ハルヒ「最近はツンデレよりもデレデレに需要があるの……?」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「明日は>>3するわよ!!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/11(水) 04:18:34.04 ID:6mhG52IK0

ハルヒ「よくわかんなくなってきたわ……」

キョン「何をぶつぶつ言ってんだ、お前は」

ハルヒ「……」

キョン「?」

ハルヒ「さすがにいきなりは抵抗があるわね」

キョン「なんだ?」

ハルヒ「大体こんな奴になんであたしが」

キョン「よくわからんが馬鹿にされてることくらいはわかるぞ、失礼なやつめ」

ハルヒ「明日よ!明日にはマスターしてきてみせるわ!」

キョン「?」

ハルヒ「首を洗って待ってなさい!」

キョン「……また変な病気にかかったか」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/11(水) 04:26:47.73 ID:6mhG52IK0

〜その晩〜

ハルヒ「有希にもらった資料で勉強よ!」

ハルヒ「……うわぁ」

ハルヒ「なにこれ……プライドとか理性とか、そういった概念は存在しないの?」

ハルヒ「こんなの傍から見れたもんじゃないわよ」

ハルヒ「ポイントは二人だけの世界に埋没、と……」

ハルヒ「……」

ハルヒ「これをあたしとキョンに置き換えて……」

ハルヒ「……」

ハルヒ「……」

ハルヒ「……んふ……えへへ」

ハルヒ「……た、たいしたことないわね」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/11(水) 04:35:10.85 ID:6mhG52IK0

〜翌朝〜

キョン「おーす」

ハルヒ「……」

キョン「うー、冷えるなあ今日も」

ハルヒ「……」

キョン「……返事くらいしてくれたっていいだろう」

ハルヒ「だぁぁぁーーー!」

キョン「!?」

ハルヒ「無理よ!やっぱり無理!」

キョン「な、なんだなんだ!」

ハルヒ「もうそ……想像と現実じゃ別なのよ!」

キョン「どうした、金属片でも埋め込まれたのか!」

ハルヒ「ぐぐぐ……明日よ!明日!」

キョン「どこ行くんだ、おい……あー、行っちまった」

キョン「まだ一時限目も始まってないというのに」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/11(水) 04:45:16.73 ID:6mhG52IK0

ハルヒ「古典的だと思ってたけど、思いのほか高度の技術を要するわ……」

ハルヒ「鍛錬しかないわね」

ハルヒ「昨日の資料からは粗方要点は掴んだから、あとはイメトレね」

ハルヒ「せっかく学校も早く終わったことだし、今日は一日中イメトレよ!」

〜〜
ハルヒ「普段のようにソファでゴロゴロTVを見ながらも」

ハルヒ「キョンが隣にいることをイメージ……」

ハルヒ「……んふ……んふふ」

ハルヒ「ベッドでお昼寝しつつも……」

ハルヒ「布団をキョンに見立てて……ぎゅー」

ハルヒ「………はぁ」

ハルヒ「きゅんきゅんしてきた……」

ハルヒ「お風呂の中でも……」

ハルヒ「(ちょっと、キョンったらまた勝手に入ってきて……もー、変態!)」

ハルヒ「あ……だめ……きょん……そんなことしたら……んんっ」

ハルヒ「……わ、悪くないわね」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/11(水) 04:53:29.82 ID:6mhG52IK0

〜翌朝〜
キョン「おーす」

ハルヒ「……」

キョン「嫌な予感がする」

ハルヒ「……」

キョン「(今日は話しかけないでおこう、うん)」

ハルヒ「(なんで……?あんなに練習したのに)」

ハルヒ「(喋るどころか恥ずかしくて顔を上げられないなんて……!)」

キョン「♪〜」

〜放課後〜

キョン「あれ、谷口、俺のジャージ知らないか?」

谷口「なーんで俺が知ってるんだよ、馬鹿かお前は。さっさと帰るぞ!」

キョン「そうだよなあ……仕方ない、明日また探そう。おい、待ってくれ二人とも!」

ハルヒ「……」

ハルヒ「やってしまった……」

ハルヒ「キョンの……ジャージ……」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/11(水) 04:59:48.78 ID:6mhG52IK0

〜その晩〜

ハルヒ「あたしなんでこんな汚いもん持って帰ってきちゃったのかしら」

ハルヒ「自分でも意味がわからないわ」

ハルヒ「……」

ハルヒ「でも、せっかく持って帰ってきたのにただ置いといても邪魔なだけね」

ハルヒ「……」

くんくん

ハルヒ「すー、はー」

ハルヒ「ふぁ……何よ、思ってたよりいい匂いじゃない」

ハルヒ「すー、すー」

ハルヒ「……ちょっとやばいわね」

ハルヒ「……」

ハルヒ「なんだか趣旨がずれてきてる気がするわ」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/11(水) 05:04:54.38 ID:6mhG52IK0

〜一週間後〜

キョン「なぁ、長門」

長門「なに」

キョン「もしかして、今異常事態か?」

長門「そんなことはない。むしろ状況は良好」

キョン「あいつが一週間も学校に来てないのにか」

長門「大丈夫、何も問題はない」

キョン「そうか」

キョン「……」

長門「……」

キョン「で、なんでお前は俺のひざの上で本を読んでるんだ?」

長門「椅子よりもこちらの方が読書に適していることを発見した」

キョン「……嘘をつけ」

長門「嘘ではない。先日読んだ資料からの情報を元に試験的に移動したまで」

キョン「お、お前は一体どんな本を読んでるんだ……?」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/11(水) 05:11:41.25 ID:6mhG52IK0

〜翌朝〜

キョン「お、なんだ学校来たのか」

ハルヒ「不登校なんか今時流行らないでしょ」

キョン「ふーん、ま、なんでもいいけどな」

ハルヒ「フフフ」

キョン「?」

ハルヒ「会えなくて寂しかったよぉ……きょん」

ぎゅー

キョン「!?!?!?」

ハルヒ「キョンの背中あったかい……ぎゅー」

キョン「まてまてまてまて!!ちょっとまてなんだこれはいった」

ハルヒ「えへへ」

すりすり

キョン「ええい、頬ずりするな!なんだってんだ!」

ハルヒ「きょん……すきだよぉ……」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/11(水) 05:22:15.70 ID:6mhG52IK0

〜昼休み〜

キョン「……」

谷口「おーい、昼飯行くぞ……って誘っても無駄みたいだな」

国木田「だね」

谷口「あーあ、うざいうざい」

国木田「ま、仲悪いよりはいいんじゃない?」

キョン「……これは夢だ」

ハルヒ「ぎゅー」

キョン「夢だからハルヒは休み時間のたびに抱きついてくるんだ」

ハルヒ「あー、キョンの匂い嗅いでると落ち着くわ……んん」

キョン「お前は犬か」

ハルヒ「もー、ひどいな……ねぇ、キョン?」

キョン「な、なんだ」

ハルヒ「んふふー……なんでもないよー」

キョン「なん……だと……?」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/11(水) 05:30:03.80 ID:6mhG52IK0

〜放課後〜

ハルヒ「えへへ、えへへ」

キョン「なあ、ハルヒ。頼むから廊下で腕組むのはよしてくれ」

ハルヒ「やーだー」

キョン「くそ!俺が何したってんだ!!」

生徒「ざわざわ」

キョン「……ぐ!頼むハルヒこれだけは勘弁!」

ハルヒ「……そんなに言うなら一個お願い聞いて?」

キョン「何でもする!土地と金ならやれないが何でもするから!」

ハルヒ「えっとねー、んとねー、へへへ」

ごにょごにょ

キョン「……それはひょっとしてギャグで言っているのか?」

ハルヒ「ぎゅー」

生徒「ざわざわ」

キョン「わかった!わかったから離してくれ!」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/11(水) 05:39:17.54 ID:6mhG52IK0

〜SOS団部室〜
バタン

キョン「くそ……なんでこんなときに限って誰もいないんだ……わかってはいたが」

ハルヒ「約束よ!さっき言ったのやって!」

キョン「ぐ……ど、どうしてもか」

ハルヒ「団長の命令は絶対よ!」

キョン「……」

ハルヒ「ニヤニヤ」

キョン「……くそう、わかった。ほら、こっち来い」

ハルヒ「んふふ」

ぎゅー

キョン「(椅子に座ったままハルヒを抱きかかえる体勢……これだけでもやばいってのに)」

ハルヒ「こっちの耳に、ふー、って」

キョン「……フー」

ハルヒ「ふぁ……っ!?うぁ……すご……ぞくぞくきちゃった……」

キョン「ああ、何やってんだ俺は……」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/11(水) 05:48:50.78 ID:6mhG52IK0

ハルヒ「あー……」

キョン「も、もう満足しただろ」

ハルヒ「やばいー、これ絶対クセになるよぉ……」

キョン「あのな」

ハルヒ「ねぇ、今度は」

キョン「もう勘弁してくれ……」

ハルヒ「耳元で今度はハルヒ、って囁いて」

キョン「アホか!」

ハルヒ「むー」

キョン「大体なんなんだお前今日はおかs……」

ハルヒ「じゃあこうしてやる」

ちゅ、ちゅ

キョン「おぉう!?やめんか!首を吸うな!」

ハルヒ「じゃあやってくれる?」

キョン「助けてくれ、誰でもいいから……」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/11(水) 05:58:05.14 ID:6mhG52IK0

そっ

キョン「……ハルヒ」

ハルヒ「はぅ……」

キョン「こ、これでいいだろ!」

ぎゅー

ハルヒ「もー……ダメ、きゅんきゅんくるよぉ……」

キョン「おい、苦しいって!」

ハルヒ「もー、何よこれ……こんなのズルい」

キョン「何よこれってそりゃ俺の台詞で……」

ハルヒ「きょん……こっち向いて?」

キョン「な、なんだ?お、おいまさかおま……むっ」

ちゅ

ハルヒ「んん……」

ちゅ、ちゅ、ちゅ

ハルヒ「んんっ、ちゅ……ぷぁ……ごめん、我慢できなかった」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/11(水) 06:07:35.19 ID:6mhG52IK0

キョン「(もしかして俺は既に閉鎖空間の中にいるんじゃないだろうか)」

ハルヒ「ねぇちょっと」

キョン「……」

ハルヒ「キョン、聞いてる?なにぽけーっとしてるのよ」

キョン「あ、ああ、すまん」

ハルヒ「あ、あたし、その」

キョン「?」

ハルヒ「なんか……変な気分になってきちゃって」

キョン「(随分前から変だが)」

ハルヒ「……きょん」

すりすり

キョン「お、お前まさか」

ハルヒ「ねぇ……」

キョン「だだだ、ダメだ!それは絶対にまずい!俺は帰る、帰るぞ!」

ハルヒ「あ、ちょっと……もう、置いてかないでよ」

122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/11(水) 09:57:22.57 ID:6mhG52IK0

〜その晩〜

ハルヒ「あー、今日が人生で一番幸せだったかも」

ハルヒ「思い出すとまだぞくぞくする……」

ハルヒ「……きょん」

ハルヒ「全然寝付けないわね……」

ハルヒ「い、一回だけしちゃおっかな」

ごそごそ

ハルヒ「ジャージ結局返しそびれてたことだし……」

くんくん

ハルヒ「ん……洗ってもまだキョンのにおいが残ってる気がする」

ハルヒ「ふぁ……あ……んんっ」

ビクン

ハルヒ「はー……はー……」

ハルヒ「うつ伏せでクッションに擦り付けるの気持ちよすぎ……」

ハルヒ「きょん……」

126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/11(水) 10:03:43.83 ID:6mhG52IK0

〜一方その頃〜
キョン「うっ」

キョン「どうして俺はこんな無駄な時間を過ごしちまったんだ……」

キョン「しかし、健康な男子なんだ、俺だって」

キョン「あー、いかん。もう思い出すのはよそう」

キョン「……」

キョン「でも」

キョン「冷静に考えると明日ハルヒに合わせる顔が……」

キョン「ああああああああああああ」

妹「キョンくんうるさいよー」

キョン「!?」

キョン「いいいいい、いつからそこにいた!」

妹「今来たんだけど?」

キョン「ノックしろって言ってるだろう」

妹「はさみー」

キョン「もはや会話が成立してないぞ、それ」

134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/11(水) 10:11:58.62 ID:6mhG52IK0

〜翌朝〜
ハルヒ「おはよ、キョン!」

キョン「……」

ハルヒ「どうしたの?」

キョン「そりゃこっちの台詞だ」

ハルヒ「?」

キョン「なんでお前が俺んちの前に」

ハルヒ「一緒に学校行きたかったから……だめ?」

キョン「う……」

キョン「(昨晩のことを思い出すとどうもこいつに引け目を感じてしまう……)」

ハルヒ「……ごめん」

キョン「い、いや、別に謝らなくても」

ハルヒ「……」

キョン「……あー、遅刻してもアレだしな、行くぞ」

ぎゅ

ハルヒ「(あ……キョンから手繋いでくれた……)」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/11(水) 10:18:32.38 ID:6mhG52IK0

ハルヒ「えへへ……」

すりすり

キョン「が、学校の前の坂道までだからな」

ハルヒ「やだー」

キョン「あのなあ」

ハルヒ「んー……ずっといっしょー」

キョン「(しかしなんでこいつはこんな変貌を遂げたんだ……)」

キョン「(そろそろ問いただしてみなくちゃなるまい、連中に……)」

ハルヒ「……」

じー

キョン「ど、どうした」

ハルヒ「なんでさっきから目合わせないの?」

キョン「……きき、気のせいだろ」

ハルヒ「そう?」

キョン「(昨日のオカズを直視しろと言う方が酷だ!)」

191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/11(水) 10:38:17.85 ID:6mhG52IK0

キョン「なあ」

ハルヒ「なに?」

キョン「お前ほんとはハルヒじゃないな?」

ハルヒ「俺佐藤裕也(`ェ´)ピャー」

キョン「やっぱりな」





おしまい

257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/11(水) 11:02:34.17 ID:6mhG52IK0

続き待ってる人には悪いがおしまいです
今度また平日の深夜とかに立ててまったり書くので
見かけたら開いてみてくれると嬉しいです。ピャー



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「長門って可愛いよな」