですね…」

古泉「アァン!」

ビュル

古泉「…おやおや…いけない子ですね」

古泉「いい加減個室から出ましょうか…」

ガチャ

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 17:56:10.24 ID:COg1jghlO

キョン「…」

古泉「お待たせしました」

キョン「…」

古泉「…」

キョン「…はは」

古泉「うふふ」

キョン「行くか」

古泉「はい」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/07(火) 17:57:58.93 ID:COg1jghlO

飽きたから第一部完



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「性器見せてください」