かがみ「私は断然フローラね」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:【ひぐらし】圭一「雪の日!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 11:37:44.74 ID:ucntdr+m0

土曜日 かがみの部屋

かがみ「私は断然フローラね」

こなた「えっ」

かがみ「『えっ』てそこまでレアでもないでしょ」

かがみ「最近じゃデボラまで居るし」

こなた「かがみん金の亡者に成り下がっていただなんて…」

かがみ「あんたは今世界中のフローラを敵にまわしたわね」

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 11:41:07.93 ID:ucntdr+m0

こなた「フローラじゃなくてフローラ派ね」

かがみ「あぁ、そうね」

こなた「でもなんでまた?」

かがみ「えっ」

こなた「『えっ』じゃなくて、数年前はビアンカ派だったのに」

かがみ「そりゃあフローラの方が可愛いし」

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 11:43:11.27 ID:ucntdr+m0

こなた「容姿だけ?」

かがみ「強いし」

こなた「でも言うこと聞かないよ?」

かがみ「少しわがままっぽい所がまた可愛いんじゃないの」

こなた「パッケージとか攻略本とかのイラストはビアンカとか金髪勇者だったり
するけど?」

かがみ「公式が本気でビアンカマンセーだったらデボラを増やしたりしないわね


こなた「子供の髪は金の方が似合ってる! 異論は認めない!!」

かがみ「青髪の方がこなたっぽくて嫁も子供も可愛くて素敵! 異論は認めない
!」
こなた「てゆうか普通幼なz……えっ?」

8 名前:そろそろドラクエ関係なくなるよ[] 投稿日:2010/02/15(月) 11:47:22.66 ID:ucntdr+m0

かがみ「言うこときかなくて暴走するのもこなたっぽい」

かがみ「実は腕っ節が強いのも格闘技経験者のこなたっぽい」

かがみ「青髪の子供を見てるともうなんだかこなたとの子供が生まれたみたいっていうか主人公のターバンも紫色だしドラクエX万歳!!」

こなた「え、ちょ、待」

かがみ「こなたとの愛の結晶が世界を救うのよ!」

かがみ「さぁこなた私と愛の営みをっ!」ガバッ

こなた「かがみん!? 離して!」ジタバタ

かがみ「嗚呼っこなたがこんな近くに」ムチュゥゥ

こなた「ちょっと本当にやめてよっ!」

かがみ「照れ屋さんなこなたも可愛いわぁ」チュッチュッチュッ

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 11:49:18.43 ID:ucntdr+m0

こなた「ああぁあぁぁあぁぁぁ!」バキッ

かがみ「オゥフッ! さ、流石こなたね」ズキズキ

こなた「はーっ、はーっ…かがみんがこんな変態だったとは」

かがみ「へんたい…」ゾクゾク

こなた「もうやだなんなのこの人!?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 11:51:27.52 ID:ucntdr+m0

かがみ「こなたっ! もう一回私を変態って罵ってぇ!」

こなた「足に纏わり付くな!」ゲシッゲシッ

かがみ「嫌よ絶対に離さないわ」ギュウゥ

こなた「ちょ、しつこい」ハァッハァッ

かがみ「息切れして顔が赤くなったこなたも素敵よッ!」

こなた「いい加減にしてよっ!」

ガチャ

つかさ「なんだかすごく大きな声がしたけど二人とも大丈夫?」

こなかが「つかさっ!?」

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 11:53:48.65 ID:ucntdr+m0

こなた「丁度いいところに、助けk」ジタバタ

かがみ「丁度いいところに来たわ、手伝って頂戴!」ギュウウ

こなた「っ!?」

つかさ「ぇ、でもコレって」アタフタ

こなた「だよね! 見たら普通に分かるよね! だからお願い助けてつかさ!」

つかさ「う、うん」

かがみ「つかさっ!」

つかさ「あぅっ」ビクッ

こなた「お姉ちゃん特権を使うとはなんて姑息な!」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 11:57:41.83 ID:ucntdr+m0

かがみ「そんなんじゃんないわよねぇ?」

つかさ「えっと」

こなた「?」

かがみ「ほら、つかさ早くしなさい」

つかさ「でも・・・」

かがみ「昨日のこと覚えてるわよね?」

かがみ「今日もたくさんして欲しかったらご主人様の言うことを聞くのが下僕のお仕事ってもんなんじゃないの?」

こなた「えっちょっと待って何これ何この展開きいてないっていうかマジちょっと勘してよ」

つかさ「そっか、ごめんねこなちゃん?」ガシッ

こなた「『そっか』って何!? 何が『そう』なの!? 謝るんだったら離してよ!」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 12:02:12.49 ID:ucntdr+m0

そろそろ完全にキャラが崩壊するから要注意。




こなた「かがみん、あの本当に一度冷静になったほうがいいんじゃ」ガクブル

かがみ「追い詰められた途端、一気に弱々しくなっちゃう辺りとかもうそれ私を誘ってるのよね!?」

こなた「全然違うけどね!?」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 12:04:11.21 ID:ucntdr+m0

こなた「お願いだからさ、かがみもつかさもやめてよ、ね?」ウルウル

かがみ「お願いをするんなら態度がなってないんじゃないかしら?」タラ-

つかさ「お姉ちゃん鼻血でてるよ」

こなた「…お……お願いですから、見逃して下さい………かがみ様…」

かがみ「…ッ!!」ブッ

つかさ「カーペットが駄目になるから詰め物だけはしておいてね」ツメツメ

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 12:06:19.67 ID:ucntdr+m0

かがみ「んー誠意が足りないなぁ? 案外、こういうことされて悦んじゃってるんじゃないの?」

先程暴れたために乱れたシャツの下から手をしのばせる。

こなた「本当だって! 本当に嫌ですから止めて下さいかがみ様ぁッ!」

かがみ「やっぱあんた誘ってるでしょ。表情とかチラッと覗いてるお腹とかエロ過ぎよ」

忍ばせた手でこなたの小さなものを弄ぶとこなたは表情を歪ませた。

こなた「マジでやめっ……」グスッ

その表情を見て自身の口端が歪に釣り上がるのを感じる。

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 12:09:10.65 ID:ucntdr+m0

かがみ「あら、敬語はどうしたの。やっぱ止めなくてもいい感じかしら?」クニクニ

こなた「違っそんなんじゃ、違いますッ! かがみ様やめて下さい!!」

私は楽しくなってなってますますこなたに畳み掛ける。
つかさの時とは違った助けを求める懇願の仕方が、声色が、表情がすごく面白い。

かがみ「だったら『かがみ様申し訳ありません』って何度でも何回でも復唱しな
さい」

こなた「あんまり調子に乗るなぁッ!!」カチン

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 12:12:52.50 ID:ucntdr+m0

そう言ってこなたは力任せに抵抗するものの、
私とつかさの二人に抑えられているため身動きもロクにとることができないでいる。
そんなこなたの綺麗な緑の瞳はつかさを捉えていた。

かがみ「あぁ、分かってると思うけどつかさに頼んでも無駄よ」

かがみ「この子、私には逆らえないから」

私がそういいながらつかさの頭を撫でるとつかさは目をとろんとさせた。
こなたは歯を強く食いしばる。

かがみ「つまりあんたがど〜しても助かりたいなら、私にお願いするしかないってわけ」

こなたのもともと鋭い目つき―――私ほどでないにしても―――
が負の感情によってますます鋭いものへとなっていく。

この表情がこれから徐々に変わっていくのかと思うだけで体中が新しい快感に埋め尽くされていく。
絶望したか弱い女の子を私の色に染めるのも愉しかったがこれはこれでそそるものがある。
まあ、この表情も最初で最後で見納めになるわけだが。


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 12:15:45.76 ID:ucntdr+m0

私はシャツを完全に捲り上げてズボンに手をかけた。
その時点でこなたははっとした表情になって私を見る。

こなた「ま、まさか…」

かがみ「たぶんそのまさかでしょうね」

こなた「そこだけは…」フルフル

つかさ「大丈夫だよ、お姉ちゃん痛くないようにするの上手だから」

こなた「はぁっ!? 痛いってまさか…意味わかんない、かがみも女でしょ! 痛くないも何も……」

かがみ「ふふふ、私の玩具箱を開けばよりどりみどりよ」ニタニタ

こなた「いや、いやだ……」ガタガタ

なんだ、絶望の表情になるの、案外早かったな。



レス見てて思ったんだが、かがみファンって変な子多いの?

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 12:20:56.18 ID:ucntdr+m0

かがみ「嫌ならどうすればいいのか分かるわよね?」

かがみ「懇願されてなお、初めてを奪うほど私も非道じゃないわよ?」

ここまでやっといてよく言うわ。
と心の中で一人ボケツッコミをする。ふふふ。

こなた「…が…ま……します」

こなたが聞こえないような声で何かを呟いた。

かがみ「…? 何言ってるのか聞こえないわよ」

本当に無理矢理奪っちゃおうかな。
ソレは出来れば同意の下でやりたいんだけど、言うことを聞かないんだから仕方ないわよね?

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 12:24:31.00 ID:ucntdr+m0

そうして私が下腹部と下着に手をかけた途端こなたは弾けるように鳴いた。

こなた「うわあぁぁあぁぁ! ごめんなさいごめんなさいかがみ様!!」

こなた「私が悪かったですからそれだけは止めて下さいお願いしますかがみ様!!」

口端が釣り上がるどころの話ではない。
腹筋はぷるぷる震えるし喉は勝手にくつくつ鳴るしで笑いを堪えきれない。

かがみ「あはっあっははは! いいわ、いいわね!」

かがみ「その調子でお願いし続けられたらアレだけは守ってあげるわ! ほら、ありがとうございますは!?」

こなた「ぐぅっ……ありがとうございますかがみ様ぁ…! かがみ様かがみ様ァ!!」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 12:28:58.89 ID:ucntdr+m0

それを聞いて満足した私はこなたの下着を剥ぎ取った。
こなたは「ひっ」と息を飲むが、小さく消え入りそうな声になってでもかがみ様と連呼することは忘れない。
名前を呼ぶだけではお願いになっていない気もするが、パニクってる今のこなたに言っても無駄なことだろう。

かがみ「ふふ、可愛いわよこなた」

かがみ「今から私がしてあげるんだから、たくさん気持ち良くなりなさい」

こなた「……」グス

かがみ「そうでないと…分かるわよね。気持ち良くなりなさい、いいわね?」

こなた「…ぅ、うぐ。はひっかがみ様…」

かがみ「よろしい」

そして私はこなたに手施きをし始める。
まだ慣れたもんではないが上手く誘導できているはず。
それに手先のテクニックならつかさでたくさん覚えた。きっと上手くいく。

かがみ「それじゃ、快楽地獄の始まりよ」ニコッ



なあ、エロパート用意してないんだけど、書きたい人いる?

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 12:34:14.69 ID:ucntdr+m0

Trrrrrrrr

ガチャ

ゆたか「もしもし」

つかさ『ゆたかちゃん? 私柊つかさだよ』

ゆたか「あ、つかさ先輩こんばんわ」

ゆたか「丁度良かったです。お姉ちゃんがまだ家に帰ってきてなくて、まだそっちにお邪魔していますか?」

つかさ『そうそう、その話なんだけどね、こなちゃん遊びすぎた疲れで寝ちゃったみたいで全然起きないんだ』

ゆたか「そうだったんですか。えっと、どうしよう…」

つかさ『明日も休みだし今日はウチで預かるから心配しないで』

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 12:35:57.73 ID:ucntdr+m0

ゆたか「えっと、おじさんと代わりますね」

つかさ『うん』

かがみ『オッケーだって?』

つかさ『おじさんにに代わるって』

かがみ『私に代わりなさい』

つかさ『えっと、大丈夫?』

かがみ『もう叫ぶ体力なんて残ってないわよ』

つかさ『じゃあ、はい』

かがみ『ほい』クイッ

こなた『ひぅっ…』ビクンッ

かがみ『あはは、面白いわね』

そうじろう「もしもしお電話代わりました」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 12:38:46.36 ID:ucntdr+m0

かかみ『もしもし柊かがみです』

流石にこれは緊張するわね。

そうじろう「かがみちゃん、いいのかい? 迷惑じゃないかい?」

かがみ『いえいえ迷惑だなんてとんでもないです』

右手でこなたの父親と通話をしながら、左手でこなたを愛でる。
声にならないような声で鳴いてはびくびくと跳ねるこなた。
その可愛らしい顔には憎悪や絶望といったような表情は湛えてはおらず、とろとろにふやけきっている。

かがみ『なんかすごく気持ち良さそうにしちゃってますし、むしろ起こす方が申し訳ないかんじですよ』クイッ

こなた『……ぁう』ピュ-

私がこなたの弱いトコロを撫でると、こなたはまた快楽の証を吹き出した。

そうじろう「それじゃ急なことで申し訳ないけどお願いしちゃおうかな」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 12:40:35.21 ID:ucntdr+m0

かがみ『はい、こなたにも伝えておきます』ヌッ

引き抜いた私の指がテラテラと蛍光灯を反射する。
この部屋に充満するいい臭いの素が直接に私の鼻腔を刺激した。

かがみ『それでは失礼しm』

そうじろう「かがみちゃん!」

かがみ『は、はい?』

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 12:42:20.55 ID:ucntdr+m0

し、心臓が止まるかと思った!!

そうじろう「かがみちゃん…」

かがみ『?』

そうじろう「これからもこなたと仲良くしてやってくれるかな」

かがみ『……はい。というか私がこなたに愉しませて貰ってるくらいです、あはは』チュパッ

すごく美味しいこなたの蜜。夜はまだまだこれからね。

そうじろう「はは、ありがとう。それじゃあね」

かがみ『はい』

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 12:43:45.37 ID:ucntdr+m0

ガチャ

パティ「パパさん、お電話終わりマシたカ?」

そうじろう「あぁ、そろそろ晩御飯の時間だね」

パティ「今日はこなたの順番なので私が代わりに作りマス」

そうじろう「本当かい? それじゃお願いしちゃおうかな」

パティ「ドンと任せてクダサイ!」





そうじろう「こなたは本当にいい友達に囲まれて幸せだなぁ」

そうじろう「かくいう俺も家に若い女の子がたくさん来てくれて幸せなんだけどな…」ムフフ

ゆたか「…」ジー

そうじろう「はッ!?」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 12:45:38.59 ID:ucntdr+m0

かがみ「終わったから子機戻しといて」

つかさ「はーい。あ、お姉ちゃん」

かがみ「ん? どうしたの?」

つかさ「こなちゃんばっかりじゃなくて、ちゃんと私の相手もしてね」

かがみ「はいはい分かってるわよ」

かがみ「でも最初が大切だからもうちょっとだけ念入りにするわ。料理でも作
って待ってなさい」

つかさ「はぁ〜い」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 12:50:32.88 ID:ucntdr+m0

バタン

かがみ「こーなたっ♪」ガバッ

こなた「んっ…」

かがみ「…」チュ

こなた「んぁ…」

かがみ「んふ、ぷ、んちゅ」チュッチュパ

こなた「ふ…ひぅっ」

やっぱりこなたは可愛いなぁ。蒼いサラサラの髪に緑色の綺麗な瞳。
背とか含めて色々とちっちゃいけれど、だからこそ愛しいというか、たまらないというか。
まあ私がただちっちゃい子好きなだけなんだけどね。
……そうだ、ゆたかちゃんも可愛らしい声で喘いでくれそうじゃない?

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 12:54:08.56 ID:ucntdr+m0

翌日 夕方

ガチャ

こなた「たっだいま―♪」

ゆたか「お姉ちゃんお帰りなさい」

そうじろう「おかえり。もう柊さん家に迷惑かけちゃだめだぞ?」

こなた「はーい」

パティ「お帰りなさいデス。昨日は私が代わりにやったノデ、今日はこなたが晩御飯を作るのデスよ」

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 12:57:27.51 ID:ucntdr+m0

こなた「ごめんねパティ。でもちょっと気になるから先にお風呂だけ入ってくるよ」

そうじろう「ん?まだ沸かしてないぞ?」

こなた「シャワーだけでいいや」

洗面所のドアに手を掛けてから大切な事を思い出した。
大切、大切なご所望を。

こなた「ゆーちゃん、今度一緒にかがみん家に行かない?

こなた「面白いものがあるんだ。きっと楽しいよ?」






で書き溜め終了というか一区切り。
ここから先考えてないし鬱展開しか思いつかないけど需要あるん?

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2010/02/15(月) 13:04:12.43 ID:ucntdr+m0

無理矢理感あるけどとりあえずこなたは堕ちたしFinかな。
ほのぼの展開ギャグ展開で進めるならドンと来いって感じか。ちょっと考える。

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 13:09:11.68 ID:ucntdr+m0

翌週 土曜日 柊家

こなた「やふーかがみん、つかさ♪」

ゆたか「お邪魔します」

かがみ「おいっす」

つかさ「私お茶いれてくるね」

かがみ「まぁ、あがりなさいよ」

今日はお待ちかねのゆたかちゃんが家にやってきた。
こういうことに対する抵抗が強そうだから苦戦するかな?
でもそれはそれで楽しみだ。





エロ鬱なし路線に変更。

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 13:12:10.16 ID:ucntdr+m0

かがみ部屋

ゆたか「面白いものって何?」

こなた「まあまあ、焦らない焦らない♪」


台所


つかさ「うーん、分量はこのくらいでいいのかな…?」

つかさ「ゆたかちゃん体弱いから少なめに、少なめに…」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 13:14:27.80 ID:ucntdr+m0

コンコン

つかさ「お姉ちゃんあけてー。両手塞がっちゃってて」

かがみ「あいよー」ガチャ

こなた「悪いねつかさ」

つかさ「ううん。はい」コトン

つかさ(えっと、これがゆたかちゃんのだから・・・)

つかさ「はい、どうぞ」

ゆたか「ありがとうございます」ニコ

つかさ(ざ、罪悪感が…)チク

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 13:18:26.76 ID:ucntdr+m0

ゆかた「つかさ先輩、汗かいてるけど大丈夫ですか?」

つかさ「へっ? いや、うん、大丈夫大丈夫」アセアセ

かがみ(キョドりすぎよ…)

こなた「かがみんこの間貸したゲームどう?」

かがみ「あれ難しすぎるわ。イエローオーブ何処にあるのよ」

こなた「あー…あれは確か」

ゆたか(退屈だな)ズズズ

こなかがつか(よし、飲んだ!)

かがみ「あー商人ってLv1でもいいのよね?」ズズズ

こなた「そうそう」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 13:21:54.04 ID:ucntdr+m0

ゆたか「ちょっとトイレお借りしますね」

つかさ「うん、どうぞー」

パタン

かがみ「効果でるの早くない?」

こなた「まさか分量間違えてないよね?」

つかさ「ちゃんと入れたよー?」

かがみ「じゃあ普通にトイレかし…」

かがみ「…?」

こなた「どったの?」

かがみ「いや、まさか…」

つかさ「?」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 13:25:03.38 ID:ucntdr+m0

かがみ「つかさ、アンタどのコップに薬入れたの?」

つかさ「コレだよ・・・あれ? こっちだっけ? あれぇ?」

こなた「ちょ『あれぇ』じゃないよ!」

かがみ「あんたまさかコレに入れてないわよね!?」アセアセ

つかさ「あ、それだったかも?」

かがみ「待って待って! それ私が飲んだ奴よ!?」

つかさ「えっと、えっと…」ダラダラ

こなた「マンガのように汗掻いてもどうにもなんないよ?」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 13:27:40.07 ID:ucntdr+m0

ゆたか「戻りましたー」

こなかがつか「!!!」ビクッ!

ゆたか「どうかしましたか?」

かがみ「いや、なんでもないわよ」ダラダラ

こなた「そうだゆうちゃんそういえば今日なにか用事なかったっけー?」←棒読み

つかさ「そういえば何か言ってたようなー」←棒読み

ゆたか「いえ? 特に何も」

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 13:31:10.40 ID:ucntdr+m0

かがみ(…!)

かがみ「……」ムズムズ

ゆたか「かがみ先輩どうかしましたか?」キョトン

こなた(これはヤバいでしょ)

つかさ(言い訳を、言い訳を考えないと…)

みさお「オーッス、ひいらぎー!」ガチャ

こなかがつか「はぁぁぁっ!? このタイミングで!?」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 13:36:40.73 ID:ucntdr+m0

みさお「な、なんだよそんな目で見なくてもいいじゃんかよ」

みき「昨日何か忘れ物したから取りに来たらしいわよ」

みさお「そうだぜー。それだけだからちょこっと失礼するぜ」

かがみ「手、手短にね…」

みさお「そんな言い方しなくてもいいじゃんかよー」ムスー

こなた「私も手伝うよ。何忘れたの?」

みさお「サンキュー助かるぜ。ぷよぷよ忘れたんだよ」

かがみ(こ、こいつわざわざぷよぷよ取りに来たのか!?)プルプル

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 13:40:31.80 ID:ucntdr+m0

かがみ(えっと、あれどこのしまったかしらね…)プルプル

かがみ「くっ・・・、あそこの引き出しに入ってない?」

みさお「んあー? どれどれ?」キョロキョロ

かがみ「だ、だからそれよ!」

みさお「どれだよ? ひいらぎが開けてくれたほうが早いぜ」

かがみ(立てないのよ馬鹿!)プルプル




方向転換は済んだけどネタがない

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 13:45:31.55 ID:ucntdr+m0

こなた「か、かがみんコレ?」

かがみ「ナイス! その引き出しよ!」

ゆたか(なんかテンション高いなー)

つかさ(何か落ち着きそうなものとってこよ…)

こなた「・・・入ってないよ」

かがみ(ぐぞぉぉぉ! 何処だ! 何処にしまったのよ昨日の私!!)

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 13:48:15.15 ID:ucntdr+m0

こなた「んー、整理された部屋だから見つかりやすいはずなのに」

みさお「おぉ? ひいらぎお前まだ壊れたままの目覚ましつかってんのかーww」

かがみ(いいから探せよぉぉおぉぉぉ!)

67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 13:51:43.44 ID:ucntdr+m0

かがみ(何処か見えるところに落ちてないかしら)

みさお「んー」

つかさ「…あれ? あぁああぁあッ!?」

かがみ「え、ちょ、どうしたの!?」

みさお「見つかったか?」

こなた「やっと見つか……あ…゛」

ゆたか「…?」

こなかがつか(あれはピンクローター!!!)

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 13:55:29.66 ID:ucntdr+m0

かがみ「あぁぁ」プルプル

こなた「うわぁぁっぁぁ」ガバァッ!!

みさゆた「ヘッドスライディング!?」

ズザザザザ

こなた「せ、セーフ?」

かがつか「セーフよ(だね)!」

みさゆた「えっ何が?」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/02/15(月) 13:56:17.16 ID:ucntdr+m0

さて、見てる人も居ないし満足したから終わる。
少しでも呼んでくれた人さんくすこ。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「七夕アンサンブル」