なあハルヒ。俺、SOS団をやめようと思う


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:綾波と長門とタバサを同じ部屋にぶち込んでみた。

ツイート

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/13(金) 00:31:51.00 ID:7RHOQc5+0

ハルヒ「ふーん」

キョン「いや止めろよ」

みくる「そうですか、残念です」

キョン「なんで笑ってるんですか朝比奈さん」

古泉「男してあなたが決めたことに口出しはしませんよ」

キョン「こっち向いて言えよ、おい」

長門「私に引き留める権利はない」

キョン「本で顔隠すなって、目見て話せ」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/13(金) 00:50:55.97 ID:7RHOQc5+0

キョン「言っとくけどマジだからな」

ハルヒ「そ、今までお疲れ様」

キョン「軽くねぇ?もっといろいろあんじゃん普通」

みくる「淋しくなりますねぇ」

キョン「いい笑顔ですね、惚れ惚れしますよ」

古泉「後のことは気にしないでください」

キョン「今のお前の体の向きが気になるわ」

長門「あなたにはお世話になった」

キョン「お世話になった人への接し方じゃないよねそれ」

47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/13(金) 00:55:38.03 ID:7RHOQc5+0

キョン「じゃあ・・・俺行くな」

ハルヒ「あ、みくるちゃんお茶おかわり」

キョン「切り替えはえーよ」

みくる「はぁーい」

キョン「まだだよ?まだ行ってないよ?」

古泉「さて、彼もいないことですし・・・長門さんどうですか?」

キョン「だからいるって、ねぇ」

長門「あなたが私に勝てるとは思えない」

キョン「あーお前らの中じゃもういないことになってるのな」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/13(金) 01:12:47.89 ID:7RHOQc5+0

キョン「じゃあな!」

ハルヒ「んー今週末はどうしようかしら」

キョン「あばよ!」

みくる「市内探索じゃないんですか?」

キョン「またな!」

古泉「たまには違うこともしたいですね」

キョン「ごきげんよう!」

長門「ユニークなこと」

キョン「おい今4回チャンス与えたよ!?引き留めろって!」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/13(金) 01:29:44.56 ID:7RHOQc5+0

ハルヒ「あれ、いつからいたの?」

キョン「いつからとかじゃないから、ずっといたよ」

みくる「キョンくん戻ってきてくれるんですか?」

キョン「なにその顔・・・やめて、その目で俺をみるなっ!」

古泉「おやおや、困ったものです」

キョン「壁と話すなよ、さっきまで机に向って座ってたじゃん」

長門「・・・うれしい」

キョン「なら本破るなよぉ・・・」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/13(金) 01:37:11.22 ID:7RHOQc5+0

キョン「・・・じゃあ行きますね」

ハルヒ「今はおもしろいイベントやってないしなー」

キョン「ホント切り替え早いよね」

みくる「恥ずかしい格好するのは嫌ですよ?」

キョン「なに打ち合わせとかしてたの?」

古泉「そういえば僕の親戚に面白い人がいましてね」

キョン「自然すぎるって、ホント怖いぐらい」

長門「特に理由はないがパーティーがしたい」

キョン「ほら、この子はさらっとこんなこと言っちゃう」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/13(金) 02:11:04.55 ID:7RHOQc5+0

ハルヒ「そうねあたしもそんな気分だわ」

キョン「なんで俺を目の前にそんなこといえるかね」

みくる「じゃああたしケーキつくりますね」

キョン「よーしいい顔してんなー全く」

古泉「では会場の手配は僕にお任せください」

キョン「トントン拍子に進むね」

長門「・・・楽しみ」

キョン「俺がいないから?俺をいないものとして進めてるから?」

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/13(金) 02:13:28.29 ID:7RHOQc5+0

キョン「もういいもうわかった、やめてやるよこんな団!」バタン

ハルヒ「・・・」

みくる「いっちゃいましたね」

古泉「これでよかったんでしょうか・・・」

長門「彼が望んだこと」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/13(金) 02:17:56.90 ID:7RHOQc5+0

みくる「涼宮さん・・・がんばりましたね」

ハルヒ「えぇ・・・ここぞとばかりに心を鬼にしたわ」

古泉「これで彼はもう・・・SOS団員ではないんですね」

長門「部室・・・広い・・・」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/13(金) 02:24:31.14 ID:7RHOQc5+0

ハルヒ「よし!パーティーしましょう!」

みくる「そうですね、いつまでも沈んでばかりじゃダメですもんね!」

古泉「彼もこんな僕たちは望んでいませんよ!」

長門「新生SOS団・・・!」

76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/13(金) 02:29:26.13 ID:7RHOQc5+0

古泉「では僕は買い出しに行ってきます・・・?あれ?」

みくる「どうしました?」

古泉「いえ、ちょっとドアが開かなくて・・・何か引っかかってるのでしょうか?」

ハルヒ「どれどれ・・・あれ?なんだ開くじゃないn・・・」

古泉「涼宮さんどうしまs・・・」

キョン「・・・」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/13(金) 02:33:02.47 ID:7RHOQc5+0

ハルヒ「キョン・・・」

キョン「お前ら、さっきまでの態度は俺のことを思って・・・」

古泉「すいません、余計なことでしたね・・・」

みくる「私たちのことは気にしないでください」

長門「すべてはあなたの自由」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/13(金) 02:39:40.06 ID:7RHOQc5+0

キョン「いいんだ、俺が間違ってた」

みくる「キョンくん・・・」

キョン「俺の居場所はここにしかないんだ・・・」

古泉「それでは・・・」

キョン「俺をSOS団に・・・入団させてください!」

ハルヒ「・・・もうっしょうがないわねっ!」

長門「素直じゃないんだからバッキャロー!!!」ガバッ

キョン「キョン・団員その1ですっ!よろしくお願いしますっ!」ヒシッ

79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/13(金) 02:43:13.13 ID:7RHOQc5+0

ハルヒ「じゃあ今週末はキョンの入団パーティーね!」

みくる「わたしおいしい料理いっぱい作ってきますね!」

古泉「さて、会場の手配は・・・と」

長門「わかってた・・・わかってたからね俺!」

キョン「ありがとう!みんなありがとう」

おわり

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/13(金) 02:45:24.94 ID:7RHOQc5+0

すいません無理やり終わらせました
ID:1O5ACnEGOはわかると思うけど最後までまるぱくりです
なんか人いないっぽいけど見てくれてありがとうございました



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:しずか「ドラえもんディルドセット……?」