ハルヒ「有希。ちょっと見て。私の乳首」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「ハルヒたちって、女だけのときは何話してるんだろうな」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 18:28:25.93 ID:D6AeS+Rd0

長門「・・・・・」ジー
ハルヒ「ごめんねこんな事頼んで」
長門「いい・・・それで?」ジー
ハルヒ「いやほら。乳首が埋まっててね。どう思う?」
長門「陥没乳首。これは病気ではない」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 18:32:18.89 ID:D6AeS+Rd0

キョン「うーす」
ハルヒ「キャ!?」
長門「・・・・・」
キョン「な!!!?す!すいません!!」ガチャ!!バン!!
ハルヒ「こらキョン!!待ちなさい!!!いいから入ってきなさい!!」
キョン「み・・・見てないぞ・・・俺は何も見てないぞ・・・!!」
ハルヒ「もう!ノックくらいしなさいよ!!まったく」
キョン「すまん・・・で。何してたんだお前ら」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 18:35:19.46 ID:D6AeS+Rd0

長門「陥・・・むぐ」
ハルヒ「ちょ!!??何話そうとしてんのよ!!?」
キョン「かん・・・あー。なんだ?」
長門「むぐあ・・・陥没乳首を押し付けられた」
ハルヒ「馬鹿!!て押し付けてないわよ!!」
キョン「陥没なのかハルヒ」
ハルヒ「ななな!?/////////」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 18:37:50.36 ID:D6AeS+Rd0

長門「今から埋められた乳首を掘り出す。許可を」
ハルヒ「有希!!?何言ってんの!??」




キョン「・・・・・よし、やっちまえ!」
ハルヒ「ひ!???」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 18:41:38.38 ID:D6AeS+Rd0

長門「なかなかうまく出せんな・・・・くぉの!!くそぉー!!!」
ハルヒ「ちょ////有希!!!何触ってんのよ/////ひゃん/////」
キョン「おいおい、どんだけ陥没なんだよハルヒ、長門のキャラが変わっちまうほどの陥没っぷりなのか?え?」
ハルヒ「う!うるさい!!!!」
長門「私では無理・・・・あなたがやって」
キョン「俺か?・・・・・仕方ない。まかせろ!」
ハルヒ「ばっ・・・・・こら!!!?」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 18:44:13.50 ID:D6AeS+Rd0

キョン「ペロペロ・・・なるほど、これは難しそうだな」
ハルヒ「放して!!有希!!」
長門「それ無理」
キョン「!?・・・・・よし、ハルヒ。下を脱がせるぞ.」
ハルヒ「な!?なんでよ!!!」
キョン「もうそういう気分になっちまったんだろーが!!!」
ハルヒ「ひ!!?」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 18:47:30.40 ID:D6AeS+Rd0

ハルヒ「ひどい・・・・なんでこんな・・・」
キョン「悪いなハルヒ。これはお前のためでもあり俺のためでもあるんだ」
長門「そうだぞ馬鹿野郎」
キョン「そうだ、にしてもハルヒ。まだ生えてないとは驚きだぞ。どうしたんだこれ。小学生かお前は」
ハルヒ「う!うっさいわね!!!!私だって!!?」
長門「気にしなくていい。私もまだ生えてはいない」
キョン「それは知ってる、雰囲気でわかる」
長門「・・・・・・・あ?」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 18:52:29.65 ID:D6AeS+Rd0

長門「雰囲気で・・・・わかる・・・?」
キョン「d・・・どうした長門?」
長門「あまり私を怒らせない方がいい。」
キョン「おいおい、今からハルヒと性交するっていうのにお前って奴は・・・」
長門「謝罪してほしい」
キョン「あやまれだと?馬鹿言ってんじゃないぞ長門。無毛を誇れ!!あはははは!!!」
長門「・・・・・情報の操作・・・・開始」
キョン「な!?部室が異空間に!?」
ハルヒ「な!!??何これー!!!!!!?」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 18:57:17.52 ID:D6AeS+Rd0

ハルヒ「ちょ!!キョン!!何これ!!!どうなってんの!?」
キョン「少し黙っていろハルヒ。今お前をかまっている場合じゃない。かまいたいがな!!」
長門「私は毛が欲しい。ずっと願っていた」
キョン「毛が?なぜだ」
長門「この学校での修学旅行の晩。みんなと入るお風呂。」
キョン「生えてないから馬鹿にされたとか?」
長門「・・・・・・そう」
キョン「なんだよそれ。ちょっと情報操作すりゃあ毛なんて生やせるんじゃないのかお前は」
長門「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
キョン「今気づいたのかよ・・・・」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 19:01:28.03 ID:D6AeS+Rd0

長門「なぜそれをもっと早く言わない?」
キョン「知るか!!!早くこの空間を元に戻せ!!」
長門「・・・それでは私の気が収まらない」
キョン「くそ!!おいハルヒ!お前の力でどうにかしろ!!」
ハルヒ「な・・・なんのこと!?」
キョン「いいから!!!ついでに長門もどうにかしてくれ!!」
ハルヒ「いやよ!!!なんであんたみたいな最低野郎のいう事聞かなきゃならないの!?」
キョン「おーとっと。四面楚歌とはこの事か」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 19:04:45.64 ID:D6AeS+Rd0

ハルヒ「死ね!!キョン!!」
長門「そう。あなたはここで死ぬべき」
キョン「いいたい事はそれだけか」
ハルヒ・長門「!?」
キョン「陥没乳首とパイパン娘達がぁ!!!図に乗ってんじゃねぇ!!!」
長門「・・・・・情報の解除・・」
キョン「うわぁぁぁ!!!身体が消えていくぅぅぅぅ!!!死にたくなぃ!!逝きたくなぃぃぃぃ!!!」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 19:07:38.34 ID:D6AeS+Rd0

サァァァァァァ

ハルヒ「消えたわね。」
長門「・・・・」コク
ハルヒ「あんたがこんな力を持ってたなんてねー。有希」
長門「・・・・・」
ハルヒ「褒めてんのよ?」
長門「!!////ありがと・・う」
ハルヒ「かわいーんだから!!」むぎゅ

こうして二人は末永く幸せになったとさ

終わり



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:マリオ「何で何回死んでも平気なんだ?」