長門「正直、私はかなりの美少女」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「幼女ビンタしてぇ…」

ツイート

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 19:06:46.16 ID:37PLDeXBO

みくる「プッ、美少女(笑)。自分の身体を鏡で見てから言った方が良いんじゃないですか〜?」

長門「身体は関係ない。私が言っているのは顔の事。」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 19:22:11.22 ID:37PLDeXBO

みくる「何言ってるんですか、長門さん。美少女っていったら普通は、身体も含めるんですよ〜。」

長門「しかし、世の中には私を指示する男共は沢山いる。それは即ち、私が美少女という証拠。」

みくる「でも、その人達って長門さんのボディをみて「ょぅι゛ょ!ょぅι゛ょ!」とか言ってる、ロリペドの変態さん達じゃないんですか〜?」

長門「!!!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 19:45:20.96 ID:37PLDeXBO

長門「なら、こちらも言わせて貰う。貴女のファンは、きっとその胸部に無駄に溜まった脂肪の塊しか見ていない。」

みくる「悔しいですかwwつるつるですもんねww長門さんはwww」

長門「正直、今日の貴女はかなり不快。」

みくる「ほらほら〜、長門さんには無いおっきなおっぱいでしゅよ〜www」ぐりぐり(胸を長門の顔に押し付ける)

長門「くっ……」



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 19:59:58.51 ID:37PLDeXBO

ガタンッ

みくる「きゃあっ、急に立つなんて危ないですぅ。」

長門「帰る。」

みくる(あれ、調子に乗り過ぎちゃったかな?)

長門「朝比奈みくる、貴女は私を怒らせた。」

ガチャッ、バタン

みくる「本当に帰っちゃった。」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 20:16:15.28 ID:37PLDeXBO

〜〜〜〜〜次の日の朝〜〜〜〜〜

チュンチュン

みくる「うーん、良い朝です。って、なにか違和感が……」サッサッ

ぺたん

みくる(ぺたん?)

みくる「ええぇぇ〜!?胸が、おっぱいが、ぺったんこになってますぅ〜。」

みくる「うぅ〜、きっと長門さんの仕業ですぅ。謝って治して貰いましょう。」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 20:27:15.90 ID:37PLDeXBO

〜〜〜〜〜みくるの教室〜〜〜〜〜

ガヤガヤ

みくる「おはようございます〜。」

ガヤガヤ

みくる(あれ?いつもなら、何人か挨拶してくれるのに……)

みくる「あ、○○さんおはようございます〜。」

○○さん「△△ちゃんオハヨー!」

みくる「……。あ!××君おはようございます(はぁと)。」

××君「おう、□□おはよーっす。」

みくる(そんな!いつも私にデレデレした目を向けてくる××君まで私を無視するなんて……)

みくる(集団いじめでも始まったんでしょうか……)

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 20:34:26.73 ID:37PLDeXBO

〜〜〜〜〜放課後@SOS団部室〜〜〜〜〜

みくる「…………という訳なんですぅ。本当に一日大変でした……。」

キョン「なぁ、古泉。今日みくるさん遅くないか?」

古泉「本当ですね。何時もなら一番に来て、掃除やお茶淹れをしているんですが……、長門さんは知りませんか?」

長門「知らない。」(ニヤッ←バレない程度に)

みくる(そんな〜、SOS団の皆も気付いてくれないんですか〜!?)



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 20:50:03.62 ID:37PLDeXBO

バタン!

ハルヒ「みんな、そろってるかしら。」

古泉「朝比奈さんがまだ来てませんね。」

ハルヒ「あら、みくるちゃんならそこにいるじゃないの。」

みくる(流石は涼宮さん!気付いてくれるなんて!?)

ハルヒ「と思ったら有希じゃないの。どうしたのよ、その胸?」

みくる(へ?)

長門「朝起きたら育っていた。私はまだまだ成長中。」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/03/18(水) 21:16:58.08 ID:37PLDeXBO

風呂に入っていた

残ってたので続きをば……

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 21:23:29.23 ID:37PLDeXBO

ハルヒ「凄いじゃないの!このおっぱい、みくるちゃん位あるんじゃないの!?」

もみもみ、ぱふぱふ

キョン(くそう、ハルヒの奴め。幾ら同姓だからって、うらやまけしからん!!!)

古泉(ふぅ、朝比奈さんで見慣れているとはいえ、長門さんだとさらに目に毒ですね……)

長門「それほどでもない。昨日の私はハイパー成長タイムだった。」

ハルヒ「なんか、完璧なトランジスタ・グラマーじゃない。みくるちゃん以上かもしれないわね!!」

みくる(ふえぇ〜、涼宮さんそんな〜)

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 21:32:11.92 ID:37PLDeXBO

キョン「おいハルヒ、そのトランジスタ・グラマーってなんだ?」

長門「小柄でグラマーな女性。」


ハルヒ「そういう事よ!覚えておきなさい!」なでなで

キョン「そうか、覚えておこう。」(PCに新しくフォルダ作るか……)

古泉「それにしても、朝比奈さんは遅いですね。」

ハルヒ「しょうがないわねぇ、今日の活動を始めるわよ。みくるちゃんは罰として、タダのお茶汲みに降格よ。」さわさわ

みくる「ふえぇ〜、そ、そんな〜、ヒドいですぅ〜」



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 21:39:47.83 ID:37PLDeXBO

〜〜〜〜〜活動後〜〜〜〜〜

ハルヒ「ふぅ、今日も疲れたわね。」

キョン「お前は長門を撫で回してただけだろ……。」

古泉「おや、長門さんは帰らないんですか?」

長門「この本がもう少し。読み終えて帰る。」

ハルヒ「そう、気をつけて帰りなさいよ。今の有希はいつ教われてもおかしくないんだから。」

長門「合点承知。」

バタン

長門「朝比奈みくる。言いたい事は何か?」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 21:48:34.53 ID:37PLDeXBO

みくる「ふえぇ〜、長門さん、なんでこんな事をしたんですか〜。」

長門「貴女が所詮おっぱいだけの存在である事を思い知らせる。そのためにやった。」

長門「結果として貴女は今日一日、誰にも認識されずに過ごした。やはり貴女はおっぱいだけの存在。」

みくる「うぅ、何も言い返せません……。」

長門「ならば私に言う事があるはず。」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 21:53:55.02 ID:37PLDeXBO

みくる「申し訳ありませんでした。」

長門「誠意が見えない。」スッ(床を指差す)

みくる(ど、土下座ですか。でも背に腹は代えられません……)サッ

みくる「申し訳ありませんでした。昨日の私は調子に乗っていました。心からお詫び申し上げます。」

みくる(これくらい言えば……)

長門「まだ足りない。」スッ(足を片方伸ばす)

みくる(ううっ、これを舐めろって事ですか〜)

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 22:11:09.63 ID:37PLDeXBO

ぺろ…ぺろ……

みくる(うぅ…。ここまでさせるなんて、長門さんは相当怒ってますね……)

長門「…………。」

グイッ

みくる「けほっ。」

みくる(足を押し込むのはやめてくだしゃいっ。)

長門「…………。」

グイグイ

みくる「うぐっ、おぶっ。」

みくる(ううっ……。)

長門「少し満足。」



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 22:18:24.62 ID:37PLDeXBO

みくる「えっ、じゃあ……。」

長門「頭が高い。私はまだ満足していない。」

ガッ(みくるの頭を踏み付ける)

みくる「えぶっ。」

サラサラ(何かを書く長門。)

長門「これを朗読すること。」

みくる「え、ええと……。って、これをですかぁ////」

長門「読まなければ貴女に胸は返らない。」

みくる「うぅ…、読みましゅう……。」


74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 22:28:29.79 ID:37PLDeXBO

みくる「ううっ、わ、私は……。」

長門「声が小さい。」

みくる「私は無駄に大きなおっぱいしか能のない、ド淫乱の牝牛です。」

長門「…………。気持ちを込めて。」

みくる「……皆さんどうか街で私を見掛けたら、私のおっぱいを好きにお使い下さい。」

みくる「…………。これで良いですか?」

長門「満足。明日の朝にでも処理する。」

みくる「ほ、本当でしゅかぁっ!?有り難う御座います、長門さん。」

長門「それほどでもない。」


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 22:35:02.14 ID:37PLDeXBO

〜〜〜〜〜校門〜〜〜〜〜

みくる「本当にすいませんでした。胸、忘れないでくださいね。」

長門「約束は守る。そう、あと一つ言っておく事がある。」

みくる「ふぇ、なんですか?」

スッ(ICレコーダーを取り出す長門)

長門「今日の子細は全て録音してある。取りあえずこれを、うっかりネットに上げる。じゃあ。」

みくる「ふえっ???ふええええぇぇぇぇぇ〜〜〜〜〜!!!!!」

〜〜〜おしまい〜〜〜



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/18(水) 22:50:14.90 ID:37PLDeXBO

おしまいです。原作を知らない自分にはこれが限度ですた



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿笠博士「新一、お前の声帯をワシの性感帯にしといたぞい」