長門「・・・水着がない」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「佐々木、お前、家に帰らなくていいのか」

ツイート

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 18:43:54.59 ID:6Bb+cU9cO

ハルヒ「このエロキョン!!」

キョン「部室に入ってくるなりなんなんだお前は」

ハルヒ「とぼけてないでさっさと出しなさいよ!」

キョン「あ?何を出すって?」

ハルヒ「あんたが盗んだ有希の水着を返しなさいっていってんのよ!」

キョン「はぁ!?何で俺が長門の水着を盗まなけりゃならないんだ!?」

ハルヒ「こんなことする変態なんて、あんたくらいしかいないもの」

キョン「あのなぁ……」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 18:51:19.19 ID:6Bb+cU9cO

キョン「一応言っとくが、犯人は俺じゃないぞ」

ハルヒ「フン、白々しいわね。いいわ、持ち検するから鞄貸しなさい」

キョン「どうぞご自由に」

キョン「(これであいつも納得するだろ)」

ハルヒ「……キョン」

キョン「はぁ、だから言っただろ?」

ハルヒ「これは何?」

キョン「ん?何って、普通のスクール水着……って!?」

ハルヒ「さて、洗い浚い説明してもらうわよ?」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 18:58:41.83 ID:6Bb+cU9cO

キョン「ちょ、ちょっと待て!何かの間違いだ!」

ハルヒ「何が間違いよ!あんたの鞄から出てきたでしょうが!この変態泥棒!」

長門「……もういい」

キョン「長門?」

ハルヒ「な、何言ってんの有希!」

長門「盗んだのが彼なら私は構わない」

ハルヒ「はぁ!?」

長門「私の水着が欲しかったの?」

キョン「え?い、いや…だから俺は何も」

長門「……言ってくれれば良かったのに」

ハルヒ・キョン「!!」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 19:33:07.01 ID:6Bb+cU9cO

みくる「あ、あの〜。キョン君はやってないって言ってますけど……」

ハルヒ「キョン!どういうことか説明しなさい!!」

キョン「い、いや。俺にもよく分からんのだが……」

長門「……私の水着で何をしたかったの?」

キョン「あのなぁ〜……」
ハルヒ「あんた!まさか自分で着るつもりじゃないでしょうね!?」

キョン「んなことするか!?匂い嗅ぐとかだろ!」

長門「匂いを嗅ごうとしたの?」

ハルヒ「……真性の変態ね」

キョン「一般論の話だ!一般論!」

みくる「あの〜……」

古泉「全く聞こえていませんね」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 19:42:56.56 ID:6Bb+cU9cO

ハルヒ「とにかく!この水着は有希のなんだから返してもらうわよ!」

キョン「はぁ……。そうしてくれ」

長門「それは受け取れない」

ハルヒ「有希?」

長門「先程も言った通り彼になら譲っても構わない」

キョン「長門よ、それは誤解だ。俺はそもそも盗んでなんか」

長門「それに、水着もあなたにもらって欲しいと言っている気がする」

ハルヒ「有希……あなたまさか水着と話せるの!?」

長門「……」

ハルヒ「さすが万能プレーヤーね……」

キョン「おーい、これどうすりゃいいんだ?」

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 19:47:22.53 ID:6Bb+cU9cO

〜翌日の放課後〜


古泉「……」

キョン「古泉、どうかしたのか?」

古泉「い、いえ。大した事ではないのですが」

キョン「ん?」

古泉「僕の水着が無くなりました」

キョン「……マジかよ」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 19:58:57.68 ID:6Bb+cU9cO

ハルヒ「さて、今度は古泉君の水着が無くなったわけだけど……」

キョン「俺を見ながら言うな」

ハルヒ「一番怪しいのは前科持ちのあんたなんだからね」

キョン「長門の水着で疑われるのは分かるけどな、さすがに俺がこいつの水着を盗むわけないだろ」

ハルヒ「どうかしらね?屈折した変態は何するか分かったもんじゃないわ」

キョン「(くっ、昨日の件があるから言い返せん)」

長門「水着」

キョン「ん?」

長門「……どうだった?」

キョン「ぶっ!な、何もしてないぞ!そりゃ少し眺めてみたりもしたが」

ハルヒ「……」

キョン「誤解するな!すぐに妹にあげたぞ!」

長門「……そう」

キョン「(なんでそこでしゅんとするんだよ!?)」

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 20:07:53.78 ID:6Bb+cU9cO

ハルヒ「本題に戻るわ。キョン、鞄貸しなさい」

キョン「……ほらよ」

キョン「(頼む!こいつのだけは入ってないでくれ!)」

ハルヒ「……キョン、これは何?」

キョン「(……またかよ)って、何だそれ?……ブルマ?」

長門「……そう言えば私の体操服無くなっていた」

ハルヒ・キョン「!!」

長門「それは恐らく私のブルマ」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 20:18:54.27 ID:6Bb+cU9cO

ハルヒ「キョン!あんたの頭治してあげるから今すぐ飛び降りなさい!!」

キョン「待て待て待て!!本当に俺は何知らないんだ!」

ハルヒ「言い訳は地獄で聞くわ!!」

長門「……待って、彼を怒らないで」

キョン「(長門、庇ってくれるのか?)」

長門「迂闊だった。水着よりも匂いのするブルマを欲しがるのは当然のこと
   私が事前に彼に渡していればこんなことには……」

ハルヒ「有希が気にすることじゃないわ。すべてはキョンが変態だから」

キョン「……もう好きにしてくれ」

古泉「あの、僕の水着は……」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 20:26:51.92 ID:6Bb+cU9cO

ハルヒ「……この問題は後でたっぷりと話しましょう」

キョン「だから俺は何も知らないんだが」

ハルヒ「まずは古泉君の水着を探しましょ。有希、みくるちゃん、鞄貸して」

有希「……」

みくる「ど、どうぞ」

ハルヒ「ん〜二人の鞄には無いわね。とりあえずこの中に犯人がいなくて良かったわ」

キョン「……待てよ、ハルヒ」

ハルヒ「何よ、エロキョン」

キョン「まだお前の鞄があるだろ?」

ハルヒ「!!」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 20:36:29.92 ID:6Bb+cU9cO

ハルヒ「あんた!まさか団長であるこのあたしを疑ってるわけ!?」

キョン「そういうわけじゃないんだがな。だがお前だけ調べないなんて不公平だろ?」

ハルヒ「……いいわ。好きなだけ調べなさいよ!」

キョン「そうさせてもらうぞ」

長門「待って」

キョン「どうした長門?」

長門「もう一度調べて」

キョン「ん?いや長門はもう潔白だからな。心配しなくていいぞ」

長門「確かに私の鞄からは何も出てこなかった。けれどそれは犯人でない証拠にはならない」

キョン「と言うと?」

長門「今度は隅々まで調べて。……私の体を」

キョン「ぶーっ!!」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 20:44:38.72 ID:6Bb+cU9cO

キョン「長門!何言ってんだ!」

長門「……イヤ?」

キョン「そんなことはない!!いや、そうじゃなくて!」

長門「ここだと恥ずかしいから別室で……」

ハルヒ「ちょ、ちょっと有希何言ってるの!?」

キョン「そうだぞ長門。それにそんなことしなくても俺は信じてるぞ」

長門「……そう」

キョン「(だからなんでしゅんとするんだよ!)」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 20:50:00.42 ID:6Bb+cU9cO

キョン「き、気を取り直して。じゃあ調べるぞ」

ハルヒ「さっさとしなさいよね」

ハルヒ「(全く、出てくるわけ無いでしょ?それにしても許せないわ!
    盗むんだったらあたしのでもいいじゃない……)」

キョン「……ハルヒ」

ハルヒ「な、何よ?」

キョン「何で俺の水着が出てくるんだ?」

ハルヒ「な!!」

古泉「え……僕のは……?」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 20:57:18.23 ID:6Bb+cU9cO

キョン「……お前」

ハルヒ「ち、ちちち違うわよ!何かの間違いだわ!」

キョン「これはどういう事だ?」

ハルヒ「し、知らないわ!本当よ!大体あんたの水着なんか欲しいわけ」

キョン「……変態だな」

ハルヒ「!!」

長門「待って」

キョン「今度はどうした?」

長門「その水着、私には貰う権利がある」

キョン「はぁ!?」

長門「そんな気がしてきた」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 21:13:02.76 ID:6Bb+cU9cO

キョン「それはどんな理屈だ?大体俺の水着で何をするんだ?」

長門「……匂いを嗅ぐ?」

キョン「……」

長門「……かぶる?」

キョン「あのな長門」

長門「……なめる?」

キョン「だめだこりゃ」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 21:20:12.49 ID:6Bb+cU9cO

キョン「分かったよ。それは長門にやる。いいよなハルヒ?」

ハルヒ「あ、あたしはそもそも盗んでないわよ!!」


〜その日の夜・長門宅〜


長門「ただいま」

朝倉「お帰りなさい。どうだった?」

長門「私の水着とブルマを気に入ってくれた」

朝倉「そっかぁ!良かったわね」

長門「それから彼の水着を貰った。さっそく穿いてくる」

朝倉「(ふふっ、長門さん嬉しそう。良かった)」

おわり

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 21:25:35.46 ID:6Bb+cU9cO

すまん
もうネタがない



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「セックスはスポーツ」