つかさ「えへへ。お姉ちゃん座薬入れてあげるよ」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「あなたに胸を揉まれるのは嫌じゃない」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/25(日) 23:17:12.72 ID:D6yc/gwvO

かがみ「なっ!何言ってんのよあんたは!」

つかさ「だってさっきずっとトイレで辛そうにしてたもんね」

かがみ「だ、大丈夫よ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/25(日) 23:54:09.93 ID:G5vyN1YM0

つかさ「大丈夫じゃないよ! 熱あるんだよね? 体が熱くてどうしようもないんだよね?」
かがみ「そ、そこまで辛くは無いって!」
つかさ「でもお姉ちゃんが風邪引いて学校行けないの、見ていて辛いよ? だからほら、座薬入れて、早く良くなろうよ」
かがみ「でも、もう37度まで下がったから・・・それに、もし酷くなっても自分で入れるわよ」
つかさ「だめだよおねえちゃん! 早くお尻だしてよう! 座薬入れたいんだよ!」
かがみ「いいって! それに何でつかさに頼まないといけないのよ!」
つかさ「・・・やっぱり私はお姉ちゃんの役に立てないの? ううん、私だって、お姉ちゃんの役に立てるよね?」
かがみ「それは昨日からおかゆ作ってもらっているから、充分役にt…」
つかさ「そんなの嘘だよ! 私はお姉ちゃんに座薬すら入れることができないくらい役立たずなの!?」
かがみ「そ、そう言う事じゃあないんだけど…」
つかさ「じゃあいいよね? お姉ちゃんのお尻に座薬入れていいよね?」
かがみ「そ、そうね・・・また熱が出てきて辛くなったらね?」
つかさ「やったあ!その時は頑張って座薬お姉ちゃんのお尻に入れるよ!私頑張る!

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 00:10:45.32 ID:CkrUkP540

――夜中

つかさ(お姉ちゃん、大丈夫かな? やっぱり熱が出るのは夜中だよね)
 ギィ… カチャ
つかさ(・・・いつもならまだ起きているけど、今日はもうぐっすり寝ている・・・)
かがみ「ん・・・ すぅ・・・」
つかさ(でも、いつお姉ちゃんが熱出すか分からないし、早めに入れたほうがいいよね)
つかさ(まずはお姉ちゃんのパジャマとショーツを下ろさないと・・・)
 ごそごそ・・・
つかさ(布団を上げても気が付かないし、このまま下げても大丈夫かな?)
 スッ…
かがみ「ん・・・」
つかさ(!!!)
かがみ「ん、ぁ? すぅー・・・」
つかさ(危なかったあ・・・起きたのかと思ったよ)
つかさ(ゆっくり、ゆっくり先ずはパジャマを下ろして・・・)
 スルスル・・・

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 00:20:05.83 ID:CkrUkP540

 スル・・・
かがみ「すぅ・・・ すぅ・・・」
つかさ(大丈夫、気が付いていないよね・・・))
つかさ(おねえちゃんの、ショーツに包まれたむっちりしたお尻…はやくここに座薬入れたいなあ)
つかさ(次はショーツ・・・お尻の穴に入れるだけだから、邪魔にならない程度でいいよね)
 スッ…
かがみ「ん…」
つかさ(・・・大丈夫、だよね? これくらいでお姉ちゃん起きないよね)
 スルスル・・・
つかさ(おねえちゃんのお尻がだんだんショーツから出てきて・・・)
 スルッ!
つかさ(やったあ! 上手くお尻の穴が見えるように下げることできたよ!)
つかさ(うわぁ♪ ショーツからはみ出たお姉ちゃんのむちむちしたお尻・・・)
つかさ(すごい興奮するよ! 早く、早く座薬入れよう!入れよう!)

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 00:27:45.60 ID:CkrUkP540

 カサ、カサカサ・・・
つかさ(これで、準備完了!)
つかさ(わくわく♪ お姉ちゃん、行くよ? お尻に座薬入れちゃうよ)
かがみ「ん・・・んぁ・・・」
つかさ(どうせ寝言だよね、そうだよね)
つかさ(先ずはお尻の穴がよく見えるようにしないと)
 ムギュ!
かがみ「ん・・・?」
つかさ(左右にお尻のたぷたぷを開いて・・・)
 ギュムウッ!
つかさ(これでお姉ちゃんのお尻の穴、よーく見えるよね!)
つかさ(それじゃあ行くよ、お姉ちゃん! 座薬、お尻の穴に入れるからね♪)
 グイ!
つかさ(あ、あれれ・・・?)
 グイ、グイグイ!
つかさ(あれえ? なかなか入らないよう!お姉ちゃんのお尻の穴、しっかり閉まりすぎだよ!)
 

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 00:37:32.89 ID:CkrUkP540

 グイグイグイグイ!
つかさ(なんで? 何で入らないの?)
かがみ「うぅん… んぁ・・・」
 グイ…
つかさ(そっか、このままじゃだめなんだよね、病院だと、何か塗っていたりしていたよね)
つかさ(・・・何も無いし、唾液で大丈夫かな?)
つかさ「ん…」
 タラー…
つかさ(これをお姉ちゃんのお尻の穴によーく塗って・・・)
 ピチャ・・・
かがみ「んぁっ… ん・・・」
つかさ(!! や、やっぱりまずかったかな?)
かがみ「んー… すぅ…」
つかさ(おねえちゃんも人騒がせだよ・・・)
 ぬちゃ、ぬちゅっ・・・
つかさ(これくらいで大丈夫かな? 今度こそ!)
 

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 00:46:31.56 ID:CkrUkP540

 グイ!
かがみ「ん…んぅ…」
つかさ(少しだけ入ったよ!)
 グイ、グイ!
つかさ(どんどん入っていくよ! このままゆっくり、ゆっくり押し込んで・・・)
 グイ、グイッ!
つかさ(よくお薬効く様に、奥のほうがいいよね! できるだけ奥のほうに座薬押し込んだほうがいいよね!)
 グイッ!グニイッ!
かがみ「んあぁ・・・っ・・・ すぅ・・・」
つかさ(うわぁーお姉ちゃんのお尻の中、すごく暖かいよぉ)
つかさ(念のため、もう少し奥に入れておこう!)
 グイッ!クニイッ!
かがみ「ふぁ・・・!んっ!」
つかさ(すごいよお姉ちゃん、暖かいよ… ずっとお姉ちゃんのお尻の穴に座薬入れていたいな)
つかさ(すこしこのままでいてもいいよね)
かがみ「んぁ…ふぁ…んっ!」
つかさ(あー、お姉ちゃん、暖かいよ! お尻の穴に指が入っているところ見ると、何だかすごい興奮するよー)

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 00:56:00.77 ID:CkrUkP540

かがみ「んあっ…ふあっ!」
つかさ(何だかお姉ちゃん、顔が赤くなっているような気がするよ やっぱり熱が出てきたのかな?)
つかさ(でも大丈夫だよ! 私がしっかりお姉ちゃんのお尻の穴に座薬入れたから、きっとすぐに熱冷めるよね!)
つかさ(ほらっ!私だって、お姉ちゃんの役にたてるんだよ?)
 グニ、グイ!
かがみ「ふぁ・・・んっ・・・」
つかさ(・・・これ以上お尻の穴に指入れていると、寝ているお姉ちゃん起こしちゃうよね、そうなったらお姉ちゃんに悪いよね)
 ズッ…ズチュウッ ちゅぽんっ!
つかさ(抜く時はスムーズに抜けるんだね)
かがみ「ん…!!」
 ぷすぅー・・・ぷっ!
つかさ(あっ… おねえちゃん、シーツ汚しちゃ駄目だよー シーツと汚れちゃったお尻も、しっかり拭いてあげるね)

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 01:05:12.89 ID:CkrUkP540

 シュルッ、ふきふき・・・
かがみ「・・・・・・んっ」
 シュルッ、ふきふき・・・ ふきふき・・・
つかさ(お姉ちゃんのぷにぷにしたお尻、これで綺麗になったよ♪)
つかさ(・・・おねえちゃんのお尻、綺麗だなあ)
 ぐにぐに
つかさ(むちむちしていて柔らかくて・・・、お姉ちゃんのお尻はもんでいるだけで気持ちいいよー)
かがみ「ん・・・」
つかさ(座薬も入れたし、お尻も綺麗にしたし、お姉ちゃんのショーツもしっかり元通りにしないと)
 グッ、シュルッ、スルスル…
つかさ(パジャマも、きちんと元通りに・・・)
 スッ、スルスル・・・
つかさ(これで完璧だよね! 明日お姉ちゃんの喜ぶ顔が目に浮かぶよ♪)
つかさ(おねえちゃんのお尻、また明日♪)
 ガチャ…パタン

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 01:16:02.00 ID:CkrUkP540

――翌日

かがみ「おはよう、お母さん、つかさ」
つかさ「お姉ちゃんおはよー、昨日はよく眠れた?熱は下がった?」
かがみ「え、う、うん… もう大丈夫・・・」
つかさ「そっかあ♪ よかったよー!」
みき「でも今日いきなり学校行って大丈夫なの?」
みき「昨日まで寝ていたんだから、今日一日休んで、体調整えてからの方がいいんじゃない?」
つかさ「・・・そっかあ、その方がいいよね、お姉ちゃん、どうする?」
かがみ「そうね・・・今日はまだ休むことにする」
みき「それが一番ね、朝ごはん出来ているから、食べてね」
かがみ「うん・・・分かった」
つかさ「あ、もう学校行かないと! お姉ちゃん、お母さん、行ってきまぁーす」
かがみ・みき「つかさ、行ってらっしゃい」

みき「それと、私今日出かけるから、家の留守番もお願いね」
かがみ「遅くなるの?」
みき「そうね…夕飯は皆で作ってくれる?」
かがみ「うん、分かった」
かがみ(家に、一人だけ… 昨日の続き、試してみようかな)

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 01:26:13.69 ID:CkrUkP540

 …バタン
かがみ「お母さんも出かけちゃったし、今家にいるのは私だけ・・・」
かがみ「昨日のつかさの指・・・すごく気持ちよかった…」
かがみ「つかさもやったことあるのかな? でもあの子が知っているはずないよね」
かがみ「お尻の穴で… アナルでオナニー、なんて・・・」
かがみ「そもそもつかさがオナニー知っているはずないか・・・」

・・・・・・

かがみ(でも、自分でやるのよりすごく気持ちよかった)
 ドキドキ…
かがみ「こんな機会滅多に無いし・・・」
かがみ「冷蔵庫にも昨日色々買ってきたから・・・」
 ドクン、ドクン…
かがみ「・・・いいよね、中途半端より、一度気持ちよくなっちゃった方が体にいいよね」

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 01:39:13.02 ID:CkrUkP540

かがみ「で、冷蔵庫にあったのはきゅうりとごぼう・・・」
かがみ「ごぼうは切らないと使えないし、やっぱりここはきゅうりにしようかな」
かがみ「バスタオルとサランラップ、この前買ったローションもまだ部屋に残っていたと思うし、準備はこれで大丈夫ね」
かがみ「みんなが学校で勉強しているのに、家でオナニーするなんて、すっごく興奮する・・・」

・・・・・・

かがみ「バスタオルはしっかり敷いたし、きゅうりには汚れないようにサランラップ!」
かがみ「・・・でも、きゅうり、意外と大きいかも?」
かがみ「前に買ったローションも、今日は奮発して使わないとね」
かがみ「今日はおもいっきり声出しても周りに聞かれることも無いし・・・」
 ドキドキドキ…
かがみ「……っん」
 クニッ!クチュ・・・
かがみ「はぁ… はぁ… そ、それじゃあ、たっぷり楽しもう♪」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 01:47:54.43 ID:CkrUkP540

――学校

こなた「つかさ、今日はどしたの?何だか休み時間も上の空だったけど」
つかさ「え?私は何時もどうりだよ?」
こなた「それなら別にいいんだけどさ、かがみに風邪うつされたのかと思ったよ」
つかさ「大丈夫だよー、お姉ちゃんももう風邪治ってきたみたいだから」

つかさ(昨日からお姉ちゃんのお尻のことが頭から離れないよ・・・)
つかさ(もう一度触りたいな、もみもみしたいな・・・)
つかさ(お尻の穴に指いれて、暖かい場所でぐにぐにしたいな・・・)
つかさ「はうー、もう我慢できないよ・・・」
 だっ!
みゆき「つかささん、お手洗いですか?もうすぐ休み時間終ってしまいますよ?」
つかさ「ゆきちゃん、こなちゃん、ちょっと私家に忘れ物とって来る!」
こなた「え!?つかさ何言ってるの?次の授業に間に合うわけないって!つかさー!」


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 02:01:09.46 ID:CkrUkP540

かがみ「ふあぁっ!ひぐうっ!んひいよおっ!ぁあっ!んああぁぁぁっ!!!」
 ビクンッ!ビクン! ぷしゅうっ!ぴしゅうっ!

かがみ「ふぁ…ぁあっ…」
かがみ(す、すご・・・昨日つかさのお陰で気持ちいい場所分かったから全然今までとイキ方が違う)
かがみ「はぁ・・・ はぁ・・・ も、もう12時か・・」
かがみ「お昼ご飯、何か作らないと…」
かがみ「ご飯の用意も・・・入れながらだったら更に興奮するかも… どうせ誰もいないし」
かがみ「うえからショーツはけば落ちないよね」
 グッ、グニュウッ
かがみ「ん・・・!くぅっ!だんだんアナルが慣れてきているのかな?・・・すこしだけっ、入れやすくなった? …んぁっ!」
 グニッ、ずにゅううっ!
かがみ「ふぁああっ!んぁ、はぁはぁ… この上から、ショーツと…」
 スルッ…スルスル
かがみ「スカートを着ければ、見た目は全然普通・・・」
かがみ「まさか、んっ… アナルにきゅうり入れているなんてっ、ぁっ… だ、誰も気が付かないよね」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 02:10:47.03 ID:CkrUkP540

かがみ「き、今日は…んぁっ 煮込みうどんにしようかな」
かがみ「ま、先ずは、んっ!」
 グニイッ!
かがみ(動くたびにいっ、ち、腸壁に擦れるっ!)
かがみ「はぁ、ざ、材料をっ、切って… んはぁ、はぁ…」 トントントントン…
かがみ「水の中に、入れて…んくうっ! んぁっ!」
 じわあ・・・
かがみ(あっ、ショーツから少し染みてきちゃった・・・?)
かがみ「じっくり、野菜に火が通るまでっ、はぁ…っ! 柔らかくなるまでっ、んぁっ! に、煮込むぅっ!」
 グニイッ!
かがみ「んくうっ!」
 びくんっ! ビクッ!
かがみ「はぁっ…!はぁっ、ち、ちょっとだけ、イっちゃったぁ…」
かがみ「火が通るまで、一旦休憩…はぁっ、その間に、ショーツも新しいのに変えるか」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 02:17:22.45 ID:CkrUkP540

かがみ「火を使っている間は長時間離れていたら危険だし、ここで着替えよう」
かがみ「んしょっと…」
 シュルッ、
かがみ「落ちないように、しっかりお尻に力を入れて…」
 スルスルスル…
かがみ「…うわ、ちょっとやりすぎたかな クロッチの汚れ酷いわね…」
かがみ「早く新しいのに変えて、これは後で手で洗えばいいかな」

 ガチンャ!

かがみ「え?玄関の鍵・・・?」

『おねえちゃん、ただいまー!』

かがみ「え、えっ!?つかさっ?!」
かがみ(な、何でつかさがこんな時間に帰ってくるのよ!?)

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 02:28:26.69 ID:CkrUkP540

つかさ「おねえちゃん、ただいまー!」
つかさ「・・・・・・」
つかさ(お姉ちゃん、まだ寝ているのかな? それならまたこっそりお尻触れるかも!)
 タッタッt・・・
つかさ(ん、良い匂い・・・おねえちゃんキッチンにいるのかな?お昼ご飯作っているのかな?)
 タッタッタ
かがみ「つかさっ!こっ、こっち来ちゃ駄目! 待った!待って!」
つかさ「お姉ちゃん? ど、どうした・・・の・・・…」

かがみ「あ・・・・・・」
つかさ「お、ねえ、ちゃん…?」

つかさ(お姉ちゃん、何で下着ていないの? 何でキッチンで下半身裸なの?)
つかさ(何で?何でお姉ちゃんはあんなに汚れたショーツ持って料理しているの?)
つかさ(なんでお姉ちゃんのアソコぐちょぐちょに濡れているの? 何で? なんで・・・?)

かがみ「つかさぁ・・・ んっ、ひっく・・・」
かがみ「な、何でっ、んっく・・・ 来ちゃうのよ… 待ってって、行ったじゃない・・・」


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 02:38:45.16 ID:CkrUkP540

かがみ「あ、ああ・・・つかさぁ・・・」
 ヘナヘナ・・・ ぺたん・・・
かがみ「ごめんなさい・・・んっく、 つかさぁ、お願いだからっ・・・お願いだからお母さん達には言わないで・・・」
つかさ「・・・・・・」
かがみ「つかさぁっ、お願い、お願いっ! ちょっとした出来心だったのよぉ・・・ だから、内緒にして・・・お願いっ」
つかさ「・・・・・・」
かがみ「ねえっ、お願いだから、何とか言ってよおっ、つかさぁっ・・・」
つかさ「おねえちゃん・・・私、わたし・・・」
かがみ「つかさ、お願い・・・ 私を、私を軽蔑しないで・・・何でも、何でもいう事聞くから・・・」
かがみ「ひぐっ、ひっく お願いぃっ、ひっくっ・・・」ポロポロ・・・

つかさ「・・・・・・おねえちゃんっ!」
 ぎゅ・・・!
かがみ「んっ つ、つかさ・・・ お願いよ・・・」
つかさ「分かったよ、誰にも言わない、絶対に誰にも言わないからもう泣かないで?」
つかさ「私だって、お姉ちゃんの気持ち分かるよ、だから、ね?」
かがみ「つかさ・・・?」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 02:46:52.41 ID:CkrUkP540

つかさ「だから一つだけ、いう事聞いてほしいな・・・」
かがみ「秘密にしてくれるのなら、何でもいう事聞く!」
つかさ「えへへ・・・ そんなに難しいことじゃないよ」
かがみ「私、できるかぎりのことはするから・・・」
つかさ「それじゃあね、お姉ちゃん」
かがみ「うん、なに?つかさ?」
つかさ「えっとね、私におねえちゃんのお尻好きなようにさせてほしいの」
かがみ「・・・え?」
つかさ「えへへ・・・だからね、私、お姉ちゃんのぷにぷにした柔らかいお尻大好きだから・・・」
つかさ「触ったり、指でお尻の穴ぐにぐにしたり・・・ あとは、その・・・舐めたり、とか」
つかさ「してみたいんだよー、ね、いいかな?」
かがみ「・・・そ、それはっ」
 カアッ・・・!
つかさ「・・・ダメ?」
かがみ「・・・・・・」
かがみ「そ、それでいいの?私だって、その、つかさに弄ってもらえるのなら・・・」
つかさ「いいの? やったあ!」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 02:56:55.70 ID:CkrUkP540

つかさ「まずは・・・お姉ちゃん、テーブルに手をついて、こっちにお尻向けてもらえるかな?」
かがみ「い、いいわよ・・・」
 ぐっ、
かがみ「こ、これで、いい?」
つかさ「お姉ちゃん、良いよ!最高だよ!」
かがみ「さ、最高って・・・ こっちは、すごく恥ずかしいんだからね!」
つかさ「えへへ・・・でも、恥ずかしがっているお姉ちゃんも可愛いよー」
かがみ「なっ!つかさまで、こなたみたいなこと言わないでよ・・・もう!」
つかさ「だって、本当のことだよ?」
つかさ「それじゃあそのまま、お尻の穴が見えるように、足を左右に広げて」
かがみ「う、うん・・・」
 ぐいっ、ぐいっ
つかさ(お姉ちゃんのお尻、おまたのわれめがどんどん左右に開いて、すごくえっちな格好だよー)
かがみ「こ、これくらい足開けば、お尻もしっかり左右に離れて・・・その・・・」
かがみ「あ、アナル、しっかり見えるでしょ?」


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 03:08:12.66 ID:CkrUkP540

つかさ「とってもよく見えるよ、お姉ちゃんのお尻の穴、すごく綺麗・・・」
かがみ「き、綺麗って、そんなこと無いわよ・・・」
つかさ「そうかな?ひくひくしていて、可愛いよ?」
かがみ「は、恥ずかしいからいちいち説明するなって!それに・・・その」
つかさ「・・・これ挿れていたんだよね?」
かがみ「そ、そうよ、そのサランラップに巻かれたきゅうり、汚いでしょ?それが挿っていたんだから・・・」
つかさ「おねえちゃんのウンチがちょっとついているくらいで、私は汚いと思わないよ?」
つかさ「だから、このきゅうりも、目の前にあるお姉ちゃんのお尻も、私は綺麗だと思うよ」
かがみ「そ、それって私は喜んでいいのか・・・?」
つかさ「だからほら、もっと、お姉ちゃんの綺麗なお尻がどうなるか見てみたいな」
つかさ「まずは、これで・・・お姉ちゃんのウンチがついたラップきゅうりで、お姉ちゃんの中をかき回してみるね」
かがみ「・・・い、一応それくらいの太さならなんとか入るから、ゆっくり挿れてね・・・」
つかさ「大丈夫だよ」
 グッ・・・ ズッ・・・!
かがみ「んっ・・・!」
つかさ「お姉ちゃんにだって、気持ちよくなってもらいたいから、私も頑張るよ!」

70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 03:17:05.64 ID:CkrUkP540

つかさ「ゆっくり、少しずつ挿れていくよ?」
 グッ・・・グイ・・・
かがみ「ん・・・っ! あ、あまりゆっくりでなくてもいいからね? 今日何回かアナルに入れて動かしたことあるから」
つかさ「数回もお尻の穴に挿れていたの? さすがお姉ちゃん!」
かがみ「だ、だって・・・その、き、気持ちよかったから・・・」
つかさ「でも、二人ならもっと気持ちよくなれるかもしれないね!」
 グニッ!グニイッ!
かがみ「ふぁあっっ!」
つかさ「お姉ちゃんの声、大きいね!」
 グニイッ! グニィッ!
つかさ「お姉ちゃんのお尻の穴、よく広がるんだね」
つかさ「きゅうりがどんどんお尻の穴に埋まっていくよー」
 ぐにいっ!
かがみ「あ!、あっ、あああぁ・・・っ!!」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 03:26:22.16 ID:CkrUkP540

かがみ「あぁっ!んぁ・・・!」
つかさ「お姉ちゃん、どうかな?これで殆どお姉ちゃんのお尻の穴の中にきゅうり入ったよ?」
かがみ「い、いいっ、つか、さぁっ、す、すごくいっぱいになって、気持ちっ、ひいっのぉっ」
 タラァー・・・ ぽた、ぽたた・・・
つかさ「わぁ・・・おねえちゃん、気持ち良いの? おまたの奥からもいっぱい出てきてるよ」
つかさ「ほら・・・」
 くにゅっ
かがみ「んぁっ!」
つかさ「・・・今のでまた溢れてきたね、お姉ちゃん、お尻に入っているのに、こっちも気持ちいいんだねー」
かがみ「・・・!」コクコク!
つかさ「声が出ないくらい気持ち良いの?でも、今はお尻、私の大好きなお尻だけで気持ちよくさせてあげるからね」
つかさ「それじゃあ動かすよ」
 ずっ、ずりゅっ! ズニュウッ!
かがみ「ふぁあっ!」
 ずっ!ずりゅっ! ズニュウッ、グニグニッ・・・
かがみ「くううんっ! っぁっ!あくうっ!」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 03:42:14.96 ID:CkrUkP540

 ずにゅっちゅ、ズニュウッ!
つかさ「おねえちゃん、いいの?気持ち良い?」
かがみ「あ、あくうっ!きっ、ひもちいい・・・んくっ・・・!」
つかさ「良かった。私だけが楽しんでいたら、お姉ちゃんに悪いよね」
 ずっちゅ、ズルウッ!
かがみ「ぁ、ああっ・・・そ、そこのっうえのっ、ところもっ・・・!」
つかさ「ここかな? お姉ちゃんにおねだりされちゃったら断れないよー」
 ずにちゅ!ぐにいっ!ぐにっぐにっ!
かがみ「はひああぁぁっ!」
つかさ「ここだね! ここが一番気持ち良いんだね!」
かがみ「・・・っ! ・・・!」コクコクコク!
つかさ「えへへ・・・そうだよね、お姉ちゃんすごい気持ちよさそうな顔しているから私にもわかるよ」
 ぐにっ、ぐにいっ! ぐにぐにぐにぐに!
かがみ「・・・! んくうっ! ひぐっ! イっひゃうっ・・・! ・・・っ!!」
つかさ「お姉ちゃん、いいよ! 私しっかり見ているから! そのまま気持ちよくなっちゃっていいよ!」
つかさ「すっごく気持ち良いんだよね? 足を広げながら、床の上にそのままおまたのお汁お漏らししているの、しっかり見えているよ!」
かがみ「ひちゃうっ! も、もうだっめえええっ! イッちゃうっ!イくうっ! んんんっ・・・!!!!」
つかさ「お尻の穴もひくひくしているよ! おねえちゃん、いいよ、いいよ!」
かがみ「・・・・・・〜〜〜〜っ!!!!」
 びくうんっ! びくっ! ぷしっ、ぷしっ、ぱたたたっ、ぷしっ、ぷしゅっ!

80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 03:56:33.91 ID:CkrUkP540

かがみ「〜〜〜っ!」
 びくんっ! ぷしゅっ、ぱたたっ!
つかさ「おねえちゃん、本当に気持ちよかったんだね」
かがみ「んぁっ、はぁっ、ぅん・・・」
つかさ「キッチンの床も、おねえちゃんのおまたのお汁でびしょびしょだよ」
つかさ「それと・・・お姉ちゃんのお尻の穴、きゅうりを出し入れしていたから、ウンチで汚れちゃった」
つかさ「でも、綺麗にするためには、まずきゅうりを抜かないとけないんだけど・・・」
 ずぶううっ!
かがみ「ふああああっ!」
つかさ「えへへ・・・これで殆ど中に入っちゃったよ」
つかさ「やっぱり私が抜くより、お姉ちゃんが自分できゅうり出すところを見てみたいな」
かがみ「んくっ・・・! こ、このまま?出せばいいの?」
つかさ「そうだよ、できるだけゆっくり、ゆっくり、ウンチ出すみたいにお尻から出してほしいな」
かがみ「で、でも、今にでもきゅうり一気に出ちゃいそう・・・」
つかさ「おねえちゃん、できるだけゆっくりでいいから、頑張って!」
かがみ「う、うん・・・ 分かった、やってみる・・・」

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 04:06:03.13 ID:CkrUkP540

かがみ「んっ・・・!」
 ずる・・・
つかさ「わあ・・・出てきたよ! お姉ちゃんのお尻の穴、ゆっくり開いて、そこからきゅうりが出てきているよ」
つかさ「ゆっくり、ゆっくりだよ?」
かがみ「んくっ・・・」
 ずっ、ずっ・・・
つかさ「すごい・・・お姉ちゃんのお尻からウンチ付きのきゅうりがどんどん出てきてる・・・」
かがみ「んっ・・・っ!」
 ずっ・・・ ずる・・・
つかさ「お姉ちゃんがウンチしているとこ見ているみたい・・・」
かがみ「ん・・・!そ、そんなっウンチなんて・・・!」
 カアッ・・・!
つかさ「やっぱり恥ずかしいよね、人にそんな姿見られるのって」
つかさ「でも、今のお姉ちゃんはウンチより恥ずかしいことしているんだよね」
つかさ「だって、おしりからウンチ塗れのきゅうり出しているんだよ?」
かがみ「ううっ・・・んくっ!」
 ずるっ、ずるうっ!
つかさ「もうすぐで全部かな? いいよ、一気に出して!」
かがみ「んっ!!」
 ずるううっ! ボトンッ!

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 04:17:15.12 ID:CkrUkP540

つかさ「お姉ちゃん、お疲れ様」
かがみ「あ、あぁ・・・」
かがみ(す、すっごく良かった・・・)
つかさ「でもね、お姉ちゃん、私はまだやりたいことあるんだよ」
かがみ「いいわよ、つかさのやりたいようにするのが約束だから・・・」
つかさ「じゃあ次は・・・おねえちゃん、今度は床の上に仰向けで寝てくれるかな?」
つかさ「あ、床が冷たいからバスタオル敷いておくね」
 ふぁさっ・・・
かがみ「この上に、仰向けで寝ればいいのね?」
つかさ「うん、それで、・・・寝たら、足を上げて、カエルさんみたいな格好に足を曲げてみて」
かがみ「こ、こうかしら?」
かがみ(男の人とエッチするときの格好って、こんな感じなのかな・・・)
つかさ「それでね、最後にお姉ちゃんのお尻の穴がよく見えるように、天井にお尻を突き出すようにお尻を上げて?」
かがみ「こ、これくらい・・・? 長時間だと結構疲れるかも・・・」
つかさ「最後に、おしりを左右から手で引っ張って、お尻の穴を開けて、それを私に見えるようにしてくれるかな」
かがみ「は、恥ずかしい・・・けど、こ、こうよね?」
 ぐにいっ! くぱっ!
つかさ「うん!それで大丈夫だよ そのままお尻を左右から引っ張って、お尻の穴を見えるようにしておいてね」

87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 04:29:58.79 ID:CkrUkP540

かがみ「で、どうするの?私はずっと・・・その、この格好?」
つかさ「そうだよ、その格好のまま、私がお姉ちゃんのお尻の穴に指を入れて、ぐにぐにしたいんだよ」
つかさ「お姉ちゃんの顔を見ながら、お尻の穴に指入れてぐにぐにしたら、きっと私もお姉ちゃんも興奮すると思ってー」
かがみ「顔を見られるのって、恥ずかしいからね・・・こ、興奮は・・・するかも」
つかさ「だよね、だよね! だからお姉ちゃんはその格好のままでね?」
つかさ「私がお姉ちゃんのお尻に指入れるから、お姉ちゃんは私の目をずっと見ていて」
かがみ「め、目を? うん・・・」
つかさ「私もお姉ちゃんの顔ずっと見ているから、ね」
 すっ
かがみ「つかさ・・・顔結構近いって!」
つかさ「いいんだよ、私だってお姉ちゃんの気持ちよさそうな顔、近くで見たいんだよ」
かがみ「つ、つかさ・・・」
つかさ「それじゃあお姉ちゃん、指、入れるよ・・・ しっかり私の目、見ていてね」
かがみ「うん・・・ つかさ、優しくしてね」
つかさ「大丈夫だよ、おねえちゃん」
 つつっ・・・つっ
かがみ「ん・・・っ!」
つかさ「ここ、だね、行くよ、お姉ちゃん!」
かがみ「つかさ、いいわよ、来て」
 つにゅっ・・・ にちゅっ!
かがみ「ふぁっ・・・!つかさの指、は、入ってきているよ!」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 04:39:10.36 ID:CkrUkP540

つかさ「お姉ちゃんの中、すごく暖かいよ」
 ずにっずにっずにっ
かがみ「んぁ・・・つかさの指もっ、んっ!き、気持ち良いよ」
つかさ「お姉ちゃん、どんどん顔が赤くなってきているよ」
 ずっ、ずにゅくにっ、ずにゅくにゅっ!
かがみ「だ、だって、こんなことしたの初めてだから・・・!」
つかさ「私だって初めてだよ?」
 ずにっ、ずにっ
かがみ「でも昨日私のアナルに・・・」
つかさ「あ、やっぱり昨日お姉ちゃん起きていたんだ・・・」
かがみ「途中から、だったけどね その時もっ・・・!んっ、つかさの指・・・ その、き、気持ちよかったよ・・・」
つかさ「でも、あの時は座薬入れないと、ってずっと思っていたから」
つかさ「だから、こうして」
 ずにゅっ、ずにっ
つかさ「お姉ちゃんの顔を見ながらお尻の穴いじるのとは全然違うよ」
かがみ「そうかな・・・んくっ! ああっ、つかさぁ・・・いいよっ、そこ、いいよぉっ・・・」
つかさ「えへへ・・・ここかな?」
 くにゅうっ!
かがみ「んああくううっ!」
つかさ「それとも、ここかなあ?」
 ぐにいっ!
かがみ「んんんっ・・・〜〜っ!」
 くにゅうっ!

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 04:51:05.45 ID:CkrUkP540

つかさ「どっちがよかった?」
かがみ「最初のほ・・・んくぁっ!あ、後の方が背中がびりびりしたから、し、下の右側の方が、いいのおっ!」
つかさ「分かったよ、こっちだよね」
 グニュウッ、ぐにいっぐにいっ!
かがみ「ふ、ふあああっ! つかさの指っ、さっきのきゅうりより細いんだけどっ、生き物みたいに動くからっ・・・!」
かがみ「すごくいいのぉっ! つかさぁっ・・・!」
つかさ「お姉ちゃん! ・・・キス、してもいいよね」
かがみ「私からもお願い! この格好なら、つかさと、つかさと一緒にキスしながイけるからっ!」
つかさ「お姉ちゃん! それじゃあい持ちよくなってね」
 ちゅう・・・ちゅぱっ、ちゅっぱっ
かがみ「んちゅっ・・・・んぷはっ、つかさぁっ、お願い、もうすぐイきそうだから、さっきの場所、もっと、もっとくにくにして!」
つかさ「ちゅぷぁ・・・ちゅ・・・ぷはっ、分かったよお姉ちゃん、ココだよね、イっちゃうんだよね」
 くにゅっ、くにゅくにゅっ!くにいっ!くにゅうっ!
かがみ「んんぁああっ!つかさあっ、き、キスしてっ、もう、もうイきそうっ・・・!!! んんぁぁああっっ!!!」
つかさ「お姉ちゃん、私の指気持ち良い? その格好で、お尻の穴手で広げて、気持ち良いんだよね」
つかさ「いいよ、おねえちゃん!何時でも気持ちよくなっていいからね」
 くにゅっ、くにっ、くにゅうっ!くにゅくにゅくにゅくにゅっ!
かがみ「んくうっ・・・!つかさっ、い、イくうっ!んんぁあっ、ん・・・・・・・〜〜〜〜っ!!」
 びくうんっ! びくんっ! ぴしゅっ、ぴしゅうっ!

93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 05:01:41.85 ID:CkrUkP540

かがみ「ふ、ふぁぁ・・・」
つかさ「お姉ちゃんのお汁、沢山飛んだね」
かがみ「うん・・・ あはぁ・・・」
かがみ「つか、さぁ・・・ はぁ、はぁ・・・」
かがみ「もう、これで・・・これで内緒にしてくれる約束、忘れないでね・・・」
つかさ「しっかり覚えているから大丈夫だよ、それに、私はお姉ちゃんのこと軽蔑したりしていないよ」
 ごとっ・・・
つかさ「ほら、お姉ちゃんのお尻の中に入っていたウンチ付きのきゅうりだって・・・」
つかさ「・・・んっ!」
 ぺろっ!
かがみ「つかさ!汚いって!」
つかさ「え、えへへ・・・でもね、これくらい、私はお姉ちゃんのお尻が好きなんだよ」
かがみ「つかさ・・・」
 ゴロ、ゴロ・・・キュウッ・・・
かがみ「!!あ、あっ・・・!」
 ぷすうっ!ぷうっ!
かがみ「あ、おなら出ちゃった・・・」
つかさ「お尻いじっていたからね、腸の動きが活発になったのかなあ?」

96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 05:13:52.43 ID:CkrUkP540

 ゴロゴロゴロ・・・
かがみ(あ、あれ・・・?)
かがみ(もしかして、長時間裸だったから、お腹が冷えた・・・?)
 キュルル・・・
つかさ「お姉ちゃん、もしかして・・・」
つかさ「ウンチ、出そうなの?」
かがみ「えっ・・・」
 カアッ・・・!
かがみ「う、うん・・・ちょっとだけ、出そうかも・・・」
かがみ「ごめんつかさ、ちょっとトイr」
 グギュルルルルッ!
かがみ「えっ!!? あ、うそっ・・・!」
 ぎゅるううっ!
かがみ「あ、で、でちゃうっ!!」
 ブヂュ…ぐいいっ!
かがみ「ふぐうっ…!」
かがみ(あ、ああ…少し床に出ちゃった…でも!)
かがみ「んっ、んんっ! 指、でっ、なんとか、何とか…! これ以上はんもう…!」
つかさ「お姉ちゃん!?大丈夫? ウンチ、我慢できないの?」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 05:26:00.89 ID:CkrUkP540

かがみ「で、でも…このままだとトイレまでは無理かもしれない…!」
 ゴロゴロゴロぎゅるううう…
つかさ「ど、どどうしよう…!これ以上キッチン汚したら、隠し切れないよ!」
かがみ「つかさぁっ、な、何でもいいからっ、も、もう…限界よぉ…っ!」
 ぎゅるうっ! グググ…
かがみ「んくううんん!!あ、ああっ!指の隙間からっ、でちゃ、でちゃううっ!」
 ビヂュッ!
つかさ「お、お姉ちゃん、もうちょっと我慢して! で、でも!どうしたらいいの!?」
かがみ「いい…からっ…何か、何でもいいから…これ以上はっ、う、ウンチ出ちゃう…!」
つかさ「……あっ!!」
 がしいっ!
つかさ「うどんの鍋!」
つかさ「まだ野菜しか入っていないし、これなら入るよね!」
かがみ「もう、そ、それでいいから! つかさ、はやくそれ下に置いて…!あ、ああっ!」
 ぎゅるるるるるる!!!!
つかさ「はい、お姉ちゃん!」
 ごとっ!
かがみ「ん、はあっ! …くうっ、んっ!!!」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 05:40:56.58 ID:CkrUkP540

かがみ「んくうっ!」
 ビュルウッ! ブビュッ!
かがみ「つかさ…!こっち見ちゃだめぇっ!!」
 ブリュッ、ブリュウウッ!! ブリッ、ブリュリュッ、ブリュッ…
つかさ「…・・・」
かがみ「つかさっ、あ、ああっまだ出るっ…!んんくうっ!」
 ブッ! ブビリュッ! ブリュウッムリムリムリムリ…
かがみ「便秘だったから…! 普段は、普段はこんなにウンチ多くないのよ…!」
 ムリムリムリムリ… ブッ、ブチュッ、ブリュッ、ムリュムリュムリュムリュ…
つかさ「……」

つかさ(すごい…お姉ちゃんが、真面目で優しいお姉ちゃんが…ショーツもスカートも着ないで…)
つかさ(キッチンでウンチお漏らししてる…我慢できなくて、お鍋の中にウンチしてる…)
つかさ(えっちなことして、おまたびしょびしょのまま、お尻からウンチあんなに沢山…)
つかさ(おねえちゃんって、しゃがんでウンチするとき、あんな風にウンチするんだ…)
つかさ(顔赤くて、恥ずかしいんだね、お姉ちゃん)
つかさ(お姉ちゃんのその姿、そのお尻、可愛いよ…大好きだよ)

かがみ「あ、ああっ、ウンチあふれちゃう…!ど、どうしよう!?ま、まだ止まらない…!」
 ムリッ!ムリリッ…ムリムリュムリュ…

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 05:53:57.50 ID:CkrUkP540

かがみ「はぁ、はぁっ…」
 ブピッ… ブ、プウッ…
かがみ「ぜ、全部…出しちゃった」
かがみ「つかさ… そ、その…我慢、できなくて・・・」
つかさ「でも、お姉ちゃん…」
つかさ「ウンチしているときのお姉ちゃん、とっても気持ちよさそうだったよ」
かがみ「そ、それは…!」
つかさ「だからね、お姉ちゃん、私…」
つかさ「お姉ちゃんのお尻、もっと好きになったよ」
かがみ「え…そ、そう?」
つかさ「うん、だから、落ち込まないで、お尻拭こう…」
 シュッ、シュッ ふきふき
かがみ「んっ… つかさ…」
つかさ「ほらお姉ちゃん、お尻の周りにも、お尻の穴にもまだウンチ付いているんだから」
つかさ「テーブルに手を置いて、お尻をこっちに突き出して」
かがみ「これでいいかな…」
つかさ「それで、片方の手で、お尻の穴がよく見えるように横にお尻を引っ張っていてね」
かがみ「うん…」
 ぐいっ!
つかさ「それで大丈夫だよ お姉ちゃんの可愛い柔らかなお尻、私が綺麗ににしてあげるね」

110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 06:05:19.57 ID:CkrUkP540

 シュルシュル、ふきふき…
かがみ「んっ…」
 シュルシュルッ、ふきふき、ふきふき…
つかさ「はい、おねえちゃんのお尻、綺麗になったよ」
かがみ「ありがとう、つかさ・・・」
つかさ「えへへ…だってこんなにお姉ちゃんのお尻…」
 んちゅうっ!
かがみ「んぁっ! つ、つかさっ!アナル舐めたら汚いわよ!」
つかさ「だって、こんなに綺麗になったんだよ? 舐めるくらい大丈夫だよ」
 ちゅぱっ、ちゅぷっ…チロチロ…
かがみ「んんっ…!」
つかさ「…はい、こんどこそ、これで終わりだよー」
つかさ「お姉ちゃん、今日はお尻好きなように弄らせてくれてありがとう」
かがみ「そ、それはだって、約束だったから・・・」
つかさ「それででね…」
つかさ「その…また今度、お尻弄らせてもらっていい?」
かがみ「……そうね…い、いいわよ」
かがみ「そ、そのっ、風邪や便秘が治ったのも、き、気持ちよくしてもらったのも、全部つかさの…お陰だからね」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 06:18:11.81 ID:CkrUkP540

かがみ「だからその…もしつかさが触りたくなったら言いなさいよ、できる限りのことは協力してあげるから」
つかさ「お姉ちゃん…」
かがみ「で、でも! 当分は駄目だからね!また機会を置いて、ね」
つかさ「うん!…お姉ちゃんのお尻、大好き!」
 ぎゅむうっ!
かがみ「ちょっ、つかさ!片付け出来ないからお尻に抱きつくなって!」
つかさ「だって、今のお姉ちゃんのお尻良い匂いなんだよ」
 クンカクンカ…
かがみ「は、恥ずかしいから匂い嗅ぐな! ほら、片付けないと、本当に大変なことになるよ?」
つかさ「そうだね、私はこのお姉ちゃんがウンチしたところ片付けるよ!」
かがみ「つかさ? 真面目に手早く、片付けるのよ?いい?」
つかさ「う、うん…!大丈夫だよ!」

・・・・・・

かがみ「はぁ… 気持ちよかったのはいいんだけど… やっぱり」
つかさ「くさいよねー・・・」

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 06:36:39.82 ID:CkrUkP540

――数日後

こなた「かがみ、今日つかさのお見舞い行っていい?」
かがみ「そんなこと言って、私の宿題写したいだけなんじゃないの?」
こなた「そんなこと無いよー 4日も学校休んでいるんだし、心配なんだよー」
かがみ「はいはいわかったわかった、どんな理由でも、つかさに風邪うつされるなよ?」
かがみ「って言っても、もうすぐ治ると思うけどね」
みゆき「やっぱり、かがみさんの看病の成果ですね」
かがみ「でも、私ができることなんて、そんな色々あるわけじゃないけどね」
こなた「ほうほう…ではかがみは一体、つかさのために何をしてあげたんだね?」
かがみ「私は…そうね、これから解熱剤を使うのを手伝うつもりよ」
こなた「これから? しかも薬を飲ませるのを手伝うだけ?」
かがみ「飲ませる、なんて一言も言っていないわよ?」
みゆき「それでは…?」
かがみ「強力な解熱剤がね、つかさに処方されているの」
かがみ「それをこの私が風邪ひいたときにつかさに手伝ってもらったから、今度は私の番かな、って」
こなた「へー? どんな薬なのかな」
みゆき「解熱剤、ですか…一体、何なのでしょう」

……。

つかさ「おねえちゃん、こ、これでいいかな?」
かがみ「うん、しっかりおしりの穴見えるようにおさえてえていなさいよ」
かがみ「つかさ、今座薬、いれてあげるからね♪」


 〜 終 〜

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/26(月) 06:47:24.29 ID:CkrUkP540

これで一応終わりです
ノーマルなアナル展開、ハードなスカトロ展開を期待していた方々、ごめんなさい
それでも読んでくれた方々、スレ主さんありがとう。

でも、>>1の言う座薬は解熱剤ではなく痔に使う方だったのかもしれない



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「放置してみる」艦娘「放置された」