古泉「すみません、遅れてしまいました」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:中島「おい磯野ー!M-1グランプリに出場しようぜー!!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 12:37:32.44 ID:B0lWNcDk0

ハルヒ「……アンタ、誰?」

古泉「んふっ、冗談きついですね、涼宮さん」

ハルヒ「……もしかして、お客様?」

古泉「な、なに言ってるんですか!僕は団員ですよ!」

キョン「嘘付け、お前なんか知らねぇよ」

みくる「私も知りませんねぇ〜」

長門「……」

古泉「そ、そんな……」

ハルヒ「さぁ、部外者は出て行って頂戴!」





5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 12:41:18.08 ID:B0lWNcDk0

古泉「追い出されてしまいました…」

古泉「まさか、涼宮さんが世界を作り変えてしまったのでしょうか…」

古泉「しかし、最近、閉鎖空間は出ていない」

古泉「それに涼宮さんはこの世界を気に入っている」

古泉「……このパターンは考えられませんね」

古泉「……」

古泉「もしかして、苛められているのでしょうか……」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 12:48:57.27 ID:B0lWNcDk0

古泉「……まさか、僕が苛められる訳が…」

古泉「か、彼に聞いてみましょう」

古泉「ちょっと待ってください!」

キョン「……さっきの奴か」

古泉「ぼ、僕を知っていますよね?悪い冗談は止めてくださいよ」

キョン「知らん」

古泉「そ、そんな……僕は、副団長だったんですよ!」

キョン「はは、副団長は朝比奈さんだよ」

キョン「さぁ、用件は済んだか?」

古泉「……えぇ」

キョン「なら、俺は帰らせてもらうぞ」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 12:52:55.38 ID:B0lWNcDk0

古泉宅

古泉「本当に僕の存在を忘れてしまったんでしょうか…」

古泉「機関は、世界に変化は無いって…」

古泉「やっぱり知らないフリをしているんでしょうか?」

古泉「苛めなんでしょうか?」

古泉「皆、僕が嫌いなんでしょうか?」

古泉「くっ、涙が…」

古泉「あ、明日、部室に行ってみましょう」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 12:59:51.59 ID:B0lWNcDk0

部室

古泉「今度は早めに部室に来て見ました」

古泉「長門さんだけですか」

長門「誰?」

古泉「はは、冗談きついですね、僕ですよ」

長門「知らない」

古泉「ほ、本当に覚えてないんですか?」

長門「……覚えていない」

古泉「僕が嫌いなんですか、皆」

長門「……」

古泉「くっ、長門さん!教えてくださいよ!何があったんですか?」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 13:06:14.67 ID:B0lWNcDk0

長門「教えられない、帰って」

古泉「僕は真相が解るまで帰りませんよ」

長門「……」

ガチャ

キョン「ん、こいず…、またお前か!」

古泉(やっぱり僕を覚えているんですね…)

キョン「また今日も来たのか!ほら、早く帰ってくれ!」

古泉「……仲間はずれにして、楽しいですか?」

キョン「ギクリ、な、何を言っているんだ?」

古泉「……人を苛めて楽しいですか?」

キョン「い、苛めているんじゃないんだ、これには…」

古泉「言い訳は結構、帰ります」

ガチャ

キョン「参ったな、あんなに怒っているとは……」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 13:11:28.35 ID:B0lWNcDk0

その夜

古泉「はは、僕が苛められるなんて」

古泉「友達と思っていたのは僕だけなんですね…」

古泉「皆、僕を嫌っていたんですね」

古泉「はは、コレは傑作だ」

古泉「はははははははは」

古泉「はははははははは」

古泉「……」

古泉「……寂しいですね」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 13:16:09.75 ID:B0lWNcDk0

翌日、放課後

古泉「もう部室に行く必要は無くなりました」

古泉「今日はさっさと帰りましょうか」

古泉「ん、下駄箱に手紙が…」

はやく、部室に来て

古泉「はは、今日も皆で笑い物にするんですね」

古泉「……」

古泉「行くだけいってみましょうか」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 13:22:42.65 ID:B0lWNcDk0

部室

古泉「……来ましたよ」

パーン

ハルヒ「お誕生日、おめでとう!!」

古泉「こ、これは……」

キョン「すまんな、古泉。今までのはドッキリだ」

みくる「涼宮さんがこの日の為に…」

ハルヒ「古泉くんは、いつも笑顔だし、コレぐらい大丈夫だと思ってね」

キョン「でも、結構怒ってたみたいだったからな」

ハルヒ「本当にゴメンね、古泉くん」

長門「……」

みくる「じゃあ早くケーキを食べましょうよ」

古泉「……ふざけんなぁ!!!」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 13:28:22.76 ID:B0lWNcDk0

ハルヒ「ど、どうしたの、古泉くん?」

キョン「お前らしくないぞ」

古泉「はは、仲間はずれにされて楽しいと思ったのかよ」

みくる「そ、それは…」

古泉「ドッキリだからって頭狂ってんじゃねえのか!!」

ハルヒ「ご、ごめん、古泉くん」

古泉「どうせ、お前ら俺を見て笑ってたんだろ!!」

キョン「だからな、古泉…」

古泉「それに、誕生日はとっくの昔に終わってんだよ!!」

ハルヒ「えっ…」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 13:36:07.85 ID:B0lWNcDk0

キョン「そ、そうなのか…」

古泉「だいたい、お前ら俺の誕生日知らねぇだろ!」

みくる「そういやそうですね…」

キョン「ハルヒが今日だって…」

ハルヒ「私もなんとなく今日かなって…」

古泉「お前馬鹿じゃねえのか!?勘で当てれる訳ねぇだろ!!」

キョン「確かに」

古泉「お前ら、本当に俺を馬鹿にしてたんだな!」

キョン「だから、落ち着け古泉!誰も馬鹿になんか…」

古泉「うるせぇ!お前ら…」

バキツ

キョン「いい加減にしろ、謝ってんだろ、こっちは」


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 13:43:46.51 ID:B0lWNcDk0

古泉「な、なんで僕が…」

キョン「お前、さっきから自分が悲劇のヒーローみたいに言いやがって」

ハルヒ「こっちだってわざわざアンタの誕生日を祝ってやろうと…」

みくる「そうですよ、こっちだってがんばってるのに…」

長門「古泉一樹、あなたが100%悪い」

古泉「な、なんで…」

ハルヒ「アンタは団員失格、もう来なくていいわよ」

キョン「ほら、早く出て行けよ!!」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 13:51:27.55 ID:B0lWNcDk0

翌日

古泉「もう僕は団員失格ですか…」

古泉「部室から楽しそうな声が聞こえますね…」

古泉「あの時、僕が怒らなかったら今頃僕も…」

古泉「本当に一方的に僕が悪かったんでしょうか?」

古泉「……帰りましょうか」


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 13:58:35.80 ID:B0lWNcDk0

日曜日、公園

古泉「はは、散歩は気持ちいいものです」

古泉「久々にのんびりと出来ますね」

古泉「これで良かったのかもしれませんね」

古泉「……あれは、彼と長門さんでしょうか?」

古泉「……今見つかったら笑いものにされる事間違いなしです」

古泉「図書館に隠れておきましょう…」


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 14:02:33.12 ID:B0lWNcDk0

図書館

古泉「此処に居れば見つからないでしょう…」

古泉「あれ、長門さんと彼が入ってきました…」

古泉「今日は不思議探索の日じゃ…」

古泉「そうか、いつも図書館に来てたんですね」

古泉「見つからないように此処から出ましょうか…」


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 14:08:58.24 ID:B0lWNcDk0

古泉「……彼は寝ていますね」

古泉「長門さんが何処に居るかわかりませんが…」

古泉「逃げるなら今の内ですね…」

長門「古泉一樹」

古泉「うわ!長門さん…」

長門「私達を尾行するのはやめて」

古泉「そんな、僕より後から入ってきた癖に…」

長門「言い訳は見苦しい、彼を呼ぶ」

古泉「そ、そんな……」

キョン「てめぇ、まだ殴られ足らねぇのか!」


101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 14:18:46.59 ID:B0lWNcDk0

キョン「次、変な事したら、警察呼ぶからな!」

古泉「ぐぅ……」

キョン「……そうだ」

カシャ

キョン「この惨めな画像とストーカー行為を学校にばらしてやろうぜ」

長門「そう」

古泉「そ、そんな……」

キョン「当たり前だろ、自業自得なんだからな」

古泉「ち、違う…」

キョン「なら、明日10万用意しな」

古泉「!?」

キョン「10万払うか、学校で変態呼ばわりされるるか、考えときな!」

古泉「ひ、ひどい…」

キョン「じゃあな、変態野郎!」


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 14:26:46.25 ID:B0lWNcDk0

翌日、学校の屋上

古泉「はい、10万円です」

キョン「ははは、本当に持ってくるとは」

古泉「約束通り、言いふらさないで下さいよ」

キョン「もちろんだとも、明日20万用意すればな」

古泉「は、話が違うじゃないですか!?」

バキッ

キョン「お前は主導権がどっちにあるのか解ってんのか?」

古泉「ぐ、そんな大金、持ってませんよ」

キョン「親の金盗ってでも持って来いよ」

古泉「そ、そんな……」

キョン「じゃあな、超絶畜生野郎!!」


139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 14:35:53.63 ID:B0lWNcDk0

翌日、学校の屋上

キョン「おら、ちゃんと用意したんだろうな!?」

古泉「もちろん、用意する訳ないでしょう?」

キョン「ほぅ、画像をばら撒かれてもいいんだな?」

古泉「もちろん、ソレが出来ればの話ですが」

キョン「……どういう意味だ?」

古泉「今から貴方をぶちのめすからですよ」

キョン「HAHAHA!面白い冗談じゃねえか」

古泉「冗談ではありません、えらくマジです」

古泉「ついでに貴方の惨めな画像も取ってあげましょう」

古泉「今度は僕が主導権をいただきますよ!!」

キョン「面白い、掛かってきな」

153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 14:44:54.19 ID:B0lWNcDk0

キョン「ふん、てめぇなんか1発でノックアウトだ!!」

シュ

キョン「な、避けた!!」

古泉「んふっ、実は機関での戦闘訓練は完璧ですから」

キョン「なっ!?武術が出来るとは…」

古泉「こっちの番ですよ!!」

バキッ!!

キョン「ぐぇぇ」

古泉「空中コンボ、始動です」


167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 14:50:45.26 ID:B0lWNcDk0

古泉「足で、打ち上げる!」

バキッ

古泉「追加攻撃、すばやいジャブ!」

ダダダ

古泉「昇竜拳でさらに高く打ち上げる!」

バキィィィ!!

古泉「更に僕も高く飛び上がる!」

シュパ

古泉「とどめの踵落としでメテオ攻撃!」

古泉「ふもっふ!!」

ダッガァーン!!

古泉「僕の勝ちですね」


185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 14:57:26.11 ID:B0lWNcDk0

古泉「さて、携帯を破壊して彼の惨めな画像を取らないと……」

キョン「ははは、それで終わりか?」

古泉「なっ!?確かに手ごたえはあったのに……」

キョン「ふん、こんな事もあろうかと…」

古泉「な、腹から雑誌が!しかも最強の防御力を誇るライバルだとぉ!!」

キョン「しかも、この雑誌は立派な鈍器にもなる」

古泉「な、殺傷能力のある武器が…」

キョン「さぁ、形勢逆転だぜ!!」


198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 15:03:40.86 ID:B0lWNcDk0

キョン「オラァ!コイツを喰らいなぁ!!」

ガツ

古泉「ぐへっ」バタ

キョン「どうした、コレで終わりかぁ!」

古泉「くっ、まだまだぁ!」

古泉(意識が飛ぶかと思いましたね…)

古泉(あの鈍器がある限り、接近戦は不可能)

古泉(しかし、僕の能力は閉鎖空間限定です)

古泉「ど、どうすればいいんでしょうか…?」

キョン「ははは、どうした、もうお手上げかぁ!?」


206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 15:09:07.12 ID:B0lWNcDk0

古泉「とりあえず、距離を取って…」

キョン「はは、距離を取ってもなぁ!!」

キョン「この鈍器は飛び道具にも成るんだぜ!!」

古泉「な、彼がハンマー投げをするかの如く、回転しはじめた!」

キョン「これが、この、ライバルの、真の、力、だぁ!」

バシュ

古泉「な、速すぎて見えない…」

バキィ!!

古泉「……お、おわった…」

バタ


222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 15:20:15.12 ID:B0lWNcDk0

古泉「此処は、天国でしょうか……」

古泉「はは、天国は存在するんですね」

古泉「あれは、……師匠!」

師匠「おう、誰かと思えば一樹か、どうしたんじゃ?」

古泉「僕は、自分の、正義を、守ることは出来なかった」

師匠「ならまだ此処には来るな、自分の夢が達成できてないのならな」

古泉「……自分の夢?」

師匠「貴様の夢は何だ!言ってみろ!」

古泉「……導弾道を極めることです」

師匠「そうだ、早くあの少年を倒してきなさい」

古泉「…はい!」

236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/12(月) 15:29:47.15 ID:B0lWNcDk0

キョン「へへ、こりゃやりすぎたな、死んだか?」

キョン「へへ、もっと惨めな画像を取ってやるか」

バキィ

キョン「な…」

古泉「3分の時を経て今蘇る古泉一樹です」

キョン「くっ、不意打ちとは卑怯な…」

古泉「ふん、貴様のような悪にはこの正義の拳で」

キョン「HAHAHA,頭打っておかしくなったか?」

古泉「笑っていられるのも今の内だ!」

キョン「ふん、ライバルがある限り、貴様の負けは決まっているんだよ!」

古泉「どうかな、カンフーの間合いは絶対なんですよ」

バキィ

キョン「何ぃ!!」

古泉「打ち上げました、行きますよ!」

古泉「導弾道!!」

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 13:55:11.89 ID:u6Mii81X0

古泉「まずは、ロケットのごとき強烈な蹴りを…」

古泉「火箭脚」

ドドーン

古泉「そして大陸間弾道弾のごとき素早く回す蹴り…」

古泉「洲阯導弾脚」

ダダーン

古泉「最後は急降下爆撃機の爆弾のごとき飛び蹴り…」

古泉「俯沖奔炸機・奔炸脚」

ドッガァァン!!

キョン「ぐ、ぐぇぇぇぇ!!」

古泉「その威力、ロケットの如し、ですね」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 14:01:09.73 ID:u6Mii81X0

キョン「……き、貴様……」

古泉「んふ、少しやりすぎましたか?」

キョン「HAHAHA!!」

古泉「!?」

キョン「へへ、俺が死んでも…長門が居る」

古泉「長門さん、ですか」

キョン「アイツは俺の10倍は強ぇぜ!」

キョン「…くっく、お前なんか瞬殺だぜ、HAHAHA!!」

古泉「んふ、大丈夫ですよ、僕には導弾道がありますから」

キョン「喜んでいられるのも、今の内…」ドサッ

古泉「……死んでしまいましたか」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 14:06:55.61 ID:u6Mii81X0

古泉「んふ、確かに今の僕は、長門さんには勝てないかもしれない」

古泉「でも、僕は絶対に力に屈することはない」

古泉「僕は導弾道を極める夢がありますから」

古泉「でも、僕は彼のように力を乱用することはない」

古泉「何故なら、僕の力…」

古泉「導弾道は、人を救うための拳法なのだから…」



古泉一樹の戦いは始まったばかりだ!!

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 14:08:34.50 ID:u6Mii81X0

では、次の新しいSSを書きます

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 14:16:50.67 ID:u6Mii81X0

部室

ハルヒ「という訳でSOS団は、夏休みに旅行に行きます!」

キョン「今年もか…」

ハルヒ「何言ってんの?去年は合宿よ!」

キョン「そういやそうだったな」

ハルヒ「そうね、海外に行きたいわね」

キョン「か、海外!?」

みくる「それってお金がたくさんいるんじゃ…?」

ハルヒ「もちろん、たくさんいるわ」

キョン「その金はどうするんだ?またスポンサーを作るのか?」

古泉「海外ですか…」

ハルヒ「このお金は、私達が働いて稼ぐのよ」

古泉「ほほう、涼宮さんらしいですね」

ハルヒ「じゃあ、今日は解散」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 14:22:54.84 ID:u6Mii81X0

翌日

ハルヒ「私とみくるちゃんは、キャバクラで働くから!」

みくる「がんばりますね!」

キョン「俺はコンビニでアルバイトをしてみようか」

古泉「んふ、僕は今までどおりのアルバイトをしますね」

長門「……」

ハルヒ「有希はどうするの?私たちと同じキャバクラにする?」

長門「いい、問題ない」

ハルヒ「ふぅ〜ん、まぁいいけどね」

ハルヒ「それじゃあ、各自たっぷり稼いでくるように!解散!」

こうして地獄のアルバイト生活が始まった……

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 14:32:42.89 ID:u6Mii81X0

翌日、キョンは…

ウウィィン

キョン「らっしゃせ」

谷口「おぅ、キョン!お前アルバイトなんかしてんのか!」

キョン「してちゃ悪いかよ」

谷口「お前は本当に馬鹿だな、もっといい稼ぎ方があるだろ」

キョン「……わからんな、さっぱり」

谷口「へっへ、やっぱキョンにはわかんねえか、無理もないがな」

キョン「……ところで何を買いにきたんだ?」

谷口「買うもんはねえよ、俺は立ち読みに来ただけだから」

キョン「営業妨害だ、帰れ」

谷口「いいじゃねえか、10分ぐらいだって」

こうして谷口は3時間、成人向けの本を読み漁っていた…


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 14:41:51.95 ID:u6Mii81X0

その頃、ハルヒとみくるは…

岡部「聞いてくれよ、姉ちゃん。俺はなぁ!教師なんだぜ」

ハルヒ「へぇ、そうなんですか?すごいですね」

岡部「ふへへ、教師はいいぜ、姉ちゃんみたいな女の子がいっぱいだからな」

ハルヒ「ふぅ〜ん」

岡部「へへ、教室にな、盗撮用のカメラを仕掛けておくとな、女子の着替えのな」

ハルヒ「へぇ〜」

ハルヒ(なによ、キャバクラって変態のおっさんしか居ないじゃない!)

ハルヒ(もっと楽しい仕事かと思ったのに…)

その頃

キャバ嬢「てめぇ、新入りの癖に調子こいてんじゃねえぞ!」

みくる「ひ、ひぃぃ、すみません!ごめんなさいぃ!」

バキ

キャバ嬢「ぶりっ子女め!生意気なんだよ!」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 14:47:37.85 ID:u6Mii81X0

古泉は…

古泉「くっ、閉鎖空間の発生が止まりません!」

古泉「神人の強さも桁違いです」

古泉「涼宮さんが不機嫌な証拠ですね」

古泉「今日は徹夜確定ですね」

古泉「残業手当は出るんでしょうか?」

古泉「……」

古泉「ふもっふ!」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 14:52:06.97 ID:u6Mii81X0

翌日、部室で会議

ハルヒ「私とみくるちゃんは合わせて1万7000円よ」

みくる「とっても大変でしたよぉ〜」

キョン「俺は、2200円だ、唐揚げ食べちまったから減額になっちまった」

長門「……2万円」

ハルヒ「すごいじゃない、有希!何やったの?」

長門「……秘密」

古泉「……」

キョン「残りは古泉だけだな」

ハルヒ「古泉くんは?」

古泉「…………420円です」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 15:04:45.24 ID:u6Mii81X0

ハルヒ「4、420円!!古泉君!何やってたの!」

古泉「真面目に働いたんですけどね…」

ハルヒ「もう、古泉君にはスペシャルな罰ゲームよ」

古泉「な、なんでしょうか?」

ハルヒ「この出会い系サイトで稼ぎなさい、体を売ってね」

古泉「こ、コレはゲイサイトでしょうか…?」

ハルヒ「いいでしょ、別に。古泉くんホモっぽいし」

古泉「え、そ、そんな…」

ハルヒ「はい、じゃあがんばって」

古泉「そ、そんな……」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 15:14:23.75 ID:u6Mii81X0

その夜

キョン「体を売る羽目にはなりたくないからな…」

キョン「真面目にがんばるか…」

キョン「しかし、客が居ないな…」

キョン「はは、俺が金を盗んでも誰も気づかないかもな、ははは」

キョン「……やってみようかな…」

キョン「どうせ、店長も馬鹿だから気づかないだろう」

キョン「1万円だけレジから抜いておこう」

キョン「1万円だけ、1万円だけだから大丈夫」

キョン「働いて返せば良いからな」

キョン「はは、この金でパチンコ屋でも行くか」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 15:22:07.57 ID:u6Mii81X0

一方ハルヒとみくるは…

ハルヒ「ふぅ〜ん、へぇ〜」

ハルヒ(だんだん慣れてきたわね…)

客「フヒヒ、姉ちゃん可愛いのぅ」

ハルヒ「へぇ〜、ほぅ〜」

ハルヒ(全部は行で返せばいいんでしょ、簡単だわ)

その頃

キャバ嬢「てめぇ、人の客奪いまくりやがって!この糞ビッチめ!」

みくる「う、奪うなんて、そんなぁ〜」

キャバ嬢「お前、馬鹿にしてるだろ!」

みくる「ば、馬鹿になんかしてましぇんよぉ〜」

キャバ嬢「てめぇ、いい加減にしろや!!」

ガッシボッカ


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 15:26:54.54 ID:u6Mii81X0

その頃

古泉「し、しょうがない、世界の為ですから…」

古泉「僕なんて少ない犠牲ですよ」

古泉「僕が体を売ることで金が稼げるのなら…」

古泉「……そろそろ時間ですね」

新川「……驚きましたなぁ、古泉が相手だったとは…」

古泉「に、新川さん!?」

新川「まぁいい、古泉。私はずっとお前が好きだったんだ!!」

古泉「ヒィィ、僕はノンケですからぁぁぁぁ!!」


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 15:30:44.74 ID:u6Mii81X0

その頃、キョンは…

キョン「やべぇ、1万どころか、全財産負けちまった…」

キョン「このまま帰ったら、明日は俺が…」

キョン「いいや、俺は掘られないぞ!」

キョン「掘られてたまるかぁ!!」

キョン「よし、とりあえず再びコンビニに黙って拝借しに行こう!」

……

キョン「よし、これでジャンジャン勝つぞぉ!!」

ジャラジャラ

キョン「無くなっちまった…」

キョン「やべぇ、やべぇぞ!!」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 15:42:23.41 ID:u6Mii81X0

夜道

佐々木「ん、なんだか尾行されている気がするな…」

佐々木「……出てきたらどうだい!」

キョン「はは、やっぱりお前には敵わないか…」

佐々木「……キョンか、どうしたんだい」

キョン「実はな、妹が病気でな」

佐々木「あの、元気な妹さんがかい?」

キョン「あぁ、なんでも大変な病でアメリカでしか治せないらしい」

佐々木「……へぇ」

キョン「それで、手術費がな、300万もするんだ」

佐々木「……それを僕に出せというのかい?」

キョン「あ、あぁ。そうなんだ」

佐々木「……わかった。いいだろう、20万ぐらいなら寄付しよう」

キョン「ほ、本当か!?」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 15:51:10.11 ID:u6Mii81X0

翌日、部室

ハルヒ「じゃじゃーん、4万円よ!」

みくる「もう、あの仕事は嫌ですよぉ」

古泉「……僕は、……2万です」

キョン「ふぅん、体を売ってそれだけか?」

ハルヒ「ふ〜ん、キョン、えらい自信あるじゃない」

キョン「俺は今回20万だぜ!」

一同「!!」

ハルヒ「ど、どうやったの!?」

キョン「何、簡単なことさ、人を騙したんだよ」

みくる「さ、詐欺ですかぁ」

ハルヒ「いいじゃない、詐欺ね。面白そうじゃない!」

長門「……」

こうしてSOS団はただの犯罪グループになってしまった

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 15:58:59.77 ID:u6Mii81X0

部室、全員通話中

キョン「婆ちゃん、俺だよ。金貸してくれないかなぁ?」

ハルヒ「お客様の口座番号は詐欺に使われている可能性が…」

みくる「爺ちゃん、私ですよぉ、実はお金に困ってて…」

古泉「んふ、実は僕はゲイに穴を掘られましてね、募金を…」

長門「……お金、頂戴」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 16:04:38.63 ID:u6Mii81X0

その夜

キョン「ハルヒ、準備完了だ!」

ハルヒ「よし、古泉君、みくるちゃん、キョン、有希!運んで」

古泉「了解しました」

キョン「お、重い!」

みくる「ひ、人が来ちゃいますよぉ…」

長門「急いで」

古泉「よし、運び終えましたよ!」

キョン「OK、もうトラック出発するぞ!」

ブォォォォォン

SOS団、ATM強奪、1300万窃盗


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 16:11:26.32 ID:u6Mii81X0

翌日

キョン「よし、SOS団に募金制度を作ったぜ」

ハルヒ「誰も投資しないでしょ」

キョン「実は長門が重い病気を持っていて手術代をだな…」

ハルヒ「アンタ、頭いいわね」

古泉「んふ、昼休みにコンビニを強盗してきましたよ」

みくる「私は体育の着替えの時間に皆の財布をかっぱらいました」

長門「……朝倉涼子の臓器を売った」



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 16:17:21.82 ID:u6Mii81X0

ハルヒ「それでは、そろそろ最高の難易度の…」

キョン「銀行強盗だな」

みくる「なんだか止めておいたほうが良いような…」

ハルヒ「全然平気よ!」

古泉「んふ、僕達なら楽勝でしょう」

長門「……」

キョン「よし、じゃあ今からやるか」

48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 16:23:06.27 ID:u6Mii81X0

銀行

キョン「オラァ!金を出しなぁ!!」

人々「ヒィィ!!」

ハルヒ「抵抗したら問答無用で殺すわよ!!」

人々「ヒィィ」

古泉「さぁ早く袋につめてください」

人々「ヒィィ」

みくる「逃げようとしたら殺すかんな!!」

人々「ヒィィ」

銀行強盗成功、5億円強奪

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 16:29:50.13 ID:u6Mii81X0

その夜

ハルヒ「ハハハ、簡単だったわね!」

キョン「ほ、本当に5億か……」

みくる「す、すごい…」

古泉「もちろん1億ずつで山分けですよね」

キョン「!」

ハルヒ「……もちろんよ、さぁ皆で海外に逃げましょう」

長門「……」

みくる「じゃあ一時間だけ時間をください、準備しますから」

キョン(俺は1億で納得できるようなチンケな男じゃねえんだよ…)


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 16:38:04.68 ID:u6Mii81X0

キョン「なぁハルヒ、話があるんだが…」

ハルヒ「何?」

キョン「…ちょっと場所を変えようか」

路地裏

ハルヒ「で、何なの?」

キョン「実はな……」

キョン「死んで欲しいんだよ!!」

ハルヒ「!、それはライバル…」

バキ

ハルヒ「ど、どう…して…」

キョン「お前の分の金が欲しいからに決まってんだろ!」

ハルヒ「う、裏切ったのね…」

キョン「悪いな、お前の出番は終わりだ」

ハルヒ「そん…な……」

バタ

56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 16:43:39.96 ID:u6Mii81X0

古泉「はて、涼宮さんが遅いですね」

みくる「早く逃げないといけないのに…」

キョン「しょうがない、ハルヒは置いていこう」

みくる「そ、そんな…」

古泉「んふ、その分僕達にお金が入ってきますしね…」

キョン「あぁ、1人1億2500万だな…」

古泉「可愛そうですが、置いていきましょう」

みくる「そ、そうですね…」

長門「……」


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 16:57:29.81 ID:u6Mii81X0

飛行機内

キョン「おい、長門」

長門「何?」

キョン「お前、ハルヒが何で来ないか知ってるよな?」

長門「わかっている、貴方が…」

キョン「おっと、言わなくて結構だ」

キョン「……俺たちで金を山分けしないか?」

長門「それは…」

キョン「もちろん、あの2人には消えてもらうって事だ」

長門「……」

キョン「2人でなら2億5000万だぜ」


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 17:02:17.88 ID:u6Mii81X0

外国

みくる「へぇ、此処が噂の…」

古泉「食品が安全な国として有名ですね」

キョン「そうだな、冷凍食品とか特にな」

古泉「確かに此処なら捕まりにくいですね」

キョン「とりあえずホテルを探そうぜ」

長門「……あっち」



65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 17:08:45.54 ID:u6Mii81X0

ホテル

キョン「凄いなVIP御用達のホテルみたいだ」

古泉「まぁお金は減らないぐらいありますからね」

みくる「おなか減りましたぁ」

キョン「あ、俺が何か買ってきますよ」

みくる「あ、おねがいしますねぇ〜」

長門「……」


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 17:13:56.43 ID:u6Mii81X0

市場

キョン「日本語は大丈夫だろうか?」

キョン「すみませーん」

ハルビン「アイヤー、ようこそ、中国へ!」

キョン「うわ、ハルヒ!ってちょっと違うな…」

ハルビン「アイヤー、肉まんアルヨ、ギョウザアルヨ、いいクスリアルヨ」

キョン「……なんだか怖いな」

ハルビン「イーヨ、ニホンジン歓迎よ!」

キョン「と、とりあえず肉まんを2つください」

ハルビン「アイヤー!」

キョン「どうも」

キョン(あとは、俺たちの肉まんを買うだけだな…)

71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 17:20:19.28 ID:u6Mii81X0

キョン「…帰りました」

みくる「お帰りなさい」

古泉「お、いい匂いがしますね」

キョン「ああ、肉まんを買ってきたんだ」

みくる「とても、いい匂いですねぇ」

キョン「じゃあ皆で食べましょう」

古泉「ちょっと待ってください。衛生的に問題はありませんか?」

長門「心配ない」

キョン「じゃあ古泉、朝比奈さん、どうぞ」

一同「いっただきまーす」


72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 17:25:09.64 ID:u6Mii81X0

みくる「ぐ、グゲェェェェ!!」

古泉「う、ウェェェェェェ!!」

キョン「ふん、ちょろいもんだな」

キョン「……長門」

長門「……二人とも死んでいる」

キョン「はは、やった!ざまぁ見ろ!!」

キョン「……長門?」

長門「何?」

キョン「ご苦労だったな、死ねぇ!!!」

長門「!」

バーン!!


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 17:30:27.52 ID:u6Mii81X0

キョン「………なんで…」バタ

古泉「命中ですね」

キョン「な、何故貴様が生きているぅ!!」

みくる「キョン君…」

古泉「んふ、長門さんは、こちらとグルだったんですよ」

キョン「畜生!長門、てめぇ!!」

みくる「貴方が肉まんを買いに行った後教えてくれました」

古泉「貴方が涼宮さんを殺した事をね」

キョン「ち、畜生!!」

長門「死んで?」

キョン「や、やめろぉぉ!!」

グシャ


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/13(火) 17:33:13.94 ID:u6Mii81X0



すまん、今回かなりテキトーに書いた

82 名前:唐揚げ[] 投稿日:2009/01/13(火) 17:38:25.40 ID:u6Mii81X0

今度こそ、絶対にばれないように書いてみせるよ!
アドバイス頂戴!



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:提督「おい摩耶様」摩耶「ああん?」