キョン「どけハルヒ。邪魔だ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:光彦「う…ここは何処ですか?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 12:23:26.88 ID:8McEasARO

ハルヒ「何よそれ!」

キョン「いちいち目の前に立つな、って事さ」

ハルヒ「……」

ハルヒ「…じゃあ横に立つわ!」サッ

キョン「勝手にしてくれ」

ハルヒ「それでね!あたしいい事を思いついたんだけど…」

キョン「こんな近いんだし、もっとボリューム落とせ。 な?」

ハルヒ「……」

ハルヒ「…じゃあ静かに言うわよ」

キョン「ああ、ありがとよ」

ハルヒ「あ…あたし…宇宙人とか…その他の…不思議な…存在を…捕まえる…すっごい…」

キョン「…別に、ゆっくり言わなくたっていいんだぞ?」

ハルヒ「……」

ハルヒ(…早く静かにって……難しいわよね…)

キョン「…?」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 12:24:38.88 ID:8McEasARO

ハルヒ「……」

キョン「ほら、部室…ついたぞ?」

キョン「…とりあえず、話は中で聞いてやるから、さ。早く入ろうぜ?」

ハルヒ「…あんたに言われなくても分かってるわよ」

ガチャ



古泉「くかー…」
みくる「すー…すー」
長門「……」





キョン「みんな寝てるし!!」
ハルヒ「!!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 12:27:42.41 ID:8McEasARO

長門「わたしは起きてる」

キョン「!!」ビクウ

ハルヒ「…たるんでるわ」

ハルヒ「こらぁ!起きなさぁい!!」

古泉「うは!」ビク

みくる「ひゃい!」ビク

キョン「……」

古泉「…あ!すいません涼宮さん!」

ハルヒ「どうしたのよ古泉君!何かあったの?」

古泉「いえ!なんでもないんです…。すいません」

みくる「…あれ、私…?」キョロキョロ

キョン「……朝比奈さん、よだれ垂れてますよ」

ハルヒ「全く……」

ハルヒ「みんな!注目っ!!」バンバン

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 12:31:53.36 ID:8McEasARO

ハルヒ「いい!よーく聞いてなさいよ!」

キョン「……」

ハルヒ「実は…あたし、分かっちゃったの!」

ハルヒ「宇宙人を簡単に捕まえる方法がね!」

長門「……」

ハルヒ「……でも、その前に話しておかなきゃならない事があるわ!」

キョン「…なんだ?」

ハルヒ「……ふふん」





ハルヒ「今日!団活終わったら、キョン以外はここに残りなさい!」

ハルヒ「以上!」





キョン「俺が居る時に言うなよ!」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 12:37:27.41 ID:8McEasARO

ハルヒ「……あっ」

キョン(不安だ……)

古泉「ゴクリ…」

ハルヒ「じゃ、じゃあ!」

ハルヒ「キョンは、今言った事忘れなさい! 忘れなきゃ死刑!」ビシ

キョン「…ああ、分かったよ。死刑は嫌だからな…」



キョン「って、そんなの無理だろ……」

ハルヒ「さぁて!本題に戻るわね!」

みくる「…長門さん!」

長門「…何」

みくる「捕まえられないように頑張って下さい!」グッ



古泉「ななな何で言っちゃったんですか!?」ガバァ
キョン「!!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 12:45:08.24 ID:8McEasARO

ハルヒ「え?」

みくる「あ!」

長門「…」

長門「違う。わたしは宇宙人ではない」

キョン(…流石です、長門さん!)

古泉「で、ですよね!」



長門「わたしは対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェース」





キョン「結局宇宙人かよ!!」
ハルヒ「…へ?」

古泉「まずいですよ…!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 12:50:36.41 ID:8McEasARO

キョン「な、長門!ストップだ!」

長門「……」

ハルヒ「え?何だって…?」

長門「……何でもない」

みくる「えっ?」

古泉「あ、朝比奈さん!一緒にトイレ行きませんか?」

キョン(流石にその誘い方はないだろ古泉!!)

みくる「いいですよ?」

キョン「いいんですか!?」

ハルヒ「待ちなさぁい!話は終わってないわよ!」

古泉「!!」
みくる「!!」
キョン「!!」
長門「……」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 12:57:51.80 ID:8McEasARO

ハルヒ「古泉君! 何?いますぐ行かないとやばいの?漏れちゃうの?」

古泉「……」

古泉「…いえ、漏れちゃいません」

キョン「……」

古泉「間違えました。…漏れませんよ」

ハルヒ「じゃあ、あと少しだけ我慢してね?」

みくる(古泉君、なんでいきなりトイレに誘ったんだろ…)

長門「……」

ハルヒ「……話を戻すわ!」

ハルヒ「宇宙人の簡単なつかまえ方その1!」

古泉「シリーズ物ですか…」

ハルヒ「有希!ちょっといい?」チョイチョイ

長門「……」トコトコ

ハルヒ「今から、有希を宇宙人に見立てて、あたしが実際にやってみるわね!」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 13:06:10.39 ID:8McEasARO

キョン「!!」
古泉「!!」

ハルヒ「いい? まず、後ろから忍び寄ります!」スッ

キョン「いきなり難易度高いな…」

ハルヒ「そしたら、…後ろからガバッと!」ガバッ

長門「ぅえ」

キョン(宇宙人が……)

古泉(捕獲された…!)

みくる「あらら…」

ハルヒ「流石の宇宙人も不意に来られたら対処出来ない筈!」

ハルヒ「つまり…不意打ちよ!」

キョン「待て待て。それは誰でも同じだろ」

ハルヒ「……」

ハルヒ「…あっ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 13:15:06.63 ID:8McEasARO

キョン(今、あって言った……)

ハルヒ「う、うるさいわね…」

ハルヒ「と…、とにかく! この方法で捕まる事!多分役に立つから!」

古泉「僕は、なかなかいい案だと思いますよ?」

ハルヒ「でしょ!?やっぱり分かる人には分かるのよっ!」

キョン「流石、イエスマンだな」

古泉「おや、これは僕の本音ですよ?」

古泉「…考えてもみてください。あなたがもし、宇宙人だとします」

キョン「……」

古泉「いきなり後ろから涼宮さんが抱き着いて来るんですよ? 素晴らしいじゃないですか!」

キョン「…別にハルヒに抱き着かれたって迷惑なだけさ。朝比奈さんなら…正直たまらんが」

ハルヒ「こらっ!雑談やめぃ!」ビシ

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 13:27:40.43 ID:8McEasARO

ハルヒ「まだあと五つ程あるのよ!」

キョン「そんなにあるのか…」

みくる「長門さん!逃げて下さぁい!」

ハルヒ「宇宙人を楽に捕まる方法その2!」

キョン(ちょっと変わった……)

ハルヒ「まず、後ろから忍び寄ります!」サッ

古泉「そこは一緒なんですね…」

ハルヒ「…そして!」

ハルヒ「一気にお腹を締めますっ!」キュ

長門「ぅげ」

キョン「す、ストップ!やめろハルヒ!」

ハルヒ「大丈夫よ!本気でやる訳ないじゃない!」キュ

長門「ぅひ」

キョン「…それもだが、違う!」


キョン「宇宙人って腹が弱点か分かんないだろ!!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 13:35:50.78 ID:8McEasARO

ハルヒ「……あっ」

古泉「涼宮さんに抱き着かれるんだったら、宇宙人に生まれてくれば良かったです……」

みくる「あらら…」

キョン「お前なぁ…。 もう少し考えて来たらどうだ?」

ハルヒ「……そっか…」

ハルヒ「…じゃあ残りの四つも無理じゃない…」

キョン「…?」

キョン「…残りの四つって、どんなのなんだ?」

ハルヒ「……」

ハルヒ「全部…お腹攻めよ」

ハルヒ「ごめん…」
キョン「…成る程」





古泉「……なんで誰もツッコまないんですか!?」ガバァ

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 13:45:45.39 ID:8McEasARO

キョン「すまん。なんか俺、疲れたんだよ」

古泉「確かにこれは疲れますね…」

ハルヒ「はい有希、ありがとね!」ポンポン

長門「…構わない」

みくる「キャッチ&リリースですかぁ…」

ハルヒ「ってわけで! あたし作戦練りたいから、今日は解散っ!お疲れ!」

キョン(…捕まえる方法をいくら模索しても、見つけれなけりゃ話にならんだろ……)

ハルヒ「……」
古泉「……」
長門「……」
みくる「……」

ハルヒ「…あれ?どうしたのみんな! 帰らないの?」

キョン「……お前が残れって言ったんだろ?」

ハルヒ「……あっ」

ハルヒ「……」

ハルヒ「…と、とにかくキョンは帰りなさい! …団長命令!」ビシ

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 13:55:08.27 ID:8McEasARO

キョン「あのなぁ…」

ハルヒ「口答えしない!」

キョン「……」

キョン「…分かったよ。帰ればいいんだろ、帰れば」

ガチャ

キョン「じゃあな、また明日」

バタン

キョン「……」

キョン(…気になる…)



ハルヒ「さて!」

古泉「一体、何の話でしょう?」

ハルヒ「よくぞ聞いてくれましたっ!」

ハルヒ「今日、みんなをここに残したのは……」


長門「…再放送だった」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 14:03:38.38 ID:8McEasARO

みくる「!!」

長門「予告も無かった」

ハルヒ「最近、あいつがなってないと思わない!?」

古泉「あいつ……ですか?」

ハルヒ「キョンよキョン!」

ハルヒ「団長であるあたしに対して、なんか素っ気ない態度しか取らないのよ?」

ハルヒ「これは団員としてあるまじき事なのよっ!」

古泉「…そうですか」

長門「……」

みくる「そんな事ないと思いますけど…」

ハルヒ「みくるちゃん!騙されちゃダメよ!」

ハルヒ「あいつ、今日もあたしに『どけ。邪魔だ。うるさい。早く喋れ』…みたいな事を言ったのよ?」

古泉(早く喋れ……?)

ハルヒ「バカキョンのくせにぃ…」イライラ

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 14:11:37.37 ID:8McEasARO

ハルヒ「ってことで!ここに居るみんなで不思議の一つや二つ発見して、キョンをあっと言わせてやるの!」

ハルヒ「そしてあいつはこう言う…」

ハルヒ「『ハルヒ……。やっぱりお前は偉大だった…。 今まで…悪かったな…』」

ハルヒ「くぅー!」

古泉「……」

長門「……」

みくる「ほぇー…」

古泉「…それで?作戦はあるんですか?」

ハルヒ「まず、宇宙人を捕まえるわ!もちろん今日言った方法でね!」

長門「……」

ハルヒ「でも、そんな簡単に宇宙人が見つかる筈ないのは百も承知よ!」

ハルヒ「だからキョンを騙すまでの間、代わりに宇宙人役をやってくれる人が必要なのよ!」ビシ

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 14:24:14.84 ID:8McEasARO

長門「…わたしがやる」

古泉「まあそうでしょうね」

みくる「頑張って下さい…!」

ハルヒ「じゃあ有希で決定ね!ちゃんと宇宙人らしくしなさいよ!」

長門「…分かった」

ハルヒ「では、今から作戦を言い渡すわ!よく聞いてなさい!」







キョン「……今頃、あいつら何してんだろうな…」トボトボ

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 14:32:04.38 ID:8McEasARO

翌日 昼休み



キョン「おいハルヒ。お前達、昨日何話してたんだ?」

ハルヒ「…あんたには関係ないわよ」

キョン「……そうかい」

キョン(怪しいな……。厄介事にならなきゃいいが…)





古泉「長門さん」

長門「分かっている」

長門「涼宮ハルヒの能力により、今回わたし以外の宇宙人が現れる可能性がある」

古泉「…やはりそうですか」

みくる「そ、そんなぁ…」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 14:41:29.83 ID:8McEasARO

放課後



キョン「さて。ハルヒよ……って」

キョン「居ない……」

キョン(早過ぎだろ……)





ハルヒ「じゃあ、古泉君はちゃっちゃとキョンを呼んで来なさい!」

古泉「了解です」ニコ

ハルヒ「有希!ちゃんと宇宙人らしく登場するのよ?」

長門「分かった」

ハルヒ「みくるちゃんは、昨日言った通りに花火、よろしくね!」

みくる「ひゃ、はいぃ…」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 14:51:29.19 ID:8McEasARO

キョン「……」テクテク

ポンポン

キョン「ん?」クル

古泉「……」ニコニコ

キョン「ぎゃあぁ!!」ドテ

古泉「……」

キョン「な、なんだ、誰かと思えば…」

古泉「古泉一樹です」

キョン「知ってるぞ。一体どうしたんだ?」

古泉「友達に会いに行くのに理由は必要でしょうか?」

キョン「……」

古泉「そんな嫌な顔しないで下さいよ。結構傷つきます…」

キョン「…悪かった」

古泉「いえ、いいんです。 どうです?グラウンドにでも」フワァッ

キョン(こいつ…何言ってるんだ…?)

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 14:59:45.36 ID:8McEasARO

キョン「しかもそこでカッコつけんなよ…」

古泉「いえ、ここで話すのもどうかと思いまして…」

キョン「グラウンドで話す方がどうかしてると思うぞ」

古泉「実は僕、グラウンド大好きなんです」ニコ

キョン「……」

古泉「……」

キョン「……」

古泉「ああもうめんどくさいですね!早くグラウンド行きましょうよ!」

キョン「何が目的なんだ…」

古泉「行けばわかりますよ」

ヴヴヴヴヴヴヴ

古泉「……!」

古泉(長門さん…!)

キョン「…電話か?」

古泉「ええ。僕はこれで失礼します。 …あなたに良心が少しでもあるなら、グラウンドに行ってあげて下さい」ニコ

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 15:06:13.91 ID:8McEasARO

キョン「あ…ああ…」

古泉「では」スッ

キョン「……?」





ピ

古泉「…長門さん」

長門『予想通り、宇宙人が出現した。幸い、わたしと同じタイプ』

長門『しかし、彼女は危険。彼に近づけないで』

古泉(彼女…。女性ですか…)

古泉「了解しました。僕が見つけて、引き留めておきます」

長門『…頑張って』

プツリ

古泉「…大変な事になりましたよ…」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 15:17:06.69 ID:8McEasARO

グラウンド



キョン(あんな事言われたら、行くしかないだろ…)

テクテク

キョン「……!」

キョン「は、ハルヒ!?」



ハルヒ「キョーン!宇宙人発見よー!」

ハルヒ「さ、みくるちゃん!今よ!」コソコソ





ガラ

古泉「ここにも……いませんか」

古泉「あとは…」

古泉(彼の教室……!)

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 15:23:50.72 ID:8McEasARO

ガラッ

古泉「!!」

朝倉「…あれ?」

古泉「あ、あなたですか…」

朝倉「…キョン君の居る場所、知ってる?」

古泉「……」

古泉「…ええ」

朝倉「教えて?」

古泉「それは出来ません」

朝倉「どうしても?」

古泉「どうしても、です」

朝倉「……ならしょうがないかな?」

朝倉「無理矢理でも聞き出してあげる」スッ

古泉「……!」

古泉(こんな時に超能力が使えれば…!)

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 15:31:39.84 ID:8McEasARO

キョン「はぁ?宇宙人!?」

ハルヒ「そうよ!ついに見つけたのよ!」スッ

ハルヒ「あれを見なさいっ!」

ドーン
パララ…
ブシャアー

キョン「ぅおっ!」

キョン(は、花火!?)

モクモク…

ハルヒ「出たわね宇宙人!」

ハルヒ「覚悟しなさい!」バッ

長門「愚かな下等生物の癖に生意気だ」パクパク

長門「今すぐキャトルミューティレーションしてやるわ」パクパク

ハルヒ「させないっ!」

長門「なに」

キョン「……」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 15:42:04.95 ID:8McEasARO

古泉「ぎゃあああぁぁ!」ドサ

古泉「許して下さぁい!」

朝倉「キョン君の居場所を吐けば許してあげるって言ってるでしょ?」

古泉「ひぃぃ…」

朝倉「……」チラ

古泉(…今です!)

古泉「セカンドもっふ!」グア

朝倉「……」スカッ

古泉「あ…」

朝倉「……」ニコ

古泉「うわあぁぁあ!」

ドーン…
パララ…
ブシャアー…

朝倉「…え?」

古泉「!!」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 15:48:24.88 ID:8McEasARO

朝倉「何?外?」スッ

古泉(まずい!)

朝倉「……!」

朝倉「…キョン君見つけた!」

朝倉「もうあなたには用が無いから…許してあげる…」

古泉「……」

朝倉「ただ」

朝倉「次邪魔したら確実に殺すけどね」ニコ

古泉「…!」

朝倉「じゃあね?」

ガラ

古泉「……」

古泉「長門さん…」

古泉「無理ですよこんなの……」ブワッ

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 15:57:52.87 ID:8McEasARO

ハルヒ「うりゃあ!」キュ

長門「ぅえ」

キョン「……」

ハルヒ「捕まえたーっ!」

長門「やられた」

キョン「……」

ハルヒ「……」

長門「……」

キョン「……」

ハルヒ「つ、捕まえたー…」

長門「……」

キョン「……」

ハルヒ「……」

キョン「……朝比奈さん、出て来ていいですよ?」

みくる「!!」ドキリ

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 16:07:22.84 ID:8McEasARO

キョン「…で?」

ハルヒ「ごめん…」

長門「……」
みくる「ふぇ…」

キョン「やれやれ…」

ハルヒ「……」

キョン「人が来る前に片付けておけよ? ハルヒ、お前だけでやれ」

ハルヒ「……」

キョン「長門、大丈夫か? 朝比奈さん、怪我は無いですか?」

長門「大丈夫」

みくる「あ、はい…」

ハルヒ「……分かったわよ」

キョン「ほら…長門と朝比奈さん。行きましょう」

長門「そう」

みくる(す、涼宮さん…)

ハルヒ「……」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 16:16:33.98 ID:8McEasARO

古泉「……」ボー

ヴヴヴヴヴヴ

古泉「!!」

ピ

古泉「な、長門さん!」

長門『もう大丈夫』

長門『朝倉涼子はわたしがなんとかする。安心していい』

古泉「!!」

長門『…ご苦労様』

ブツリ

古泉「……」



ヴヴヴヴヴヴヴ

古泉「…!」

古泉「こ…このタイミングで…」
古泉「バイト……だと…?」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 16:25:27.00 ID:8McEasARO

ハルヒ「何よ…あのバカ」

ハルヒ「ホントむかつくわね…」イライラ

ハルヒ「……」

ハルヒ(結構派手にやったもんだわ…)

ハルヒ「…どんぐらいかかるんだろ」

岡部「こらー!やっぱりお前か涼宮!」

ハルヒ「げっ…」

岡部「お前なぁ!いつもいつもそんな事ばっかりやって…!ふざけるな!」

ハルヒ「何よ!今片付けてんでしょ!!邪魔だから消えなさい!」

岡部「!!」

岡部「…分かった」

ハルヒ「…?」



岡部「涼宮!お前は停学だ!!」

ハルヒ「!!」

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 16:33:22.25 ID:8McEasARO

岡部「お前はいっつも馬鹿ばっかりやって…」
岡部「担任の俺の気持ちも考えろ!」

ハルヒ「し!知らないわよそんなの!」

岡部「いいか、お前は停学だ!もう、いいって言うまでここに来るな!!」

ハルヒ「!!」

ハルヒ「そ、そんなぁ!」

キョン「お、ハルヒじゃないか」スッ

ハルヒ「!!」

岡部「お前は…」

キョン「片付けてくれたんだな。ありがとよ」

ハルヒ「キョン、あんたなんで…」

岡部「なんだ涼宮。またキョンを巻き込んだのか」

ハルヒ「……」

キョン「…岡部先生、何言ってるんですか」

キョン「今回は、全部俺が悪いんですよ」

キョン「ハルヒを巻き込んだのも俺です」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 16:41:41.86 ID:8McEasARO

キョン「すいません」ペコ

ハルヒ「!!」
岡部「!!」

ハルヒ「あ、あんた何言って…!」

キョン「すまんなハルヒ。迷惑かけたな」

岡部「…え?」

キョン「罰なら、俺が受けますよ」

キョン「…ハルヒは何も悪くないからな」

岡部「……って事は…」

ハルヒ「キョン…」

岡部「はは、その、なんだ…涼宮」

ハルヒ「……」

岡部「悪かったな…。まさかあのキョンがな…」

ハルヒ「……」

ハルヒ「…ち、違…」
キョン「さ、ハルヒは関係無いんだから、帰った帰った」ポンポン

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 16:50:11.74 ID:8McEasARO

ハルヒ「…!」

キョン「それで…俺は停学ですか?」

岡部「い、いや…お前は別に…今回が初めてだしなぁ……」

岡部「……」

キョン「……」

岡部「…は、反省文で許してやろう! 来週までな!」

キョン「…ありがとうございます」ペコ

ハルヒ「……」

岡部「…次、やったらただじゃおかないからな」

キョン「すいません…」

ハルヒ「……」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 17:00:37.08 ID:8McEasARO

みくる「……」

みくる「な、長門さん!」

長門「何」

みくる「あのぅ…古泉君はどうしてるんでしょうね?」

長門「今頃赤くなってると思われる」

みくる「!!」

みくる「…あ、赤くですか!?」

長門「そう」

みくる(血まみれになるバイトなんて…!)

みくる「ゴクリ……」

長門「……」

みくる「ちょっと古泉君を助けてきますぅ!!」ガタ

長門「待って」

みくる「!?」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 17:12:43.95 ID:8McEasARO

長門「どこに行こうとあなたの勝手」

長門「でも、」

長門「その服で外に出るのは推奨できない」スッ

みくる「!!」

長門「……これだけ」

みくる「あっ…」







古泉「ふおおぉぉおう!!」シュゴー

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 17:24:28.50 ID:8McEasARO

キョン「……よし」

ハルヒ「……」

キョン「一件落着ってやつか?」

ハルヒ「…そんなわけじゃないっ!!」

キョン「……」

ハルヒ「なんで!」

ハルヒ「なんでなのよぉ!!」

キョン「……」

ハルヒ「何で庇ったの!?あんたバカ!?あんたは悪くないじゃない!」

キョン「おいおい、助けてやったのに『バカ』呼ばわりはあんまりじゃないか?」
ハルヒ「だ…黙れっ!!」

キョン「…!」

ハルヒ「意味分かんないわよっ…!」

ハルヒ「あんたが良くても、あたしは良くないの!!」

キョン「良いじゃないか。何だ、ハルヒは停学になりたかったのか?」

ハルヒ「…!」

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 17:34:02.65 ID:8McEasARO

ハルヒ「そうじゃなくてぇ…!」

キョン「……」

ハルヒ「あのままあたしが怒られれば良かったのに…なんであんたが悪い事になってんのよ!」

ハルヒ「もう最悪よ!バカ!」

キョン「……」

キョン「…あのなぁ」

キョン「俺は、ハルヒだから庇ったんだからな?」

ハルヒ「!!」

キョン「全く、自分でもどうかしてると思ったね」

キョン「最初は、片付けの手伝いに行こうと思ったんだが、行ったらお前が怒られててな」

キョン「お前の自業自得だから、シカトしようと思ったんだが……」

ハルヒ「……」

キョン「…気が付いたらこうなってた」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 17:40:46.71 ID:8McEasARO

キョン「はは…」

ハルヒ「……何呑気に笑ってんのよ……」

キョン「ま、いいだろ」

ハルヒ「……」

キョン「…たまには、お前に優しくしてみようと思ってな」

ハルヒ「…!」

ハルヒ「こ、この…!」

キョン「…?」

ハルヒ「ぁ、あんたなんか停学になっちゃえばよかったのよっ!!」ダッ

キョン「あ、おい待てよ!」

キョン「……」

キョン「やれやれ…」

138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 17:47:12.77 ID:8McEasARO

翌日 放課後



キョン「毎回邪魔だな。ちょっとどけよハルヒ」

ハルヒ「どいてあげないっ!」

キョン「前に立たれると、歩きづらいんだが」

ハルヒ「別にあたしはそれで結構よ!」

キョン「……」

ハルヒ「そして!今日は超能力者の捕まえ方を考えて来たわ!」

キョン「前も言ったが、もう少しボリューム落とせ。…廊下は声が響くからな」

ハルヒ「嫌よ! あんたにはこんぐらいがちょうどいいのっ!」

キョン「……」

キョン(…あれ?)

139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/03(金) 17:56:31.76 ID:8McEasARO

キョン「ハルヒ、お前…どうかしたのか?」

ハルヒ「…ふふん」

ハルヒ「べっつにぃ?」

キョン「な、なんか白々しいな…」

ハルヒ「……」ニコニコ

キョン「…?」

ハルヒ「……」

ハルヒ「…そうね、強いて言えば―――」








終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:波平「や、止めんかマスオ君。こんなところで・・・!」