長門「・・・良い子にしてたのにプレゼントを貰えなかった」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:カイジ「どこであれオナニーはできる・・・鉄板の上でもっ・・・!」

ツイート

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/26(金) 01:37:35.48 ID:pQQzEOfUO

長門 「……良い子にしてたのにプレゼントを貰えなかった」

キョン「は?」

長門 「良い子のところにはサンタクロースが来てくれると聞いた。
    だから良い子にしてた」

キョン「あー…いや、あれはだな…」

長門 「きっと私が人間じゃないから、サンタクロースも来なかった」

キョン「……」

長門 「プレゼント…」

キョン(純粋なだけに可哀想にも程があるな…)

キョン「ちょっと待ってろ」

長門 「……?」

98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/26(金) 01:44:30.95 ID:pQQzEOfUO

キョン(えっと、普通の家庭ならサンタは父親ってのが正体なわけだが…
    あいつの場合は……情報統合思念体か?)

キョン「だとすりゃ、あの人だな」



みくる「キョン君、どうかしたんですか?」

キョン「喜緑さん知りませんか?」

みくる「喜緑さんに用事なんて珍しいですね?」

キョン「ええ、ちょっと長門の事で相談が…」

みくる「そうですか…少しここで待っててね」

99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/26(金) 01:57:30.67 ID:pQQzEOfUO

喜緑 「――プレゼント…ですか?」

キョン「ええ。貴女の親玉から、長門へのプレゼントを貰えませんか?」

喜緑 「えっと、彼らは親と言うより仲間と言うか、私達と同等の存在
    と言うべきでしょうか?」

キョン「親ってわけではないんですか?」

喜緑 「生み出されたという点だけを見れば、確かに親なのかもしれま
    せんね」

キョン「じゃあ…」

喜緑 「しかし、有機生命体にとっての常識が通用するとは言えません」

キョン「まぁ、宇宙人ですしね」

喜緑 「ですが、彼女に有機生命体の様な感情が生まれたのは、私的に
    喜ばしいことだと思います」

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/26(金) 02:03:22.88 ID:pQQzEOfUO

キョン「はあ…」

喜緑 「彼らからの贈り物には期待できませんが、現場の私達になら、
    貴方と彼女の望みが叶えられるでしょう」

キョン「えっと、つまり…」

喜緑 「私達からプレゼントを渡せばいいんですよ」

キョン「サンタクロースの代わりに?」

喜緑 「むしろ、貴方が彼女のサンタクロースになるべきだと思います」

キョン「……一日遅れでも大丈夫ですかね?」

喜緑 「きっと喜びますよ」

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/26(金) 02:08:24.05 ID:pQQzEOfUO

キョン「うーん…」

ハルヒ「なに唸ってるのよ?」

キョン「ん?ああ、ハルヒか。まだ帰ってなかったのか?」

ハルヒ「悪い?」

キョン「いや…うん。ちょうどいいな」

ハルヒ「何がよ?」

キョン「付き合ってくれるか?」

ハルヒ「は!?ちょっ、急に何言い出してんのよ!?」

キョン「やっぱダメか?」

ハルヒ「ダメってことはないけど…その…」

キョン「じゃ、ちょっと来てくれ」

104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/26(金) 02:16:20.15 ID:pQQzEOfUO

ハルヒ「な、なによ校舎裏になんか連れてきて」

キョン「実はな…」


キョン「――ってな話になった」

ハルヒ「……」

キョン「どうした?そんな不審者を見る様な目をして」

ハルヒ「べつに…」

キョン「うん?まあいい。それでだ、長門のプレゼントには何がいいと
    思う?」

ハルヒ「そうね…やっぱり本じゃないかしら?」

キョン「本…っても、図書館に行けば解決しそうだしな…」

ハルヒ「ならぬいぐるみ?」

キョン「長門にぬいぐるみってのもシュールだな」

105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/26(金) 02:24:47.46 ID:pQQzEOfUO

ハルヒ「否定ばっかりしてないで、あんたも考えなさいよ!」

キョン「いや、流石に俺でもあいつが満足しそうな品は思いつかん」

ハルヒ「有希についての知識なんて似たり寄ったりなんだから私だって
    思いつかないわよ」

キョン「そりゃそうか……なら、さり気なく欲しい物を聞いてみてくれ
    ないか?」

ハルヒ「私が?」

キョン「俺が聞いたら怪しいだろ」

ハルヒ「私が聞いても同じじゃないの?」

キョン「俺は直接長門に聞いちまってるからな。素知らぬ顔でお前に聞
    いてほしい」

ハルヒ「はぁ…ま、団員のためだしね」

キョン「長門はまだ部室にいるから。…ありがとな」

ハルヒ「あ、あんたのためじゃないんだからねっ!」

106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/26(金) 02:30:12.23 ID:pQQzEOfUO




キョン「――どうだった?」

ハルヒ「特に無いって」

キョン「そりゃまた困った回答だな…」

ハルヒ「……ねぇ」

キョン「ん?」

ハルヒ「何でもいいんじゃない?」

キョン「んな適当な…」

ハルヒ「どうでもいいわけじゃないわよ」

キョン「ならなんだってんだ?」

111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/26(金) 02:40:12.39 ID:pQQzEOfUO

ハルヒ「福袋ってあるじゃない?」

キョン「唐突だな」

ハルヒ「開けて見るまで何が入ってるか分からない。開ける瞬間は高揚
    感でいっぱいよ」

キョン「確かに、ドキドキするな」

ハルヒ「それと同じだと思うのよ」

キョン「…何を貰えたのかって期待感?」

ハルヒ「そ!物によってはガッカリするかもしれないけど、やっぱり貰
    えたっていう事実は残るわけじゃない?」

キョン「つまり、気分の問題か」

ハルヒ「きっと、あの子ならなんだって喜ぶわよ」

キョン「そっか…そうだな。やっぱり団長様は頼りになるな」

ハルヒ「とーぜん!」

113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/26(金) 02:47:53.96 ID:pQQzEOfUO

キョン「――さて、長門はハルヒに言って帰らせてもらったし、もう
    一度喜緑さんに会わないとな」


喜緑 「私が渡すんですか?」

キョン「と言うより、夜中にでも長門の部屋にプレゼントを置いてほし
    いんです」

喜緑 「貴方の手から渡さなくても?」

キョン「やっぱり、長門にもサンタクロースが来たっていう事実がほし
    いんですよ」

喜緑 「……」

キョン「人間も宇宙人も関係ない。良い子にしてたら貰うべきですから」

喜緑 「ふふっ、わかりました。では後ほど」

114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/26(金) 02:54:26.62 ID:pQQzEOfUO

ー翌日


キョン「よう、長門」

長門 「……」

キョン「ん?どうしたんだ?部屋の中で手袋なんかして」

長門 「…サンタさんに貰った」

キョン「おお、少しばかり遅刻したけど、ちゃんと来たんだな」

長門 「来た」

キョン「嬉しいか?」

長門 「…嬉しい」

キョン「そっか。もっと分かり易く笑ってくれた方がサンタも喜ぶぞ」



長門 「……ありがとう」

おわり

115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/12/26(金) 02:58:52.23 ID:pQQzEOfUO

やっぱ真面目なのを書くなら地文ありのほうがよかったな

>>1マダー?



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「ハロウィンをしましょう!!」