ハルヒ「春日ワールド行ってくる」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:キョン「手紙?差出人は……>>3だと?」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 04:56:01.03 ID:R5mhEpCXO

若林「どうもーオードリーでーす。今日も若林、春日でがんばって(ry」

春日「みなさん、夢でお会いして以来ですね」

ワハハハ

若林「……だいぶ寝汗かかれたと思いますが」

ドッ

ハルヒ「……」

キョン「そうムッとするな。せっかくの漫才だぞ。よく見て、よく笑え」

ハルヒ「ぜんぜん面白くない。第一これが何の意味があるの!?」

キョン「声がでかい。いいだろ、たまにはこういう息抜きも。そう急いだって、見つからないものはみつからないんだ」

春日「へっ!」

若林「それで、実はそろそろ引っ越ししたいんですけど」

春日「OLか!」

若林「どのあたりがOLか全くわからないんですけども」

ワハハハ

2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 05:02:36.09 ID:R5mhEpCXO

携帯なので遅いです。ごめんなさい。

春日「おいプレハブ、お前は(ry」

若林「失礼だぞ!プレハブ聞こえたぞお前!」

ドッ

ハルヒ「帰る」

キョン「待て待て、もったいないだろ。最後まで見よう、な」

若林「それで、はやく出て行きたいなあって思ってるんですけど」

春日「日本からも出てけ!」

若林「お前地球から出てけ、バカ!」

春日「バイ!プシュー!」

ハルヒ「?」

若林「どこ行く気だよ!」

春日「春日ワールドだよ!」

ドッ

ハルヒ「!」

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 05:08:49.95 ID:R5mhEpCXO

若林「まあ、これ無視していきますけどね」

ハルヒ「ちょっと待ちなさい!」

……?

キョン「お、おい」

ハルヒ「春日ワールドってなんなの?」

若林「……えっと、なぜかお客様が食いつきましたが」

ドッ

ハルヒ「それって宇宙あるの?つまり宇宙人なの、あんた?」

ザワザワ

キョン「ま、待てって」

若林「ほ、ほらーお前言ってやりなよ。春日ワールド。あるんだろ?」

春日「!……」

若林「アドリブ弱いな!」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 05:13:00.56 ID:R5mhEpCXO

スタッフ「お客様、困りますよー」

キョン「すみません……。ほら、お前も謝って」

ハルヒ「で、どこに行けばあいつと会えるの?」

キョン「お、お前」

スタッフ「……しばらく出入り禁止ですからね。あと出待ちもしないでくださいね」

キョン「は、はい……」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 05:17:42.84 ID:R5mhEpCXO

ファミレス

店員「ごゆっくりどうぞ」

キョン「……お前、いいかげんにしろよな。毎回毎回」

ハルヒ「……」

キョン「ハァ……」

ハルヒ「……」

キョン「……いいか、一つ言っておくぞ。あいつらはなあ」

ガタッ

キョン「お、おい」

ハルヒ「行くわよ、キョン」

キョン「ど、どこへだよ!」

ハルヒ「決まってるでしょ。楽屋よ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 05:27:07.44 ID:R5mhEpCXO

初です。死ぬほど緊張してます。

ハルヒ「出待ちはだめって言ってたわよね。それなら簡単よ。楽屋に行くわよ」

キョン「待てって!捕まったらしゃれにならんぞ!」

ハルヒ「うるさい!」

キョン「あのなあ」

ハルヒ「……じゃまするならついてこなくていいのよ」

キョン「……」

キョン「どうなっても知らんからな」

ハルヒ「フン」

タッタッタッ

キョン「本当に行くのか……」

キョン「……ハァ」

店員「お会計ですか?」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 05:33:01.86 ID:R5mhEpCXO

若林「お疲れさまでしたー」

春日「トゥース!」

スタッフ「お疲れさまです。それにしてもオードリーさん、災難でしたね。あんなヒートアップするお客様がいるなんて」
若林「ははは」

春日「まあ、春日にかかればあの程度のトラブルどうってことありませんよ」

若林「お前あわててただけじゃねぇか」

スタッフ「帰りも気をつけてくださいね。まだそのあたりうろうろしてるかもしれませんから」

春日「お任せください、春日が捕まえてやりますよ」

若林「お前本当にできるのかよ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 05:38:21.11 ID:R5mhEpCXO

若林「……で、お前がそこで『神主か!』ってつっこむ。わかった?」

春日「……?」

若林「お前、少しは自分でネタ作れよ」

ガタガタ

若林「……!な、なんの音?」

春日「神主か!」

若林「今それどころじゃねぇよ!」

ガタン!

スタッ

若林「!!」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 05:44:59.68 ID:R5mhEpCXO

若林「き、きみは……」

ハルヒ「あんたは黙って」

ハルヒ「ねえ、あんた宇宙人なんでしょ?春日ワールドから来た」

若林「き、きみ、ちょっと……」

春日「スッ……」

若林「春日……」

若林(春日が目で任せろと言っている。ここは様子を見るべきだな……)
ハルヒ「ねぇ、答えなさいよ。あんた、宇宙人なんでしょ」

春日「!……」

若林「アドリブ弱いな!」

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 06:02:07.12 ID:R5mhEpCXO

若林(お前、さっきまでの強気はどこ行ったんだよ!)

春日「!……」

若林(これはまずい……!)

若林「あ、あのね、僕たち、お笑い芸人だよ。宇宙人じゃないの。人間だよ。ごめんね、なんか夢壊すようなこと言って」

ハルヒ「あんたは黙ってて。興味ないの」

ハルヒ「ねぇ、春日ワールドってどんなところ?どこにあるの?あなたみたいな宇宙人が住んでるの?」

春日「!……」

若林「……ほら、もうなんでもいいから、なんか適当に言えって」

春日「!……」

ハルヒ「ねぇ、答えなさいよ?ねぇ?どうやったら行けるの?ねぇ?」

春日「……セックス」

若林「中学生か!」

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 06:11:40.86 ID:R5mhEpCXO

タッタッタッ

スタッフ「どうかなさいましたか?オードリーさん」

若林「あ!助かりました!いやあ実はさっきの子が……」

スタッフ「ああ!さっきの!どこから入った!」

ハルヒ「!」

ブワッ!

タンタンタン……

スタッフ「通気口……!なんでそこまでして……」

若林「いやあ、ありがとうございます。本当に助かりました」

春日「お前は、春日がいなかったら大変な目にあっていたな」

若林「あながち嘘じゃねえからつっこめねぇよ」

スタッフ「こうなったら警備強化しないといけないですね……」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 06:27:15.68 ID:R5mhEpCXO

翌日

谷口「おい。どうだったんだ?」

キョン「なにが」

谷口「デートだよ、デート」

キョン「ハァ……」

キョン「デートじゃない。ただお笑いライブに招待されただけだ。それとハルヒの行きたいところが一致しただけ」

谷口「どうだか」

キョン「それに最悪だった。途中で退席させられるし、厳重注意、出待ち禁止、金も払わされるし、あいつはどっかいっちまう」

谷口「……まあ、大変だったんだな。なんというか」

ガラッ

キョン「ハルヒ……」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 06:30:37.66 ID:R5mhEpCXO

ツカツカツカ

ドスン

キョン「お前なにやってきた?大丈夫だったか?いいからもうバカみたいなまねは……」

ハルヒ「キョン」

キョン「?」

ハルヒ「私を抱きなさい」

ザワザワ

キョン「バッ……!なに言ってるんだお前は!」

ハルヒ「教わったの。そうやったら行けるって」

キョン「……ハァ」


ごめんなさい。朝飯食べてきます。エロには行きません。今のところ……。

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 06:54:46.66 ID:R5mhEpCXO

キョン「あのな」

ハルヒ「なによ」

キョン「お前はなにを吹き込まれてきた。適当なこと言われたんじゃないか?」

ハルヒ「……」

キョン「いいか、確かに生命の誕生は神秘だ。そしてそれを生み出す行為は神懸かり的だといえる」

ハルヒ「……」

キョン「だがな、いくら神懸かり的でも、宇宙人を創り出したり、世界を創造したりはしないんだ」

ハルヒ「……」

キョン「だからな、バカなことは考えるな、な?」

ガタッ

キョン「お、おい」

ピシャッ

キョン「ハルヒ……」

59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 06:58:16.42 ID:R5mhEpCXO



ハルヒ(なんなの、キョン)

ハルヒ(まるで宇宙人はいないみたいなこと言って)

ハルヒ(しかもバカな考えだなんて)

ハルヒ(それじゃあ、なに?春日ワールドは実在しないっていうの?)

ハルヒ(そんなの……)

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 07:02:55.49 ID:R5mhEpCXO



キョン「……ん、朝か」
バタバタ

妹「はさみー」

キョン「……お前はまた……!?」

妹「はさみですよ。キョンくん」

キョン「お、お前……春日!?」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 07:06:08.75 ID:R5mhEpCXO

妹春日「なにを言っているのですか、キョンくん。あなたの妹ですよ」

キョン「……こ、これは、夢だ」

妹春日「そうでした。はさみー」

キョン「お前……春日じゃ、ないのか?」

妹春日「……てへっ☆」

キョン「悪夢だ……」

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 07:11:09.71 ID:R5mhEpCXO

学校

女子生徒春日「おはよう、キョンくん」

男子生徒春日「よお、キョン」

キョン「……これは現実ではない。落ち着け、落ち着くんだ……」

ガラッ

春日一同『おはよう、キョン(ry』

ピシャッ

キョン「……うそだろ」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 07:22:43.08 ID:R5mhEpCXO

谷口春日「キョン、いったいどうしたんだい?まるでいつものお前じゃないみたいだ」

キョン「……それはそっくりそのままお前に返す」

谷口春日「首相か!」

キョン「……」

キョン「しかし、いきなりこんなことになるなんて……」

キョン「なんだか似たような現象があったような……」

キョン「……これは!」

古泉「そうです」

キョン「古泉!」

古泉春日「キョンくん」

キョン「……光る、春日」

古泉春日「古泉ですよ。キョンくん」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 07:31:28.15 ID:R5mhEpCXO

空き教室

古泉春日「これも涼宮ハルヒが創り出した世界。彼女が望んだ世界ですよ」

キョン「こ、これが……?」

古泉春日「そうですよ。まあ、彼女なりに『春日ワールド』を想像したのでしょう」

キョン「宇宙人の春日に会いたいから、春日ワールドに行きたいから、考え出したのか……?」

古泉春日「うぃ」

キョン(いちいち言動が腹立つ……)

古泉春日「あなたができること、それはもうわかっていますね?」

キョン「もしかして……あれか!」

古泉春日「うるせぇ」

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 07:34:38.22 ID:R5mhEpCXO

キョン「まずはハルヒを探さなくては……!」

キョン「部室か!」

ガタッ

キョン「ハルヒ!」

キョン「……いないか」

キョン「パソコン……?」

キョン「そうか!」

78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 07:47:26.63 ID:R5mhEpCXO

キョン「おい、長門、いるんだろ?」

YUKI.N「トゥース」

キョン「……お前もか」

YUKI.N「この方が安定するのです」

キョン「……そうか」

YUKI.N「うぃ」

キョン「……で、それはいい。ハルヒの居場所はわかるか?まずはあいつを探さないと」

YUKI.N「あの辺りですね」

キョン「あの辺り?」

YUKI.N「ほら、あの二人にとって思い出深い、一緒に行動した、ユニークな場所ですね」

キョン「……さっぱりわからん。もっとわかりやすく教えてくれないか?」

YUKI.N「!……」

キョン「お前もアドリブ弱いのか!」

82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 07:52:33.89 ID:R5mhEpCXO

キョン「とりあえず思い当たるところへ行ってくる!」

YUKI.N「待ってください」

キョン「なんだ?」

YUKI.N「なんと今回は特別なのです」

キョン「そういうことはいいから早く!」

YUKI.N「今回この世界で無事なのは、あなただけではありません」

キョン「なんだって!ほかに無事なやつがいるのか!?」

YUKI.N「ええ、YUKIはそう考えます」

YUKI.N「そいつの名は、若林」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 07:58:04.22 ID:R5mhEpCXO

キョン「若林って、あのオードリーの……!」

YUKI.N「ええ、あの春日のはじにいるおまけですよ」

キョン「なんであいつが……?」

キョン「まあ、いい。とにかく俺は行くぞ!ありがとな、長門」

YUKI.N「sleeping beauty」

プツン

キョン「……」

ダッ!

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 08:02:20.60 ID:R5mhEpCXO

キョン「ここか!」

教師春日「こらこら、廊下を走ったらいけませんよ」

キョン「ここか!」

猫春日「にゃーん」

キョン「ここか!」

店員春日「いらっしゃいませ」

キョン「……残るは」

キョン「ここか……」

お笑いライブ会場

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 08:08:47.58 ID:R5mhEpCXO

キョン「ここしかない……」

キョン「それなりに思い出あるし、二人で行動した、ユニークでもある」

キョン「それにオードリーの連中のことも考えると……ここにいるはずだ」

キョン「いくしかない……」

ザッ

キョン「!」

スタッフ春日達『お客様、困りますねー』

キョン「……人数が前より多い!」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 08:13:57.23 ID:R5mhEpCXO

スタッフ春日達『ここから先は関係者以外立ち入り禁止なんですよ』

キョン「……!」

スタッフ春日A「おお、お前は」

キョン「!」

スタッフ春日A「この前の変な女の彼ではないですか」

スタッフ春日B「おや、知ってるのかい?」

スタッフ春日C「そいつは捕まえないといけないねえ」

スタッフ春日達『さあ、覚悟してもらおうか』

キョン「く、どうする……?」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 08:21:11.63 ID:R5mhEpCXO

スタッフ春日達『逃げ場はもうないですよ。どうするつもりですか』

キョン(……ここで捕まるわけには!)

??「キョンくん!」

キョン「!」

ブワッ!

ガタッ!

キョン「……助かった。まさか通気口に逃げられるなんて」

??「よかったですね」

キョン「あなたは……朝比奈さんですね、服装が」

みくる春日「トゥース」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 08:26:37.16 ID:R5mhEpCXO

みくる春日「ここはさっきみくるが見つけたのです。いつかキョンくんがくるだろうと思って待っていました」

キョン「そうですか。ありがとうございます。おかげで助かりました」

みくる春日「へっ!」

キョン「しかし……」

みくる春日「どうしたんだい?」

キョン「静かすぎるような……」

みくる春日「もうすぐですよ、キョンくん。ここを抜ければあとは楽屋へ一直線です」

キョン「はい、ありがとう……!?」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 08:33:29.03 ID:R5mhEpCXO

スタッフ春日達『もうその手は通じないですよ』

みくる春日「そんな……ばれていたなんて」

スタッフ春日達『残念でしたね、春日を見くびった罰がくだりました』

スタッフ春日A「一度あの女が通った道くらい覚えていますよ」

キョン「……!」

スタッフ春日達『さあ、おとなしくしなさい。安心してください、春日は優しくしますから』

キョン(万事休すか……!)

108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 08:40:28.10 ID:R5mhEpCXO

??「……むしろ優しくするって言う方がかえって気持ち悪いですが」

スタッフ春日達『!?』

キョン「!?」

キョン「わ、若林……!」

若林「いやあ、なんだかわからないうちに相方が増えてしまいまして」

スタッフ春日達『パイロットか!』

若林「……むしろお前達を操縦するのを放棄したいんですけども」

キョン「春日達がいっせいにつっこみを入れていく……!」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 08:47:10.81 ID:R5mhEpCXO

若林「それにしてもあれですね、相方が増えるというのは、こんなにも気持ちが悪いものなんでしょうか」

スタッフ春日達『そうでめねぇだろ!』

若林「もうちょっと客観的になれ、バカ!」

キョン「!……まさに、春日を操っている」

若林(そこの人)

キョン「!」

若林(次に僕が隙をつくりますから、その間に楽屋へ。彼女はそこにいます)

キョン(わ、わかった)

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 08:53:21.73 ID:R5mhEpCXO

誤字発見ごめんなさい。


若林「いやあ、もうこんな状態の相方とはやっていけませんよ」

スタッフ春日達『おいお前、人数が増えた分、お得になったんじゃないかい?』

若林「んなわけねぇだろ、お荷物が増えただけだよ」

スタッフ春日達『おい、それは本気で言っているのか?』

若林「そんなこと思ってたら、今こうして漫才してねぇよ」

若林・春日『えへへへへへへへ』

若林(今だ!)

ダッ!

120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 08:57:48.73 ID:R5mhEpCXO

バタンッ!

キョン「はぁ……はぁ……」

若林「……やりましたね」

キョン「ええ、助かりました……。ところで、春日は、いいのですか?」

若林「さすがの僕も、あの人数のつっこみを、毎回くらってたら、長くはもちませんからね。それに……」

キョン「それに?」

若林「……抱える問題は同じみたいですし」

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 09:02:11.10 ID:R5mhEpCXO

キョン「ハルヒが……眠っている?」

若林「はい、うちの春日もです」

キョン「これは……」

ヴンッ

キョン「!」

若林「テレビが……!」
キョン「……長門か?」
YUKI.N「トゥース」

125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 09:12:09.19 ID:R5mhEpCXO

キョン「どういうことだ?説明してくれ!」

YUKI.N「涼宮ハルヒは夢を見ている」

キョン「夢?」

YUKI.N「そう、まだ世界は完全には変わっていないとYUKIは分析します」

キョン「……つまり」

YUKI.N「これは、すべて涼宮ハルヒの夢」

キョン「夢……」

YUKI.N「涼宮ハルヒの夢があるきっかけで強く表現されただけ。そしてそれが世界を一時的に変化させた」

若林「ということは、この女の子がこんな世界を創ったってこと!?」

YUKI.N「うるせぇ」

若林「あ、だめだ、こいつ会話できねぇや」

128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 09:19:08.03 ID:R5mhEpCXO

キョン「じゃあ、つまりハルヒを起こせばいいんだな?」

YUKI.N「うぃ」

若林「起こすって、どうやって?さっきからびくとも動かなかったんですよ」

YUKI.N「sleeping beauty」

ブツン

若林「……?」

キョン「……」

ドンドンドン

キョン「!」

若林「そろそろ限界みたいだ……」

135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 09:29:02.99 ID:R5mhEpCXO

若林「……正直ついていけないけど、どうすればいいかわかってるんだろ?それなら、僕は扉を押さえとくから、そのうちに早く!」

ドンドンドン

キョン「……!」

キョン「……やるしかないってことか」

キョン「こんな世界はすぐに元に戻してやる」

キョン(いいか、これは、緊急の場合で仕方がなく、だ。こんな同意をとらない場でやるのは俺の良心が正直痛む)

キョン「いくぞ……」

キョン「ンッ……!」

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 09:34:17.67 ID:R5mhEpCXO

ガタガタガタ!

キョン「……!」

若林「地震!なんなんだ!?早くして!」

キョン「いや、もうできることはやったんですが……」

若林「ええ!それじゃあ違ったってこと!?」

キョン「そんなはずは……」

キョン「……」

キョン「……若林さん」

若林「なに!?」

キョン「……春日」

143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 09:40:14.60 ID:R5mhEpCXO

若林「春日も眠ったままだよ、それが!?」

キョン「いや、その」

若林「早く!」

キョン「……若林さんも、春日に、やらなくてはいけないんじゃないかって思いまして」

若林「……なにを?」

キョン「いや、だから、さっきの……キス」

若林「……え?」

149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 09:45:37.39 ID:R5mhEpCXO

若林「それ、本当に……?」

キョン「いや、本当かどうかはわかりませんが……」

ドドドドッ

若林「地震が……!」

キョン「……!とにかく急いでください!」

若林「いや、それは……」

キョン「sleeping beautyとなると、それしかないんです!」

若林「こいつぜんぜんbeautyじゃないよ!」

156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 09:52:20.03 ID:R5mhEpCXO

キョン「早く!世界が壊れているのかもしれません!」

若林「だって……だって、違いすぎるだろ!こんなの!」

キョン「ですけど、それしか思いつかないんですよ!」

ドドドドッ!

若林「!……」

キョン「若林さん!」

ドドドドッ!

若林「……」

ドドッ!

キョン「天井が!!」

若林「……春日!目を覚ませ!」

161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 09:57:46.97 ID:R5mhEpCXO

若林「……そんなこと考えてたら、お前となんかコンビくんでねぇよ」

若林・春日「えへへへへへへ」

ドッ!

ハルヒ「……つまらない」

キョン「そう言うな、もうすぐ終わるから」

ハルヒ「……」

春日「……お風呂だけに湯冷めさせちまったみてぇだな」

若林「ああ、つまんねぇ」

ワハハハッ!

ハルヒ「……ねぇ、キョン」

キョン「なんだ?」

163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 10:02:52.49 ID:R5mhEpCXO

ハルヒ「なんか、すごい夢、見た」

キョン「ああ、お前の夢はすごそうだな」

ハルヒ「あいつみたいなやつが出てきて、宇宙人みたいだった」

春日「おいお前、俺とのキスの味を覚えているか?」

若林「!?」

春日「……どうした?」

若林「て、適当なこと言ってんじゃねぇよ」

キョン「そうか、確かに宇宙人みたいだな」

166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 10:08:50.19 ID:R5mhEpCXO

ハルヒ「……でもあいつは地球人ね。宇宙人なら、もっと人間離れしてる」

キョン「そうか」

ハルヒ「……あと夢の最後で」

キョン「?」

ハルヒ「……別になんでもない」

若林「……えへへへへへって笑えよ!もういいよ」

ドッ!

若林「ありがとうございました」

春日「バイ!」

パチパチパチパチ

169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 10:15:41.51 ID:R5mhEpCXO

店員「ごゆっくりどうぞー」

キョン「で、この後どうするつもりだ?」

ハルヒ「……」

キョン「まだあるんだろ、調べたいもの?」

ハルヒ「……ない」

キョン「ない?」

ハルヒ「……今日は休み!たまにはゆっくりしたいの!」

キョン「……そうか」

170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 10:24:19.23 ID:R5mhEpCXO

ハルヒ「……はい」

キョン「……なんだこれ」

ハルヒ「見てわからないの?お金よ」

キョン「いつ貸したか覚えてないんだが」

ハルヒ「……いいから受け取りなさい!」

キョン「わかったわかった!」

店員「いらっしゃいませー」

ハルヒ「……」

キョン「……」

ハルヒ「ねぇ」

キョン「?」

ハルヒ「……」

ハルヒ「……なんでもない」


終わり

173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 10:31:26.82 ID:R5mhEpCXO

ありがとうございました。
多数の支援心から感謝します。
ハルヒが春日ワールドに興味を持つという、ワンアイディアで作ってみました。
また、かなりお見苦しい点ばかりだったと思います。
その点を深くお詫びいたします。
まことに申し訳ありませんでした。
そして、重なりますがみなさんにお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。

205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/02/03(火) 15:51:44.61 ID:R5mhEpCXO

すみません、みなさんありがとうございます。うれしくなってまた書き込んでしまいました。
こういう話を作ったのは初めてです。
今までは、こんな風になったらどうなるんだろうと妄想するだけでしたが、
ついにがまんできなくなって書いてしまいました。
もっとよく考えて書きはじめればよかったと後悔しています。
ですけど、いい経験ができました。楽しかったです。
何度もすみませんが、本当にありがとうございました。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:コナン「ラピュタで殺人事件!?」