ハルヒ「東中学出身。涼宮ハルヒです……」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:かがみ「こなた!まんこ見せて!!」

ツイート

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/09(金) 23:02:11.21 ID:sSOL5ZUw0

ハルヒ「しゅ、しゅみは……」
野次A「おいおい! ぼそぼそきこえねぇぞ!」
ハルヒ「す、すみません、以上です」
野次B「結局わかったの名前だけかよwwwwwwww」
ハルヒ「……」
先生「おらおらー、静かにしろー。はい、つぎー」



キョン(後ろのやつは根暗で苛められっ子だな)

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/09(金) 23:06:00.12 ID:sSOL5ZUw0

谷口「あーあ、さっきのやつかわいそうだな」
キョン「えーっと、涼宮……だっけか?」
谷口「そっちじゃねぇよ」
キョン「へ?」
国木田「野次飛ばしたほうじゃないの?」
谷口「そういうことだ」
キョン「どういことなんだ?」
谷口「なんだ、知らないのか」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/09(金) 23:11:28.49 ID:sSOL5ZUw0

谷口「あいつってよー、見た目どおり根暗なんだよ。すげー根暗。
    まぁそこが小動物的で守ってあげたいってやつも多いんだけどそれよりもいじめの対象になりやすいんだ」
国木田「言っちゃなんだけど見たまんまだよね。髪が貞子に似てるし」
谷口「でよー、中学の時もすげーいっぱいいたんだよ。あいつ苛めるやつ。
    人気がある分、さらにだな。自分が目をつけられたら困るし助けられずにただいじめを観てるだけだ」
キョン「それで、なんで野次したやつがかわいそうなんだ?」
谷口「せっかちは女に嫌われるぞ。
    でよ、中学のいつごろだったかな。涼宮をいじめてたやつ全員の荷物、机、椅子が跡形もなくなくなったことがあんだよ」
キョン「それはすごいな。何人分だ?」
谷口「2,30人じゃないかね」
キョン「へ?」
谷口「しかも同時に校庭には意味のわからん幾何学模様が出来ているわけだ。
    それで監視カメラをみたら夜中に学校に忍び込んだヤツがいた」
キョン「まさか」
谷口「そうだ。まさしく涼宮だったんだ」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/09(金) 23:16:19.97 ID:sSOL5ZUw0

国木田「僕も聞いたな。その噂。本当だったんだ」
谷口「とは言ってもよ。一晩でそんだけの荷物を運び出して、校庭に馬鹿でかい模様を書くなんて
    夜逃げ屋本舗でも無理だろ。しらねぇけど」
キョン「一人だったんだろ?」
谷口「俺もカメラを直接みたわけじゃにが呼び出されたのは涼宮だけだ。
    先生どもは慌てて涼宮を呼んで、問いただしたわけだ。でもあいつはだんまり。
    あの時ぐらいだろうな。あいつが先生に歯向かったのは」
キョン「荷物はどうなったんだ?」
谷口「ああ、見つかったよ。全部屋上に積まれたそうだ。どう考えても人間技じゃねぇ」
キョン「それは確かにすごいな……」
谷口「実はまだ続きがある」

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/09(金) 23:20:29.15 ID:sSOL5ZUw0

国木田「いじめの主犯が車に轢かれたんだっけ?」
谷口「おいおい、いいとこもってくなよ」
キョン「轢かれたって……」
谷口「もちろん涼宮とはまったくさっぱり関係ない車に、だ。
    そのまま主犯は病院送り。帰ってきたときには骸骨になってたぜ」
国木田「じゃあ、そのあと彼女をいじめるたびにいじめた人が不幸に会うってのも本当なんだね」
谷口「おお、本当だとも。しかもそれらが始まったのは校庭に模様を書いてからだ。
    だから、学校じゃああいつはひどいあだ名がついた」
国木田「『呪い屋ハルヒ』だね」
キョン「『呪い屋』……」
谷口「悪いことはいわん。あいつには手を出さないほうがいいぜ?」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/09(金) 23:24:43.00 ID:sSOL5ZUw0

翌日
キョン(とは言われても俺の好奇心がマックス。ちょっと離してみるか)
キョン「よぉ、涼宮」
ハルヒ「ひっ!?」バッ
キョン「……いや、別に何もしないからそんな本で頭守る必要も悲鳴あげる必要もないぞ」
ハルヒ「え、あ、う、うん」
キョン「おはよう」
ハルヒ「お、お、おはよう……えーっと……キョンさん」
キョン「なんでそっちでさん付けなんだよ」
ハルヒ「え、あ、す、すみません……」
キョン「いや、別にいいさ。まぁ、席が前後だし短い間かもしれないがよろしくな」

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/09(金) 23:29:14.03 ID:sSOL5ZUw0

>>34
誤字してんじゃねぇよ、カスが。まともに日本語出来ないのか?

ハルヒ「え、だ、だめだよ」
キョン「だめなのか」
ハルヒ「だ、だって私と話してたら誰かにいじめられるよ?」
キョン「そんな決定事項じゃあるまいし。昨日の野次を気にしてるのか?」
ハルヒ「え、あ、うん」
キョン「別に俺は誰かをいじめる気も差別する気もさらさらないさ」
ハルヒ「……」
キョン「どうかしたか? 俺の顔になんか付いてる?」
ハルヒ「……あ、あの、どこかで会いました?」
キョン「へ? 会ってないぞ。きっと多分」
ハルヒ「そうですよね。すみません……」
キョン「いちいち謝らなくていいぞ」
ハルヒ「す、すみま……わかりました」

44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/09(金) 23:33:45.05 ID:sSOL5ZUw0

昼時間
谷口「おいおい、俺の話聞いてたか?」
キョン「なんだ、急に。別に話すくらいはいいだろ」
国木田「谷口は話すこともできないぐらいチキンハートだからね」
谷口「泣くぞ。すぐ泣くぞ。ほら泣くぞ」
キョン「うるせぇよ。そういえばさ、気づいたらいけないかもしれないけどさ」
国木田「昨日野次飛ばした二人が今日休んでるよね。学校」
谷口「あ? ああ、どうせさぼってるんだろ? 金髪とか茶髪だったしそんなもんだ」
キョン「まぁ新学期早々そんな意味のわからんことにはならんよな」
国木田「ならないでしょ」
キョン「国木田。それは俺の弁当だ」

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/09(金) 23:39:27.15 ID:sSOL5ZUw0

翌日
キョン(今日も話して……おや、チャレンジャーがいるぞ)
朝倉「涼宮さん、昨日のTV見た?」
ハルヒ「え、えっと……見てないです」
朝倉「そう、そのTVがとても面白かったのよ」
ハルヒ「へぇ……」
朝倉「えーっと、涼宮さんって普段家で何してるの?」
ハルヒ「え、えっと……読書?」
キョン「疑問系かよ」
ハルヒ「ひゃぃっ!?」
朝倉「あら、おはよう。……涼宮さん、大丈夫?」
キョン「いちいちびっくりするなよ。朝の挨拶ぐらいで」
ハルヒ「す、すみません……」
キョン「すみませんもなしだ」
ハルヒ「え、ごめんなさい」
朝倉「あまり変わらないわよね。それ」

55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/09(金) 23:44:50.25 ID:sSOL5ZUw0

朝のHR
岡なんとか「HR以上だ。あー、昨日から休んでるやつらは風邪だそうだ。みんなも気をつけろよー」
ハルヒ「……ウフフ」
キョン(気のせいか。なんか後ろから笑い声が聞こえたような)

昼時間(というか昼休みだよね)
谷口「確実だな」
キョン「お前の脳みその致命具合?」
国木田「気づくの遅いよね」
谷口「なんで、なんでそんなこと言うの? 死ぬよ?」
国木田「今日休んだ二人のこと?」
谷口「……そうだよ」
キョン「風邪だろ? 季節の変り目……にはよくあることだ」
谷口「変り目か? 今って。前のときもあのぐらいのちょっかいだと風邪だったんだよ」
国木田「本格的だね。君子危うきに近寄らずだね」
谷口「なのにこのバカは……」
キョン「友だちまで呪うわけじゃないだろ」
国木田「バカがバカ言うなよ」
キョン「国木田、それは俺のからあげだ」

62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/09(金) 23:52:54.26 ID:sSOL5ZUw0


キョン「うぃーっす、おはよう」
ハルヒ「おぅ!? お、おはよう」
キョン「お前はいつになったら慣れるんだ……」
ハルヒ「ごめんなさい……」
キョン「謝るなぁあ!」
ハルヒ「ひっ、ご、ごめんなさい……」
朝倉「仲いいわね」
キョン「おはよう」
ハルヒ「お、おはよう」
朝倉「おはよう。そういえば部活どこにするか決めた?」
キョン「帰宅部に入部する気だが?」
朝倉「あなたの青春が煤けて見えるわ……。
    涼宮さんは?」
ハルヒ「えっと、まだ考えてる……」
キョン「考えるほど部活ないだろ」
ハルヒ「ちょっとだけ悩んでる……」
朝倉「まぁ体験入部って手もあるしね」

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/09(金) 23:56:40.05 ID:sSOL5ZUw0

担任「それじゃあ席替えするぞー」
キョン「なんかずいぶん早いな」
ハルヒ「……」
キョン「そんなに急いで席を替える必要なんてない気がするけどな」
ハルヒ「……」
キョン「……あの、涼宮さん?」
ハルヒ「えっ? な、なに?」
キョン「まぁ席が離れても話すことは出来るようね」
ハルヒ「う、うん」

クラス席替え中

キョン「……」
ハルヒ「……」
キョン「よろしくな」
ハルヒ「よ、よろしく」

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 00:02:15.44 ID:MknrgpGW0

キョン「そういえば部活決めたのか?」
ハルヒ「え、う、うん」
キョン「ほう、どこにしたんだ?」
ハルヒ「文芸部……」
キョン「……あったっけ?」
ハルヒ「え、ないの? じゃああれは幻? 幽霊?」
キョン「落ち着け。俺が知らないだけだろ」
ハルヒ「……あ、あのね。お願いしたことがあるんだけど」
キョン「ん?」
ハルヒ「文芸部に……入ってくれない?」

69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 00:07:21.36 ID:MknrgpGW0

キョン「なんでだ?」
ハルヒ「あのね。文芸部、私入っても二人でね。潰れちゃうかもしれないの……」
キョン「なるほど。部員確保しないとだめなのか」
ハルヒ「うん……だめ、かな?」
キョン「まぁいいけどさ」
ハルヒ「あ、ありがとう! 早速お昼に部室に行こ!」
キョン「そうだな」
キョン(なんだよ、笑えるじゃないか)

昼 部室
ガチャリ
ハルヒ「失礼しますー……」
キョン「お邪魔しまーす」
???「……」
ハルヒ「あ、あの部員になってくれる人みつけてきました……」
キョン「始めまして」
???「長門」
キョン「戦艦?」
長門「名前。長門有希。文芸部員」
キョン「ああ、俺の名前は……」
長門「キョン」
キョン「なぜだ……」
ハルヒ「あ、あとは二人だね……」

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 00:12:45.96 ID:MknrgpGW0

翌日 朝
キョン「おはよう。いつも早いな」
ハルヒ「え、あ……おはよう」
キョン「さてと、あと部員二人だろ?」
ハルヒ「え……手伝ってくれるの……?」
キョン「部員だからな」
ハルヒ「ありがとう……てっきり名前だけの幽霊部員になるかと思ってました……」
キョン「流石にそこまで責任放棄しないぞ」
ハルヒ「ご、ごめ……そうだよね」
朝倉「おはよー」
キョン「いいとこに来たな」
朝倉「ん?」
ハルヒ「あ、あのお願いしたことがあるんだけど……」
説明中(キョンが)
朝倉「いいわよ。別に」
キョン「あっさりと。ほかに入りたい部活があるんじゃないのか?」
朝倉「帰宅部に入ろうと思ってたの」
キョン「おまえ……」
ハルヒ「あと一人……」

74 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 00:16:48.46 ID:MknrgpGW0

昼 部活
長門「……」
朝倉「……」
キョン「そんなわけで今日から部員になった朝倉だ」
ハルヒ「あ、あと一人だよ」
長門「何故」
朝倉「話の流れで」
キョン「知り合いか?」
朝倉「ええ、すごく昔からのね」
長門「偶然」
ハルヒ「そ、そういえば二人とも何か似てるよね」
朝倉・長門「!?」
ハルヒ「ひっ、ごめんなさい、幼馴染が似るはずないですよね。ごめんなさいごめんなさいごめんなさい……」
キョン「落ち着け涼宮。お前らもすごい顔で反応するな」
朝倉「ちょっと驚いただけよ」
長門「……」

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 00:21:56.90 ID:MknrgpGW0

キョン「さてと、あと一人なんだが知り合いかなんかでいないか?」
ハルヒ「私はいないです」
朝倉「私も浮かばないなー」
長門「……同意」
キョン「ということは今度こそ知らない人を誘うしかないのか」
コンコン
キョン「ん? どうぞー」
???「失礼しまーす」
長門「誰」
???「ひっ」
朝倉「涼宮さんと同じ反応するわね」
ハルヒ「私と同じ……」
キョン「で、どなたですか」
???「え、あの……文芸部ってここですよね?」
長門「いかにも」
???「入部したいんですけど……あ、私朝比奈みくるって言います」
キョン「これはまた偶然」
朝倉「揃ったわね。呆気なく」

84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 00:27:07.57 ID:MknrgpGW0

翌日の部室
ガチャリ
キョン「うぃーっす」
ハルヒ「こ、こんにちわ……」
長門「……」クイッ
朝比奈「こんにちわー」
朝倉「最後ね」
キョン「……なぁ」
朝倉「なに?」
キョン「文芸部って何する部活だ?」
長門「読書」
ハルヒ「研究?」
朝倉「観察」
朝比奈「執筆?」
キョン「見事にばらばら。というか研究と観察ってなんだよ」
朝倉「それよか喉が渇くわね。なんでガスコンロがないのよ」
長門「部費がなくて」
朝比奈「やっぱりお金ですよねぇ」
ハルヒ「お金……」
キョン「なんかスルーされてる!」

89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 00:30:45.57 ID:MknrgpGW0

次の日あたりの昼休み
谷口「つかぬことを聞くがキョン」
キョン「聞くな」
谷口「Oh...」
国木田「噂は本当なんだね」
キョン「俺は何もやってないぞ」
国木田「美女に囲まれて部活動をやっているそうじゃないか」
谷口「なぜだ!」
キョン「流れで」
国木田「それじゃあ仕方ないね」
谷口「物分りいいな。俺は許さないぞ。どんな流れだ! 暖流か? 寒流か?」
キョン「つまんないから」
国木田「バカをいじめちゃだめだよ」
キョン「国木田、それは俺の春巻きだ」

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 00:35:31.84 ID:MknrgpGW0

数日後の部室
ガチャ
キョン「うぃー……あれ」
ガチャガチャガチャ
キョン「開かないぞ。鍵なんてなんで閉める必要が……」
ガチャガチャガチャガチャリ
キョン「うお!?」
朝倉「うあ!?」
キョン「っと、あぶね。急にあけるなよ!」
朝倉「ちょっと着替えてたのよ!」
キョン「着替え?」
朝比奈「似合いますかぁ?」
キョン「……似合ってますよ」
朝倉「私の見立ての通りですね」
朝比奈「外は歩けませんけど結構着心地いいですねぇ」
キョン「なぜ、メイド? なんでメイド?」

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 00:39:04.10 ID:MknrgpGW0

長門「拾った」
ハルヒ「長門さんすごいですね」
キョン「いや、待てよ。こんなもん拾えるはずがないだろ。お前はどこで拾ったんだよ」
朝倉「ガスコンロとかも拾ってきたわよ」
朝比奈「お茶の葉もですね」
キョン「それはまずいだろ!」
長門「あと一つ、足りないものがある。そのために朝比奈みくるを着替えさせた」
朝倉「さぁ行くわよ。朝比奈さん」
朝比奈「……部活のためですね」
ハルヒ「が、頑張ってください」
キョン「一体何が始まるというんだ」
朝倉「隣の部室からちょっとね」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 00:44:17.14 ID:MknrgpGW0

十分後
キョン「一体何をどうするんだ」
ハルヒ「えっと、ほら、もう帰ってきますよ」
ガチャリ
隣の部員A「えーっと、どこに置きましょうか?」
朝倉「そこがいいかしらね。あとインターネットとかの設定も頼むわよ」
部員B「合点承知」
朝比奈「頑張ってくださ〜い」
部員C「よーし、俺頑張っちゃうぞー」
PC設置中……
部員たち「お邪魔しましたー」
朝比奈「ありがとうございますー」
キョン「文芸部にPCとな」
長門「情報社会には必須」
ハルヒ「賑やかになりましたね……」
朝倉「まぁこんなものかしら。ほかに必要なものはないわね」
キョン「冷蔵庫にガスコンロ、コスプレ衣装にPCか……何する部活だ。ここ」

103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 00:51:51.39 ID:MknrgpGW0

ハルヒ「お茶おいしいですね」
朝比奈「ありがとうございますぅ」
長門「……」ゴクゴク
朝倉「ずいぶん明るくなったわね」
キョン「ん? ああ、そうだな」
朝倉「最初の頃は本当に暗かったのに……」
キョン「環境が変われば人は変われるんだろ」
朝倉「変われる、か……」
朝比奈「お二人もどうぞぉ」
キョン「これはどうも……確かにおいしいですね」
朝倉「拾ったお茶の葉なのに……」
朝比奈「いいやつだったんでしょうねぇ」

朝倉「それじゃあ帰りますかー」
長門「……」テクテク
キョン「ん? なんだ、長門」
長門「これ」
キョン「これまた分厚い本だな」
長門「宿題。文芸部員として」
キョン「読んでこいってことか。まぁ暇つぶしに丁度いいかね」
朝比奈「いきますよー」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 00:57:48.63 ID:MknrgpGW0

キョン「こ、これはおもしろい! どんどんページが進むぞー!」
妹「おかーさーん、キョンくんが読書してるー、雪降るー」
キョン「ひどい言われようだな。……ん? 栞か?」
『下記場所にて午後七時』
キョン「小さい栞にこんなにぴっちり地図を書かなくても……。
     ちょいっとでかけてくるぞー」
妹「おかーさーん、キョンくんが夜遊びしてるー、不良だー」
キョン「根も葉もないこと言わない!」
移動中・・・
キョン「待たせたな」
長門「……」
キョン「参考にまで聞くがもしも俺があれを読まなかったらどうしてたんだ?」
長門「待ってた」
キョン「……大事なことなのか?」
長門「大事」
キョン「ま、まさか」
長門「あなたが期待するようなことではない。来て」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 01:01:37.88 ID:MknrgpGW0

長門宅
キョン「おじゃましまーす……って誰もいないのか?」
長門「一人暮らし」
キョン「なるほど……」
長門「そこに座ってて」
キョン「ああ」

長門「……」スッ
キョン「ああ、どうも。それで話ってのは?」
長門「とても大事な話」
キョン「ああ、こんな時間に自宅に呼ぶんだからそれ相応の話だろう」
長門「私と涼宮ハルヒのこと」

109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 01:09:58.03 ID:MknrgpGW0

長門「かくかくじかじか」
キョン「俄かには信じがたいな……」
長門「信じて」
キョン「確かに涼宮の噂から考えるとその可能性もあるかもしれない。
     が、しかしだ。そんな宇宙がどうとかなんていわれてもな」
長門「真実が受け入れやすいものとは限りない。でもそれは正しいこと」
キョン「んー……もしかしてあれか、朝倉もお前と同類か」
長門「……」コクリ
キョン「はぁ……ちょっと考える時間をくれ。いきなりは無理だ」
長門「わかった」
キョン「……俺は涼宮がちょっと変わった普通の女の子だと思ってる」
長門「……」

112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 01:16:23.37 ID:MknrgpGW0

放課後部室
キョン(朝倉と長門が宇宙人で涼宮がすごい存在か……)
朝倉「はい、フルハウス」
朝比奈「ふぇ〜2ペアですぅ」
ハルヒ「3カード……」
朝倉「ふふふ、私の勝ちね」
キョン(まさかなぁ……)
朝比奈「あ、水がないですね……キョンくん、水くみにいきましょう」
キョン「え? 俺?」
朝比奈「そうですよ。重いポットなんてもてませんからね」
朝倉「じゃあ長門さん。入って」
長門「わかった」
ハルヒ「いってらっしゃい」
キョン「やれやれ、いきますか」
朝比奈「はい」

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 01:22:47.65 ID:MknrgpGW0

テクテク
キョン「……それで、何か話したいことでも?」
朝比奈「やっぱりわかりますよね」
キョン「ばればれですよ」
朝比奈「それじゃあちょっと人気のないところに……」
キョン(!? ま、まさか)
朝比奈「あ、キョンくんが期待しているようなことではないと思いますよ」
キョン「……」

朝比奈「ここならいいかな」
キョン「それで、話ってなんですかー」
朝比奈「ふてくされないでください。とても大事な話なんです」
キョン「はい」(あれ、デジャビュ)
朝比奈「実は私は……」
かくかくじかじか
朝比奈「ということなんです」
キョン「情報発生させたり時間をどうにかしたり大変だな、あいつも」
朝比奈「もしかして長門さんから……?」
キョン「知ってたんですか。あいつが……まぁ置いておきましょう。ほかにあなたみたいな人はいないですよね」
朝比奈「多分、いません」
キョン「多分ね……」

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 01:30:00.09 ID:MknrgpGW0

翌日
キョン(朝比奈さんは未来人、長門と朝倉は宇宙人、涼宮は超人。一体どこのSFに紛れ込んだんだ、俺は。
     この調子だと俺も実は……て展開だったりするのかね)
ペラッ
キョン「ん? 紙? 下駄箱から?」
『放課後、誰もいなくなったら教室で』
キョン「……ええ、行きますとも。行きますとも! こんどはどんなSFかしらね!」
そんなこんなで放課後
朝倉「じゃあ帰ろうかー」
キョン(結局フルで部活に出ちまった。まぁいいか)
テクテク
朝倉「あれ、キョンくん。出口はあっちよ?」
キョン「ちょっと教室に用事があってな」
朝倉「忘れ物? 先帰ってるわね」
ハルヒ「ばいばい」
キョン「おう、じゃーな」

キョン(朝倉じゃないのか? ということは一体)
ガラッ
???「こんにちは」

192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 15:08:18.94 ID:MknrgpGW0

行き当たりばったりに始めるよー

ピシャ
キョン「……帰るか」
???「ちょっとそれはひどくないですか」
キョン「ドアから顔だけ出すな。お前は誰だ。悪いが俺は普通趣味だ」
???「安心してください。そういった類の話ではありません」
キョン「じゃあなんだ」
???「涼宮ハルヒさんのことです」
キョン「……話だけ聞こう」
???「それではこちらへ。誰かに聞かれていい話ではないので」

古泉「僕の名前は古泉です。明日この学校に転校する予定となってます」
キョン「ほほお。こんな時期に転校生か。どうせ涼宮の監視だとか言うんだろ」
古泉「すでにあのかた達からアプローチを受けているようですね。その通りです」
キョン「で、お前はなんなんだ? 宇宙人、未来人と来たんだからな。超能力者とかか?」
古泉「これまたご名答です」
キョン「それで、涼宮はお前らにとってはなんなんだ?」
古泉「かくかくじかじか」
キョン「ついに神になったのか。あいつは」
古泉「飲み込みが早くて助かります」
キョン「すげぇな。あいつ。こりゃ用心しないとな」
古泉「ええ、そのとおr」
キョン「なんて言うと思ったか! 宇宙人だの未来人だの超能力者だの! そんなもの信用できるはずないだろ!?
     あいつはそんなすごいヤツじゃねぇよ! ただの引込み思案の女の子だ!」
古泉「ええ、あなたにとってはそうかもしれませんね」
キョン「全員にとってだ」
古泉「信用する必要はありません。ただ知っといてください。彼女がそういう存在であることを。
     そしてあなたが置かれた状況を。それではまた後日学校で」
キョン「……」

195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 15:17:09.87 ID:MknrgpGW0

翌日
キョン(宇宙人、未来人、超能力者、ね。もしかしたら俺はすごくやばい電波に巻き込まれてるのかもしれないな。
     涼宮と一緒に退部……。ああ、でもあいつをどう説得するかが問題だな)
ペラッ
キョン「うわぁ、俺大人気だー。今度はなんだよ……」
『昼休み 部室で待ってます みくる』
キョン「未来人さんからか。今度はどんな電波をかもしてくれるのかね。壷はお断りしないとな」
国木田「朝から独り言なんて元気だね」
谷口「暗くなったな。お前」
キョン「ああ、人生って大変なんだなと思ってたとこだよ」

昼 部室
ガラッ
キョン「予定通りきましt……」
朝比奈(?)「久しぶりね、キョンくん」
キョン「あー、朝比奈さん、ですよね? 親戚とかじゃなくて」
朝比奈(大)「ええ、未来の朝比奈みくるです」
キョン「未来? いやいや、よく似た親戚でしょ」
朝比奈(大)「本当ですよ。ほら、胸のここ……」
キョン「星のホクロがありますね。というか確認しようがないですよね」
朝比奈(大)「え、だってキョンくんが……。あ、今の忘れてください。なしで」
キョン(間違いなく朝比奈さんだな)

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 15:23:48.38 ID:MknrgpGW0

キョン「それで未来の朝比奈さんがどうしたんですか?」
朝比奈(大)「信用してくれたみたいですね。なんだか悲しいですけど。
         時間がないので手短に話します。よく聞いてください」
キョン「……」ゴクリ
朝比奈(大)「涼宮さんに気をつけて」
キョン「……続きは?」
朝比奈(大)「以上です。あまり詳しくは言えないんです。察してください。
         とりあえず何かがあったとき、涼宮さんを決して見捨てないでください」
キョン「そりゃ、当然ですよ」
朝比奈(大)「それが大事なんです。よし、伝えましたよ。それでは私はこれで」
キョン「未来人も忙しいんですか」
朝比奈(大)「時間の移動は決して人をゆたかにするものではないということです。それでは、また」
バタン
キョン「あの人歳いくつなんだろう……」

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 15:27:31.74 ID:MknrgpGW0

ガチャリ
長門「……」
キョン「お、今ちょうど朝比奈さんの」
長門「知ってる」
キョン「ということはそこであったか?」
長門「会った」
キョン「……お前って本当に宇宙人なのか」
長門「簡潔に言えば、そう」
キョン「あれで朝比奈さんが未来人というのはなんとなく納得できるような気がするが
     昨日のこ……なんとかとかお前とかはどうも信用ならないんだが」
長門「そう」
キョン「つまりこー……宇宙人的な力を見せてはくれないか」
長門「……考えておく」
キョン「ああ、考えておいてくれ」

203 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 15:37:42.19 ID:MknrgpGW0

放課後
ガチャリ
キョン「うぃーっす」
長門「……」
朝比奈「こんにちわー」
朝倉「あ、きたきた」
キョン「ん? なんだ?」
朝倉「あの子が来る前にちょっと相談があるの。
     えーっと、朝比奈さん。私がどんな存在だかは知ってるわよね」
朝比奈「あ、はい。一応知ってますよ」
朝倉「なら話は早い。簡単に説明すると私が所属している急進派の偉いさんが
    彼女が行動を起こさないことに痺れを切らして、私に行動が起きるようなことを
    するように指令が来たの。一番いいのはキョンくんを殺すことなのよ」
キョン「ハハッワロス。そんな話信用できるはずないd」
ニュイーン
朝比奈「うわぁ、手がとっても寄生獣……」
キョン「オーケー、信じた。だが俺は死にたくないぞ」
朝倉「そこでね、ちょっと相談が……」

206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 15:50:25.98 ID:MknrgpGW0

ガチャリ
ハルヒ「こんにちわー……」
朝倉「あら、早かったわね」
キョン「……」グッタリ
長門「予想外」
朝比奈「どうしましょうかぁ」
ハルヒ「……? あれ、なんで胸からナイフが?」
朝倉「見ればわかるでしょ?」
ハルヒ「キョンさん、起きてください。キョンさん」
キョン「……」グッタリ
朝倉「わからないかな。その人はね、もう死んでるの」
長門「心臓一突き」
朝比奈「死体を処理する前にくるなんて想定外ですねぇ」
ハルヒ「嘘よね。そんなの。キョンさん、起きて。キョン……さん……」
朝倉(来るか?)
ハルヒ「キョンさんが死んじゃったよおおおおぉぉ」
朝倉「泣いちゃった」
朝比奈「泣きましたね」
長門(何も発生してない。失敗か?」ボソボソ
朝倉(というか罪悪感でもう嫌になってきたわ)コソコソ
朝比奈(中止しますか?)ボソボソ
ハルヒ「うわあああああああん」
朝倉(そうね……)「涼宮さん、落ちついて! 落ち着いて!」
キョン「そうだ。落ち着け」
ハルヒ「わああぁぁ……あれ?」
キョン「ドッキリだ。ほれ、ナイフも刃がない」
ハルヒ「……」
朝比奈「ほら、ハンカチですよぉ。顔拭いてください」
ハルヒ「……」カアアァァァァァァ
長門「林檎」

208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 15:54:32.82 ID:MknrgpGW0

キョン「……行っちまったぞ」
朝倉「おかしいわね。ここであの子があなたを助けるために力を使うはずだったんだけど」
朝比奈「うまくいきませんでしたねぇ」
長門「時間の無駄だった」
キョン「というかどうすんだよ。誰が追いかけるんだ」
朝倉「そりゃあ、ねぇ」
朝比奈「言わないとわかりませんか?」
長門「……」ジー
キョン「計画立案者じゃないのかよ! 俺かよ!」
朝倉「あなたが行くのが一番よ」
キョン「……俺、呪い殺されたりしないよな?」
長門「……」
朝比奈「……」
朝倉「「……頑張って!」
キョン「ああ、わかった……」

209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 16:00:16.15 ID:MknrgpGW0

教室
ガラッ
キョン「どこだー」
ハルヒ「!?」ビクッ
キョン「おー、いたいた。探したぞー」
ハルヒ「こ、来ないで!」
キョン「……怒ったのなら謝るよ。まさかあんな風にはなると思わなかったから」
ハルヒ「……別に怒ってはいないよ。ただ……」
キョン「ただ?」
ハルヒ「は、恥ずかしくて顔が……み、見れない……。それに顔、汚くなってるし……」
キョン「じゃあ、顔は会わせなくていいから近くまで行っていいか?」
ハルヒ「う、うん」
テクテク
キョン「よっこらしょっと……」
ハルヒ「……」

212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 16:07:20.57 ID:MknrgpGW0

キョン「いきなり走り出すもんだから探したぞ」
ハルヒ「ご、ごめんなさい」
キョン「まぁ悪いのはこっちだ。こっちこそすまん」
ハルヒ「……どうしてどっきりなんて?」
キョン「え、えーっとだな……ほら、最近お前変わっただろ」
ハルヒ「……変わった?」
キョン「そうだ。前よりか明るくなった」
ハルヒ「そ、そうかな?」
キョン「ああ、俺が保障してやるよ。それでちょっとどっきりさせたらどうなるか試したんだよ」
ハルヒ「明るくなったのかな……」
キョン「ああ、入学したころよりかは、な」(今の理由で納得してくれたのか……)
ハルヒ「……」ゴシゴシ
キョン「別に急いで帰る必要もないぞ?」
ハルヒ「ううん、違うの。キョンさん」
キョン「ん?」
ハルヒ「そのね、あ、あ、あr」
ガラリ
谷口「うぃーっす、忘れ物ー……ぬおっ!?」
キョン「……」
ハルヒ「……」
谷口(無人の教室。時は夕方。見詰め合う男女。女の顔には涙のあと。つまりこれは……)
キョン「おい、たにg」
谷口「すまん、ごゆっくりいいいぃ!!」
バタン
ハルヒ「……フフフ」
キョン「やれやれ……戻るか」
ハルヒ「うん」

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 16:20:31.97 ID:MknrgpGW0

ガチャリ
キョン「ただいまー」
朝倉「お、おかえりー」
ハルヒ「た、ただいま……」
朝比奈「おかえりなさい」
長門「……」
キョン「帰ってきたはいいもののもう下校時刻だな」
朝倉「帰って来るのを待ってただけよ」
朝比奈「ちょっとやりすぎましたからねぇ」
ハルヒ「いいの。気にしないでください」
朝倉「あれ、ずいぶんと普通の反応」
朝比奈「も、もしかして」
ハルヒ「え、え、えべべべ別にそんなことなにもしてないよ!」
キョン「落ち着け、涼宮」
朝倉「どうかしらねぇ……さ、帰りましょう」
朝比奈「そうですねぇ」
長門「……」バタン
帰宅中
キョン「……ん? あれは……」
古泉「こんばんわ。お待ちしておりました」
キョン「なんだ、ストーカーか」
古泉「いえ、違います。いつか話した超能力の話覚えてますか?」
キョン「嫌でもね」
古泉「その証明をするときが来ました。ついてきてください」

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 16:29:23.81 ID:MknrgpGW0


キョン(なーんで、ほいほい乗っちまったんだろうなぁ)
古泉「ずいぶんと素直ですね。もっと文句言われるものかと思いました」
キョン「まぁな。俺もなんで乗ったかは不思議だ」
古泉「それに、僕と最後に会った際、あんなこと言われましたからね」
キョン「……今はなんでも信じられそうな気がする」
古泉「おや、何かありましたか?」
キョン「いろいろな。それとお前に一つ聞きたいことがある」
古泉「なんでしょうか?」
キョン「宇宙人や未来人、超能力者。全ては涼宮が望んだとおりだ、て言ってたよな?」
古泉「ええ、言いました」
キョン「本当にあいつが望んだことなのか?」
古泉「と、言いますと?」
キョン「そのままだ。俺にはあいつがそんなことを望んでいるようには見えない」
古泉「そうですね。でも、もし心の奥底で望んでいたとしたら……否定は出来ませんよ」
キョン「そもそもなんであいつがそんなことを望まなければいけないんだ」
古泉「それこそわかりかねますよ。ただ単に好奇心だけかもしれません」
キョン「そんなことのためにお前らを呼び出したって言うのか?」
古泉「無自覚なんでしょう。彼女にとってはさほど意識することもない欲求も、重要性などを無視して
    具現化しているだけです」
キョン「それじゃあ、もしもあいつが少しでもこの世界を」
古泉「着きましたよ。降りてください」
キョン「……」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 16:37:34.36 ID:MknrgpGW0

キョン「ずいぶんと雑踏の中でやるんだな」
古泉「場所はランダムですからね。それでは目を瞑ってください。すぐに終わりますから」

古泉「どうぞ」
キョン「……殺風景な世界だな。ここはなんだ」
古泉「我々が閉鎖空間と呼んでいる場所です。その名の通り、僕たちのような人間しか立ち入れない世界です。
    ほら、ここに壁があるでしょう?」
プニプニ
キョン「……なんか気持ちいいな。これ」
古泉「そうなんですよ。これ、すごく気持ちいいんですよ」
プニプニ
キョン「えーっと、それでなんだっけ? 閉鎖空間?」
古泉「ええ、そうです。涼宮さんの精神が不安定になると発生する空間です。
    なぜ、それが察知できるかは僕たちが所謂超能力者だからでしょう」
プニプニ
キョン「不安定ねぇ。それで、この世界はほかになにもないのか?」
古泉「いえ、もうすぐ始まります。見ててください」

222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 16:46:37.74 ID:MknrgpGW0

ユラリ
巨人「……」
プニプニ
キョン「おい、あれはなんだ」
古泉「我々が神人と呼んでいるものです。涼宮さんの心の分身みたいなものです」
ドスン
神人「……」
プニプニ
キョン「おい、ビルの上に座ってるぞ」
古泉「最近はあんな感じですね。前はビルをなぎ倒したりしてて大変でしたよ。
    今は、心が不安定ではあるもののどうすればいいかわからない、と言った感じですかね」
神人「……!?」
ドカンドカン
キョン「うおおお、暴れだしたぞ」
古泉「恥ずかしさに悶えてるようにも見えますね。とりあえず止めてきます」
ヒュー……
キョン「古泉が赤い玉になっちまった……。おお、どんどん身体をばらばらにしていく……」
神人「ヌオー」
ピシューン
キョン「消えたか」
●「こんなところですね」
キョン「流石に今のは驚いたな」
古泉「本来ならもっと驚くべきですよ。ほら、この世界が崩れていきます……」
キョン「世界が割れていく……」
古泉「我々の世界に帰りましょう」

225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 16:55:20.33 ID:MknrgpGW0

古泉「なにがあったかは問いません。
     ただ涼宮さんの動向については気をつけてください」
ブロロロロ……
キョン「行ったか……寝よう」

翌日 放課後
キョン(あいつらが宇宙人(中略)なら俺は一体なんだろうな。
     もしかして自分も知らないうちに変な力を持ってたりしないよな)
ガチャリ
キョン「うぃーっす」
朝比奈「こんにちわぁ。お茶入れますね」
長門「……」
キョン「あの二人はまだ来てないみたいだな」
朝比奈「そうですねぇ。はい、どうぞ」
キョン「こりゃ、どうも」
朝比奈「とりあえずオセロなんてどうですか?」
キョン「そうですね。あいつらが来るまで……」

朝比奈「また私の勝ちですねぇ」
キョン「少しは手加減してください。それにしても二人遅いな」
長門「……!」
キョン「どうした、長門」
長門「朝倉涼子から連絡が来た。涼宮ハルヒは保健室にいる」

227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 17:02:09.43 ID:MknrgpGW0

保健室前
朝倉「あ、来た来た。遅いわよ」
キョン「涼宮は?」
朝倉「中にいるわ」
キョン「入るぞ」
朝倉「あー、今はだめ」
キョン「なんでだよ」
女子「すみませんがそこをどいてくれませんか? 着替えを持ってきたので」
朝倉「はい、どうぞ」
キョン「着替えって……」
朝倉「ここじゃあアレだから部室で話すわよ」

朝比奈「はい、お茶です」
朝倉「ありがとう」
キョン「それで、ハルヒの怪我は?」
朝倉「そこは安心して。怪我はほとんどないから」
キョン「じゃあなんだ。水たまりにでも転んだか」
朝倉「それのほうが幸せね。……涼宮さんが中学のころ苛められてたのは知ってるわね?」
キョン「ああ、聞いたことあるな」
朝倉「その時の主犯格がさっきこの学校に来てたのよ」

230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 17:08:52.95 ID:MknrgpGW0

キョン「でも確か病院から帰ってきたらひどい有様だったって……」
朝倉「そうね。主犯格がそうだったみたい。でもそれ以外の人がいたら?」
キョン「……まさか」
朝倉「完全な逆恨みね。主犯格の人以外でもサイフをなくしたりなんだりってそこそこの被害を被ってたわけよ」
キョン「なんで今さら……」
朝倉「高校に入って仲間を作って来たのかしらね。何せ相手は『呪い屋』。みんなでやれば怖くないって発想よ」
キョン「……それで?」
朝倉「これ以上聞きたいの?」
キョン「……」
朝倉「まぁそいつらは全員捕まったみたいよ。ただね、涼宮さんは昔のこととか思い出しちゃったみたいでずっとふさぎこんだまま。
     あなたを通さなかったのはその姿があまりにも……痛々しいからよ」
キョン「……」

231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 17:14:09.28 ID:MknrgpGW0

ガチャリ
朝倉「それでも行くの?」
キョン「……ああ」
朝倉「そう。でも会えるかはわからないわよ」
キョン「それでも……あいつを見捨てないって約束したからな」
朝倉「わかったわ。いってらっしゃい」
キョン「ああ」
バタン
朝比奈「大丈夫ですかね」
朝倉「もしかしたらの事態かもしれないわね。準備はしといたほうがいいわ」
長門「……」

キョン(涼宮……。待ってろよ。俺が助けてやるから!)

234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 17:19:11.51 ID:MknrgpGW0

保健室前
先生「だから今は会わせられないの」
キョン「どうしてですか!」
先生「どうしてといわれてもねぇ……とにかくだな」
ガラリ
キョン「涼宮っ!?」
女子「違いますよ」
キョン「……」
先生「まぁそういうわけだからね。うん。後で親御さんたちに向かえにきてもらうようになってるから。ね。うん」
キョン「……」
女子「会いたいのですか?」
キョン「え?」
女子「彼女に会いたいのですか?」
キョン「ああ」
女子「なら会わせてあげます」
先生「おいおい、君まで勝手なっ……」バタリ
女子「どうぞ」
キョン「触っただけで……もしかしてあなたは」
女子「姉妹がお世話になっているようなので。早く」
キョン「……ああ」

235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 17:25:47.26 ID:MknrgpGW0

保健室
先生「! ちょっと! 勝手に入って……」バタリ
女子「会わせる時間だけはあります。そう長くはありません」
キョン「ありがとうございます」
女子「そこのカーテンの向こうにいます。が、少し待ってください」
キョン「……なんですか?」
女子「直接会うことは多分できませんよ。それにもしかしたら嫌な思いをするかもしれません。
    それでもいいですか?」
キョン「……ああ」
女子「それでは……」
テクテク
女子「涼宮さん。起きてますか。聞こえてはいるかもしれませんがキョンさんがお見えですよ」
キョン「涼宮……大丈夫か」
ハルヒ「……て」
キョン「え?」
ハルヒ「帰って! もう誰も私にかまわないで!」
キョン「涼宮!」
ハルヒ「開けるな!開けたら……殺してやる」
キョン「……」
ハルヒ「もう嫌だ……もう……」
女子「……出ましょう」
キョン「……」

244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 17:59:09.10 ID:MknrgpGW0

戻ったので再開

…ン
キョン(……地鳴りが聞こえる)
ズーン
キョン(うるさいなぁ……)
ズーン
キョン「じ、地震か!? ……あれ? ここは」
ズ ー ン
キョン「うお!? 部室か。ここはそれにこの音は」
神人「ヌオー」
ズーンドカンガラガラ……
キョン「なんでここに神人が!?」
ウィーン……
キョン「今度はなんだ!」
長門『見えてる?』
キョン「! PCに文字が……そうか」
キョン『ああ』
長門『予想通りの展開が発生した』
キョン『一体どうなってんだ』
長門『涼宮ハルヒは新世界を作り出そうとしている』
キョン『新世界? 元の世界は?』
長門『全てが上書きされる。元の世界は永遠に失われ、新たな世界が元の世界に成る』
キョン『どうすればいいんだ』
長門『彼女を止めるしかない』
キョン『その新世界創作とやらを止めればいいのか』
長門『今、あなたのいる世界が多分新世界と成る場所。彼女はそこのどこかにいる』

245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 18:08:05.43 ID:MknrgpGW0

キョン『しかしその新世界とやらを破壊してるやつがいるぞ』
長門『彼女にとって学校は消し去りたいもの。一度破壊して新たな形で生まれ変わると思われる』
キョン『あいつはどこにいるんだ』
長門『わからない』
キョン『どうやって止めるんだ』
長門『わからない。ただ彼女が恋愛小説などを愛読していたと朝比奈みくるが言っていた』
キョン『それってつまるところそういうことか?』
長門『情報不足。それ以上はわからない。でも全てはあなたに懸かっている』スゥ……
キョン『おい、文字が薄くなってきてるぞ』
長門『お願い。あなたが救うのは世界じゃない……涼宮ハルヒを……たすけて……』
キョン「消えちまったか」
ズ ー ン
キョン「く、ここも危ないな。しかしどこに行けばいいんだ」
●「こっちです!」
キョン「! 古泉!」
●「私のできることはほとんどないようです。どうにかこの姿で潜りこめました」
キョン「あいつはどこにいるんだ」
●「屋上です」
キョン「そうか。ありがとな!」

●「……出番はこんなものでしょう」スゥ……

248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 18:19:13.11 ID:MknrgpGW0

屋上

キョン「涼宮!」
ハルヒ「あはははははははははは!」
キョン「……ハルヒ!」
ハルヒ「あははは……あれ? キョンさんなんでいるんですか?」
キョン「さぁな。偶然潜りこんじまったようだ」
ハルヒ「うふふふ。ほら、見てください。世界が壊れていきますよ」
キョン「確かにすごい光景だ」
ハルヒ「私にはこれだけの力があったんですよ! 世界を改変するほどの力が!
      色のない世界にもやがて朝日が昇る! ここが私の望む世界になるの!」
キョン「それならなんで俺がいるんだ?」
ハルヒ「ふふふふ、さぁね。もしかしたらキョンさんだけは連れてきていいかもと思ってたのかもしれませんね。
     よかったじゃないですか 全てが思い通りになる世界ですよ 素晴らしいじゃないですか」
神人「ヌオー」
キョン「なんでお前は元の世界を嫌うんだ」
ハルヒ「なんでって? むしろ私が聞きたいくらいですよ」

249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 18:29:28.21 ID:MknrgpGW0

ハルヒ「私は何もしてない。ただそこにいるだけでなんであんな目に会わなければいけないんですか?
     ただそこにいることすらも許してもらえないのですか? それならあんな世界……いらない」
キョン(考えろ。考えるんだ)
キョン「人生生きてれば理不尽なことぐらいあるさ。人に嫌われることぐらいな。
     だけどそいつらが許さないから世界が自分の存在を許してくれないとは違うんだ」
ハルヒ「……」
キョン「俺がお前を認めてやる。お前の存在を許してやる」
ハルヒ「だから帰って来いとでも言うのですか? またあの世界に戻れというのですか?」
キョン「ああ、そうだ」
ハルヒ「……なんであなたはそんなに」
キョン(目を伏せた。今だ!)
ガバッ
ハルヒ「ふぇ!?」
キョン(困った! 台詞が浮かばない! どうすればいいんだ!)
ハルヒ「あ、あ、ああ、ああのキョンさん? すすすすごく恥ずかしいんですけど」
キョン「ハルヒ!」
ハルヒ「はいぃ!?」
キョン「俺……実は……」
ハルヒ「……」ドキドキ
神人「……」
キョン「ポ……」
ハルヒ「ポ?」
キョン「ポニーテール好きなんだ」
ハルヒ「へ?」
キョン「それによく見ろ。あの巨人。ちょっとチャーミングだろ」
神人「♪」
ハルヒ「え? え?」
キョン「実はな、ハルヒ。これはすごく変な夢なんだよ」
ハルヒ「え? ええ? ええええぇぇぇ?」
神人「ヌオー!」

251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 18:30:52.16 ID:MknrgpGW0

ドテッ
キョン「アウチ! ……俺の部屋か。何かすごく選択を間違った気がする……。
    本当に夢だったのか……? ひどい夢落ちだ……。
    とりあえずもう一度……寝よう……」

254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 18:34:33.19 ID:MknrgpGW0

翌朝
妹「キョンくーん、起きてー、起きないと朝ごはん抜きだよー……
  ってあれ? 起きてるー。めずらしー。どうかしたのー?」
キョン「……朝になっちゃったよ」
妹「うん」
キョン「どうしよう……」
妹「え? えっとー……とりあえず朝ごはんかな」

キョン(ああ、新世界か。ここは。前の世界となんら変わりないじゃないか)
朝倉「おっはよー」
キョン「! 朝倉!」
朝倉「ど、どうしたのよ。急に」
キョン(そうか! 新世界だからみんな記憶が違うのか)
キョン「いや……なんでもないよ。おはよう」
朝倉「変なキョンくんね」

255 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 18:41:11.54 ID:MknrgpGW0

キョン(あまり変わってないじゃないか。本当に新世界か?)
朝比奈「おはようございますぅ」
キョン「ああ、朝比奈さん。おはよう」
朝比奈「さっき涼宮さん観ましたよ。珍しい髪型してましたね」
キョン「へぇ。ちょっと楽しみだな」

ガラリ
キョン「おはよ……う……」
ハルヒ「お、おはよう……」
キョン「……」
ハルヒ「……」
キョン・ハルヒ「「あの……!?」」
キョン「……」
ハルヒ「……」
キョン「ハルヒ」
ハルヒ「なんですか?」
キョン「ポニーテール、似合ってるぞ」
ハルヒ「ありがとうございます。
      キョンさん」
キョン「ん?」
ハルヒ「これからもよろしくお願いします」
キョン「……ああ」

256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 18:42:03.33 ID:MknrgpGW0

ということで一巻分終了デス!
ここまで支援、保守、読んでくださったかた。
本当にありがとうございました。

275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 20:25:28.73 ID:MknrgpGW0

朝倉「おはようぅ!?」
キョン「おはよう……いくらなんでもびっくりしすぎだろ」
ハルヒ「お、おはよう」
朝倉「だってポニーテールだよ? いいの?」
キョン「別にハルヒがやりたいならそうさせておけばいいだろ。
    それにほら、なかなか似合ってるじゃないか」
ハルヒ「そ、そうかな」
朝倉「! そう……そういうことね」
キョン「ん?」
朝倉「キョンくん」
キョン「なんだ、肩に手を置いて」
朝倉「さくばんは おたのしみ でしたね!」
キョン「!?」
ハルヒ「え!?」
朝倉「若いっていいわねぇ」
ハルヒ「な! ゆ、夢! 幻! なんで知ってるの!?」
朝倉「あらー、なんのことか涼子わかんないなー」
ハルヒ「うー、くー」
キョン「落ち着け。顔が真っ赤だぞ」

277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 20:32:26.37 ID:MknrgpGW0

放課後
ガチャリ
キョン「おや、珍しく一番だ」
ハルヒ「みんなどうしたんだろ」
キョン「茶でも飲むか?」
ハルヒ「あ、私が入れますよ」
キョン「そうか、すまないな」

ハルヒ「……昨日変わった夢を見たんですよ」
キョン「奇遇だな。俺もだ」
ハルヒ「希望に満ち溢れた悲しい夢だったような気がする」
キョン「そうか」
ハルヒ「でも、あの夢のおかげでまた頑張ろうって思えるようになったの」
キョン「そうか」
ハルヒ「私はもう落ち込まない。前に向かって進むことにするわ」
キョン「頑張れ。俺も出来る限りついていくさ」
ハルヒ「……うん」

朝比奈「すごく入りにくいです」コソコソ
朝倉「どうしたものかね」ヒソヒソ
長門「……帰る」ボソ
朝倉「そうしますか」ヒソヒソ
朝比奈「そうしましょう」コソコソ

278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 20:38:12.36 ID:MknrgpGW0

そんなこんなで時は流れて……
部室
キョン「うぃーっす」
ハルヒ「丁度いいところに来た」
朝倉「遅かったわね」
朝比奈「お茶入れますね」
長門「……」
キョン「何かやってたのか?」
朝倉「文化祭の出し物についての話し合いよ」
ハルヒ「えっと……文芸部だからね、文化祭で出し物しないといけないんじゃないかなって」
キョン「あー、そういえばここ文芸部だったな……」
朝比奈「なんだかのんびりしててあまり部活って感じもしませんよねぇ」
長門「ちなみに出し物がなくても可」
キョン「根底を覆すようなことを言っちまったな」
ハルヒ「でもほら、やったら面白いと思うよ……」
朝倉「そうねぇ、クラスのほうがアレだしこっちくらい真面目にやってもいいわよね」

280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 20:52:09.75 ID:MknrgpGW0

キョン「そういえばうちのクラスの出し物はなんとかアンケートだっけか」
朝倉「だってみんなやる気ないんだもの」
ハルヒ「うん……」
キョン「朝比奈さんは?」
朝比奈「一応喫茶店となってますぅ」
朝倉「間違いなくウェイトレスね」
ハルヒ「似合うからね……」
朝比奈「やっぱりそういう判断なんでしょうね……」
キョン「長門は?」
長門「占い」
キョン「占い」
長門「そう」
ハルヒ「私も占いできますよ」
朝倉「へぇ、どんな占い?」
ハルヒ「えっとね、まずは占ってほしい人の髪の毛を用意してね、それでね、藁人形に」
キョン「オーケー、それは占いじゃないからな。それはまた違うものだからな」

282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 20:59:38.77 ID:MknrgpGW0

朝比奈「でも文芸部の出し物って普通同人誌みたいなヤツですよね?」
朝倉「まぁそうなるわね」
ハルヒ「私、小説書けない……」
キョン「小説に限らなくてもいいんだろうけどな。とりあえず俺は文が書けない」
長門「……なら違う出し物にする」
朝倉「違う出し物?」
長門「そう」
ハルヒ「本の紹介文という手もあるけど……」
長門「実は興味ある本……というより文章がある」
朝比奈「文章?」
長門「そう。どちらかというとオカルト……」
ハルヒ「! なになに? どんなお話? 面白い?」
キョン「目が輝いてる……」
長門「ロア、という話」
キョン「ロア? 聞いたことないな」
ハルヒ「あー、ロアかー」
朝倉「知ってるの! 涼宮さん!」

誤爆したヒャッホイ

285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 21:05:50.95 ID:MknrgpGW0

ハルヒ「えっとね。都市伝説」
キョン「いきなり終わっちまったぞ」
長門「真実はその程度」
朝倉「いや、どうするのよ。決まらないじゃない」
朝比奈「で、そのロアってどんなお話なんですか?」
ハルヒ「えーっと、根拠がなかったり、嘘のように思えるけど本当の話みたいな噂話のことかな」
キョン「つまり説得力のある嘘ってことか」
ハルヒ「そうそう」
朝倉「あ、そうだ。そんな話を作って発表するってのはどう?」
朝比奈「なるほど。面白そうですね」
長門「既に一つ浮かんだ」
朝倉「早いわね」
長門「キョンはポニーテール好きである」
キョン「なっ!?」
ハルヒ「えっ!」
朝倉「それは事実ね」
朝比奈「みたいですねぇ……」

287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 21:11:30.19 ID:MknrgpGW0

長門「そういうわけで話を作ろう」
キョン「どんなわけだよ」
ハルヒ「なんでみんな知ってるんだろう……」
朝比奈「本当のような嘘の話ねぇ。例えばどんなのがいいんでしょうか」
朝倉「基本的にはデタラメだからね。非現実な話だけどどこか現実味を帯びているみたいな」
キョン「全く情報が増えてない気がするんだが」
長門「そこでアイデアを考えるためにいきたい場所がある」
ハルヒ「どこですか?」
長門「図書館」

キョン「わかった。要するに長門は図書館に行きたかっただけなんだな」
朝倉「着いてから気づいてどうするのよ」
ハルヒ「図書館なんて久しぶり……」
朝比奈「普段来ませんからねぇ」
長門「……」テクテク
キョン「……張本人がもういないな。じゃあ時間まで自由行動かね」
朝倉「そうね。みんな解散ー」

288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 21:18:18.91 ID:MknrgpGW0

ハルヒ「本がいっぱい」
キョン「そりゃ図書館だからな」
ハルヒ「うわー……」
キョン「しかしよく考えれば結構な難題をもらったな」
ハルヒ「え、そうかな? 結構簡単そうじゃない?」
キョン「そうか? 俺にはさっぱり浮かばないが」
ハルヒ「まぁ私にもまだ浮かばないけどさ……」
キョン「浮かばないのかよ」
ハルヒ「……なんだかずいぶん古い本もあるね」
キョン「あまり古いと図書館側で回収されるんじゃないかね」
ハルヒ「だってほら、これとか真っ白だよ」
キョン「本当だ。図書館でもこんな本あるんだな。どれどれ……」
ハルヒ「……表紙も真っ白」
ペラペラ
キョン「中も真っ白だな。なんだこりゃ」
ハルヒ「なんか気味悪いよ。戻しておこうよ」
キョン「そ、そうだな」

291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 21:24:13.03 ID:MknrgpGW0

ブブブブブブブ
キョン「お、携帯が鳴ってる。誰だ……」
ピッ
朝倉『やっとつながった! どこいるのよ!』
キョン『え、図書館だけど』
朝倉『どこにいるのよ。全く姿を見せないから心配してたのよ』
キョン『全くってまだ別れて五分じゃないか』
朝倉『五分? よく時計見なさい。一時間五分よ!』
キョン『へ?』
ハルヒ「あれ、本当に一時間経ってる……」
キョン「だって俺たちここで……」
朝倉『まぁ無事ならいいわ。入り口あたりにいるから早く来なさいよー』
キョン『あ、うん。わかった』
ピッ
キョン「……」
ハルヒ「……」
キョン「いこうか。きっと時間がすごく進んでたんだよ」
ハルヒ「……そ、そうだね」

292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 21:31:32.52 ID:MknrgpGW0

朝倉「あ、来た来た」
朝比奈「心配しましたよ」
長門「……」
キョン「悪いな。気づいたら時間が経ってたんだ」
ハルヒ「ごめんなさい」
朝倉「まぁいいけどね。で、話の一つぐらい浮かんだ?」
キョン「そっちはどうなんだよ」
朝比奈「収穫なしですぅ」
長門「ない」
朝倉「なしね」
キョン「だめじゃん!」
朝倉「そっちこそどうなのよ」
キョン「あ、えっとだな……」
ハルヒ「『この図書館には見たものの時間を送ってしまう真っ白な本が一冊紛れ込んでいる』。なんてどうかな」
朝倉「……うっそだー」
朝比奈「元から嘘話を作るんですからいいんですよ。嘘で」
長門「非現実的すぎる」
キョン「……そ、そうだよな。うん」
ハルヒ「ははは……だめだよね。うん」

294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 21:37:56.59 ID:MknrgpGW0

帰路
朝倉「案外難しいものね」
朝比奈「そうですね」
長門「同意」
キョン「説得力ある嘘ってのもなかなか難しいものだ」
朝倉「あ、ほら、私嘘つかない人だから」
ハルヒ「それって自分でいうものじゃないと思いますけど」
ナー
朝比奈「あれ、今」
朝倉「猫の鳴き声かしら」
ナー
長門「あそこの茂みから聞こえる」
ハルヒ「ほらー、おいでーにゃーにゃー」
ナー ガサガサ
キョン「お、出てきた。ミケ猫かな」

297 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 21:43:25.40 ID:MknrgpGW0

ハルヒ「おーかわいい」
ミケ「にゃーにゃー」
朝倉「ずいぶんと人懐っこいわね」
長門「……」ウズウズ
キョン「なでたければなでればいいよ」
朝比奈「もふもふですねぇ」
ハルヒ「そういえば猫のオカルトもあったなぁ」
朝倉「へぇ、どんなの?」
ミケ「にゃー」
長門「もふもふ」
ハルヒ「確か……猫は一生に一回だけ喋る、だったかな」
キョン「猫又って妖怪もいるぐらいだし喋るかもな」
ミケ「おなかがへったにゃ」
朝比奈「はいはい、あとで猫缶買いましょうね」
朝倉「帰り道に売ってるかしら」
長門「ペットショップがある」
キョン「ならちょっと行ってみるか」

299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 21:49:58.97 ID:MknrgpGW0

帰り道 ペットショップ
ハルヒ「猫缶って高いのから安いのまで色々あるのね」
キョン「一番安いやつでいいか」
ミケ「これがいいにゃ」
朝倉「ちょっと高いんじゃない?」
朝比奈「まぁでもこれくらいならいいじゃないですか」
長門「お買い上げ……」
店員「アリガトウゴザイマシター」

近くの空き地
パッカン
ミケ「はやくよこせにゃー」
ハルヒ「はいはい、落ち着いて……どうぞ」
ミケ「にゃー」モグモグ
朝倉「首輪してないわね。野良猫かしら」
朝比奈「珍しいですねぇ」
長門「もふもふ……」
ミケ「ごちそうさまにゃ。この恩忘れないにゃ」ペコリ
ガサガサ
長門「もふもふが……」
朝倉「行っちゃったわね」
朝比奈「また会えますよ」
キョン「んじゃあ帰るか」
ハルヒ「そうだね……ところでさ」
朝倉「時には考えなくてもいいこともあると思うわ」
ハルヒ「……そうだよね!」

300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 21:54:32.86 ID:MknrgpGW0

翌日 放課後 部室
キョン「うぃーっす」
長門「……」
キョン「おや、珍しい。長門だけか」
ミケ「にゃーもいるにゃ」
キョン「おう、昨日のミケ猫だな。よくここがわかったな」
ミケ「にゃーのはなはすごいにゃ」
キョン「そっかー……ところでさ」
長門「キョン」
キョン「うぐ……」
ミケ「にゃ?」
キョン「いや……なんでもないんだ……」
ミケ「にゃー」
キョン「……お前のトイレでも用意するか」

303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 22:01:51.53 ID:MknrgpGW0

ハルヒ「こんにちわー……あれ、昨日の猫だ」
ミケ「にゃー」
朝倉「なんだか好かれちゃったみたいね」
朝比奈「まぁいいじゃないですかぁ。かわいいですし」
キョン「……こんなもんかな。おい、猫。これで満足か」
ミケ「これはなかなかいいねどこにゃ」
キョン「おい、そっちは入れ物のダンボールだ。お前のはこっち」
ミケ「なかなか……にゃー……にゃー」
朝比奈「寝ちゃいましたね」
朝倉「せっかくいろいろ持ってきたのに残念だったわね」
キョン「ダンボールに入れてわざわざ拾ってきたのに……」
ハルヒ「かわいい……」
キョン「……なぁもういいよな。ゴールしてもいいよな?」
長門「だめ」
キョン「なんでだよ……なんでだよぉ……!」

305 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 22:07:03.76 ID:MknrgpGW0

ハルヒ「あ、今日もオカルト仕入れてきたよ」
キョン「なんだか生き生きしてるな」
朝倉「へぇ、それでどんな話?」
朝比奈「怖い話はやめてくださいね」
長門「……」
ハルヒ「色々あったからなー……。じゃあ一つ。
     雨の日の真夜中に何も写ってないテレビを観ていると何かが映る」
朝倉「……うっそだー」
朝比奈「いや、朝倉さん。昨日も言ったと思いますけどね、これはあくまでも嘘話を作るわけですから、嘘でいいんですよ」
キョン「それにしても今日のはすごく嘘っぽいな」
長門「同意」
ハルヒ「まぁ噂話だしねぇ」
朝倉「雨も降ってないし、試すことも出来なさそうね」
朝比奈「そうですねぇ……」
ポツポツ            ザァー
キョン「ははは……降って来ましたね」
長門「試してみよう……」


突然長時間の離籍の可能性ありです

306 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 22:14:13.60 ID:MknrgpGW0

チクタクチクタクチクタク
キョン「……もうすぐ夜中だな」
シャー
キョン「外は雨が降っているな」
シャッ
キョン「何も映ってないテレビを観ているとか……そういえばこの前行った長門の家にはテレビなかったな。
     どうする気だろ」
チクタクチクタク……カチリ
ザァー……
キョン「!?」
TV「ザァー」
キョン「なんでだ? 砂嵐が」
TV「ザァー シロ  ザァー  ウ ザァー」
キョン「ん? なんか声が……」
TV「ザァー  オ  ザァー  ウシロ  ザァー」
キョン「お?  後ろ?」
TV「ザァーー……」
キョン「終わったか?」
TV「





            お前の後ろだよ」
キョン「え、あうわああああああぁぁぁ」
ドテッ
妹「うわああああ、びびびっくりしたー」
キョン「あれ……朝?」
妹「そうだよー、早く下にこないとおかーさんがおこるよー」

310 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 22:21:20.15 ID:MknrgpGW0

放課後 部室
キョン「うーっす……」
朝倉「うーっす……」
朝比奈「こんにちわ……」
長門「……」ズーン
ミケ「みんな暗いにゃ」
キョン「多分みんな同じ目にあったんじゃないかね」
朝倉「顔面口だけみたいな怪物が……」
朝比奈「頭がいくつもくっついた様な……」
キョン「長門は?」
長門「レトルトパックが……襲ってきた……」
ハルヒ「こんにちわー。あれ、みんな元気ないね」
キョン「お前は元気だな……」
ハルヒ「いやー、それがですね。昨日のTV見てたら中に引き込まれてよくわからないうちに
      知らない少年少女と正体不明の物体とともによくわからない怪物とよくわからない
      力で戦ってたんですよ。いやー、いい夢でしたね」
キョン「結局夢オチか……まぁそうだよな」

312 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 22:29:23.97 ID:MknrgpGW0

ハルヒ「今日もオカルト話もtt」
キョン「いや、今日はいいよ……」
朝倉「昨日が散々だったわ……」
朝比奈「今思い出すだけでも……」
長門「主食が……主食が……」
ミケ「暗いにゃ」
ハルヒ「大丈夫ですよ。今日のは怖くないですから。えっとですね。この学校に関することです。
     『図書室の階段を下った先の地下に本を食べる少女がいる』。とのことです」
キョン「それはあれか。そのまま人間も食べちゃうぞーてか」
朝倉「うふふふ。全部解除してやる。全部解除……」
長門「落ち着いて。あなたがおかしくなったら私の夕食が……」
朝比奈「うぅ……あれ、でも図書室に階段なんてありませんよね」
ハルヒ「そうなんですよ。なのでこれこそ本当の嘘っぱちですね」
キョン「嘘だと思っても怖いな。本を食べる少女なんて……妖怪じゃないか」
ハルヒ「ということで確認しに行きましょう。キョンさん」
キョン「え、そんな遠慮しとくよおいやめろうわああああぁぁぁ……」

314 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 22:34:26.53 ID:MknrgpGW0

ハルヒ「この図書室にも何か不思議な本がありそうですね」
キョン「もういいよ。帰ろうよ。なんでこんなに人がいないんだよ」
ハルヒ「しかし階段って一体なんでしょうね」
キョン「そんなものないだろ? ほら、帰ろう」
ハルヒ「階段というよりむしろ扉かもしれませんね」
キョン「なんだよ、扉って」
ハルヒ「つまり隠し扉があってそこに階段が……」
キョン「ねーよ、そもそも構造を考えろよ。ここに階段あったら明らかにおかしいだろ」
ハルヒ「いやいや、そこは魔法のトリックなんですよ」
キョン「なんだよ、魔法って」
ハルヒ「例えばこの戸棚が動いたり」
キョン「ハハッワロス。動くはずn」
ゴゴゴゴゴ……
ハルヒ「じゃーん、扉が出来ましたー」
キョン「もうやだ」

316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 22:40:27.08 ID:MknrgpGW0

数十分後
ガチャリ
ハルヒ「ただいまー」
キョン「……」
朝倉「おかえり……会ったのね」
キョン「……」コクリ
ハルヒ「そんなにおびえるような人じゃなかったでしょ」
キョン「……ああ、確かに腰まで届きそうな三つ編みをした可愛らしい方でしたね。
     でもよく考えろ。まずあれはうちの高校の制服じゃない。それがまず重大だ。
     そして本当に本を食べた。というかおいしそうに。しかもおしゃべり」
朝比奈「それだけ聞くと怖い話に思えませんねぇ」
ミケ「もしかしたらいい人かもしれないにゃ」
キョン「いや、戸棚どかしたら階段に続く扉があったんだけどさ……。
     図書室に戻ってさ、振り返ったら戸棚が元通りになっててビクともしないんだよね……」
長門「帰ろう」バタン

318 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 22:46:31.46 ID:MknrgpGW0

翌日 放課後
ガチャリ
キョン「うぃーっす」
朝倉「お、来たわね」
ハルヒ「それじゃあ、今日のオカルトを発表しますy」
バタン
キョン「今日は歩いて帰ろう。今日はーあーるーいーてー帰ろう」
ガチャリ
長門「逃がさない」
キョン「あああぁぁぁあぁ……」
バタン
朝比奈「逃げるだなんてひどいじゃないですか」
ハルヒ「大丈夫。今回のは検証が難しいですから」
キョン「検証が難しくても一応試しには行くんだろ?」
ハルヒ「イグザクトリー」
キョン「もういや」


ちょっと席を外しますね

324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 23:07:32.50 ID:MknrgpGW0

外 とある邸宅前
キョン「……ここが噂の場所か」
ハルヒ「そうです、『満月の夜にその井戸を覗くと、井戸の水面に映った月から手が伸びてきて井戸へと引きずり込む』の
     井戸がある……と思われる邸宅」
朝比奈「あれ、鶴屋さんの家ですね」
朝倉「ああ、あの鶴屋さんの」
ハルヒ「前にお世話になったあの鶴屋さんですか」
長門「とりあえず押す」
ピンポーン    ガチャガチャ
鶴屋「おやおや、みなさん揃っちゃって。どうかしたのー?」
朝比奈「あの、鶴屋さんの家に井戸ってある?」
鶴屋「ん? あー、あるよ。枯れ井戸だけどね。なんで?」
ハルヒ「ちょっと拝見させていただけないかなーと……」
鶴屋「いいよー、枯れ井戸みたいなんて物好きだねー」
キョン「さすが鶴屋さんだ。まぁまだ昼間だし何事も起きないだろう」
鶴屋「こっちだよー」

328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 23:14:01.05 ID:MknrgpGW0

鶴屋「ほら、あれ」
朝倉「なんかずいぶんと豪華な屋根がついてるわね」
朝比奈「電灯もちゃんとついてますね」
鶴屋「あー、井戸そこそこ深いからね。気をつけてねー。電灯のスイッチはこれ。
    それじゃあ私はあっちにいるからねー」テクテク
ハルヒ「屋根がついてたら月、見れないわよね」
キョン「そうだな。帰るか」
ハルヒ「一応見るだけ見ておきましょう」

井戸前
ハルヒ「おお、真っ暗」
朝倉「おーい」
朝比奈「すごく反響してますね」
長門「深さは計り知れない」
キョン「どれだけ深く掘ったんだろうな」
ハルヒ「ちょっと電気を誰かつけてきてくれない?」

329 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 23:17:31.90 ID:MknrgpGW0

キョン「すぐそこだけどな」
朝比奈「なんだか行くのが少し躊躇われる距離」
長門「面倒」
朝倉「手が伸びればいいのに」
ハルヒ「私も伸ばせないわね」
キョン「これぞ、まさに井戸端会議」
ハルヒ「いってらっしゃい、キョンさん」
朝倉「すぐそこだから」
朝比奈「お願いしますね」
キョン「なんでだよ!」
長門「行け」
キョン「あいあいさー」
テクテク
キョン「んじゃーつけるぞ。とはいってもそんな何かが映るわけじゃないだろうに……」
パチッ

331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 23:22:39.86 ID:MknrgpGW0

ハルヒ「……あれ、水張ってるね」
朝倉「普通に水面があるわね」
長門「満月も映ってる」
朝比奈「いえ、あれは電灯……まさか」
キョン「ったく楽しそうだなっておい! 上だ! 手が!」
ニュイーン
ハルヒ「うわあああぁぁぁ!」
朝比奈「危ない!」ガシッ
長門「朝倉」
朝倉「いくわよ!」
長門・朝倉「情報連結解除!」
パシューン……
ハルヒ「たすけてえええええぇぇぇ」
朝比奈「手伝ってくださいー」
キョン「おう!」

ハルヒ「はぁはぁはぁはぁ……」
キョン「……」
長門「帰ろう」
朝倉「……そうね、お礼を言って帰りましょう」
朝比奈「一応忠告もしておきますね……」

334 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 23:26:48.58 ID:MknrgpGW0

翌日 放課後
ガチャリ
キョン「うぃーっす」
ハルヒ「発表します!」
バタン
ガチャリ
キョン「うわああぁぁぁぁ」
バタン

335 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 23:31:17.38 ID:MknrgpGW0

キョン「なんだか図書館が久しぶりだな」
ミケ「ここでであったにゃ」
長門「もふもふ」
朝倉「今思えばいままでの一連のオカルトはここに着てからの一週間以内よね」
朝比奈「なんだか感慨深いものがありますねぇ」
ハルヒ「『図書館に本になってしまった少年がいる』ね。喋るらしいから案外早く見つかるかもしれませんね」

朝倉「ということで前と同じく解散ね。えーっと……四時だから五時集合。この前と同じね」
朝比奈「今度は遅刻しないでくださいね」
キョン「わかってますよ」
長門「動かないで」
ミケ「せまいにゃ……」
ハルヒ「それじゃあ探しましょうか」

337 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 23:35:40.02 ID:MknrgpGW0

ハルヒ「相変わらず本の山ですね」
キョン「当たり前だ。ったくここから喋る本を見つけるなんて無理な話だろ」
…レ
キョン「ホイキター! 今声がしたぞ!」
ハルヒ「しぃー!」
キョン「あい、すみません」
ダシ……クレ
ハルヒ「これかな? 『エニ……』擦り切れてて読めないませんね」
パカ
本「たた助かった!」
パタン
本「オイ、ムシシナイデ」
キョン「さてと、あいつらどこにいるかな」
ハルヒ「……こうほいほいと見つかるものなのね」
キョン「それはもしかしてお前が……あれ?」
ハルヒ「どうしたの?」

340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 23:39:29.23 ID:MknrgpGW0

キョン「これは……」
ハルヒ「白い本……」
キョン「……」ゴクリ
ハルヒ「……」スゥ
キョン「おい」
ハルヒ「……だめ、かな」
キョン「……そっちの本を渡せ」
ハルヒ「あ、これですね。はい」
本「アンマリユラスナー」
キョン「本が文句言うな」
ハルヒ「表紙も背表紙も相変わらず真っ白」
キョン「おい、捲ってみろ」
ハルヒ「うん……」
ペラペラ

341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 23:45:22.55 ID:MknrgpGW0

キョン「あれ、なんか絵が……」
ペラペラ
ハルヒ「よく出来たパラパラマンガみたい」
ペラペラ改めパラパラ
キョン「すごいな。細部まで書かれてる」
ハルヒ「あれ、でもこれってどこかで……」
パラパラ
キョン「……ここだ」
ハルヒ「え?」
キョン「この図書館の風景だ」
パラパラ
ハルヒ「そうだね……すごい、写真みたい」
キョン「誰かの視点で書いてるな。どこかに向かってるみたいだが……。
      そういえば人が書かれてないな」
パラパラ
ハルヒ「……あ、今、人の姿が」
キョン「行き過ぎたな……おお、戻った戻った。芸が細かいな」
パラパラ
ハルヒ「どんどんその人たちに近づいていく」
キョン「あれ、でもこの二人組みって……」
パラパラ パラ
ハルヒ「……制服の二人組み」
キョン「ああ、間違いない。これは俺たちだ。そして今俺たちの背後に」
バッ







344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 23:46:20.10 ID:MknrgpGW0






























                                             おーい

347 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/10(土) 23:59:52.40 ID:MknrgpGW0

キョン「ん……」
朝倉「ちょっと、こんなところでなんで寝てるのよ」
ハルヒ「あれ……?」
朝比奈「大丈夫ですかぁ?」
長門「外傷は見当たらない」
キョン「あれ……確かここで俺は本を見てたんだよな」
ハルヒ「うん、喋る本を探してたんだよね」
朝倉「喋る本? ああ、もしかしてあれのこと」
子ども「タッチタッチ!」
本「ペペペペペペペキン! ペペペペトーキオーサkペキン!」
キョン「いや、あんなタッチ式で喋る本……というかあれは地球儀だな」
ハルヒ「おかしいなぁ」
朝倉「びっくりしたじゃない」
長門「同意」
キョン「あれ? 長門。ミケはどうした?」
長門「?」
朝比奈「ミケってなんですか? 今日は資料を探しに来たんですよ」
ハルヒ「資料?」
朝倉「そうよ。今日はえーっと……そう、ロアとか言う嘘話の資料を探しに来たんですよ」
キョン「え? だってそれは」
長門「寝ぼけている」
朝倉「はぁ……まぁいいわ。頭しゃっきりさせたら探しなさいよ」
キョン「おい、ちょっとまt」ガシッ
ハルヒ「キョンさん……」
キョン「なんだよ、泣きそうな顔して」
ハルヒ「私たちが間違ってるの」
キョン「そんなはずないだろ」
ハルヒ「だって今日の日付が……四日前だもの」
キョン「……え?」

348 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 00:01:53.93 ID:OI8Tk9nt0

短めですが以上で二巻分が終了となりました。まぁ文化祭に出し物なしと考えてオッケーです。
ここまで読んでくださったかた、保守してくれたかた、支援してくれたかた、ありがとうございました。
なお、後ろには誰もいませんのでご安心ください

354 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 00:07:05.42 ID:OI8Tk9nt0

あー、一個書き忘れたわー
でもなくてもいいやー

ちなみに三巻分はまだ構想を練ってないのでやるともやらないともいえません。
最も一巻分終了時も二巻分考えてませんでしたけどね

424 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 15:16:48.29 ID:OI8Tk9nt0

そういえば鳥つけてないから>>1かどうかわからないね
これだからだめなんだよ>>1は('A`)

435 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 16:25:12.99 ID:OI8Tk9nt0

六月
ガチャリ
ハルヒ「……」ジィー
キョン「おう、来たか……って何読んでんだ?」
ハルヒ「え、あ、これです」
唐突に始めるよ!

『第九回市内アマチュア野球大会参加募集のお知らせ』
朝倉「へぇ。野球ね……。出たいの?」
ハルヒ「ううん、別に出たくないですよ。ただ配ってたのを受け取っちゃっただけです」
朝倉「じゃあ捨てましょうか」
ポイッ
朝比奈「うーん、うーん」
キョン「どうかしましたか?」
朝比奈「あ、こんにちわ。なんだかガスコンロの調子が悪いみたいでぇ」
朝倉「ガス切れかしら」
ハルヒ「で、でもこの前取り替えたはずですよ」
長門「ならば故障」
朝比奈「困りましたねぇ」
キョン「まぁこれから暑い日が続くし、冷たいお茶でもいいじゃないですか」
朝倉「冷蔵庫も調子悪いけどね」
キョン「オーノー!」
ハルヒ「全部拾いものですからねぇ」




436 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 16:26:16.03 ID:OI8Tk9nt0

あ、あれ? 俺の言葉がなんか微妙な場所に入ってるぞ……

朝倉「えーっと、緊急会議を行なうわ」
パチパチパチパチ
朝倉「議題は『部活備品について』ね。ほら、書いて書いて」
ハルヒ「あ、うん」かきかき
朝倉「まず必需品としてあげられるのは……冷蔵庫とガスコンロ」
キョン「扇風機もほしいな」
朝比奈「風鈴があると風情が出ますね」
長門「本及び本棚」
朝倉「ほら、どんどん書いてー」
ハルヒ「う、うん」かきかき

439 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 16:27:03.03 ID:OI8Tk9nt0

朝倉「扇風機はいいわね。これから暑くなるから必要ね。あと置き傘もあるといいわ」
キョン「冬になったらストーブもだな」
朝比奈「あと夏用のメイド服もほしいですね」
ハルヒ「よいしょ」かきかき
長門「本棚及び本」
朝倉「そうなると結構いろいろ必要になるわね……。部屋に運ぶのが大変そうだわ」
キョン「というか入手手段は?」
朝倉「買う、にはお金がかかるしやっぱり拾うのが一番いいかしらね」
朝比奈「拾うんですか……。そういえばこのメイド服とかは?」
朝倉「ここにおいてあるものはほとんど拾いものよ」
キョン「どこで拾ってくるんだよ……」
長門「いいゴミ捨て場がある」
朝倉「そそ。あそこに行けば大抵の粗大は手に入るんじゃないかしら」
キョン「ずいぶんと品揃えのいいゴミ捨て場があるみたいだな」

書きだめここまで。ここからいつも通り行き当たりばったりです!

441 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 16:32:07.58 ID:OI8Tk9nt0

外 とあるゴミ捨て場
キョン「というわけできたわけだが」
ハルヒ「……なんだろう、これ」
朝倉「ああ、なんかいかがわしいホテルの風呂場にありそうな椅子ね」
朝比奈「うわぁ、衣装もいっぱいありますぅ」
長門「本……」
キョン「しかし誰がこんなに捨てるんだろうな。しかもまだ使えそうなやつもあるぞ」
朝倉「さぁね。高級住宅街とかいうやつの近くだし、そういう人が捨てるのかしらね」
朝比奈「さすがにお茶の葉はありませんねぇ」
ハルヒ「わ、わ、このこけし動くよ!」
長門「捨てなさい」
朝倉「じゃあちょっといろいろ探してみますかー」
一同「おー」

443 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 16:36:03.34 ID:OI8Tk9nt0

キョン「よっと……しかしこのゴミの山。どちらかというと不法投棄じゃねぇか?」
長門「東京ゴミ砂漠」
キョン「お、長門。なにか見つけたか?」
長門「……」スッ
キョン「へぇ、結構いろいろな本があるもんだな……」
長門「本を捨てるなんて言語道断」
キョン「まぁ溢れてきたから捨てたのかもしれないな」
長門「死すべき」
キョン「そこまで言うか……お、これは?」
長門「……」
キョン「ペンダント……みたいだな。いや、ロケットって言うのか?」
長門「エンジンはついていない」
キョン「そのロケットじゃねぇよ。このへんを……」
パカッ
長門「女性と男性が一人ずつ」
キョン「夫婦の写真かね」

444 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 16:40:32.71 ID:OI8Tk9nt0

長門「まさか本を捨てたのは」
キョン「いや、それはいくらなんでもねぇよ。まぁ交番に届けておくか」
長門「私はあっちを探す」
キョン「おう、頑張れよ。俺はあっちでも行ってみるかな」
ガサゴソガサゴソ
キョン「おや、あれは……」
ハルヒ「……」ジィー
キョン「おい、ハルヒ。何見てんだ?」
ハルヒ「おおおおおううぅぅ!?」バザッ
キョン「? なんか読んでたのか」
ハルヒ「よよよよよ読んでないよ! 読んでない!」
キョン「だって今、バサッって音が」
ハルヒ「してないよ! ほら、あそこにカラスいるから! 羽、そう羽の音だよ!」
キョン「怪しいなぁ」
ハルヒ「え、あ、あああ怪しくなんかないもん……」

447 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 16:48:04.04 ID:OI8Tk9nt0

キョン「本当か? 怪しいなぁ……」ジリジリ
ハルヒ「う、う、う……あ! あそこにすてきな宇宙船地球号!」
キョン「なんですと!」バッ
ハルヒ(今だ! これをゴミの奥に! それでこの雑誌を!)
キョン「ってよく考えたら地球じゃねぇかよ! 騙された!」
ハルヒ「き、気のせいだったかな」
キョン「それで、何を読んでたんだ?」
ハルヒ「え、これを……」
『俳句の友』
キョン「……」
ハルヒ「……」
キョン「……渋いな」
ハルヒ「……ちょっとだけ、興味があったの」

448 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 16:55:13.78 ID:OI8Tk9nt0

ガサゴソガサゴソ
キョン「おや……今度は朝比奈さんがいるぞ」
朝比奈「うーん、サイズ合うかなぁ」
キョン「服でも見つけたんですか?」
朝比奈「あ、キョンくん。ちょうどいいところに」
キョン「……なんですか、そのコスプレ物ばっか入ったダンボールは」
朝比奈「ちゃんとコスプレ衣装って書いてありましたよ。誰かが専門に集めてたんでしょうね」
キョン「用途によってずいぶん印象が変わるが」
朝比奈「でもなぜだか制服も結構混ざってるんですよね。ほら、この赤っぽい制服とか」
キョン「ピンクの制服とか採用している場所があるのかすら疑問だ。自作ならすごいが……」
朝比奈「サイズが合いそうなヤツもあるんですけど、合わないやつのほうが多いですね」
キョン「まぁ他人の服ですからね」
朝比奈「あ、でもこのナース服とかはなかなかよく出来てますね」
キョン「まとめて売ったほうが金になりますよ」
朝比奈「どこで買い取ってくれるんでしょう」
キョン「コスプレ専門の服屋とかかな……」

450 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:07:50.98 ID:OI8Tk9nt0

ガサゴソガサゴソ
キョン「おや、朝倉」
朝倉「いいとこに来たわね。ちょっと手伝ってよ」
キョン「それは……冷蔵庫か?」
朝倉「ええ。でも横倒しになってるからちょっと起こすの手伝って」
キョン「あいよ」
ギギギガタン!
朝倉「ふぅ」
キョン「……これは少し大きすぎないか?」
朝倉「やっぱそうかな? でも冷凍室と冷蔵室がある冷蔵庫というのがなかなか見つからないのよ」
キョン「部室にあるやつは?」
朝倉「ああ、あれはどっちとも備えてるわよ。しかもコンパクト。あれがまたあればいいんだけどね」
キョン「でもあれはちと小さすぎないか? 冷凍室なんて氷とアイス入れたらいっぱいだぞ」
朝倉「あれぐらいで十分よ。冷蔵も2リットルペットボトル入るし」
キョン「同じ型のが落ちてればいいんだけどな。丁度あれくらいだよな」
朝倉「そうそう。ちょうどあのテレビくらい……テレビって必要かな」
キョン「いや、いらんだろ、多分」

452 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:14:40.82 ID:OI8Tk9nt0

朝倉「ビデオに必要かと思ったけど……お」
キョン「ん?」
朝倉「これいいじゃなーい。軽い小さいし」
キョン「電子レンジか? それ」
朝倉「うーん……あ、やっぱり。冷凍庫よ。冷凍専門」
キョン「おいおい、冷蔵はどうするんだよ。別のを探すのか?」
朝倉「だめかな?」
キョン「コンセント足りなくなるんじゃないか?」
朝倉「あー、そっか。じゃあポイ」
キョン「あれを修理するのがいいかもしれないな」
朝倉「だったら小さいやつ新しいの買うわよ」
キョン「ですよねー」
ガサゴソガサゴソ
キョン「お、これなんていいんじゃないか。少し大きいけど」
朝倉「冷蔵も冷凍もあるわね。いいじゃない、これにしましょう」
キョン「あとはガスコンロか」
朝倉「それはもうあるから……扇風機とかも一応見つけたし終わりかな」
キョン「じゃあ全員集めるか」

453 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:20:50.14 ID:OI8Tk9nt0

朝倉「ええっと、じゃあ各自戦利品を」
長門「本十冊」
朝比奈「コスプレ衣装一式です」
キョン「……ハルヒは?」
ハルヒ「え? えっとね……ないかな」
朝倉「なんでないのよ」
ハルヒ「ヒィ、本を読んでたら気づいたらぁ……」
朝倉「はぁ……まぁいいわ。忘れ物がないように帰るわよ」
キョン「なぁ、ところでさ」
朝倉「何よ」
キョン「この冷蔵庫とかどうやって運ぶんだ?」
ハルヒ「……」ジー
長門「……」ジー
朝比奈「……」ジー
朝倉「……」ジー
キョン「なぜ俺を見る……」

454 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:27:24.71 ID:OI8Tk9nt0

キョン「はぁ……はぁ……」
朝倉「ほら、頑張ってー」
朝比奈「頑張ってくださいー」
長門「……」
ハルヒ「ま、まけないでー」
キョン「もう……負けても……」
朝倉「まぁ台車か何かがあればよかったんだけどねぇ」
朝比奈「結局探してもありませんでしたから」
長門「仕方ない」
ハルヒ「頑張ってー」
キョン「さすがに……もう……だめだ……」バタン
朝倉「あぁ、立って! 立つんだ、キョン!」
長門「死亡確認」
ハルヒ「え、死んじゃったの? 死んでないよね?」
朝比奈「冗談ですから安心してください」
???「あれー、どうしったのっかなー?」

456 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 17:34:38.07 ID:OI8Tk9nt0

朝比奈「あれ、鶴屋さんじゃないですかぁ」
鶴屋「やぁやぁ、なんか面白いことやってるね」
朝倉「えーっと……」
朝比奈「あ、私の友だちの鶴屋さんです」
鶴屋「どもどもー。みくるがいつもお世話になってる部活だね!」
ハルヒ「こ、こんにちわ」
鶴屋「おおー、君が涼宮ハルヒちゃんだね! 話通りの可愛さだねぇ」
ハルヒ「そ、そんなことないです……」
朝倉「顔真っ赤」
鶴屋「ところであそこに倒れてる人も部員かな?」
長門「そう」
キョン「た、たすけ……」
鶴屋「あらあら、なんだか大変だね! うちが近くだし何か必要なものあるならあげれるよ?」
キョン「台車を一つお願いします」
朝比奈「いきなり元気になりましたね」
鶴屋「ほいやっさ。ついてきてー」

ちょっと席外しますね

462 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:25:00.66 ID:OI8Tk9nt0

再開デス!

ゾロゾロ
キョン「ちょ、ちょっと待ってくれ……」
朝倉「うん? ああ、そっか。動けないのね」
朝比奈「じゃあ私だけ行ってきますね」
ハルヒ「お願いします」
鶴屋「そっれじゃーみくる! いくよー!」
数分後……
ハルヒ「あ、帰ってきました……て、あれ?」
朝比奈「ただいま」
鶴屋「待ったせたね! ほら、これぐらいで丁度いいかな?」
朝倉「はい、ありがとうございます」
キョン「よっこいしょと……でもなんで鶴屋さんまで?」
鶴屋「みくるの話を聞いてたらちょっと興味がわいてねー。ま、部活見学さ!」
朝倉「よーし、それじゃあいくわよー

464 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:34:17.69 ID:OI8Tk9nt0

夕方 部室
キョン「よっこらせと……」
朝倉「あとは古いやつを捨てるだけね」
鶴屋「あー、それ私がついでにやっといてあげるよ!」
ハルヒ「あ、ありがとうございます」
長門「……」
鶴屋「しっかし変わった部室だねぇ。文芸部だっけ?」
朝比奈「そうですよぉ」
鶴屋「冷蔵庫にガスコンロ、パソコン、コスプレ衣装、扇風機……。これだけ見ると誰かの部屋みたいだね!」
キョン「確かに部室には見えませんね」
ハルヒ「普通の部室って違うの……?」
朝倉「違うでしょうね。多分」
鶴屋「うんうん、よし。じゃあ面白いものも見れたし私は帰るよ! ぐっばい!」

キョン「いい人だな」
朝比奈「いい人ですね」
ハルヒ「そうですね……」
長門「……」クイッ
キョン「ん? どうした?」
長門「ロケット」
キョン「ロケット? ああ、さっきのか。……そういえば写真の人に似てるな」
長門「届けたほうがいい」
キョン「じゃあちょっと行ってくるかな」

466 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:42:01.49 ID:OI8Tk9nt0

タッタッタッ
キョン「おーい!」
鶴屋「ん? キョン君じゃないか。どうかした?」
キョン「あの、このロケットってあなたのですか?」
鶴屋「どれどれー……ほおほお」
キョン「中の写真があなたに似ていたので……」
鶴屋「これ多分うちの母親のじゃないかな。前になくしたって言ってたような」
キョン「ああ、よかった。ちょうど今日拾ったんですよ」
鶴屋「どこでだい?」
キョン「あっちのほうにあるゴミ捨て場です」
鶴屋「あー、あそこか。あのゴミ捨て場かぁ……」
キョン「もしかしてまずかったですか?」
鶴屋「いんや、別に気にすることはないよ! ちょっと不思議なだけさ」
キョン「不思議?」
鶴屋「いやねぇ、このロケットって確かなくしたの十数年前って言ってた気がしたからね」
キョン「……不思議ですね」
鶴屋「不思議だねぇ」

467 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 18:45:36.06 ID:OI8Tk9nt0

第三巻 涼宮ハルヒの退屈分が終了です。中途半端とか文句言われても困るので言わないでください
あとはやるとしたらミステリックサイン 笹の葉ラプソディで三巻分終了です。
孤島症候群は事情につき出来ません!

ここまで保守、支援、そして読んでくださった方々。ありがとうございました

485 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 20:24:29.39 ID:OI8Tk9nt0

七月
ガチャリ
キョン「おいすー」
朝比奈「こんにちわ」
キョン「お、サマーヴァージョンですね」
朝比奈「はい、あれだと少し暑くなってきましたからね」
朝倉「そういうところには早く気づくのね」
長門「いやらしい」
キョン「いや、別にいいじゃねぇか……そういえばハルヒがいないな」
朝倉「さっき教室からそそくさと出てったけどね。どこかでヒマでも潰しているのかしら」
ガチャリ
ハルヒ「こんにちわ」
キョン「おう……なんだ、その笹の葉は」
長門「七夕」
朝比奈「あー、そういえば今日はそうでしたね」
ハルヒ「ということでちょっと持ってきたんだけど……だめ、かな?」
朝倉「いいんじゃない? 七夕ってなんとなく文芸部っぽいし」
キョン「そういえば文芸部だったな。ここ」

488 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 20:30:57.97 ID:OI8Tk9nt0

ハルヒ「やっぱり窓際かな……」
朝倉「短冊はあるの?」
ハルヒ「あ、うん。あるよ」
朝比奈「準備がいいですねぇ」
キョン「何を願えばいいんだか」
長門「金」
朝倉「それは率直すぎるんじゃないかしら」
ハルヒ「いっぱいあるから一つじゃなくても……怒られるかもしれないけど」

キョン「こんなもんかな」
朝倉「ほー、書けたの。どれどれ」
『金』
『家』
『地位』
朝倉「……」
ビリビリ
キョン「ノー!」
朝倉「やり直しね」

491 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 20:43:50.52 ID:OI8Tk9nt0

朝比奈「私も書けましたぁ」
キョン「なになに」
『お裁縫がうまくなりますように』
『お料理が上手になりましように』
朝倉「いい、キョンくん。これが普通の願い事なの。わかる?」
キョン「むぐぐ。そういうお前はどうなんだ」
朝倉「私? はい」
『一生健康』
キョン「……普通だな」
朝倉「普通よ」
朝比奈「長門さんも書けました?」
長門「……」コクリ
『本』
キョン「そのまんまだな」
朝倉「味気ないわね……」

494 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 20:50:19.20 ID:OI8Tk9nt0

ハルヒ「よいしょっと」
キョン「あれ、ハルヒのは?」
ハルヒ「もう結んだよ?」
キョン「早いな! えっと、これか」
『平和』
キョン「……普通だな」
ハルヒ「普通だと思えることが幸せです」
朝倉「じゃあ私たちもぶら下げますか」
キョン「ああ、俺のも頼んだ」
朝倉「結局、お金なわけね……」
長門「手伝う」
キョン「引きちぎるなよー      うん?」
朝比奈「部活が終わっても少し残っててください」ヒソヒソ
キョン「? わかりました」ヒソヒソ
ハルヒ「出来たね」
朝倉「なかなか立派じゃない」

496 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 20:55:39.74 ID:OI8Tk9nt0

朝倉「それじゃあ先帰るわね」
ハルヒ「私も……」
バタン
長門「……」
キョン「ん? どうした、長門」
長門「これを」
キョン「ずいぶん厚い本だな……読めってことか?」
長門「必要になる」
テッテッテ バタン
キョン「なんだったんだろう。まぁいい。しまっておくか。
      それで朝比奈さん、どのような用事で?」
朝比奈「えっとですね、ついてきてほしいところがあるんです
キョン「どこですか?」
朝比奈「三年前、です」

497 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 21:02:44.17 ID:OI8Tk9nt0

キョン「……」
朝比奈「……」
キョン「……」
朝比奈「……あの、キョンくん?」
キョン「えっと、すみません。ちょっと情報の処理に脳みそが追いつかなくて……。三年前、ですか」
朝比奈「はい、三年前です……」
キョン「……あ、そういえば朝比奈さんは未来人でしたね」
朝比奈「今、思い出してくれたんですね……」
キョン「ええ、すっかり忘れてました。まぁタイムトラベルなんて経験できるものではありませんし行きますよ」
朝比奈「ほんとっ? ありがとう!」
キョン「いや、そんなに喜ばなくても……で、どこから行くんですか?」
朝比奈「えっとですね。椅子に座ってください」
キョン「はい」ストン
朝比奈「目を瞑ってください」
キョン「はい」
朝比奈「行きます!」
キョン「え!?」

498 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 21:08:57.03 ID:OI8Tk9nt0

キョン「……あれ、ここは?」
朝比奈「三年前です」
キョン「ずいぶんと早いんですね。時間移動」
朝比奈「はい。方法は非公開ですけどね」
キョン「しかし本当に三年前ですか?」
朝比奈「はい、もちろんです。なんならいまkうっ!」
キョン「おっと、どうしたんですか? 朝比奈さん?」
朝比奈「すぅ……すぅ……」
キョン「寝てる……しかし今の反応はもしかして……」
ガサガサ
キョン「コn」
朝比奈(大)「違います」
キョン「なーんだ」
朝比奈(大)「私の存在にはびっくりしないんですね……」

501 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 21:15:26.46 ID:OI8Tk9nt0

キョン「それでここからの案内はあなたがやってくれるんですね?」
朝比奈(大)「はい、そうです」
キョン「朝比奈さんを眠らせたのは矛盾を作らないためですね?」
朝比奈(大)「はい……」
キョン「で、これから指示をするからその通りにしてほしいと」
朝比奈(大)「……」
キョン「ちなみにこの朝比奈さんはどうすればいいんですか?」
朝比奈(大)「……背負ってってください。そこにある線路沿いに下ると中学校があるので
         その門前にいる子に協力してあげてください」
キョン「なんで泣きそうなんですか?」
朝比奈(大)「いえ、気にしないで……それじゃあさよなら」
ガサガサ
キョン「行ってしまった……。ま、俺も行くか」

504 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 21:21:01.69 ID:OI8Tk9nt0

テクテク
キョン「あれが中学校だな……あの影は」
???「うーんしょうーんしょ」
キョン「おい」
???「ひいいいいいぃぃ!」
キョン「いや、そんなに怯えるな」
???「ごごごごゴメンナサイもうこんなことしません神様許してください」
キョン「落ち着け、ハルヒ」
ハルヒ「……だだ誰ですか? なんで私の名前を?」
キョン「あーえーっと……まぁ通りすがりのお兄さんだ。心配することはない」
ハルヒ「怪しいです……」
キョン「なら俺も名乗っておこう。俺の名は……ジョンスミスだ」
ハルヒ「え、外人?」
キョン「まぁな」
ハルヒ「……」

507 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 21:25:55.52 ID:OI8Tk9nt0

キョン「……どうした? 入るんだろ?」
ハルヒ「え」
キョン「とめねぇよ。手伝いに来てやったんだから」
ハルヒ「……」
キョン「ま、怪しいことには変わりないかもな」
ハルヒ「……て、手伝ってくれませんか?」
キョン「ああ、もちろんだ」

キョン「さてとこの門が問題だな」
ハルヒ「それは大丈夫です」
キラッ       ガチャン
ハルヒ「よいしょっと」
ギギギギギ
キョン「鍵が壊れてる……」
ハルヒ「早く入ってください」
キョン「ん? ああ」

508 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 21:30:51.07 ID:OI8Tk9nt0

キョン(あの監視カメラが谷口が言ってたやつか……ばっちり俺の姿も映ってるのになんで……?)
ハルヒ「こ、こっちです」
キョン「……これは体育用具室ってやつか」
ハルヒ「あ、はい。あの、できれば取っ手部分を明るくしてくれませんか?」
キョン「あいよ。ライトはこれな」
パチッ
ハルヒ「それでは……」
キラッ
キョン(でかい釘とトンカチ……!?)
ハルヒ「やっ」
ガチャン    キー
ハルヒ「これで開きました」
キョン(鍵を壊してたのか……)
ハルヒ「す、少し外で待っててください」
キョン「ああ」

514 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 21:38:03.79 ID:OI8Tk9nt0

ハルヒ「ふぅ」
キョン「石灰袋を出して……なにするんだ?」
ハルヒ「えっとですね……これの通りに図を書きます」
キョン「……この図は?」
ハルヒ「秘密、です」

ハルヒ「そこはこう……そうですそうです。それで終わりかな……」
キョン「結構時間かかったな……」
ハルヒ「……神様はこれを観てくれるでしょうか」
キョン「……大丈夫だ。きっと見てるさ」
ハルヒ「……あの、変なことを聞いてもいいですか?」
キョン「なんだ」
ハルヒ「宇宙人っているでしょうか?」
キョン「あー……」
ハルヒ「未来人、超能力者、異世界人。そういった類の人はいるでしょうか……」
キョン「……いないだろうな」
ハルヒ「いませんか……」
キョン「でも幽霊だとか妖怪はいると思うぞ」
ハルヒ「! そうですよね。いますよね。きっと……」

516 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 21:44:04.19 ID:OI8Tk9nt0

ハルヒ「あの……その制服って確か北高校のですよね?」
キョン「ああ、そうだ」
ハルヒ「そちらのかたも……?」
キョン「ああ、この人は突発性白雪姫症候群にかかっててな。ちょっと寝てるだけだ」
ハルヒ「そ、そうなんですか……」
キョン「お前と話が合いそうなやつが北高校にいるぞ」
ハルヒ「……頑張って入学します」
キョン「おう、頑張れ」
ハルヒ「あ、片付けしないと……」
キョン「俺も手伝うぜ」

ハルヒ「それではまた、どこかでお会いしましょう……」
テッテッテ
キョン「行っちまったか……案外暗くもなかったな」
朝比奈「ふにゃぁ……」
キョン「おはようございます」

518 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 21:48:35.01 ID:OI8Tk9nt0

朝比奈「おはようございます……あれ、ここは?」
キョン「中学校の門前です。あなたはちょっと眠ってたみたいですね」
朝比奈「なんでここに……あれ?」
キョン「どうしました?」
朝比奈「ちょ、ちょっと下ろしてください!」
キョン「はい、どうぞ」
朝比奈「あれ? あれ? ない!」
キョン「サイフですか?」
朝比奈「違います! TPDDという……タイムマシンみたいなやつです……」
キョン「それないともしかしてもしかすると?」
朝比奈「元の時代に……帰れません……ひっく」
キョン「うわ、泣かないでください! 落ち着いて! 落ち着いて!」
朝比奈「でもーでもー……」
キョン「……! そうか。帰れるかもしれませんよ」
朝比奈「ふぇぇ?」
キョン「行きましょう!」

521 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 21:53:52.21 ID:OI8Tk9nt0

長門マンション
朝比奈「ここは……?」
キョン「最後の希望ですよ」
ピンポーン   プツン
インターホン『……』
キョン『涼宮ハルヒ関連の者だが』
インターホン『入って』
ウィーン
キョン「これでとりあえずは安心できたかもな」
朝比奈「長門さん……いたんですね」
キョン「いつからいたのかはわかりませんけどね」
テッテッテ
キョン「えーっと、ここかな」
ピンポーン     ガチャ
長門「入って」

524 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 22:00:14.87 ID:OI8Tk9nt0

キョン「かくかくじかじか」
長門「……」
キョン「で、だ。多分これがお前に宛てた本じゃないかな?」
長門「……!」
キョン「どうだ?」
長門「……この本は私が長い間待ち続けた本の続き。もう出ないかと思われていた。
     しかし三年後にはちゃんと出ている……それがわかった」
キョン「そ、そうなのか」
長門「全ては了解した。こっちへ」
スゥー
キョン「布団が二組」
朝比奈「これって……」
長門「寝て」
キョン「へ?」
長門「寝るだけ」
朝比奈「私たちが苦労して行なうことを寝るだけでこなせるなんて……」

526 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 22:06:02.95 ID:OI8Tk9nt0

キョン「よし、準備できたぞ」
朝比奈「万端です」
長門「……ところで」
キョン「ん?」
長門「なぜメイド服?」
パチン  パチン
長門「おはよう」
キョン「え、今寝たばっかじゃないか」
朝比奈「……いえ、ちゃんと戻ってきてます! 時間が少しずれてますが……戻れました。
      でもどうやって……?」
長門「禁則事項」
朝比奈「あれ、その台詞は私のでは……」
キョン(ああ、そうだ。そういえば三年前のハルヒが書いてた図案がポケットにあったな)
長門「……?」
キョン「ああ、これってなんて書いてあるか読める?」
長門「……!」パッ
キョン「どうした?」
長門「呪い」
キョン「え?」
長門「あらゆるものを捻じ曲げるほどの力を持つ……呪いの文」
キョン「……」

528 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 22:11:50.75 ID:OI8Tk9nt0

長門「読むだけで目が焼け落ちるほど……私が処理しておく」

朝比奈「なんだか大変なことに巻き込んじゃいましたね」
キョン「え、ああ、別に気にしてませんよ」
朝比奈「実は……私も知らないんです」
キョン「え?」
朝比奈「なぜあの場所に飛んだのか、なぜあれをしなければならなかったのか。結果どうなるのか。
       上司に言われてやっているだけなので……あんな事態は予測してませんでした」
キョン「なるほどね。でもきっとそれは……」
朝比奈「それは?」
キョン「今の文芸部。今の世界を作るのに必要だっただけですよ」
朝比奈「……そうですね」
キョン「ところで朝比奈さん」
朝比奈「はい?」
キョン「……メイド服のままですよね。明日どうするんですか?」
朝比奈「あ……制服は二着あるから平気ですけど……。すみませんがキョンくん」
キョン「はい」
朝比奈「家の近くまで……送ってってくれませんか?」
キョン「わかりました」

529 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 22:15:21.72 ID:OI8Tk9nt0

以上で改変笹の葉ラプソディ終了です。中途半端といわれてもおわりはおわりです。
ここまで保守、支援、読んでくださった方々。本当にありがとうございました。

まさか三日ルールが復活しているとは思わなかった……。二日ルールなら今回はここまで。
三日ルールならミステリックサインを飛ばして消失かな……

535 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 22:25:50.15 ID:OI8Tk9nt0

ミステリックサインでハルヒに「ペルソナァ!」やらせようと思ったけど
二巻の内容のほうが時系列順で後だから出来ないんだよね

まぁ結果オーライですけd

537 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 22:34:15.94 ID:OI8Tk9nt0

ついでに眼鏡も……というのはやはり二巻以降

543 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/11(日) 22:48:28.16 ID:OI8Tk9nt0

言い忘れをしてました。
前回のSSをまとめてくださった管理人様。
心より感謝申し上げます。ありがとうございました。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:古泉「イヒヒヒヒヒヒ」