ハルヒ「キョン、嘘をつきなさい」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:もしもおとなしいハルヒとキョンが幼馴染だったら

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 00:56:45.09 ID:vfWemPiqO

キョン「エイプリルフールだから…という事か?」

ハルヒ「当然じゃない!こんな楽しいイベント、みすみす逃す手はないわ!」

キョン「やれやれ…。今から嘘をつくと言われて聞く嘘が面白いか?」

ハルヒ「それはアンタ次第じゃない。ほら、早く嘘をつく!」

キョン「アホらしい。付き合いきれん」ガタッ

ハルヒ「ちょっと、どこ行くの?」

キョン「あのなぁ…もうお前の暴走には付き合いきれん」

ハルヒ「…ふぅん?良い度胸じゃない。覚悟は出来てるんでしょうね?」

キョン「どうにでもしろ。もう疲れた。俺はな…お前の事が大っ嫌いだ」

ハルヒ「え…」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 01:00:01.33 ID:vfWemPiqO

キョン「じゃあな。俺は先に帰るぞ」

ハルヒ「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!」

キョン「なんだ?」

ハルヒ「嘘よね?エイプリルフールだもんね」

キョン「はぁ…。ああ、嘘うそ。じゃあな」

ハルヒ「…待ちなさい」

キョン「まだ嘘をついて欲しいのか?」

ハルヒ「…嘘よね?」

キョン「ああ、嘘だ。じゃあまたな」

ハルヒ「…待ってよ!」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 01:03:11.56 ID:vfWemPiqO

ハルヒ「キョン、あんたふざけてるんでしょ?」

キョン「ふざけてるもんか。俺はお前が大っっ嫌いだ。まだ足りないか?」

ハルヒ「…ねぇ、好きって事?嘘よね?」

キョン「だから何度言わせりゃ気が済むんだ。嫌いだ」

ハルヒ「もう!嘘つくな!どっち?!」

キョン「嫌いだ」

ハルヒ「くっ…」じわ

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 01:06:50.33 ID:vfWemPiqO

ハルヒ「もういい。帰る」

キョン「そうか。じゃあな」

ハルヒ「あんたも帰るんでしょ?あたしも一緒に帰ってあげるわ。途中までだけど」

キョン「ああ、あれ嘘なんだ。本当は今から部室に行こうと思ってた」

ハルヒ「…」じわ

キョン「また明日な。皆にはお前は休みって伝えとくよ」

ハルヒ「あ、あたしも嘘!やっぱり帰んないから!」

キョン「なんだ嘘か」

ハルヒ「そうよ!ほら、一緒に部室行くわよ!」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 01:10:16.81 ID:vfWemPiqO

コンコン

みくる「はぁーい、開いてます」

ガチャ

キョン「こんにちは、朝比奈さん。今日もお疲れ様です」

みくる「うふ、お疲れ様。今お茶入れますね。涼宮さんは何が良いですか?」

ハルヒ「あ、あたしは紅茶お願い」

キョン「あぁ、朝比奈さん。ハルヒのは入れなくていいですよ」

みくる「ふぇ?」

ハルヒ「なっ…」

キョン「俺が入れますから」

ハルヒ「……え?」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 01:13:48.71 ID:vfWemPiqO

キョン「だから朝比奈さん、俺の分だけお願いします」

みくる「あ、はぁい。クス、涼宮さん良いなぁ」

ハルヒ「えへへ…」

キョン「なんなら朝比奈さんの分も入れましょうか?」

みくる「良いんですか?じゃあお願いしちゃおうかなぁ」

キョン「では、ちょっと待ってて下さいね」

みくる「はぁい」

ハルヒ「キョン、ちゃんと美味しく入れなさいよ。まずかったら承知しないから!」

キョン「はいはい。人の好意は素直に受け取れ」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 01:16:41.29 ID:vfWemPiqO

キョン「さて…と、古泉、今日は将棋でどうだ?」

古泉「良いですね。今日は何か賭けましょうか?」

キョン「珍しいな、お前から言い出すとは。自信あるのか?」

古泉「んふ、実は少し勉強しましてね。昨日までの僕とは一味違いますよ」

キョン「期待はしてないが、楽しめそうだな」

ハルヒ「ねぇキョン、お茶は…?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 01:21:05.54 ID:vfWemPiqO

ハルヒ「こぉら!キョン!」

キョン「うわ!びっくりした、なんだいきなり」

ハルヒ「アンタ、あたしをからかうのも良い加減にしなさいよ!」

キョン「何の話だ」

ハルヒ「だから、あたしとみくるちゃんにお茶を…」

キョン「ああ、あれは嘘だ」

みくる「ふぇ?」

ハルヒ「……フン。良いわよ、あたしが自分で入れるから」

カチャカチャ

ハルヒ「…」じわ

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 01:24:07.66 ID:vfWemPiqO

ハルヒ「キョン、命令よ。もう嘘はついちゃダメ」

キョン「お前の事を大っっっ嫌いだとか?」

ハルヒ「う…そ、そうよ。わかったわね?嘘禁止!」

キョン「俺、まだ今日は一つも嘘ついてないんだが」

ハルヒ「え?……じゃあ、嫌いって…え?」

キョン「すまん、嘘だ」

ハルヒ「こ…このバカキョン!!」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 01:28:26.85 ID:vfWemPiqO

キョン「ところでハルヒ」

ハルヒ「なによ?」

キョン「今日、俺の家族みんな出かけてて、明日まで誰もいないんだよ」

ハルヒ「あっそ。どうせ嘘でしょ?」

キョン「まぁ聞けよ。それでな、当然俺は晩飯なんか作れん訳だ。そこで折り入って頼みがある」

ハルヒ「……ふん。まぁ一応聞くだけ聞いてあげるわ。なに?」

キョン「今日の夜、家に来てくれないか?」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 01:32:26.00 ID:vfWemPiqO

ハルヒ「嘘なんでしょ?」

キョン「嘘じゃないさ。だからこうして頼んでる。ダメか?」

ハルヒ「もう!これが嘘だったらアンタの命はないと思いなさいよ?」

キョン「ダメか…。お前に頼りたかったんだが、しかたないな」

ハルヒ「え?」

キョン「すまん長門、頼めるか?」

長門「構わない。カレーで良ければ作りに行く」

キョン「助かるよ。サンキューな、長門」

ハルヒ「待ちなさい!行く!あたしが行くから!」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 01:37:01.44 ID:vfWemPiqO

ハルヒ「しょ〜〜がないわねぇ。ふがいない団員を持つと大変だわ」

長門「…行く?」

ハルヒ「うん、行くわ。有希にこんな事頼めないもんね」

キョン「すまんな。材料は揃えとくよ」

ハルヒ「当然ね。何が食べたいの?」

キョン「お前が作ってくれるのならなんでも良いさ」

ハルヒ「…わかった、任せときなさい」ひくひく

みくる(あ、喜んでる…。素直に笑えばいいのになぁ)

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 01:39:26.15 ID:vfWemPiqO

長門「…」パタン

ハルヒ「あ、もう終わりね。さて、男性陣は出る出る!みくるちゃんのお着替えよ!」

キョン「へいへい」

古泉「それでは外でお待ちしておりますね」

ガチャ

バタン

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 01:43:01.99 ID:vfWemPiqO

ハルヒ「ねぇ、みくるちゃん」

みくる「はい?」

ハルヒ「あいつ…何作ったら喜ぶかしら」

みくる「うふふ。キョン君も言ってたじゃないですか。涼宮さんの料理ならなんでもって」

ハルヒ「そっかぁ…何作ろうかな」

みくる「ふふ、愛情がこもってればなんでも喜んでくれますよ」

ハルヒ「あ、愛情なんておおげさよ。あいつに愛情こめる料理なんてもったいないわ!」かぁぁ

みくる「あ、ちょっと涼宮さん、声大きい…」

ハルヒ「あ…」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 01:46:58.01 ID:vfWemPiqO

みくる「着替え終わりましたよ。お待たせしましたぁ」

ガチャ

キョン「いえいえ。じゃあ行きますか」

ハルヒ「…ねぇ、キョン」

キョン「うん?ああ、さっきの事なら気にしてないぞ」

ハルヒ「違うの」

キョン「愛情なんてなくったって、お前が料理作ってくれるならありがたく頂くよ」

ハルヒ「だから、違うって言ってんでしょ!」

キョン「愛情まで望むなんて身分不相応だしな」

ハルヒ「嘘!あれは嘘!」

キョン「え?」

ハルヒ「ちゃ…ちゃんと愛情こめて作ってあげるって言ってんの!」かぁぁ

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 01:52:13.12 ID:vfWemPiqO

ハルヒ「さぁキョン、行くわよ!」

キョン「行くって、下校中だぞ?どこにだ」

ハルヒ「決まってるじゃない!晩御飯の買い出しよ!」

キョン「ああ、なるほど」

ハルヒ「…あたしもお腹空いたし、あんたも一回帰ってから行くの面倒でしょ?」

キョン「まぁ、腹は減ったが」

ハルヒ「でしょ?ほら、さっさと一緒に買い出し行くわよ!」ニコニコ

キョン「ハルヒ、すまん」

ハルヒ「ん?」ニコニコ

キョン「家族居ないっての、嘘なんだ」

ハルヒ「…………そう」

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 01:57:40.75 ID:vfWemPiqO

ハルヒ「……」

キョン「ハルヒ」

ハルヒ「なによ!!」

キョン「泣くことないだろ?」

ハルヒ「泣くかバカッ!!もう知らないわよアンタみたいな最低男!」

キョン「嘘なんだって。本当に家族居ないんだ」

ハルヒ「……は?」

キョン「すまん。ちょっとからかっただけだ。さっさと買い出し行こうぜ」

ハルヒ「…この…バカキョン!」

キョン「はは、すまんって。叩くな叩くな」

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 02:01:56.82 ID:vfWemPiqO

ハルヒ「もう二度と嘘ついたら許さないから」

キョン「だからなんべんも謝ってるじゃないか。十分罰も受けただろ…」

ハルヒ「あんたの罪はパンチ10発くらいで許されるもんじゃないわよ」

キョン「だからって顔にパンチしなくても…」

ハルヒ「まだ文句あるっての?」

キョン「…反省してます」

ハルヒ「まったく…。で?」

キョン「で?」

ハルヒ「何が食べたいのかって聞いてんの!ここに来た目的忘れたんじゃないでしょうね」

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 02:05:42.81 ID:vfWemPiqO

キョン「じゃあ…お前が1番得意なのが良いな」

ハルヒ「そんな事言われたら、作り手のハードルが上がるじゃない」

キョン「まぁお前の料理の腕は知ってるし、しかも今日は愛情入りだからな。期待もするさ」

ハルヒ「…!」

ハルヒ「ふん。変な事言ってないで、さっさとカート持ってきなさい」ぷいっ

キョン「はいはい」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 02:17:29.42 ID:vfWemPiqO

ハルヒ「豚肉安売りね。生姜焼きでも良い?」

キョン「もちろん。なんでも良いさ」

ハルヒ「じゃ、あとはサラダとスープね」

キョン「さすが、家庭的だな」

ハルヒ「そう?料理くらい出来なきゃね」

キョン「男はお前みたいな嫁さんが貰えたら幸せだろうな」

ハルヒ「……」

キョン「俺が嫁に欲しいくらいだ」

ハルヒ「ふん、もう嘘は聞き飽きたわよ」

キョン「そうかい。本気だったのにな」

ハルヒ「はいはい。そういう事にしといてあげるわ」

キョン「ハルヒ」

ハルヒ「なによ」ぷいっ

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 02:22:34.28 ID:vfWemPiqO

店員「以上8点、1620円です」

キョン「はい。あー…ハルヒ、20円あるか?」

ハルヒ「あるわよ。はい」

店員「はい、ちょうどお預かりします」

ハルヒ「ねぇ」

キョン「ん?」

ハルヒ「夫婦みたい?」

キョン「かもな」

ハルヒ「バカ、自惚れるんじゃないわよ」

キョン「お前が言い出したんだろ。馬鹿な事言ってないでさっさと帰ろうぜ」

ハルヒ「ふふん」ニコニコ

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 02:27:09.06 ID:vfWemPiqO

ガチャ

キョン「ただいまーっと」

ハルヒ「お邪魔します。本当に家の人居ないのね」

キョン「ここまで来てまだ疑ってたのか?」

ハルヒ「アンタがくだらない嘘ばっかりつくからよ」

キョン「お前の命令だったと思うんだけどなぁ」

ハルヒ「あら、そうだったかしら?」

キョン「お前なぁ…」

ハルヒ「よし、早速作るわよ。アンタは着替えて来たら?」

キョン「おう、助かるよ。なんか手伝うか?」

ハルヒ「そうね。じゃあ着替えて来たらお願いするわ」

107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 02:30:00.14 ID:vfWemPiqO

キョン「お待たせ。ちょっとラフだけど勘弁してくれ」

ハルヒ「スウェットねぇ。あたしも制服じゃちょっとな…着替え持ってくれば良かったかも」

キョン「俺ので良ければ貸してやるぞ?」

ハルヒ「……うん、借りる」

キョン「ちょっと待ってろ。Tシャツとジャージで良いか?」

ハルヒ「別になんでも良いわよ」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 02:33:38.53 ID:vfWemPiqO

キョン「ほら、着替え。妹の部屋使って良いぞ」

ハルヒ「ん。ありがと」

キョン「それ今朝着てたやつだけど構わんよな?」

ハルヒ「はぁ!?」

キョン「はは、嘘だ嘘」

ハルヒ「…アンタ、もう嘘つくなって言ったでしょ」

キョン「すまんすまん。さぁ早く着替えて作ろうぜ。腹ぺこなんだ」

ハルヒ「…ん。ちょっと待ってなさい」

ガチャ

バタン

ハルヒ「い、一応ね、一応。もし本当に着た後だったら嫌だし」すぅぅ…

117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 02:37:44.41 ID:vfWemPiqO

ガチャ

ハルヒ「…お待たせ。ちょっと大きすぎない?」

キョン「まぁ俺も一応男だからな。ちょっと大きいくらいがかわいいんじゃないか?」

ハルヒ「アンタ、いちいち恥ずかしい事言わないの!ほら、さっさと作るわよ!」

キョン「はいはい。俺は何すれば良いんだ?」

ハルヒ「そうね…って言っても生姜焼きだからほとんどやる事ないんだけど。じゃあトマト切っててくれる?」

キョン「はいよ、了解」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 02:41:58.49 ID:vfWemPiqO

キョン「…」

トントン トントン

キョン「あ痛っ!」

ハルヒ「わ!びっくりした、どうしたのよ?」

キョン「痛た…ちょっと指切っちまった」

ハルヒ「鈍臭いわねぇ。ちょっと見せなさい」

キョン「まぁちょっと血が出てるだけだから大丈夫だとは思うけど」

ハルヒ「本当、たいしたことないわ。こんなの口にくわえて舐めてれば治るわよ」

キョン「そうだな。おー痛…」

ハルヒ「ん」

キョン「ん?」

ハルヒ「指。貸しなさい」

131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 02:46:06.27 ID:vfWemPiqO

キョン「え?」

ハルヒ「何してんの、ほら早く出しなさい」ぐいっ

キョン「ちょっと待て!それは色々とまずい!」

ハルヒ「あー…」すっ

キョン「ちょ…!」

ハルヒ「バカ。間抜け面。本当にやると思ったって訳?」

キョン「こいつ…やられた…」

ハルヒ「ふふん、散々嘘つかれた仕返しよ。ほら、さっさと傷口洗って絆創膏貼って来なさい」

キョン「仕返しか…やれやれだ」

136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 02:52:19.38 ID:vfWemPiqO

ハルヒ「はい、お待ちどうさま」

キョン「おお、相変わらずなんでも出来るな。美味そうだ」

ハルヒ「当たり前じゃない。ほら、食べましょ。お腹ペコペコなんだから」

キョン「そうだな。いただきます」

ハルヒ「いただきます」

ぱくっ

キョン「…」もぐもぐ

ハルヒ「…」もきゅもきゅ

キョン「うん、美味い。文句なしだ」

ハルヒ「これが嘘だったら許さないわよ」

キョン「当たり前だろ。嘘ついて良い時と悪い時くらいわかってる。本当に美味いよ、ハルヒ」

ハルヒ「ふん。当たり前。まずいなんて言ったら二度と作らないわよ」

キョン「愛情入りだもんな」

ハルヒ「ま……まぁね。ちょっとくらいは入れてやったかも」

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 02:57:45.01 ID:vfWemPiqO

ハルヒ「ところでキョン」

キョン「ん?」もぐもぐ

ハルヒ「あたしの事大嫌いって言ったわよね?あれは?」

キョン「ああ、どう思う?」

ハルヒ「…さぁ?あんたの口から聞かないと信じられないわ」

キョン「黙秘権を行使する」

ハルヒ「黙秘権を剥奪するわ」

キョン「なんでもありだな。じゃあお前はどうなんだ」

ハルヒ「あたし?アンタの事を?」ニヤニヤ

キョン「ああ、もちろん」

ハルヒ「大っっっっっっ嫌い!」

キョン「なんで満面の笑みなんだよ」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 03:03:44.53 ID:vfWemPiqO

キョン「…そうかぁ、俺は嫌われてたのか」

ハルヒ「あら、好かれてると思ってたの?案外自信過剰じゃない」

キョン「言ってくれるな。俺はな、ハルヒ」

ハルヒ「なに?」ニヤニヤ

キョン「お前の事が大好きなんだぞ?」

ハルヒ「へぇー?本気?」

キョン「嘘かも知れんな。しかし本気かも知れん」

ハルヒ「ふふん、後悔する事になるわよ」

キョン「?」

ハルヒ「まぁ良いわ。ごちそうさま」

キョン「ああ、ごちそうさま。美味かったよ」

ハルヒ「ふふ、お粗末様」

162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 03:07:02.30 ID:vfWemPiqO

ハルヒ「さて、と」すっ

カチャカチャ

キョン「ああ、皿洗いくらいするよ。そんな事までさせられん」

ハルヒ「良いのよこれくらい。量も少ないしやっちゃうわ」

キョン「なんか悪いな。終わったらアイスでも食おう」

ハルヒ「そうね。いただくわ」

カチャカチャ

カチャカチャ

キョン「もう8時か…。あんまり長居させる訳にもいかないな」

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 03:11:15.15 ID:vfWemPiqO

キョン「終わったか?何から何までありがとうな、助かった」

ハルヒ「まったく、不出来な団員を持つと苦労するわね。あたしが居なきゃ何も出来ないんだから」

キョン「そうかもな。感謝してるよ、いつも」

ハルヒ「あら、殊勝ね。エイプリルフールだから?」

キョン「…変だな。エイプリルフールは嘘つく日なのに、いつもより本音が出るな」

ハルヒ「ふふ、そんなもんじゃない?だから面白いのよ」

キョン「だな。ほらアイス。チョコとバニラどっちが良い?」

ハルヒ「両方ね」

177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 03:14:58.75 ID:vfWemPiqO

キョン「バカ、欲張るな。二つしかないんだから。じゃあ俺がバニラな」ペロペロ

ハルヒ「あんたのを一口くれれば万事解決よ」

キョン「一口って…食べかけだぞ?」

ハルヒ「ふふん、あたしは構わないけど?」

キョン「ほう、よく言った。食べたければ食べても良いんだぜ?」

ハルヒ「ふぅん。それ嘘でしょ?」

キョン「ああ、嘘だ」

ハルヒ「知ったこっちゃないわ」パクッ

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 03:21:44.52 ID:vfWemPiqO

キョン「さて、もう遅いな。あんまり遅くまで引き止めるのも悪いし」

ハルヒ「もう9時か。そうね、そろそろ…」

キョン「ま、今日みたいなのもたまには面白いかもな」

ハルヒ「そうね。エイプリルフールに限って普段言わないような事も言えるし」

キョン「嘘が嘘かどうかなんて、聞かなくてもわかるしな」

ハルヒ「それはどうかしらねぇ?ま、今日の所は許しといてあげるわ」

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 03:27:14.99 ID:vfWemPiqO

ハルヒ「じゃああたしは帰るけど…もう嘘つかなくて良いの?」

キョン「なんだ、嘘ついて欲しいのか?」

ハルヒ「あんたがどーしても嘘をつきたいなら聞いてあげなくもないわよ」

キョン「やれやれ…しょうがないな」

ハルヒ「ふふん」ニヤニヤ

キョン「ハルヒ、いつも振り回されてるけど、なんだかんだ俺も楽しんでる」

キョン「お前のおかげで退屈しない日々を送れてる。お前に会えて良かった」

キョン「ありがとうな、ハルヒ」

ハルヒ「それから?」ニヤニヤ

キョン「好きだ」

ハルヒ「ふんふん」ニヤニヤ

キョン「帰したくない。泊まって行ったって良い」

210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 03:31:05.33 ID:vfWemPiqO

ハルヒ「ぷっ…」

キョン「…ふぅ。全部嘘だ。妄言だ。忘れろよ」

ハルヒ「あははは!」

キョン「…そんなに笑うな。死にたくなる」

ハルヒ「はぁ、笑わせて貰ったわ。さて、さっきのあたしの言葉、覚えてる?」

キョン「後悔するぞ、ってやつか?もう十分後悔したさ…」

ハルヒ「そう、それ。良い事を教えてあげるわ。心して聞きなさい」

キョン「な、なんだ?」

ハルヒ「エイプリルフールってのはねぇ?嘘ついて良いのは午前中だけなの」

228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 03:36:58.01 ID:vfWemPiqO

キョン「……マジか?」

ハルヒ「そよ。えらくマジ。知らなかったの?」

キョン「マジか……」

ハルヒ「好きで、帰したくなくて?泊まって行け?」

キョン「……」

ハルヒ「ふぅん。アンタ、あたしの事をそんなふうに思ってたの」

キョン「……」

ハルヒ「SOS団員としてあるまじき行為ね。自覚が足りないんじゃない?」

キョン「もう何も言わん。殺してくれ」

242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 03:43:24.40 ID:vfWemPiqO

ハルヒ「泊まるどころか、本来なら極刑ものだわ」

キョン「…妄言だ。妄言なんだ。忘れてくれ」

ハルヒ「ふふん。だから後悔するって言ったでしょう?」

キョン「……後悔…はしてないかな」

ハルヒ「…へ?」

キョン「死ぬ程恥ずかしいが、後悔はしてない。もともと嘘じゃないしな」

ハルヒ「…言うじゃない。ま、今日の所は勘弁してあげる」

キョン「そうかい。そりゃありがたいよ」

ハルヒ「ま、さすがに本当に泊まる訳にもいかないしね。面白い事も聞けたし、仕返しは十分かな」

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 03:48:36.50 ID:vfWemPiqO

ハルヒ「これに懲りたら、二度と団長をからかおうなんて思わない事ね。わかった?」

キョン「ああ、身をもって痛感したよ」

ハルヒ「じゃ、あたしは帰るから」

キョン「…今日はありがとうな。助かったよ」

ハルヒ「団員の面倒見るのも団長の責任だからね」

キョン「そうかい。気をつけてな。送ろうか?」

ハルヒ「ふふ、送り狼が怖いから遠慮しとくわ。じゃあね」

ガチャ

バタン

キョン「……やられたな」

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/04/01(水) 03:52:44.25 ID:vfWemPiqO

ハルヒ「…好きだ、か」

トテトテ

ハルヒ「悪い気分はしないかな…」

トテトテ

ハルヒ「…よくあんな恥ずかしい事言えるわよね。本当に泊まるって言ったらどうすんのよ」

トテトテ

ハルヒ「こんなに真っ赤な顔して…送ってもらえる訳ないじゃない、バカキョン」

トテトテ

ハルヒ「はぁ…」

トテトテ

ハルヒ「…ふふ、ちょっと良いエイプリルフールだったかな」




おわり

270 名前: ◆r3yksmPHg2 [] 投稿日:2009/04/01(水) 03:54:02.83 ID:vfWemPiqO

支援thxでした。
こんな夜中の突発ネタSSにお付き合いいただきありがとうございます。
ちなみに、エイプリルフールの午前中はマジです

286 名前: ◆r3yksmPHg2 [] 投稿日:2009/04/01(水) 04:00:30.21 ID:vfWemPiqO

エイプリルフールの起源は不明という事なので、こういう普段言えないような事が言いやすくなるように
あえて「嘘をつく日」が出来たんだとしたら面白いかなと思って書いてました。


それから、おそらくこれが最後のSSになると思います。
今まで数多くのSSを支援してくださった方々、読んでくださった方々、本当にありがとうございました。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【艦これ】口下手な提督さんと世話焼きな霞さん