ハルヒ「一枚記念に撮っちゃおうっと」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「汗をかきすぎてパンツまで濡れてしまった」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 16:27:27.65 ID:dlV0UzUr0

孤島症候群にてフェリーでキョンが寝てる時の話

ハルヒ「じゃあ、みくるちゃん。ちょっとトイレ行ってくるわね」

みくる「はぁ〜い」

ハルヒ「トイレ♪トイレ♪」ルンルン

ハルヒ「あれ!キョン寝てるじゃない」

キョン「・・・zzz」

ハルヒ「全く、合宿だっていうのに緊張感すらないのかしらね」

ハルヒ「・・・こういう時はホッペを」

ツンツン ツンツン

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 16:29:33.26 ID:dlV0UzUr0

キョン「・・・zzz」

ハルヒ「全く反応ないのね・・・鈍感な奴」ニヤリ

キョン「ムニャムニャ・・・zzz」

ハルヒ「これでもか!」

ペシペシ

キョン「ん・・・zzz」

ハルヒ「う〜んダメねぇ」

ハルヒ「それにしても可愛いわね・・・」

ハルヒ「一枚記念に撮っちゃおうっと」

キョン「・・・zzz」

ハルヒ「カメラ・・・カメラ・・・」

キョン「むにゃむにゃ・・・ハルヒ・・・」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 16:33:05.72 ID:dlV0UzUr0

ハルヒ「え?今私のこと・・・」

キョン「ハルh・・・・ポニーテール・・・」

ハルヒ「へ?・・・」


キョン「・・・可愛い・・・zzz」


ハルヒ「!!」カァー

ハルヒ「な!何私ったら顔赤くしてんのよ!」

ハルヒ「全くバカバカしい!」

キョン「・・・ハルヒ・・・」

ハルヒ「ふぇ・・・」



キョン「・・・好き・・・」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 16:51:26.33 ID:dlV0UzUr0

保守サンクス
スレ立てた時に犬が吠え始めたから・・・orz
では再開

ハルヒ「あわわわわわ」カアアアアアア

ハルヒ「じょ・・・冗談はよしてよね!」ドクンドクンドクン

キョン「・・・zzz」

ハルヒ「しょ!所詮寝言よ寝言。全く、どんな夢見てんのかしら」

ハルヒ「どうせろくでもないやらしい夢でも見てるのね」

キョン「・・hルヒ・・・」

ハルヒ「こ・・・今度は何よ?」



キョン[・・・キス・・・しよう・・・」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 16:55:18.15 ID:dlV0UzUr0

ハルヒ「!!!!!!」カァー

ハルヒ「と!とんでもない奴だわ!」ドクンドクンドクン

ハルヒ「ゆ、夢の中で私とキスなんて・・・この変態!」


ハルヒ「・・・で、でも・・・ちょっとしてみたいかも・・・」

キョン「・・・zzz」

ハルヒ「こ、こうやって頬に手を当てて・・・」ドクンドクン

ハルヒ「顔を近づけて・・・くちびr」



古泉「おや?涼宮さん・・・」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 16:57:02.86 ID:dlV0UzUr0

ハルヒ「!!!!!」

ハルヒ「こここ!古泉君!!!」

古泉「あ、すみません。お取り込み中でしたね。失礼しました」ニヤニヤ

ハルヒ「ち!違うのこれは・・・」

古泉「おきにめさらず、どうぞ続きを」テクテクテク

ハルヒ「ちょ!ちょっと!古泉君!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 16:59:58.40 ID:dlV0UzUr0

・・・

ハルヒ(あーあ・・・古泉君に見られちゃった・・・)

ハルヒ「・・・ったく。キョンが変な寝言いったせいよ」

キョン「・・・zzz」

ハルヒ「全く・・・よく呑気な顔して寝ていられるわね!」

キョン「・・・zzz」

ハルヒ「起きたら死刑ね!私の肩もみ30回!」

ハルヒ「ほかにも・・・」


キョン「・・・うわ!谷口!」

ハルヒ「わ!!」


キョン「・・・なんて・・・言い訳・・しよう・・・zzz」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 17:01:28.11 ID:dlV0UzUr0

ハルヒ「クスクス・・・」

ハルヒ「私と同じ状況なのかしら」クスクス

キョン「・・・ハルヒ・・・」

ハルヒ「今度は一体何よ!」

キョン「・・・今日の・・・こと・・・は・・・忘れよう・・」

ハルヒ「な、何言ってんの?私をここまでさせておいて」

ハルヒ「この!」

ペシペシペシペシ

キョン「・・・zzz」

ハルヒ「・・・フフ。ほんと鈍感な奴」ニコニコ


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 17:04:18.11 ID:dlV0UzUr0

グワ!

ハルヒ「!!!!」

ドサリ

ハルヒ「ちょ!ちょっとキョン!」

ハルヒ「覆いかぶさらないでよ!」ドクンドクン

キョン「・・・zzz」ギュウ

ハルヒ「こここ!これじゃ変に思われるじゃない!」ドクドクドク



キョン「・・・愛してる・・・」

ハルヒ「ぅ・・え?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 17:06:34.47 ID:dlV0UzUr0

ハルヒ「え・・いいいい今なんて・・・」ドクンドクン



キョン「チュっ」

ハルヒ「はわわわわわわわわ」ドクドクドクドクドク




キョン「・・・ハルヒ・・・」ギュゥ

ハルヒ「ちょちょちょキョキョキョン?」ドクドクドク

キョン「・・・また・・・明日な・・・」

ドサリ

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 17:09:43.07 ID:dlV0UzUr0

ハルヒ「く、苦しかった・・・」ドクンドクン

ハルヒ「わ、私落ち着いて・・・」スーハースーハー

ハルヒ「・・・ったく。キョンったら・・・セクハラよ」プイ

ハルヒ「起きたらほんとに死刑だから!」

キョン「・・・zzz」

ハルヒ「あ!そうだ・・・寝顔を写真におさめようとしてたんだ」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 17:11:26.42 ID:dlV0UzUr0

みくる(涼宮さん遅いですね。ちょっと様子見に行きましょう)

テクテクテクテク


みくる(あ!涼宮さん!キョン君と二人で何かしてる・・・)

みくる「涼宮さぁ〜ん」

ハルヒ「あ!みくるちゃん!いいとこにきたわね」

ハルヒ「ちょっとこのカメラでキョンの寝顔を撮りなさい」

みくる「ふぇ〜なんでですか〜?」

ハルヒ「いいから早く!この合宿中は写真係ね!」

みくる「ふぇ〜分かりましたぁ」

ハルヒ「隅から隅まできちんとね!」

みくる「は、はい」(涼宮さんさっきから顔赤いけどどうしたんだろう・・・)

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 17:19:02.80 ID:dlV0UzUr0

みくる「涼宮さん、さっきから顔が赤いんですけどどうかしましたぁ?」

ハルヒ「!!!!」

ハルヒ「な!なんでもないわよ!早く撮りなさい!」

みくる「はは、はい!」

パシャパシャパシャ

ハルヒ「こんなもんでいいわね。さっ、起こしましょう」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 17:22:47.42 ID:dlV0UzUr0

ハルヒ「キョン!起きなさい!いつまで寝てるの!」

キョン「んぁ・・・」


パシャ!



キョン「ん・・・」

みくる「キョン君の寝顔と寝起き写真撮っちゃいました」


サッ


みくる(あ・・・カメラ)

ハルヒ(フフ・・・これでキョンの寝顔を飾っておける)ニヤニヤ

ハルヒ「まったくあんたね・・・」以下原作通り

後日談へと続きます

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 17:27:34.92 ID:dlV0UzUr0

後日談 Sな古泉


ハルヒ「古泉君!」

古泉「はい?なんでしょう?」

ハルヒ「あの・・あのときのアレだけど・・・」カァー

古泉「アレとは一体なんでしょうか?」ニヤニヤ


ハルヒ「だ・・・だから・・・」

古泉「?」



ハルヒ「だから!私とキョンがキスしようとしてたこと!」

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 17:30:31.65 ID:dlV0UzUr0

古泉「あーアレですね」ニヤリ

ハルヒ「その・・・なかった事にしてくれない?」

古泉「う〜ん。難しいですねぇ・・・」

ハルヒ「ちょ!ちょっと!」

古泉「では条件付きということで如何でしょうか?」

ハルヒ「じょ・・・条件?」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 17:37:33.55 ID:dlV0UzUr0

古泉「はい」

ハルヒ「な、どんな?」

古泉「そうですねぇ〜」



古泉「毎日、キョン君にお弁当を作ってきてください」

ハルヒ「ええ!!」

古泉「いいんですか?カメラにもおさめてありますよ」ニヤニヤ

チラッ

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 17:42:00.96 ID:dlV0UzUr0

ハルヒ「くぅ〜〜」

ハルヒ「わ、分かったわ!」

古泉「それとですね・・・」

ハルヒ「な、なに?」


古泉「お弁当はあなたがキョン君に食べさせてください」


ハルヒ「!!」カァー

古泉「では明日からお願いしますよ」ニヤリ

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 17:46:27.11 ID:dlV0UzUr0

次の日

ガラララララララ

テクテク

キョン(ま〜たアイツ寝てやがる)

キョン「おい、起きろ。授業始まるぞ」

ハルヒ「は!おおおおおはよう!」

キョン(何だコイツ・・・)「おい、寝ぼけてるなよ」

ハルヒ(もぅ〜古泉君のバカ。)

ハルヒ(どんなお弁当作ればいいか悩んだじゃないの。おかげで寝不足だわ)

岡部「それでは授業始めるぞ〜」

ハルヒ(どうやって渡そう・・・)

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 17:51:46.27 ID:dlV0UzUr0

昼休み

キョン「さーて飯でも食べるか」

グワ!

ドン!

キョン「いてっ!何すんだよ!」

ハルヒ「ちょっとアンタ来なさい!」

キョン「どこへだよ」

ハルヒ「いいから!」

キョン「ったく・・・あんまり強く引っ張るなよ」

テクテクテク

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 17:56:05.04 ID:dlV0UzUr0

ハルヒ(私だってねぇ、こんなことするつもりじゃなかったわよ)

ハルヒ(しかたないでしょ!古泉君に部室で食べろっていわれてんだから)


前日古泉『そうそう、監視のために部室で食べて下さい。監視カメラ仕掛けときますね』ニヤリ

ハルヒ(くぅ・・・後で古泉君恨んでやるからね)

ハルヒ「着いたわ」

キョン「部室・・・?」

キョン「おい、何する気だ?」

ハルヒ「べ、別にいいじゃない!」

ハルヒ「早くそこに座ってなさい!」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 18:01:42.46 ID:dlV0UzUr0

キョン「?」ポカーン

ジャアアアアア

ハルヒ「はい!お茶」ドン

キョン「お、おうありがとう」

キョン(なんだコイツ・・・朝といい昼といい・・・)

キョン「なぁ、なんで俺をここに連れてきたんだ」

ハルヒ「そ、そんなのいいの!」

ハルヒ「そそそ、それでさ・・・あんたお腹空いてない?

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 18:09:50.16 ID:dlV0UzUr0

キョン「まぁ、そうだな」

パッ

ハルヒ「ハイこれ」プイ

キョン(な、な、なんですとー!!!)

キョン(こ、これはもしや手作り弁当ってやつか?)

キョン(ハルヒにしては珍しいピンク色の弁当箱。ってかそんな下向いて渡すなよ。
耳真っ赤だぞ)

キョン「た、食べていいのか?」

ハルヒ「・・・食べて」

キョン「ど、どうも」

ハルヒ「いいから早く食べなさい!」


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 18:16:39.00 ID:dlV0UzUr0

キョン(しかし・・・不覚にも萌えてしまった)

ガサゴソ

キョン「では、いただきます」

ハルヒ「ちょっと待って!!!」

キョン「な、なんだよ!!」

ハルヒ「その・・・その・・・その・・・」モジモジ



ハルヒ「わ、私が食べさせてあげるから!!!」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 18:23:40.51 ID:dlV0UzUr0

キョン「えええええ!!」

ハルヒ「い、いいから!箸渡しなさい」

キョン「・・・で、でも」

ハルヒ「いいの!早く」

キョン「分かった・・・」



ハルヒ「は、はい、あーんして。あーん」

キョン「パクリ」

ハルヒ「お、おいしいでしょ!?」

キョン「まぁ、おいしい」

ハルヒ「何よ!その反応は!私が愛情こめ・・・」

ハルヒ「!!」カアアアア

ハルヒ「べ、別に愛情なんて込めてないんだから!!解凍ものを詰めただけよ!」

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 18:33:03.64 ID:dlV0UzUr0

ハルヒ「それよりあんた。汗すごいわよ」

キョン「そ、そうか今日は暑いからなぁ〜」(お前のせいだよ!)

ハルヒ「拭いてあげる」

キョン「え?」

ハルヒ「いいからじっとしてなさい」

フキフキ

キョン(ってか何があったんだコイツ・・・)

キョン「お前は食べなくていいのか?」

ハルヒ「もちろん食べるわよ」

キョン「そうか。ちょっと箸かせ」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 18:39:56.32 ID:dlV0UzUr0

ハルヒ「え?」

キョン「いいから渡せ」

ハルヒ「あ・・・うん」

キョン「よし、口あけろ」

ハルヒ「ええ!?あ、うん。ハイ」


キョン「はい、あーん」

ハルヒ「パクリ」モグモグ

キョン「よし、いい子だ」ナデナデ

ハルヒ「んんん」カアアアア

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 18:45:50.17 ID:dlV0UzUr0

ハルヒ(ちょっとキョン!これ古泉君に見られてんのに)

キョン「そろそろ昼休み終わりだな」

ハルヒ「そ、そうね」

キョン「しかし、どうしてお前はこんなことしようと思ったんだ?」

ハルヒ「べ!別に!気分よ気分」

キョン「そうか・・・ありがとな」

ハルヒ「感謝しなさい!」

キョン「できればなんだけどな」

ハルヒ「な、何よ?」



キョン「毎日作ってきてくれよ」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 18:54:17.09 ID:dlV0UzUr0

ハルヒ「!!」

ハルヒ「ま、いんじゃない?私はどうってことないけど」プイ

キョン「そうか。じゃあ頼むわ」

ハルヒ「そのかわり・・・このことはみんなに内緒ね!」ニコニコ

キョン「もちろんだ」

ハルヒ「ほらバカキョーン!早くしないと授業に遅れるぞー!」

キョン「やれやれ」



ハルヒ「へへっ。ベー」



End

オマケ 古泉監視カメラその後に続きます
ちょっくら飯食べてきます

86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 19:29:29.86 ID:dlV0UzUr0

おまたせ
古泉その後

古泉「うん。よーく撮れてますね」

古泉「どれどれ、最初から見ましょうか」

古泉「おお、涼宮さんがお茶を淹れるなんて珍しいですね」

古泉「それにしてもこの淹れ方、だいぶ慌ててますね。実に良い」

古泉「おっと、鞄からお弁当を取り出してキョン君に見られないように後ろで持つ」

古泉「素晴らしい。ドッキリをするつもりでしょうが顔が真っ赤でバレバレですよ」

古泉「いつもいじっぱりですが、こういう部分を見ると萌えますね」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 19:40:06.95 ID:dlV0UzUr0

古泉「そして・・・おお!!!!遂に渡しましたよ!!」

古泉「実に良いですね。下を向いて恥ずかしながらもお弁当を差し上げる・・・
それに対して、真っ赤な顔で受け取る。汗凄いですよ。
いやぁ・・・青春とはこんなに甘いものでしたか。」

古泉「しかしいつもツンツンしてる涼宮さんですが、デレの威力
は凄まじい。それに加えキョン君のダルデレもナイスですね。」

古泉「さて、いよいよ食べ始めますね・・・」

古泉「条件通り、食べさせるでしょうか・・・」

古泉「こ、これは・・・!!」

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 19:48:18.16 ID:dlV0UzUr0

古泉「やばいです。萌え死にしそうでした。涼宮さんあなたはやはり神様です。
このモジモジしている動き・・・僕は昇天しそうです。
そしてあーんという言葉。改めてあーんの偉大さに気付きました。
神人の攻撃なんてあーんに比べればどうってことない。
僕もあーんしてもらいたいです。はいあーん。フヒヒヒヒヒ」



古泉「すみません。少し自重します。」

古泉「しかし、良いものですね。機関のルールでは付き合うことは不可能ですからね」

古泉「こんなにキョン君を殺したいと思ったことはありません。悔しい・・・」

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 19:56:28.78 ID:dlV0UzUr0

古泉「ああ、僕も涼宮さんに汗を拭いてもらいたいものです・・・
僕は今とてもキョン君、いやキョンを憎んでいます」

古泉「キョンの場面なんてとばしましょう。見てて不愉快です。」

古泉「あれ、キョン何してるんですか?なでなでって・・・
死ねよ・・・おっと暴言はやめましょう」

古泉「しかしなでられてる涼宮さんはまるで猫のようです。可愛い。ペットにしたい」



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 20:08:03.37 ID:dlV0UzUr0

古泉「そろそろ昼休みが終わる頃ですね」

古泉「あら、廊下に出ちゃいました。この後のやりとりが気になります」

古泉「いやぁ、こんな部分の涼宮さんを見れて僕は今幸せです」

古泉「キョンを僕と置き換えて、涼宮さんをおかずにして今日は帰りましょう」

古泉は部室のパソコンを切って自宅に帰ることにした。
もちろんオナニーもした。
その後長門にハッキングされてその映像が流出されるとも知らずに。

終わり



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/31(火) 20:09:01.29 ID:dlV0UzUr0

なんか最後gdgdですみませんでした
このスレは雑談でもして消費してください。では



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カヲル「生と死は等価値生と死は等価値…」ブツブツ