かがみ「削除・削除・削除」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「さあみくるちゃん!うんこするわよ!!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 22:16:39.31 ID:suiy2U620

水銀燈『随分と頑張るのねぇ』

かがみ「時間は無駄に出来ないわよ。なんたって私は・・・」

水銀燈『・・・』

かがみ「新世界の神になるのだから」

水銀燈『人間って面白いわぁ』


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 22:20:55.26 ID:suiy2U620

かがみ「にしても本当に便利ねこのノートは・・・」

水銀燈『でしょう』

かがみ「名前を書かれた人間は40秒後に・・・」

水銀燈『魂が抜けてジャンクになっちゃうのよぉ』

かがみ「正確に言うと書かれた人間は植物状態になっちゃうのよね」

水銀燈『どっちでもいいわぁ、それよりかがみ・・・』

かがみ「何?」

水銀燈『ヤクルトちょうだあい」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 22:24:31.52 ID:suiy2U620

翌日

つかさ「お姉ちゃん眠そうだね」

かがみ「うん、ちょっと遅くまで勉強してたから」

かがみ(ほんとは犯罪者を裁いてたんだけどね)

つかさ「さすがだね〜、あっこなちゃんおはよう〜」

こなた「おはよう、つかさ、かがみん」

かがみ「オッスこなた」

かがみ(この事は絶対悟られちゃ駄目ね)


水銀燈『ヤクルトはどこかしらぁ』

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 22:27:04.04 ID:suiy2U620

帰宅

かがみ「ただいま〜」

水銀燈『もう遅いじゃないのぉ、かがみぃ』

かがみ「どうしたのよ、アンタ涙目になって」

水銀燈『だって冷蔵庫が開けられなくてぇ』

かがみ「・・・・・」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 22:31:33.44 ID:suiy2U620

かがみ「削除・削除・削除、フヒヒッ」

水銀燈『今日も精が出るわねぇ』

かがみ「まあね、休んでる暇は無いわ」

水銀燈『裁きを始めて一ヶ月、さすがに警察の動きも活発になってきたみたいねぇ』

かがみ「知ってるわ。でもどうせ警察は何も出来ないわ」


関東のどっか

???「やっぱりキラは日本にいるようね」



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 22:38:29.74 ID:suiy2U620

一週間後

かがみ(ふふふっ、全てが順調だわ。世界では犯罪が七割も減少しキラ擁護派も増えてきた)

かがみ「ふふふっ」

こなた「どったのかがみ?」

かがみ「ああ、いや何でもないわ」

こなた「わかった!体重が減ったとかでしょ」

かがみ「違うっつうの」


???(このままじゃあ、やつの思う壷だな・・・こっちから仕掛けてみよう)

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 22:43:34.99 ID:suiy2U620

かがみ「削除♪削除♪削除・・・・・」

水銀燈『ねえ、かがみぃ』

かがみ「何よ、今いいとこなのに」

水銀燈『TVで貴女のこと言ってるみたいだけどぉ』


???「私は全世界の警察を動かせる探偵・・・Mです・・・」

かがみ「何よこいつ・・・」

水銀燈『面白いわぁ』

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 22:51:58.19 ID:suiy2U620

TV「お前のしていることは悪だ」

かがみ「私が悪ですって・・・私はry」

デスノート一巻二話をご覧ください

かがみ「38・39・40」

TV「がはっ」

かがみ「あははっははっははh」

???「驚きました。まさかこんなことが・・・」

かがみ「????」

???「キラ、もしあなたが今の男を葬ったのならry」

デスノート一巻二話をご覧ください

???「Mという私は存在します」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 22:57:08.48 ID:suiy2U620

かがみ「M」

???「キラ・・・」

「「かならずお前を捕まえて始末する」」

かがみ「私が」 ???「私が」

「「正義だ!!」」

???「また会いましょう・・・キラ・・・」

かがみ「何よこいつ・・・水銀燈」

水銀燈「クークークー・・・」

かがみ(寝てるし・・・)


???「最初のコンタクトにしては上出来でしょう・・・」

母「みゆき〜っご飯出来たわよう〜」

みゆき「はあい、今いきます。」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 23:04:06.45 ID:suiy2U620

翌日学校の昼休み

かがみ「ふぁあ〜」

みゆき「ふぁあ〜」

こなた「何か二人とも眠たそうだね」

つかさ「うん、お姉ちゃんはともかくゆきちゃんまで」

みゆき「ちょっと遅くまで調べものをしてまして」

かがみ「私はちょっと本読んでて・・・」

かがみ(これも全部Mのせいだわ」

みゆき(昨日はさすがに疲れました)

かがみ(絶対見つけて消してやるわ)

みゆき(必ず捕まえます・・・あの人のためにも・・・)

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 23:12:54.09 ID:suiy2U620

放課後 某病院

コンコン

みゆき「失礼します」

みゆき友「・・・・・」

みゆき「キラの尻尾を掴めました・・・もう少し待っててください」

みゆき友「・・・・・」

みゆき「必ずキラを捕まえます」


かがみ(まずは奴がどこにいるかを把握しなきゃね・・・)

かがみ「水銀燈、悪いけど少しPC貸して」

水銀燈『やあよぉ、せっかくスレ立てたばっかなのにぃ』

かがみ「ヤクルトあげるから」

水銀燈『しっ、仕方ないわねぇ、ちょっとだけよぉ』

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 23:19:44.42 ID:suiy2U620

かがみ「まずはようつべでMで検索してっと」

かがみ「やっぱりUPされてたわね。まずはこの動画を保存してと」

かがみ(この動画を徹底的に洗えば何か掴めるはず・・・)

みゆき「って今頃キラか考えてるでしょうねえ」

みゆき(残念ですが証拠はいっさい残していません。私が特定されることは無いはず・・・)


水銀燈『かがみぃ、もう一本ちょうだあい』

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 23:30:02.43 ID:suiy2U620

みゆき「さてと、少し整理してみましょう」

みゆき「裁かれてる犯罪者の七割以上が日本人からキラは日人と考えていいでしょう」

みゆき「そして、この前の放送からキラが潜伏してるのは関東地区」

みゆき「さらに裁かれた者立ちの報道のされ方、裁かれた時間帯から学生の線が強い」

みゆき「これだけの犯罪者を裁いてることから正義感が強く、非常に負けず嫌いな人物・・・」

みゆき「洗ってみましょうか・・・みなみさん今の項目に該当する人物のプロファイルを」

みなみ「・・・・分かりました」

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 23:42:17.33 ID:suiy2U620

かがみ「ふう・・・なるほどね・・・わかったわ・・・」

水銀燈『何がわかったのぉ?かがみ」

かがみ「奴の居場所よ、取りあえずここの音を分解してよく聴いてみると」

タタンタタン・・・タタンタタン・・・ファンファン

水銀燈『電車とパトカーかしらぁ?』

かがみ「その通り!あんな遅い時間に電車が走っていてパトカーが走ってた場所」

かがみ「調べるのに苦労したわあ・・・そこでその場所は全国で五箇所に絞られたの」

水銀燈『ふう〜ん』

かがみ「でも私はこの電車の音に聞き覚えがあるのよ。こなたにコミケに連れて行かれた時に聞いた」

水銀燈『・・・・・』

かがみ「つまりやつは東京駅近辺に潜んでいるということなのよ」

水銀燈『コミケってなあに?』

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 23:52:49.47 ID:suiy2U620

土曜日

かがみ「ちょっと出かけてくるわ」

つかさ「どこ行くの?お姉ちゃん」

かがみ「ちょっと東京駅の近くに行きたい店があってね」

つかさ「ふうん、行ってらっしゃあい」


かがみ「意外に重いわねえ、ていうか何でアンタまでついてくんのよお」

水銀燈『だって退屈なんだもん』


みゆき「ちょっと出かけてきます」

母「あらあ、お出かけ?珍しいわねえ」

みゆき「みなみさんと少し街に遊びに・・・」

母「そう、逝ってらっしゃあい」

みゆき「お待たせしました」 みなみ「いいえ」

みゆき「さあて行きましょうか」

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/22(木) 23:58:58.45 ID:suiy2U620

着きました

かがみ「うわあ・・・凄い人ねえ・・・」

水銀燈『すごい数ねぇ・・・翆星石に見せたら卒倒しそうねぇ」

かがみ「?」

水銀燈『何でもないわぁ』


みゆき「まずは、ここの学校からあたってみましょう・・・」

みなみ「・・・はい」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 00:05:19.31 ID:kvFwUMUD0

そんなこんなで10時間が経過した

タタンタタン・・・タタンタタン・・・

かがみ「結局有益な情報は無かったわねえ・・・」

水銀燈『無駄足だったみたいねぇ』

かがみ(いえ、何か見落としてるはずよ・・・何か・・・)


タタンタタン・・・タタンタタン・・・

みゆき「まあプロファイルの人物を半分まで減らせたので上出来でしょう」

みなみ「はい・・・あっ・・・」

みゆき「どうかしました?」

みなみ「今すれ違った電車に柊かがみ先輩が・・・」

みゆき「えっ?」

52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 00:09:59.55 ID:kvFwUMUD0

月曜日昼休み

みゆき「あのお、かがみさん・・・」

かがみ「どうしたのみゆき?」

みゆき「かがみさん、土曜日に東京に行ってたりしましたか?」

かがみ「えっ、ええちょっと行きたい店があってねえ」

かがみ(何でばれたのかしら・・・一応変装してたんだけど)

みゆき「そうですか、ちょっとお見かけしたものでしたから気になりまして」

かがみ「そう、みゆきもどこか行ってたの?」

みゆき「はい、みなみさんとお買い物に」

かがみ「・・・ふうん」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 00:18:25.82 ID:kvFwUMUD0

帰宅
みゆき「たしか、一人だけ家の学校からのプロファイルがありましたね」

みなみ「・・・・・はい」

みなみ「かがみ先輩です・・・・・」

みゆき「・・・そうですか・・・」

みゆき(友人を疑いたくありませんが仕方ありませんね)

かがみ「う〜ん、気になるわ」

水銀燈『どうかしたのぉ?』

かがみ「いや別に」

かがみ(ただの考え過ぎかしら・・・まさかみゆきがMってことは・・・)

かがみ「でも、ちょっと怪しかったのよねえ。」

かがみ「みゆきがあんな時間まで遊んでたりするかしら・・」

かがみ「少し探ってみろうかしら」

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 00:26:00.37 ID:kvFwUMUD0

翌日放課後

かがみ「私ちょっとみゆきに用事あるからこなたと先に帰ってていいわ」

つかさ「うん、わかったあ〜」


かがみ「悪いわね、みゆき」

みゆき「いいえ、特に用事もありませんから。」

みゆき(いい機会です仕掛けてみましょうか)

かがみ「宿題でわからない部分があってさあ」

みゆき「かがみさんが珍しいですね」

かがみ「ここ何だけどさ」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 00:30:26.53 ID:kvFwUMUD0

帰り道

かがみ「ありがとうみゆき、助かったわ」

みゆき「いいえ」

みゆき(そろそろあの質問をぶつけてみましょうか)

みゆき「あの、かがみさ・・・」

かがみ「みゆきってさあ、キラについてどう思ってる?」

みゆき「!!!!!」

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 00:37:02.34 ID:kvFwUMUD0

かがみ(勝つには先手を打つこと。まあ、みゆきがMって決まったわけじゃないけど)

みゆき「いきなりどうしたんですか?」

みゆき(まさか、私がしようとしてた質問を先にされるなんて・・・)

かがみ「いやあ、ちょっと気になってさ、最近世間で騒がれてるでしょ?」

みゆき「そうですね。私はどちらかと言えば否定派ですね」

かがみ「どうして?」

みゆき「人をあんな状態にして成り立つ平和なんてホントの平和じゃありません。」

かがみ「・・・・・」ギリッ

みゆき「キラはただの悪人です。それ以外の何者でもありません」

かがみ「そうなんだ、みゆきは否定派かあ」

みゆき「・・・・・かがみさんはどうなんです?」

60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 00:48:19.08 ID:kvFwUMUD0

かがみ「私も・・・・・どっちかというと反対派かなあ」

みゆき「何故です?」

かがみ「私の言いたいことはほとんどみゆきが言ってくれたわ」

みゆき「そうですか」

かがみ「だから、私今自分なりにキラを誰か推理したりしてるの」

みゆき「奇遇ですね!私もです。」

かがみ「そうなの。じゃあ今度一緒に自分の推理を発表したりしない?」

みゆき「良いですね」

かがみ(計画通り)ニヤッ

みゆき(予想通りですね)フフッ


その頃日本のどっか

???「しまったですう〜ノートどっかに落としちゃったですう〜」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 00:54:46.56 ID:kvFwUMUD0

帰宅後
かがみ「今回の一件で残念だけどみゆきがMってことがわかったわ・・・」

水銀燈『こんなに釣れたわぁ、VIPって馬鹿ばっかりねえ」

かがみ「・・・・・」


みなみ「・・・そうですか」

みゆき「はい・・・確率的に80%です・・・」

みゆき(さてどうしましょうかね・・・)


???「なんだろ?このノート」

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 00:59:20.22 ID:kvFwUMUD0

みゆきと遊ぶことになった

かがみ「お邪魔しま〜す」

みゆき「どうぞ、こっちです」

かがみ「うわあ、みゆきの部屋広いわねえ」

みゆき「そんなことないですよ」

かがみ「さて早速始めましょうか・・・」

みゆき「!!!かがみさんTVを見てください」

かがみ「これって・・・一体・・・・・」

生放送番組「グハッ」ドサッ

かがみ(これはどういうこと?)

みゆき(・・・・・)

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 01:05:45.91 ID:kvFwUMUD0

帰宅後
バンッ

水銀燈『お帰りなさあい、かがみ』

かがみ「あんたに聞きたいことがあるわ」

水銀燈『やっぱりね』

かがみ「あんた以外のドールの仕業ね」

水銀燈『そうよぉ。それかノートを拾った人間かもねぇ』

かがみ「クッ、一体誰が・・・順調だったのに・・・」


???「いいノートを貰ったよ。呪人形」

翆星石『ちゃんと名前で呼びやがれですぅ』

???「僕はちょうど暇だったんだよ。」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 01:13:30.50 ID:kvFwUMUD0

ジュン「これがキラの犯行方法だったとわね」

翆星石『気に入ったですか?』

ジュン「ああ最高だよ。僕はキラの考えには賛成だしね」

ジュン「キラのお手伝いが出来るなんて光栄だよ」

翆星石『キラのドールは一体誰なんですかねえ・・・』


かがみ「こうなったら仕方ないわ」

かがみ「私はしばらく裁きを止めるわ」

水銀燈『なんでよぉ〜つまんないわぁ〜』

かがみ「こいつを利用するのよ。裁くだけ裁かせて私の疑惑をMから解くの」

かがみ「そして私とみゆきでこいつを捕まえるの」

水銀燈『随分腹黒いわねぇ』

かがみ「賢いと言ってよ」

73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 01:20:23.63 ID:kvFwUMUD0

みゆき家

かがみ「私が思うにこのキラは・・・・・」

みゆき「私もそう思います。それなら・・・」

キラ捜査はかがみの思惑通り順調に進んでいた。

翆星石『あっちからドールの気配がしますう』

水銀燈『・・・・・誰かしらぁ』

75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 01:26:01.92 ID:kvFwUMUD0

かがみ(まずは私の疑いを完全に晴らすことが専決ね)

かがみ(みゆきはキラの犯行方法までは分からなくても裁く条件に気づいてるはず)

かがみ(ならそこをうまく利用すれば)

みゆき(妙ですねえ〜前のキラと違い裁かれてる人達の罪が軽過ぎます。)

みゆき(今までのキラとは明らかに違いますね・・・しかし)

みゆき(これもキラの思惑かもしれませんねえ・・・なら)

みゆき「かがみさん・・・」

かがみ「何?」

みゆき「私はMです」

かがみ「!!!!!」

かがみ(やっぱりね、というかどういうつもりかしら・・・)

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 01:32:01.84 ID:kvFwUMUD0

みゆき「・・・・・あまり驚かないんですね」

かがみ「いやっ、そんなこと無いわよ。内心凄く動揺してるわ」

かがみ(一体何のつもりよ・・・みゆき・・・)

みゆき「そうですか。それともう一つ言っておきたいことがあります」

かがみ「・・・・・何?」

みゆき「もうすでに気づいてるかも知れませんが私はあなたを疑ってるんです」

かがみ「私が・・・キラ・・・?」

みゆき「まあ、疑ってるといってもほんの少しです。」

かがみ(うまい言い方ね・・・その言い方なら私の行動が制限される)

みゆき「そして私に何か起きた時にはかがみさんがキラだと他の部下達に言っておきました」

かがみ「!!!!!」

かがみ(こいつ・・・・・)

81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 01:38:24.54 ID:kvFwUMUD0

帰宅

つかさ「お姉ちゃんお帰り〜」

かがみ「・・・・・」

トントントン

つかさ「お姉ちゃん?」

ガチャ、バタン、ギィッ

かがみ「クソッ、やられたわあ・・・みゆきの奴〜」

かがみ「ちきしょう、あのでか乳があ・・・」

かがみ(あれっ、水銀燈はいないのかしら・・・)


どっかの公園

水銀燈『まさかあなただったとわねぇ、翆星石』

翆星石『あなたがキラとの契約者でしたか・・・水銀燈』

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 01:44:15.73 ID:kvFwUMUD0

翆石星『何故こんなことを?』

水銀燈『別にぃ〜ただ退屈だったから』

翆石星『そうですか・・・』

水銀燈『あなたこそどうして?』

翆石星『間違えて落としちゃったんですよお〜』

水銀燈『お馬鹿ねぇ』

翆石星『馬鹿って言うなですう〜』


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 01:49:08.64 ID:kvFwUMUD0

一週間後

困難な捜査の末彼女達は容疑者をついに一人にまで絞りこんだ。

かがみ(ふふっ、遂にここまで来たわ。後は容疑者を捕まえて始末して・・・)

かがみ(・・・・・でも私に本当に出来るのかしら・・・みゆきの名前をノートに書くなんてこと)

みゆき「かがみさん、お茶が入りましたよ」

かがみ「ありがとう、みゆき」


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 01:53:30.28 ID:kvFwUMUD0

かがみ「そういえば前から気になってたんだけど・・・」

みゆき「なんでしょう?」

かがみ「どうしてみゆきはキラ捜査にこんなに一生懸命なのかなって」

みゆき「・・・・・私の中学時代にとても仲のよかった友人がいたんです・・・」

みゆき「彼女が・・・キラに裁かれて・・・・・」

かがみ(・・・・・)

みゆき「今も病院のベッドの上にいます・・・」

かがみ「・・・・・そう・・・ゴメンね嫌なこと聞いちゃって」

みゆき「いいえ」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 01:59:37.03 ID:kvFwUMUD0

帰宅後

かがみ「ってわけなの」

水銀燈『なるほどねぇ、第二のキラは明日には捕まるのねぇ」

かがみ「そいうことになるわね・・・これで私の計画も」

水銀燈『ちょっと出かけてくるわ』

かがみ「気をつけなさいよ」


水銀燈『あんたのマスター明日には捕まるそうよぉ』

翆星石『別にあんなマスターどうなっても知らないですう』

水銀燈『ふうん・・・ヤクルトちょうだあい』

翆石星『クスッ、相変わらず子供っぽいもの好きなんですねえ』

水銀燈『別にいいじゃないのお』

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 02:03:26.72 ID:kvFwUMUD0

翌日

ジュン「ちょお前らwwwww」

ジュンは連行された。


みゆき「犯行方法はノートに名前を書くだけですか」

かがみ「にわかには信じられないわね」

みゆき「ええ、まさか試すわけにもいきませんし。」

かがみ「とりあえずこのノートに書いてある犯罪者と被害者を照らし合わせてみるわ」

みゆき「お願いします」

かがみ(勝った・・・・・計画通り・・・)

94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 02:09:02.92 ID:kvFwUMUD0

かがみ(今ここでジュンをヤレば私がキラになってしまうわ)

かがみ(なら日にちをずらして・・・)

かがみ「みゆき、この事は世間には・・・」

みゆき「報道しませんよ。この事は私達しか知りません」

かがみ「・・・そう」ニヤッ

かがみ「私そろそろ帰るわ」

みゆき「お気をつけて、あっかがみさん財布忘れてますよ」

かがみ「悪いわね、みゆき。それじゃあ」

かがみ(バイバイ・・・みゆき・・・)



96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 02:15:54.17 ID:kvFwUMUD0

帰宅後
かがみ「さあて・・・書こうかしら・・・」

かがみ「高良みゆ・・・・・」ピタッ

かがみ(みゆき・・・・・)

かがみの中には今までの彼女との思い出が反芻されていた。
その事が彼女の最後の文字を書くのを躊躇わせた。

みゆき「やはりかがみさんが・・・・・キラだったんですね・・・」

みゆきの目には涙が浮かんでいた。


水銀燈『ヤクルト飲みたいわあ』

97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 02:19:05.95 ID:kvFwUMUD0

みゆき(かがみさんの財布に盗聴器と監視カメラを仕掛けて良かったです。)

みゆき(かがみさんはいつも家に帰ったら財布は机に置いているらしいですから)

みゆき「みなみさん、かがみさんを確保してここまで連れて来てください。」

みなみ「了解」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 02:23:11.25 ID:kvFwUMUD0

かがみの目からは大粒の涙が幾度と無く零れ落ちていた。

かがみ「駄目・・・どうしても書けないわ・・・」

水銀燈『あと一文字じゃないのぉ』

かがみ「やっぱり無理よ、たしかに新世界は作りたいけど友達を消すなんて・・・」

かがみ(そんなこと無理よお・・・)

水銀燈『ふうん、なら私が書いてあげるわぁ。えいっ』

かがみ「・・・・・あっ・・・・」

みゆき「・・・・・・」

みゆき(かがみさん・・・・・)ドサッ

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 02:29:15.84 ID:kvFwUMUD0

かがみ「ちょっとアンタなんて事してくれんのよお」

水銀燈『何って貴女が望んでたことでしょう?』

かがみ「たしかにそうだけど・・・・・でも・・・・・」

水銀燈『何が不服なのか私には全く理解出来ないわぁ』

かがみ「くっ、アンタみたいな腐った人形にはわかんないでしょうね!」

水銀燈『何ですって・・・・・』

かがみ「何度でも言うをアンタは腐ってるわ。・・・壊れた人形よ・・・」

水銀燈『・・・・・かがみ』

かがみ「何よ・・・」

水銀燈『今までなかなか退屈凌ぎにはなったわ、ありがとお』

かがみ「???」

水銀燈『じゃあねぇ』サラサラ


かがみ「・・・・・・ッ」ドサッ

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 02:36:18.34 ID:kvFwUMUD0

チュンチュン

かがみ「はっ、みゆきっ」

つかさ「お姉ちゃ〜ん、もう起きないと遅刻するよお」

かがみ(夢・・・・・水銀燈も、あのノートも全部・・・)

かがみ「よかったあ〜」




102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 02:36:52.29 ID:kvFwUMUD0



学校で

みゆき「かがみさんおはようござい・・・」

かがみ「みゆきっ」ガバッ

みゆき「かがみさん?どうされたんですか?」

かがみ「みゆきだわ、良かった〜みゆき〜」

みゆき「えっと、かがみさん?」

かがみ「もうしばらくこうさせて・・・」

みゆき「でも恥ずかしいですよ///」

かがみ「もうちょっとだけ」ギュッ


END


106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/23(金) 02:38:55.48 ID:kvFwUMUD0

以上です^^
自分の駄文に付き合ってもらってどもです。
読みづらい所とか不審な点があったらすいません・・・
今度からは書き溜めて投下したいと思います
それではお休みなさいノシ



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:柊つかさに睨まれてます