ハルヒキャラで演じる「八百屋のお七」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:光彦「鷲巣麻雀…ですか?」

ツイート

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/03/05(木) 01:38:35.95 ID:HRqHdv5Y0

ハルヒキャラで演じる「八百屋のお七」

             ∧..∧
            (´・ω・`)  よろしければ話を一席。よろしくお付き合いください
           cく_>ycく__)  落語「お七の十」をベースに八百屋お七という実在の人物の話をさせていただきます。
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


     / /    `ト 、',    ヽ
 \  /  /     -ト y  i   l\
    l ハ l /     ● l  }-、 !  \   はじまるにょろ
    l/i yi ●     , ⊂⊃ l ,!/.  \
 ―   レvl⊃  r´`´ヽ  l  }´/ ヽ   \
      i 、  ヽ、_,ノ  j ト ~、      ヽ
. r- ,_   」 ヽ , ____,. イll  lヽ=_____
. l、  ~'''TTト、 ハ,ヽ  l===l l l    //- .,
  ヽ、  .l l l ', ', \ヽ l ̄l l l   //
    `ー.l_l_l__', ',__ \yV/レ  〈ー'ヽ

196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 01:40:23.04 ID:HRqHdv5Y0


             ∧..∧
           . (´・ω・`)   江戸時代の日本では、ほとんどの人が木造家屋に住んでいました。
           cく_>ycく__)   ですから一旦火事が起これば、またたく間に炎は広がります。そんな時代のお話です。
           (___,,_,,___,,_)  ∬
          彡※※※※ミ 旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  ___从从_
 /   从从从 \   西暦1663年1月25日 江戸の大火(天和の大火)
∠___从从从从_\
| Γ ̄从从从从  Т
| ∧∧ 火事   |
⊂(Д`;)つ|だ〜! |
| 二二二 ̄ __ |
||// | |  ||
||/ /| |Θ ||
|  ̄ ̄ ̄  |  ||
~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


             ∧..∧   西暦で言うところの1663年1月25日。江戸の大火(天和の大火)が起こります。
            (´・ω・`)  この大火により焼け出された近所の住人は檀那寺というお寺に非難していました。
           cく_>ycく__)
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 01:42:50.11 ID:HRqHdv5Y0

                   l'.......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                   !::.................................:::::::::..............................`!
                  ,i:::::::::::::::::::::::::::i:::::∧i...........、.....................:::ヘ
                  i:::::::::::::::::::::::::/|:::::! i!!::::::::!i:::::k::::::l::::::::::iヘ  まったく復興の間うちが住民の面倒を見るなんて迷惑な話だ。
                   '!:::::::::::::::::i!:/ !::l ゙ !::::/ |::/r 、::l:::i:::|:l  こんなに大勢うちの寺だけでは人手が足りん。
                   !:i^l:l:::::!i.レ..,__ヘ!   l::/  !(ヽ、`\i'リ
                   !k i!',:::::! _  ̄_゙゙´ ゙' -‐‐'\ \ \
                    !ヽ`!::::|  `゙''''''     ‐-‐' \ \ \_
                     ヾ、j::|         l  r--‐-<;:>、    `ヽ
                    _,/`i;:ト   u   |:. `` ‐-,、 ``     i
                  _, r´:/ : :|゙' !、      ,'.:.   /-、\     `、
              _, r ´:.:.:.:./:.:.:.:.:|  ヾ、  r‐--っ /!:.:ヽ :`ヽ      ヽ
           _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:|  \ヽ、` ̄ /  |::.:.:ヽ: : ヘ      i
        _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|    >-、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : :!、    ___!=、
       /゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  /ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,,..---┴‐,
檀那寺の寺小姓 吉三郎

               / , - ' ¨  \ ` >-、
             / / , ' , '   |‐'´  ヽ
            /ヽ /  / / //ヽ,.'ヽヽ ヽ \
             〉 / ! 〈  {  | |゛゛"''''|│ 〉  !
           〈 ヾ| i ヽ_lyz七リ>   | | /  | l
           /`ハレレ|,,r==ミ     ム,Lハ / ! !  あなた、このお寺の小姓さん?
           //,' r | l |`V::ソ       ~∨ / /  いきなり大勢で押しかけてごめんなさい。でもここしか避難できる場所がなくて。
          // | ヽ|│!.  ̄    , r=z、 /∨l/
          // │ ヽ! |    rーy    / 〃
         //  !  `、!>、  r、`´   ,ィ / |
         //   !!   !  `ノノ )7 </ル'  !
          rヾ  ̄ ||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ| !  |  !
        ,',ヘ ヾヽ||  /   ∠- ァ! \|  !__ヽ

198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 01:44:58.84 ID:HRqHdv5Y0

             ∧..∧
            (´・ω・`)  家が焼けてしまい檀那寺に非難していたこの女性こそ物語の主役お七。見た目も正確も評判がよく誰からも愛されているお嬢様です。
           cく_>ycく__)  彼女と吉三郎との出会いはまさに火事がきっかけといえるものでした。
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 01:47:24.26 ID:HRqHdv5Y0

    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/  い、いや。一応しょうがないとは解ってるんだがな。
   .|::l////  ,  'テ''z、 l:::リ::::::i   ところであなたは?
   .|/|   /  //r.Kヽf''i/'lノリ
     ハ   `    | .| l .| |ノ
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
                   , -...、
              r- 、..--/::::::::::丶,.__
           _,.イ:::::::::::::V :::::::::::::::::::::::` 、
          r:::::::::::::::::::: ,.ヘ::/ヽ.:::::::::::::::::::::::ヽ.
          ノ::::|:::::::::| ::::::l::ヾ/:::丶:::::::: |::::ヽ:::::ヽ
           ,イ:::::::|:::::::::| :::::::トr'` "´|:::::::::ハ:::!|:::::l:::l
.         l::|:::::::|:::::::::ゝ::::::|    |:l::::::l| |::!|:::::|:::l
           | ! :::::|:|:::|::::ハ:::::|    |ィ!ニリ=j、レィ:r┘
          l !::l::::N:::ハ:::ィ!ニjlゞ     , ,.==..、 l:: |:: |   私はお七。八百屋の娘なの。
          ヽ::|:::::ゝ:〆           ヒf::j ' l::::l::: |   よろしくね
         |ゞ`--ハ    ___      ー'   l::::|::: |
         |:::|:::::::::ハ '" ̄     、     リ::ハ::: |
         l::::|:::::::::ハ      -  '    イ:::::::|ハ::|
         l:::ハ::::::::::l:::lヘ.          .イ:::|:::::::!:::|::',
         |:::::∧::::::|:::|:::::ヘ   .. __ /l::l::::!::::ノ::: |:::ヘ
         ' :::::|::::ゝ:::|::ハ|::| / |      Ll ::レイ :::::|::::::::ヽ
        /:_:rイ::/::::`:::::: //__      / l:::::/:::::::::|ヽ__ _::\

201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 01:49:12.95 ID:HRqHdv5Y0

             ∧..∧
            (´・ω・`)  吉三郎はお七に一目惚れし、ほどなくして恋文をお七の下女ゆきに託した。
           cく_>ycく__)
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                  _,ィ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``丶、
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
              ,.イ´:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
              r'´.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.,イ:.,イ:../i:.:.l:.:.:ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:.ヽ、
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/ !:./.|:./ |:./ !:.:..ハ:.:.,|:.:.:.:.ト-、ゝ
            ,イ.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:/ !ナ-、_レ'  |ノ レ'ヽ:.ノ!:.!
              !:.:.:r‐i:.:.il:.:.:..!  こヒr`i`´  _ュ=-.,リ .リ
            |,イ !i^)レ'l:.:.:./    ´    l´ヒr /:.:.ノ
            ! !:ヤヽ、.ヽ/  u       ヽ  l:.:./  この手紙を彼女に渡してくれ。
              k.l,`-ァi           '´  /∨  よ、よろしく頼む
               k_N.l     r'´ ̄`ア  /
              _,イj  ヽ     ヽ-―┘./
            /´r'´\   \.    `´ /
        _,.ィ=''7´;;;;;;;|   \   `ー-ェ-‐'´
    _,.ィ='''´;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;!    \   ノ \

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 01:50:52.60 ID:HRqHdv5Y0

          _,. ─ 、. -- ._
         /          `ヽ
      /       、  、   \
     /,.  ,. /    l.  | ヽ ヽ ヽ. ヽ
    / / i'/ /  ,|  |  ,!  |  ',. !  ',
  ∠-7 j |.|  | ./| ,1 ハ. ハ |   |l. l |
      | | |l.',. } ナTァ-| ./ l./'''Tナ{. ,リ  |1  ・・・そう
     l!Mヽ.{<ィテtト !'   ' t5モト,.レ!' ,1 ,!
      1',l.| ゙ト 'ぅり  ,  2tタ /  /,!'
      `| l. 「ヽ    __    /! イ/
       l.ト. |l. ヽ、     _,.ノイ/ |!
       ` ヽl ヘゝl` - ´lル ′
           /.ノ    ヾヽ、
       _.. - ´  L._,. -- .._...|   ` ‐ 、._
お七の下女ゆき
                  _,ィ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``丶、
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
              ,.イ´:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
              r'´.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.,イ:.,イ:../i:.:.l:.:.:ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:.ヽ、
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/ !:./.|:./ |:./ !:.:..ハ:.:.,|:.:.:.:.ト-、ゝ
            ,イ.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:/ !ナ-、_レ'  |ノ レ'ヽ:.ノ!:.!
              !:.:.:r‐i:.:.il:.:.:..!  こヒr`i`´  _ュ=-.,リ .リ
            |,イ !i^)レ'l:.:.:./    ´    l´ヒr /:.:.ノ
            ! !:ヤヽ、.ヽ/  u       ヽ  l:.:./
              k.l,`-ァi           '´  /∨  (大丈夫だろうか・・・)
               k_N.l     r'´ ̄`ア  /
              _,イj  ヽ     ヽ-―┘./
            /´r'´\   \.    `´ /
        _,.ィ=''7´;;;;;;;|   \   `ー-ェ-‐'´
    _,.ィ='''´;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;!    \   ノ \

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 01:52:32.25 ID:HRqHdv5Y0

             ∧..∧
            (´・ω・`)  手紙はきちんとお七の元へ渡ったようでやがて二人は思い思われる仲になります。
           cく_>ycく__)
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 01:54:20.01 ID:HRqHdv5Y0

┏━━━━━━━━━━━┓┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃   ,. -‐.': :_: :---` ー-.、. ┃┃                                              ┃
┃ ーァ´:, ‐ -ァ: :7 ̄l:.ヽヽ‐..\┃┃                                              ┃
┃ //イ: : /: ./.:イ: }::. :}:.}:ヽ:、┃┃   シ ー ダ 様 、  許 し て く だ さ い ! !        ┃
┃ノ.: .: ./: : lハ:AL_}:/ }::.ハハ::.:}:.┃┃                                              ┃
┃.7:::::_|::. : | '┬ォミー'jム_ム}::ハ:┃┃   わ た し は ・ ・ ・ !  シ ー ダ 様 、               ┃
┃ |:.:{ r|{:.. :l   ̄´  {エオハ.ハ{┃┃                                              ┃
┃ ハ:ヽvヘ:リ u       〉 |:/. ┃┃   あ な た の た め に                           ┃
┃  Vl:.:T     , ---,  ハ!  ┃┃                                                ┃
┃   }::ハ、  ( __/ , ′  ┃┃   こ の 命 を さ さ げ ま す !                     ┃
┃/フ´{  \  − /     ┃┃                                              ┃
┃:::::{  \  ` ┬‐′      ┃┃                                              ┃
┗━━━━━━━━━━━┛┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓┏━━━━━━━━━━━┓
┃                                              ┃┃ / / , ' , '   |‐'´  ヽ┃
┃                                              ┃┃/ヽ /  / / //ヽ,.'ヽヽ ヽ ┃
┃ ┏┓┏┳┓        ┏┓       ┏┓    ┏┓┏━━━┳┳┓ ┃┃〉 / ! 〈  {  | |゛゛"''''|│ 〉.┃
┃ ┃┃┃┃┃      ┏┛┗━┓   ┃┃    ┃┃┗━┳  ┃┃┃ ┃┃.ヾ| i ヽ_lyz七リ>   | | / ┃
┃ ┃┃┗┻┛┏┳┓┗┓┏┳┛   ┃┃    ┃┃    ┃┏┻┻┛ ┃┃`ハレレ|,,r==ミ     ム,Lハ /┃
┃ ┃┃    ┏┛  ┗┳┛  ┗━┓ ┃┃    ┃┣━┓┃┃      ┃┃,' r | l |`V::ソ       ~∨ ┃
┃ ┃┃  ┏╋┓┏┓┃┃┃┏┓┃ ┃┃  ┏┫┃┃┃┃┃      ┃┃| ヽ|│!.  ̄    , r=z、 /v ┃
┃ ┃┗━┛┃┃┃┗┫┃  ┃┃┃ ┃┗━┛┃  ┃┗┫┗┓    ┃┃l  .ヽ! |    rーy    /.〃┃
┃ ┗━━━┛┗┛  ┗━━┛┗┛ ┗━━━┻━┻━┻━┛    ┃┃!l  `、!>、  r、`´   ,ィ / | ┃
┃                                              ┃┃!!   !  `ノノ )7 </ル'  !.┃
┃                                              ┃┃||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ| !  |  !┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛┗━━━━━━━━━━━┛

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 01:55:58.45 ID:HRqHdv5Y0

             ∧..∧
            (´・ω・`)  かくするうちに焼け跡の普請も出来上がり、天和3年正月25日、お七の一家は新しい我が家へ帰り住むことになった。
           cく_>ycく__)
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 /     /  〃/   イ f``ヾー "´´ | |   l |   │    !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! |
ヽ|   l   |   | !   | |_      、__| |   :j ! |    |   |i| |
!∧  l   l   _jzム≦た!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| |  ここを出て行くことになったの。
li '、  !  ヽ'" | j \  l {        / /  /丁7    /   / | |  もうお別れね、吉三郎さん。
|:  ハ ヽ__ト、ィ''チ示アミー       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/
|:  { l`、_,,ム<{イ f::::`イ}         { f:::::`イハ>┬='_/ノ
l   ヽl    ! V^tzc'         V^tzc'  /!¨´  「
| l   l     l  ゝ=='-            ゝ=='´ / i     |
| |   |     |!  / / / /     !     / / / / / !     |
| |   | i   ハ、        '        /  i.    |
| |   | i    !ゝ、       ー ‐       ,. イ  i    |
| |   | l    ',   i> 、       , ィ<1/  /     i|
| |   | ∧.   ∨ i|.  > 、 __,. < l //  /     i|
| |i  ヽ ヽ    Vi|             | {/   /     八

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 02:00:40.92 ID:HRqHdv5Y0

     / ./   {   {  '、   ヽ   \丶    \ー、  { : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__.:.:.:
.     /  !   `、  \ \    lー-、 \\  l ∧ ヽ i!: : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.: -‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:
    l  |    ハ.   }ヽ: \   !  \ }  ヽ l ハ   j!:.:.:.:.:.:.:.:  -‐'´: : : : : : : : : : : : :
    |! │ ∧ { \ | \: \ |   __.`ト、  !ヽ|>j‐「^ヾ -‐'´: : : : : : : : : : : : : : : : : :
   ノ| │ / !\i  ヽj   ヾ  `>'´   } \|/   i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
     |  ∨  |  `トk     {  _∠ニ‐tュ、_ ル/      i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : え、そんなぶっ
    j∧|   | ' ̄冴≧'"  冫´-ィ彡'´ / '´  "゙    i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    '  ヘ  弋  ´ ̄   l    〃   /  <>  ,   i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
       ヽ.   `ー―-、   j   イ   ,′   、  。   i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
        ゝーt='" ̄` 〈       !           !: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
         >、ム.     ,  `__ /   |           ヾ、: : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.        _/ 八 ヘ、  {. r=…こ{    !             \: : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
     _,∠-‐¨ ̄ ̄`ヽ、└三彡^  人             \: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
   /           `ヽ   /  'ヽ、             `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  /               >≦=‐、  {  >、            丶.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                __/ ヽ―― x '\
              __/       \/    ̄ヽ
               /   , / ,'  !       ヽ   ハ__
            /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ
              |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ
              ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |
.             | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i |
           | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ !
            |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/
             | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |
              | /│  |      ,        !  ! |    じゃあね♪
          | | i!   |     __      |  |  !
           │ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |
            | | │  !   > 、     , < │  ||   !
             | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 02:03:57.32 ID:HRqHdv5Y0


             ∧..∧
            (´・ω・`)  別れの時は強がってはいたものの恋しい吉三郎から引き離されたお七は、
           cく_>ycく__)  食が進まずやがてやせ衰えていった。家族は心配するも恋患いと気が付くことはできなかった。
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


        _...-一'::::::::::::`::≦ュ、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::\
     _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::|::ヽ
    //:::::::::::::::::::::::::::::_........_::::::::/::|:::::ヘ
.   //::::::::_::::::::::::;rヘ:::::::::::: ̄:::ヽ!:::::::ヘ、
   |;ム.z::´:::::::\:::/::::ハ:::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::l\_
   |::::::::::::::::::::::::ヘ|:::::|:::l::::|:|::::|:::::|::::::::|::::::|::::\-ゝ-、
   |:::|::|:::::::::::|::::|::::::::j:::」:::|:|::::|:::::|::::::::|::::::|::::::ヾ    ヘー-.、_
   |:::|::|:::::::::::|::::| ̄   」_」」...A-‐z::::::!::::;へ::::::ヘ   |  ノ__`)
   |:::|::|:::::::::::ト:::;V::}   |:::「|:::「|:::|:::::::/::/  `ヽ::|__/‐ ´
    ヾハ:!V:::::_」彡::〈   ¨´ (⌒)'|::::://´    ∧}
    {::i^ ヽ弋ヽ (⌒)    __  ,:::;r ´ ̄`ヽ /
    ヾー--{ヽヽ:`‐、----≦-‐7:/-、|__,、__.ノ
       `゙ ` ゙゙̄'''      '´

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 02:06:10.53 ID:HRqHdv5Y0

           /         \      \
         /            ヽ       ヽ
        /              `´ ー-、_ ヽ、`、
        .i    / /          ヘ      ヽ!
        l    | l        /   ハ   \  ` 、
        |   i .| .|  /   /  / / \   `、 }
        |   l | |  /   /  ,イ ,r    ` ーァ _ノお七さんどうしちゃったんでしょう・・・
        .|  |  ヽl.| / _, r"   //   、__,,,,jイ  ゆきさんは何か心当たりあります?
        |  |  尺゙ー、   _, r '´ _/  , -_,,rァ、/ |
     _, ィ-ソ  |  ,-、 ̄i´"´ _, -‐´_    ,似ソ / i ハ
    ,'   /  |  i r|リ  i /,,ィ≠ェ `   ヾ''" ,' | ヽ
    i  /   |  iヽlミヽ,. i 什弐´   丶  /  |   }
     i     j|  l `ーィゥゝ `"´   _ ,  /   '、 j
    /    _ノ i  ヽ 、 l `ー 、 _   ,.イ]       メ、
   {   ,-´ 、_i    `ー、_   l ̄ j、  \      )
   ヽ  !  _,r< \      `ーx-、 ' ヽ  ヽi   ノ、_
お七の乳母
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
       /:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\
      /,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
.    //:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. ',
.    /」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:./:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:.l:.:.! 1
   ノ'´|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| !
      |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./   ・・・言えない。
     1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ
      ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /
.      ヽヽヽ:.l、     _ _    /:.:.!
        ` lハ:lヽ、       ,.-1:./
          ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/
           ,r'^,!       「ヽ、'´

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 02:08:20.82 ID:HRqHdv5Y0

             ∧..∧
            (´・ω・`)  当時結婚は家同士で決められるものが一般的であったため、
           cく_>ycく__)  二人の交際は簡単に公にできるものではなかったのだ。
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    , -.::''.:::::::::::::::::::::..`ー-.、
   /::::::/:::::::;::::::,:::::::::::::::::::::..ヽ.
  イ/::/:::::::;ィ::::/::::::::::::::::::::::::::::.ヽ,
   /::::i::::/.l::/l::ハ:::::,i::::ヽ:::::::i:::::::l
  /;ィ::{:/ー、l/_.!' |:::ハ:;∧:::::l:::::::l   (お七さん・・・今頃なにやってるんだろうか・・・)
 / |::| テ''ッ、` 丶ー- 、 i;:::|::::::/
   .|::l    ,   'テ''z、 l:::リ::::::i
   .|/|   /   r.Kヽf''i/'lノリ
     ハ   `    | .| l .| |ノ
     ,小. - 、   .| .l/././、
 _,,ィ'´.H. ゙..   ,, -'"  ,/   ゙̄'ー、
''´ /  { '  `''r'´    /    / ヽ
 /   ヽ、 ,ィl   イ /     /   ヽ
       ,-''ヽ-^ヽ/'ヽ
     /'" //、/ l |\ヽ
    /´  _        ヽ\
   ./ / /仏∠! } }   トハ
   /l lレィ┿!   j┿テトj/リ! ミ}  (吉三郎さんに会いたい・・・)
   |∧ |j-'==  =='イ  l   {
    |ヽ} | |、_,、_, | |│ ハ彡|
    | 八 | |. {  } | |_l /ノ  !
    | lr'⌒)、._ ̄_ (´ j //  i |
    l/ヾ三} l___/{彡'´}  i |
    |l   ノl |二//|   l  ,イl|

213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 02:10:49.42 ID:HRqHdv5Y0

             ∧..∧   そしてお七の心に限界がやってくる。また焼け出されれば吉三郎に会えると思い込んだお七は、
            (´・ω・`)  3月2日夜、風が起きたのに乗じて我が家に火をつけた。
           cく_>ycく__)  が、近所の人に発見され、捕らえられたため大事にはいたらなかった。
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


             ,-''ヽ-^ヽ/'ヽ
           /'" //、/ l |\ヽ
        ,;';   //, '///`´| | | ヽ、ヽ    うふふ・・・
       .,;it;'  〃 {_{ |_| |::::::::|_|_|リ .l彡|   家さえ無くなればまた吉三郎さんに会える・・・
      ;洲f;'  |!小_l━:::::::::::━|_| l │ |
      シ,.,.ツ  ヽ| | ●:::::::::::::● | | |、|
       | ̄|   | l⊃ ___, ⊂⊃ | |ノ.|
        /⌒ヽ__|ヘ   `ー'   j /⌒i !
       \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
   .      /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧  |
         `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡'  |

214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 02:13:02.19 ID:HRqHdv5Y0

   ,r‐:":.:.:ヽ!:.:`ヘ
  .r'ー--:.:._:.:.:.:.:.:.:|:`'i
  i:.:.:.:.:.:ィ-{:.!"´゛!:.}、:.lヽ
  }ニニ{l/__l/   |ノ__i:}
  l_:.:fリ  `'  '´  |   うぃーッす WAWAWA 忘れ物〜
 f Y   ̄  i  ̄ |
 ヽ,_      〉   l
    }、   _   /
    | ヽ    /
  ,,rへ、_ ` 〔´__
/l :ヽ、 ゙7'r'Yヽ、゙ー、
: : |: : : ヽ/、;:;;;}イ: :ヽ: \
.: :.>': : ヽ/::::| .l: :<: : ヽ

      _,,....,,_
Σ  ,r‐:":.:.:ヽ!:.:`ヘ
  .r'ー--:.:._:.:.:.:.:.:.:|:`'i
  i:.:.:.:.:.:ィ-{:.!"´゛!:.}、:.lヽ
  }ニニ{l/__l/   |ノ__i:}
  l_:.:fリ  `'  '´  |
 f Y  ○  i ○ |   うぉっ!?すまん・・・
 ヽ,_  u    〉   l   って何やってんだアンタ!?
    }、   □   /
    | ヽ    /
  ,,rへ、_ ` 〔´__
/l :ヽ、 ゙7'r'Yヽ、゙ー、
: : |: : : ヽ/、;:;;;}イ: :ヽ: \
.: :.>': : ヽ/::::| .l: :<: : ヽ

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 02:15:54.81 ID:HRqHdv5Y0

             ∧..∧   「火事と喧嘩は江戸の華」・・・と言われるように
            (´・ω・`)  火災による被害が深刻化していた当時の江戸では放火という行為は重罪だった。
           cく_>ycく__)  「成人による放火は死罪」と取り決められていたほどである。
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 02:18:18.69 ID:HRqHdv5Y0

         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:;ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::、:ヽ
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::j/:/::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::}:::::::::ヘ::ヘ
.         ′:::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::|:::::::::::::::_;:/::::::/::;ハ::|::::|::::ト::|
        |:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::∧:::::;ィ´∠,. <ム∠,!::|:|:::ハ:::| リ
        /:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::|/`Yソ:::::::/ r'7¨,! /::::リ:/ ,}/ ′
      /:::::::::|:::::::::::::::/::::::::::::::::::|  /::::::::/  ch/ l::::/ ´
   __/::::::::::/:::::::::::::/:::::::::::::::::::::|:ヽ|:::::::::|    `   <   吉三郎くん大変です〜
   ::::::::::::::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::!/ |:::::::::|  ,r'⌒ー'    お七さんが、お七さんが〜!!
   :::::::::::::::::/:::::/::::::::::::::::::::::::::::::;〈 |::::::::::!  ハ
   :::::::::::::;ム‐'::::::::::::::::::::::::::::;:::::::|.-ヽ|__::::::ヘ. `ウ
   :::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::ム'´,. - 、):::::V
   :/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/ /   ヘ::::::|
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:://     ヘ:ノ、
檀那寺 住職
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::i:::::::::::::::ヽ
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj   お七さんが放火!?
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!    そんな馬鹿な!!
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ
              !Tヾ  u.     j       //ノ
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/
              r<´|.  \  弋,__,/  / |/
             !  `丶、.  \  ー   /
           _/     `'-、. `'ー-r<´
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 02:20:27.52 ID:HRqHdv5Y0

             ∧..∧
            (´・ω・`)  まじめで器量もいいと評判だったお七の事件は瞬く間に広がり吉三郎の耳にも入った。
           cく_>ycく__)  だがただの寺小姓に過ぎない彼には何もできなかった。
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 02:22:55.24 ID:HRqHdv5Y0

     .l::/:::::::::l::::/........./....  /............../........./........  ハ:::::|:::::: :|
    l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/::::::::/::::/ .|i ...| 、: .|
   ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|
  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:l
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:!
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ  町奉行殿。例の放火未遂を行った少女の件ですが・・・
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/
町役人
        / : : ; : : /_..-───- ._: :\
.      / : ; : :/: : /´ ______\: ヽ
     /: : _/: :/: : 厶 '´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ: ヘ
     /:/ ,.'7: : :/: : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ: ',
    /' , '/ i: : : :|: : : ∧ : : : : : : : : |: : : |: : : : i: |
.     ハ厶i. |: : : :|: :.|:.l ',: : | : : : : : |: : : レ': : :|: |   ああ、あのお七とかいう娘ね。動機も一切話さないしまったくあの子何考えてるのかしら。
    |:.7 /トr|: : : :」_|  \|\ : : : | x'´ハ: : : ;' ハ  火事の恐ろしさを知らないわけでもないでしょうに。死刑ね、死刑!!
    |:.' /: | r{ : : : |: ∧「`ヽ、.___,.\: イ__V_,|: :rf:/| |
    |:| |: :.| | |: : : :N 'Tに叮    ヾ hィ}r〈 { 'j.ト'|
    |:ヽ: :.| |、|: : : :|   ゞ-‐’       ̄´l | | l': :!
    l: : : └ : ヘ: : :|、         '   ノ } リ : |
    ∨: : : : : :|ヘ: :.l \     r─ャ _.  '´   l: ,l: |
   ,.、ヘ\ : : | ト: l  `   ._  ,r´       イ、 j/
  ,〈 ', ', ヽ: } | ヽ     / 「|    ィ ´|||',
  / ',. ', ',  V  |          ム -‐ ´ } ||| |
町奉行・甲斐庄正親

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 03:00:53.13 ID:HRqHdv5Y0

さるさんくらってました・・・

             ∧..∧
            (´・ω・`)  吉三郎に迷惑をかけると思ったのだろう。お七は犯行の動機について決して話さなかったという。
           cく_>ycく__)  ・・・そんな時である。
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     / .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト.、_
    ./ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::|:::::::::゙''ー、
    |........   :;:::::::::::/.:::::::::/:::::::::::::/:::::::::/::::::::::::|::::i:::::::.. ::|
    .l::/:::::::::l::::/........./....  /............../........./........  ハ:::::|:::::: :|
    l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/::::::::/::::/ .|i ...| 、: .|
   ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|
  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:l
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:!  町奉行殿。
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ 彼女の動機について話がしたいという方がいるのですが・・・
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l    いかがいたします?
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/
:;:;:;:;:;:;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:ヽ、  \__. ヽ、::,\
;.;.;.;.;.;.;.;.;.l:;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:;:;:;\   /-、{;:;:;:,.ヽ、

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 03:05:12.09 ID:HRqHdv5Y0

        / : : ; : : /_..-───- ._: :\
.      / : ; : :/: : /´ ______\: ヽ
     /: : _/: :/: : 厶 '´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ: ヘ
     /:/ ,.'7: : :/: : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ: ',
    /' , '/ i: : : :|: : : ∧ : : : : : : : : |: : : |: : : : i: |
.     ハ厶i. |: : : :|: :.|:.l ',: : | : : : : : |: : : レ': : :|: |   ふうん。まあ本人が話さない以上周りの人間に聞くしかないわよね。
    |:.7 /トr|: : : :」_|  \|\ : : : | x'´ハ: : : ;' ハ  ・・・通しなさい。
    |:.' /: | r{ : : : |: ∧「`ヽ、.___,.\: イ__V_,|: :rf:/| |
    |:| |: :.| | |: : : :N 'Tに叮    ヾ hィ}r〈 { 'j.ト'|
    |:ヽ: :.| |、|: : : :|   ゞ-‐’       ̄´l | | l': :!
    l: : : └ : ヘ: : :|、         '   ノ } リ : |
    ∨: : : : : :|ヘ: :.l \     r─ャ _.  '´   l: ,l: |
   ,.、ヘ\ : : | ト: l  `   ._  ,r´       イ、 j/
  ,〈 ', ', ヽ: } | ヽ     / 「|    ィ ´|||',
  / ',. ', ',  V  |          ム -‐ ´ } ||| |

        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:ヽ、
       /:.:.:.:./.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.、:.:.:.ヽ:.\
      /,:.:.:.:/:./:.:.:.:.:.:./:.:.!:.:.:.!:.:.:.l:.:.l:.ヽヽ:.:.:.:.:ヽ:.ヽ
.    //:.:.:.,':./:.:.:.:.:.:./:.:./:.:.:.:|:.:.:.|:.:.|:.:.l:.:.!:.:.、:ヽ:.ト. ',
.    /」:|:.:.:.|:.|:.:.:.:.:,.イ:.:./|:.:.:.:,!:.:./:.:.l:.:.:|:.:.|:.:.:!:.:.l:.:.! 1
   ノ'´|:.|:.:.:l:.:|:.-rーァx...」:_:.ノ!:.:.ハ:.A ォ-:!:.:.:.|:.:}:.:.| !
      |:.|:.:.:|:.l:|V|;ォf==レ ´ル'  /ィ-ヘ|:./:.:.,!:./|:./   ・・・八百屋のお七の犯行の動機について話したい。
     1l、:.l:.ハl:.:.|` {゚: ::|      {゚: ::ル',!:.:.ィ:/ ,リ    彼女は悪意があって放火未遂を犯したわけではない
      ゙ ',:.トl、!:.:.|  ゙-┘   、 `ー' /:イ,シ /
.      ヽヽヽ:.l、     _ _    /:.:.!
        ` lハ:lヽ、       ,.-1:./
          ヽN |` ‐ 、__,. ィw  '/
           ,r'^,!       「ヽ、'´
        _,.-'  |       ヽl ヽ、.._

232 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 03:08:57.72 ID:HRqHdv5Y0

>>229ゆきという下女は事実存在してたようです。詳細は不明みたいだけど

             ∧..∧
            (´・ω・`)  ゆきからすべての真相を聞いた町奉行は同情した。元々若い少女を処刑する事に乗り気ではなかったとも言われる。
           cく_>ycく__)
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

        / : : ; : : /_..-───- ._: :\
.      / : ; : :/: : /´ ______\: ヽ
     /: : _/: :/: : 厶 '´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ: ヘ
     /:/ ,.'7: : :/: : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ: ',
    /' , '/ i: : : :|: : : ∧ : : : : : : : : |: : : |: : : : i: |
.     ハ厶i. |: : : :|: :.|:.l ',: : | : : : : : |: : : レ': : :|: |
    |:.7 /トr|: : : :」_|  \|\ : : : | x'´ハ: : : ;' ハ  ・・・ねえ。あの子って年いくつだったかしら。
    |:.' /: | r{ : : : |: ∧「`ヽ、.___,.\: イ__V_,|: :rf:/| |
    |:| |: :.| | |: : : :N 'Tに叮    ヾ hィ}r〈 { 'j.ト'|
    |:ヽ: :.| |、|: : : :|   ゞ-‐’       ̄´l | | l': :!
    l: : : └ : ヘ: : :|、         '   ノ } リ : |
    ∨: : : : : :|ヘ: :.l \     r─ャ _.  '´   l: ,l: |
   ,.、ヘ\ : : | ト: l  `   ._  ,r´       イ、 j/
  ,〈 ', ', ヽ: } | ヽ     / 「|    ィ ´|||',
  / ',. ', ',  V  |          ム -‐ ´ } ||| |

233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 03:12:52.98 ID:HRqHdv5Y0

    l::i::::::::::::|:::|:::::::/.:::::/:::::::::::::::/.:::::::/::::::::/::::/ .|i ...| 、: .|
   ./::l::::::::::::::l::|:::::/.::::/::::::::::::::;/..::::;/ /::::::::/,::::/ i.l:::::|:::::|::::|
  /,:'|:::i:::::::/i|:::::l:::::/:::::::::::;≠‐-:Z._  /.:::://:::/ ,!::|:::::|:::::|:: l
 ノ   |::l::::/.斤l::::|::;イ:::::::/_.|/ -、`メ::/ /::/-''7::::|::::|:::::|ヘ:l
    |::ト::ヽ,弋l:::|/:|::::;イ 攵;:cリ ̄`//  /,ィ-ァ/:::::|::::|:::::| |:!
    .i:| l:::l.:\,l::::::|::/:|    ̄      /'゙ー゙イ;':::::::l|:::l|::::|  ヾ  確か今年で15だと聞いております。
     l|.ノ::|::::l:::|i::::|/:::|          /、  /:::::::/.|::l.|:: l    14歳以下なら罪を減じられて死刑にはならないと言う規定があるんですが・・・
    ,ィ''〈 |::::j:::l !:::::::::|            ヽ./:::::::/ jノ.l::/
   /,.;:;:;:;//jメ ヽ:::::|          -‐.T:::::/    j/
  /{,.;.;.;.;.;.;゙ヽ, \.ヽ;::ト、   `ー-- -‐ ,:イ l::::/
/,.;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;ヽ,  \N. ` 、  ー /|/ .|::/
;:;:;:;:;:;:;:l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ.  ヾ、 /、゙ ー '     |/
:;:;:;:;:;:;:;:;l,.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:ヽ、  \__. ヽ、::,\

        / : : ; : : /_..-───- ._: :\
.      / : ; : :/: : /´ ______\: ヽ
     /: : _/: :/: : 厶 '´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ: ヘ
     /:/ ,.'7: : :/: : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ: ',
    /' , '/ i: : : :|: : : ∧ : : : : : : : : |: : : |: : : : i: |
.     ハ厶i. |: : : :|: :.|:.l ',: : | : : : : : |: : : レ': : :|: |
    |:.7 /トr|: : : :」_|  \|\ : : : | x'´ハ: : : ;' ハ
    |:.' /: | r{ : : : |: ∧「`ヽ、.___,.\: イ__V_,|: :rf:/| |    そう。14歳以下なら死刑じゃなくなるのね・・・
    |:| |: :.| | |: : : :N 'Tに叮    ヾ hィ}r〈 { 'j.ト'|
    |:ヽ: :.| |、|: : : :|   ゞ-‐’       ̄´l | | l': :!
    l: : : └ : ヘ: : :|、         '   ノ } リ : |
    ∨: : : : : :|ヘ: :.l \     r─ャ _.  '´   l: ,l: |
   ,.、ヘ\ : : | ト: l  `   ._  ,r´       イ、 j/
  ,〈 ', ', ヽ: } | ヽ     / 「|    ィ ´|||',
注(当時のお七の年齢は16歳、減刑対象は15歳以下だったとも言われています)

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 03:17:45.39 ID:HRqHdv5Y0

             ∧..∧
            (´・ω・`)  そして判決が下される評定の日がやってきた。
           cく_>ycく__)
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 /     /  〃/   イ f``ヾー "´´ | |   l |   │    !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! |
ヽ|   l   |   | !   | |_      、__| |   :j ! |    |   |i| |
!∧  l   l   _jzム≦た!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| |
li '、  !  ヽ'" | j \  l {        / /  /丁7    /   / | |
|:  ハ ヽ__ト、ィ''チ示アミー       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/
|:  { l`、_,,ム<{イ f::::`イ}         { f:::::`イハ>┬='_/ノ
l   ヽl    ! V^tzc'         V^tzc'  /!¨´  「    ・・・・・・
| l   l     l  ゝ=='-            ゝ=='´ / i     |
| |   |     |!           !          / !     |
| |   | i   ハ、        '        /  i.    |
| |   | i    !ゝ、       ー ‐       ,. イ  i    |
| |   | l    ',   i> 、       , ィ<1/  /     i|
| |   | ∧.   ∨ i|.  > 、 __,. < l //  /     i|
| |i  ヽ ヽ    Vi|             | {/   /     八

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 03:25:56.03 ID:HRqHdv5Y0

      / : ; : :/: : /´ ______\: ヽ
     /: : _/: :/: : 厶 '´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ: ヘ
     /:/ ,.'7: : :/: : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ: ',
    /' , '/ i: : : :|: : : ∧ : : : : : : : : |: : : |: : : : i: |
.     ハ厶i. |: : : :|: :.|:.l ',: : | : : : : : |: : : レ': : :|: |   ・・・最後にもう一度聞くけど放火の理由は言う気は無いのね。
    |:.7 /トr|: : : :」_|  \|\ : : : | x'´ハ: : : ;' ハ     正直に白状すれば命くらいはは助けるわよ。
    |:.' /: | r{ : : : |: ∧「`ヽ、.___,.\: イ__V_,|: :rf:/| |
    |:| |: :.| | |: : : :N 'Tに叮    ヾ hィ}r〈 { 'j.ト'|
    |:ヽ: :.| |、|: : : :|   ゞ-‐’       ̄´l | | l': :!
    l: : : └ : ヘ: : :|、         '   ノ } リ : |
    ∨: : : : : :|ヘ: :.l \     r─ャ _.  '´   l: ,l: |
   ,.、ヘ\ : : | ト: l  `   ._  ,r´       イ、 j/
  ,〈 ', ', ヽ: } | ヽ     / 「|    ィ ´|||',
  / ',. ', ',  V  |          ム -‐ ´ } ||| |

| |        | |   l |   │   ! !
| |        | |   l |   │   ! |.
| |_      、__| |   :j ! |    |   |i| |.
!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| |.
l {        / /  /丁7    /   / | |.
       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/
        { f:::::`イハ>┬='_/
        V^t::::::'  /!¨´  「  うふふ・・・
           ゝ=='´ ./ i     |  なんであんなことしちゃったんでしょうね。
     !         / !   |
    '   ′′′./  i    |
  ー−'     ,. .イ  i    |
      , ィ<1/  /     i|
  、 __,. < l //  /     i|

238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 03:28:38.34 ID:HRqHdv5Y0

.      / : ; : :/: : /´ ______\: ヽ
     /: : _/: :/: : 厶 '´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ: ヘ
     /:/ ,.'7: : :/: : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ: ',
    /' , '/ i: : : :|: : : ∧ : : : : : : : : |: : : |: : : : i: |   そう・・・残念だわ。
.     ハ厶i. |: : : :|: :.|:.l ',: : | : : : : : |: : : レ': : :|: |   (やっぱり吉三郎のことをかばって言う気は無いのね・・・)
    |:.7 /トr|: : : :」_|  \|\ : : : | x'´ハ: : : ;' ハ
    |:.' /: | r{ : : : |: ∧「`ヽ、.___,.\: イ__V_,|: :rf:/| |
    |:| |: :.| | |: : : :N 'Tに叮    ヾ hィ}r〈 { 'j.ト'|
    |:ヽ: :.| |、|: : : :|   ゞ-‐’       ̄´l | | l': :!
    l: : : └ : ヘ: : :|、         '   ノ } リ : |
    ∨: : : : : :|ヘ: :.l \     r─ャ _.  '´   l: ,l: |
   ,.、ヘ\ : : | ト: l  `   ._  ,r´       イ、 j/
  ,〈 ', ', ヽ: } | ヽ     / 「|    ィ ´|||',
  / ',. ', ',  V  |          ム -‐ ´ } ||| |


             ∧..∧
            (´・ω・`)  奉行はお七のあどけなさに言葉を和らげ、「放火の理由を正直に白状すれば命は助ける」といったが、
           cく_>ycく__)  罪が吉三郎に及ぶことを恐れたお七は狂気をよそおい通したという。
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 03:31:12.58 ID:HRqHdv5Y0

      / : ; : :/: : /´ ______\: ヽ
     /: : _/: :/: : 厶 '´: : : : : : : : : : : : : :`ヽ: ヘ
     /:/ ,.'7: : :/: : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : ヘ: ',
    /' , '/ i: : : :|: : : ∧ : : : : : : : : |: : : |: : : : i: |
.     ハ厶i. |: : : :|: :.|:.l ',: : | : : : : : |: : : レ': : :|: |
    |:.7 /トr|: : : :」_|  \|\ : : : | x'´ハ: : : ;' ハ    放火は15歳以上なら法律上死罪で火あぶりなんだけど。
    |:.' /: | r{ : : : |: ∧「`ヽ、.___,.\: イ__V_,|: :rf:/| |    あなた、確か14歳だったわよね・・・
    |:| |: :.| | |: : : :N 'Tに叮    ヾ hィ}r〈 { 'j.ト'|
    |:ヽ: :.| |、|: : : :|   ゞ-‐’       ̄´l | | l': :!
    l: : : └ : ヘ: : :|、         '   ノ } リ : |
    ∨: : : : : :|ヘ: :.l \     r─ャ _.  '´   l: ,l: |
   ,.、ヘ\ : : | ト: l  `   ._  ,r´       イ、 j/
  ,〈 ', ', ヽ: } | ヽ     / 「|    ィ ´|||',

ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! !
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! |
ヽ|   l   |   | !   | |_      、__| |   :j ! |    |   |i| |
!∧  l   l   _jzム≦た!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| |
li '、  !  ヽ'" | j \  l {        / /  /丁7    /   / | |
|:  ハ ヽ__ト、ィ''チ示アミー       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/
|:  { l`、_,,ム<{イ f::::`イ}         { f:::::`イハ>┬='_/ノ
l   ヽl    ! V^tzc'         V^tzc'  /!¨´  「    ・・・いいえ。私は15歳です。
| l   l     l  ゝ=='-            ゝ=='´ / i     |
| |   |     |!           !          / !     |
| |   | i   ハ、        '        /  i.    |
| |   | i    !ゝ、       ー ‐       ,. イ  i    |
| |   | l    ',   i> 、       , ィ<1/  /     i|
| |   | ∧.   ∨ i|.  > 、 __,. < l //  /     i|

241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 03:33:48.86 ID:HRqHdv5Y0

             ∧..∧   町奉行の甲斐は評定の場において「お七、お前の歳は十四であろう」と謎を掛けた。
            (´・ω・`)  それに対し彼女は正直に15歳であると答えた。
           cく_>ycく__)  当時日本では戸籍は管理しておらず年齢は完全な自己申告制であったにもかかわらずである。
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 03:37:23.10 ID:HRqHdv5Y0

         /:::://-――‐-..`\::: :ヽ
        r'‐_=/:/´/|::::.:.:.:.:.:.:、.:.:.:`:lヽォ┴、
       /く_,イ:/:::/:ハ::::.:.\::.ヽ::.:.l:.:l:.:l\イ
      〈//:::||:.ト/!::|、::ト、::.:.ヽ::.:ト、:斗:.ト._∧
      ハ/:.:.j:|:.|:ハ_トヽ|  \:.ト∠}:ハハ:.ト、〉ヘ
      i:::/::::小::トKf.:心トト  、.イチ::.ト〉|A:|:.:.:.:.:!
      |::|:::::::l::ハトハぅ_リ   ,  !ぅ_リ レ |:|:.:.:.:.|    ・・・もう一度聞くわ。14歳と答えたら死刑は免れるんだけど。
       |::|:::::::l!::.|ハ.  ̄ ,.-―- 、 ̄  ハ´|:|:.:.|:.:|    あなたは14歳だったわよね?
       |::l!::|::|:l:.l:.:/:\ {    } /::::|::|ハ:.:|:.:|
      l:ハ::|::|::!:|:.|_:/{j ` 三 ´イト::_j::.:ハ:|!/
      | ィヘト::l|:.|  /__    __|   |:/77ヽ
      ハ |:.トト:|  |-‐ `二 ´‐-!   ノl:.:! !  l
      ハ ヽ !:!   |‐二 - 、`7    !:l l / !

::.:.:.: !:.:.:.:.:.:.|.::.:.:.:.:.:.:.::.:,,.::|     |:::!::::::::/:::!::::::::::!:::::ト::::::|::l!::l
:::::::: |::::::::::::!!::::::::ト'!::::::|!::l       |z-::_/!:j_j:::., /::!::::|ヽ::::!リレ
::::::::: !:::.:::::.::|、:::: _!,ィー:jト::!,     !イ!::ノカへ!::j/::::l::.ノ l::::ノ
::::::::::l!::::::::::::ゞィ_:::ォ''ゝ-`-      , == 、,   ハ:::ノ´ '^´
:::::::!::::ヽ::::::/jゝー'_ __、       イj^:::!ヾ! !:.:Y
:::::::ゝ::::、ゞrテ', ィ'f ´:::T ゙        l:::::ィ!W l!:::|    お心使いありがとうございます。
:::::::r-!::::::::::.:lヾf lイ::::r!        `'ニ'   !:.:.|    でも私は紛れもなく15歳です。
:::::::l r|::: ! ::.│  ゝ'.ソ       ヽ        ,l::. |
:::::::ゝ|!::::!:.: |!            _      /::.:ノ、
::::::::::::ゝ:::::.:.:ヾ         r  ´ ン     .イ:::..::∧!
::::::::::::::!ヾ!:::.:.:.:ヽ        ̄     イ:/::.::.:/ー`-- .、
 ̄ ` ー 、::.:.::.:.:::ト _        /::::レ::.:/!! |    ヽ _
       \::::::.:.::.:.:.::ヽー -__ - イ \'::/::.∧,|    ィ
       `"フ ' ´  ̄ ̄     ̄ ` ´ー - ゞ- 、_/__

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 04:01:02.17 ID:HRqHdv5Y0

またさるさんくらってた。一時間に10レスが限界みたいだな。

             ∧..∧   甲斐は彼女が自分の意図を理解出来てないのではと考え、
            (´・ω・`)  「いや、十四にちがいなかろう」と重ねて問いただした。
           cく_>ycく__)  ところが彼女は再度正直に年齢を述べ、かつ証拠としてお宮参りの記録を提出することまでした。
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


         /:::://-――‐-..`\::: :ヽ
        r'‐_=/:/´/|::::.:.:.:.:.:.:、.:.:.:`:lヽォ┴、
       /く_,イ:/:::/:ハ::::.:.\::.ヽ::.:.l:.:l:.:l\イ
      〈//:::||:.ト/!::|、::ト、::.:.ヽ::.:ト、:斗:.ト._∧
      ハ/:.:.j:|:.|:ハ_トヽ|  \:.ト∠}:ハハ:.ト、〉ヘ
      i:::/::::小::トKf.:心トト  、.イチ::.ト〉|A:|:.:.:.:.:!
      |::|:::::::l::ハトハぅ_リ   ,  !ぅ_リ レ |:|:.:.:.:.|    そう、わかったわ。15歳なら仕方ない。
       |::|:::::::l!::.|ハ.  ̄ ,.-―- 、 ̄  ハ´|:|:.:.|:.:|    望み通りあなたは定法に基づいて火刑に処します!!
       |::l!::|::|:l:.l:.:/:\ {    } /::::|::|ハ:.:|:.:|
      l:ハ::|::|::!:|:.|_:/{j ` 三 ´イト::_j::.:ハ:|!/
      | ィヘト::l|:.|  /__    __|   |:/77ヽ
      ハ |:.トト:|  |-‐ `二 ´‐-!   ノl:.:! !  l
      ハ ヽ !:!   |‐二 - 、`7    !:l l / !
       } ヽ | l:.!    「     `7   // l/ |
       |   ヽヾ、   |      j   ///   j|
       !   _L、> -┴-く`ヽ/  //r‐ュ' |
       |  / {{//     ` ー-く∠´‐チ′|

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 04:08:06.60 ID:HRqHdv5Y0

               /   , / ,'  !       ヽ   ハ__
            /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ
              |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ
              ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |
.             | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i |
           | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ !
            |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/
             | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |
              | /│  |      ,        !  ! |    ・・・はい。
          | | i!   |     __      |  |  !
           │ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |
            | | │  !   > 、     , < │  ||   !
             | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │
             ∧..∧
            (´・ω・`)  もはや甲斐は定法どおりの判決を下さざるを得なかった・・・
           cく_>ycく__)
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ,r..:'" ̄::`::.、
     /:::::::::;:::;i::;l::::::ヽ
     .lィ::l:iv、l:/l:/j,レ:::::!
     'f.l::l zテォ'.ィ'ェl:l:ト!      まってくれ!!
   ,..-';`ミ,i:l   k l:l:レ'^ヽ、_   真犯人は俺だ!!俺が彼女に罪を着せたんだ!!
  ./::"::::ー、`l、f=ァ .,ヘ';:/'゙ベュ)
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'

250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 04:13:44.85 ID:HRqHdv5Y0

::::::: |::::::::::::!!::::::::ト'!::::::|!::l       |z-::_/!:j_j:::., /::!::::|ヽ::::!リレ
::::::::: !:::.:::::.::|、:::: _!,ィー:jト::!,     !イ!::ノカへ!::j/::::l::.ノ l::::ノ
::::::::::l!::::::::::::ゞィ_:::ォ''ゝ-`-      , == 、,   ハ:::ノ´ '^´
:::::::!::::ヽ::::::/jゝー'_ __、       イj^:::!ヾ! !:.:Y
:::::::ゝ::::、ゞrテ', ィ'f ´:::T ゙        l:::::ィ!W l!:::|    吉三郎さん!?・・・ありがとう。
:::::::r-!::::::::::.:lヾf lイ::::r!        `'ニ'   !:.:.|    でも私なんかのためにそんな嘘つかなくていいんです。
:::::::l r|::: ! ::.│  ゝ'.ソ       ヽ        ,l::. |    私は罪を償います。
:::::::ゝ|!::::!:.: |!            _      /::.:ノ、
::::::::::::ゝ:::::.:.:ヾ         r  ´ ン     .イ:::..::∧!
::::::::::::::!ヾ!:::.:.:.:ヽ        ̄     イ:/::.::.:/ー`-- .、
 ̄ ` ー 、::.:.::.:.:::ト _        /::::レ::.:/!! |    ヽ _
       \::::::.:.::.:.:.::ヽー -__ - イ \'::/::.∧,|    ィ
       `"フ ' ´  ̄ ̄     ̄ ` ´ー - ゞ- 、_/__
         /:::://-――‐-..`\::: :ヽ
        r'‐_=/:/´/|::::.:.:.:.:.:.:、.:.:.:`:lヽォ┴、
       /く_,イ:/:::/:ハ::::.:.\::.ヽ::.:.l:.:l:.:l\イ
      〈//:::||:.ト/!::|、::ト、::.:.ヽ::.:ト、:斗:.ト._∧
      ハ/:.:.j:|:.|:ハ_トヽ|  \:.ト∠}:ハハ:.ト、〉ヘ
      i:::/::::小::トKf.:心トト  、.イチ::.ト〉|A:|:.:.:.:.:!
      |::|:::::::l::ハトハぅ_リ   ,  !ぅ_リ レ |:|:.:.:.:.|    ・・・ええ。気持ちはわかるけどあなたがやったというのは無理があるわ。
       |::|:::::::l!::.|ハ.  ̄ ,.-―- 、 ̄  ハ´|:|:.:.|:.:|    判決は覆らない・・・。
       |::l!::|::|:l:.l:.:/:\ {    } /::::|::|ハ:.:|:.:|
      l:ハ::|::|::!:|:.|_:/{j ` 三 ´イト::_j::.:ハ:|!/
      | ィヘト::l|:.|  /__    __|   |:/77ヽ
             ∧..∧   吉三郎の主張通りお七の罪はすべて濡れ衣だという説もある。
            (´・ω・`)  だがその説はあくまで少数派であり信憑性は薄いものとされている。
           cく_>ycく__)  彼女の処刑は覆らなかった。
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 04:18:50.90 ID:HRqHdv5Y0

            ___   ___
          ,.- ´   `l´   `ヽ、
         / /      `ヽ.  ヽ
      / j /   / ,∧ \. ヽ. ヘ
      ハl/ _,-' , '  ヽ、 ヽ、. l _ハ
       | ヽ.)ニ- ´        ` ‐ こ(ノ|
       | | | _..-‐ ´    ` ‐- .._ |   |
       |l j l. r1ス]`     ´[ヌトt,!/  |    お七さん・・・せっかく情けをかけてもらったのにどうして・・・
     /l. l. 、 l ヒソ  ,   ヒソ /ィ l  、
    / | l`ーヘ'、   ___     /- '/  ヽ
    r'  |/    、ヽ、     _ノ/  |   \
   l   ./  ,  | ,H` ー ´トL{   ヽ     `、
   y'´ /    l_ノ ´r'    ヽ ヽ   ヽ     |
               _. -−- ._
.         ,..イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ ̄`丶、
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
  ∠:ィ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:\
    /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:トゝ
.   |:.:':.:.:.:.:.:.:.:|:.:∧:.:.:.:.:!、:.:.!.、:._」',...L:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.N
.   l:.:l:.:.:.:|:.:.:下'ト ヽ:.:.:| x|'´\! ',:l:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|
    V||:.:.:.V:.:.|,ィ=ミ、\!  ィイ¨'トヽ:.:.:.:.:ハ:.:トソ   ・・・・・・これ。着替え。渡す許可はもらってある
      リ、:.:.:.\|:{ ヒ,ハ     ら、j.| |:.:.:.:.,'ノ〉:|′
        ヽN:.:.:.:| ー‐'     ー-' ,!:.:.:./イ/ヾ
        l∧:.:.ヽ   '_     /:.:.// '′
           \:.|`  _,..__ .ィ ./:.:./ー、
          `rァ ´ /  l  ,./:.:/  ∧
            /′ /三ミ 、///     ヽ
         / .′ /   `y ´      ヘ.

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 04:25:26.80 ID:HRqHdv5Y0

                __/ ヽ―― x '\
              __/       \/    ̄ヽ
               /   , / ,'  !       ヽ   ハ__
            /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ
              |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ
              ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |
.             | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i |
           | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ !
            |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/
             | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |   ・・・二人とも、本当にありがとう。
              | /│  |      ,        !  ! |    でも、これは仕方のないことなの。
          | | i!   |     __      |  |  !
           │ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |
            | | │  !   > 、     , < │  ||   !
             | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │
               / , - ' ¨  \ ` >-、
             / / , ' , '   |‐'´  ヽ
            /ヽ /  / / //ヽ,.'ヽヽ ヽ \
             〉 / ! 〈  {  | |゛゛"''''|│ 〉  !
           〈 ヾ| i ヽ_lyz七リ>   | | /  | l
           /`ハレレ|,,r==ミ     ム,Lハ / ! !
           //,' r | l |`V::ソ       ~∨ / /   あーあ。馬鹿なことしちゃったなあ・・・
          // | ヽ|│!.  ̄    , r=z、 /∨l/    あの人とは所詮住む世界が違ったのかなあ・・・
          // │ ヽ! |    rーy    / 〃
         //  !  `、!>、  r、`´   ,ィ / |
         //   !!   !  `ノノ )7 </ル'  !
          rヾ  ̄ ||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ| !  |  !
        ,',ヘ ヾヽ||  /   ∠- ァ! \|  !__ヽ
      /!  ヽ | |||/     r--'ヽヽ `ー、ヽ ¨ァ
      ,' 〉  ヽ !_/    ,、┬、二ゝニ \   ヽ!/│

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 04:31:48.44 ID:HRqHdv5Y0

               / , - ' ¨  :::::::: :::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
             / / , ' , '  ::::::::::: ::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
            /ヽ /  / / //:::::::::: :::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
             〉 / ! 〈  {  | |゛゛::::::: ::::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
           〈 ヾ| i ヽ_lyz七リ> :::::::::::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
           /`ハレレ|,,r==ミ     ::: ::::::::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
           //,' r | l |`V::ソ   :::::::::::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :    あっちの世界では吉三郎さんと一緒になれるかなあ・・・
          // | ヽ|│!.  ̄    ,:::::::::::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :    あ、私は地獄行きだから無理か・・・。
          // │ ヽ! |    rーy ::::: : : ::::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
         //  !  `、!>、  r、`´ ::::::::: ::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
         //   !!   !  `ノノ )7 <:::: :: :::::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
          rヾ  ̄ ||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ|::::::: :: ::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
        ,',ヘ ヾヽ||  /   ∠- ァ! \:::::::: :::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
      /!  ヽ | |||/     r--'ヽヽ ::::: ::: :::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
      ,' 〉  ヽ !_/    ,、┬、二ゝニ \:::::::: :::: :::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
      ! /   / |   ィ´ ! !    | \_:::::::: :::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
     | !  ,,.イヾ \ 」〉  |│    ! /|::::::: ::::: :::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :
      ! | /  ヽヾ ´/  | ! ,、,、 |〈 ヽイ::::: ::::::::::: :::::::::: :::::::: : : : : : : :






             ∧..∧
            (´・ω・`)  ・・・八百屋のお七は3月18日から11日間、市中を引き回され、29日、鈴ヶ森で処刑された。
           cく_>ycく__)  この時お七は、下女ゆきと乳母の心尽くしで華やかな大振り袖に幅広の紫の帯という姿だったという・・・。
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 04:39:20.26 ID:HRqHdv5Y0

>>256「こいつ悪人だから処刑するよー」って宣伝。役人が罪人を縄でつないで町中を歩かせる。
西部劇みたいに馬とかで実際に引きずり回すわけじゃない。

  /  /   ..::/.::/ .:::::: /.::::::/.:::::!::::::..!.. l  ::ヽ`ヽ
 i  /   .::::::!::/l ..::://.:::/!:::::/l::::::::l:::::l:::....l  !
 !   ! l .:::::::/l/__l/ //  l:::/.:::!::::/!:::::!:::::::!::!:l
 l /l/l .::::::/ __ `ヽ、    l/ .::::l::/.:l:::/l:::::::!::!::!
  V く l .:::/   ¨ 疋タ` ヽ、ノ .::::::_j/ -―l:::/.∧l
  ∨ー!::/    `¨       /fr芹、:::/l/.:/   ・・・
  j/iヽl/           /.:::::┴'..:::/./ j/
.   l::∧              { ::::::::::::::/.:/
.  __/V ::ヽ         /..::::::::::/.:/
/i/  ! ::::::ヽ     _     .:::::/ j/
.三l :: l :::::::ヽ、   __‐-..::::/
.三 !.:::::.ヽ、:::::::::ヽ、 ....:::::/
三ニl:::::::::::::\::::::::::::::ー匕\


             ∧..∧
            (´・ω・`)  さて残された吉三郎だが、悲しみのあまり吾妻橋から身を投げて死んだとも、
           cく_>ycく__)  自害に失敗して高野山に登って僧になりお七の冥福を祈ったとも言われています。
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 04:47:53.65 ID:HRqHdv5Y0

>>256誤解の無いように説明すると罪人には金銭も与えられ町で好きなものを買ったり飲み食いが認められていたらしい。
さらに上に書いてるように衣服もきっちりさせてもらってた。
響きは酷いように感じられるがむしろ罪人への配慮という意味合いが強いみたいだね。


             ∧..∧   落語「お七の十」では吉三郎は入水自殺をし、地獄に落ちたとしているようです。
            (´・ω・`)  そして二人は地獄で再会を喜んだ・・・と。
           cく_>ycく__)
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                  _,ィ'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.``丶、
                /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
              ,.イ´:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
              r'´.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.,イ:.,イ:../i:.:.l:.:.:ヽ:.:ヽ:.:.:.:.:.ヽ、
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/ !:./.|:./ |:./ !:.:..ハ:.:.,|:.:.:.:.ト-、ゝ
            ,イ.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:/ !ナ-、_レ'  |ノ レ'ヽ:.ノ!:.!
              !:.:.:r‐i:.:.il:.:.:..!  こヒr`i`´  _ュ=-.,リ .リ
            |,イ !i^)レ'l:.:.:./    ´    l´ヒr /:.:.ノ
            ! !:ヤヽ、.ヽ/  u       ヽ  l:.:./
              k.l,`-ァi           '´  /∨  ・・・やれやれ。どうやら地獄ってのは本当にあったらしいな。
               k_N.l     r'´ ̄`ア  /
              _,イj  ヽ     ヽ-―┘./
            /´r'´\   \.    `´ /
        _,.ィ=''7´;;;;;;;|   \   `ー-ェ-‐'´
    _,.ィ='''´;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;!    \   ノ \
-‐'''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;:;:;:;:;:;:;:;:!    /トュ  ヤ Zト、
;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:く;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!  /\ヽ! ノ _,,>!.ヾ.、
;:;:;:;:ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\:;:;:;:;:;:;:;ト、/ `ー-、>--'''7 ト、|;:;:;:〉;\

261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 04:52:59.81 ID:HRqHdv5Y0

ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! |
ヽ|   l   |   | !   | |_      、__| |   :j ! |    |   |i| |
!∧  l   l   _jzム≦た!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| |
li '、  !  ヽ'" | j \  l {        / /  /丁7    /   / | |
|:  ハ ヽ__ト、ィ''チ示アミー       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/
|:  { l`、_,,ム<{イ f::::`イ}         { f:::::`イハ>┬='_/ノ
l   ヽl    ! V^tzc'         V^tzc'  /!¨´  「    ・・・吉三郎さん。どうしてここに?
| l   l     l  ゝ=='-            ゝ=='´ / i     |
| |   |     |! ミミミ       !     ミミミ  / !     |
| |   | i   ハ、        '        /  i.    |
| |   | i    !ゝ、      cっ       ,. イ  i    |
| |   | l    ',   i> 、       , ィ<1/  /     i|
| |   | ∧.   ∨ i|.  > 、 __,. < l //  /     i|
| |i  ヽ ヽ    Vi|             | {/   /     八
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::i:::::::::::::::ヽ
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ   お七さん!?本当にお七さんなのか?
              !Tヾ  u.     j       //ノ
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/
              r<´|.  \  弋,__,/  / |/
             !  `丶、.  \  ー   /
           _/     `'-、. `'ー-r<´
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \

264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 04:56:44.45 ID:HRqHdv5Y0

             ‐-―‐ __
          /.::::::::::::::::::::::::く
          /.:::::::::::::::::;ィWw:ヽ
        j/.:::r‐!::/l/  /j/^
            l:::;ゝl/    〈        ィ=' -r‐r- 、
           j/、 、   _r′     /´ ̄`ー-::l::::ヽ
        /¨ヽヽ/`ー′        {/!|ハ〕下:::.l彡||
       /  ̄ ヽヽ〉>         r'  // |、| |
        /   -―ヽヽ         ト  /.::/┘!::l::!
.      /      ̄∧!         `¨i//l.| |ノ.| |
.      /      /ノ∧         /ィ^ヽ、|/| |
      ′ _ヽ、     \   _  ィ´_ナ^ヽ| l  ジュウウウウ・・・・
    l     _/\  //  ̄      l¨〈// /!| l
     l        ヽ、    _..  -┘/ _ /_」| l
     l         l  ̄ ∨/  \_{/ //  j/
     l         l     ヽ、  /  ̄/」ヽヽ
    l          l      / ヽ、 _/!〈 /  j/






             ∧..∧   地獄で会った二人が抱き合ったとたん、ジューという音がした。
            (´・ω・`)  お七が火で死に、吉三郎が水で死んだから火と水でジュー! 又、お互いの名前に付いている七と三を足して十。
           cく_>ycく__)  今度こそ二人は結ばれたわけです。
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 05:01:41.02 ID:HRqHdv5Y0

             ∧..∧
            (´・ω・`)  こうして二人は地獄で結ばれましたとさ。
           cく_>ycく__)  めでたしめでたし・・・とは言えないかもしれませんが二人も少しは報われたのではないでしょうか。
           (___,,_,,___,,_)  ∬これで「お七の十」というお話は終わりです。
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 05:05:13.36 ID:HRqHdv5Y0

             ∧..∧
            (´・ω・`)  あ、そうそう。上のような話以外にも未練を残したお七は体が鶴、顔だけ少女という姿になって化けて出た。
           cく_>ycく__) ・・・なんて話も伝わってるみたいですね。そういえばそんな格好をしたキャラををどこかで見たような・・・
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org0444.jpg

272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/03/05(木) 05:15:37.23 ID:HRqHdv5Y0

長々と付き合っていただいた方々ありがとう。
本来はお七が家に火をつけた3月2日に投下しようと思ってた間に合わなかったネタでした。
今の暦で3月29日がお七の命日だとされており、お七の墓は文京区円乗寺に今も残っています。
ふとお七のことを思い出したり気が向いた時にでも冥福を祈ってあげてください。

             ∧..∧
            (´・ω・`)  今度こそおあとがよろしいようで
           cく_>ycく__)
           (___,,_,,___,,_)  ∬
         彡※※※※ミ  旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   l|||||||||||||| ∩,,∩ ∩,,∩  ∩,,∩ ミ∩ハ∩彡
   (,    )(,,    )    ,,)(    )(    )



                              糸冬
                           ---------------
                           制作・著作 NHK



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:朝比奈みくるの限界