ハルヒ「キョン!私告白することにしたわ!協力しなさい!」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:阿笠「できたぞ新一、ズル剥け昇天イってきます装置じゃ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 12:39:30.22 ID:ki+nITZrO

キョン「なんだと!!まだ心の準備が」


ハルヒ「それは杞憂よ。決してあんたなんかじゃないから。お金をもらってもゴメンだわ」


キョン「あっそ、なんだ古泉か?」


ハルヒ「ん〜おしいわね」


キョン「国木田?」


ハルヒ「もう一声!」

キョン「た、谷口か!?」


ハルヒ「あんたってつくづく馬鹿ね。有希に決まっているでしょ!」


キョン「今日のオカズは百合動画に決定」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 12:43:28.70 ID:ki+nITZrO

キョン「すまん、俺の聞き間違いかもしれん。誰だって?」


ハルヒ「有希よ有希!な・が・と・ゆ・き」

キョン「一応聞くが、なぜ?」


ハルヒ「私って付き合うに当たってセックスってすごく重要だと思うの」


キョン「まあ、そうだよな」


ハルヒ「それで考えたんだけど、男とのセックスなんてヘドが出るのよ!男って汗かくし臭いしセックス終わったらすぐ寝ちゃうでしょ?」


キョン「最後は人によりけりだが」


ハルヒ「その点女の子とのセックスを想像してみなさい!見栄えもいいしふたりともいい匂いしてたらいいことづくめじゃない!汗かかないし」


ハルヒ「だから私有希に告白することにしたの」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 12:44:35.81 ID:ki+nITZrO

キョン「なぜ長門なんだ?朝比奈さんや鶴屋さんじゃダメなのか?」


ハルヒ「大事なのはそこよ!みくるちゃんは確かに萌えキャラだけれど少し赤ちゃん臭いのよね」


キョン「行動がか?」

ハルヒ「匂いよ匂い!さっき匂いは重要と言ったでしょ!鶴屋さんは髪が長すぎてセックス中チクチクしそうで嫌なのよ」


ハルヒ「その点有希を見てみなさい!無味無臭、人畜無害基本マグロ貧乳!彼女は最高よ!」


ハルヒ「やっべwwwwwwwwww興奮してきたwwwwwww」クチュクチュ

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 12:50:55.78 ID:ki+nITZrO

いつもいつも自己満ですまん

キョン「な、なにを始めやがった!?」


ハルヒ「あ、ちょ…待って…て……あ、ぁああ、有希っ有希ィィィィ!――――っ!ハアハア」ブシャアアア


ハルヒ「ふう…それで話の続きだけど今日有希のためにお弁当を作ってきたのよ。どう萌えるでしょ?」


キョン「(@д@)」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 12:54:59.27 ID:ki+nITZrO

キョン「お弁当」

ハルヒ「そう、いわゆる一つの萌え要素」

キョン「言いたいだけちゃうんか」

ハルヒ「いいからいいから、あんたはさっさと有希を呼び出しなさい!有希の教室に凸よ!」

………
キョン「あー長門?ハルヒが話があるんだと」

長門「わかった」トコトコ

キョン(ここで見てるか…プッハルヒの奴顔真っ赤にして恥ずかしがってるのか)

ハルヒ「あ…あのね有希…今日有希のために…あのその」

長門「?」

ハルヒ「こ、これ食べてくだしぁ!」ドゴス
長門「モガガガ」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 12:57:13.90 ID:ki+nITZrO

すんません続けます


キョン「あの大馬鹿野郎!銀紙も取らずいきなり人の口におにぎりを突っ込む奴があるか!」


長門「ぐる゛じ、だずげでばぶう」


ハルヒ「あ、あ、ごめなひゃーい」ピュー

長門「ハアハア…」


長門「涼宮ハルヒを敵性と判定。対象の抹殺を申請する…!」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 13:01:19.14 ID:ki+nITZrO

ハルヒ「ね?」


キョン「いや、待て。なんの『ね?』だ」


ハルヒ「普段ツンツンした奴が急にデレになるとあんな失敗が起こってしまうのよ!」


ハルヒ「あなたたちもこれでわかったでしょ!?ツンデレに幻想を抱きすぎなのよ」


キョン「あなたたちってここには俺しかいないわけだが…あぁ、あいつらのことかm9」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 13:07:27.54 ID:ki+nITZrO

ハルヒ「パンツを見せるわ!」


キョン「藪から棒ってのはお前のためにある言葉だな」


ハルヒ「いいこと、キョン?ツンデレが下手な弁当作戦なんてナンセンスだわ。今から色仕掛けで行こうと思うの」


ハルヒ「さあ!もう一度有希のところに凸よ!」ズルッ

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 13:13:36.06 ID:ki+nITZrO

キョン「ちょ!何もここで脱がなくてもいいだろ!俺がいるのに!」


ハルヒ「どういうこと?あなたノミの前では恥ずかしくて着替えできないの?人間はノミに囲まれて生活しているのよ」


キョン「俺はノミと同類ですかい。しかし…シマパン…だと?」


ハルヒ「これはまあ基本よね。淑女のたしなみだわ」


キョン「(゜_゜)」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 13:18:01.44 ID:ki+nITZrO

ざわ…ざわ…
キョン(うわみんなこっち見てるよ。当たり前だ。俺の前にはセーラー服にパンツという風俗野郎が歩いているんだからな)


ハルヒ「何かしら。みんなこっちを見てくれわね。キョン?私になにかついてる?」


キョン(ついてないんだよこの馬鹿!)「いや特になにも。あ、ほら長門だぞ」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 13:24:28.12 ID:ki+nITZrO

長門「!?」


ハルヒ「ぁ、ゆ、有希…どう?」


長門「どう、とは?少なくとも今のあなたの格好は理解できない」

長門「青の縞の他に黄色い縞がひとつ見える」


ハルヒ「っ!」ダダダ

キョン「ハルヒ!すまんな長門」ダダダ


長門「さっきから二人の行動が理解できない。きっと私を馬鹿にして楽しんでいるんだ。これが…イジメ」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 13:29:00.53 ID:ki+nITZrO

ハルヒ「どうしていってくれなかったのよ!」


キョン「そんなにマジマジと見れるか!」


ハルヒ「まあ、いいわ今日のところは帰るわ」ガチャ


キョン「スカートをはかないで…長門以外にならスジを見られてもいいのだな…」


みくる「失礼しまーす」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 13:32:50.73 ID:ki+nITZrO

キョン「てなことがありましてね。全く馬鹿ですよハルヒの奴は」

みくる「…っく、あの泥棒ぬこ…私の涼宮さんに色目を使いやがってブツブツ」


キョン「あ、朝比奈さん?」


みくる「なんでもないですぅ。着替えるから出ていってください」

キョン「はい」ガチャ

みくる「見てなさい長門有希。私の恐ろしさを見せてあげるわ…フハハハハ」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 13:37:07.66 ID:ki+nITZrO

翌日
長門「!わたしの上履きにガビョウが入っている…きっと涼宮ハルヒたちの仕業」ポロポロ


部室
古泉「にわかには信じられませんね、ねえ朝比奈さん」


みくる「そうですね、涼宮さんがそんな陰湿なことをするなんて(プゲラ)」


長門「数日前から私の前にきては意味不明な行動をしていった。きっと私が何も反応しないから馬鹿にしてるんだ」ポロポロ

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 13:42:32.71 ID:ki+nITZrO

さらに翌日
長門「!上履きがナマコになっている…もうやだ」


部室
ハルヒ「有希が登校拒否!?一大事だわ!今から有希の家に行くわよ」


古泉「待って下さい。長門さんは混乱してるはずです。まずは我々が先に行くというのはどうですか」


ハルヒ「まあ、いいわ」


古泉「時に涼宮さん?」


ハルヒ「なに?」


古泉「もう一週間もスカートをはいていませんね」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 13:45:53.36 ID:ki+nITZrO

長門宅
長門「わかった…学校には行く。でも涼宮ハルヒには会いたくない」


キョン(あーあハルヒオワタな)


みくる(ざまああああ効果覿面ワロタ)


古泉「ではそのようにできるよう協力しましょう」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 14:07:27.89 ID:ki+nITZrO

ハルヒ「有希と会うなですって?ふざけないで!」


キョン「そんなこと言ってもよぉ、みんなそう言ってるし従えよ」

ハルヒ「有希の教室に行くわ」


キョン「あ!こら!」

ハルヒ「有希!」


長門「ビクッ」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 14:10:51.44 ID:ki+nITZrO

ハルヒ「有希…」


長門「涼宮ハル…!んっ…ちゅう」


長門「な、なにを」


ハルヒ「これが私の気持ちよ、はむっちゅうレロレロ、ほら舌出して…有希の舌…おいしい」ペロペロ


長門「やめ…あぁ!」クチュクチュ


ハルヒ「ほらパンツの上からでも有希の汁が染み出してるじゃない。感じてるんだ。うれしい」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 14:14:50.52 ID:ki+nITZrO

ハルヒ「有希の肌キレイ。ねえ、脱いで。なめていいわよね」ツツツ


長門「背中はダ…メ」

ハルヒ「ふふ、ここが弱いのね。乳首は?乳首はどうなの」イジイジ


長門「らめぇ!イジイジらめぇ!」


ハルヒ「可愛い声上げちゃって。舐めてあげる」ペロペロ


長門「んっはぁ…うま…ひぃ、あぅん!」


ハルヒ「ウフフ、誉めてくれるんだ。嬉しいな。…指入れるね」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 14:21:02.83 ID:ki+nITZrO

ハルヒ「有希…ここザラザラしてる。なんていうところ?」


長門「んっく…し、知らない…ひぁ」


ハルヒ「可愛いわ、有希。つるぺたなのね。ほら私のも触って。どう?」


長門「ボーボー」


ハルヒ「ウフフ、こりが大人の女よ。…っあっはあ。有希ぃ…ぅまあ…あん!」


長門「お返し」クチュクチュ


ハルヒ「キス…して…」はむっちゅう

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 14:24:09.35 ID:ki+nITZrO

キョン「というスレをVIPに立てようと思う」


ハルヒ「やめておきなさい。袋叩きがオチよ。それにキモい」


長門「不愉快」


みくる「ないわー」


古泉「さすがの僕でもフォローできませんね」


キョン「ううううるさい!見たくなきゃ見なきゃいいだろ!俺はやるぞ!ポチっとな」


>>1に戻る

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/10(火) 14:36:56.31 ID:ki+nITZrO

自分乙



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョン!!」