キョン「それはおっぱいですね」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:のび太「ドラえも〜ん、勃起がおさまらないよォ!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/27(金) 19:12:00.85 ID:aVMjFDBy0

 俺はハルヒの胸を見ながら、そういった。
 ハルヒが照れて(俺が胸を見ているためだ)顔をあくしている。そう、俺が胸を見ているから照れているのだ。
「ハルヒ、優しい女の子」
 俺は立ち上がり、ハルヒの手の甲にキスをしてあげた。紳士的に、ハルヒをエスコート風に仕立て上げる。当然、俺は逆立ちをしている。

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/27(金) 19:14:26.65 ID:aVMjFDBy0

「キ、キョン…」
 ハルヒは俺の突然の行動に戸惑っているようだ。俺はそれを無視して、ハルヒの頬を打った。
「痛い!」
 倒れる。そう、ハルヒが倒れる。
 何故? 俺が打ったからだ。
 俺は、なんてことをしてしまったんだ。

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/27(金) 19:16:57.75 ID:aVMjFDBy0

「は、ハルヒぃ!」
「キョンがぶったー!キョンがぶったー!」
 ハルヒが泣きながらそういう。俺はなんてことをしてしまったんだ。
 何をしたかというと、ハルヒをぶったのである。俺のこの手が、ハルヒロ。
 古泉が来た。
「あんた、なんてことを!」
 古泉が俺を殴ろうとしたので、俺はそれを予測した。そして、予測どおりに回避した俺は、古泉のガラ空きのボディーに俺のパンチの拳を打った。

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/27(金) 19:21:17.75 ID:aVMjFDBy0

「ぐあぁ!」
 古泉が本棚へと吹き飛ぶ。
「俺の勝ちだ、古泉」
 俺は古泉が鼻血を出して気絶していたので、俺は見ていった。
 隣では長門が本を読んでいる。こいつも、中々なやつだ。
 この状況で、本など読んでいるのだから。
 俺は長門から本を取り上げ、それを未だにハルヒに泣き続けているのだから、投げつけた。本をだ。

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/27(金) 19:25:22.53 ID:aVMjFDBy0

 ハルヒの頭にあたり、本がだ、ハルヒは気絶した。頭に当たったからであろう。気絶したのは。
 俺はそれを眺めてから、長門に向きなおった。
「還して」
 長門が言う。本を返せと。俺のせいだとでも言いたげに。
 俺は激怒した。
「貴様!」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/27(金) 19:27:04.25 ID:aVMjFDBy0

 俺は長門のおっぱいを触った。しかし触れない。
「おっぱいがない!」
 長門は泣いた。涙を流している、そう泣いているのだ。
「弱き少女、長門よ。」
 俺は長門を立たせ、スカートを脱がせた。長門の体が震えたのを見て、俺は歓喜した。
 そう、君は芸術における祝祭性というものを知っているだろうか。

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/27(金) 19:29:30.39 ID:aVMjFDBy0

 俺はそう長門に話かけたが、長門は「トイレに行きたい、離して」と言った。
 俺は当然離す訳もなく、長門に説明を続けた。
「祝祭性、内なる歓喜なり」
「いや・・・」
 長門の股間に、俺は、そう顔を埋めました。そこはまるで花畑で、俺は気が遠くなるような気がしました。
「これがにおいか・・・」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/27(金) 19:32:07.41 ID:aVMjFDBy0

 俺は言った。長門は「うう」と泣き声をあげて、おしっこを漏らした。
「おおおおおおお」
 俺はそれをもろに顔面で受け止めてしまい(俺は長門の股間に顔だから)、俺は顔面で受け止めた。俺の顔はビシャビシャになった。
「長門ぉ!」
 俺は怒りで我を忘れたのかもしれない。

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/27(金) 19:34:09.72 ID:aVMjFDBy0

 俺の拳が、ワンツーのリズミカルで、長門の中心線を打つ。そう、そこは人間の死角。いくら長門でも、そこを突かれたならば、失神か気絶するしかない。
 長門は気絶した。
 そして、残るはあと一人。
「私とやるつもりですか?」
 朝比奈さんがおびえた声で俺に言った。
「あぁ、もちろんだよ!俺はもう後戻りできないんですよ、朝比奈さん!」
 俺に朝比奈さんが言った。

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/27(金) 19:36:01.97 ID:aVMjFDBy0

 ハルヒ、世界を変えてくれ。
 しかし見ると、ハルヒは気を失っている。
「これも…未来のためですか…」
 俺はハルヒをこんな姿にした朝比奈さんを恨んだ。
 未来のためだとはいえ、俺たちは仲間だったじゃないですか!
「ごめんの、キョン君。私はそれでも未来人ですからねぇ、ククク」
 朝比奈さんが目を伏せて言う。
 俺はそれがどうにもひっかかった。

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/27(金) 19:38:03.91 ID:aVMjFDBy0

 ハルヒ、世界を変えてくれ。
 しかし見ると、ハルヒは気を失っている。
「これも…未来のためですか…」
 俺はハルヒをこんな姿にした朝比奈さんを恨んだ。
 未来のためだとはいえ、俺たちは仲間だったじゃないですか!
「ごめんの、キョン君。私はそれでも未来人ですからねぇ、ククク」
 朝比奈さんが目を伏せて言う。
 俺はそれがどうにもひっかかった。

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/27(金) 19:39:47.43 ID:aVMjFDBy0

「朝比奈さん、アンタまさか!」
 朝比奈さんが飛びまわし蹴りで飛んできた。そしてかかと落としと見せかけたローキックで俺の頭部を狙い蹴ってくる。
「く!は、早い!」
 俺はあまりの速さに、しかし俺は朝比奈さんの背後に回った。
 これが俺の技、スピード力。

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/27(金) 19:41:27.23 ID:aVMjFDBy0

「朝比奈さん!覚悟してください!」
 世界を守るためには、致し方ない。
「いいえ、ちがいます」
 朝比奈さんは未来へ帰って、また今へと帰ってきた。
 そう、俺の背後に。
「じ、時間差攻撃!?」
 俺はあまりのテクニックに、俺は感激じゃない感情を持った。

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/27(金) 19:43:34.51 ID:aVMjFDBy0

 お、おそろしいワザだ。
「うわあああ」
「くらえ!」
 朝比奈さんを蹴る。吹っ飛ぶ朝比奈さんに追いつき、俺はデス・ナックルを叩きこむ。
「お願いだ!俺たちは仲間でしょう!オラァ!」
「いやああやめてえええ!キョンくううううううううん!!」
 俺は殴りぬけた。

 俺の、勝ちだ。

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/27(金) 19:45:36.32 ID:aVMjFDBy0


「でも、これでよかったのかもしれない。これで未来は…」
 朝比奈さんが息も出来なくなったからだでも、俺に話しかけてくる。
 俺は泣いた。
「俺は、これでよかったんですか?」
「えぇ、これで未来も救われます。でも私は救われません」
「あ、朝比奈さん!」
 俺はそんなことは聞いていなかった。聞いてたら朝比奈さんを倒してなどいるものか。

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/27(金) 19:47:09.93 ID:aVMjFDBy0

「私は、もう、ダメです・・・・」
「あ、朝比奈さあああああああああん!」
 俺は泣いた。
 これは、涙?
 朝比奈さんの体は宙を舞い、そして未来へと破裂した(未来が変わったから)。

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/27(金) 19:52:42.37 ID:aVMjFDBy0

 まさかこんな結末だなんて(朝比奈さんが死んでしまうとは思っていなかったため)、俺は一体なんてことを(朝比奈さんが死んだから)。
 俺は朝比奈さんがもういないことをしり、そしてハルヒを抱きかかえた。
「ハルヒ、朝比奈さんは死んじまった」
「キョン!」
 ハルヒは起きた。そう、起き上がった。
「私たちは、SOS団よ!死んでもね!」
 ハルヒの親指がおはようした。

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/27(金) 19:54:42.28 ID:aVMjFDBy0

「ハルヒ・・・」
「そうだ、これは彼女の人生で最高の終わりでしょう!ブラボー!」
 古泉が手を振り上げ叫んだ。古泉も泣いているが、だけど笑っていた。
「長門もそれがいい!」
 長門も叫んだ。こいつ、なんでスカートを穿いていないんだ。
 俺は長門を殴った。
「ふざけるな!正装でいろ!」
「すまなかった。長門が違ってた」
 長門はスカートをはいた。

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/27(金) 19:57:34.42 ID:aVMjFDBy0

 そして俺たちは敬礼した。
 朝比奈さん、俺はこの世界、終わらせやしませんよ。
「ハルヒ、未来だ・・・」
「えぇ、私たちが創造するのね・・・」
 俺たちは、未来と言う可能性を秘めた、奇跡なのだから。
 俺ははにかんで、笑った。
 俺は、今日も生きている。

 おわり


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/27(金) 20:01:21.59 ID:aVMjFDBy0

読んでもらった諸君には感謝している。
そして気付いてるとは思うが(作品内にそのギミックの仕掛けをしかけたから)、
ここは未来である。
窓の外を見れば一目瞭然だ。
俺たちが、創造する、未来なり。
よくよく感謝してくれたまえ。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:佐々木「あぁ、キョン。君の声が聞きたいよ。」