橘「とりっくおあ」キョン妹「とりっくー!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「よう長門」

ツイート

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/01(日) 10:53:42.23 ID:G47yjGVsO

橘「とりっくおあ」

妹「とりっくー!!」

キョン「あー、さっきハルヒに根こそぎ持って行かれたからお菓子は無いぞ」

橘「それじゃあ悪戯なのです!」

妹「キョン君覚悟ー!!」

144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/01(日) 10:57:43.23 ID:G47yjGVsO

キョン「はっはっは、よし来い」

妹「きょーこちゃん!」

橘「ええ、分かってるのです!」

キョン「え? ちょ、橘、なんで縄なんか持って」

橘「こんな事もあろうかと!」

妹「あろうかと!」

キョン「ちょま、服は、服は勘弁!」

キョン「アッー!!!」

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/01(日) 11:02:30.97 ID:G47yjGVsO

キョン「うう……全裸で亀甲縛りなんて……」

橘「これはなかなか」

妹「あはははははははは!!!」

キョン「見ないで! こんな僕を見ないで!」

橘「キョンさんキョンさん、写メ撮ってもいいですか? 主に股間を」

キョン「駄目に決まっているだろうが」

橘「ちぇー」

妹「きょーこちゃん、まだこれが残ってるよ!」

橘「そうでした! キョンさんの亀さんが可愛くて忘れていたのです!」

妹「亀さん?」

キョン「あーあー聞こえなーい!!」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/01(日) 11:06:28.71 ID:G47yjGVsO

キョン「てかお前は何を持って」

妹「んー? えへへー」

橘「すぐに分かるのです」

キョン「あ、ちょ、なんで目隠しなんか」

橘「終わってからのお楽しみなのです!」

妹「ていっ!」

その時、俺は妹の方からキュポッ、という小気味良い音を聞いた。
まさか。おい、マジか?

キョン「おい、お前らまさか」

妹「キョン君覚悟ー!」

橘「覚悟ー!」

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/01(日) 11:11:08.52 ID:G47yjGVsO

数分後、目隠しを外された俺は呆然としていた。
そりゃあそうだろう。
妹と橘に我が体をキャンパスにされちまったんだからな。

橘「ぷ、くく、キョンさん似合ってますよ」

妹「あはははははははは!!」

キョン「………………」

橘「眉毛なんか凛々しく、くくく」

妹「げじげじー!! あはははははははは!!!」



朝倉「!?」

長門「どうしたの」

朝倉「どこかで呼ばれたような気がして……」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/01(日) 11:15:13.58 ID:G47yjGVsO

橘「こ、股間なんか……あ、あっはははははははは!!!」

妹「ぞ、ぞうさんぱおーん! あはははははははは!!!!」

キョン「いっそ殺せ……」

橘「あはははははははははははははははは!!!!」

妹「あはははははははははははははははは!!!」

橘「ほらほらキョンさん、ぱ、ぱおーんって」

妹「〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」

キョン「誰か助けて」

150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/01(日) 11:20:43.42 ID:G47yjGVsO

キョン「なあ、もう勘弁してくれよ」

橘「ちょ、キョンさんこっち見ないで下さい」

妹「眉毛ー! あはははははははは!!」

橘「妹さん、せ、せっかくこらえてたのに……あはははははははは!!」

キョン「……うう」



朝倉「!!」

長門「さっきから何」

朝倉「今絶対にどこかで眉毛が馬鹿にされてる」

長門「………………」

朝倉「私の眉毛センサーに反応が」

長門「………………」

151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/01(日) 11:27:48.38 ID:G47yjGVsO

古泉「そこまでです!」

妹「へ?」

橘「はい?」

キョン「古泉?」

古泉「ええ、SOS団副団長古泉一樹です!」

橘「なんであなたがここに……」

妹「いっちゃんいらっしゃいー」

古泉「あ、お邪魔してます」

キョン「いや、古泉お前、どうやってこの部屋に入ってきた」

古泉「? あなたが悪戯される前からずっといましたよ?」

キョン「はい?」

古泉「ほら、このように天井にずっと張り付いていました」

橘「ひいっ?」

妹「いっちゃんすごーい!」

古泉「いやはやそれほどでも」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/01(日) 11:31:43.80 ID:G47yjGVsO

古泉「まあ細かい事は置いておきましょう」

キョン「細かくねぇよ!? 君、不法侵入だからね!?」

古泉「ははっ、またまた」

キョン「いや、何言ってんだこいつみたいに見んなよ!」

古泉「今問題としているのはそんな事ではないのですよ」

キョン「いいから聞けよ!」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/01(日) 11:36:57.48 ID:G47yjGVsO

古泉「橘さん」

橘「は、はい?」

古泉「敵対組織であるあなたがこのような事を」

妹「ねえねえ、いっちゃんいっちゃん」

古泉「あ、はい、なんでしょう」

妹「とりっくおあ!」

橘「!」

橘「とりーと!」

古泉「え?」

妹「お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞー!!」

古泉「…………いたずらで」

キョン「おい古泉ー!!!」

154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/01(日) 11:46:07.76 ID:G47yjGVsO

キョン「なあ、古泉」

古泉「なんでしょう」

キョン「うわ、いい顔してんじゃねえよ」

キョン「じゃねえ、お前、何しに出てきたんだよ」

古泉「いえ、最初は橘京子の行き過ぎた行動を止める為に出てきたのですが」

キョン「縛られてんじゃねえか」

古泉「あなたの妹さんが魅力的すぎてつい」

キョン「ロリコン死ねよ」

橘「さあ、妹さん、まだまだいたずらは終わりませんよ!!」

妹「うん!」



第一部完

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/01(日) 11:47:02.26 ID:G47yjGVsO

保守がわり

朝倉涼子は俺の嫁
いたずらされたい
パイナポゥでした

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/01(日) 19:39:25.76 ID:G47yjGVsO

橘「とりっくおあ」

妹「とりっくー!」




キョン「ふむ、これは使える」

古泉「何が使えるのですか?」

キョン「ハロウィンだよ。ハルヒの奴はきっとお菓子を貰う事しか考えていないはずだ」

古泉「まさか」

キョン「そのまさかだ。いたずらと言う名目でハルヒに普段の仕返しをしてやるぞ、古泉!」

古泉「ちょ、ちょっと待って下さい。それによってどれほどの閉鎖空間が発生するか」

キョン「古泉……そう言いつつ、どうしてお前は極太のマジックペンを準備しているんだ?」

古泉「はっはっは」

171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/01(日) 19:44:40.94 ID:G47yjGVsO

古泉「しかし、この計画には穴がありますよ」

キョン「ほう、言ってみろ」

古泉「涼宮さんがお菓子を用意していた場合です。この場合はどうするのですか」

キョン「ふむ」

キョン「おーい、長門」

長門「何」

キョン「お前知ってたか? 今日はトリックオアトリートって言うとお菓子がもらい放題なんだ」

長門「!?」

キョン「きっとハルヒもお菓子を用意してるはずだな。あいつの事だから格別に美味しい奴を」

長門「情報の提供に感謝する」

古泉「…………さすがですね」

キョン「もっと誉めていいぞ」

172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/11/01(日) 20:18:58.54 ID:G47yjGVsO

キョン「ほれ古泉。早速長門が行くぞ」

古泉「そのようで」

ハルヒ「あら、どうしたの有希」

長門「とりっくおあとりーと」

ハルヒ「! 来たわね!」

ハルヒ「はい! お菓子よ!」

キョン「お、おい、古泉」

古泉「ええ」

キョ泉「「……なんなんだあの量は……」」

ハルヒ「せっかく用意したのに誰も来ないんだもの! さ、遠慮せずに食べなさい!」

長門「いただきます」


保守終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「なーんか面白こと起きないかしらー」