ハルヒ「うぃっきしっ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:そろそろハルヒは佐々木を拷問するべき

ツイート

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/06(金) 09:56:05.90 ID:RXnFvoB8O

エクセルサーガ読んでたら、なんとなくスレタイ関係無いSSというか妄想ワープしたので投下する

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/06(金) 10:01:59.68 ID:RXnFvoB8O

ハルヒ「有希ってほんとロボットみたいね」

キョン「いっいきなりお前は何を言い出すんだ。失礼にも程があるぞ。」

古泉「でも男子には結構人気ありますよ。そこが彼女の魅力のようですし。」

ハルヒ「そこよっ!最近一部の男子が話題にしてるわ。無口な有希がはっちゃけたり、デレデレしているトコを見てみたいって!」

キョン「・・・つまり何が言いたいんだハルヒ。簡潔にまとめてくれ。」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/06(金) 10:05:21.01 ID:RXnFvoB8O

ハルヒ「普段、無口で感情を面に出さない少女が魅せる・・・いわゆるギャップ萌え!?今日はそれを見たいわ!」

キョン「・・・で、長門に何をさせるつもりだ?」

ハルヒ「そうね、とりあえず皆、この漫画を読んでくれるかしら?」

キョン「エクセル・・・サーガ・・・?」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/06(金) 10:09:58.09 ID:RXnFvoB8O

その漫画の話では、六本松一式という無口で感情の無い美女型ロボット(成長した長門のような)が、処理次第でおちゃめなドジッ娘妹キャラになるというものだった。
外見はそのままで。


キョン「これは・・・?」

古泉「・・・まぁよくある設定ですが・・・」

みくる(あ、ちょっと見てみたいかも)

長門「・・・」

ハルヒ「わかった!?先ずは有希にはっちゃけて貰いたいの!」

ハルヒ「このページの台詞を改編したものを用意したわ!とりあえずやってみてちょうだい! 」



ハルヒが用意した台本に書かれていたのは以下の通りである。

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/06(金) 10:12:01.43 ID:RXnFvoB8O




みんなおはよー♪ 二パッ

あーキョンちゃん今朝もいーカンジ?

古泉ッチもハルピーもどこいったんだろねーあはは


あっ!


みくるお姉っさまーっ!

今日も♪かっわいー♪
(抱きしめっ)





56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/06(金) 10:15:33.82 ID:RXnFvoB8O

長門「・・・」

ハルヒ「さぁ!みんなも協力するのよ!・・・じゃあ有希、この台本通り始めてちょうだい!」


長門「・・・」



長門「・・・み・・・みんな・・・おはよ・・・」

ハルヒ「カーット!!」

長門「!?」

ハルヒ「もっと可愛らしくよ!『みんなおはよー♪』ね?ホラもう一回!!」

古泉「んんっ・・・失礼・・・」

古泉は笑いを堪えるので精一杯のようだった。勿論俺もな。しかし表情がニヤニヤしてしまう。

朝比奈さんは・・・後ろを向いてプルプル震えていた。

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/06(金) 10:19:51.24 ID:RXnFvoB8O

長門「・・・みんなおはよー・・・」

ハルヒ「カット!カット!!笑顔がないわよっ!!え・が・お!!二パッって笑ってみなさい!」

長門は少し口元を動かすのみであった。


古泉「んふっ・・・失礼、涼宮さんどうでしょう?とりあえず一度通しでやってみるというのは・・・?」

ハルヒ「成る程ね・・・みくるちゃん!最後に抱きしめられるんだから、ホラ後ろ向かないで!!」

みくる「ひゃっひゃあい・・・!!」

朝比奈さんは長門を見ないようにしていた。

ハルヒ「じゃあ行くわよ有希!それじゃあスタート!!」


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/06(金) 10:22:17.96 ID:RXnFvoB8O




長門「・・・みんな・・・おはよー」フッ

長門「あ・・・キョン、ちゃん・・・今朝も、いい感じ・・・?」クルッ

長門「古泉いつ・・・ッチも・・・も、ハルピーも・・・どこ、いったんだろね、あ・は・は」


長門「あ」


長門「みくる・・・お姉さま・・・」スタスタ

長門「今日も、可愛い・・・」
(抱きしめっ)





63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/06(金) 10:27:23.83 ID:RXnFvoB8O

長門「・・・」ギュッ

みくる「!?長門さん力入れすぎ・・・いたっ!いたいですよっ!?」

長門「・・・」ギリギリ

みくる「くるし・・・こっこしがおれちゃいます・・・!!」

長門「・・・」ゴキッ

みくる「ふぇ・・・!!」

朝比奈さんはその場に倒れこんでしまった

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/06(金) 10:30:58.37 ID:RXnFvoB8O

ハルヒ「あ・・・」

キョン「長門・・・」

古泉「長門さん・・・!?」

後ろを向いたままの長門からは近寄りがたいオーラが発せられていた。

そんなに嫌だったのか恥ずかしいのか・・・正面に行って表情を除く勇気は俺には無い・・・

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/06(金) 10:37:06.21 ID:RXnFvoB8O

古泉「あっすいませんバイトの時間ですね。それじゃあ失礼します。」スタスタ

キョン「ちょっと待て古泉逃げるな!」

ハルヒ「・・・ゆっ有希・・・おっ怒ってる・・・?」

長門「・・・」

キョン「スッスマン!長門!ちょっとハルヒの悪ふざけが過ぎちまった!俺達も悪ノリしたのは謝る!」

ハルヒ「そっそうね!反省するわ・・・たがら・・・ね?」

長門「・・・大丈夫」

キョン「!?」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/06(金) 10:43:16.93 ID:RXnFvoB8O

長門「最初に読んだ漫画の設定を再現しただけ」

ハルヒ「あ・・・」

長門「怒ってはいない」

キョン「・・・」

いや相当怒っているだろ・・・

ハルヒ「じゃっじゃあ今日はこれで解散!!キョン!みくるちゃんをよろしくね!」スタスタ

キョン「ちょ・・・」

ハルヒは逃げるように帰っていった・・・

キョン「・・・」

長門はいつの間にか座って読書をしていた。顔を本で隠すようにしていたのは・・・気のせいではないんだろうな。



73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/06(金) 10:54:27.13 ID:RXnFvoB8O

泡をふいて気絶している朝比奈さんを介抱しながら、俺もこの場からさっさと逃げようと考えていた。

みくる「う・・・あっもう大丈夫です・・・いたた・・・私も帰りますね・・・」

キョン「あ・・・ああ・・・」

長門「・・・」

キョン「・・・じゃあ長門、俺も帰るぞ・・・」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/06(金) 10:59:40.62 ID:RXnFvoB8O

キョン「その・・・みんなそこまで悪気があったわけじゃなかったから・・・気を悪くしないでくれ」

長門「・・・」

キョン「今日はほんっとにすまなかった長門!」

長門「・・・大丈夫・・・」

キョン「・・・じゃっじゃあまた明日な・・・」

俺は少し急ぎながら帰ろうとした。

長門「待って」

キョン「!?」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/06(金) 11:03:05.12 ID:RXnFvoB8O

長門は読んでいた?本を閉じ、俺を見つめて・・・




長門「・・・キョン・・・ちゃん・・・」

キョン「?」

長門「・・・今朝も・・・いい・・・感じ・・・?」



ニッ二パッ



キョン「!!」

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/06(金) 11:05:29.75 ID:RXnFvoB8O

直ぐに本を開いてまた顔を隠した長門は・・・


長門「みんなには」


長門「秘密に」


キョン「あ、ああ・・・」


なんだか凄く得してしまった。ありがとうハルヒ。

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/06(金) 11:11:24.28 ID:RXnFvoB8O

終わりgdgdですまない

>>1はまだ?



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:もしもキョンが恐ろしくKYだったら