長門「…ながとゆき、3さい」


メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:ハルヒ「キョンって有希の事が好きなんじゃないの?」

ツイート

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/23(日) 01:34:26.76 ID:09XdQbaF0

長門有希13さい

長門「(1年生の教室はどこかな・・・)」
キョン「あれ、あんた新入生だろ?」
長門「はい・・・」
キョン「1年生の教室はあっちだ」
長門「あ・・・ありがとうござい」
キョン「じゃ」

長門「・・・。」
長門「(行ってしまった)」
長門「・・・」
長門「(ちょっとかっこよかった)」




196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/23(日) 01:43:59.60 ID:09XdQbaF0

出会い
長門「・・・。」
長門「(今日も誰とも話さなかった。)」
長門「・・・。」
長門「(今までと何も変わらない。)」
朝倉「あなた、同じクラスの長門さんよね?」
長門「(え・・・はい。)」
朝倉「同じ1組の朝倉涼子、よろしくね。」
長門「(はい・・・。)」
朝倉「あの・・・長門さん?」
長門「しまった、口に出すのを忘れた。」
朝倉「え?」
長門「え?」
朝倉「あ・・・じゃ私皆待たせてるから先に帰るね。」
長門「(行ってしまった・・・。)」


198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/23(日) 01:50:29.66 ID:09XdQbaF0

部活
長門「(帰って読書でもしよう。)」
朝倉「ねえ、長門さん。」
長門「はいっ!?」
朝倉「あっ、ごめんなさい。驚かせちゃった?」
長門「いえ・・・。」
朝倉「長門さんって何か部活に入った?」
長門「いえ、別に・・・。」
朝倉「じゃあさじゃあさ、陸上部なんてどう?」
長門「えっ・・・。」
長門「(友達を作る切っ掛けになるかもしれない。)」
長門「いいと思う。」
朝倉「それって、一緒に入ってくれるってこと?」
長門「(コクッ)」
朝倉「よかったー、一人で心細かったの。それじゃ早速行きましょ。」
長門「え・・・あ・・・・。」
長門「(でもまだ心の準備が・・・)」

199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/23(日) 01:57:40.97 ID:09XdQbaF0

再会
長門「(結局連れてこられた。)」
朝倉「あのー、仮入部したいんですけどー」
キョン「ああ、新入生の子ね。」
朝倉「はい、私達二人ともです。」
長門「(あの時の・・・。)」
キョン「おっけー。じゃ今日は見学な。適当に見てってよ。」
朝倉「はい、分かりましたー」
朝倉「じゃ、長門さん。ここで見てましょ。」
長門「あ・・・うん。」


キョン「まあこんな感じ。気に入ったら明日も着てよ。」
キョン「女子は今日、休みだったけど明日はやってるからさ。」
朝倉「はい!明日も絶対来ます!」
キョン「おう、じゃあな。」


朝倉「あの人ちょっとかっこよかったね、長門さん。」
長門「(私は前から思っていた。なんて言えない・・・)」
長門「そうだね・・・。」

202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/23(日) 02:07:42.03 ID:09XdQbaF0

技あり
キョン「おっ、今日も来たんだな。女子の部長はあっちだ。」
朝倉「はい、ありがとうございます!」
長門「・・・ありがとうございます。」

佐々木「君達が彼の言っていた新入生かい?」
朝倉「はい。」
長門「はい。」
佐々木「そうか、それはよかった。」
佐々木「今年はなぜか新入部員がいなくてね、困っていたところだ。」
朝倉「そうなんですか・・・。」
佐々木「でも良かったじゃないか。君達はいずれ部長か副部長のポストが確約されているのだから。」
朝倉「二人・・・ですもんね・・・いずれそうなりますよね・・・。」
佐々木「くっくっくっ、頼むよ、次期部長、副部長さん」
朝倉「あっ・・・あはははは。」
長門「(ユニーク。)」

204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/23(日) 02:13:09.60 ID:09XdQbaF0

挫折
佐々木「じゃあ今からタイムを取るから。」
朝倉「えっと、タイムって何のタイムなんですか?」
佐々木「50mだよ。別に緊張することじゃない。今の実力を見るだけだからね。」
朝倉「分かりました。」
佐々木「じゃあ二人とも、スタート位置について。」
朝倉「はい、先輩。」
長門「(コクッ)」

バンッ!

佐々木「朝倉さん、君とても早いじゃないか。このタイムなら入賞だって狙えるよ。」
朝倉「本当ですか。ありがとうございます。」
他の女子部員1「ほんとすごいわ、朝倉さん。」
他の女子部員2「私達も頑張らないとすぐに追い抜かれちゃうわ。」
キョン「すげーな、あの子。男子よりはえーんじゃねえか」


長門「(完走できなかった・・・。)」


207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/23(日) 02:20:37.31 ID:09XdQbaF0

発想の転換
佐々木「えっと、長門さんだっけ?」
長門「(コクッ)」
佐々木「えっと・・・気にする事はないよ。これから少しずつ走れるようになればいいさ。」
長門「(コクッ)」
佐々木「えっと・・・じゃあ二人は今日が初日だからね。クールダウンしてあがっていいよ。」
朝倉「はい、先輩。」
朝倉「行きましょ、長門さん。」
長門「うん・・・」

朝倉「大丈夫よ、長門さん。あなたにだってできることはあるわ。」
長門「うん・・・。」
長門「(私にできること、私にできること・・・。)」
長門「あ・・・」
朝倉「どうしたの、長門さん。」
長門「ちょっと行ってくる・・・」
朝倉「えっ?どうしたのながとさ・・・、行っちゃった。」
朝倉「何か部長と話してるわね。」
朝倉「あっ・・・帰ってきた。」
朝倉「おかえり、何話してきたの?」
長門「秘密・・・。」

翌日
佐々木「えー、彼女は我が陸上部のマネージャーになることとなった。よろしく。」
朝倉「長門さん・・・。」
長門「(精一杯頑張る)」

211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/23(日) 02:36:02.39 ID:09XdQbaF0

保守がてらもう少し続けます
有利、不利
部員1「マネージャー、これ洗っといて。」
部員2「マネージャー、ちょっと飲み物買ってきて。」
部員3「マネージャー、救急箱どこー」

長門「(マネージャーの方がきついのでは・・・)」
朝倉「大丈夫?長門さん。」
長門「うん・・・なんとか。」
朝倉「ごめんね、私が誘ったばっかりに・・・。」
長門「気にしないで。私が選んだ。」
朝倉「そ、そう?」
長門「(コクッ)」
キョン「ちょっとマネージャーいいかな。」
長門「只今。」
長門「(ヒュンッ)」
朝倉「(はっ・・・早いっ・・・)」
キョン「悪いな、いつも。」
長門「いえ・・・」
長門「(計画通り)」


213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/23(日) 02:43:53.43 ID:09XdQbaF0

嫉妬
佐々木「それでさ、聞いてくれよキョン」
キョン「なんだよ。」
佐々木「実はさ・・・」

朝倉「あの二人、仲いいわね。」
長門「(コクッ)」
朝倉「美男美女・・・なんかむかつくわね。」
長門「(コクッコクッ)」
朝倉「ちょっと邪魔してやろうかしら。」

佐々木「それでさあ・・・」
キョン「本当かよ、それ・・・って何してんだお前達。」
朝倉「いえ、少しダンスの練習を・・・あるんんーん日の事〜んんんんん愉快が〜」
朝倉「ちょっと長門さん、そうじゃないわ。指をもっとこう、こうよ!」
長門「え・・・・うん・・・」
朝倉「そう、そうよ、長門さん。あっ、先輩達は気にせずにお話の続きをどうぞ。」
佐々木・キョン「はぁ・・・・。」
朝倉「違う、違うわ、長門さん!!」
長門「(これは少し違うのでは・・・)」

行数が足りなくなるから離せない
あと少しだから適当に見てやってください><

215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/23(日) 02:49:25.26 ID:09XdQbaF0

嫉妬2
佐々木「それでさ、今度はさ・・・」
キョン「ほお・・・」

朝倉「あの二人、また仲がいいわね。」
長門「(コクッ)」
朝倉「どうにかしてあの女に恥をかかせたいわね。」
長門「(コクッ・・・え?)」
朝倉「何かいい案はないかしら・・・」
長門「ある・・・。」
朝倉「ほんと?すごいわ長門さん。」
長門「見てて。」

佐々木「じゃあキョン、僕の走り見ててくれよ。少しは早くなったんだよ。」
キョン「分かった、見てるよ。」
佐々木「それじゃ、マネージャーストップウォッチよろしく!」
長門「(コクッ)」

 バンッ!

佐々木「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」
佐々木「タイムはどうだった。」
長門「15秒32」
佐々木「え?嘘・・・そんなはずは・・・」
長門「これ・・・」
佐々木「ほ、ほんとだ・・・そんな馬鹿な・・・」
長門(情報操作は得意)」

217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2008/11/23(日) 03:02:01.29 ID:09XdQbaF0

3年B組 お色気先生
キョン「えー、今日は新入生に陸上部の顧問の先生を紹介する。」
キョン「こちらへ。」
    「はぃ〜。」
キョン「えーこの方は、我が部のアイド・・・おっと。ゴホン。えー顧問を務めていただいている朝比奈先生だ。」
みくる「朝比奈みくるです。気軽にみくるちゃんで結構ですよ☆」
キョン「えー、あはい、先生少し胸元が、えーはい。えーでは、皆先生をいじめないように、以上。」
部員「一同ありがとうございましたー」

長門「(胸が・・・胸が・・・)」
長門「(あれが大人・・・。私も高校生になればきっと・・・)」
朝倉「なんかいけすかない先生ね。生徒に色目使っちゃってさ。」
長門「(コクッ)」
朝倉「女は胸じゃないわよね、ね、長門さん。」
長門「(コクッコクッ・・・・ジー)」
朝倉「なっ、何?長門さん、私の胸を見て。」
長門「(彼女とは今後、大きな争いがある気がする・・・。)」

218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/11/23(日) 03:10:19.01 ID:09XdQbaF0

あまーい
長門「(練習が終わっても先輩、一人で練習してる。)」
キョン「はぁ・・・はぁ・・・・はぁ・・・」
キョン「もう一本。」
キョン「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」
キョン「(こんなタイムじゃ駄目だ。こんなのじゃアイツに勝てない・・・アイツに・・・」
長門「先輩・・・」
キョン「お、おうどうしたんだ。もう上がって良いんだぞ。」
長門「先輩、まだやってる。」
キョン「気にすんな。俺がやりたいからやってるだけだ。」
長門「・・・私もいたいからここにいる。」
キョン「え?何だって?」
長門「・・・。」
長門「これ・・・。」
キョン「ん、スポーツドリンクか。悪いな。」
長門「私が作った。」
キョン「そうか、ありがとよ。んじゃいただきます。」
キョン「(ゴクゴクゴ・・・うっ)」
長門「どうしたの。」
キョン「もしかして一袋全部入れちゃったか。」
長門「駄目だった?」
キョン「少し・・・多かったな・・・(バタッ)」
長門「先輩!・・・倒れてる先輩もかっこいい・・・」

一時的におしまい。

眠たいのでこの辺で。
需要があればまた保守がてら書こうとおもいます。
それではおやすみなさい。



ツイート

メニュー
トップ 作品一覧 作者一覧 掲示板 検索 リンク SS:長門「私達の性感度を極限まで上昇させる」